1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:47:15 wQDpgvdA
エレン「?」

ミカサ「聞いて」

エレン「おう」


"
"

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:49:09 wQDpgvdA
ミカサ「私は強い」

エレン「おう」

ミカサ「もの凄く強い」

ミカサ「でしょう?」

エレン「おう」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:50:30 wQDpgvdA
ミカサ「エレンよりも強い」

エレン「……」

エレン「ああ」

ミカサ「エレンよりももの凄く強い」

ミカサ「でしょう?」

エレン「ああ」

ミカサ「ので」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:51:13 wQDpgvdA
ミカサ「エレンをxxxすることができる」

エレン「」

ミカサ「できる」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:52:37 wQDpgvdA
ミカサ「でしょう?」

エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「……」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ


"
"


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:54:36 wQDpgvdA
ミカサ「あ、でも」

エレン「?」

ミカサ「もし私がエレンをxxxしようとして」

ミカサ「エレンが抵抗した場合」

エレン「……」

ミカサ「その抵抗をはね除けて、xxxすることができる」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:56:13 wQDpgvdA
エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 13:58:39 wQDpgvdA
ミカサ「あ、でも」

エレン「!?」

ミカサ「もしエレンが寝ているときに、エレンの寝室に忍びこんで」

ミカサ「エレンをこう、縄か何かでベッドに縛り付けたら」

エレン「……」

ミカサ「抵抗されることなく、スムーズにxxxできる」

ミカサ「でしょう?」

エレン「……」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 14:00:36 wQDpgvdA
エレン「……」

ミカサ「でしょう?」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ

ミカサ「……あ、でもでも」

エレン「!?」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 14:03:10 wQDpgvdA
ミカサ「もしこの場でエレンの鳩尾をに、渾身のボディブローを叩きこんで」

エレン「」

ミカサ「エレンがこう、良い感じに失神したなら」

ミカサ「抵抗されることも縛り付ける必要もなく、快適にxxxできる」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 14:04:47 wQDpgvdA
エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「……そう」

エレン「……」ホッ

ミカサ「……」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 14:06:05 wQDpgvdA
ミカサ「……ねえ、エレン」

エレン「……」

エレン「なんだ?」

ミカサ「……」

ミカサ「世の中って、難しいのね」

エレン「……」

エレン「ああ」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/22(火) 14:07:19 wQDpgvdA
ガチャ

カルラ「エレン、ミカサ。ご飯できたわよ」

エレン「うん」

ミカサ「わかった」

タッタッタッ