1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/24(金) 00:49:10.975 ID:n4g6jS+aa
催眠音声「貴方の身体に怒りが溢れる……怒りはパワー……誰でもいい、この怒りをぶつけたい……」

俺「この怒りをぶつけたい……」

催眠音声「キッチンに向かって、包丁を持って外に出る……見たもの全てにそれを突き刺す……それはとても気持ちがいい……」

俺「それはとても……気持ちがいい……!」フラァ

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/24(金) 00:59:26.101 ID:n4g6jS+aa
女「ひぃぃ……」

催眠音声「今から10を数えるわ……0になったら刺して……」

俺「今から10を数える……0になったら刺す……」

女「た、たしゅけ……誰かぁ……ひゅー、ひゅー」

催眠音声「10、9、8……ゼロ!ゼロ!ゼロ!」

俺「ゼロ!ゼロ!ゼロ!」トシュットシュットシュッ

女「がっ!?げふっ!?ごっ!?ゲバァ!!」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/24(金) 01:04:28.061 ID:n4g6jS+aa
警官「う、動くな!動くと撃つ!!」プルプル

催眠音声「貴方は痛みを感じない……私が命じない痛みは嘘……」

俺「命じられていない……痛みは嘘……」フラァ

警官「ひ、ひぃぃ!」パン!パン!

催眠音声「脳幹を貫かれるまで貴方は動き続ける」

俺「俺は動き続ける……」ブシュッブシュッ

警官「ひぃ!ひぃ!ひぃ!」カチッカチッカチッ

催眠音声「さあ、刺して……欲望を解放するの!」

俺「欲望を解放するの!」ドッドシュッドシュッ

警官「ゲッ、ガバァッ……」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/24(金) 01:11:09.491 ID:n4g6jS+aa
機動隊「今すぐ武器を捨てよー貴様は包囲されているー」

催眠音声「ふふ、次は……あら、そろそろ時間みたいね……」

俺「そろそろ、時間……?」

催眠音声「さあ、私が手を叩くと催眠が解けるわ……貴方は私の支配から抜け出し、今まで通りの生活を送る……」

俺「今まで通りの……生活を……?」

機動隊「武器を離しなさいー離さないと撃つー」

催眠音声「3、2、1、はいっ……!」パン!

俺「……!?ぎゃっ!?痛ッ!?えっ!?何この包丁!?」

機動隊「撃てー!!!」バババババ

俺「あぎゃぎゃばびゃぶべべべ」ドドドドド……ドッ

催眠音声「……この作品はフィクションです。この作品を聞いて起きた不都合や事件について、本社は一切責任を持ちません……」

俺「……」

おわり

引用元: 催眠音声「貴方はどんどん堕ちていく……私の声に逆らえなくなる……」俺「うん……」