3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:03:21.06 ID:mb8/+5ch
※ごひれん
※いつも書いてる人とは別人


恋「あ!五飛さん!デュオさん!おはようございます♪」

デュオ「おーおはようさん」

五飛「随分機嫌が良さそうだな、恋」

恋「えー?そう見えますか♪♪」

デュオ「見える見える。何か良い事でもあったのか?」


恋「はいっ!実は私…彼氏が出来たんです!!」

五飛・デュオ「」

4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:04:06.61 ID:mb8/+5ch
五飛「そいつの名を教えろ」

デュオ「おいおい何するつもりだよ」

五飛「決まっている。悪を倒しに行く」

デュオ「だと思ったよ!やめろ!」

恋「もー。八幡さんは悪なんかじゃありません!」

五飛「八幡…それが敵の名か」

デュオ「敵じゃねえって!それにしてもいつ彼氏なんて出来たんだ?全然気づかなかったぜ」


恋「八幡さんと出会ったのは昨日です」

デュオ「は?」

5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:04:48.15 ID:mb8/+5ch
デュオ「昨日会ってもう付き合ってんのか!?早すぎねえ!?」

恋「それだけ八幡さんが素敵な方だったんです!少し会話しただけで私心惹かれてしまって…///」

五飛「恋が夜な夜なエロサイトを見て回るピンク脳とは聞いていたが…ここまでだったとは…」

恋「エ、エロサイトなんて見てません!それに彼に惹かれたのは私だけではありません!」

恋「Liella!全員が八幡さんの彼女になったんですから!」

五飛・デュオ「」

デュオ「なあ五飛、やっぱりそいつ始末した方がいいかもな」

五飛「ああ」

恋「デュオさんまでそんな事言って…あ!八幡さーん!」

五飛・デュオ「!」

6: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:05:40.45 ID:mb8/+5ch
八幡「どうしたんだ?葉月」

恋「五飛さんとデュオさんに八幡さんの話をしたら二人が酷いことを言うんです!八幡さんは素敵な方だって教えてあげてください!」

八幡「おいおい…めんどくせえ事は苦手なんだがな」

五飛「お前が八幡か」

八幡「ああ」

五飛「恋から聞いたぞ。出会った当日に9股交際を始めたとな」

八幡「まあな」

五飛「お前はそれを正義だと思っているのか?答えろ」

八幡「正義なんてもんには興味ねえな。俺はただの一般ぼっちなんでね」

デュオ「ぼっち?ハーレム野郎がよく言うぜ」

恋「もー!喧嘩しないでください!」

八幡「そうそう…こんなの時間の無駄だろ。お互い仲良くやろうぜ」キュイイイイイン

五飛・デュオ「!!」


五飛「確かにお前の言う通りだ。すまない」

デュオ「ああ、噛みついて悪かった」

八幡「いいって事よ。じゃ、学校行くぞ葉月」

恋「一瞬で説得して場をおさめてしまうなんて…さすが八幡さんです!」

─────────

デュオ「良い奴だったな、八幡って奴」

五飛「ああ。八幡こそが正義だ」

7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:06:47.48 ID:mb8/+5ch
翌日

宗介「何を観ている?」

五飛「決まっているだろう。ラブライブ東京予選中継だ」

デュオ「Liella!が出場してるんだよ。今ちょうど出番だぜ」

八幡『"本物"の歌だぁ?教えてやるよ、"本物"なんていねえって事をな!』

宗介「…?このセンターにいる男は誰だ?」

デュオ「恋ちゃんの彼氏だよ。八幡・比企谷ってんだ」

宗介「ラブライブは女子スクールアイドルの大会だろう。何故男が…」キュイイイイイン

─────────

クルーゾー「うおおおおお!八幡!八幡!」キュイイイイイン

ジュン「うわあああ!!八幡さああああん!!」キュイイイイイン

フレイア「ほえええ!!八幡さんの歌でルンがピッカピカなんよ~~~!!」キュイイイイイン

─────────

五飛(東京予選は、2位に大差をつけてLiella!の圧勝で終わった)

8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:07:26.07 ID:mb8/+5ch
千砂都「では、ラブライブ予選突破を記念して~…」

Liella!「かんぱ~~~~い!!」

かのん「いや~圧勝だったねえ!八幡くんのおかげだよ!流石私の彼氏!」

八幡「あんま持ち上げるなよ。俺はそんなガラじゃねえ」

すみれ「謙遜してんじゃないわよ。あんた連日トレンド1位なのよ?流石私の彼氏ね」

可可「何言ってるデスかグソクムシ!八幡はククの彼氏デス!」

恋「うふふ、八幡さん大人気ですね。流石は私の彼氏です」

五飛「ああ…」


五飛(全国中継された東京予選での八幡のパフォーマンスは、世界中の人々を魅了した)

五飛(「本物の歌なんてなかった。家族のもとに帰ります」「ステイツではボクが一番だけどワールドワイドなら八幡がナンバーワンだ」「あまりにも凄すぎるにゃ」「ミルク出るビィ」八幡を讃える声は後をたたなかった)

五飛(俺自身、八幡の能力、人柄…あらゆる所に心酔していた。奴に命じられれば何でもやれるとすら思えた)

五飛(しかしその一方で、俺はこの感覚に強烈な既視感をおぼえていた)

五飛(これは…ズールに洗脳されていた時と同じものだ)

10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:08:12.69 ID:mb8/+5ch
ティエリア『五飛。君から依頼された八幡・比企谷に関する調査が完了した』

五飛「そうか。聞かせてくれ」

ティエリア『結論から言うと、彼はこの世界の人間ではないと考えられる』

ティエリア『ヴェーダのデータベースにアクセスしたが、彼に関するあらゆるデータが存在しなかった。まるで近年になって突然出現したかのように』

ティエリア『これは平行世界から現れた人間に見られる特徴だ』

ティエリア『加えて、彼は個人ではない』

五飛「個人ではない?どういう事だ」

ティエリア『彼の脳量子波を計測した結果、マクロス・ギャラクシー船団やワイズマン、それにズールとほぼ一致した』

五飛「不特定多数の意識の集合体ということか…!」

ティエリア『"平行世界からの来訪者であること""意識集合体であること"この二点から、彼の持っている強力な洗脳能力の正体も推測することが出来た。ここから先は経験者に説明してもらった方が早いだろう』


シンジ『お久しぶりです、五飛さん』

五飛「シンジ!経験者とはどういう事だ?」

11: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:08:43.64 ID:mb8/+5ch
シンジ『僕も、かつて無数の思念に意識を乗っ取られたことがあったんです』

シンジ『その時の僕は、別の世界を渡り歩いて、出会った女の子全てを落としていました。一言二言の会話だけで、酷い時には顔を合わせただけで僕に惚れていたんです。僕はスーパーシンジとか呼ばれていました』

五飛「ええ…」

シンジ『引かないでくださいよ!ここからが肝心です。乗っ取られた僕は、何故か全能の力を持っていました。生身でATフィールドをぶち破り、謎の魔法で使徒を消し炭にし、思念に言われるがままに父さんやミサトさんをオーバーキルして、時には地球ごと破壊することもありました』

五飛「危険だな…」

ティエリア『そうだ。現時点ではたまたま人を強く惹きつける才能があるだけとも解釈できるが、仮にスーパーシンジのように常軌を逸した戦闘能力まで持っているなら無視できる存在ではない』

五飛「シンジはどうやって思念の支配から脱したんだ?」

シンジ『覚えてません…もしかしたらどこかの世界で殺されたのかも』

五飛「殺す、か…」

12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:09:18.52 ID:mb8/+5ch
恋「それでですね!八幡さんが~」

五飛「恋は本当に八幡が好きだな」

恋「当然です!私は彼女ですから!」

五飛「…………」

恋「どうして急にそんなことを訊いたんですか?」

五飛「いや…何でもないんだ」

恋「?変な五飛さん」

五飛(八幡の正体を暴くことが恋の幸せに繋がるのか?仮に奴がスーパーシンジのような存在だとしても、このまま何もないのなら…)

恋「あ!八幡さんがいます!八幡さ──」


八幡「ふう…この世界にもそろそろ飽きてきたな」

恋「えっ?」

13: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:09:55.92 ID:mb8/+5ch
八幡「そろそろ別の世界に行くとするか。えーっと次は…リコリコにするか?プロセカもいいな…」

五飛「待て」

八幡「!」

五飛「お前…やはり平行世界をわたり歩いてきたようだな」

八幡「チッ聞かれてたか…てか俺の正体まで知ってんのか?」

五飛「まだ憶測だがな」

恋「え?え?」

五飛「お前の正体がなんであれ、お前にはLiella!という9人の女がいる。それを幸せにするのがお前の義務だ」

八幡「はあ?俺からしてみりゃギャルゲーのキャラと変わんねえよ。義務?そんなもの無いね」

恋「は、八幡さん…?w何を言っているのですか…?」

八幡「俺からしてみりゃこんな世界いくらでもある内の一つに過ぎねえんだよ。そこに生きてる女共もな。そしてもう用済みってわけ」

恋「」

八幡「じゃあな、あばよ」パリーン

五飛「次元を叩き割っただと!?逃がすか!来い!ナタァァァァク!!」パチン

14: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:10:25.57 ID:mb8/+5ch
八幡「なんだあのでけーロボットは…あれじゃこの次元の穴には入れねえだろ」

五飛「甘い!」~~~~~~~~~~~~~<

八幡「腕が伸びた!?」

五飛「捕まえたぞ!ふんっ!!」

八幡「ぐはっ」ズシャアアア

八幡「くっ何だそれは…明らかに質量以上に伸びてんだろ!」

五飛「ナタクはカスタムボーナスと強化パーツでドラゴンハングの射程を伸ばしている。容易く逃げられると思うな」

八幡「ああめんどくせえ…!その玩具バラバラにしてやるよ!」


――― 体は剣で出来ている。

血潮は鉄で心は硝子。

幾たびの戦場を越えて不敗。

ただの一度も敗走はなく、

ただの一度も理解されない。

彼の者は常に独り剣の丘で勝利に酔う。

故に、生涯に意味はなく。

その体は、きっと剣で出来ていた。


五飛「なんだ今のポエムは…いや、なんだこの空間は!?」

八幡「これが俺の無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)だ」

15: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:10:59.84 ID:mb8/+5ch
固有結界の外

ガキーンガキーン

恋「五飛さん…」

恋「私…悔しいです」

恋「八幡さんに騙されていたことも…皆を騙していた八幡さんに何も出来ないことも」

恋「私には…五飛さんの勝利を祈ることしかできない…」


八幡「オラァ!ゲッタートマホーク!」

五飛「ぐああああ!!」ズドォォォン

恋「五飛さん!ナタクちゃん!」

恋「私に…力があれば…!!」

???「その想いに応えましょう」

恋「え?あれは…」


ハーリー「ボソンジャンプ、成功しました!うわっ武器がいっぱいだ!」

ルリ「速やかに恋さんを回収してください。出撃可能な機体は五飛さんの援護を」

恋「ナデシコ!!」

16: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:11:26.28 ID:mb8/+5ch
ナデシコ艦内

かのん「恋ちゃん!ケガは無い!?」

恋「かのんさん!皆さん!私は大丈夫です…皆さん、信じられないかもしれませんが八幡さんは…」

きな子「洗脳のことならもう大丈夫っすよ!」

ドクターJ「ダブルオークアンタのクアンタムバーストをワシらの開発した装置で全世界に拡げたんじゃ」

プロフェッサーG「これで奴の洗脳を無効化出来る」

四季「ジェイおじいちゃん、私も手伝った」

ドクターJ「はっはっは、そうじゃな」

夏美「まさか四季がドクターJの親戚だったなんて…どうりで天才なはずですの」

17: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:12:08.39 ID:mb8/+5ch
ラクス「恋さん。貴女の強い想いにふさわしい力を与えます」

恋「ラクスさん!いいのですか…?」

ラクス「はい。貴女ならきっと正義を成せるはず」

すみれ「そういう事みたいだし…行ってきなさいよ、Liella!を代表して」

可可「レンレン~~~!!あのアンチクショーをぶっとばしてやってくだサイ!」

メイ「恋先輩ならきっとやれる!」

千砂都「恋ちゃん!すべてを丸くおさめてきてね!」

かのん「恋゛ち゛ゃ゛ん゛~~!死゛な゛な゛い゛で~~!!」

ラクス「では、宗介さん。格納庫にご案内をお願いします」

宗介「了解だ。ついて来い」

恋「はい!」

18: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:12:50.66 ID:mb8/+5ch
恋「こ…これは…」


? t ( c ? ・ ? ・ )


恋「私のもちどる!?しかも特大サイズの!」

宗介「ヴィレッジヴァンガードの倉庫に眠っていたものを改造したものだ。両腕にガトリングガン2丁、背面にロケットランチャー1丁、防弾衣装のポケットに単分子カッターとスタンロッドを格納し、改良型ラムダ・ドライバを搭載した専用機だ。操作系統はお前の得意なクロスブーストと同一にしてある」

恋「まだもちどるの在庫があったのですね…なんだか複雑です…」

宗介「改良型ラムダ・ドライバ…これは意思の力を形にする装置だ。お前はかつて結ヶ丘を強い意思で崩壊させかけたと聞く。その時の感覚を思い出し、あのクソッタレ野郎にぶつけてやれ」

恋「ちょっと!誰に聞いたんですかその話!?」

宗介「かのんだ」

恋「かのんさん~~~~~!!」

19: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:13:17.76 ID:mb8/+5ch
ナデシコ艦外

八幡「フハハハハ!!貴様らの力はそんなものか!!」

竜馬「クソッあの野郎…いくらぶちのめしてもピンピンしてやがる!」

甲児「ドクターヘルでもここまでしぶとくなかったぜ!」

五飛(最初のうちは手ごたえがあったが、途中からダメージがほとんど通らなくなっている…まさかあいつは…)

ハーリー「敵の分析、完了しました!」

ルリ「モニターに表示お願いします」


HACHIMAN
HP:800000 EN:900
無限の剣製 HP回復(大) EN回復(大) 気力限界突破 気力+(ダメージ)
サイズ差補正無視 3回行動 見切り 天才 極 ガード 底力L9


五飛「やはり底力とガードの二刀流だったか!!」

20: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:13:43.59 ID:mb8/+5ch
八幡「余興は終わりだ…この宝具"銀河切り裂く必殺の技(イデオンソード)"でまとめて消し炭にしてやる」

デュオ「もう完全にキャラ変わってるじゃねえか…」

五飛「だが…これはまずいぞ」

八幡「消えろォォォォォ!!」


???「お待ちなさい!!」

一同「!?」


? t ( c ? ・ ? ・ )


五飛「恋のもちどるだと!?」

21: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:14:09.31 ID:mb8/+5ch
八幡「か…かわいい…」

(気力300→0)

八幡「ッ!俺の無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)が…!」

ハーリー「敵の武器が消滅していきます!」

? t ( c ? ・ ? ・ )「八幡さん。私はとても怒っています」

? t ( c ? ・ ? ・ )「あなたが私たちにした事…タダで許す気はありません」

? t ( c ? ・ ? ・ )「今から私は…あなたをビンタしに行きます!」

きな子(もちどるの見た目で怒ってるから気が抜けるっすね…)

八幡「やめろ…そんな着ぐるみで俺に勝てるわけが」

? t ( c ? ・ ? ・ )「ハナダ・ドライバ全開!!」

? t ( c ? ・ ? ・ )「あなたは……最低です!!!!」バチィィィィィィィン

八幡「ぐはぁぁぁぁぁぁぁ!?!?」ドゴオオオオオオオン

一同「」

22: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:14:35.14 ID:mb8/+5ch
八幡「くっ…くそ……」ビクンビクン

? t ( c ? ・ ? ・ )「八幡さん。何故こんな事をしたんですか?」

八幡「…………」

? t ( c ? ・ ? ・ )「教えてください」

ティエリア『刹那!今だ!クアンタムバーストを使うんだ!』

刹那「了解!クアンタムバースト!!」パァァァァァァァァ

23: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:15:00.59 ID:mb8/+5ch
GN粒子領域内

恋「これは…」

『俺がぼっちなのは周りが悪いんだ!俺のクラスにも八幡がいれば…!』
『八幡かわいそう!断罪しなきゃ…(使命感)』
『葉山許せねェ~~~』
『八幡 俺 似てる』
『リビングで俺ガイル観てたら一緒に観てた母が「この八幡って子アンタに似てるわね」って言ってたw』

八幡「う…ここは…どこだ…」

恋「そうか…そういう事だったのか…!私たちが八幡さんだと思って接していたのは貴方たちだったんですね…」

恋「皆さん!!」

『『『『!!』』』』

恋「八幡さんは貴方たちの憂さ晴らしの道具ではありません。八幡さんを想うのなら…彼の人生を尊重しなさい!!」

『『『『う、うわぁぁぁぁ!!!!』』』』

24: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:15:26.49 ID:mb8/+5ch
八幡「あんたは…」

恋「名乗るほどのものではありません。悪夢は終わりました…貴方を待っている人のもとに行ってあげてください」

八幡「なんだかよく分かんねえけど…助かったわ。ありがと、な」スゥーーーーッ…


ハーリー「敵、消滅しました…」

ルリ「作戦は完了です。皆さん、お疲れ様でした」

恋「…………」

五飛「恋…」

25: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:15:53.92 ID:mb8/+5ch
恋「五飛さん!!良いものを見せてやると言うから来てみたら…何をしているんですか!!」

恋「ガンダム9機でビタミンSUMMER!を踊るなんて!!非常識すぎます!!」

五飛「」

夏美「むひょ~!途中からの録画だけど鬼バズリ中ですの~~!」

きな子「いや~すごい迫力だったっすね…もう横浜のガンダムで満足出来なくなりそうっす…」

かのん「あはは…まあ良いもの見られたしいいんじゃないかな?」

恋「よくありません!皆さんも何協力しているんですか!!」

ヒイロ・デュオ・トロワ・カトル・刹那・ティエリア・ロックオン・アレルヤ「」

メイ「恋先輩。私たちを励まそうとしてくれたんだよ」

可可「デスデス。普段こういう事をやらないカトルやアレルヤも参加してくれたんだし怒ってちゃ損デスよ」

恋「…わかってますよ」

26: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:16:19.53 ID:mb8/+5ch
すみれ「ディバイディングドライバーの空間の中でやったから迷惑もかかってないし…今回はいいんじゃない?」

四季「私が氷竜に頼んで承認を貰ってきた。ぶい?」

恋「はあ、四季さんも噛んでいたのですね…」


恋「五飛さん。私は飛べる踊れるガンダムなんてどうかと思いますが…でも私たちのためにここまでしてくれた事は嬉しく思います。ありがとうございます」

五飛「恋…」

恋「その…これからも私たちの事、見守ってくれますか?」

五飛「…当然だ。お前達を守る。それが今の俺の正義だ」

27: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2023/03/06(月) 20:16:47.82 ID:mb8/+5ch
終わりです

いつもごひれん書いてる人勝手に書いてごめんなさい

引用元: 恋「八幡さんは私の彼氏なんです♪」 五飛「」