1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:22:46.32 ID:YRkqSyEkO
メデューサ「邪神ちゃ~ん、遊びに来たよ」

邪神ちゃん「メデューサ!!!!!」バッ

メデューサ「な、なに?どうしたの?」

邪神ちゃん「金貸してくれ」

メデューサ「えぇ~…何かあったの?」

邪神ちゃん「…スマホが水没しちゃいましたの…」

メデューサ「…やっちゃったね…邪神ちゃん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1694935366

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:23:42.64 ID:YRkqSyEkO
邪神ちゃん「風呂掃除してたら浴槽の中にスマホ落としてたみたいで…そのままお湯張りしてましたの…」

メデューサ「お風呂が沸くまで気づかなかったの!?」

邪神ちゃん「なーんかスマホが見当たらないナ~と思ってたら風呂の中でプカプカ浮いてましたの…」

メデューサ「…邪神ちゃん…」

邪神ちゃん「とにかくっ!!金貸してくれメデューサ!!これから修理に行く!!」

メデューサ(パチスロに使うわけじゃないなら…まぁいっか…)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:24:21.76 ID:YRkqSyEkO
神保町
邪神ちゃん「くっふーーー!!!」

メデューサ「邪神ちゃん…大丈夫?」

邪神ちゃん「大丈夫なわけねーですの!!人間共め…自分達の作ったスマホひとつ修理できないとか舐めてますの!?」

メデューサ「仕方ないよ…1時間くらいお湯に浸かってたんでしょ?そのスマホ」

邪神ちゃん「ぐぎぎぎぎ」

メデューサ「あ、邪神ちゃんあそこ」

邪神ちゃん「あ?」

メデューサ「携帯ショップあるよ」

邪神ちゃん「携帯ショップでもどうせ修理できねーだろ~」

メデューサ「買い換えたらいいんじゃない?」

邪神ちゃん「えっ」

メデューサ「機種変するなら私、お金出してあげるよ」

邪神ちゃん「あ~…いや、いい」

メデューサ「えぇ?」

邪神ちゃん「私は機種変更はしない。このスマホでやっていくつもりですの」

メデューサ「そ、そうなんだ…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:25:01.52 ID:YRkqSyEkO
翌日、魔界
メデューサ「ってことがあってね」

ミノス「へー、邪神ちゃんスマホ壊したのか」

ペルセポネ2世「なんで機種変しないんだろうね?」

メデューサ「私もそこが気になってて…」

ミノス「電話して邪神ちゃんに聞いてみればいいんじゃねぇ?」

ペルセポネ2世「スマホ壊れてるんだってば」

メデューサ「ははは…」

メデューサ(…邪神ちゃん大丈夫かな…)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:25:43.68 ID:YRkqSyEkO
邪神家
邪神ちゃん「…ぐぎぎぎぎぎぎ」

邪神ちゃん「あーーーーっ!!!腹立ちますの~っ!!!!!」

邪神ちゃん「乾燥剤だの米ジップロックだの、インターネットに書いてる事は全て試したのにビクともしないですの!!!!」

邪神ちゃん「ムキィィィィイイイイ!!!」

スマホ「」

邪神ちゃん「なんとか言いやがれ~っ!!!邪神ちゃんドロップキ~ッ……」ピョン!

邪神ちゃん「…いや」スタッ

邪神ちゃん「……なんとかデータだけでも抜き出す方法見つけるか…」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:26:35.26 ID:YRkqSyEkO
数日後
メデューサ「邪神ちゃ~ん」

ミノス「遊びに来たぞ~」

ペルセポネ2世「…うわっ!?」

ゴチャゴチャ…

邪神ちゃん「…ン?なんだお前ら、来てたのか」

ミノス「お、お前…なんだよこのゴミ屋敷は…」

ペルセポネ2世「そのおっきな箱なに?」

メデューサ「邪神ちゃん…そんなの買うお金あったの?」

邪神ちゃん「これは人間の発明したスーパーコンピュータ『那由多不可思議』ですの、このゴミは厳重に梱包された那由多不可思議から出たモノ、金はメデューサのカードを切った」

ペルセポネ2世「へー、これコンピュータなんだ?」

メデューサ「こんなの買って何に使うの?邪神ちゃん」

ミノス「メデューサ、お前の金で買ったって聞いてたか?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:27:15.52 ID:YRkqSyEkO
邪神ちゃん「ふっふっふ…先日私はスマホを水没させてしまいましたの…」

邪神ちゃん「ありとあらゆる手段を用いてスマホの修理、復元を試みたがどれも失敗…だがしかしっ!!この邪神ちゃんはそんな事では諦めないっ!!!」

邪神ちゃん「スーパーコンピュータ『那由多不可思議』と共にっ!!!天才ハッカー邪神ちゃんがスマホの内部データを取り出して見せますの!!!!」

ペルセポネ2世「まーたバカな事言ってるよ」

邪神ちゃん「あぁ!?」

ミノス「そんな事しなくてもぺこらちゃんに頼めばいいんじゃね?」

邪神ちゃん「え?」

メデューサ「確かに!私も前に壊れた炊飯器直してもらったよ」

ペルセポネ2世「天使の輪っかの力って凄いよね~」

邪神ちゃん「………」

邪神ちゃん「…行くか、天界」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:27:48.12 ID:YRkqSyEkO
天界
ぺこら「……で、悪魔がノコノコと天界までやってきたと」

邪神ちゃん「頼むぺこら~!!私のスマホを直してくれ~!!!」

ぺこら「…はぁ…まぁいいでしょう…お前には何かと助けて貰っ……てないな…」

邪神ちゃん「ギクッ」

ミノス「まぁまぁぺこらちゃん!いいじゃんか!」

ぺこら「うーん…」

メデューサ「私からもお願い!ぺこらちゃん!」

邪神ちゃん「ぺこら!お前が最後の希望なんだ!!」

ぺこら「……しょうがないですねぇ…」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:28:28.05 ID:YRkqSyEkO
ピカッ

邪神ちゃん「おぉ!私のスマホが輝いてやがる!!」

ぺこら「む…人間の作った機械はややこしいな…」

邪神ちゃん「がんばれぺこらーーっ!!!」

メデューサ「頑張って!!」

ミノス「頑張れぺこらちゃん!!」

ぺこら「悪魔に応援されると気が散りますね……あ、できた」

ポンッ!

邪神ちゃん「…うおおおお!!!ピカピカじゃないか私のスマホ!!」

メデューサ「よかったね邪神ちゃん」

ぺこら「用が済んだなら早く帰ってくださいよ、ここ悪魔がいていい場所じゃないですからね」

ミノス「ありがとな、ぺこらちゃん!」

邪神ちゃん「ぺこら…お前良い奴だな」

ぺこら「むしろ今までぺこらが悪い奴だった事ありました?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:29:21.75 ID:YRkqSyEkO
帰り道
邪神ちゃん「さてさてスマホを起動っと…」

邪神ちゃん「…つ…ついたあぁぁあ!!」

メデューサ「おぉ~」

ミノス「よかったじゃねぇか」

ペルセポネ2世「あ、いたいた!みんな~」

ぽぽろん「…げっ、肉じゃが…」

邪神ちゃん「おう2世!見ろよ!ぺこらが直してくれましたの!!」

ペルセポネ2世「さすがぺこらちゃんだね」

ぽぽろん「アンタら…当たり前のように天界に入ってくるのやめた方がいいよ…」

ミノス「まぁいいじゃん!久しぶりだなぽぽろんちゃん」

邪神ちゃん「…あぁ!?」

メデューサ「どうしたの?邪神ちゃん」

邪神ちゃん「このスマホ…初期化されてる…」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:29:47.66 ID:YRkqSyEkO
ぽぽろん「むむむむ…」

ペルセポネ2世「ぽぽろんちゃん頑張って!」

邪神ちゃん「頼む頼む頼む~」

ぽぽろん「うーん…ダメだ!ぽぽろんちゃんの天使の力じゃデータの復元は無理!」

邪神ちゃん「あぁ!?お前本気でやったのかよ!?自分の事のように考えて試したのか!?他人事だと思って手抜いてんですの!?」

メデューサ「やめなよ邪神ちゃん…」

ぽぽろん「うざっ…」

ミノス「ガワが直ったのに中身が消えてるのはさすがにお手上げだよなぁ」

ペルセポネ2世「邪神ちゃん…ドンマイ」

邪神ちゃん「………」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:30:37.18 ID:YRkqSyEkO
邪神ちゃん「…だめですの」

メデューサ「え?」

邪神ちゃん「…中身のデータが大事なんですの」

ミノス「…そんなに大事なもんが入ってんのか?」

邪神ちゃん「まぁな…」

ぽぽろん「…もしかしたらだけど…リエール様なら直せるかもね」

邪神ちゃん「!…マジか!?じゃあ早速リエールさんの所に」

?「行かせませんわよ」

ぽぽろん「…ぴの…」

ぴの「主の元に悪魔を寄り付かせる訳にはいけませんわ」

邪神ちゃん「人間界にいた頃は一緒に旅行もしただろ!?」

ぴの「さぁ?忘れましたわそんな事」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:31:16.00 ID:YRkqSyEkO
ペルセポネ2世「ぴのちゃん、雰囲気変わったね~」

ぽぽろん「出世したんだよ、リエール様の側近に」

ぴの「当然の評価を頂いたまでですわ」

邪神ちゃん「出世…という事は…ぴのの力はぽぽろんのより強いんですの?」

ぴの「まぁ、ぺこら様と同等ですわね」

邪神ちゃん「あー…じゃあ期待はずれですの、帰ってどうぞ」

ぴの「はぁ!?」

邪神ちゃん「だってこのスマホぺこらに直してもらったんだぞ?同等のお前にも中身は無理だろ」

ぴの「貸しなさい!やってやりますわ!」

パシッ!

邪神ちゃん「あっちょっ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:32:04.24 ID:YRkqSyEkO
ぴの「ぐぬぬぬぬ…」

ピカッ

メデューサ「あっ、光ってる!」

ぴの「ぐうううう…」

ピカッピカッピカッ

ミノス「…なんか…」

ペルセポネ2世「…点滅してない?」

ぽぽろん「…ぴの、やめといた方が…」

ぴの「お黙りなさいぽぽろん!私にだってこのくらい…」

ピカピカピカピカ

邪神ちゃん「…ほんとに大丈夫ですの?これ」

スマホ「……ッッッ!!!!!!!」ピカァッ!!!

ぴの「…あっ」

ボカーーーーーン!!!!!!!

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:32:32.71 ID:YRkqSyEkO
邪神ちゃん「…」

ぴの「…」

メデューサ「……ば、爆発した…」

ぽぽろん「あーあ」

邪神ちゃん「…な…な…な…」

ぴの「……」

邪神ちゃん「なんてことしてくれとんじゃワレェ~ッ!!!!」

ぴの「…うわあああああぁぁぁん!!!」

邪神ちゃん「ひっ!」

ペルセポネ2世「泣いちゃった!」

ぴの「うえええぇぇえん」

邪神ちゃん「お、おい泣くなよ!!泣きたいのはこっちですの!!なんか私が悪いみたいになるだろうが!!!」

?「……おい…」ガシッ

邪神ちゃん「うひっ!?」

リエール「…なんでここにいる…悪魔」

ぽぽろん「リエール様!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:33:05.24 ID:YRkqSyEkO
邪神ちゃん「かくかくしかじかで~…あいつらには向こうでぴのを慰めてもらってますの」

リエール「はぁ…ぺこらとぴのがスマホを直すのに失敗したと」

邪神ちゃん「そういうことなんですの!リエール様~直してくれよ~」オーイオイオイ

リエール「…直したらすぐ出ていけよ?」

邪神ちゃん「もちろんですの」

リエール「まったく…最初から私の所に来れば良いものを…」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:33:45.33 ID:YRkqSyEkO
ピカアアァ

邪神ちゃん「まぶしっ!!これが主の力ですの!?」

リエール「…ほら、終わったぞ」

邪神ちゃん「もう!?」

リエール「そんじゃ、早く帰れよ悪魔」

邪神ちゃん「…ありがとうございますの~!!おーいお前ら帰るぞ~!!」ヌルヌルヌル

リエール「…フン…悪魔のくせに良い物を大事にしてるじゃないか」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:34:14.40 ID:YRkqSyEkO
翌日、魔界
メデューサ「邪神ちゃ~ん、遊びに来たよ~」

邪神ちゃん「おうメデューサ!」

メデューサ「スマホ、どう?」

邪神ちゃん「バッチリですの!さすがリエールさんだナ~」

メデューサ「大事なデータも戻ってきた?」

邪神ちゃん「おう!…ほれ」

メデューサ「……!」

邪神ちゃん「魔族は長寿だからな、顔を忘れないようにしなきゃいけないだろ?」

メデューサ「…ふふっ、そうだね」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2023/09/17(日) 16:35:24.10 ID:YRkqSyEkO

引用元: 邪神ちゃん「私のスマホが壊れちゃいましたの…」