1: ◆CItYBDS.l2 2022/12/05(月) 19:34:12.23 ID:RberBGrR0

魔法使い「ねえ勇者」

勇者「なんだ魔法使い」

魔法使い「……何で私たちって役職名で呼び合ってるの?」

魔法使い「普通に名前で呼び合えばいいじゃん」

勇者「あのな、それは魔王軍に名前を知られないためだよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1670236451

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:35:38.40 ID:RberBGrR0


Part.1 名もなき勇者と魔法使いと、戦士と僧侶

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:37:15.00 ID:RberBGrR0

魔法使い「何で知られたらいけないのよ?」

勇者「そりゃあ、俺たちは魔王を倒しに行くんだぞ」

勇者「名前を呼ぶことすら憚られるあの魔王をだ」

戦士「ヴォル●モートかな」

僧侶「……ヴォルデモー●とは一体?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:37:46.92 ID:RberBGrR0

勇者「そんな恐ろしい奴を倒しに行くのに、本名を隠さないでいられるか」

魔法使い「どういうこと?」

勇者「名前が知られれば故郷が知られるかもしれないし」

勇者「故郷が知られれば家族が人質に取られるかもしれない」

勇者「それに魔王を倒した後も」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:38:20.48 ID:RberBGrR0

勇者「名が知れてしまえば、魔族の残党に怯えながら暮らすことになる」

戦士「一理ある」

僧侶「一理どころじゃないですよ」

魔法使い「なるほど、そういう理由があったんだ……」

戦士「……っ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:38:55.61 ID:RberBGrR0

勇者「どうした戦士?」

戦士「魔物だ!」


突如、魔物が現れた
魔物の攻撃 戦士がダメージを受けた


戦士「ぐあああああああああああ!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:39:28.96 ID:RberBGrR0

勇者「戦士っ!」

勇者「くそっ! くらえっ!」

勇者の攻撃 魔物がダメージを受けた

魔物「ムキュー」

魔物は倒れた

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:40:03.64 ID:RberBGrR0

勇者「大丈夫か戦士?」

戦士「」フヒューフヒュー

魔法使い「うわぁ死にかけじゃん」

勇者「くそっ! 回復できるか僧侶?」

僧侶「……残念ですが薬草が尽きてしまいました」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:40:45.64 ID:RberBGrR0

勇者「くっ」

戦士「勇者、俺のことはもういい……置いて行ってくれ」

勇者「……それしか道はないのか」

戦士「覚悟の上さ」

勇者「……すまない戦士」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:41:17.58 ID:RberBGrR0

勇者「いや戦士[ピー]」

勇者「君の名は決して忘れない」

魔法使い「君の名は……」

僧侶「それ名前を忘れるフラグですよ」

戦士「へへっ死んだら名前を隠す必要もねえもんな」グフッ

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:41:49.06 ID:RberBGrR0

戦士「それに名前の無い墓石じゃ味気ないしn……」

魔法使い「あぁ、死んじゃった」

勇者「……墓石は用意できないが、せめて埋めて行ってやろう」

勇者「それと次の街に着いたら、良いスキルを持った奴を探さなきゃな」

勇者「そしてそいつを新しい《戦士》として迎え入れなくちゃ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:42:24.20 ID:RberBGrR0

僧侶「あ、これそういうシステムなんすか」

勇者「そういうシステムだ」

魔法使い「じゃあ頑張って生き残って、いつか名前を取り返さなきゃね」

勇者「そうだな」

勇者「さあみんな進むぞ! 名前を取り返すその日まで!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:45:05.16 ID:RberBGrR0



勇者「武闘家はタンスを、賢者は家中のツボを割れ」

武闘家「あいよ~」ガタゴト

賢者「わかりました」ガチャンガチャン

村人「人の家に急に入ってきて何なんだお前らは」

村人「名を名乗れ!」

勇者「俺たちは勇者一行だ!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:45:36.14 ID:RberBGrR0


Part.2 名乗らぬ勇者と武闘家と、加えて賢者

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:46:06.45 ID:RberBGrR0

村人「勇者? 何なんだよ勇者って!?」

勇者「なんだ勇者を知らないのか」

勇者「勇者ってのは数年前に結成された魔王討伐のための義勇兵のことさ」

勇者「ただ義勇兵じゃ味気ないってんで俺たちは勇者と呼ばれていたんだ」

村人「義勇兵……確かに聞いたことがある」

村人「でも集められた義勇兵団は魔物との戦いで壊滅したって聞いたぞ」

勇者「そうそう」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:46:37.80 ID:RberBGrR0

勇者「その数少ない生き残りの一人が俺ってわけ」

勇者「ただ俺は魔王討伐を諦めてなくてね」

勇者「それで勇者を名乗り続けているんだ」

村人「勇者じゃなくて強盗の間違いだろ!」

勇者「魔王討伐は長い旅路だから『補給』が必要なんだよ」

賢者「『現地調達』ともいいます」

村人「そういうのは『略奪』って言うんだよ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:47:09.95 ID:RberBGrR0

賢者「立場の違いからくる見解の相違ってやつですね」

勇者「正義のためだ許してくれ」

村人「正義を語るなら名を名乗れよ!」

勇者「名前は捨てた!」

格闘家「そもそも、こんなことしてるのに名乗れるわけないじゃん」

村人「罪の自覚があるなら正義を語るな!」

賢者「仮面ライダーだって正体隠してますし」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:47:40.85 ID:RberBGrR0

賢者「そういうものだと思ってください」

村人「仮面ライダーは略奪なんてしなぁい!」

格闘家「厄介ファンみたいな言い草で笑える」

格闘家「はてさて勇者、使えそうなものはあらかた盗ったよ」

賢者「こちらも終わりました」

勇者「よし! いつの日か正々堂々名乗れる日を目指して」

勇者「さあ次の村へ出発だ!」

村人「この人でなしーっ!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:48:35.77 ID:RberBGrR0


勇者「何かいい武器はあったか遊び人?」

遊び人「さすが魔王城の武器庫だね」

遊び人「質の高い魔剣が山ほどあるよ」

商人「これ売ったら生涯安泰ですよ」

勇者「こんな人里離れた敵地から重い剣は持って帰れないよ商人」

勇者「魔剣はあくまで魔王を倒すために使おう」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:49:06.06 ID:RberBGrR0

商人「……もったいない」

遊び人「くそ~魔王城が街中にあれば良かったのに」

商人「そんな都合のいい話はありませんよね」

勇者「……そうだな」

魔王「……ん?」

勇者「あ」

魔王「え? あっ、泥棒!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:49:38.02 ID:RberBGrR0

遊び人「失礼な!」

商人「この状況……否定のしようがないんですけど」

勇者「その出で立ち、もしや魔王か!?」

魔王「いかにも! それで何なんだお前らは!?」

勇者「俺たちは勇者パーティーだ!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:50:09.23 ID:RberBGrR0


Part.3 自称勇者と遊び人、ついでに商人

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:56:26.80 ID:RberBGrR0

魔王「勇者パーティー? 義勇兵の残党か」

勇者「いかにも!」

魔王「……その身なり《勇者》《遊び人》《商人》の3人パーティーだな」

遊び人「見ただけで私たちの職業がわかるなんて!」シラー

商人「そりゃあ見りゃわかるでしょ」

魔王「わかるのはそれだけじゃないぞ」

勇者「なんだと!?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:57:06.33 ID:RberBGrR0

魔王「勇者は魔法と剣に長けた職業」

勇者「む」

魔王「商人は器用貧乏な残念ステータス」

商人「あちゃあ」

魔王「遊び人に至ってはただの足手まとい」

遊び人「ひどい!」

魔王「そんな三人で魔王城に乗り込んでくるとは愚かな連中よ」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:57:42.61 ID:RberBGrR0

魔王「しかしその度胸だけは認めよう」

魔王「名を名乗るがいい」

勇者「悪党に名乗るななどない!」

魔王「ならば名もなき勇者として散るがよい!」

勇者「いくぞ遊び人! 商人!」

商人&遊び人「「応っ!」」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:58:14.30 ID:RberBGrR0

勇者の攻撃 ミス
魔王にダメージが通らない


魔王「無駄よ無駄よ」

魔王「我が纏いし闇の衣はあらゆる攻撃を受けつけぬのよ」

遊び人「ならばっ!」

遊び人は魔王から闇の衣を盗んだ

魔王「ん?」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:58:45.89 ID:RberBGrR0

魔王「え、あ、ま、待て!」

商人「とりゃあ!」

魔王の背後に回り込んだ商人の攻撃

魔王にダメージ

魔王「ぐあああ!」

魔王「なぜだ? なぜ商人ごときがそんなに素早い!?」

魔王「くらえっ!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:59:25.13 ID:RberBGrR0

魔王の攻撃 ミス
勇者はヒラリとかわした

魔王「そうか! 貴様ら職業を偽っているな!」

魔王「その手癖の悪さと異常な素早さ」

魔王「加えて魔法を使わないということは」

魔王「貴様ら全員《盗賊》だな!」

勇者「いかにも!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 19:59:56.16 ID:RberBGrR0

勇者の攻撃 魔剣が魔王の心臓を貫いた
魔王にダメージ

魔王「ぐあああっ……」

魔王は倒れた
世界に平和が訪れた

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:00:28.53 ID:RberBGrR0

遊び人「……やったか?」

商人「やってるやってる」

勇者「お前ら、フラグ立てんなよ」

勇者「しかし、こんなに上手く作戦がいくとはなあ」

商人「常に役職を偽り旅を続けてきた甲斐がありましたよ」

遊び人「いい具合に油断してくれたおかげで楽勝だったね」

遊び人「しかし長い旅路だったね~」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:01:01.37 ID:RberBGrR0

勇者「序盤で戦士が死んだときはどうしたもんかと思ったよ」

商人「ははは、そんなこともありましたね」

遊び人「結局、新しい仲間を迎えることなく来ちゃったね」

勇者「魔王討伐の旅についてくる奴なんてそうそういないさ」

遊び人「でも、これでようやく私たちは本当の名前を取り戻せるってわけだ」

勇者「いや残念だけど、それはもうちょっと先になるかな」

遊び人「えぇ……何でさ」

勇者「まあいいから黙ってついてこいって」

勇者「勇者一行の旅はもう少しだけ続くのさ」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:01:40.47 ID:RberBGrR0


Part.4 名もなき者たち

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:02:08.93 ID:RberBGrR0

大臣「して、魔王を討ち取ったものの名を名乗る気はないと」

大臣「王陛下を前にして何たる無礼!」

男「……」

王「よいよい大臣」

王「魔王の残党を恐れることは、至極当然のことじゃ」

大臣「しかし」

王「それに見てみろ、この魔王の首」

魔王「」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:02:41.78 ID:RberBGrR0

王「憎き男の首だけで儂は満足しておる」

大臣「陛下がそう仰るのであれば……」

王「ところで男とやら」

男「はい」

王「勇者を名乗り、食料や金品を奪っていく不届き者の話が届いておる」

男「……はあ」

大臣「陛下は、お前たちがそうではないのかと申しておるのだ!」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:03:12.66 ID:RberBGrR0

男「別人でしょう」

男「そもそも、私たちは国を想い魔王討伐の旅に出た身」

男「どうして、そのような非道が行えましょうや」

王「……そうか、心当たりがないのであれば違うのであろう」

王「しかし、本来であれば所領の一つや二つ与えて然りなのだが」

王「魔王残党を恐れるというのなら、褒章は足のつかぬものの方が良かろう」

王「……そうだな」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:03:44.48 ID:RberBGrR0

王「大臣、かの者たちに金5000Gを授けよ」

女「はあ!?」

若者「世界を救ったのに、たった金5000Gですか!?」

王「致し方あるまい、それとも爵位を授かって魔物どもの恨みを買うか?」

女「足元見やがって!」

男「抑えろ二人とも」

若者「むぅ」

女「ぐう」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:04:14.78 ID:RberBGrR0

男「失礼いたしました。金5000G確かに頂きます」

王「それがよいそれがよい」

男「それでは、我ら名もなき無礼者共はこれにて失礼」

大臣「ははは、さっさと去ね去ね」

~~~

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:06:39.03 ID:RberBGrR0

~~~

男「はぁ~疲れた疲れた」

若者「これでようやく旅も終わりですね」

女「お、そうだな。さあ、もういいだろ男!」

女「久しぶりに私のことを名前で呼んでくれよ!」

男「いや、まだだ」

女「はあ? なんでだよ!?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:07:23.12 ID:RberBGrR0

男「……女、王城の間取り覚えてるか?」

女「え? そりゃあ、まあ」

男「若者、警備兵の配置は見たか?」

若者「ええ、言われたとおりに」

女「おい、どうしたんだよ?」

女「魔王の次は、人間の王でも殺すのか?」

男「金5000G……やっぱり少ないよなあ」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:08:23.76 ID:RberBGrR0

女「……まあ、そうだな」

男「……女さあ、いつだったか言っていたよな」

男「『魔王城が街中にあれば良かったのに』って」

女「おいおい、まさか」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:09:07.09 ID:RberBGrR0

男「王城にある、剣もアクセサリーも金もアイテムも」

男「金目の物を全部頂いていくぞ」

女「……」

若者「……」

女「……やっちまうか!」

若者「最後の補給というわけですね、いいですねお付き合いしますよ」

男「それでこそだ! さあ、行こう最後の冒険に!」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:09:37.59 ID:RberBGrR0

男「名前を取り戻すのはそれからだ!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/12/05(月) 20:10:08.16 ID:RberBGrR0

おわり

引用元: 魔法使い♀「名前で呼んでよ勇者」