1: 商業科生 2015/11/01(日) 23:41:54.60 ID:lOwjkEXl0
タイトルで苦手な人は回避してください!

俺は一人で樹海を歩いていた。

目的は一つだ。

「ねぇ、そこの少年」

「はい?」

振り返ると隻腕で頬にえぐれた傷があり、首には絞殺された跡がある女がいた。

間違いない。

俺の目的の死体(人)。

「私は死んでるでしょうか?生きてるでしょうか?」

ケラケラと笑う女。

「死んでいます。なぜなら、俺は死体にしか興味ないからです」

目をみはる女。

別に奇をてらったわけじゃない。

ほんとのことだ。

「俺はあなたに会いに来ました。あなたを俺の家に連れて帰るために」

「なんで・・・」

俺は無視して話し始める。

「ここに行けばあなたがいると都市伝説で知りました。そしてもし出てこなかったら俺はあなたを探して、あなたの
死体を掘り出すつもりでした」

「・・・」

「あなたの方から来てくれたので、探す手間が省けましたが」

「あんたなんなの・・?」

「だから言ったでしょう?俺は死体好きのマッドサイエンティスト。自分の薬物のせいで死んだ人を回収してるんです。
まぁ、あなたは俺の薬物を飲んで狂った彼氏に殺された、いわば巻き込まれただけの人ですが、俺には関係ない。
ようは、俺のせいで死んだのであれば、間接的だろうが直接的であろうがかまわない。収集し、観察するだけだ」

「・・あんた、狂ってるわよ」

「ご指摘どうも。これでもマッドサイエンティストってのは気に入っててね。最近は自分でも名乗ってるんだ」

「・・・」

「あぁ、でも、最近はもっと的を射てるのがあるんだよなぁ~・・・そうだ。死体博士(ネクロサイエンティスト)」



思ったよりもきつくなったので、この先の展開でさらにきつくなる前に苦手な人は本当に逃げてください。
では、翌日に・・・



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446388914

9: 商業科生 2015/11/02(月) 16:51:32.86 ID:xdKpxQKH0
 

「い、いや、私は死んでないよ!生きてますよー!」

「いや、死んだから埋められたんでしょ」

「そ、そうだ!生き返ったのよ!奇跡も魔法もあるのよ!」

「いや、それ、ゾンビ・・・安心してください、死んでますよ」

にこっと笑顔を浮かべる。

「安心できない!」

「まぁ、とりあえず落ち着いて」

一瞬で背後を取り、注射器を打ち込む。

「あへっ」

変な声を上げて女は倒れた。

対死体用の筋肉弛緩剤&睡眠薬入りだ。

我ながら専門だけあって効果はてきめんだ。

これまでに何人もの死体をこうして拉致・・いや、丁寧にお連れした。

車に運ぶ間、女を観察する。

「ふむ・・・」

死体の損傷は、ない。

生きてる時の損傷や死因を除いて。

隻腕なのは元からか、それとも彼氏にやられたか・・・

「ん?」

女の肩のあたりに触れたとき、違和感を感じる。

「!・・・」

無事なほうの肩に傷がある。

おそらく、死んでからついたものだろう。

かなり荒い傷だ。

腕がないから、そこらの硬い石などで自分でやったに違いない。

死体になってから意識を取り戻した者の中には、たまに自殺を図るやつがいる。

どんなやつにも死は一度きり。

死ぬことはできない。

消えるならまた別だが・・・

俺の作ったものの中には、死者をよみがえらせてしまう薬がある。

それを飲んだ者は、楽には[ピーーー]ない。

死んでも生きていかなければならない。

死ぬことができなくなるのだ。

女もその中の一人。

俺が死体を回収してるのは、私情だけではない。

そういうやつらを本来の死体に戻すためでもある。

研究、観察、鑑賞、そして・・・仕事だ。

俺が一生かけてもやり遂げなければならない仕事。

俺のせいで死んだ死体を全部回収するまで俺はまだ[ピーーー]ないのだ。


10: 商業科生 2015/11/02(月) 17:24:21.43 ID:xdKpxQKH0
 

「とりあえず、”治療”しないとな」

女を車に積み終わると意気揚々と車に乗り込む。

というより、乗せたか。

助手席に乗せ、シートベルトをつけてやる。

死体と二人っきりのドライブデートだ。

治療といっても傷を治すわけではない。

生前の傷や死因となったものは残しておく。

死体なのだからそういうのはそのままにしたい。

・・・したいだけに?

我ながら嫌な冗談だ。

死んでからついたものを治すのだ。

あくまで俺は死体が好きなのだから。

死んだときの状態が好きなのだ。

さらに言うと、例えば、ほぼ肉塊みたいな原型をとどめていないグロい死体はノーだ。

あれはただの肉の塊だ。何も美しくない。

さて、どれだけきれいになるかな?

恋をしてる時みたいにワクワクしてくる。

暗い凸凹な道を、俺は助手席に乗せた女を気にしながら、あまりスピードを出さないようにして走った。




11: 商業科生 2015/11/02(月) 17:45:06.57 ID:xdKpxQKH0
「・・・ん?」

ここはどこだろう?

妙に明るい。

外の光じゃない。

懐かしい部屋の光・・・

そうだ、私はずっと山にいて・・・

ここは、どこだろう・・・

白い部屋、白いベッド。

まるで病院のような・・・

「おはよう」

そう声がして、寝ている私を覗き込む男。

この人をあざ笑うような声、嘲笑・・・

「昨日の・・・」

「あぁ、名前言ってなかったか。まぁ、しゅうとでも呼んでくれ」

「しゅう・・?」

名前なのか?

それとも偽名か・・・

「とりあえず、肩の傷だけは治しといた。死んでからも死のうとするなんて愚かだ」

「・・・あんたには関係ないでしょ」

「・・そりゃまそうだ」

少し自嘲的な笑みだったような気がした。

「ここは、あんたの研究所?」

「家と言わないあたり、俺がマッドサイエンティストやらネクロサイエンティストやらと言ったのは覚えてるみたいだな」

「そりゃ、嫌でもね・・・」

「ふむ。知能はいいのか。多少は冷静さもあるみたいだな」

「・・・」

この男は何だ。

死体が好き?

死体の研究者?

「まぁ、たしかに俺の家でもあり研究所でもある。好きに過ごしてくれてかまわんよ」

「そうするとでも?」

「死にたいのならここにいろってことだ」

「は?」

「君を死なせることができるかもしれないってことだ。ずっとそのままでもいいなら逃げてもいいぞ」

そう言って私に背を向けた。






12: 商業科生 2015/11/02(月) 18:09:42.98 ID:xdKpxQKH0
「・・・」

ずっと死体のまま・・・

死体のまま生き続けるのか?

誰も私のことを待ってないのに・・?

「・・・」

「・・まぁ、今すぐどうこうってことでもないし、考え事があるなら大いに考えろ。生か死か・・それはお前にしか決められない」

「人に殺されたのよ・・?」

しゅうは微動だにしない。

相変わらず私に背を向けたままだ。

「今は誰もお前を救え(殺せ)ない。だから、お前が決めろ」

「・・・うん」

なぜかすんなりと心に入った。

私は死にたいのかな?

そう問いかけそうになったが、すんでで飲み込む。

『生か死か・・それはお前にしか決められない』

そう言われたばかりじゃないか。



彼女は悩んでいる。

死体が悲しむのは見たくない。

死体の涙なんてありえない。

最後の決断なのだ。

自分で決めてほしい。

死に顔もそれで決まるのだから。











20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 18:57:33.24 ID:xdKpxQKH0
 

「どうして、死体が好きなの?」

「初恋だから」

「え?」

「俺が初めて好きだった人が殺された。でも、死んでも美しかったんだ。もしかしたら、ほかの死体も自分の手できれいにできるかもしれない」

「・・・」

「それから俺は三人目の死体に恋した。俺は死体しか好きにならなくなった」

「私も?」

「・・・恋してない」

「あっそ」

「俺は死んでも死にきれない」

「え?」

「俺のせいで死んだ死体全部回収しないと・・・」

「・・・もしかして、あなたも死んでるの?」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:11:05.46 ID:xdKpxQKH0
「・・そんなわけないだろ。さぁ、早く」

「そんなすぐに決められるわけないじゃん・・・どうせ、あんたまだ死なないんでしょ?」

「あぁ」

「じゃあ、私もまだ死なない。あんたの秘密全部知るまで死なない」

「秘密って・・・」

「あ、あと、あんたが死ぬのを見届けてから私は死ぬ。あんたの仕事が全部終わってからね」

「!・・・」

「めんどくさいとか思わないでね」

「いや、めんどくさい」

「え・・・」

「死体好きからしてはうれしいけど、純粋な死体として考えると・・・」

「死体じゃなくて私個人としてどうなのよ」

「しらね・・・」

「じゃあ勝手にいる」

「そうしろ」

「え」

「・・・」

「じゃあ、そうしまーす」

「・・・はぁ」

こうして二人は一緒に暮らしたのだった。

どちらかが死ぬその時まで。


おわれ

引用元: 死体が好きで何が悪い!