1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 21:42:27.84 ID:/n3S/qsj0
比企谷「由比ヶ浜さんとりあえず落ち着いて座ってもらえないかしら」

由比ヶ浜「ヒッキー?!なんでゆきのんみたいな喋り方?!...ああ中身はゆきのんで...。あれれ」アワワ

雪ノ下「由比ヶ浜大丈夫か」

由比ヶ浜「ゆきのんの口調が変わったぁ?!あれ入れ替わったんだっけ...訳わかんないよ?!助けてゆきのーん」ウワーン

雪ノ下「おいっ!由比ヶ浜!抱きつくな!俺だからっ中身俺だからっ!」

比企谷「由比ヶ浜さんに抱きつかれて何をニヤニヤしているのかしら比企谷くん?」

雪ノ下「ニヤニヤしてねぇよ!ってかお前も引きはがすの手伝え」

由比ヶ浜「ゆきのーーーん」ウワーン

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 21:48:51.82 ID:/n3S/qsj0
比企谷「落ち着いたかしら?」

由比ヶ浜「うんごめんね。一応落ち着いたよ。でもなんでヒッキーとゆきのん入れ替わっちゃったの?」

雪ノ下「その机の上に石があるだろ」

由比ヶ浜「これのこと?ヒッキー」

雪ノ下「ああ。部室に入って机の上のその石に気がついて触ってみたら急に周りが光って...こうなったんだ...」

比企谷「迷惑な話だわ。なんで比企谷くんみたいな人間と入れ替わらなくてはならないのかしら」

雪ノ下「んなもん俺もだ。どうすんだこれ...」

雪ノ下(あ、でもこれでマイラブリーエンジェル戸塚√に合法的に入れるのか)

雪ノ下(それはそれでいいかも)

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 21:56:43.62 ID:/n3S/qsj0
由比ヶ浜「なんか元に戻る方法があるはずだよっ」

比企谷「何か具体的な策はあるのかしら由比ヶ浜さん?」

由比ヶ浜「え...えーともう一回石に触ってみるとか?」

雪ノ下「いや、それはもう試した。てか由比ヶ浜だってさっき石に触ったけどなんともなかっただろ」

由比ヶ浜「そうだった...で、でも他にも考えれば何かあるよ!きっと!」

雪ノ下「考えるって言ってもなあ...まずこんな漫画みたいな展開自体ありえないだろ...はぁ...」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:03:54.94 ID:/n3S/qsj0
雪ノ下「よっ、と」

比企谷「どこに行くのかしら比企谷くん?一応あなたは今私の体なのだけれど?」

雪ノ下「いや、ちょっとトイレ行ってくるだけだ」

比企谷「...そんな報告いちいちしないでくれるかしら?ああ、でも仕方がないわね比企谷くんの脳内は幼稚園で止まっているのだったわ」

雪ノ下「いや、お前が聞いて来たんだろが...」

由比ヶ浜「えっ。ゆきのん、ヒッキートイレに行かせていいの?!」オロオロ

比企谷「何を言っているの由比ヶ浜さん?」

由比ヶ浜「だって今ヒッキーはゆきのんの体なんだよっ!」

比企谷「そんなこと知っているわ。...あ」カァァ///

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:10:47.61 ID:/n3S/qsj0
比企谷「比企谷くん止まりなさい」

雪ノ下「いや、漏れるから...」

比企谷「...私の体でトイレにいったら、私のえ..えっ...えっ...なところを見ることになるじゃない」カァァ///

雪ノ下「...考えて無かったわ...すまん」

雪ノ下「...でも結構限界なんだが。元に戻るまでずっと我慢は正直キツイ」

由比ヶ浜「どうしよっ!ヒッキーが漏らしちゃうよっ!」ワクワク

比企谷「比企谷くん先に言っておくけれども私の体で漏らしたりなんかしたら死んでもらうから」

雪ノ下「いやマジで冗談抜きでヤバイんだが...」モジモジ

由比ヶ浜「ゆきのんどうしようっ?!もうヒッキー限界だよっ!」ワクワク

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:13:43.87 ID:/n3S/qsj0
比企谷「...分かったわ。比企谷くんこの布で目を隠してちょうだい。これなら私のえ...ちなところを見なくて済むでしょう」

雪ノ下「いや、そしたらトイレまでいけないだろ...」

比企谷「大丈夫よ。私があなたをトイレまで連れていくから心配いらないわ」

由比ヶ浜「おおっ!さすがゆきのん!」

雪ノ下「もうなんでもいいからはやくしてくれ...」ジワァ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:18:31.61 ID:/n3S/qsj0
雪ノ下「...よく考えたらトイレまでの道のりは目隠しいらないだろ」

比企谷「...そんなことはどうでもいいわ。それよりも早く下着を脱いでくれないかしら」

雪ノ下「いや、だから目隠しでなんも見えないから無理だ...」

比企谷「なんて無能なの比企谷くん」

雪ノ下「いやまじで...」

比企谷「分かったわ。私が脱がせるから早く用を足してちょうだい」

雪ノ下「おう...っ!冷たっ」

比企谷「動かないでくれるかしら。脱がせにくいのだけれども」ワサワサ

雪ノ下「いやお前の手が冷たくて...ひっ!あっ、ああっ!」



由比ヶ浜「ヒッキー達大丈夫かな?」

由比ヶ浜「部室で待ってろって言われたけど心配だから様子見に行こっ!」ヒャッホー

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:25:13.97 ID:/n3S/qsj0
雪ノ下「ああっ。ん...あんっ」

由比ヶ浜「」

比企谷「やっと脱がすことが出来たわ。はやく用をたしてちょうだい」

雪ノ下「え。お前個室に残るのか?」

比企谷「ええ。あなたがいつ目隠しを取るかわからないもの」

雪ノ下「いや...なんか恥ずいんだが」

比企谷「恥ずかしいも何も私の身体なのだから関係ないわ。というか比企谷くんに恥ずかしいなんて感情が残っていたなんて驚きだわ」

雪ノ下「いや、マジでもうヤバイから...あ....んっ」チョロロ

ピカァァァッ!!!

由比ヶ浜「うわっ!まぶしっ!」ガハマッ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:32:29.72 ID:/n3S/qsj0
比企谷「え」

雪ノ下「え」チョロロ

比企谷「あれ?...体がもとに戻った...?」

雪ノ下「あんっ。ん....見ないで///」ジョボボボボ

比企谷「」ゴクン

雪ノ下「んん....比企谷く、んっ、向こう向いてて///」ジョボボボボ

雪ノ下「はあっ、ん」ポツッポツッ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:38:22.83 ID:/n3S/qsj0
比企谷「...悪い。先に謝っておくわ。」ウヒヒ

雪ノ下「もう...行けないわ」

比企谷「なんだ?」

雪ノ下「こんなところ...見られたらもうお嫁にいけないわ。比企谷くん責任とってくれるかしら」カァ///

比企谷「いや、これは事故だから大丈夫っ...筈。ノーカンだと思...う...」

雪ノ下「なに?私と結婚するのがそんなに嫌なのかしら?」ムスゥ

比企谷「いや、そういう訳じゃないけど...順序ってもんがあるだろ...」

雪ノ下「順序とはどういうものなのか言いなさい比企谷くん」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 22:49:07.77 ID:/n3S/qsj0
比企谷「普通...付き...付き合ってからとかだろ...普通は」テレ

雪ノ下「なら付き合いましょう。私の恥ずかしいところ見たのだから責任とってもらうわ、は...八幡」カァ///

比企谷「今俺のこと名前で...」

雪ノ下「付き合う男女が互いのことを名前で呼ぶのは珍しいことではないと思うのだけれども?」

比企谷「いや...なんか名前で呼ばれると恥ずかしいな..」

雪ノ下「そんなことないわ八幡。これからは私のことも雪乃って呼んでちょうだい」

比企谷「いきなりか?雪ノ下。「雪乃!」

比企谷「...分かったよ雪乃」

由「」

おわり

陽乃「上手くいってるかな雪乃ちゃん♪」

引用元: 由比ヶ浜「ゆきのんとヒッキーが入れ替わったぁ?!」