侑「ポケットモンスター虹ヶ咲!」 Part3 中編

206: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:17:05.96 ID:WJiIP5Z70

■ChapterΔ010 『ランジュ』 【SIDE Shioriko】





栞子「──ランジュ……やっと、見つけましたよ」


ランジュは、やはりここにいました。

ランジュの向こうには──薄ぼんやりとした雲の影の中で輝く満月が見えた。


栞子「……月の綺麗な場所があると……言っていましたね。いつか、一緒に見に行きたいと……」

ランジュ「…………」

栞子「確かに、綺麗な満月ですね……夜空以外に何もなくて……とても綺麗に月が見えます」


煌々と光る、星たちと月に見守られたここは──天体観測でも有名な地、流星山。


ランジュ「なんの……用かしら……」

栞子「ランジュに、話を聞きに来ました」

ランジュ「話って……ランジュ、もうレックウザのことは諦めたわ……。……宝珠も、栞子が持ってるんでしょ……?」

栞子「そうではありません。……どうして、ランジュが龍神様を従えようとしていたのか……その理由を、聞きに来たんです」

ランジュ「…………」

栞子「教えてくれませんか……?」

ランジュ「嫌よ……。……だって、栞子……きっと、怒るもの」

栞子「ランジュ……」


ランジュはやはり答えてくれない。

そんな私の後ろから──


ミア「ならせめて、なんで諦めたのかを説明してくれないか? ボクはまだ納得してないぞ」

ランジュ「ミア……」

歩夢「ランジュちゃん……お話……出来ないかな……?」

かすみ「あんな風にいなくなられると後味も悪いですし……」

ランジュ「貴方たちまで……」

ミア「ランジュが言ったんだ。ボクのポケモンを使って、最強を証明するって。勝手に決めて、勝手にいなくなるなよ」

ランジュ「…………」

侑「ランジュちゃん……訳を話してもらえないかな……?」

栞子「ランジュ……お願いします。怒ったりしないので……教えてください」

ランジュ「…………」


ランジュは押し黙っていたけれど──


ランジュ「……月が……見られないから……」


ぽつりぽつりと、話し始めた。

207: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:17:43.12 ID:WJiIP5Z70

栞子「月……?」

ランジュ「栞子……私と約束したじゃない……。いつか、一緒に月を見ようって……」

栞子「……はい。確かに約束しましたが……」

ランジュ「でも、栞子は……修行を終えた翡翠の巫女は……一生あの朧月の洞の中で、レックウザの世話をするんだって……」

栞子「それは……」

ランジュ「だから、ランジュ……思ったの。そんなレックウザを、ランジュが捕まえて従えることが出来れば……栞子は、翡翠の巫女のお役目から解放されるんじゃないかって……!」

栞子「……! ……まさか、それで……」

ランジュ「だっておかしいじゃない……! どうして栞子だけ、自分のしたいことを何一つ出来ないまま、一生あの洞の中で閉じ込められてなきゃいけないの……? ……せっかく栞子とお友達になれたのに……。……栞子と一緒になんにも出来ないなんて……ランジュは嫌よ……」

栞子「ランジュ……」

ミア「それでは……急にレックウザを諦めたのは……」

ランジュ「圧倒的な強さでないと、レックウザは従ってくれないと思った……それに……」


ランジュは寂しそうな目で、私の後ろにいる歩夢さんたちを見る。


ランジュ「ランジュがいなくても……栞子には、大切にしてくれるお友達が出来たみたいだから……」

栞子「え……?」

ランジュ「栞子には……ランジュしかいないって勝手に思ってたけど……気付いたら、栞子はたくさんの仲間に囲まれてて……」

栞子「…………」

ランジュ「……だから、きっと……もうランジュの出る幕じゃないんだって……思って……」

栞子「………………」


私は一歩前に出る。


ランジュ「……ごめんなさい。……やっぱり、怒ったわよね。お節介なことして……」

栞子「…………ランジュ」

ランジュ「だから、もう……ランジュ、余計なこと、しないから……」

栞子「……ランジュッ!!」

ランジュ「……っ!」


私が大きな声を出すと、ランジュがビクッと身を竦ませた。


栞子「どうして──どうして、ランジュはいつもいつも……私の話を聞かずに、全部自分で決めてしまうんですか……!」

ランジュ「え……」

栞子「歩夢さんたちは、確かに私のことを仲間だと、友人だと言ってくれました……でも、それとランジュが私にとって大切な友人であることは関係ありません……!!」

ランジュ「……! ……で、でも……ランジュ、いつも栞子のこと、怒らせて……」

栞子「だからそれは、ランジュが私の話を聞かずに、全部一人で決めてしまうからです……!」

ランジュ「そ、そうなの……?」

栞子「心配しているなら、最初からそう言ってください……! 何も言ってくれなかったら……わかりません……」


そう言って、ランジュの手を握る。

208: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:18:34.37 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「栞子……」

栞子「……私は……自分という存在は、この地方に存在するシステムのようなものだと思っていました……。だから、この地方のために、自分一人の犠牲で済むなら、それでいいんだと……。でも、私を大切に想ってくれる人たちがいることに気付いて……今はそれだけでは、ダメなのではないかと……結局、誰かを悲しませてしまうのではないかと……考えています」

歩夢「栞子ちゃん……」

栞子「……ランジュは……それに気付くきっかけをくれたんです。確かに最初は驚いてしまいましたが……。だから、怒ってなんかいませんよ」

ランジュ「ホントに……?」

栞子「はい……本当ですよ」


私は頷いて──ランジュを抱きしめた。


栞子「ランジュ、ごめんなさい……。……ずっと、私のことを大切に想ってくれていたのに……気付いてあげられなくて……」

ランジュ「……うぅん。……ランジュの方こそ……上手に伝えられなくて……勝手なことばかりして……ごめんなさい」


やっと、ランジュの気持ちがわかって……私はとても安心していた。





    🎹    🎹    🎹





栞子ちゃんとランジュちゃんのわだかまりが解消されて、やっとランジュちゃんと和解することが出来た。

だけど……問題はまだ残っている。


かすみ「んで……結局どうするの? レックウザは今、人間に対して怒ってるんでしょ?」

栞子「……一度、龍神様と話をしてみようと思っています」

歩夢「龍神様を説得するってこと?」

せつ菜「うまく行くのですか……?」

栞子「それは……わかりません。……もしかしたら、却って怒らせてしまうかも……」

ランジュ「そのときは、ランジュが栞子を守ってあげる!」

栞子「ランジュ……ありがとうございます」

かすみ「そうですね! ここには、優秀なトレーナーがこんなにいるんですから! レックウザがどんなにすごいって言っても、きっとどうにかなりますよ!」

しずく「ふふ、そうだね♪」


かすみちゃんらしい根拠のない自信に、しずくちゃんがクスリと笑う。

でも確かに、私たちがみんなで力を合わせればどうにか出来てしまいそうな気がする。

だけど、そんなかすみちゃんの言葉に、ランジュちゃんは、


ランジュ「え、き、協力……するの……?」


急に困った顔になる。

209: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:19:33.33 ID:WJiIP5Z70

かすみ「何か問題でもあるんですか……?」

ランジュ「そ、その……ランジュが掻き回しちゃったのに……今更、仲間に入れてなんて……。特に……しずくには、酷いこと言っちゃったし……」

しずく「私は気にしていませんよ」

ランジュ「ら、ランジュが気にするのよぉ……!」

かすみ「めんどくさい人ですねぇ……」

ランジュ「とにかく! 栞子を守るのはランジュの仕事よ! 貴方たちの出る幕はないわ!」

リナ『話が振り出しに戻った……』 ||;◐ ◡ ◐ ||

ランジュ「それに五番勝負はランジュが勝ったんだから、ランジュにその権利はあると思うわ!」

ミア「それを放棄したのもランジュだけどね……」

ランジュ「う……。……と、とにかく、栞子を守るのはランジュの役目なの!!」


ランジュちゃんが子供のようにぷくーっと頬を膨らませる。


歩夢「侑ちゃん……どうしよう……」


歩夢が困り顔で私の方を見つめてくる。

たぶん、栞子ちゃんが一言言えば解決しそうではあるけど……。

ただ私は、少し考えてから──


侑「……ねぇ、ランジュちゃん。それならさ……バトルで決めない?」


そう提案することにした。


ランジュ「バトル……?」

侑「うん。私たちはトレーナーなんだから、困ったときはバトルで決めればいいんじゃないかなって。さっきも言ってたとおり、五番勝負に勝ったのはランジュちゃんだけど、放棄しちゃったのも事実でしょ? なら、最後にもう1戦──私と戦ってくれないかな」

ランジュ「……つまり、それで勝った方が栞子を守るってことね! わかったわ! ミア、ポケモンを用意して!」

ミア「全く忙しいやつだな……。……わかったよ。ちょっと準備するから、待ってもらっていいかい?」

侑「うん、私も準備するね!」


両陣営がバトルの準備をするために、一旦離れる。


栞子「あの……侑さん、すみません……ランジュが最後までわがままを……」

侑「うぅん、気にしないで。ちゃんと白黒つく方法の方が、ランジュちゃんも納得するだろうし……。……それに」

歩夢「それに……?」

侑「みんなはランジュちゃんとバトルしたのに、私だけまだバトルしてないんだもん! 私だって、ランジュちゃんと戦ってみたいよ!」
 「ブイ♪」


あんなにすごい戦いを5回も見せられて、実はずっとうずうずしてたまらなかったんだ。

それに、わかり合うなら、ぶつかり合うのが一番だって、栞子ちゃんの試合を見ていて思ったことだし。


しずく「あはは……侑先輩、本音はそっちですね……」

リナ『侑さんのポケモンバトルマニアが出た』 ||  ̄ ᇫ  ̄ ||

歩夢「ふふっ♪ でも、侑ちゃんらしいと思うよ♪」


歩夢がくすくすと笑う。


かすみ「でもでも、侑先輩? やる以上は……」

侑「もちろん! 絶対勝つよ!!」
 「イブイッ!!!」

210: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:20:08.54 ID:WJiIP5Z70

イーブイも気合い十分に鳴き声をあげる。


せつ菜「そういうことでしたら……侑さん、最後の試合、お願いしますね!」

侑「うん! 任せて!」


私たちの五番勝負は──追加の第六試合……私とランジュちゃんの試合で全てを決することになった。





    🎹    🎹    🎹





ミア「試合形式はこれまでどおり3対3。全てのポケモンが戦闘不能になった時点で決着だ。いいね」

ランジュ「ええ」

侑「うん、わかった」


お互いボールを構える。


ランジュ「絶対ランジュが勝って、ランジュが栞子を守るんだから!」

侑「私も負けるつもりないから!」


月明りが照らす、流星山の下、本当の最終戦の火蓋が──切って落とされた。





    🎹    🎹    🎹





侑「行くよ!! ウォーグル!!」
 「──ウォーーーグッ!!!!」

ランジュ「行きなさい、ゲンガー!」
 「──ゲンガァーーー!!!!」


ランジュちゃんの先発はゲンガー。

1番最初に出てくるゲンガーがよくしてくることと言えば──


ランジュ「ゲンガー! “10まんボルト”!!」
 「ゲンガァーーー!!!」


ランジュちゃんの指示で電撃が届くよりも早く、


侑「“いわなだれ”!!」
 「ウォーーーグッ!!!!」


足元の岩肌を割り砕き、その勢いで飛び出してきた岩石で前方に壁を作り出して、電撃を防ぐ。


ランジュ「! ……へぇ……!」


先発ゲンガーの役割は恐らく、後ろの続くポケモンが動きやすくなるように、削りや補助を行うこと。

わかっていても対処が難しい故に、大会ではよく用いられる戦い方。

攻撃範囲の広いゲンガーが使ってきそうな技はいくつかあるけど……ウォーグルに対して相性が良いのは“10まんボルト”や“こごえるかぜ”。

でも、ウォーグルの特性は多くが“まけんき”か“ちからずく”。ランジュちゃんが“まけんき”の可能性をケアするなら、“10まんボルト”が来ると予想出来た。

211: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:21:49.23 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「なら、“ヘドロウェーブ”!!」
 「ゲンガァーー!!!」


ゲンガーが毒の波を発生させ、岩の壁を溶かし始める。


侑「ウォーグル!」
 「ウォーーーッ!!!」


ウォーグルは岩の陰から上空に飛び出し──


侑「“エアスラッシュ”!!」
 「ウォーーーッ!!!!!」


風の刃をゲンガーに向かって放つ。


ランジュ「“シャドーボール”!!」
 「ゲンガァーーー!!!!」


ランジュちゃんはすぐに上空のウォーグルを指差しながら、“シャドーボール”の指示。

ウォーグルには効果のない技だから、完全に相殺のためだ。

2匹の攻撃がぶつかり合った瞬間──


侑「突っ切れ!! “ブレイブバード”!!」
 「ウォーーーーーッ!!!!!」


そこを一直線に大技で一点突破……!!

猛スピードで突っ込んでくるウォーグルの攻撃を回避しきれず、


 「ウォーーーーグッ!!!!!」

 「ゲンガッ!!!!?」


ゲンガーが吹っ飛ばされる。

防御の低いゲンガー……さらにウォーグルには“いのちのたま”を持たせている。大技の直撃で致命傷のはずだけど──ゲンガーは戦闘不能にはならず、後ろに飛び退きながら、


ランジュ「“10まんボルト”!!」
 「ゲンガァーーーッ!!!!!」


電撃でウォーグルを攻撃してくる。

だけど──


侑「“いわなだれ”!!」
 「ウォーーーグッ!!!!」


再び、岩石による壁を作り出して防御する。


ランジュ「な……!?」

侑「“きあいのタスキ”で1発受け止めてくるの、わかってるよ!」

ランジュ「……!」


“きあいのタスキ”は相手の攻撃によって一撃で倒されるようなダメージを受けたときも、気合いで食いしばることが出来る道具だ。

最初から相手の持ち物を予想出来ていれば、防御も出来る……!


 「ウォーーグッ!!!」

212: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:22:21.53 ID:WJiIP5Z70

ウォーグルは再び岩の陰から飛び出して、ゲンガーに向かって飛び掛かる。

“きあいのタスキ”で防いだ以上、もうあと一撃でも入れれば、ゲンガーは戦闘不能……!


侑「行け!! ウォーグル!!」
 「ウォーーーッ!!!!」


ウォーグルがゲンガーに向かって一直線に突っ込もうとした瞬間──


 「ゲンガ…!!!!」


ぼわっとゲンガーが黒いオーラに包まれる。


侑「“みちづれ”も読めてるよ……!」

ランジュ「……!」


ウォーグルはそのまま突進せず──ゲンガーの目の前で垂直に飛び上がる。


侑「“そらをとぶ”!!!」

 「ウォーーーーッ!!!!!」

 「ゲンガッ…!!!?」
ランジュ「……!?」


先発ゲンガーの対処の難しさの本質は──“みちづれ”だ。

倒すためには当たり前だけど、ダメージを与えないといけないわけだけど……何も考えずに攻撃すれば“みちづれ”の餌食になるし、“みちづれ”を警戒して攻撃を躊躇っていると、範囲の広い技や補助技を通されて不利な状況に陥ってしまう。

だけど──フェイントを掛けてしまえば“みちづれ”の対処は可能だ。


 「ウォーーーーグッ!!!!」


トドメの一撃を決めようとウォーグルが空中から切り返し、急転直下。

“みちづれ”は連続で使えない技だから、これでまずは1匹……!!

──と、思ったけど、ランジュちゃんは冷静だった。


ランジュ「“かみなり”!!」
 「ゲンガァーーーッ!!!!!」

侑「……!?」


突然目の前に雷撃が落ちる。


侑「しまっ……!?」


“かみなり”は“そらをとぶ”でも避けることが出来ない。

“かみなり”は決して命中率の高い技じゃないから安易に使う技ではないけど──ランジュちゃんは“みちづれ”による1:1交換が出来ないと悟った瞬間、攻撃に切り替えてきた。

しかも、この状況に対して、技選択が完璧だった。

上空のウォーグルは突然発生した雷撃を受け、


 「ウォーーー…」


フラリと落ちてくる。

──が、


 「ウォォォォォォォォォッ!!!!!!!!」

213: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:22:55.20 ID:WJiIP5Z70

黒焦げのまま、目をカッと見開き、


ランジュ「什么……!?」
 「ゲンガッ…!!?」


そのまま、ゲンガーに向かって突っ込んだ。


侑「ウォーグル……!?」

ランジュ「ゲンガー……!?」


ウォーグルが猛スピードで突っ込んだ衝撃で、朦々と砂煙が巻き上がり──その中で、


 「ウ、ウォー…グ…」
 「ゲンガァ……」


2匹とも戦闘不能になって倒れていた。


侑「ウォーグル……ありがとう。戻って」
 「ウォー…──」


私はボールにウォーグルを戻す。“かみなり”を受けた時点で、体力はもう限界だったはずなのに……持ち前の気合いで、一矢報いてくれた。

何度もウォーグルの勇猛さには救われてきた。……今回も。


ランジュ「……結局相討ちね……。戻って、ゲンガー」
 「ゲンガ…──」


せっかく“みちづれ”を読んで回避したのに、結局相討ちに持ち込まれてしまったのは痛手だけど……それでも、一方的に倒されることを避けられたと考えると、むしろ助かったかもしれない。


ランジュ「まあ、いいわ! 次よ!」


ランジュちゃんがボールを構え、私も同じように次のポケモンのボールを構える。

──さぁ、仕切り直しだ。





    🎀    🎀    🎀





栞子「1匹目は相討ち……侑さん……」

しずく「ですが、決して悪い流れではないと思います……!」

かすみ「というか侑先輩……ランジュ先輩のほとんどの攻撃を予想して防いでませんでしたか……!?」

せつ菜「侑さんは、ポケモンバトルそのものに明るい人ですからね。今回のランジュさんの戦法にも心当たりがあったんだと思いますが……。何より、彼方さんに教えてもらったという防御戦術に磨きが掛かっている気がしますね」

リナ『侑さん、いなしと防御のトレーニングは、家にいる間もずっとしてたからね!』 || > ◡ < ||


リナちゃんの言うとおり、侑ちゃんは旅をしていない間も、防御術のトレーニングだけは欠かさなかった。

戦術に対する知識が多く、トレーナーの癖を読み、防御やいなしに特化した戦い方は、侑ちゃんだけの武器になりつつある。

今回のバトルでも侑ちゃんの長所を生かして戦えている。

しずくちゃんの言うとおり、決して悪い流れじゃない。


歩夢「侑ちゃん……頑張って……!」




214: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:23:49.68 ID:WJiIP5Z70

    🎹    🎹    🎹





侑「行くよ! ライボルト!!」
 「──ライボォッ!!!!」

侑「メガシンカ……!!」
 「ライボォッ!!!!」


ライボルトを出すと同時に、メガシンカさせる。

対するランジュちゃんは、


ランジュ「行くわよ、ガブリアス!」
 「──ガァァァブ!!!!!」


ドラゴンポケモンのガブリアスだ。

ガブリアスを見た瞬間、


侑「“でんじふゆう”!!」
 「ライボッ!!!」

ランジュ「“じしん”!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


ライボルトを浮遊させて、“じしん”を回避する。

絶対にやってくると思った。

だけど、回避を読んでいたのはランジュちゃんも同じで──


ランジュ「“ドラゴンクロー”!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


すぐさま踏み込んできて、低空浮遊するライボルトに切りかかってくる。

だけど、ライボルトには必殺技がある──

──ギィンッ!! と音を立て、


ランジュ「……!?」


砂鉄の盾が、ガブリアスの爪撃を弾く。


ランジュ「なによその技……!?」
 「ガァァァブッ…!!!!」


攻撃を弾かれ、出来た隙に──


侑「“ハイパーボイス”!!」
 「ライボォッ!!!!!!」


音波攻撃を叩きこむ。


 「ガァブッ…!!!」
ランジュ「くっ……!!」


ガブリアスは怯む程度で大きなダメージにはなっていないけど、ライボルトのでんき技はガブリアスには効果がない。

守りを固めながら、削っていく方が恐らく効率がいい。

だけど──ここでも、ランジュちゃんの対応は早かった。

215: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:24:31.35 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「铁砂……? 電磁力で操ってるのね……! なら──“かえんほうしゃ”!!」
 「ガァーーーーブッ!!!!!」

 「ライボッ…!!」
侑「や、やば……!? こっちも、“かえんほうしゃ”!!」

 「ライボォッ!!!!」


砂鉄シールドの陰から、“かえんほうしゃ”に向かって“かえんほうしゃ”で対抗する。

どうにか、相殺は出来たけど──


ランジュ「やっぱり……! 炎は困るみたいね!」

侑「く……!」


弱点に気付くのが早い……!

砂鉄シールドは炎を受けると、防御能力が著しく落ちてしまう。これだと、当初の予定の持久戦が一気にやりづらくなる。


かすみ「炎だと困るんですか……?」

せつ菜「確か……一定以上温度が上がると磁性が失われるのではなかったでしょうか」

リナ『熱されると、磁気モーメントが無秩序状態になるから、磁性が失われる。熱消磁って言われる現象』 || ╹ᇫ╹ ||

かすみ「……??」

しずく「えっと……まあ、使えなくなるってことだよ」


ランジュちゃんはすぐにそれに気付き、


ランジュ「仕組みがわかれば対策は簡単よ! “ねっさのだいち”!!」
 「ガァブッ!!!!」


ガブリアスが熱された砂をこちらに向かって飛ばしてくる。


侑「く……“スピードスター”!!」
 「ライボォッ!!!!」


“ねっさのだいち”を吹き飛ばすために、星型のエネルギー弾で対抗するけど──大量の熱砂を全て撃ち落とすことは出来ず、一部が砂鉄シールドに降りかかり──降りかかった部分から、砂鉄が崩れて盾が崩壊していく。

それを好機を言わんばかりに、


ランジュ「今よガブリアス!! “かみくだく”!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


ガブリアスがこちらに向かって飛び出してくる。


侑「ライボルト……! ガード!!」
 「ライボッ!!!」


とはいえ、まだシールドが全て崩壊したわけじゃない。

欠けているシールドを、ガブリアスの攻撃を防ぐように、前に展開すると──


 「ガァァァブッ!!!!」


ガブリアスは大口を開けて、鋭い牙をシールドに突き立てる。

それと同時に──ガブリアスが牙を突き立てた場所から、バキリと音を立てて、シールドがひび割れる。


侑「な……!?」


ガブリアスはそのまま、砂鉄シールドを噛み砕き──

216: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:25:09.49 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「“ダブルチョップ”!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


盾を突き破りながら、両手でライボルトにチョップを食らわせる。


 「ライボッ…!!!」
侑「なんで、シールドが……!?」


一瞬どうして破られたのかが、理解出来なかったけど──すぐに頭の中で解答にたどり着く。


侑「……! ……“ほのおのキバ”だ……!!」

ランジュ「そうよ! 熱に弱いなら、熱を加えながら攻撃をすればいい!!」


“ダブルチョップ”で受けて、後退るライボルトに、さらにガブリアスが踏み込んでくる。


侑「ライボルト!!」
 「…ライボッ…!!!!」


私の声に反応するように、ライボルトの脚の筋肉の周辺がバチりと“スパーク”し、


 「ガァブッ!!!!」


ガブリアスの“ドラゴンクロー”が空振る。


 「ライボッ…!!!」


気付けば、ライボルトはガブリアスの背後にいた。

筋肉を刺激しての雷速移動だ。

背後を取ったライボルトが、逆にガブリアスに飛び掛かろうとするが──


ランジュ「“じならし”!!」
 「ガァブッ!!!!」

 「ライボッ…!!!?」


ガブリアスは振り向きもせずに地面を揺らして、ライボルトの足を止める。


ランジュ「筋肉を刺激して走る以上、“でんじふゆう”したままじゃ出来ないわよね!」

侑「ぐ……」


ランジュちゃんの言うとおり、雷速移動と“でんじふゆう”は両立出来ない。

強化した筋力で地面を蹴るからこその、あの瞬発力。

浮遊していたら、あんな“こうそくいどう”は出来ない。

“じならし”でよろけて、動きが鈍ったライボルトに向かって──


ランジュ「決めなさい、ガブリアス!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


ガブリアスが飛び掛かってくる。

どうする。

砂鉄シールドは攻略された、移動による回避を重視すればじめん技の餌食に、“でんじふゆう”したらガブリアスの機動力から逃げきれない。

そのとき、ふと──ある案が浮かんだ。


侑「ライボルト!! 砂鉄シールドを目の前に展開して!!」
 「ライボッ!!!!」

217: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:25:57.21 ID:WJiIP5Z70

ライボルトの目の前に砂鉄シールドが展開される。


ランジュ「それはもう攻略してるわ! “ほのおのキバ”!!」
 「ガァァァブッ!!!!」


ガブリアスの牙に炎が宿り──ライボルトの前面に展開されたシールドに牙を立てる。

炎によって熱された砂鉄シールドは──


ランジュ「さぁ、噛み砕きなさい!!」
 「ガァ、ブッ…!!!!」


──砕けなかった。


ランジュ「え……!?」

侑「ライボルト!! “ずつき”で突っ込め!!」
 「ライボォッ!!!!」


ガブリアスがシールドに牙を突き立てた状態のまま、シールドの裏側にいるライボルトの脚部が“スパーク”する。

盾ごと後ろから“ずつき”でガブリアスに叩き付け──


 「ガァブッ…!!!!」


噛み付いた砂鉄シールドごと仰け反り、無防備になったガブリアスの胴体に──


 「ライボッ!!!!」


噛み付いた。


 「ガァァァブッ…!!!!?」


そして、噛み付くと同時に、ライボルトが牙を立てた部分が──パキパキと音を立てながら凍り始めた。

こおりタイプは──ドラゴンポケモンにとって、これ以上ないほどの弱点タイプだ。


 「ガ、ァァァァ…!!!!!」


苦しみ怯むガブリアスに向かって、


侑「“はかいこうせん”!!」
 「ラァァァァイ、ボォォォォォォォ!!!!!!!!」

 「ガァァァァァブッ!!!!!!?」


至近距離から、最大級の破壊の閃光を、ガブリアスに直撃させた。

苦手なこおりタイプの技の直後に、至近距離からの“はかいこうせん”を受けたガブリアスは、


 「ガ、ァ、ブッ…」


さすがに耐えきれず、ゆっくりと仰向けに倒れ、戦闘不能になったのだった。


ランジュ「戻りなさい、ガブリアス……」
 「ガ…ブ…──」

ランジュ「……やられた……っ、“ほのおのキバ”で熱されてる部分を……裏側から“こおりのキバ”で冷やしてたのね……」


ランジュちゃんの言うとおり──私が思いついた作戦は、熱された部分をすぐに冷やして再び磁石に戻すことだった。

熱された牙によって脆くした砂鉄の盾を急激に冷やされ再び硬い盾に戻したら……当たり前だけど、牙が突き刺さって抜けなくなるという寸法だ。

218: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:26:29.44 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「やるじゃない……。……攻略されたことを逆手に取るなんて」

侑「あはは……うまくいくかはイチかバチかだったけどね」
 「ライボ…!!!」


でもこれで、ランジュちゃんの手持ちは残り1匹だ……!


ランジュ「……追い詰められちゃったけど……最後に勝つのはランジュよ!!」


ランジュちゃんは3匹目──最後のポケモンのボールをフィールドへと投げ込む。





    🎹    🎹    🎹





ランジュ「行きなさい、ガルーラ!」
 「──ガルゥッ…!!!」


ランジュちゃんの最後のポケモンはガルーラ。出すと同時に、耳に掛かった髪をかき上げ──それと同時に、“キーストーン”が光り輝く。


ランジュ「メガシンカ!」


ガルーラが光に包まれ──


 「ガァル…!!!」「ガルゥ!!!!」


大きくなった子供がポケットから飛び出してくる。


侑「迎え撃つよ……!」
 「ライボッ…!!」


ライボルトが、砂鉄の盾を構える。


ランジュ「ガルーラ! “ピヨピヨパンチ”!」
 「ガァルッ!!!!」


砂鉄シールドにぶつかった瞬間、ピヨピヨと特徴的な音が鳴る。

だけど、シールドはそれくらいじゃ破れない──が、気付けばシールドの内側に、


 「ガルッ」

侑「……!?」


子供ガルーラの姿があった。

──親が攻撃している間に、潜り込まれた……!?


 「ガルッ!!!」

 「ライボッ…!!!!」


殴り飛ばされ、ライボルトが地面を転がる。


侑「ライボルト……! 大丈夫!?」
 「ライボッ…!!!」

219: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:29:02.05 ID:WJiIP5Z70

ライボルトはすぐに起き上がるけど……。

まだ小さい子供なのに、自分より大きなライボルトを殴り飛ばすなんて、すごいパワーだ……。


ランジュ「“はかいこうせん”の反動があった分、逃げ遅れたわね」


“はかいこうせん”を使うと、反動でその場から動けなくなる。

そのケアを砂鉄でしようと思っていたけど……目論見が外れてしまった。


侑「でも、もう自由に動けるよ!!」
 「ライボッ!!!」


ライボルトの脚が“スパーク”すると同時に、イカズチを描くように、ガルーラの周囲を高速で走り回り始める。

さっきと違って、でんき技が通る相手である以上、捉えられさえしなければ、いくらでも攻撃のチャンスは作り出せるはず……!

ただもちろん、ランジュちゃんが自由に走り回らせてくれるわけはない。


ランジュ「ガルーラ! “じならし”!!」
 「ガァルッ!!!!」


ガルーラが足を踏み鳴らして“じならし”を起こそうとした瞬間、


侑「“でんじふゆう”!」

 「ライボッ…!!!」


ライボルトは浮き上がって振動攻撃を回避する。

が、ライボルトが浮き上がって減速した瞬間、


 「ガァルッ…!!!!」「ガルッ!!!」


親ガルーラが子ガルーラを、ライボルトに向かって投げ飛ばしてきた。


侑「うそ!?」

ランジュ「“アームハンマー”!!」
 「ガルッ!!!」

 「ライボッ…!!!?」


子供の拳で、浮いていたライボルトが地面に叩き落される。

それに合わせるように──


ランジュ「“じしん”!!」
 「ガァルッ!!!!」

 「ライボッ…!!!!」


ライボルトが“じしん”に巻き込まれる。


侑「ライボルト……!!」

 「ライ…ボ…」


“じしん”は効果てき面だった。ここまでのダメージの蓄積もあって、ライボルトはついにダウン。


侑「ありがとう……戻って、ライボルト」
 「ライ、ボ…──」

ランジュ「さぁ、これで並んだわよ!」

220: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:31:03.85 ID:WJiIP5Z70

私も残りは1匹のみになった。

最後はもちろん──


侑「行くよ、イーブイ!!」
 「ブイ!!!」


やっと出番かと言わんばかりに、気合いたっぷりに鳴き声をあげながら、私の肩を踏み切ってフィールドに飛び出す。

その首には、試合前に巻いてあげた“シルクのスカーフ”が風にたなびいている。

──泣いても笑っても、これが最後だ。


侑「イーブイ! 勝つよ!!」
 「ブイッ!!!」

ランジュ「いいえ! 勝つのはランジュたちよ!!」
 「ガァルッ!!」「ガルッ!!」





    🎹    🎹    🎹





侑「イーブイ、“わるわるゾーン”!!」
 「ブイ!!!」


周囲が闇の包まれ、その中でイーブイが月光の輝きを身に纏う。

これで物理攻撃は半減される。


ランジュ「このランジュでさえも、見たことない技を使うのね、そのイーブイ! ガルーラ、“いわなだれ”よ!!」
 「ガァルッ!!!!」「ガルッ!!!!」


親子ガルーラが同時に、足元の岩を殴り砕き、巻き上げられた岩がそのままこちらに向かって押し寄せてくる。


侑「“こちこちフロスト”!!」
 「ブイッ!!」


目の前に真っ黒な氷の塊を作り出して、岩を受け止め、


侑「“すくすくボンバー”!!」
 「ブーーィッ!!!」


イーブイの尻尾から飛び出したタネが岩を巻き込みながら急成長する。

“すくすくボンバー”の樹木を壁にしながら一旦様子を見ようと思ったが、


ランジュ「“すてみタックル”!!」
 「ガァルッ!!!」「ガルッ!!!」


親子ガルーラが一緒に、樹木に向かって突撃してきた。


侑「うわぁ!!?」


──ズドンと大きな音が樹木の向こう側から響き渡り、空気を震わせる。

直後──


侑「……うそ」


ミシミシミシ、と音を立てながら、岩を実のように巻き込んでいる樹木がこちらに向かって倒れてくる。

221: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:31:34.47 ID:WJiIP5Z70

侑「や、やばい……!!」
 「ブイッ…!!!」


巻き込まれまいとイーブイと一緒に樹木の陰から飛び出した、その瞬間、


ランジュ「“アームハンマー”!!」
 「ガァルッ!!!」

侑「!!」


親ガルーラが拳を振り下ろす。


侑「イーブイッ!!」
 「ブイッ!!!」


イーブイは咄嗟に身を捻って避ける。

どうにか拳の直撃は避けられたけど──強烈なスピードで振り下ろされる拳は、地面を割り砕き、


 「ブイッ…!!!」


割り砕かれる地面と共に、イーブイの体が宙を浮く。

さらに──


 「ガルッ!!!」


子ガルーラがイーブイが浮き上がった先で、両手を振り上げて待っていた。


侑「っ……!! “びりびりエレキ”!!」
 「ブーーーィィィッ!!!!」

 「ガルッ…!!!?」


咄嗟に放った“びりびりエレキ”で迎撃を試みるが、


 「ガーールッ…!!!!」

 「ブイッ!!?」


子ガルーラにダメージこそ与えられたものの、完全に攻撃を中断させることは叶わず、イーブイに子ガルーラからの“アームハンマー”が叩き付けられる。


侑「イーブイ!!」


イーブイが地面を跳ねながら転がる。


 「ブ、ブィィ…」


だけど……どうにか、立ち上がる。

戦闘不能にはなっていないけど、相性の悪いかくとうタイプの技を直撃で貰ってしまった──ダメージが大きく、限界ギリギリ。


ランジュ「追い詰めたわよ」
 「ガァルッ」「ガル…ッ」

侑「……っ」


私たちの前にメガガルーラが少しずつ近寄ってくる。

イーブイは戦闘不能寸前。

一方相手は子ガルーラを“まひ”させられているだけ。

絶体絶命……という状況だけど、

222: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:32:07.30 ID:WJiIP5Z70

 「…ブイッ!!」
侑「うん、わかってるよ!」


不思議と不安ではなかった。

だって、まだ私の相棒の闘志は、消えていないから。

何度もイーブイに──相棒に助けてもらってきた。

だから、きっと今回も、


侑「私たちは……負けないよ!!」
 「ブイッ!!!!」


イーブイが、地を蹴って──飛び出した。


侑「“すてみタックル”!!」
 「ブーーーィィィッ!!!!」

ランジュ「ここで突っ込んできた……!?」


ランジュちゃんも、この土壇場での真っ向からの突進に、驚きはしたものの、冷静に、


ランジュ「“じならし”!!」
 「ガァルッ!!!!」


手堅くイーブイの足を止めようとしてくる。


 「ブイッ…!!!」


だけど、勢いに乗ったイーブイは止まらない。

ちょっとくらいスピードが落ちたっていい。

ガルーラに向かって一直線に走る、イーブイの目の前に、


 「ガル…ッ!!!」


子ガルーラが飛び出してくる。


ランジュ「“けたぐり”!!」
 「ガル…ッ!!!」

 「ブイッ…!!?」
侑「イーブイ!?」


足を払われて、イーブイの体が宙を浮き──勢いに乗ったイーブイの体は地面を転がりながら、


 「ガァル…!!!」


親ガルーラの足元へ……。


ランジュ「……これで終わりよ」
 「ガァル…!!!」

 「ブイ…!!!」


親ガルーラがイーブイを片手で摘まみ上げる。

そして、掴んでいるのとは逆の手を引く。


ランジュ「終わりよ……。“メガトン──」

223: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:33:34.13 ID:WJiIP5Z70

親ガルーラの拳が引かれる。

狙うなら──今この一瞬しかない。


侑「イーブイッ!!!!」


あの技を見せるときだ。


侑「“とっておき”!!!」
 「ブイッ!!!!」

ランジュ「な……!?」
 「ガルッ!!?」


イーブイの体からエネルギーが溢れて、光り出す。


ランジュ「うそ……!? 技を全部使ったの!? ガルーラ、放しなさい!!」


イーブイはガルーラの目の前でぱぁぁぁっと光り輝き──


 「…ガルッ!!!」


親ガルーラが手を放すのと同時に──光はすぐに消えていった。


ランジュ「え……?」


──当たり前だ。

“とっておき”は覚えている技を全て使わないといけない。

最初は2つしか技を覚えていなかったイーブイも……今はたくさん技を覚えている。


ランジュ「な、なんなのよ……!」


でも──これで、いい。


ランジュ「ガルーラ!! 今度こそ、決め……」


ランジュちゃんの言葉が、止まった。

それも、そのはず。


ランジュ「……い、イーブイは……どこ……!?」
 「ガ、ガァルッ…!!!?」


先ほどまで親ガルーラが掴んでいたはずのイーブイは、フィールド上から姿を消していた。

“とっておき”はただの目くらましだ……!

そして──決めるなら、今しかない。


侑「イーブイ!!! 全力で行くよっ!!!!」


私の声に呼応するように──


 「──ブィィィィィィィィッ!!!!!!!!!!」


親ガルーラの──ポケットの中から眩い光と共に、イーブイの雄叫びが聞こえてくる。


ランジュ「うそっ!? ポケットの中……!?」

224: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:36:03.60 ID:WJiIP5Z70

そう、イーブイは──親ガルーラの手を離れた瞬間、ガルーラのお腹のポケットに潜り込んで姿を隠していた。

膨れ上がる光を纏いながら、ガルーラの顎下目掛けて、飛び出した。


侑「“ブイブイブレイク”ッ!!!」
 「──ブゥゥゥゥゥイィィィィィィィィッ!!!!!!!!」

 「ガァルッ!!!!?」


真下から、猛烈な突進で顎を突き上げられた親ガルーラは──そのまま、宙に浮きあがり、空中で何回転もしたあと──


 「ガァルッ…!!!!?」


地面に落下し、


 「ガ、ァァル…」


力尽きて、戦闘不能になった。

それと同時に──親が戦闘不能になったことで、メガシンカのパワーも失ったのか、


 「ガ、ガル…」


子ガルーラが元の小さい子供の姿に戻っていく。


 「ブイッ!!!」


攻撃を終え、着地したイーブイが鳴き声をあげると──


 「ガ、ガル…」


子ガルーラは大慌てで、倒れた親ガルーラのポケットの中に逃げ込むのだった。

もう子ガルーラに戦闘の意思はないと見ていいかな。

つまり──


ランジュ「……う、うそ……」

ミア「……ランジュのポケモンは3匹とも戦闘不能。……決着だね」

侑「……いやったぁぁぁ!! 勝ったよ、イーブイっ!!!」
 「ブイィィ♪」


フィールドに駆け出し、イーブイを抱きしめる。

そして、それと同時に──


かすみ「せんぱーいっ!! 信じてましたよ~!!!」

せつ菜「侑さんっ!! やりましたね!!」


かすみちゃんとせつ菜ちゃんが駆け寄ってくる。


侑「うんっ!」


そして、その後ろから、


歩夢「侑ちゃん……!」


駆け寄ってきた歩夢が、二人をすり抜けるようにして、抱き着いてくる。

225: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:37:30.08 ID:WJiIP5Z70

侑「おとと……」

歩夢「侑ちゃん……かっこよかったよ……。……イーブイも……」
 「ブイ♪」

侑「ふふ……ありがと、歩夢」


抱き着く歩夢の頭を優しく撫でる。


かすみ「ちょ……歩夢先輩だけずるいですよ……!」

せつ菜「そうですね! 喜びを分かち合うときは、みんなでです!!」


かすみちゃんとせつ菜ちゃんも抱き着いてくる。


侑「く、苦しい……」

栞子「み、皆さん……! そんなに一斉に抱き着いたら、侑さんが潰れてしまいます……!」

しずく「ふふ、でもこれくらい元気な方が、私たちらしいかもしれませんね♪」

リナ『確かにそうかもしれない』 || > ◡ < ||


みんなで喜びを分かち合っていると──


ランジュ「…………そっか、ランジュの負けなのね……」


ランジュちゃんが肩を落として、呟く。


ランジュ「……でも、負けは負け。認めるわ。それに……楽しいバトルだったわ。侑」

侑「うん! 私も楽しかったよ!」

ランジュ「今回は……勝ちたかったんだけどな……」


ランジュちゃんはそう言って── 一瞬だけ、栞子ちゃんにチラリと目を配る。


栞子「ランジュ……」

ランジュ「でも……これで、すっきりした! 貴方たち、栞子のこと、お願いね!」


そう言って、踵を返す。


侑「待って待って、ランジュちゃん!」

ランジュ「……何? まだ何かあるの?」

侑「この試合は、どっちが栞子ちゃんを守るかを決めようとしてたわけじゃないよ」

ランジュ「え……?」

ミア「まあ……そうだよね。どっちが守るなんて話してたの、ランジュだけだし」

ランジュ「え、で、でも……」

侑「ランジュちゃん……。私たちと一緒に、栞子ちゃんを守ろう!」


私は、ランジュちゃんに手を差し伸べる。


ランジュ「いや、でも……み、ミア……!」

ミア「とりあえず、勝者の意見を尊重すればいいんじゃない?」

ランジュ「貴方どっちの味方なのよ……!」


ランジュちゃんは困ったようにおろおろしている──

226: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:39:00.03 ID:WJiIP5Z70

ランジュ「や、やっぱりダメよ……ランジュがいたら、輪が乱れちゃうでしょ……!」

かすみ「はぁ……ランジュ先輩、まだわからないんですか」

ランジュ「え……な、なにが……?」

せつ菜「私たちは皆、ポケモンバトルを通して、全力でぶつかり合った者同士──ランジュさんの強さは私たちが一番理解しています!!」

しずく「これから挑むことになるのは……地方を守ってくれていた伝説の龍神様。今、私たちは……頼もしい仲間を必要としています」

かすみ「かすみんたちはランジュ先輩と一緒に戦いたいって言ってるんですよ!」

ランジュ「で、でも……ランジュは……」

歩夢「ランジュちゃん」


歩夢が前に歩み出て、ランジュちゃんの手を握る。


ランジュ「あ、歩夢……」

歩夢「やっぱり、気が引けちゃう?」

ランジュ「それは……そうよ……。……貴方たちは仲のいいお友達同士で……そこにランジュが入っても……」

侑「じゃあ、ランジュちゃん」


歩夢が握った手の上から──私もランジュちゃんの手を握る。


侑「私たちと──友達になって!」

ランジュ「……え」


ランジュちゃんは私の言葉に目を丸くした。


ランジュ「……いいの……?」

歩夢「うん、こっちからお願いしたいくらいだよ♪」

せつ菜「というより……全力でバトルをしたら、もうそれは強敵と書いてトモと読むんです!! それが習わしですから!」

かすみ「いや、それはなんか意味が違うような……」

しずく「ふふ♪ まあ、どういう友達になるかは、人それぞれでいいんじゃないかな♪」

ランジュ「ランジュも……お友達になっていいの……?」

かすみ「だから、さっきからそう言ってるじゃないですか!」

リナ『戦って、わかり合って、お互いを知って、繋がり合えたら、もうみんな友達だよ!』 || > ◡ < ||


みんなの言葉を聞いて──


ランジュ「…………っ」


ランジュちゃんは目の端に涙を浮かべる。


栞子「ランジュ」


栞子ちゃんが、ランジュちゃんに歩み寄り──抱きしめる。


ランジュ「栞子……」

栞子「みんなで……解決しましょう。……私たちはもう……みんな、お互いを支え合う仲間なんですから」

ランジュ「……うん……っ」


ランジュちゃんは、


ランジュ「……うん……っ」

227: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:39:30.31 ID:WJiIP5Z70

その言葉を反芻するように、何度も何度も、頷くのだった。





    🎹    🎹    🎹





さて……。

流星山での戦いを終えて──ポケモンたちの回復や休息……それと今度の準備を整えるために、例の如くセキレイシティのツシマ研究所に戻ってきていた。


栞子「……龍脈は、北──もっと正確に言うと、北北西方向に反応を示しています」

かすみ「もうだいぶ地方のあっちこっち回ったよね?」

栞子「そうですね……龍神様が待っている龍脈も……近いかもしれません」

せつ菜「なら、気を引き締めないといけませんね……!」

ランジュ「ランジュに任せなさい! 貴方たちはみーんな、ランジュが守ってあげるんだから!」

ミア「さっきまでの態度が嘘みたいだ……」

ランジュ「だってもうみんなは仲間で、お友達なんだもの!」

しずく「ふふ♪ 頼もしいですね♪」


ランジュちゃんはすっかり元気を取り戻したようで安心する。


せつ菜「それにしても北北西ですか……。……セキレイから北北西と言うと……」

リナ『天睛山くらいかな。クリスタルケイヴはもうすでに行ってるし』 || ╹ᇫ╹ ||

せつ菜「ですね」

かすみ「天睛山……?」

しずく「クロユリシティの北にある活火山のことだよ」

歩夢「あ……確か、竜の顔みたいな形の湖の真ん中にある火山だよね……目みたいに見えるって言う」

せつ菜「はい。通称『竜の瞳』なんて呼ばれています」

侑「そこが次の龍脈なんだね……。それじゃ、朝になったら天睛山に向かおう!」

栞子「はい!」


私たちは新しい仲間を加え……レックウザのもとを目指して──次なる龍脈へと進んでいく。




228: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:40:57.06 ID:WJiIP5Z70

>レポート

 ここまでの ぼうけんを
 レポートに きろくしますか?

 ポケモンレポートに かきこんでいます
 でんげんを きらないでください...


【セキレイシティ】
 口================== 口
  ||.  |○         o             /||
  ||.  |⊂⊃                 _回/  ||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||.○⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ ●__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :  ||
  ||.  | |          ̄    |.       :  ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.       /.         回 .|     回  ||
  ||.    _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||. /              o回/         ||
 口==================口

229: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/20(金) 12:41:50.15 ID:WJiIP5Z70

 主人公 侑
 手持ち イーブイ♀ Lv.82 特性:てきおうりょく 性格:おくびょう 個性:とてもきちょうめん
      ウォーグル♂ Lv.79 特性:まけんき 性格:やんちゃ 個性:あばれるのがすき
      ライボルト♂ Lv.80 特性:ひらいしん 性格:ゆうかん 個性:ものおとにびんかん
      ニャスパー♀ Lv.77 特性:マイペース 性格:きまぐれ 個性:しんぼうづよい
      ドラパルト♂ Lv.78 特性:クリアボディ 性格:のんき 個性:ぬけめがない
      フィオネ Lv.74 特性:うるおいボディ 性格:おとなしい 個性:のんびりするのがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:285匹 捕まえた数:12匹

 主人公 歩夢
 手持ち エースバーン♂ Lv.69 特性:リベロ 性格:わんぱく 個性:かけっこがすき
      アーボ♂ Lv.69 特性:だっぴ 性格:おとなしい 個性:たべるのがだいすき
      マホイップ♀ Lv.65 特性:スイートベール 性格:むじゃき 個性:こうきしんがつよい
      トドゼルガ♀ Lv.65 特性:あついしぼう 性格:さみしがり 個性:ものおとにびんかん
      フラージェス♀ Lv.65 特性:フラワーベール 性格:おっとり 個性:すこしおちょうしもの
      ウツロイド Lv.73 特性:ビーストブースト 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
 バッジ 3個 図鑑 見つけた数:264匹 捕まえた数:24匹

 主人公 かすみ
 手持ち ジュカイン♂ Lv.84 特性:かるわざ 性格:ゆうかん 個性:まけんきがつよい
      ゾロアーク♀ Lv.78 特性:イリュージョン 性格:ようき 個性:イタズラがすき
      マッスグマ♀ Lv.75 特性:ものひろい 性格:なまいき 個性:たべるのがだいすき
      サニゴーン♀ Lv.75 特性:ほろびのボディ 性格:のうてんき 個性:のんびりするのがすき
      ダストダス♀✨ Lv.74 特性:あくしゅう 性格:がんばりや 個性:たべるのがだいすき
      ブリムオン♀ Lv.76 特性:きけんよち 性格:ゆうかん 個性:ちょっとおこりっぽい
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:305匹 捕まえた数:15匹

 主人公 しずく
 手持ち インテレオン♂ Lv.69 特性:スナイパー 性格:おくびょう 個性:にげるのがはやい
      バリコオル♂ Lv.68 特性:バリアフリー 性格:わんぱく 個性:こうきしんがつよい
      アーマーガア♀ Lv.68 特性:ミラーアーマー 性格:ようき 個性:ちょっぴりみえっぱり
      ロズレイド♂ Lv.68 特性:どくのトゲ 性格:いじっぱり 個性:ちょっとおこりっぽい
      サーナイト♀ Lv.69 特性:シンクロ 性格:ひかえめ 個性:ものおとにびんかん
      ツンベアー♂ Lv.69 特性:すいすい 性格:おくびょう 個性:ものをよくちらかす
 バッジ 0個 図鑑 見つけた数:286匹 捕まえた数:23匹

 主人公 せつ菜
 手持ち ウーラオス♂ Lv.79 特性:ふかしのこぶし 性格:ようき 個性:こうきしんがつよい
      ウインディ♂ Lv.87 特性:せいぎのこころ 性格:いじっぱり 個性:たべるのがだいすき
      スターミー Lv.83 特性:しぜんかいふく 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
      ゲンガー♀ Lv.85 特性:のろわれボディ 性格:むじゃき 個性:イタズラがすき
      エアームド♀ Lv.81 特性:くだけるよろい 性格:しんちょう 個性:うたれづよい
      ドサイドン♀ Lv.84 特性:ハードロック 性格:ゆうかん 個性:あばれることがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:213匹 捕まえた数:51匹

 主人公 栞子
 手持ち ピィ♀ Lv.11 特性:メロメロボディ 性格:やんちゃ 個性:かけっこがすき
      ウォーグル♂ Lv.71 特性:ちからずく 性格:れいせい 個性:かんがえごとがおおい
      ウインディ♀ Lv.71 特性:もらいび 性格:さみしがり 個性:のんびりするのがすき
      ゾロアーク♂ Lv.69 特性:イリュージョン 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
      イダイトウ♀ Lv.68 特性:てきおうりょく 性格:さみしがり 個性:にげるのがはやい
      マルマイン Lv.69 特性:ぼうおん 性格:きまぐれ 個性:すこしおちょうしもの
 バッジ 0個 図鑑 未所持

 主人公 ミア
 手持ち プリン♂ Lv.75 特性:フレンドガード 性格:のんき 個性:ちょっぴりみえっぱり
 バッジ 0個 図鑑 未所持

 主人公 ランジュ
 手持ち コジョンド♀ Lv.80 特性:すてみ 性格:むじゃき 個性:イタズラがすき
      ジジーロン♂ Lv.76 特性:ぎゃくじょう 性格:れいせい 個性:ひるねをよくする
      エレキブル♂ Lv.77 特性:でんきエンジン 性格:せっかち 個性:ちょっぴりみえっぱり
      ローブシン♂ Lv.77 特性:てつのこぶし 性格:ゆうかん 個性:うたれづよい
      ギャラドス♂ Lv.75 特性:じしんかじょう 性格:いじっぱり 個性:あばれることがすき
      パラセクト♂ Lv.71 特性:しめりけ 性格:ようき 個性:ものおとにびんかん
 バッジ 8個 図鑑 未所持


 侑と 歩夢と かすみと しずくと せつ菜と 栞子と ミアと ランジュは
 レポートに しっかり かきのこした!


...To be continued.




230: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:20:09.16 ID:Vp8VUFfr0

■ChapterΔ011 『人とポケモン』 【SIDE Yu】





ツシマ研究所で一晩過ごして……翌日。

私たちは“そらをとぶ”でオトノキ地方の北を目指していた。


せつ菜「皆さん! 見えてきましたよ!」


──せつ菜ちゃん先導のもと飛んでいくと、大きな湖が見えてくる。

空から見たその湖は、確かに竜の頭部を思わせるシルエットをしていて、その竜の目に当たる部分に、火山が見える。


侑「あれが……天睛山」
 「ブイ~…」

かすみ「でもあれ、どこから入るんですか? 上の火口から……?」

せつ菜「いえ、天睛山には奥に繋がる火山洞が外から続いているので、そこから入ることが出来ますよ」

侑「それじゃ、一旦火山洞の入り口に行こう!」
 「イブィ♪」

せつ菜「はい! ご案内します! エアームド!」
 「ムドーー!!!」





    🎹    🎹    🎹





せつ菜ちゃんの言うとおり、天睛山の麓に降りると、大きな洞窟が口を開けていた。

洞窟を見るや否や、


ランジュ「さぁ、貴方たち! 行くわよ! ランジュに付いてきなさい!」


ランジュちゃんが意気揚々と進んでいく。


栞子「あ、ちょっと、ランジュ……! 単独行動しないでください……!」

ミア「やれやれ……」


栞子ちゃんが小走りでランジュちゃんを追いかけ、ミアちゃんが肩を竦めながら後を追う。


せつ菜「私たちも行きましょう。足元が不安定なので、気を付けてくださいね」

かすみ「もう~かすみんたち、これでも地方中旅して回ってるんですよ? 今更、荒れ道程度で転んだり──って、わぁぁぁぁ!!!?」


かすみちゃんが足元のでっぱりに引っ掛かって、盛大にすっ転ぶ。


しずく「か、かすみさん、大丈夫!?」

かすみ「い、痛い~……しず子ぉ~……」

しずく「もう……気を付けないと……」


しずくちゃんが、へたり込むかすみちゃんの頭を撫でる。


歩夢「でも、本当に凸凹だね……」

リナ『舗装された道ではないからね。噴火活動によって、出来た横穴でしかないから』 || ╹ᇫ╹ ||

231: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:20:41.98 ID:Vp8VUFfr0

確かに、道は激しく凹凸があり、段差を登らないといけない場所もある。

私は一段上によじ登ってから、


侑「歩夢、掴まって」

歩夢「うん、ありがとう、侑ちゃん」


歩夢を引っ張り上げる。

全員で協力しながら、奥へと進んでいくと──だんだんと汗ばんでくるのがわかった。


かすみ「……あ、暑い……」

しずく「やはり、活火山だからでしょうか……」

せつ菜「はい。もう少し奥に進むと溶岩が流れている場所もあるので、気を付けてください」

かすみ「溶岩!?」

リナ『触ったら火傷じゃ済まないね』 ||  ̄ ᇫ  ̄ ||

かすみ「こんなの人が来るような場所じゃないですよぉ~……」

しずく「弱音吐いてないで頑張って! ほら、背中押してあげるから!」

侑「歩夢、大丈夫? 疲れてない?」

歩夢「うん、平気だよ、ありがとう♪」


高低差のある横穴をひたすら進んでいくと──せつ菜ちゃんの言うとおり、開けた空間へとたどり着く。

先ほども言っていたとおり、壁を伝うように溶岩が流れている場所もあり、洞窟の奥だと言うのにそれなりに明るくて……何より暑い。


ランジュ「栞子、龍脈はここなのかしら?」

栞子「……いえ、反応はもう少し奥ですね……」


栞子ちゃんの手にある“もえぎいろのたま”は光ってはいるものの、他の龍脈の地にたどり着いたときほど強い輝きにはなっていない。


せつ菜「確か……この先に、火口に繋がる道があったはずです」

ミア「そこまで行かないとダメってことか……。ボク、少し疲れてきたよ……」

かすみ「ミア子、鍛え方が足りないんじゃないの~?」

ミア「なんだって? キミだって、さっきすっころんでたじゃないか。体幹不足の子犬ちゃん」

かすみ「だから、子犬じゃないっ!!」

しずく「もう……ケンカしないの……!」

リナ『ミアちゃん、頑張って! もう少しだから!』 || ╹ 𝅎 ╹ ||

ミア「リナが言うなら、頑張るよ!」


リナちゃんに言われると、ミアちゃんは元気よく答えて歩き出す。


かすみ「リナ子の言うことは素直に聞くのに……なんで、かすみんには生意気なのかな……」

侑「あはは……」


思わず苦笑してしまう。


せつ菜「えーっと……あっ、あった! 皆さん! 火口への道は、こちらです!」


せつ菜ちゃんが、道を見つけてみんなを呼び寄せる。

全員でゾロゾロと道へと入っていくと── 一気に気温が上昇するのがわかった。

232: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:21:57.49 ID:Vp8VUFfr0

かすみ「うわ……」

ミア「これは……」


かすみちゃんとミアちゃんが、あまりの熱気に顔を顰める。


栞子「確かに……これはすごい熱気ですね……」

せつ菜「天睛山の火口には溶岩だまりが出来ていることも多いので……この暑さはそれによるものでしょうね」


うだるように蒸し暑い洞窟内を抜けていくと──さほど時間が掛からずに、空間が開ける。

そして、そこには──眼下に湖のように広がった、溶岩が煮えたぎっていた。


かすみ「うひゃぁ……あんなにたくさん溶岩があるの……初めて見ました」

しずく「こんなに広い溶岩だまりがあるなんて……」

ランジュ「栞子、反応は?」

栞子「……間違いありません。ここが龍脈です」


栞子ちゃんの言うとおり、“もえぎいろのたま”は強く光を発していた。

あとは龍脈のエネルギーを集めたら、脱出して──と思った、そのとき、


歩夢「ま、待って……! 溶岩だまりの中央に……何かいるよ……!」

侑「え……!?」


歩夢の言葉に全員が、溶岩だまりの中央部分に目を向けると──

溶岩の上スレスレでとぐろを巻いて目を瞑っているポケモンが、灼熱の赤に照らされながら鎮座していた。

それはまさに──


栞子「龍神様……!」


私たちが探していた、レックウザだった。





    🔖    🔖    🔖





 「──キリュリリュリシィ……」


私の声に反応するかのように、龍神様はゆっくりと目を開け──


 「キリュリリュリシイィィィィィィ……!!!」


雄叫びをあげながら、私たちの前方まで飛翔してくる。


かすみ「ぴゃぁぁぁぁ!!? こっちきたぁ!?」

 「キリュリリュリシイィィィィィィ!!!!」


龍神様が動くだけで、周囲の空気が渦巻き、突風を発生させ、私たちの目の前で大きな体躯をしならせながら静止する。


 「キリュリリュリシイィィィィィィ…」

栞子「龍神様……」

233: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:22:48.73 ID:Vp8VUFfr0

龍神様はただ、目の前にいるだけなのに──強い存在感を放っている。


 「キリュリリュリシイィィィィィィ!!!」 (翡翠の巫女よ、力を返すがいい)

栞子「……力をお返しする前に……龍神様にお話ししたいことがあります」

 「リュリシィ…、リュリキリュリシィ」 (話だと……? 矮小な人の子が我に何を話そうと?)

栞子「この地方の人々に……危害を加えないでいただけませんか」

 「リュリシィ、キリュリリュリシイィィィィィィ…!!!!」 (またその話か? 巫女風情が何様だ!)


龍神様は私の言葉に怒るように咆哮をあげる。


かすみ「め、めっちゃ怒ってるよ……!?」

 「キリュリリュリシイィィィィィィ…!!!! キリュリリュリシイィィィィィィ!!!!」 (巫女よ、貴様も人がポケモンに何をしたかをわかっているだろう。人間のために、これまでどれだけの数のポケモンが命を落とした)

栞子「それは理解しています……ですが、それは過去の話です……! 今生きている人々にまで背負わせる罪科ではないはずです……!」

 「キリュリ…キリュリリュリシイィィィィィィ!!! キリュリリュリシイィィィィィィ!!!」 (過去? よく言ったものだな。人は過ちを繰り返し今でもポケモンの命を奪い、危機に晒しているではないか)

栞子「確かに、そういう人間もいるかもしれません……。ですが、全ての人々がそのような悪しき心を持っているわけではありません……!」

 「キリュシィ、リリュリシィ…キリュリリュリシィ」 (仕える巫女でありながら、あくまで人の肩を持つか……愚かな)

栞子「……そうではありません……。人に、ポケモンに、危害を加える悪しき人間も居ますが……それ以上に、ポケモンを大切に想い、慈しみ、共に生きている人々も大勢いるんです……!」

 「…………」 (…………)

栞子「私は……あの洞の中で過ごしていたら、一生それに気付くことはありませんでした……。ですが、自分の目で……見てきたんです。人とポケモンが、手を取り合い、生きている姿を……」


私は龍神様に、この地方で見てきたものを伝える。


栞子「知っていますか……コメコシティでは、人とポケモンが力を合わせて毎日農業に励んでいます。フソウタウンでは、人のお祭りでありながら、ポケモンのためだけに作られた軽食が存在していました。ダリアでは日々ポケモンと共に生きる文化を学び、ローズではポケモンと共に生きるための技術が研究されているそうです……人は、ポケモンの敵ではないんです」

 「キリュリリュリシィ」 (だから、過去の過ちをなかったことにしろと?)

栞子「そうではありません……! 確かに、人間が戦禍にポケモンを巻き込んだことは事実です……ですが、今の人々はそれを繰り返さないよう、良き隣人として、ポケモンと共存する道を選んで前に進んでいるんです……! 龍神様の目指される世界がポケモンにとってより良き世界であるなら……そこに人間は必要だと、私は感じました」

 「キリュリリュリシィ…」 (ポケモンが生きる世界に、人間が必要だと?)

栞子「そうです。……人間もポケモンも、この地方に住まう仲間です……。……必要なことは、どちらかのためにどちらかを追い出し、滅ぼすことではなく……手を取り合い、共存する道なのではありませんか? この地方を作られたディアンシー様が望んだ世界も、そうだったはずです……違いますか……?」

 「…………」 (…………)

栞子「龍神様……。……もう、龍神様が人間を監視などしなくても……人はポケモンと共に生きることを選び取れるくらい、強くなりました。……ですから……」

 「キリュリリュリシイィィィィィィ…!!!!」 (ならば、先の異変はなんだ!!!)

栞子「……っ!」


龍神様の雄叫びと共に、突風が吹きつけ、私は尻餅をつく。


歩夢「栞子ちゃん……!?」

栞子「へ、平気です……!」


私はすぐに立ち上がる。

234: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:24:03.63 ID:Vp8VUFfr0

 「キリュリリュリシイィィィィィィ!!! キリュリリュリシイィィィィィィ!!!」 (あれこそ、人が起こした災禍に他ならぬ、しかもこの短い間に二度も……!!! それでも尚、貴様は人がポケモンと共に生きることを選び取れていると申すか!!!)

栞子「ですが……勇気ある人たちとポケモンたちが力を合わせて、解決して見せたはずです……!! 人とポケモンが手を取り合い、共に危機を退けた……これは、人とポケモンが共に生きることを選び取っている何よりの証拠ではありませんか!?」

 「キリュリリュリシイィィィィィィ!!!」 (そもそも、人がいなければ起こらなかった災禍ではないか!!!)

栞子「だとしても、人を一方的に傷つけても、人とポケモンの間に溝が深まるだけで、何も解決しません……!!」

 「キリュリリュリシイィィィィィィ!!!」 (だから、滅ぼすのだ、全て……!!!)

栞子「……龍神様でも、そんなことは出来ません」

 「リュリシィ…」 (なんだと……?)

栞子「かつて龍神様が滅ぼした町──ヒナギクシティは……あのとき龍神様が焼き尽くしたことが嘘のように、活気のある町となっていました。人は龍神様が思っている以上にたくましい生き物です……きっと根絶やしになど出来ず、龍神様の怒りを受け、親しき友を失い残された人間たちは……今度はポケモンへの報復を考えるようになる……。……そうしたら、もっと多くの失われなくてよかった命が失われるのではありませんか」

 「…………」 (…………)

栞子「滅びによる平和など……ありえないんです。それは龍神様の御力を持ってしてもです……」

 「キリュリリュリシィ」 (我が力を恐れ、巫女という存在を仕えさせている翡翠の民の言葉とは思えぬな)

栞子「……翡翠の巫女も……翡翠の民も……そして、龍神様、貴方様も……私たちは、今の世界を知らなさすぎた。もう一度言います。今の人々は、ポケモンたちと、良き隣人として手を取り合って生きていくことが出来ます……!」

 「リュリシィ…キリュリリュリシィ」 (仮にそれが真だったとして……貴様の言っていることは、今後も人の起こす厄災がポケモンに降りかからない保証になっていない)

栞子「大丈夫です。……そのときは、勇気ある人たちが、親しきポケモンたちと力を合わせて、世界を守ります」

 「キリュリリュリシィ、リリュリシィ、キリュリリュシィ」 (その保証はどこにあると聞いている。善なる者、悪しき者がいるのは理解しよう。しかし、善なる者が必ず悪しき者に勝つと誰が保証する)

栞子「……大丈夫です」


私は力強く頷いて、後ろにいる仲間たちに目を向ける。


栞子「正しき心を持った人たちが、ポケモンと共に引き出す力は……悪しき力に屈したりしません」

歩夢「栞子ちゃん……」

栞子「私は……この方たちと共に、この地方を巡る中で、それを教わりました」


人とポケモンがお互いを信頼し合い、戦う姿は──信じられないような力を引き出し、驚くような結果をもたらしてくれる。私はそれを知った。それを目の当たりにし──自らも経験した。


栞子「かつて人はポケモンを畏れ……ポケモンは人を恐れていました。……ですが、今は共に生きる仲間としてお互いを認め合い、歩んでいます。……それを否定する権利は誰にもないはずです。例え、龍神様であっても……」

 「…………」 (…………)

栞子「龍神様……もう一度……人を……ポケモンと共に生きる人々を、信じてくれませんか……」

 「…………」 (…………)


龍神様はしばらく黙り込んでいましたが──


 「キリュリリュリシィ」 (ならば……その力とやらを見せてみろ)


そう口にする。


 「キリュリリュリシィ」 (我が力を必要とせずとも、災禍を退けるだけの力があることを示して見せろ。そうしたら、私も認めよう)

栞子「…………」

歩夢「栞子ちゃん……龍神様は、なんて言ってるの……?」

栞子「力を示せと……。……これから先、災いが起こったとしても、人とポケモンが力を合わせて、それを退けるだけの力を持っているということを証明しろと、仰られています」

しずく「それってつまり……」

せつ菜「今ここで龍神様──レックウザを超えてみせろ、ということですね」

ランジュ「簡単に言うと……倒してみろってことかしらね!」

かすみ「わかりやすくていいですね! やってやろうじゃないですか!!」

侑「そうだね。それで認めてもらえるなら、戦おう!」

235: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:24:32.20 ID:Vp8VUFfr0

仲間たちは、力強く頷く。

それに応えるように私も頷く。


栞子「わかりました……力をお見せします。人とポケモンの──キズナの力を」

 「キリュル、リリュリシィ、キリュリリュリシィ」 (ならば巫女よ。力を返せ。その者たちが全力の私に勝てれば、貴様の言葉を信じ、私はこの地を去ろう)

栞子「……皆さん、龍神様に全ての力をお返しします。……よろしいですか?」


皆さんに訊ねると──


ミア「まあ、そうなるよね」

しずく「示す以上、全力を上回らないと証明になりませんからね」

せつ菜「むしろ望むところです!! 人とポケモンの可能性……見せてあげましょう!!」

ランジュ「ま、力が戻ったところでランジュは負けないけどね!」

かすみ「相変わらず自信満々ですねぇ……でも、負けるつもりがないのは、かすみんも同じですけどねっ!」

リナ『繋がる明日のために……私も戦う!』 || > ◡ < ||

侑「大丈夫! ポケモンたちとのキズナがあれば……絶対に負けないから!!」
 「イッブィ!!!」

歩夢「栞子ちゃん」


歩夢さんが、歩み出て私の手を握る。


歩夢「……みんなで、前に進もう。人と……ポケモンと……この世界を生きる、全てのために……」

栞子「……はい!」


私は龍神様に振り返り──


栞子「……力を、お返しします」


手の平に“もえぎいろのたま”を乗せ──龍神様に向かって、差し出した。





    🎹    🎹    🎹





栞子ちゃんの手から“もえぎいろのたま”が浮かび上がり──


 「キリュリリュリシイ…!!!」


レックウザの体の中に吸い込まれていく──珠が完全に取り込まれると、眩い光に包まれる。


 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!」


雄叫びと共に、光を破るようにして現れたレックウザは、先ほどまでとは違った容姿になっていた。

顎が幅広な刃状になり、その顎や角からは、黄色い光を放つ長い髭が流れるように伸びている。

そして、それと同時に、周囲に先ほどよりも強い風が火道内に吹き荒れ始める。

236: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:27:20.16 ID:Vp8VUFfr0

かすみ「姿が変わりましたよ……!?」

栞子「あれが龍神様の……真のお姿です」

リナ『メガ……レックウザ……』 || ╹ᇫ╹ ||

侑「メガレックウザ……メガシンカした姿……!」

せつ菜「それにしても……この風は……!」

栞子「龍神様の天候を操る力が発生させているものです……!」

リナ『メガレックウザの特性“デルタストリーム”だよ……! 天候が“らんきりゅう”になってる!』 || ˋ ᇫ ˊ ||

 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!」

ランジュ「お喋りしてる場合じゃないわ……!! 来るわよ!!」


メガシンカしたレックウザから──風の刃が飛び出してくる。


リナ『“エアスラッシュ”だよ!』 || ˋ ᇫ ˊ ||

かすみ「いや、でかすぎです!?」


かすみちゃんの言うとおり──とてつもない大きさの風の刃が、こちらに向かって一直線に飛んでくる。

避けられない……!? そう思った瞬間、


しずく「バリコオル!! “ひかりのかべ”!!」
 「──…………」


しずくちゃんの繰り出したバリコオルが、巨大な障壁を発生させ、それに直撃した“エアスラッシュ”が轟音を立てる。

どうにか、食い止めたように見えたけど──


 「…………!!」
しずく「威力が……! 強すぎる……!!」


風の刃は障壁に阻まれて霧散するどころか、そのまま少しずつ、障壁に食い込むように前進してくる。


かすみ「加勢しなきゃ……!! サニゴーン!!」
 「──ニゴーーン」

歩夢「ウツロイド!!」
 「──ジェルルップ…」


かすみちゃんと歩夢が同時に手持ちを繰り出し──


かすみ・歩夢「「“ミラーコート”!!」」
 「ニゴーンッ!!!」
 「…ジェルップ」


“ミラーコート”を纏いながら、“ひかりのかべ”に食い込んでくる、“エアスラッシュ”を2匹掛かりで反射する。

だけど反射した、“エアスラッシュ”は、


 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!」


レックウザに当たる直前で霧散して消えてしまう。


かすみ「き、消えちゃいましたよ……!?」

せつ菜「恐らく、風を操る力で無効化したんだと思われます……!!」

リナ『風を自在に操るポケモンなだけあって、反射しても効果がない……』 ||;◐ ◡ ◐ ||


なんて言っている間にも、レックウザは口にドラゴンタイプのエネルギーを集束し始める。

237: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:27:57.90 ID:Vp8VUFfr0

 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!」


集束したドラゴンのエネルギーが“りゅうのはどう”となって、こちらに発射される。


しずく「バリコオル……!!」
 「…………!!」


再び、バリコオルが壁を展開し、攻撃の勢いを弱め、


ランジュ「ジジーロン!! “りゅうのはどう”!!」
 「──ジーーーロンッ」


ランジュちゃんの繰り出したジジーロンが、“りゅうのはどう”を放って、レックウザの攻撃を相殺する。

バリコオルの壁もあって、相殺自体は十分に出来ているけど──


ランジュ「相手が浮いてるのが厄介ね……」


なかなかこちらが攻撃に転じるタイミングを計りかねている。

レックウザは溶岩の上に浮いているため、手が出しづらいけど──このまま、手をこまねいていても、埒が明かない。


侑「仕掛けよう……! ウォーグル!!」
 「──ウォーーグッ!!!」

栞子「はい……! 出てきてください、ウォーグル!」
 「──ウォーグ…」


2匹のウォーグルが、ボールから飛び出し、レックウザの両側面を取るように回り込みながら飛んでいく。


 「ウォォォォォ!!!!!」
 「ウォーーグ…!!!」


2匹のウォーグルは翼を構え──


侑「“ダブルウイング”!!」
栞子「“オーラウイング”!」

 「ウォォォォーーグッ!!!!!」「ウォーーーグ…!!!!」


片や力を込めた両翼を叩き付け、片やオーラで強化した翼を叩き付けて攻撃する。


 「キリュリリュリシイ…」


しかし、レックウザは意に介することもなく、


 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!」

 「ウォーーグ…!!!?」「ウォーーーッ…!!!」


“ぼうふう”を発生させ、2匹のウォーグルたちを退ける。


侑「ウォーグル……!?」


しかも、巻き起こされる“ぼうふう”はそのまま──2匹のウォーグルを風圧で真下に向かって吹き飛ばした。

下ということは──

238: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:28:29.04 ID:Vp8VUFfr0

リナ『溶岩に落ちちゃう!?』 || ? ᆷ ! ||

栞子「ウォーグル……!! 飛んでください……!!」

 「ウォーーグ…!!!」
 「ウォォォォォォッ!!!!」


2匹のウォーグルは懸命に翼を羽ばたかせながら、姿勢を戻そうとするが──勢いが強すぎる。

そのとき、


しずく「バリコオル!! ウォーグルたちの真下に“バリアー”!!」
 「…………」


バリコオルが“バリアー”で作った足場を伸ばすように作り出し、


 「ウォーグ…!!!」
 「ウォォォッ…!!!」


2匹のウォーグルはその上に落ちて跳ねた後、再び飛び立ち始める。


しずく「ま、間に合った……」

栞子「しずくさん……! 助かりました……!」

侑「ありがとう、しずくちゃん……!」

しずく「いえ、ウォーグルたちが無事で何よりです……!」


しずくちゃんの機転のお陰でギリギリ難を逃れる。

そして、


せつ菜「お二人のお陰で──パワーを充填する時間が稼げました……!!」
 「──フゥ…!!!」


いつの間にか、攻撃の準備を整えていたスターミーの体に──宇宙の力があふれだす。


せつ菜「スターミー!! “メテオビーム”!!」
 「フゥ!!!!!」


スターミーから、極太のビームが発射され、洞窟内に光が迸る。

猛スピードで迫る“メテオビーム”に反応しきれなかったのか、


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


攻撃が直撃し、ビームの威力でその巨体ごと、火口内の岩壁に押し付けられる。


せつ菜「一気に決め切りますよ……!!」
 「フゥ…!!!」


壁に叩き付けても、まだ極太ビームは終わらない。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザは“メテオビーム”をその体で受けながらも、鳴き声をあげて、口にエネルギーを集束し反撃を試みようとするが──


ランジュ「させないわ!! “りゅうのはどう”!!」
 「ジーーロンッ!!!」

 「キリュリシイィィィィィ…!!!!」

239: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:29:01.78 ID:Vp8VUFfr0

ランジュちゃんのジジーロンが、レックウザが発射するよりも先に“りゅうのはどう”をレックウザの頭部に炸裂させ、技を中断させる。

そして、それと同時に、


せつ菜「これで……トドメです!!」
 「フゥ…!!!!」


せつ菜ちゃんの掛け声と共に、レックウザを壁に押し付けるように発射され続けている“メテオビーム”がさらにもう一段階、その勢いを増して──逃げきれなくなったエネルギーが大爆破を起こした。


かすみ「やりました……!」

侑「さすが、せつ菜ちゃん……!」
 「イブィ♪」

せつ菜「はい! 伝説のポケモンとはいえ、ひこうタイプ……! “メテオビーム”の直撃を食らって、無事ではいられないはずです……!」


爆発によって生じた煙の中から──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…ッッ!!!!!!!!」


爆音が轟き、洞窟内を反響しながら衝撃波となって襲い掛かってくる。


かすみ「ぴゃぁぁぁ!!?」

ランジュ「かすみ、危ない……!?」


衝撃で転がるかすみちゃんを咄嗟にランジュちゃんが受け止める。


ランジュ「大丈夫……!?」

かすみ「は、はいぃ……助かりましたぁ……」

ミア「これは……“ハイパーボイス”か……!?」

侑「みんな、吹き飛ばされないように一塊になって……!!」
 「ブ、ブィィ…!!!」

歩夢「う、うん……!」


全員で身を寄せ合って、衝撃を耐え忍ぶ。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」

かすみ「ぜ、全然倒れてませんよ……!?」

せつ菜「“メテオビーム”は直撃したはずなのに……!」

リナ『データがほとんどないから、確証はないけど……ダメージを見る限り、“らんきりゅう”にはひこうタイプの弱点をなくす効果があるのかもしれない』 || 𝅝• _ • ||

しずく「やはり、火口の中では、攻撃方法が限定されすぎてしまいます……」


相手は自由自在に空を飛び、さらに風を操って攻撃が出来る以上、このままじゃジリ貧だ……!


かすみ「なら……外におびき出しましょう……!」
 「──カインッ!!!」


かすみちゃんは、サニゴーンをボールに戻す代わりにジュカインをボールから出し、


かすみ「メガシンカ……!!」


“メガブレスレット”を光らせ、ジュカインをメガシンカさせる。


侑「どうするの!?」

かすみ「簡単です……!」

240: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:30:57.39 ID:Vp8VUFfr0

かすみちゃんは上を指差し──


かすみ「上の火口から外に飛び出せば、レックウザも追ってくるはずです!! 行くよ、ジュカイン……!!」
 「カインッ!!!」


かすみちゃんはジュカインの片腕に抱きかかえられながら、飛び出して行く。


しずく「ちょっと!? かすみさん!?」


ジュカインは、軽い身のこなしで、火口内の岩壁を蹴りながらどんどん上昇していく。

だけど──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザも黙って見ているわけもなく、かすみちゃんたちに向かって、“エアスラッシュ”を飛ばす。


かすみ「しず子!! 援護して!!」

しずく「ああもう……!! バリコオル!! “ひかりのかべ”!!」


かすみちゃんたちに当たる直前で、伸びてきた“ひかりのかべ”によって、“エアスラッシュ”の前進速度が落ち──その隙に、ジュカインは攻撃範囲から離脱するように、さらに上へ……。

その直後、“エアスラッシュ”が先ほどまでかすみちゃんたちが居た岩壁に炸裂し──その場所を抉り取る。


かすみ「しず子ーーー!! ナイスフォローーーー!!」

しずく「む、無茶するんだから……!!」


確かに、かすみちゃんはかなり無茶なことをしているようには見えるけど──


侑「私たちもかすみちゃんに続こう……! このままここに居ても、勝ち目がない……! ウォーグル!!」
 「ウォーグ!!!」


私はウォーグルを呼び寄せ、


せつ菜「ですね……! エアームド!!」
 「──ムドーーー!!!」


せつ菜ちゃんがエアームドの背に乗る。


栞子「私も行きます……!」


そう言って、栞子ちゃんがウォーグルを呼び戻すのと、ほぼ同時に、


ランジュ「栞子! 貴方は危ないから、来た道を戻って外から飛んできて……!」


ランジュちゃんがジジーロンの背に乗りながら、栞子ちゃんに向かって言う。


栞子「え!? で、ですが……!!」

せつ菜「確かに、全員で同時に昇るのは危険かもしれません……! 下は溶岩です……撃ち落とされでもしたら、一巻の終わりです……!」

しずく「ですね……。上に行くのはかすみさんたちに任せて、私たちは下から援護します……!」

侑「ごめん……! お願い……! 私たちが全員抜けたら、歩夢たちは来た道を戻って退避して……!」

歩夢「侑ちゃん……でも……」

侑「大丈夫……! 信じて……!」

歩夢「……わかった」

241: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:31:33.58 ID:Vp8VUFfr0

歩夢は心配そうな表情を浮かべていたけど──私の言葉を聞いて、コクリと頷いてくれた。


侑「せつ菜ちゃん! ランジュちゃん! かすみちゃんに続くよ!」
 「ウォーーグッ!!!!」

せつ菜「はい!!」
 「ムドーーーッ!!!!」

ランジュ「ええ、行くわよ!!」
 「ジーーロンッ!!!!」


気付けばもうかなり上の方まで登っているかすみちゃんたちを追いかけて、私たち3人も飛び立つ。

と同時に──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


私たちに向かって、“りゅうのはどう”が飛んでくる。


しずく「バリコオル!!」

歩夢「ウツロイド!!」

しずく「“ひかりのかべ”!!」
歩夢「“ミラーコート”!!」
 「…………」「──ジェルルップ…」


歩夢としずくちゃんの指示で、レックウザと私たちの間に“ひかりのかべ”が展開され、目の前に飛び出してきたウツロイドが“ミラーコート”で“りゅうのはどう”を弾き飛ばす。


侑「二人とも、ありがとう!!」

せつ菜「今のうちです……!!」


一気に急加速するが──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザが雄叫びをあげると共に──激しい“ぼうふう”が発生し、私たちの飛行を阻む。


せつ菜「うわぁ……!?」
 「ム、ムドー…!!!」

侑「くっ……!? 頑張って、ウォーグル……!!」
 「ウ、ウォーーーッ…!!!!」


風に煽られながらも、どうにか上を目指すが──あまりに風が強い。


かすみ「か、風が強すぎますぅ~~!!!」
 「カインッ…!!!」


かすみちゃんたちもあまりの暴風に、壁に張り付いたまま動けなくなっている。


侑「このままじゃ……っ!」
 「ブ、ブイ…」

ランジュ「ここはランジュに任せなさい……!! ジジーロン、“たつまき”!!」
 「ジーーロンッ!!!」


そう言いながら、ランジュちゃんのジジーロンが自分を中心とする巨大な“たつまき”を発生させ──“ぼうふう”を防ぐ風の壁を作る。

242: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:32:19.95 ID:Vp8VUFfr0

せつ菜「風が消えました……!」

ランジュ「“たつまき”の目の中なら、風はほとんどない! これなら、上にのぼれるはずよ!」

侑「うん……! 今のうちに、上まで抜けよう!! かすみちゃんも!!」

かすみ「は、はい!! ジュカイン!!」
 「カインッ!!!」


4人で一気に頂上を目指して、急上昇する。

しかし、


 「──キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


下の方で、レックウザが“たつまき”を突っ切って侵入してくる。


ランジュ「く……追ってくるのが早い……!」

侑「ウォーグル、急いで!!」
 「ウォーーッ!!!」


全速力で上へと逃げる──その間にも、


 「キリュリリュリシ…!!」


レックウザの口にエネルギーが集束されていく。


せつ菜「“りゅうのはどう”が来ます……!!」

侑「間に合わない……!!」

ランジュ「くっ……ジジーロン!! “りゅうのはどう”!!」
 「ジーロンッ!!!!」


殿を務めるランジュちゃんたちが下方に向かって、“りゅうのはどう”を発射する。


かすみ「ジュカイン!! かすみんたちも援護するよ!! “りゅうのはどう”!!」
 「カインッ!!!」


そして、私たちの上にいるかすみちゃんたちからも援護射撃が飛んできて、


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


発射される、レックウザの“りゅうのはどう”と衝突し──ぶつかり合った両者のドラゴンのエネルギーが膨張し、爆発した。


ランジュ「くっ……!!」

侑「うわぁ……!?」


下方からの爆発によって、4人と4匹が上空に打ち上げられ──そのまま、火口の外へと放り出される。

爆風に煽られながらも、どうにか体勢を立て直す。


せつ菜「……ぬ、抜けました……!!」

侑「かすみちゃんは……!?」


ハッとして、かすみちゃんを探すと──


かすみ「お、落ちるぅ~~~!!?」
 「カインッ…!!!」


上に吹っ飛んだあと、揚力を持たないかすみちゃんが火口の中に向かって落下を始めていた。

243: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:32:50.21 ID:Vp8VUFfr0

ランジュ「助けないと……!?」


でも、距離がある。それに、ジュカインの体重ごと支えるのは無理だ。

かすみちゃんにジュカインを戻すように指示する……!? 間に合うの……!?

頭の中で、激しく思考する中、


せつ菜「侑さーーーーんっ!!!」


真っ先に動き出したのは、せつ菜ちゃんだった。

声に振り返ると──


せつ菜「受け止めてくださいーーーーいっ!!!」

侑「え!?」
 「ブイ!?」


せつ菜ちゃんがエアームドの背中を踏み切って、私たちに向かって跳んでいた。


侑「わぁぁぁっ!!?」


驚きながらも、咄嗟に手を伸ばして、どうにかせつ菜ちゃんの手首を掴み──せつ菜ちゃんが宙ぶらりん状態になる。


せつ菜「侑さん、ナイスキャッチです!! エアームド!! “こうそくいどう”!!」

 「ムドーーーッ!!!」


せつ菜ちゃんが飛び降りて軽くなった分、機動力を増したエアームドが風を切って飛び出し、


せつ菜「かすみさんっ!! 足場を作ります!!! “てっぺき”!!!」

 「ムドーーーッ!!!!」


鋼鉄の翼を広げながら、垂直に下を向いて、ジュカインに背を向ける。


かすみ「……!! ジュカインッ!! 蹴って!!」
 「カインッ!!!!」


迫ってきたエアームドの背を蹴るようにして──ジュカインは火口周辺の地面へとジャンプする。


侑「やった……! ウォーグル!」
 「ウォーーッ!!!」


そして、そのままかすみちゃんの降り立った場所へと合流していく。


かすみ「た、助かりましたぁ……せつ菜先輩、ありがとうございます……死ぬかと思いましたぁ……」

せつ菜「私も侑さんがキャッチしてくれなかったら、たぶん死んでいたところでした!」

リナ『さらっと、命を懸ける辺り……さすがせつ菜さん……』 ||;◐ ◡ ◐ ||

侑「ちゃんと、キャッチ出来てよかった……」

せつ菜「いえ! ちゃんと受け止めてくれると、信じていましたので!」

ランジュ「感動を分かち合うのもいいけど──お出ましみたいよ」


ランジュちゃんの言葉に、振り返ると──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」

244: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:34:07.52 ID:Vp8VUFfr0

火口の外へ飛び出した私たちを追って──レックウザがこちらを見下ろしていた。





    🎹    🎹    🎹





“デルタストリーム”によって、“らんきりゅう”が渦巻く中──急に轟音と共に、閃光が迸った、

ギョッとして、光の落ちたところを見ると──


かすみ「び、び、びっくりしましたぁ……!?」
 「カ、カイン…!!!」


それはジュカインの尻尾に落ちていた。

今のは──


せつ菜「“かみなり”……!?」


“かみなり”がメガジュカインの“ひらいしん”に向かって落下したところだった。

そして、間髪入れずに──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザが爪を構えて突っ込んでくる。


せつ菜「ウーラオス!!」
 「──ラオスッ!!!」

侑「ドラパルト!!」
 「──パルトッ!!!」

ランジュ「コジョンド!!」
 「──コジョッ!!」


レックウザが勢いを乗せたまま、“ドラゴンクロー”を振りかぶる。

それを──ギィンッ!!! と音を立てながら、


かすみ「斬撃なら、負けませんよ!!」
 「カインッ!!!」


ジュカインが“リーフブレード”で受け止める。

受け止めると同時に、あまりのパワーからか、ジュカインの足元がバキリとひび割れるが──

一瞬動きが止まった瞬間に、レックウザの顎下に潜り込む影──


せつ菜「“ばくれつパンチ”!!」
 「ラオスッ!!!!」

 「リュリシイィィィィィ…!!!!」


ウーラオスの拳が真下からレックウザの顎を跳ね上げる。

跳ねあがったレックウザの頭に向かって──


侑「“ドラゴンアロー”!!」
 「パルトッ!!!!」
 「メシヤーーーッ!!!!」「メシヤーーーッ!!!!」

 「リュシィィィ…!!」

245: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:34:49.26 ID:Vp8VUFfr0

音速の竜矢が直撃し、さらに仰け反らせ──


 「──コジョッ!!!!」


仰け反ったレックウザの上に、跳び上がったコジョンドが──


ランジュ「“とびひざげり”!!」
 「コジョン、ドッ!!!!」

 「キリュリリュシィィィィ…!!!!」


猛烈な蹴りをかまして、レックウザの体躯を地面に向かって蹴り飛ばす。

巨大な体躯が地面に崩れ落ち、大量の土煙を巻き起こしながら、地面を揺らす。


せつ菜「やはり、地上戦なら十分張り合えますね……!」

侑「うん!」


せつ菜ちゃんの言葉に頷くと同時に──土煙の中から、青白い光線が一閃。


 「パルトッ…!!!?」


直撃したドラパルトが氷漬けになる。


侑「ドラパルト……!?」

リナ『今の“れいとうビーム”……!?』 || ? ᆷ ! ||


さらに煙の中から──ジュカインに向かって大の字の業炎が飛び出してくる。


せつ菜「……! ウインディ!! “だいもんじ”!!」
 「──ワォンッ!!!!」


咄嗟にせつ菜ちゃんがウインディを繰り出し、ジュカインを庇って“だいもんじ”で攻撃を相殺する。

と、思ったら──今度は水流が飛び出してきて、


 「ワォンッ…!!!?」


ウインディを吹き飛ばす。


せつ菜「ウインディ……!?」

ランジュ「今度は“ハイドロポンプ”……!?」


多種多様な技に翻弄されている間に──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザが土煙の中を突っ切り、コジョンドに向かって突っ込んでくる。


ランジュ「太快了……!?」


ランジュちゃんがそのスピードに驚く頃には──


 「コジョッ…!!!」
ランジュ「コジョンド……!」


コジョンドを撥ね飛ばし、そのまま直角に曲がるようにして、天に舞い上がっていく。

246: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:35:20.82 ID:Vp8VUFfr0

せつ菜「今の技は……“しんそく”……!」


空に舞い上がったレックウザは真下を向き、息を吸い込むのが見えた。

──“ハイパーボイス”の予兆。


かすみ「わ、やばっ!?」


あんな上空から、強烈な音波攻撃を放たれたら避ける場所がないし、一網打尽にされてしまう。


侑「ニャスパー!!」
 「──ウニャァーー!!!」

かすみ「……! 加勢します!! ブリムオン!!」
 「──リムオンッ!!」


2匹が同時に上を向き──


 「──キリュリリュシイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィッ!!!!!!!!!!!!!!!」

侑・かすみ「「“サイコキネシス”!!」」
 「ウニャァァァァァ!!!!!」「リーーームオーーーーンッ!!!!!!」


爆音に、念動力の衝撃波をぶつける。

2匹のフルパワーの“サイコキネシス”をぶつけ、減衰させてなお──地上に響く音波が脳を揺さぶる感覚に襲われる。


侑「ぐ、ぅぅぅぅっ!!!」

かすみ「ぐぅぅぅぅっ!!! うるさいですぅぅぅぅっ!!!!」

せつ菜「くっ……!!!」

ランジュ「太吵了……!!」


4人で耳を押さえて耐える。

やっと音が収まる頃には、耳がキンキンしていた。


侑「……っ……イーブイ……平気……?」
 「ブ、ブィィ…」


でも、これくらいで済んでよかった。

何も対策をしていなかったら、もっと酷いことになっていたはずだ。

でも、


せつ菜「……皆さんっ!! 次が来ます……!!」


息をつく暇もなく、


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


逆巻く風がレックウザの周囲で複数の風の刃を形成していく。


ランジュ「また“エアスラッシュ”……!」

リナ『でも、今度は複数……!?』 || ? ᆷ ! ||


あれだけの数……捌ききれる……!?

そう思ったけど、

247: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:35:50.71 ID:Vp8VUFfr0

かすみ「ちょうど……こっちも温まってきたところなんですよね……!」
 「カインッ!!!」


かすみちゃんとジュカインが空のレックウザを見上げながら息巻く。


かすみ「侑先輩!! 足場、作ってください!!」

侑「! わかった! イーブイ! “すくすくボンバー”!!」
 「ブイッ!!」


イーブイが、地面にタネを撒き──


かすみ「ジュカイン! 成長させますよ!」
 「カインッ!!!」


ジュカインが背中の栄養満点のタネを地面に落とすと──とてつもないスピードで樹木が成長していく。

成長する樹木の先に乗って、ジュカインとかすみちゃんは一気に上空へと、持ち上げられていく。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!!!!」


直後、複数発射される、“エアスラッシュ”。


かすみ「ジュカイン!! 集束!!」
 「カインッ!!!!」


ジュカインが腕にソーラーパワーを集束し──集束“ソーラーブレード”を作り出す。


かすみ「かすみんとジュカインに──斬れないものなんて、ありませんっ!!」
 「カインッ!!!」


ジュカインが連続で刃を振るい、次々と降り注いでくる“エアスラッシュ”を斬り伏せる。


ランジュ「かすみ……! すごいわ……!」


全ての“エアスラッシュ”を斬り伏せると同時に──


かすみ「行くよっ!!」
 「カインッ!!!!」


かすみちゃんとジュカインは樹木のてっぺんから、跳躍し──


かすみ「“ソーラーブレード”!!」
 「カインッ!!!!」

 「キリリュリシイィィィィィ…!!!!?」


レックウザの頭部に一太刀を加え──レックウザは痛みに悶えて、大きな鳴き声をあげる。


かすみ「どんなもんですかっ!!」
 「カインッ!!!」


だけど、レックウザはすぐに平静さを取り戻し──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!!!」


大きな尻尾を振るって、


かすみ「……やば!? 逃げ──」

248: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:36:24.99 ID:Vp8VUFfr0

空中にいるかすみちゃんとジュカインに叩き付けた。


侑「フィオネ!! ニャスパー!!」
 「──フィーーッ!!!」「ウニャァ!!!」


ボールから飛び出したフィオネがすぐさま水を噴射し、それをニャスパーが球状にする。

そこに向かって──ザブンッ!!!


かすみ「──ごぼがぼぼ……」


かすみちゃんとジュカインが着水したのを確認すると同時に、サイコパワーを解除し、水球が壊れてザバァと水が流れ出す。


侑「かすみちゃん、大丈夫!?」

かすみ「は、はい……助かりました……」
 「カ、カイン…」

かすみ「でも一発かましてやりましたよ……!」

せつ菜「ですが……まだ、終わりにはしてくれそうにありませんね」

かすみ「へっ?」


レックウザを見やると──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


全身に風を纏いながら、こちらに狙いを定めていた。


侑「あの技……!」

せつ菜「前にも見ましたね……!」

リナ『“ガリョウテンセイ”……!?』 || ? ᆷ ! ||


回避の準備を整える暇もなく──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!!!」


レックウザが猛スピードで突っ込んでくる。


せつ菜「ウーラオスッッッ!!!!!!」
 「ラオスッ!!!!!!!」


せつ菜ちゃんとウーラオスが脚を踏み鳴らしながら、私たちの前方に躍り出る。


せつ菜「“あんこくきょうだ”ッッッ!!!!!」
 「ラオスッッッ!!!!!!!」


“ガリョウテンセイ”に合わせるように──ウーラオスが強烈な正拳突きを真正面からぶつける。

インパクトの瞬間、レックウザの軌道が逸れ、私たちのすぐ横の地面に突き刺さるように落下し──

直後、衝撃波が私たちに襲い掛かり、前回同様──全員吹き飛ばされる。

飛ばされながらも、


侑「くっ……!! ウォーグル!!」
 「ウォーーーーッ!!!!」


すぐさま、ウォーグルに掴まり、衝撃と“らんきりゅう”の渦巻く空の中で、

249: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:37:05.70 ID:Vp8VUFfr0

 「ウニャァーーー」「フィオ~~~!!!」

侑「ニャスパー!! フィオネ!! 戻れ!!」


飛ばされている手持ちたちにどうにかボールを投げて、控えに戻す。


ランジュ「な、なんてパワーなの……!?」
 「…ジーロンッ」

せつ菜「そ、逸らすのがやっとです……!」
 「ムドーー…!!!」


ランジュちゃんとせつ菜ちゃんも同じような感じで──


侑「かすみちゃんは!?」


周囲を見回すと──


かすみ「──ぴゃぁぁぁぁぁ!!!?」
 「カインッ…!!!」「リムオン…!!?」


吹っ飛ばされていく、かすみちゃんとジュカイン、それに近くにいたブリムオンの姿が見えた。

かなり吹き飛ばされていて──このままだと、山の麓まで落ちかねない。でも、今度こそ、助けに行くのが間に合わない距離。


侑「かすみちゃんっ!!!」

かすみ「──こ、の、く、ら、い、でぇぇぇぇ……!! ダストダス!!」
 「──ダストダァ!!!!!」


かすみちゃんは空中でダストダスを繰り出し──


かすみ「腕ぇ!! 伸ばしてぇ!!」
 「ダストダァッ!!!!」


ダストダスが腕を目いっぱい伸ばして──どうにか崖を掴む。


かすみ「ブリムオンッ!! “サイコキネシス”!!」
 「リムオンッ!!!!」


そして、無理やりダストダスの体をサイコパワーで浮かして、自由落下を免れる。

山肌に向かって下降しながら──


かすみ「みなさーーーーーんっ!!!!! かすみんが戻るまで、持ちこたえてくださぁぁーーーーーいっ!!!!」


叫び声と共に──かすみちゃんは山の陰に隠れて見えなくなってしまった。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


レックウザが再び空に飛び立ち、こちらを睨みつけてくる。


侑「みんな、一旦下に降りよう……!」

せつ菜「そうですね……! 空中戦では分が悪いですし……!」

ランジュ「わかったわ……!」


3人で地上に降下し、再びレックウザを見上げる。

250: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:37:42.83 ID:Vp8VUFfr0

侑「強いね……レックウザ……」

ランジュ「あら、怖気付いちゃったの?」

せつ菜「まさか。侑さんがこんなことで諦めるはずありません! ですよね!」

侑「うん……!」


そう言いながら、私たちは次のポケモンを繰り出す。


侑「行くよ、ライボルト!!」
 「──ライボォッ!!!」

せつ菜「ゲンガー!! 出番ですよ!!」
 「──ゲンガァーー!!!」

ランジュ「ギャラドス、出てきなさい」
 「──ギシャァァァァ!!!!」


ポケモンを繰り出すと同時に、私とせつ菜ちゃんは腕を前に構え、ランジュちゃんは髪をかき上げ、耳を外に晒す。


侑・せつ菜・ランジュ「「「メガシンカ!!!!」」」


“キーストーン”が光り輝き──ライボルトがメガライボルトに、ゲンガーがメガゲンガーに、ギャラドスがメガギャラドスへと姿を変える。


せつ菜「向こうは大技を出した直後で、少し動きが落ち着いていますね……!!」

ランジュ「ええ! 今のうちに、パワーで押しきるわよ!!」

侑「まずは、地面に落とす……!!」
 「ライボォッ!!!!!」


ライボルトが稲妻のような速度で走り出し── 一気にレックウザの真下まで移動する。

ライボルトの体はイカズチを引き寄せる導雷針そのものだ。


侑「“かみなり”!!」

 「ライボォッ!!!!」


ライボルトが真下で自身に向かって“かみなり”を落とし、雷撃を直撃させる。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


レックウザは多少表情を歪めるが──ダメージがそこまで通っている印象も受けない。


侑「やっぱり、“デルタストリーム”の影響ででんきタイプは相性が悪い……」


だけど、私たちの役割は足止めだ。強力な電撃で痺れさせる……!


 「ライボォッ!!!!」


ライボルトが“かみなり”を確実にヒットさせながら──


せつ菜「ゲンガー……!! 行きますよ!!」
 「ゲンガァッ!!!!」


ゲンガーが集束させた特大の“シャドーボール”をレックウザに向かって発射する。

“かみなり”を受け続け、動けないレックウザに“シャドーボール”が炸裂する。


 「キリュリリュリシイィィィィィ………!!!」


影の球が着弾と同時に爆発し、その衝撃で吹き飛ばされ、宙で後退るレックウザ。

251: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:38:43.88 ID:Vp8VUFfr0

ランジュ「ランジュたちの準備も出来たわ……!」
 「ギシャラァァァ!!!!」


私たちが攻撃をしている間に“りゅうのまい”で能力を上げていたギャラドスが──“とびはねる”。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!」


大きな体躯を躍動させながら、飛び跳ねたギャラドスは──レックウザの真上から落下し、


ランジュ「“かみくだく”!!」
 「ギシャラァァァァ!!!!!!」

 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!!!??」


強靭な顎で、レックウザの刃状の顎を“かみくだく”。

鋭い牙を立てられ──レックウザの顎に、ビシリとヒビが入る。


侑「……! 効いてるよ! ランジュちゃん!」

ランジュ「当然でしょ! ランジュのポケモンなんだから!」

せつ菜「メガシンカのパワーなら十分に渡り合える……! このまま、押し切りましょう!!」


畳みかけようとした、まさにそのとき──


 「キリュリリュリシイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!」


劈く雄叫びと共に──ギャラドスが噛み付いたままのレックウザが、激しく電撃をスパークさせた。


 「ギシャラァァァ…!!!?」

ランジュ「な……!? “10まんボルト”……!?」


直接電撃を受けたギャラドスは堪らず噛み付いた顎を離してしまい──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


逆にその身をレックウザの鋭い顎で噛みつかれ──


 「ギシャラァァァッ!!!!!?」


そのまま、レックウザは噛み付いたギャラドスごと、山肌に向かって急降下してくる。


ランジュ「ギャラドス……!?」

 「ギ、シャラァァァ……」


レックウザは地面にギャラドスを叩き付け──さらに、


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


至近距離から連続で“エアスラッシュ”を放って、ギャラドスを攻撃する。


 「ギ、シャ、ラァァァァ…」


猛攻により、一気にギャラドスが戦闘不能まで追い込まれる。

252: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:39:33.57 ID:Vp8VUFfr0

ランジュ「侑……!! ギャラドスごと、やりなさい!!」

侑「……っ! ごめん……!! “かみなり”!!」

 「ライボォッ!!!!!」


ライボルトが、ギャラドスごと巻き込んで“かみなり”を発生させる。

“かみなり”の直撃を受け、動きを鈍らせたつもりだったが──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


激しい雷光の中でも、レックウザは動いていた。


 「ラ、ライボッ…!!!!」


雷撃を受けながらも、レックウザ自らの尻尾を打ち鳴らすように振るい──それに呼応するように、ライボルトの足元から大地のエネルギーが噴出して、


 「ライボォォオッッ…!!!?」


ライボルトを吹き飛ばした。


侑「だ、“だいちのちから”……!?」


ライボルトまで一瞬で戦闘不能に──

そのとき、


 「أ̷͕͈͈͆͊̂̀͂̾͂̃̿̂ͅن҉̱͚̬͍̘̟͎̙́̏̉̓́ا̸͈̞̭͎̰͚̥̮̮̱͔̄̓̌͒͂̇́́̑ ل̸̫̝͖̝̘̝͍̦̝͕̈͒̉̄͛ع̴͎͇̗̯͉̳̰̫͚̘͇͙̽̀̄̈́̐̽̃̈́̓́̓ن̷̗̲̠͎͖͖͖͉͂̃̈́̋̌̀̐̑̆͐͊ ي̶͙̙͖̙̘͔͖̬̰͙́̊̂͂̐̃م҉͔͚̳̦̗̍̀̀̌̿̚ك҈̖͍͙͍̞̩̾͂͒̈́̌̿̍̚ͅن҈̰̫͍͙͓̬͚̍̉͊̿̌̚ك҉̲̥̥̮̗̫͕̟̋̔̈̇̅̓́̀̍͆ ا҉̞͙̖͍̭̈̍̏̽ͅل̷͈̫̮͈̙͔̖̠̞͒̽̍͑̎̓̑̉̈͗͊ق̸̩̤̝͓̥̜̜̝̠̐͊͛̍̔̈́̿̍͋̓ي̶͖͎͚͇̥̙̩̊̔͂̅̿ا̴͔̣̗̲̫̳̠̫̙̦̃̉̓͛ͅͅم̸̟͓͇͚̯̜͓̥̮̞͚͆̑̓̌ ب҈͚͎͓̯͖̥̓̈̅̆ͅه̷͚͉̦̝̥̘͉̩͙̥̆̌͂̄̑́̊̽̐͑」


侑「っ……!?」


突然横から、耳を覆いたくなるような、身の毛もよだつ旋律が流れ出す。

それが、ゲンガーの“ほろびのうた”だと気付いたときには──


 「キリュリリュリシイィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!」

せつ菜「うわぁっ……!?」
 「ゲンガァッ…!!!!?」


“ほろびのうた”を歌うゲンガーを“ハイパーボイス”でピンポイントに攻撃して、音を掻き消しながら、せつ菜ちゃんたちを吹き飛ばす。


侑「せつ菜ちゃん!?」


私はせつ菜ちゃんに駆け寄る。


せつ菜「へ、平気……です……。……あまり、大きく息を吸い込んでからの攻撃ではなかったので……」


せつ菜ちゃんは表情を歪め、耳を押さえながら立ち上がる。

でも、レックウザの“ハイパーボイス”は本来ゴーストタイプには効果がないはずなのに、その衝撃波だけで、ゲンガーごと吹き飛ばした。

トレーナーに当たったのが余波とは言え、せつ菜ちゃんにも少なくないダメージがあったのは目に見えて明らかだった。


ランジュ「侑!! せつ菜!!」

侑・せつ菜「「……!」」


ランジュちゃんの声でハッと顔を上げると──再びレックウザが全身に風を纏い、こちらに狙いを定めていた。

──“ガリョウテンセイ”の構えだ。

253: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:40:47.95 ID:Vp8VUFfr0

リナ『3人とも一旦逃げて!?』 || ? ᆷ ! ||


叫ぶリナちゃん。でも──もうこの距離で狙いを定めたレックウザから逃げる術なんてない。


せつ菜「ウーラオスッ!!!」
 「──ラオスッ!!!」


再びボールから飛び出すウーラオスが構える。


 「──キリュリリュリシイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!」

せつ菜「“あんこくきょうだ”ァッ!!!」
 「ラオスッ!!!!!!!」


再び真正面から撃ち合う──だけど、今回は咄嗟の判断だったため、完璧に攻撃に威力を乗せ切れなかったのか、


 「ラオ、スッ…!!!!」
せつ菜「……っ……!!」


満足に逸らすことも出来ず──目の前で衝撃波となって、私たちを襲う。


せつ菜「……っ……侑さんっ!!!」

侑「せつ菜ちゃ……!?」


咄嗟に、せつ菜ちゃんが私の盾になるように、衝撃波に背を向けながら、私に飛び付いてきた。

────…………。

…………。

……。

  「ブイッ‼ ブイィィッ!!!!」
 『──うさん──……侑さんっ!! せつ菜さんっ!!』

侑「……ぁ……ぐ、ぅ…………」
 「ブイッ…!!!」

リナ『侑さん……!!』 || > _ <𝅝||


イーブイとリナちゃんが呼び掛ける声で、目が醒めると、全身を鈍器で殴られたかのような激痛に襲われる。

痛みと衝撃で、意識が飛んでいたらしい。

目を開けると──


せつ菜「…………」

侑「……せつ、菜……ちゃ……」


せつ菜ちゃんが私の上に覆いかぶさるように……頭から血を流しながら、気絶していた。


侑「せつ菜……ちゃん……私、を……かば、って……っ……」


ゆっくりと身を起こすと──


ランジュ「ローブシン!!! エレキブル!!! レックウザを侑たちに、近付けさせちゃダメ!!!」
 「ブシンッ!!!!」「キブルッ!!!!」


ランジュちゃんがぼろぼろになりながらも、ポケモンに指示を出し続けて戦っていた。

エレキブルが電撃で牽制し、ローブシンが両手の柱を振るいながら、レックウザを追い払って近寄らせないようにしているところが目に入る。

254: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:41:33.60 ID:Vp8VUFfr0

侑「どれ、くらい……気絶してた……」

リナ『ご、5分くらい……』 || 𝅝• _ • ||


つまりランジュちゃんは5分もの間、私たちを守るために一人であのレックウザの猛攻を捌いていたということだ。

私はボールから、フィオネとニャスパーを出す。


 「フィオ…」「ウニャァ」
侑「リナ……ちゃん……」

リナ『な、なに……?』 || 𝅝• _ • ||

侑「フィオネと、ニャスパーに指示して……せつ菜ちゃんの応急処置……して、あげて……」


私は応急処置道具の入ったバッグをその場に置きながら立ち上がる。


リナ『侑さんも大怪我してる……!!』 || > _ <𝅝||

侑「でも……!! ランジュちゃんをいつまでも、一人で戦わせるわけにいかない……!!」
 「ブイ…!!!」


イーブイと一緒にランジュちゃんのもとへ駆けだす。

その間にも、


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」

 「キブルッ…!!!」


暴れまわるレックウザが、エレキブルの頭を手で掴み持ち上げる。


ランジュ「くっ……!! エレキブル!! “ほうでん”!!」

 「キブルッ!!!!」


エレキブルは逃れるために“ほうでん”するが、レックウザは意にも介さず。


 「キリュリリュリシイィィ!!!!」

 「キブルッ…!!!!」


エレキブルを地面に叩き付けて戦闘不能に追い込む。

そして、爪を構えながら、ランジュちゃんを狙う。


ランジュ「ローブシン!! “ぶんまわす”!!」
 「ブシンッ!!!」


大きな石柱をぶん回して、レックウザの爪を弾くように振るうが──バキンッ!


ランジュ「……っ!!」
 「ブシンッ…!!!」


ローブシンの持っている石柱が、爪撃によって、割り砕かれる。

それと同時に──レックウザの振るった尻尾が、猛スピードで横から薙ぐように迫っていた。


ランジュ「……くっ……!?」

侑「イーブイッ!!! “こちこちフロスト”ッ!!!!」
 「ブゥゥゥーーーイィィィィ!!!!!!」


黒い氷がレックウザとローブシンの間に盾のように迫り出す。

だけど、薙がれる尻尾の勢いを止めることは出来ず──氷をバキバキと割り砕きながら、ランジュちゃんもろとも尻尾を叩き付けられて、吹き飛ばされ──

255: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:43:02.44 ID:Vp8VUFfr0

ランジュ「っ゛……ぅ゛……」

侑「ぐ……っ……」


二人で地面を転がる。


ランジュ「……っ……氷の壁のお陰で……威力がちょっと減った、みたいね……」

侑「大丈夫……? ランジュ、ちゃん……っ……」

ランジュ「お陰様で……ね……」


ランジュちゃんは腕を押さえながらよろよろと立ち上がる。


ランジュ「でも……任せてくれれば、ランジュが……片づけておいたのに……」

侑「あはは、ごめん……心配でさ……」


二人で立ち上がると──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


レックウザがこちらを見下ろしていた。

そして、


 「キリュリリュリシイ…キリュリリュリシィ…」


何かを語りかけてくる。


ランジュ「……ふふ……何言ってるかわかる……?」

侑「……なんとなくは……」


「諦めろ」とか、「力の差は歴然だ」とか、「やはり思ったとおりだ」とか……きっとそういう感じの内容なんだと思う。

でも──


侑「諦めないよ……」


だって、私には──


 「ブイ…!!」
侑「まだ、一緒に戦うポケモンが──相棒がいるから……」

 「…………。キリュリリュリシィ…」


レックウザが身に風を纏う。恐らく──“ガリョウテンセイ”。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


レックウザがこちらに狙いを定める。

でも、諦める気なんて、さらさら起きなかった。

だって──


侑「……まだ、私たちには……仲間がいるから……!!」


レックウザが、飛び出そうとした瞬間──

256: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:43:40.62 ID:Vp8VUFfr0

 「──ウォーグル!! “ブレイブバード”!!」
 「──アーマーガア!! “ゴッドバード”!!」

  「──ウォォォォォグッ!!!!!!」
  「──ガァァァァァァァッ!!!!!!」

 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!??」


2匹の鳥ポケモンが──レックウザに真横から突撃し、突き飛ばした。


侑「ほらね……!」

しずく「侑先輩!! ランジュさん!!」

栞子「ランジュ!! 侑さん!!」


しずくちゃんと栞子ちゃんがこちらに向かって駆けてくる。


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


レックウザが飛び立とうとするところに向かって──


歩夢「サスケ!! ウツロイド!! “ヘドロウェーブ”!!」
 「シャーーボッ!!!」「──ジェルルップ…」

 「キリュリリュリシイィィィィィ……!!!」


ヘドロの波が襲い掛かり、レックウザが飛び立つことを阻害する。


侑「歩夢……っ」

歩夢「侑ちゃん……!!」


歩夢が駆け寄ってきて、私を支えてくれる。


侑「ナイスタイミング……」

歩夢「ごめんね……こんなにボロボロになるまで……」

 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!!!!!!」


レックウザが咆哮をあげながら、“ヘドロウェーブ”を吹き飛ばすが──


 「──ダメですよっ!!」
  「カインッ!!!!」


極太の光の剣が──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…!!!!」


またしても、レックウザを地面へと叩き落とす。

この攻撃──“ソーラーブレード”……。


侑「かすみ……ちゃん……」

かすみ「皆さん……!! お待たせしました……!!」
 「カインッ!!!!」

 「キリュリリュリシイィィィィィ……!!!!」


度重なる妨害に、レックウザが怒りを顕わにし、体を持ち上げるが──

257: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:44:45.91 ID:Vp8VUFfr0

ミア「Stay there. Jigglypuff, "Gravity".」
 「プュッ」

栞子「ピィ! “じゅうりょく”です!」
 「ピィッ!!!」

 「リュリシイィィィィィ……!!!!」


ぐぐぐっと、レックウザの頭が下がっていく。


ミア「無駄だよ、2匹掛かりで“じゅうりょく”を発生させた」

ランジュ「ミア……!」

ミア「全く何やってるんだ……ボロボロじゃないか……ランジュらしくない」

ランジュ「ホントにね……!」


みんなが──駆けつけてくれた。

もう私はボロボロの満身創痍だけど──


侑「……みんなが居てくれれば……負ける気なんて、これっぽっちもしないよ……!」

 「──その……とおり、です……!」

侑「……!」


声に振り返ると──


せつ菜「……みんなが揃えば……負けることなんて、ありえませんよ……!」

侑「せつ菜ちゃん……!」


せつ菜ちゃんが足を引き摺りながら、こちらに歩み寄ってくる。


リナ『応急処置はした……でも、無理しないで』 || > _ <𝅝||
 「フィオ~」「ウニャァ~」

せつ菜「いえ……寝てなんていられませんよ……皆さんが、いるんですから……!」


これで──全員、揃った。

すごいなと思った。

あんなに絶望的な戦いだったのに、強さを見せつけられたのに、負ける気なんて、これっぽっちもしなかった。

そして、そんな私の気持ちに呼応するかのように──


 「ブィッ…!!!」


イーブイの体が光り輝く。


侑「……うん!」
 「ブイッ!!!!」


イーブイが構えるのを見て、


 「キリュリリュリシイィィィィィ……!!!!」


レックウザもその身に風を纏う。

“ガリョウテンセイ”の構え。

その威力は何度も見たけど──

258: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:45:25.65 ID:Vp8VUFfr0

侑「大丈夫……イーブイとのキズナが、ここにあるから。……旅で出会った全ての人たち、全てのポケモンたちとの繋がりがここにあるから……」
 「ブイッ!!!!!」


イーブイの光がより強く増していく。

イーブイと私の、全部の大好きの気持ちを込めた、この一撃で──証明するから……!!


侑「……人とポケモンのキズナは──負けたりしないって!!!」
 「ブィィィィッ!!!!!!」

 「キリュリリュリシイィィィィィ!!!!!!!!!」


2匹のポケモンが──同時に飛び出した。

片や翡翠色の龍神。

片や人とキズナを交わした、小さきポケモン。

両者が──“ブイブイブレイク”と“ガリョウテンセイ”がぶつかり合う。

巨大な力がぶつかり合い、エネルギーとなって爆ぜ散っている。

風は乱れ、光が周囲を眩く照らす。

ただ、不思議と──確信があった。


 「ブゥゥゥゥイィィィィィッ!!!!!!!」

 「キリュリシイィィィィィ…………!!!!!!!!!」


──私のイーブイは……絶対に負けないって。





    🎹    🎹    🎹





 「キリュリリュリシィ……」


レックウザの姿が……メガレックウザから元の姿に戻るのと同時に──ゆっくりと、その巨体が崩れ落ちたのだった。


侑「…………勝った」


勝つと同時に、身体の力が抜けて倒れそうになる。


歩夢「侑ちゃん……!!」


そんな私を、歩夢が支えてくれる。

そして──


 「ブィィィィッ!!!!」


イーブイが私の胸に飛び込んでくる。

私はそんなイーブイを受け止めて、


侑「ふふ……すごいよ、イーブイ……。……やっぱ、私の最高の相棒だ……」
 「ブイ…♪」


イーブイの頭を撫でながら、ぎゅっと抱きしめた。

そして、みんなが駆け寄ってくる。

259: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:46:08.98 ID:Vp8VUFfr0

かすみ「侑先輩!! やりましたよ!! かすみんたち!!」

しずく「この地方を……守ったんですね……。すごいです……」

せつ菜「仲間と共に、駆け抜けたんです……最後は勝たないと、締まりませんよね……えへへ」

リナ『侑さんっ!! すごかったっ!! みんなも、勝ててよかったっ!! 無事でよかったっ!!』 || > _ <𝅝||

ランジュ「まぁ、ランジュに掛かれば……これくらい朝飯前だったけどね……!」

ミア「全く……キミたちは、本当にPerfectだよ……」

栞子「皆さん……本当に、ありがとうございます……」


栞子ちゃんは私たちに頭を下げ、お礼を言ったあと──ゆっくりとレックウザの方へと歩いて行く。


かすみ「し、しお子……!? 危なくない……!?」

栞子「大丈夫です」


栞子ちゃんはゆっくりとレックウザの前まで進み、目の前で足を止める──

栞子ちゃんの気配を察したのか……レックウザは倒れたまま、ゆっくりと目を開け、栞子ちゃんを見つめる。


 「キリュリリュリシィ…」

栞子「……ありがとうございます。龍神様」

 「キリュリリュリシィ……」

栞子「……それでは……」

 「リュリシィ…キリュリリュリシイィィィィィ…リュリリュリシイィィィィィ…」

栞子「……尊大なお言葉……感謝いたします。……今まで、長きに渡り、この地方を見守ってくださって……ありがとうございました……」


レックウザはその言葉を聞くと、ゆっくりとその身を持ち上げた。

260: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:46:40.97 ID:Vp8VUFfr0

かすみ「わひゃぁ!!? 起きた!? ま、まだやるってんですか!?」

しずく「たぶん、大丈夫だと思うよ」

かすみ「ほ、ホントに……?」

栞子「……はい。本当です」


栞子ちゃんが頷くと──


 「キリュリリュリシイィィィィィ…」


レックウザは、静かに鳴いて──空へと、飛び立っていった。

遥か、遥か高くへと──


栞子「…………」


栞子ちゃんは──


栞子「…………龍神様」


レックウザの消えていった空を見つめながら……少しだけ、寂しそうな顔をしていたのが、印象的だった。


ランジュ「……栞子」


ランジュちゃんが、栞子ちゃんの背中を叩く。


栞子「……ランジュ」

ランジュ「……今度……一緒に、月を見に行きましょう」

栞子「……はい。喜んで」


栞子ちゃんは、柔らかい笑顔で、ランジュちゃんの言葉に答えるのだった。




261: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:47:13.98 ID:Vp8VUFfr0

>レポート

 ここまでの ぼうけんを
 レポートに きろくしますか?

 ポケモンレポートに かきこんでいます
 でんげんを きらないでください...


【天睛山】
 口================== 口
  ||.  |○         ●             /||
  ||.  |⊂⊃                 _回/  ||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||.○⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ 回__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :  ||
  ||.  | |          ̄    |.       :  ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.       /.         回 .|     回  ||
  ||.    _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||. /              o回/         ||
 口==================口

262: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/21(土) 12:47:45.03 ID:Vp8VUFfr0

 主人公 侑
 手持ち イーブイ♀ Lv.84 特性:てきおうりょく 性格:おくびょう 個性:とてもきちょうめん
      ウォーグル♂ Lv.80 特性:まけんき 性格:やんちゃ 個性:あばれるのがすき
      ライボルト♂ Lv.81 特性:ひらいしん 性格:ゆうかん 個性:ものおとにびんかん
      ニャスパー♀ Lv.78 特性:マイペース 性格:きまぐれ 個性:しんぼうづよい
      ドラパルト♂ Lv.79 特性:クリアボディ 性格:のんき 個性:ぬけめがない
      フィオネ Lv.75 特性:うるおいボディ 性格:おとなしい 個性:のんびりするのがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:289匹 捕まえた数:12匹

 主人公 歩夢
 手持ち エースバーン♂ Lv.69 特性:リベロ 性格:わんぱく 個性:かけっこがすき
      アーボ♂ Lv.70 特性:だっぴ 性格:おとなしい 個性:たべるのがだいすき
      マホイップ♀ Lv.65 特性:スイートベール 性格:むじゃき 個性:こうきしんがつよい
      トドゼルガ♀ Lv.65 特性:あついしぼう 性格:さみしがり 個性:ものおとにびんかん
      フラージェス♀ Lv.65 特性:フラワーベール 性格:おっとり 個性:すこしおちょうしもの
      ウツロイド Lv.74 特性:ビーストブースト 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
 バッジ 3個 図鑑 見つけた数:269匹 捕まえた数:24匹

 主人公 かすみ
 手持ち ジュカイン♂ Lv.85 特性:かるわざ 性格:ゆうかん 個性:まけんきがつよい
      ゾロアーク♀ Lv.78 特性:イリュージョン 性格:ようき 個性:イタズラがすき
      マッスグマ♀ Lv.75 特性:ものひろい 性格:なまいき 個性:たべるのがだいすき
      サニゴーン♀ Lv.76 特性:ほろびのボディ 性格:のうてんき 個性:のんびりするのがすき
      ダストダス♀✨ Lv.75 特性:あくしゅう 性格:がんばりや 個性:たべるのがだいすき
      ブリムオン♀ Lv.77 特性:きけんよち 性格:ゆうかん 個性:ちょっとおこりっぽい
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:311匹 捕まえた数:15匹

 主人公 しずく
 手持ち インテレオン♂ Lv.69 特性:スナイパー 性格:おくびょう 個性:にげるのがはやい
      バリコオル♂ Lv.69 特性:バリアフリー 性格:わんぱく 個性:こうきしんがつよい
      アーマーガア♀ Lv.69 特性:ミラーアーマー 性格:ようき 個性:ちょっぴりみえっぱり
      ロズレイド♂ Lv.68 特性:どくのトゲ 性格:いじっぱり 個性:ちょっとおこりっぽい
      サーナイト♀ Lv.69 特性:シンクロ 性格:ひかえめ 個性:ものおとにびんかん
      ツンベアー♂ Lv.69 特性:すいすい 性格:おくびょう 個性:ものをよくちらかす
 バッジ 0個 図鑑 見つけた数:292匹 捕まえた数:23匹

 主人公 せつ菜
 手持ち ウーラオス♂ Lv.80 特性:ふかしのこぶし 性格:ようき 個性:こうきしんがつよい
      ウインディ♂ Lv.88 特性:せいぎのこころ 性格:いじっぱり 個性:たべるのがだいすき
      スターミー Lv.84 特性:しぜんかいふく 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
      ゲンガー♀ Lv.86 特性:のろわれボディ 性格:むじゃき 個性:イタズラがすき
      エアームド♀ Lv.82 特性:くだけるよろい 性格:しんちょう 個性:うたれづよい
      ドサイドン♀ Lv.84 特性:ハードロック 性格:ゆうかん 個性:あばれることがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:218匹 捕まえた数:51匹

 主人公 栞子
 手持ち ピィ♀ Lv.34 特性:メロメロボディ 性格:やんちゃ 個性:かけっこがすき
      ウォーグル♂ Lv.72 特性:ちからずく 性格:れいせい 個性:かんがえごとがおおい
      ウインディ♀ Lv.71 特性:もらいび 性格:さみしがり 個性:のんびりするのがすき
      ゾロアーク♂ Lv.69 特性:イリュージョン 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
      イダイトウ♀ Lv.68 特性:てきおうりょく 性格:さみしがり 個性:にげるのがはやい
      マルマイン Lv.69 特性:ぼうおん 性格:きまぐれ 個性:すこしおちょうしもの
 バッジ 0個 図鑑 未所持

 主人公 ミア
 手持ち プリン♂ Lv.76 特性:フレンドガード 性格:のんき 個性:ちょっぴりみえっぱり
 バッジ 0個 図鑑 未所持

 主人公 ランジュ
 手持ち コジョンド♀ Lv.81 特性:すてみ 性格:むじゃき 個性:イタズラがすき
      ジジーロン♂ Lv.77 特性:ぎゃくじょう 性格:れいせい 個性:ひるねをよくする
      エレキブル♂ Lv.78 特性:でんきエンジン 性格:せっかち 個性:ちょっぴりみえっぱり
      ローブシン♂ Lv.78 特性:てつのこぶし 性格:ゆうかん 個性:うたれづよい
      ギャラドス♂ Lv.76 特性:じしんかじょう 性格:いじっぱり 個性:あばれることがすき
      パラセクト♂ Lv.71 特性:しめりけ 性格:ようき 個性:ものおとにびんかん
 バッジ 8個 図鑑 未所持


 侑と 歩夢と かすみと しずくと せつ菜と 栞子と ミアと ランジュは
 レポートに しっかり かきのこした!


...To be continued.




263: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:30:27.76 ID:WJlAx85d0

■FINAL Chapter 『虹の咲く場所』





──さて、あの後……当たり前だけど、私とせつ菜ちゃんは病院に行くなり即入院だった。

真姫さんからは何をしたらこうなるんだと、こっぴどっく説教を受けたし──答えられないけど──あちこちの骨にヒビが入っているわ、折れているわで当分はベッド生活を余儀なくされた。

特に、せつ菜ちゃんは肺に肋骨が刺さるなどの重傷で、一歩間違えれば相当危ない状況だったらしい。

当の本人は、


せつ菜「……確かに、なんだか息苦しいなとは思っていましたけど……そんなことになっているなんて、全然気付きませんでした!」


なんて無邪気に言うもんだから、真姫さんから私以上にこっぴどく叱られたとかなんとか……。

そして、ランジュちゃんも怪我をしていたらしいけど……私たちよりも酷い傷ではなかったらしく、すぐに退院となったようで……。

最後に──


ランジュ「また、貴方たちに会いに来るわ! そのときはまた勝負しなさい! もちろん、ランジュが全戦全勝だけど!!」

ミア「やれやれ……ま、ランジュらしいけどね」


そう残して去っていった。

その後……ミアちゃんと共に、あちこちの大会で活躍しているという話を風の噂で聞く。

そして、栞子ちゃんは──


歩夢「それじゃ……一度、翡翠の里に帰るんだね」

栞子「はい。……龍神様のことは報告はしましたが……翡翠の民が存在していた理由がなくなってしまったので……。今後、翡翠の民たちがどう生きていくかも含めて、しっかり話し合ってこようと思います」

かすみ「話し合って、最終的にしお子はどうするの?」

栞子「そうですね……。……落ち着いたら……旅に出ようかなと」


栞子ちゃんは……窓の外の空をぼんやりと見つめながら言う。


栞子「私も……皆さんのように、ポケモンたちといろんな世界を見てこようかなと」

歩夢「……うん、いいと思う」

しずく「是非、その旅が終わったら……栞子さんが旅で見て、感じたことを教えてくださいね……!」

栞子「はい、必ず」

せつ菜「旅の中で困ったことがあったら、いつでも連絡してください! 駆けつけますから!」

栞子「ふふ、出来る限り自分で頑張りますが、本当に困ったときはお願いしますね」

侑「ポケモンたちとの旅……! 楽しんできてね!」
 「ブイ♪」

栞子「はい! まだ、もうちょっと先にはなってしまいますが……。……それでも、今から旅立つ日のことを考えるだけでワクワクしています。……素敵な旅が出来そうな予感でいっぱいです」

かすみ「あ、それじゃ、かすみんオトノキ地方のおいしいものの情報いっぱい送ってあげるね!」

栞子「ふふっ、それは楽しみです♪ 是非、お願いしますね♪」

リナ『帰って来るときは言ってね! みんなのスケジュール調整、私がするから♪』 || > ◡ < ||

栞子「はい! よろしくお願いしますね、リナさん♪」


一人一人と言葉を交わして──最後に、


栞子「歩夢さん」


歩夢の手を取る。

264: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:31:07.29 ID:WJlAx85d0

栞子「あのとき……朧月の洞で、歩夢さんに会うことが出来てよかった……。……今は、心の底から、そう思っています」

歩夢「栞子ちゃん……。……うん、私も……あのとき、栞子ちゃんに出会えて、本当によかった」

栞子「歩夢さんは……私の人生を変える転機をくれました。……これからは、その機会をくれた歩夢さんに恥じないよう……自分の人生を精一杯生きてみます」

歩夢「ふふっ、大袈裟だよ♪ 栞子ちゃんが栞子ちゃんの好きなように生きてくれれば、私はそれで嬉しいよ」


そう言って、歩夢は栞子ちゃんの頭を優しく撫でる。


栞子「……はい!」


歩夢の言葉に、栞子ちゃんは屈託のない笑顔で頷くのだった。


栞子「……それでは皆さん……短い間でしたが、本当にありがとうございました」


最後にペコリと頭を下げて──栞子ちゃんは私たちのもとから、去って行ったのだった。


かすみ「……しお子……行っちゃった……」

リナ『かすみちゃん、寂しい……?』 || ╹ᇫ╹ ||

かすみ「さ、寂しくなんて……ないもん……」

しずく「ふふ……素直じゃないんだから」


そう言って、しずくちゃんがかすみちゃんの頭をナデナデする。


せつ菜「大丈夫ですよ。旅をしていれば、どこかでばったり会いますから」

かすみ「だ、だから、かすみん寂しくないですって!」


ぷくーっと頬を膨らませるかすみちゃんを見て、みんなでクスクスと笑ってしまう。


侑「あー……私も早く旅に出たいなー……」

歩夢「侑ちゃんは怪我の治療が最優先です」


歩夢がむーっとした顔で見つめてくる。


侑「あはは、わかってるって」

歩夢「ホントにわかってるのかな……」
 「ブイ」

歩夢「イーブイ、ちゃんと見張っててね?」
 「ブイ♪」

侑「あ、それじゃさ……歩夢」

歩夢「?」


私はお父さんとお母さんがお見舞いで持ってきてくれた果物籠の中からリンゴを手に取り、

265: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:31:39.90 ID:WJlAx85d0

侑「剥いて……欲しいな」

歩夢「う、うん」

侑「それで、その……あーんって、して欲しいんだけど……」

歩夢「え!? ……い、いいけど……/// 急にどうしたの……?」

侑「……ん、その……さ……」

歩夢「うん」

侑「歩夢……最近ずっと、栞子ちゃんに構ってばっかりだったから……たまには……私にも構ってくれないと、嫌って言うか……」

歩夢「へ……///」

侑「どうしたの……? 顔赤いよ……?」

歩夢「な、なんでもないよ……/// えっと、皮剥く前に、手洗ってくるね……!!」


歩夢がパタパタと病室を出て行く。


侑「あ……ヒバニーリンゴにしてって言うの忘れてた……」


そんなことを言っていると、突然しずくちゃんが近寄ってきて、


しずく「侑先輩…………ありがとうございます」


何故か、お礼と共に深々と頭を下げられた。


侑「へ? ど、どういたしまして……?」

リナ『侑さん、成長した』 ||  ̄ ᇫ  ̄ ||

かすみ「それにしても歩夢先輩……めっちゃ顔がニヤけてましたねぇ……」

侑「……? ……??」

せつ菜「侑さん侑さん! 私もヒバニーさんリンゴ食べたいです!」

侑「あ、うん! せつ菜ちゃんの分も剥いてもらおっか!」

リナ『……』 ||;◐ ◡ ◐ ||

かすみ「侑先輩は侑先輩かもですね……」

 「ブイ…」

しずく「……歩夢さんとせつ菜さん……それもありですね……」

侑「……?? ……???」


なんだかよくわからないけど……今日も私たちツシマ研究所の図鑑所有者は仲良しです。





    🎹    🎹    🎹





──さて、退院もして、すっかり元気になった頃……私は歩夢、せつ菜ちゃんと一緒にある人に会いに来ていました。


侑「ここで待ってればいいって、メールには書いてあったんだけど……」
 「ブイ?」

リナ『うん、間違いないよ』 || ╹ᇫ╹ ||


私たちが訪れているここは──音ノ木の麓だ。

しばらく、待っていると──

266: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:32:49.86 ID:WJlAx85d0

薫子「──っと……遅くなってごめんね!」


軽く手を上げて謝りながら、薫子さんが現れた。


歩夢「あなたが……栞子ちゃんのお姉さんの、薫子さん……」

薫子「こうして顔を合わせて会うのは初めてだね。話は聞いてるよ、歩夢。妹が世話になったみたいで……ありがとね」

歩夢「いえそんな……私は一緒にいただけなので……」

薫子「それだけで、栞子はすごく心強かったと思うよ。だから、感謝してる」


そう言って、薫子さんは歩夢に頭を下げる。

薫子さんが頭を上げたところで──


せつ菜「それで、お話とは一体何なんでしょうか?」


と、せつ菜ちゃんが訊ねる。


薫子「ああ。まあ、あの後どうなったかって話かな。君たちには聞く権利があると思うからさ」

侑「あの後って言うのは……翡翠の民やリーグのことですか?」

薫子「うん、そんなとこ。まあ、翡翠の民もリーグ側もどっちも大慌てだったみたいだけどね。何百年以上も続いていたレックウザの問題が、まさかこんな形で解決するとは思ってなかったからさ。……もちろん、それはアタシもだけどね」


薫子さんは肩を竦めながら苦笑する。


薫子「翡翠の民は龍神様がいなくなったことで、役割がなくなってかなり困惑してたみたいだけど……栞子がちゃんと事情を説明したら、ひとまず納得はしたって聞いたよ」

歩夢「栞子ちゃんに直接聞いたんじゃないんですか……?」

薫子「まあ、アタシがリーグにいるってボロ出してバレそうってのもあったけど……アタシは翡翠の里を抜けて、外に出ちゃったからね。翡翠の民は基本隠れ里の人たちだから、外界とは関わらないのが通例なんだよ。だから、帰っても肩身が狭い思いをしなくちゃいけないからね。それは御免蒙りたいってこと」

歩夢「そう……なんですか……」


歩夢はそれを聞いて少し複雑そうな顔をする。


薫子「とりあえず、翡翠の民のほとんどはこれからも里で暮らすみたいだけどね。なんだかんだ、自分たちの生活は気に入ってたみたいだし。ただ、翡翠の巫女みたいな風習はなくなっていくはずだよ。なんせ、必要がなくなったわけだからね」


薫子さんはそう言いながら、背後にある大樹を見上げる。


薫子「もう、龍の止まり木から……本当の意味での、龍の咆哮が聞こえることは、ないのかもしれないね……」

侑「きっと……それでいいんだと思います。誰かが見張っていなくても、私たち……この地方に住む、人とポケモンが力を合わせて、平和を守っていかないと」

せつ菜「ですね。いつまでも守られていては、私たちも成長出来ませんし!」

薫子「あはは、違いないね」


薫子さんは軽く笑ってから一呼吸。


薫子「んで、リーグ側なんだけど……翡翠の民から、レックウザがこの地を去った報告は受けたものの……上層部は今でも懐疑的みたいだね」

リナ『まあ、確認する術もないもんね』 || ╹ᇫ╹ ||

薫子「だから、これからも引き続き監視はするのかもしれないけど……ま、いないもんはいないから取り越し苦労なんだけどね。ただ、ミナミ相談役は信じてくれてるみたい。もしかしたら、ずっと続いた翡翠の民との軋轢も少しずつ解消されていくのかもね」


そしたら、アタシもお役御免だ、と付け足しながら、薫子さんは笑う。

267: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:34:35.02 ID:WJlAx85d0

歩夢「あの……」

薫子「ん?」

歩夢「栞子ちゃんには……会わないんですか……? きっと、実のお姉さんとなら……会いたがっていると思います……」

薫子「……ふふ、歩夢。君は優しい子だね」

歩夢「……」

薫子「……ちゃんと、アタシの役目を全うしきったら、そのときには会うのも悪くないかもね。その頃には栞子も……いろんな世界を見て、大人になってるだろうしさ」

歩夢「そのときはちゃんと……会ってあげてください……。……家族がずっと会えないなんて……寂しすぎるから……」


やや誤魔化すように言っていた薫子さんも、歩夢の物言いに思うことがあったのか──


薫子「……わかった。全てにケリがついたときは、ちゃんと妹に──栞子に会いに行くよ。……約束する」


真剣な顔で、歩夢に言葉に答えるのだった。


歩夢「はい……お願いします。栞子ちゃんのためにも……薫子さんのためにも」

薫子「……改めて、君が栞子に出会ってくれたこと……本当に感謝するよ」


薫子さんはもう一度、歩夢に頭を下げた。


薫子「……ってわけで、アタシからの話はこんなもんかな。ランジュのこと含めて……今回は本当にありがとう。お陰で、誰も責任を負ったりする必要もなく、解決出来たよ」

せつ菜「万事解決したのなら、何よりです!」

薫子「ホント、迷惑ばっか掛けちゃったから……もし何かあったときは言ってくれたら、いろいろ手を貸すからさ。リーグ側にコネがあると何かと便利だろうし」

リナ『職権濫用』 ||  ̄ ᇫ  ̄ ||

薫子「お、いいのかな~? 一番リーグから力を借りたいのは、リナちゃん、君じゃないのかな~?」

リナ『私のこと、知ってたんだ』 || ╹ᇫ╹ ||

薫子「アタシこれでも、結構リーグでいい位置にいるからね」


確かにリナちゃんはプリズムステイツのこともあるし……リーグと繋がりが出来るのは悪い話じゃないのかもしれない。


侑「じゃあ、もし何か協力して欲しいことがあったら……連絡するかもしれません」

薫子「ん、いつでも待ってるよ♪ アタシに出来ることだったら、なんでも協力してあげるからさ♪ そんじゃ、この辺でアタシはお暇するね。仕事も残ってるから!」


そう残して、薫子さんは去っていったのだった。




268: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:35:06.03 ID:WJlAx85d0

    👑    👑    👑





さて……全てに決着がついたあと──かすみんはしず子と一緒に、また二人で旅をしています。


かすみ「はふぅ~……温泉気持ちいいし、ご飯もおいしいし……ウラノホシタウン最高~……」

しずく「ふふ♪ よかったね♪」



オトノキ地方の端の端にある町ですけど、温泉旅館で有名って話を聞いてから、ずっと来てみたいって思ってたんですよね!

かすみんの睨んでいたとおり、最高の時間を過ごさせてもらってます。


 「ゾロアーーク♪」「リムオン♪」「グマァ♪」「ニゴー…」「ダストダァ♪」「…カイン」

 「ロズレイ」「ベァァ♪」「ガァァ♪」「サナ」「インテ…」「……♪」


旅館のお部屋でおいしいご飯を食べて元気に鳴くポケモンたち。

サニゴーンやジュカイン、インテレオンなんかは反応こそ淡泊なものの、表情は満足気です。

バリコオルはもともと無口なポケモンですけど、無言で小躍りしてるくらい。

どうやらポケモンたちにも大好評みたいです!


かすみ「ここに住みた~い……」

しずく「それじゃ、何泊かしていく?」

かすみ「でもでも、明日はローズで新しいスイーツが出るんだよね……それも買いに行きたいし……。あ! いい加減ダリアで、にこ先輩にリベンジもしなくちゃ……!!」

しずく「ふふ♪ 大忙しだね♪」


しず子はかすみんの話を聞いて、嬉しそうに笑う。

確かに、行きたい場所は山ほどあります。

いろいろ見てきたけど……それでも、まだまだかすみんは旅をし足りないくらいです。

ただ……。


かすみ「しず子は、どこか行きたい場所とかないの?」

しずく「え?」

かすみ「なんか、かすみんが行きたい場所にばっかり付き合わせちゃってるから……」


行き先はほぼ全てかすみんが決めていて……それなのに移動はしず子のアーマーガアにお願いしちゃうことも多いから、ちょっと申し訳ない気持ちもあります。


かすみ「次はさ、しず子の行きたい場所に行こうよ! かすみん、どこでも付き合うからさ!」


そう提案する。だけど、しず子は──


しずく「うぅん、大丈夫」


首を振る。


かすみ「え、えぇ……? 遠慮しなくていいんだよ? 私としず子の仲でしょ?」

しずく「うぅん、そうじゃなくてね」

かすみ「?」

しずく「……私──行きたい場所には、ちゃんと行けてるから、大丈夫なの」

かすみ「へ?」

269: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:35:45.31 ID:WJlAx85d0

そんな場所……行ったっけ……?

かすみんが小首を傾げていると……しず子は小さな声で──


しずく「──私の行きたい場所は……かすみさんの居るところだから──」


──何かを呟いた。


かすみ「え? ご、ごめん……聞こえなかったんだけど……」

しずく「ふふ♪ 聞こえないように言ったからね♪」

かすみ「えぇー!? なにそれ!? 気になるじゃん! 何言ったのしず子!!」

しずく「ふふ♪ 教えてあげない♪」


しず子はイタズラっぽく笑いながら、


しずく「ん~♪ お腹もいっぱいになったし、もう一度温泉にでも入って来ようかな~♪ 行こっか、みんな♪」
 「ロズレ♪」「サナ♪」「ガァァ~♪」「ベァァ」「……♪」


ポケモンたちを引き連れて、温泉の方へと行ってしまう。


かすみ「え、ち、ちょっとぉ!! 教えてよ!! 気になって、今日寝れなくなっちゃうじゃん!」

しずく「ダーメ♪ 自分で気付いてくれないと♪」

かすみ「え~!? も、もう、なんなの~!?」
 「ゾロアーク♪」「グマァ~♪」「ダストダァ♪」「リムオン♪」「ニゴーン…」


しず子の後をぱたぱたと追いかけると、ポケモンたちもニコニコしながら付いてくる。


かすみ「ちょっとぉ! みんなも笑ってないで! こうなったら、力尽くでしず子から聞き出すよ!」

しずく「ふふ、こわ~い♪」


クスクス笑って逃げるしず子、それを追うかすみん、そんな私たちを見ながら──


 「…インテ」「…カイン」


クールな相棒たちが、肩を竦めながら、かすみんとしず子のことを、見守っているのでした。


270: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:36:23.49 ID:WJlAx85d0

 主人公 かすみ
 手持ち ジュカイン♂ Lv.85 特性:かるわざ 性格:ゆうかん 個性:まけんきがつよい
      ゾロアーク♀ Lv.80 特性:イリュージョン 性格:ようき 個性:イタズラがすき
      マッスグマ♀ Lv.76 特性:ものひろい 性格:なまいき 個性:たべるのがだいすき
      サニゴーン♀ Lv.76 特性:ほろびのボディ 性格:のうてんき 個性:のんびりするのがすき
      ダストダス♀✨ Lv.78 特性:あくしゅう 性格:がんばりや 個性:たべるのがだいすき
      ブリムオン♀ Lv.77 特性:きけんよち 性格:ゆうかん 個性:ちょっとおこりっぽい
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:314匹 捕まえた数:15匹

 主人公 しずく
 手持ち インテレオン♂ Lv.70 特性:スナイパー 性格:おくびょう 個性:にげるのがはやい
      バリコオル♂ Lv.70 特性:バリアフリー 性格:わんぱく 個性:こうきしんがつよい
      アーマーガア♀ Lv.70 特性:ミラーアーマー 性格:ようき 個性:ちょっぴりみえっぱり
      ロズレイド♂ Lv.70 特性:どくのトゲ 性格:いじっぱり 個性:ちょっとおこりっぽい
      サーナイト♀ Lv.70 特性:シンクロ 性格:ひかえめ 個性:ものおとにびんかん
      ツンベアー♂ Lv.70 特性:すいすい 性格:おくびょう 個性:ものをよくちらかす
 バッジ 0個 図鑑 見つけた数:295匹 捕まえた数:23匹




271: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:36:55.10 ID:WJlAx85d0

    🎙    🎙    🎙





──ツシマ研究所。


せつ菜「みんな~! ご飯の時間だよ~!」
 「ププリ~」「ピチュピチュ♪」「ピィ~♪」

せつ菜「わっ!? じ、順番にあげるからね~!」
 「プププリン」「ピッチュ♪」「ピィ♪」


元気なベイビィポケモンたちに群がられながらも、どうにか1匹1匹に餌を配っていく。

そんな私の様子を見て、


善子「菜々……別に無理に手伝いに来なくてもいいのよ? 忙しいでしょ?」


ヨハネ博士が肩を竦めながら言う。


せつ菜「いえ! 私は、こうして博士のお手伝いを出来るのが嬉しいんです!」

善子「そう言ってくれるのは嬉しいけど……」

せつ菜「それに……来たる千歌さんとの戦いに備えて、聞きたいこともたくさんありますし!」


最近、私はよくヨハネ博士と一緒に、対千歌さんのための対策と研究を頻繁に行っている。


善子「ふふっ、気合い入ってるわね」

せつ菜「次挑むときは──絶対に勝つつもりですから!」


オトノキ地方の、チャンピオンになるために──

──ヨハネ博士に、チャンピオンマントを羽織った私の姿を、見せるために……。

ひととおり、餌やりを終え、


せつ菜「ですので……今日もよろしくお願いします!」

善子「……わかった。可愛いリトルデーモンの頼みだものね」


そう言いながら、ヨハネ博士がプロジェクターの準備を始める。

これから二人で、千歌さんの試合映像を見ながら研究の時間です!


せつ菜「みんなも! しっかり対策練って、次こそは千歌さんに勝つよ!!」
 「ラオスッ!!!!」「ゲンガァーー!!!」「ドサイッ!!!」「ムドーーー!!!!」「フゥ」「…ワォォォーン!!!」

善子「ふふ、期待してるわよ──菜々」

せつ菜「はいっ!!」


私、菜々は──ポケモントレーナーせつ菜として、前に進んでいます……!

最強のトレーナーを目指して、今日も、これからも────!!


272: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:37:25.62 ID:WJlAx85d0

 主人公 せつ菜
 手持ち ウーラオス♂ Lv.86 特性:ふかしのこぶし 性格:ようき 個性:こうきしんがつよい
      ウインディ♂ Lv.89 特性:せいぎのこころ 性格:いじっぱり 個性:たべるのがだいすき
      スターミー Lv.85 特性:しぜんかいふく 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
      ゲンガー♀ Lv.87 特性:のろわれボディ 性格:むじゃき 個性:イタズラがすき
      エアームド♀ Lv.83 特性:くだけるよろい 性格:しんちょう 個性:うたれづよい
      ドサイドン♀ Lv.85 特性:ハードロック 性格:ゆうかん 個性:あばれることがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:218匹 捕まえた数:51匹




273: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:38:08.89 ID:WJlAx85d0

    🎹    🎹    🎹





ウルトラビーストたちとの戦い、そして龍神様──レックウザとの死闘を終え……全てに決着がついたあと、私もみんなと同じように、また歩夢と旅に出た。

今は──


侑「うわぁ……! 雲海が太陽の光で輝いてるよ!」
 「ブィィ♪」

歩夢「前に来たときは星空が綺麗だったけど……日中は日中で、この雲海に圧倒されちゃうね」
 「シャボ」

リナ『これだけの雲海が見られるのは、この地方でもここくらいしかないからね!』 ||,,> ◡ <,,||


私たちは太陽と月の信仰の地である──“暁の階”を訪れていた。

あ、えっと……今の時間だと正午を過ぎてるから、“黄昏の階”になるんだっけ……?


歩夢「この雲の海の下に……私たちの住んでるオトノキ地方が広がってるんだよね……」

侑「うん。私たちみんなで守った、オトノキ地方が広がってる」

歩夢「ふふ♪ 最初はセキレイの街で、ただ普通に暮らしてただけだったのにね♪」
 「シャボ」

侑「今では……こんなに自由に世界を回って見られる」
 「ブイ」


これも全て、あの日、あのとき──ポケモンたちと一緒に、こうして冒険の旅に出たお陰なんだ。

そんなに前のことではないはずなのに、もう随分昔のことのように思っちゃうなぁ……。


歩夢「なんだか、今更だけど……すごいところまで来られるようになっちゃったね、私たち」

侑「ふふ、ホントにね」


二人で“黄昏の階”に腰掛けて、陽光を照り返して輝く雲海を見つめながら、身を寄せ合う。


歩夢「侑ちゃん」

侑「ん?」

歩夢「私と一緒に……冒険してくれて、ありがとう」

侑「……こちらこそ、一緒に冒険してくれて、いつも一緒にいてくれて……ありがとう、歩夢」

歩夢「うん♪」

リナ『二人だけずるい……私も』 || > _ < ||

侑「ふふ♪ もちろん、リナちゃんも♪ いつもありがとう♪」

歩夢「私たちのこと、ずっと支えてくれてありがとう♪ リナちゃん」

リナ『どういたしまして! 私も二人にはすっごく感謝してる! いつもありがとう!』 ||,,> ◡ <,,||


歩夢とリナちゃんに感謝を伝え──

そして、感謝をしてもし足りない、仲間たちにも──


侑「みんな、出てきて!」

歩夢「一緒に見よ♪」

 「ウォー!!!」「フィ~♪」「ウニャァ~」「パルト♪」「…ライボ」

 「バーース♪」「マホイップ♪」「ゼルガァ…」「ラージェス」「──ジェルルップ…」


ここまで旅を支えてくれた、かけがえのない仲間たち。

274: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:38:39.28 ID:WJlAx85d0

侑「みんながいたから……今の私があるんだ」
 「イブィ♪」「フィー♪」「ウォーーグ♪」「パルト~♪」「ウニャニャ」「…ライボ」

歩夢「うん。みんながいてくれたから……ここまで歩いてこられた」
 「シャーボ」「バース♪」「マホマホ♪」「ゼルガ…♪」「ラージェス」「ジェルップ…」


私にはイーブイが、ウォーグルが、ライボルトが、ニャスパーが、ドラパルトが、フィオネが。

歩夢にはサスケが、エースバーンが、マホイップが、トドゼルガが、フラージェスが、ウツロイドが。

仲間たちが──大切なポケモンたちが、支えてくれたから、今の私たちはここにいる。


侑「だから、ありがとう」
 「ブイ♪」


そして──


侑「これからもよろしくね!」
 「イブィ♪」「ウォーグ♪」「…ライボ」「ウニャァ~」「パルト♪」「フィ~」


頼もしい仲間たちの声を聞きながら──美しい雲海を見つめる。


リナ『次はどこへ行く?』 || ╹ ◡ ╹ ||

歩夢「どこに行こっか?」

侑「……そうだなぁ……まだ決めてないけど……。みんなと一緒なら、きっとどこに行っても、嬉しい気持ちで旅が出来ると思う」

歩夢「……ふふ♪ そうだね♪」

リナ『間違いない!』 ||,,> ◡ <,,||


──きっと、この世界にはまだ見ぬ感動が、冒険が、出会いが、私たちを待ってくれていると思う。

これからの私たちが、どこへ向かうかはまだわからないけど──きっと、その先には面白そうな未来が待っているに違いないから。

だから──まだまだ、これからも──新しい冒険の夢を見よう……!

この──ポケットモンスターの世界で……!!


275: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:39:22.12 ID:WJlAx85d0

 主人公 侑
 手持ち イーブイ♀ Lv.85 特性:てきおうりょく 性格:おくびょう 個性:とてもきちょうめん
      ウォーグル♂ Lv.81 特性:まけんき 性格:やんちゃ 個性:あばれるのがすき
      ライボルト♂ Lv.82 特性:ひらいしん 性格:ゆうかん 個性:ものおとにびんかん
      ニャスパー♀ Lv.78 特性:マイペース 性格:きまぐれ 個性:しんぼうづよい
      ドラパルト♂ Lv.80 特性:クリアボディ 性格:のんき 個性:ぬけめがない
      フィオネ Lv.75 特性:うるおいボディ 性格:おとなしい 個性:のんびりするのがすき
 バッジ 8個 図鑑 見つけた数:293匹 捕まえた数:12匹

 主人公 歩夢
 手持ち エースバーン♂ Lv.70 特性:リベロ 性格:わんぱく 個性:かけっこがすき
      アーボ♂ Lv.70 特性:だっぴ 性格:おとなしい 個性:たべるのがだいすき
      マホイップ♀ Lv.65 特性:スイートベール 性格:むじゃき 個性:こうきしんがつよい
      トドゼルガ♀ Lv.65 特性:あついしぼう 性格:さみしがり 個性:ものおとにびんかん
      フラージェス♀ Lv.65 特性:フラワーベール 性格:おっとり 個性:すこしおちょうしもの
      ウツロイド Lv.74 特性:ビーストブースト 性格:おくびょう 個性:ものおとにびんかん
 バッジ 3個 図鑑 見つけた数:273匹 捕まえた数:24匹




276: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:39:53.82 ID:WJlAx85d0

    🎹    🎹    🎹





歩夢と二人で雲海を眺めていたら──

──pipipipipipipi!!!!!! と、歩夢の図鑑が鳴り始める。


侑「この音……」
 「ブイ?」

歩夢「もしかして……」
 「シャボ…」


二人で、階段の下の方へ目を向けると──


かすみ「侑せんぱーい!! 歩夢せんぱーい!!」

しずく「お二人とも……こちらにいらっしゃったんですね!!」

せつ菜「まさか、こんなところで全員集合するなんて……!!」


3人の仲間たちが、階を上ってきているところだった。


侑「かすみちゃん! しずくちゃん! せつ菜ちゃん! どうしたの!?」
 「イブィ♪」

せつ菜「チャンピオン戦前の修行で訪れたんですが……偶然、下でかすみさんとしずくさんにお会いしまして……!」

しずく「まさか、侑先輩たちもいるなんて思いませんでした!」

かすみ「やっぱり、かすみんたち図鑑所有者5人……気が合いますね~♪」

歩夢「ふふ♪ そうだね♪ 気付いたら、みんな集まっちゃう♪」


思わず、みんなで顔を見合わせて笑ってしまう。


かすみ「それにしても、絶景ですぅ~♪」

しずく「こんな雲海を……私たちだけで独占しているなんて……とても、贅沢ですね」

せつ菜「本当に……! 今日このタイミングで、ここに来られてよかったです!!」

リナ『それだけじゃないよ』 || ╹ ◡ ╹ ||

侑「それだけじゃない?」

歩夢「どういうこと?」

リナ『東の空を見て!』 || > ◡ < ||

侑「東……?」


そろそろ黄昏時の近付くこの“黄昏の階”で、東を見るということはつまり……私たちが太陽を背に受けながら、東の雲海に目を向けると──


侑「わぁ……!!」
 「ブィィ…!!!」

歩夢「……すごい」
 「シャーボ…」

せつ菜「これは……!」

かすみ「はわぁ~~♪」

しずく「綺麗……」


そこには──雲海の上に、大きなアーチを描くように────虹が咲いていた。

今まで見たことのないような大きな大きな虹が──私たちの目の前で、まるで私たちがここに集まったことを祝うかのように、咲き誇っていた。

277: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:40:30.58 ID:WJlAx85d0

歩夢「侑ちゃん……すごいね」

侑「うん……」

しずく「私……こんなに綺麗な虹、初めて見ました……」

かすみ「なんだか……かすみんたちみんなが揃うと、奇跡が起こっちゃうみたいですね!!」

リナ『そうかもしれない♪』 ||,,> ◡ <,,||


そして、この綺麗な虹を見て、


せつ菜「なんだか、この虹を見ていたら、テンションが上がってきてしまいました!! 今にも、走り出したい気分です!!」


せつ菜ちゃんが、嬉しそうに飛び跳ねる。


かすみ「奇遇ですねぇ~、かすみんもちょっとうずうずしてきちゃいましたよ!」

侑「私も私も!」
 「ブイブイ♪」

しずく「ふふ♪ 皆さん、相変わらず元気なんですから♪ でも、今回ばかりは私も同じ気持ちです!」

歩夢「わ、私も……なんだか、じっとしてられない気持ちになってきちゃった……!」


5人みんなで目を合わせて──


かすみ「ふっふっふ……かすみんたちはなんですか……? ポケモントレーナーですよね!!」

侑「ポケモントレーナー同士……!!」

せつ菜「目が合ったときに、やることと言えば……!!」

しずく「ふふっ、今回は私も参戦させてもらいますよ!」

歩夢「でも……5人同時にバトルは出来ないよね……」

せつ菜「なら──今から5人全員総当たりでポケモンバトルをしましょう!!」

侑「それいいっ!! 考えただけで、最っ高にときめいちゃう!!」
 「ブィブィ♪」

歩夢「ええ!? 5人全員で!?」

しずく「す、すごい長丁場になりそうですね……。……ですが、面白そうです♪」

リナ『それじゃあ、私は審判をするね♪』 ||,,> ◡ <,,||

かすみ「順番はどうするんですか?」

せつ菜「もちろん──」

侑「早い物順で!!」
 「イブィ!!」


私とせつ菜ちゃんが同時に駆け出す。


かすみ「あ!? ふ、二人ともずるいです~!!」


だって、いても立ってもいられないんだもん!

せつ菜ちゃんと二人──相対する。


せつ菜「考えてみれば……侑さんとバトルをするのは、侑さんが旅立った直後に、カーテンクリフの麓で戦って以来ですね……!」

侑「言われてみれば……。……あのときは負けちゃったけど、今の私は──私たちは、あのときとは比べ物にならないくらい強いよ!!」
 「ブイッ!!!」

せつ菜「ええ! よく知っていますよ!!」

278: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:41:12.22 ID:WJlAx85d0

せつ菜ちゃんがボールを構える。

あのとき、憧れだったせつ菜ちゃんと、今こうして強くなって戦えることが嬉しくて堪らない。


歩夢「侑ちゃーーん!! 頑張ってねーー♪」

しずく「せつ菜さんもーーー!! 頑張ってくださーーい!!」

かすみ「お二人とも頑張ってくださーーーいっ!! あ、でも、かすみんと戦う力は残しておいてくださいね~~!?」


仲間たちの声援を受けながら──


リナ『バトル──スタート!!』 ||,,> ◡ <,,||

せつ菜「行きますよ!! ウインディ!!」
 「──ワォォォォンッ!!!!!」

侑「行くよ!! イーブイ!!」
 「ブイッ!!!!」


イーブイが飛び出した──


279: ◆tdNJrUZxQg 2023/01/22(日) 22:41:45.46 ID:WJlAx85d0


──ポケットモンスター、縮めてポケモン。

動物図鑑には載っていない……不思議な不思議な生き物。

その姿は、山に、森に、川に、海に、草原に、街に……うぅん、それどころか宇宙にも、異世界にも……!!

ありとあらゆる場所に生息し、その数は100...200...300...400...うぅん、1000種類以上のポケモンが、今もどこかで出会いを待っている。

ポケモンの種類だけ出会いがあって、それを求めて私たちポケモントレーナーは、今日もこの──ポケットモンスターの世界を生きていく。

そんな素敵なポケットモンスターの世界で──新しい出会いと、夢のような物語は──ときめきは──どんどん広がっていく。


人の数だけ、ポケモンの数だけ紡がれる、出会いと絆の物語──次に物語を紡ぐのは、きっと──あなたの番!





<THE END>

引用元: 侑「ポケットモンスター虹ヶ咲!」 Part3