1: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:49:03.18 ID:W/KRKM2F0
一日遅れたorz


子日「子日だよ!」
提督「大阪万博の開会式があった日だな 。」

金剛「Oh・・・。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426351742

2: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:49:37.87 ID:W/KRKM2F0
金剛「そうじゃないネ!今日はトッテモトッテモ大事な日ヨ!」

またも金剛が腕を振りながら訴えるので、提督は額に手を当て少し天を仰ぐようにして必死に考える。

3: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:51:05.30 ID:W/KRKM2F0
提督(毛利元就の誕生日(新暦では4月16日)とか円周率の日か?パイの日とか言ったらセクハラかもしれんが・・・。ハッ!)

提督「そうか!わかったぞ!」

金剛「Oh!なんか二回目な気がするケドきっと大丈夫ネ!」

提督「ありがとう金剛!すまん、飛龍、ちょっと出かけてくる。判子は勝手に使っていいんで頼む。」

飛龍(秘書艦)「あ、はい。」

4: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:52:01.23 ID:W/KRKM2F0
金剛「いってらっしゃーい。」

提督が財布を手に部屋を出て行き、金剛は笑顔で見送った。

5: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:53:20.48 ID:W/KRKM2F0
飛龍「少し速足に出ていかれましたね。今日って何の日かな?」

子日「子日だよ!」

飛龍「いるなら手伝ってくれる?」

子日「子日アターック!」(ドア突き破り脱走)

金剛「今日はホワイトデーヨ!」

飛龍「ホワイトドール?」

ハルナ「絶好調だ。」

飛龍「月光蝶でしょ。」

金剛「What!?」

6: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:54:36.10 ID:W/KRKM2F0
榛名(事務お手伝い)「でも、お姉様、結局バレンタインデーには何もあげませんでしたよね。」(マシュマロ食べながら)

金剛「(今、榛名が一瞬別人に見えたヨ。)そ、ソレはそれ。コレはコレ。きっと提督はワタシの為にプレゼントをくれるハズヨ!」

飛龍(指輪(ガチ)とはいわないのね。)

金剛「そしてそのまま2人で熱い夜を」

川内「夜戦!?」トビラ バーン!

金剛「チッガーウ!!」

7: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:55:34.99 ID:W/KRKM2F0
食堂

曙「せーの!」

駆逐艦一同「ハッピーホワイトデー!」

間宮「あらあら。みんなありがとう。」
伊代子「あ、ありがとうございます。」

駆逐艦の子達が間宮と伊代子にお返しとして、クッキーや簡単なケーキを焼いて小さなパーティーを開いていた。

赤城「楽しみですね。」
加賀「さすがに気分が高揚します。」

8: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:56:58.64 ID:W/KRKM2F0
曙「え、2人の分はないわよ?」

赤賀「「!?!?」」

木曾「そりゃそうだろうな。だって2人ともバレンタインにチョコ配ってなかっただろ?」

膝をついて崩れ落ちる2人。

木曾「寧ろもらった分、お返ししないといけない立場だろう?ほら、皆。数が少なくて悪いけど俺もクッキー焼いたから食べようぜ。」

木曾が袋を開く。そこにはやや歪な形をしたクッキーが沢山あった。

木曾「中々難しくてな。綺麗な形にはならなかったけど、味は大丈夫だから。」

9: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:58:35.92 ID:W/KRKM2F0
長門「大丈夫だ。重要なのは形ではない。さあ駆逐艦のみんな!私もクッキーを作った!食べてくれ!!」

食堂に来た長門が大きな風呂敷を広がる。そこには限りなく一分の一に近い長門型クッキーがあった。

長門「さあ、食べてくれ!遠慮せずに!!さあ!!!」

赤賀「「ご馳走様でした。」」

振り返る長門。そこには既に欠片しか残っていなかった。

長門「なん・・・だと・・・!?」

10: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 01:59:46.66 ID:W/KRKM2F0
鎮守府廊下

提督「あ、やっと見つけた。」

最上「うん?ああ、提督。僕に何か用?」

提督「今日は3月14日。重巡洋艦最上が進水した日だ。つまり誕生日のような物だろ。だからプレゼントだ。」

そう言って提督がリボンのついた袋を手渡した。

最上「そ、そうなんだ。随分マニアックだね。」


金剛orz
比叡「お姉様には比叡がついてます!」


唐突に安価 先に2票たまった奴
1素直に最上ルート
2戦艦金剛大勝利。希望の未来へバーニングラヴ。
3そんなことよりビスマルクだ。

14: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 02:39:15.51 ID:W/KRKM2F0
まさかの3 ビスマルクルート
バレンタイン後のお話。
詳しくは
【艦これ】提督「うん?今日が何の日か?」 




提督「そうだ、ビスマルク。この後少しだけ時間空いてるか?」

ビスマルク「うん?ああ、大丈夫。今日の業務は全てを終わっているわ。」

提督「そうか。では少しだけ付き合ってくれ。」

提督が歩く後ろを追う。辿り着いた場所は執務室だった。

ビスマルク「失礼します。」

ビスマルクが海軍式の敬礼をする。提督は椅子には座らずに、そのままビスマルクの正面に立っていた。

ビスマルク「それで、私になんの様でしょうか?」

敬礼を直し、姿勢を正したままで尋ねるビスマルクを見て、提督が苦笑いをする。

提督「今の時間は既に勤務外な筈なんだけどなぁ。」

ビスマルク「性分なので。」

提督の言葉にビスマルクも思わず苦笑いをしてしまった。

提督「それが良い所なんだ。気にするな。それで・・・話なんだが。」

提督は少しだけ言葉を詰まらせながら、小さな箱を取り出した。

提督「お前にはストレートに言うのが1番だろう。これを受け取って欲しい。君を愛している。」

ビスマルク「なッ!?」

開いた箱には小さな指輪。それを見て思わず変な声を上げてしまった。

ビスマルク「し、しかし私の練度は・・・!」

提督「わかっている。だからこれはカッコカリではない。あとはわかるな?」

真剣な目でビスマルクを見る。

ビスマルク「・・・。」

そっと手を延ばし、僅かに震えるビスマルクの手を取り、指輪をはめた。

ビスマルク「・・・提督。今日が何の日か知っているか?」

提督「うん?今日か?」

ビスマルク「生憎私は提督に渡すものは何も用意していない。だから・・・。」

ビスマルクが歩を進め、頬に両手を添え、少しばかり背伸びをし、唇を重ねた。

ビスマルク「あなたが愛してくれるなら、私もあなたを愛し続けよう。」///

15: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 02:43:01.30 ID:W/KRKM2F0
まさかのホワイトデーの翌日なのに、バレンタインデーのend。

また何処かで行事と進水した日がかぶれば立てるかもしれません。起工とか就役も含むともう少し増えるんですけどね。

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 02:51:32.66 ID:zfv05nb3o
乙だが一応突っ込んでおく

伊代子って誰だよwww

17: ◆wO2YycwzMI 2015/03/15(日) 10:04:49.40 ID:W/KRKM2F0
やっちまったorz

伊代子
給仕だけでなく、様々な仕事で忙しい間宮さんをサポートすべく派遣されたパートの女性。
その腕前は、一航戦2人が本気を出しても満足出来るレベル。某派遣戦士の方とはお友達。
趣味は海上散歩。上半身が全くブレることなく、下半身が高速で動く(通称・○傑集走りとか、ダカダカ等)。

勝手に作りましたごめんなさい。

引用元: 【艦これ】続・提督「うん?今日が何の日か?」