1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 20:43:56.32 ID:VKPbXijR0
阿良々木「どうした千石?そんなほとんど裸みたいなコスプレをして?」

撫子「えへへ、今日はハロウィンだよ暦お兄ちゃん?」

阿良々木「ああ、そう言えばそうだったな。でも、僕何もお菓子を持っていないんだ」

撫子「うん。暦お兄ちゃんはあんまり甘い物を持ち歩くタイプじゃないもんね」

阿良々木「悪いな千石。せっかく仮装までして僕をたずねてくれたのに、あげられる物を何も用意していなかったよ」

撫子「そっかあ。なら仕方ないよね暦お兄ちゃん?」

阿良々木「ん?」

撫子「暦お兄ちゃんには、>>5のイタズラをしてあげるね・・・」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 20:49:16.00 ID:VKPbXijR0
撫子「えいっ!」ぎゅっ

阿良々木「お?」

撫子「えへへ、暦お兄ちゃんには束縛のイタズラをしてあげるね!」

阿良々木「ははは、どこからロープを取り出したかわからないが、ガッチリと縛られてしまったよ」

撫子「キツくない?暦お兄ちゃん?」

阿良々木「ああ、別に大丈夫だよ。千石らしくない素早い動きって言うか、すごい手際の良さだったな」

撫子「うん。撫子、今日のためにいっぱい練習しておいたからね・・・」ぼそっ

阿良々木「えっ?なんだって?」

撫子「ううん。なんでもないよ暦お兄ちゃん」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 20:55:38.88 ID:VKPbXijR0
阿良々木「それで千石。僕はこの体勢からどうやって千石と遊べばいいんだ?」

撫子「遊ぶ?」

阿良々木「ん?千石は僕の家に遊びに来たんじゃないのか?」

撫子「あー・・・うん。そうだったね。撫子は暦お兄ちゃんのおうちに遊びに来たんだったよー」

阿良々木「ははっ、それはそうだろ?千石が遊び以外に僕の家を訪ねて来るわけがないじゃないか」

撫子「・・・そうだね暦お兄ちゃん」すりすり

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:01:15.09 ID:VKPbXijR0
阿良々木「おいおいどうしたんだ千石?そんな風に僕の膝の上に頭を乗せたりして」

撫子「えーっと、これはね暦お兄ちゃん。撫子はこれから暦お兄ちゃんと何をして遊ぼうか考えているんだよ!」すりすり

阿良々木「そうかそうか。僕ってば、てっきり千石が僕が動けないのをいいことに、
膝枕をしたくて擦りついてきているのかと思ってびっくりしちゃったよ!」

撫子「わぁ、それはすごい勘違いだね暦お兄ちゃん!
撫子は全然!全然暦お兄ちゃんに膝枕して欲しくて暦お兄ちゃんに抱きついてるわけじゃないのにねえ?」すりすり

阿良々木「まったくだな。僕の勘違いは度を超えているところがあるから、気にしないでくれよ、千石」

撫子「うん。暦お兄ちゃんがそう言うなら、撫子はまったく気にせずこのままでいるね?」すりすり

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:03:37.40 ID:VKPbXijR0
阿良々木「ああ、もちろん全然まったく構わないぜ千石。
なぜなら千石が僕に甘えたくてすりすりしてるかもしれないって言うのは、僕の一方的な勘違いなんだからな!」

撫子「そうだね暦お兄ちゃん」すりすり



撫子「撫子が本当に暦お兄ちゃんにしたいのは、>>50なんだから」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:15:17.93 ID:VKPbXijR0
撫子「撫子が暦お兄ちゃんにしたいのは、SMなんだから・・・」ボソ

阿良々木「ん?何か言ったか千石?」

撫子「ううん。何でもないよ暦お兄ちゃん」

阿良々木「ははっ、それもそうか。今のはきっと僕の聞き間違えだもんな!」

撫子「そうだね暦お兄ちゃん。・・・それより、撫子は暦お兄ちゃんとしたい遊びがあるんだけど、いいかな?」

阿良々木「ああ、なんだい千石?」

撫子「・・・暦お兄ちゃんを、ムチでぶっ叩きたいの///」かぁぁ

阿良々木「聞き間違えじゃなかったー!!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:22:19.60 ID:VKPbXijR0
撫子「お願い暦お兄ちゃん。暦お兄ちゃんの>>69を、撫子にムチでぶっ叩かせて?」

阿良々木「お断りだーーっ!!」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:34:25.21 ID:VKPbXijR0
撫子「暦お兄ちゃんのアホ毛を、撫子のムチでぶっ叩かせて欲しいのっ!」

阿良々木「お断りだーーっ!!」

阿良々木「僕のアホ毛は、僕の魂そのものだ!!!!」

阿良々木「それをムチでぶっ叩くだと!?」

阿良々木「断じて許さないぞ千石!!!!」

撫子「・・・アホ毛が暦お兄ちゃんの魂っていうことは、
暦お兄ちゃんのアホ毛を叩けば暦お兄ちゃんの全身を叩いているのと同じことなんだよね?」

阿良々木「せ、千石・・・?」

撫子「えいっ!」ブンッ

阿良々木「うおっ!?」ヒュンッ

チッ!

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 21:42:33.37 ID:VKPbXijR0
野球見たいからちょっと待ってて

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:10:09.59 ID:VKPbXijR0
撫子「えへへ、暦お兄ちゃんのアホ毛、アホ毛・・・///」しゅばば

阿良々木「うおっ!?おおっ!!?」ヒュンヒュンヒュンヒュンッ

撫子「暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん」ビシュバシュッ

阿良々木「や、やめろ千石っ!やめっ、やめてくださいっ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:20:55.14 ID:VKPbXijR0
撫子「暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん」

バシッビシッバシバシビシバシ

阿良々木「やめっ!毛がっ、あのっ、千石っ!千石さん!やめ、やめてくだっ、あっ」

撫子「暦お兄ちゃん撫子のムチ受け止めて暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん
暦お兄ちゃん撫子のムチで気持ち良く暦お兄ちゃん撫子の暦お兄ちゃんお兄ちゃん
暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん撫子のムチ暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん暦お兄ちゃん」

しゅびバシュバシバシ

暦「うわぁぁーーっ!!」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:25:12.97 ID:VKPbXijR0
撫子「あーあ、暦お兄ちゃんズタボロの肉片になっちゃった」

阿良々木「・・・。」

撫子「これじゃあ撫子、これから暦お兄ちゃんに抱きつきいてすりすりしたい時にはどうすればいいのかなぁ?」

阿良々木「・・・。」

撫子「まあ、いっか!」

阿良々木「・・・。」

撫子「暦お兄ちゃんのお肉をとっておけば、いつでも暦お兄ちゃんに膝枕してもらえるもんね?」

阿良々木「・・・。」

撫子「ふぅ、暦お兄ちゃん。これからもずーっとずーっとずっとずっとずっとずっとずっとずっといっしょにいようねっ!」

阿良々木「・・・。」

撫子「撫子との約束だよっ」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:26:24.26 ID:VKPbXijR0
おしまい

引用元: 千石撫子「暦お兄ちゃん、トリックオアトリート!」