1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 22:27:42.14 ID:+h1dbvLg0
アイマスのメンバーでラブライブのパロディをやります。

苦手な人はブラウザバックをお願いします







前回のラブライブ?

デン!

千早「ついにスクールアイドルとして初めてのライブに挑むことになった私たち三人」

千早「よろしくお願いしまーす」

美希「μ’sのファーストライブだよ。あはっ!」

春香「どうかライブが成功しますように、いや、大成功しますように! よろしくお願いしまーす!」

千早「でも……」

(誰もいない講堂)

志保「どうするつもり?」



千早「ですが私たちは歌います。いつか満員のお客さんの前で歌うことを夢見て」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448198861

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 22:29:13.86 ID:+h1dbvLg0
本編


カタッ カタッ(黒板に書く音)

卯月「……どうしよう」


回想



友「ねぇ卯月ちゃんは何になりたいの?」

ロリ卯月「えっ、わ、私は……」

ロリ未央「私知ってるよ。しまむーはアイドルになりたいんだよね」

友「アイドル!?すごーい!」

ロリ卯月「そ、それは……」

ロリ未央「振付とか完璧に覚えてるんだよね」

友「そーなんだ。頑張ってね!」


回想終了



先生「じゃあ島村、読んで」

卯月「は、はい!」

卯月「He can't be som…… advice……」

先生「もう少し声出して」

卯月「…はい。I was b_____」

先生「はいそこまで。じゃあ次、大橋読んで」


卯月着席


卯月(無理ですよね…こんなんじゃ)

4: [saga] 2015/11/23(月) 00:23:22.74 ID:yerXW5E40
アルパカ「ムシャムシャ」

美希「うわぁ~ん、ほぇ~」

春香「美希最近毎日来てるね」

千早「急にハマったみたいよ」

春香「ねぇチラシ配りに行くよ」

美希「あとちょっとなの~」

春香「もう~」

千早「5人にして部として認められなければ、ちゃんとした活動はできないのよ」

美希「う~ん。そうだよね~」

春香「……かわいい……かな……?」

アルパカ「ギッ」

春香・千早「いっ」

美希「え~、かわいいと思うな~。首のあたりとかフサフサなの~!」

美希「あ~、幸せ~」

春香「美希だめだよ」

千早「危ないわよ」

美希「だいじょうぶだy……」

ベロッ

美希「うわぁ~」

春香「美希!」

千早「くっ、どうすれば……はっ、ここはひとまず弓で!」

春香「だめだよ千早ちゃん!」

アルパカ「ウー!」

春香「ほら、変なこと言うから」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:26:30.61 ID:yerXW5E40
テクテク

卯月「ほ~らよしよし」

美希「ふぇ~」

春香「大丈夫、美希?」

美希「う、うん。嫌われたかな?」

卯月「あ、平気です。楽しくて遊んでただけだと思うので……あ、お水……」

春香「アルパカ使いだね♪」

卯月「わ、私、飼育委員なので」

春香「ふ~ん。おっ、おお!」

春香「ライブに来てくれた卯月ちゃん!」

卯月「あ、いえ……」

美希「駆けつけてくれた一年生の!」

卯月「あ、はい」

春香「ねぇあなた」

卯月「はい!?」

春香「アイドルやりませんか」

美希「春香……いきなりすぎなの」

春香「君は光っている! 大丈夫! 悪いようにはしないから!」

千早「なんかすごい悪人のようだわ」

春香「でも少しくらい強引にいかないと」

卯月「あ、あの……」

春香「ん?」

卯月「……シブャサンガ……イイト……」

春香「ごめん、もう一回いい?」

卯月「し、渋谷さんが、いいと、思います、すごく、歌、上手ですし……」

春香「そうだよね! 私も大好きなんだ! あの子の歌声!」

千早「ならスカウトに行けばいいじゃない」

春香「いったよ~。でも絶対いやだって」

卯月「へっ!? すみません、私、よけいなことを」

春香「ううん、ありがとう!」

ガシッ

未央「しまむ~! 早くしないと体育遅れるよ~」

卯月「あっ、失礼します」

トットッ

千早「私達も早く戻りましょう」

美希「あふぅ」

春香「うん」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:29:05.63 ID:yerXW5E40
キーンコーンカーンコーン


未央「しーまむ~、決まった? 部活? 今日までに決めるって昨日言ったでしょ?」

卯月「そ、そうだっけ? あ、明日、決めようかな」

未央「そろそろ決めないとみんな部活始めてるよ?」

卯月「は、はい。未央ちゃんは何部に入るの?」

未央「私は陸上部かな」

卯月「陸上……ですか」

未央「あ、もしかして、しまむーはスクールアイドルとか!?」

卯月「へっ!? そ、そんなことありませんよ?」ユビアワセー

未央「ふ~ん、やっぱりそうだったのか~」

卯月「そ、そんな!」

未央「だめだめしまむー。しまむーは嘘をつくとき指を合わせるのをこの探偵未央ちゃんは気づいていたのさー」

卯月「ショボン」

未央「一緒に行ってあげるから先輩たちのところに行こう」

卯月「へっ!? ち、違います! 私じゃ…アイドルなんて…」

未央「しまむーはかわいいんだから、人気出るよー」

卯月「でも待って、待って!」

未央「ん?」

卯月「あ、あのね、わがまま、言ってもいいですか?」

未央「しょうがないな~、何?」

卯月「も、もし私がアイドルやるとき、未央ちゃんも、一緒に、やってくれますか?」

未央「私が? ムリムリムリムリ、私はアイドルなんて向いてないよ。女の子っぽくないし、髪だって短いしー」

卯月「そんなこと、」

未央「ほら、昔も」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:40:09.67 ID:yerXW5E40
回想



ロリ卯月「うわ~スカートすごい似合ってるよ! 未央ちゃん!」

ロリ未央「えへへ」


男子A「あー! スカートだ!」

男子B「いっつもズボンなのにー!」

男子C「スカート持ってたんだ!」

男子三人「交番まで競争! オッケー! まてまてー!」

ロリ未央「……やっぱり、私着替えてくるね」

タッタッタッ



回想終了



未央「アイドルなんて、私には無理だよ」アタマカキカキ

卯月「未央ちゃん…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:43:01.97 ID:yerXW5E40
放課後



チラシの前に立つ凛

卯月「渋谷さん?」

静かに一枚チラシを持っていく凛

卯月「今の」

テクテク

卯月「ん?」

チラシの下に何か発見する卯月

卯月「こ、これは」

凛の生徒手帳を拾った。


理事長室


志保「生徒は全く集まりませんでした。スクールアイドルの活動は765美城百万学院にとってマイナスだと思います」

小鳥「学校の事情で生徒の活動を制限するのは」

志保「でしたら! 学院存続のために生徒会も独自に活動させてください!」

小鳥「それは駄目よ」

志保「なぜですか!」

小鳥「それに、全く人気がないわけではないみたいよ」

志保「あっ、」

奈緒「この前のライブの」

タラランタラン タラランタラン

奈緒「誰かが撮ってたみたいやなぁ~」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:51:39.07 ID:yerXW5E40
凛の家に着いた卯月


卯月「ほぇ~」


『フラワーショップ渋谷』

裏口らしきとこに回り、インターフォン押す


スピーカー「はい?」

卯月「すみません、凛さんと同じクラスの、島村です」


渋谷家に上がる卯月


凛ママ「ちょっと待ってね。今お店のほうに顔出してるから」

卯月「お店?」

凛ママ「うちお花屋さんだから、あの子が継ぐことになってるのよ」

卯月「そう、なんですか……」

凛ママ「よかったわ~。高校に入ってから友達一人連れてこないから心配してたのよ」


卯月はリビングに飾られている数々の音楽コンクールでのトロフィーを見回す



ガチャ

凛「ただいま~。店番終わったよ~。誰か来てるの?」

卯月「お、お邪魔しています」

凛「あっ」

凛ママ「お茶入れてくるわね」テクテク

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:01:51.31 ID:yerXW5E40
卯月「ごめんなさい。急に」

凛「なんか用?」

卯月「これ、渋谷さんの、ですよね」

手帳出す

凛「なんであんたが?」

卯月「ごめんなさい」

凛「なんで謝るの?  あ、ありがとう」

卯月「μ’sのポスター」

凛「あっ」

卯月「見てましたよね」

凛「わ、私が!? ひ、人違いだよ!」フルエゴエ

卯月「でも、手帳を拾ったのもそこで……」

凛「えっ、あ、違うの。それは」

ゴツン

凛「ヴェ、いった、ヴァァ」

卯月「だ、大丈夫ですか!?」

凛「平気。全く、変なこと言わないでよ」

卯月「ぷっ、くす、ふふふ」

凛「笑わない~」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:04:30.43 ID:yerXW5E40
カッチャ(ティーカップ置く音)


凛「私がスクールアイドル?」

卯月「はい。私、いつも放課後音楽室の近くに行ってました。渋谷さんの歌が聴きたくて」

凛「私の?」

卯月「はい! ずっと聴いていたいくらい好きで、だから」

凛「……私さ、大学は農学部って決まってるの」

卯月「そうなんですか」

凛「だから、私の音楽はもう終わってるんだ」



凛「それよりあんた、アイドルやりたいんだよね?」

卯月「へっ」

凛「この前のライブ、夢中に見てたよね」

卯月「へっ、渋谷さんもいたんですか?」

凛「い、いや、私は……たまたま通っただけで」

凛「やりたいならやるべきだと思うよ。そしたら少しは応援、できる……かな」

卯月「ありがとうございます♪」ニコッ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:05:49.48 ID:yerXW5E40
夕暮れ帰り道



卯月「いろいろあるんですね……」

ケーキハルナ

卯月「あっ、ママにお土産買っていこうっと♪」

ガラッ

春香「いらっしゃいませ~!」

卯月「あっ」

春香「おっ?」



ラブライブ?

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:13:41.34 ID:yerXW5E40
店内に通された卯月


春香「いらっしゃい」ニコッ

卯月「お、お邪魔します」

春香「私店番あるから上でちょっと待ってて」

卯月「は、はい」

二階

卯月「えっと」

??「チャーン、ラン、ララン」

卯月「へっ!?」

スッ(襖を開く)

千早「チャラララ~ン♪ ありがとー!(笑顔)」

スッ(襖を閉める)

卯月「ど、どうしよう……」

ダダダ ドンッ(襖開く)

卯月「あ!?」

♪デデデ~ン デンデンデンデ~ン♪

千早「……見たわね?」

卯月「……はい」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:17:04.19 ID:yerXW5E40

卯月「す、すみませんでした」

春香「ううん、いいの。こっちこそごめんね。でも千早ちゃんがポーズの練習してるなんてね」

千早「春香が店番でいなくなるからでしょ!」

卯月「あ、あの」

スッ(襖開く)

美希「おじゃまするの~!」

卯月「あ、お邪魔してます」

美希「え! 本当にアイドルに!?」

春香「たまたまうちにきたからご馳走しようと思って。ハルナ名物のショートケーキ。通称ハラショー。おいしいよ♪」

美希「春香、パソコン持ってきたの」

春香「ありがとう! 肝心なときに限って壊れちゃうんだー」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:20:25.24 ID:yerXW5E40
千早「それで、動画はあったの?」

美希「まだ見てないけどたぶんここにあるの」

カチッ

画面「Wake up! 眩しい日差し浴びて~♪ 今! 胸の希望が君と~重なる♪」

千早「これは仙台のアイドルだわ」

美希「間違えちゃったの。あはっ! えっとー」

春香「あ、これじゃないかな?」

千早「どれどれ?」

美希「ぽちっとな」

ポチッ

画面「タララン タラン タララン タラン タララ ラン ラン ラン デデデデデ」

美希「誰が撮ってくれたんだろう?」

千早「すごい再生数だわ」

春香「こんなに見てもらったんだ」

画面「hey! hey! hey start dash!」

春香「ここのとこ何度も練習したよね」

美希「うまく決まったとき思わずガッツポーズしそうになったの」

卯月「ジー」

春香「あ、ごめん卯月ちゃん。そこだと見づらくない?」

卯月「ジー」

765三人顔合わせる

千早「島村さん」

卯月「は、はい!?」

春香「スクールアイドル、本気でやってみない?」

卯月「へっ!? でも私、向いてないですし……」

千早「私だって人前に出るのは苦手だわ。向いてるとは思えないもの」

美希「ミキもたま~に歌詞忘れちゃうの」

春香「私は一日一回転ぶよ!」

卯月「でも……」

美希「プロのアイドルならミキたちはすぐに失格。でもスクールアイドルならやりたいって気持ちを持って、自分たちで目標を持ってやってみることはできるの!」

千早「それがスクールアイドルだと思うわ」

春香「だからやりたいって思ったらやってみようよ!」

千早「最も、練習は厳しいけどね」

春香「千早ちゃん……」

千早「失礼」


春香「ゆっくり考えて、答えを聞かせて」

美希「ミキたちはいつでも待っているのー!」


画面「信じてるよ♪ だからstart~♪」

パソコン前でウルウルする凛

暗い部屋でワンピースの試着をする未央

小さいころのアルバムをめくる卯月

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:22:01.88 ID:yerXW5E40

モブ「輪郭をぼやかしていた靄も――」

卯月(やりたいって思ったらやってみる……そうだよね)

先生「じゃあ次のところを島村さん読んで」

卯月「は、はい!」

卯月「遠い山から、この一文が示す常務の気持ちは、い、いったいなんだ、へ!?」

クラス「フフフ」

先生「はいそこまで。じゃあ続きを福原さん」

福原「はい。この一文が示す常務の気持ちは一体何だったのか――」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:23:07.75 ID:yerXW5E40
中庭

落ち込む卯月


凛「何してるの?」

卯月「渋谷さん」

凛「あんた、声はきれいなんだから、あとはちゃんと大きな声を出せる練習すればいいでしょ」

卯月「でも……」

凛「はぁ……」

凛「あーあーあーあーあー はい」

卯月「ん?」

凛「やって」

卯月「へっ? ぁーぁーぁーぁーぁ」

凛「もっと大きく。立って」

卯月「は、はい!」

凛「あーあーあーあーあー」

卯月「あーあーあーあーあー」

凛「一緒に」

うづりん「「あーあーあーあーあー」」

凛「ね。気持ちいいでしょ」

卯月「はい! 楽しいです!」ニコッ

照れる凛

凛「カァァ はい! もう一回!」

未央「しーまむー!」テクテクテク

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:25:36.28 ID:yerXW5E40
未央「渋谷さん? どうしてここに?」

卯月「励ましてもらってたんです」ニコッ

凛「べ、別にそういうわけじゃ――」

未央「それより今日こそ先輩のところに行ってアイドルになりますって言わなきゃ!」

卯月「は、はい」

凛「そんな急かさないほうがいいよ。もう少し自信を付けてからで――」

未央「どうして渋谷さんが私としまむーの話に入ってくるの!」

凛「うっ、別に、歌うならそっちのほうがいいって思っただけだよ!」

未央「しまむーはいつも迷ってばかりだからパッと決めてあげた方がいいの!」

凛「そう? 昨日話した感じだとそうは思えなかったけど」

未央「う……」

卯月「あ、あの……ケンカは……」

未央「むー」

凛「む」

にらみ合うりんみお

卯月「あぁ……」

未央「しまむー行こ! 先輩たち帰っちゃうよ!」

卯月「えぇ!? でも」

凛「待って!」ガシッ

凛「どうしてもっていうなら私が連れていくよ。音楽に関しては私の方がアドバイスできるし、μ’sの曲は私が作ったんだから!」

卯月「え!? そうだったんですか!?」

凛「あ、いや……えっと……」

凛「とにかく行くよ」


卯月ズルズル


未央「待って。連れてくなら私が」

凛「私が!」

未央「私が!」

凛「私!」

未央「私!」

卯月「だ……ダレカタスケテー!!!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:27:19.37 ID:yerXW5E40
夕暮れの屋上



美希「つまり、メンバーになるってこと?」

未央「はい! しまむーはずっとずっと前からアイドルやりたいって思ってたんです!」

凛「そんなことはどうでもよくて! この子、けっこう歌唱力あるんだ」

未央「どうでもいいってどういうこと!」

凛「言葉通りの意味だよ」

卯月「わ、私はまだ……なんていうか……」

未央「もう! いつまで迷ってるの! 絶対やったほうがいいよ!」

凛「それには賛成。やってみたい気持ちがあるならやってみたほうがいいよ」

卯月「で、でも」

凛「さっきも言ったでしょ。声出すなんて簡単。あんただったら出来るよ」

未央「私は知ってるよ。しまむーがずっとずっとアイドルになりたいって思ってたこと」

卯月「未央ちゃん……渋谷さん……」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:30:37.81 ID:yerXW5E40
未央「頑張って! 私がずっと付いてあげるから」

凛「私も少しなら応援するって言ったでしょ」

卯月「わ、私は……し、島村……」モジモジ

りんみお、卯月の背中に手を当てる

トンッ

卯月「あっ」

卯月の背中を後押しした二人

未央「にこっ」

凛「うん」

卯月「あっ、ジワッ うん!」

卯月「私、島村卯月って言います! 一年生で、背が小さくて、声も小さくて、人見知りで、得意なものも何もないです。でも、

でも、アイドルへの思いだけは誰にも負けないつもりです! だから、μ’sのメンバーにしてください!」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:32:16.85 ID:yerXW5E40
春香「こちらこそ」

卯月「へっ」


手を差し伸べる春香


春香「よろしく!」ニコッ


握手するはるうづ


未央「しまむー、偉いよ」グス

凛「泣かなくたっていいのに」

未央「だって、って、渋谷さんも泣いてる!?」

凛「ヴェ、別に! 泣いてなんか!」

美希「それで。二人は?」

凛「えっ」

美希「二人はどうするの?」

りんみお「「えっ、どうするって……ええ!?」」

千早「まだまだメンバーは募集中だわ!」

美希「なの!」

手を差し伸べるちはみき

りんみお「「パァァ、えへへ」」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:34:59.64 ID:yerXW5E40
早朝


未央「ふわぁ~。朝練て毎日こんな早起きしなきゃいけないの~」

凛「このくらい当然でしょ」

未央「当然なの~?」

凛「そう。当然だよ」


卯月「いっち、にっ、さん、し」

未央「あ、しまむー!」

卯月振り向く

未央「あ! あれ? 眼鏡は?」

卯月「こ、コンタクトにしてみたんです。変、かな?」

未央「ううん! すっっっごくかわいいよ!」

凛「へぇー。いいじゃん」

卯月「あ、渋谷さん」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 22:20:35.02 ID:Ky7/83Wm0
 

凛「……ねぇ、眼鏡とったついでに、名前で呼んでよ」

うづみお「「ん??」」

凛「私も名前で呼ぶからさ。卯月。未央」

うづみお「「わぁぁ……」」

卯月「凛ちゃん!」ニコッ

未央「うー、しぶり~ん! しぶりんしぶりんしぶり~ん!」

凛「ちょ、それじゃあだ名じゃ…」

未央「しぶり~ん」スリスリスリー

凛「う、うるさいよ」

未央「あー、しぶりん照れてる~」

凛「て、照れてなんかないよ!」

未央「しぶりんかわいい~」

凛「や、やめてよ」

卯月「へへっ。新生、島村卯月、がんばります!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:40:24.07 ID:yerXW5E40
カシャ

カチッ カチッ カタカタ


パソコンの画面に写るμ’s新メンバーの写真。

(チャララランランラン チャララランランラ~ン)

可奈「アイドル部……」


カタカタカタカタカタカタカタ enter!

「アイドルを語るなんて10年早い(((L――y(`A')y-~ケッ!!」



可奈「……はっ」



卯月「素直に追いかけて~ 勇気で追いかけて~ 小さな願いが明日を作る~」

卯月「できるかもみんなが~ 望む~なら」

未央「誰より頑張っちゃえ~ とにかく情熱のままに~ 目指すのはきれいな風吹く道~」

凛「晴れのように~ 腕挙げて~ 眩しい未来へと~ 飛ぶよ~」

三人「きっと青春が聴こえる その瞬間に聴こえる 笑顔ならいつの日も~ 大丈夫!

   きっと青春が聴こえる その瞬間が見たいね」

卯月「隣に君がいて~(嬉しい景色~)」

三人「隣は君なんだ~」

テンテレレレレーン テンテレレレーン テレレテレン レーン テレレレーン テレン レーン


可奈「次回のラブライブ? 『可奈襲来』」

引用元: 卯月「うづりんみお!」