1: 1 2016/04/12(火) 07:14:42.13 ID:tK2Ar9r80
まどか(やっと気づいたんだ…)


さやか(しかもノリノリで言ってたからなぁ…)


ほむら(なんていうか…やっと気づいたのかって感じね)


マミ「…だからね、もうティロフィナーレを言うのはやめようと思うの」


マミ「これからはー希望の光ーということにするわ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460412881

4: 1 2016/04/12(火) 07:24:26.41 ID:tK2Ar9r80
まどか「ラ リュミエール ドゥ レスポワール?」


マミ「…ふふ、そうよ。上手じゃない鹿目さん」


さやか(なんかさらに悪化してた)


マミ「魔女を倒す希望の光…まさに必殺技にふさわしいわ!」


ほむら「…でも言いづらくないかしら」


マミ「そうかしら?」


杏子(…ティロフィナーレの方がまだマシな気がする)


マミ「そうだわ!あなた達にも必殺技を考えてあげる!」


さやか「いや、結構です」


マミ「遠慮しなくてもいいのよ?」


さやか(遠慮なんてしてないよ!)

5: 1 2016/04/12(火) 07:32:29.70 ID:tK2Ar9r80
マミ「ふふっ。そうね…美樹さんには前にスクワルタトーレという技名をあげたけれど…」


さやか(…いや、勝手にマミさんが言ってるだけですよね)


まどか(早く帰りたいなぁ…)


マミ「ー閃光の騎士ーなんてどうかしら?」


ほむら(…さすがに同情するわ…美樹さやか)


さやか「…素敵ですね」


さやか(断りたい!こんなの言いたくない!)

6: 1 2016/04/12(火) 07:47:49.00 ID:tK2Ar9r80
マミ「…次は佐倉さんね!ロッソ・ファンタズマも悪くないけど…」


杏子(…マシなのにしてくれよ)


マミ「ー赤い影ーなんてどうかしら?」


杏子「…そうだな」


まどか(うぇひぃ…)


ほむら(やばいやばいやばいやばい)


マミ「…次は暁美さんね!頑張って考えて来たのよ!」


ほむら(…逃げましょう)カチッ


ほむら(あ、あら?時間が止まらない)


マミ「…ふふ。逃がさないわよ?」

9: 1 2016/04/12(火) 08:05:13.29 ID:tK2Ar9r80
マミ「貴女にはー時の使徒ーという名前とー漆黒の終焉ーという技を授けるわ」


ほむら「あ、ありがとう…」


ほむら(全然ありがたくないわよ)


まどか(…ほむらちゃん…御愁傷様)


マミ「あ、鹿目さんのも考えてあるのよ!」


まどか「ウェヒッ…べ、別にいいですよ。魔法少女でもないですし…」


マミ「だからこそよ!第一、魔法少女と一般人なんて分ける方が変なのよ!」

11: >>7のアイディアを採用しました 2016/04/12(火) 10:29:37.01 ID:tK2Ar9r80
マミ「鹿目さんのはー円環の理ーよ!」


まどか「…すごいセンスですね」


マミ「ありがとう」


まどか(…褒めてないんだけどなぁ…)


マミ「私の技名一つだけだと少ないから…もう一つくらい考えたのよ」


マミ「金色の弾丸【ゴルドバレット】なんだけど…どう思うかしら?」

12: 1 2016/04/12(火) 10:39:09.26 ID:tK2Ar9r80
まどか「…いいんじゃないですか」


マミ「うふふ。これからは私のつけた技名を叫ぶようにしてね?」


さやか「もちろんですよ。マミさん」


さやか(…言わなかった場合の方が大変なことになるからなぁ…)


ほむら「トッテモステキヨ。トモエマミ」


杏子「…あぁ」


マミ「うふふ。あとね、私たちのチーム名も考えたの」


マミ「それはね…よ」


まどか「それってどういう意味なんですか?」


マミ「フランス語で…

13: 1 2016/04/12(火) 10:40:05.84 ID:tK2Ar9r80








夢オチって意味よ






14: 1 2016/04/12(火) 10:41:08.29 ID:tK2Ar9r80
さやか「…なんか変な夢見た」








終わり

16: 1 2016/04/12(火) 12:24:39.13 ID:tK2Ar9r80
まどか「マミさん!今日も魔女退治している姿…すっごく素敵でした!」


マミ「…ありがとう」


さやか(やっぱり今朝のは夢だったんだなぁ…)


マミ「あのね、聞きたいことがあるの」


さやか「…なんですか?マミさん」


マミ「ティロフィナーレってダサくない?」

17: 1 2016/04/12(火) 12:32:30.01 ID:tK2Ar9r80
まどか「そんなことありません!どうして急に…」


さやか(…夢の出来事が現実にも起こった)


マミ「あのね、暁美さんとか必殺技の名前を言っていないじゃない?」


さやか「…そうですね」


マミ「必殺技の名前を言わないのって聞いたらね…」


〜回想〜
ほむら「必殺技?そんなの言うわけないじゃない」


マミ「…でも」


ほむら「ティロフィナーレ(笑)なんて言うくらいなら死んだ方がマシよ」


マミ「そんな言い方って…」


ほむら「煩いわね。私は必殺技の名前なんて叫ぶような厨二病で恥ずかしいような真似はしないわ」

18: 1 2016/04/12(火) 12:38:46.55 ID:tK2Ar9r80
マミ「…って言われちゃってね」


さやか(確かにほむらが[ティロフィナーレ]とか言ってたら吹き出しちゃいそうだな…)


まどか「ほむらちゃん酷いよ!マミさんの技名はすっごくかっこいいのに!」


マミ「…ありがとうね。励ましてくれて」


マミ「ごめんなさいね…。でも、今日は一人でいたいの…」


さやか「マミさん、落ち込んでたね」


まどか「…私マミさんの技名がかっこいいことをみんなに伝えてくる」


さやか「ちょっ、まどか!?」


まどか「マミさんはかっこいいんだから!」


さやか「…行っちゃった」

19: 1 2016/04/12(火) 12:44:52.12 ID:tK2Ar9r80
マミ「…これも駄目、ね」


QB「一体いつまで起きているつもりだい?」


マミ「決まるまでは寝ないわ」


QB「…やれやれ。マミは相変わらず頑固だね」


マミ「これもダサいわね…」


QB「僕に出来ることはないかい?手伝うよ」


マミ「…なら、温かい飲み物がほしいわ」


QB「すぐに持ってくるよ」タタタッ

20: 1 2016/04/12(火) 12:49:02.31 ID:tK2Ar9r80
…こうして一週間がたちました…


マミ「出来たわ!これならきっと…」


QB「…良かったね、マミ」


マミ「ありがとう…。キュゥべえ」


QB「さっそく明日みんなに聞かせてあげたらどうだい?」


マミ「えぇ!」


マミ「明日がとっても楽しみ!」

21: 1 2016/04/12(火) 13:44:48.54 ID:tK2Ar9r80
ほむら「…何の用なのかしら」


杏子「アタシはマミのケーキ食えるんなら別に何の用でも構わないけどな」


まどか「ほむらちゃん…マミさんに謝ってよね」


ほむら「私は思ったことを言っただけよ」


さやか(今にも喧嘩を始めそうだよ…)


マミ「待たせてしまって悪かったわね。みんなに話があるの」


まどか「…何ですか、マミさん」

22: 1 2016/04/12(火) 13:53:20.47 ID:tK2Ar9r80
マミ「…私ね、もう一度必殺技を考えてみたの」


さやか「えっ」


マミ「まず、暁美さんの時間停止の魔法はよ」


さやか(なんか似たような必殺技を聞いた覚えがあるんですけど…)


ほむら「…ふざけてるの?」


マミ「ふざけてなんていないわ。真面目に話しているわよ?」


ほむら「…呆れた。私は帰るわ」


マミ「…逃がさない」シュルルル


ほむら(くっ、リボンで縛られては時間停止も使えない…!)

23: 1 2016/04/12(火) 14:00:51.21 ID:tK2Ar9r80
マミ「ねぇ、暁美さん。貴女の一言で私…どれだけ傷ついたと思う?」


ほむら「…知らないわよ」


マミ「まだ分からないの?…そうだわ!分からないなら痛みを知ってもらえばいいわよね!」


ほむら「何を…」


マミ「えいっ」パァンッ


杏子「おい、いくら何でも…」


マミ「佐倉さん。貴女も…私に口答えする気かしら?」


杏子「あぁ…アンタが動けない奴相手に痛めつけるなんて見てらんないからな」

24: 1 2016/04/12(火) 15:06:48.30 ID:tK2Ar9r80
杏子「…これでも食らいやがれ!」


マミ「ふふっ。佐倉さん元気ねぇ」


まどか「ど、どうしよう…」


さやか(マミさん…どうして)


杏子「…なんで当たらねぇーんだ」


マミ「ネタばらし、してほしい?」


杏子「別にいいよ」


マミ「…そう。なら、縛られといてくれるかしら!」

25: 1 2016/04/12(火) 15:12:47.82 ID:tK2Ar9r80
マミ「…二人ともわがまま言っちゃ駄目よ?」


まどか「ま、マミさん!何も縛る必要なかったんじゃ…」


マミ「あら?鹿目さんも私に異論があるのかしら?」


マミ「…なら、それなりの覚悟があるってことよね?」


まどか「…私は、マミさんの技かっこいいって思ってます!だから…傷つけるために使ってほしくないんです!」


マミ「…そう。でも鹿目さん…」


マミ「私、知ってるのよ?暁美さんとの会話…」

26: 1 2016/04/12(火) 15:22:17.76 ID:tK2Ar9r80
まどか「!」


マミ「酷いわよね。普段はかっこいいなんて言っておいて…影じゃあダサい、変って言えるのだから」


まどか「そ、それは…」


マミ「…私、怒っているのよ?分からないのかしら」


まどか「…それはマミさんの勘違いです。私は本気で…」


マミ「…これを聞いてもまだそんな口聞けるのかしら」


まどか[まさか、本当に言うなんてね。怒られても知らないよ?]


ほむら[まどかが言い出したんじゃない。もし言ったら一緒に出かけてくれるって]


まどか[そうだったね。ま、あんな変な技名を叫べるってある意味才能じゃない?]


ほむら[…確かにそうね]

27: 1 2016/04/12(火) 15:31:23.01 ID:tK2Ar9r80
まどか「そ、それはその…」


マミ「…ねぇ鹿目さん。私の技名をかっこいいって思ってる人がこんなことを言うかしら?」


まどか「今のは何かの間違いです!私…」


マミ「まぁ、この程度じゃ認めないと思って…たくさん撮っておいたのよ?」


マミ「…他のも聞きたいの?」


まどか「…」


マミ「無言は肯定とみなすわ」


まどか「や、やめて!謝るから!お願いします!」


マミ「土下座までするなんて…貴女、プライドあるのかしら」


マミ「…まぁいいわ。それで美樹さん?」


さやか「…何ですか」


マミ「ふふっ。貴女には特に言うことはないのだけれど…」

28: 1 2016/04/12(火) 15:37:38.43 ID:tK2Ar9r80
マミ「私じゃなくて貴女に踏まれた方が屈辱的だと思ってね」


マミ「…ねぇ、美樹さん。暁美さんと鹿目さんの頭を踏みなさい?」


さやか「…それ、本気で言ってるんですか」


マミ「本気に決まってるじゃない」


さやか「…あたしには踏めません」


マミ「なら、鹿目さん。暁美さんの頭を踏んでくれる?」


マミ「踏んだら貴女を許してあげるわ」


まどか「…それ、本当?」


マミ「えぇ。貴女が踏んだらね」

29: 1 2016/04/12(火) 15:43:49.35 ID:tK2Ar9r80
まどか「…ほむらちゃんを踏めば私は助かる」


ほむら「じょ、冗談よしてよ。貴女が言えって言ったんじゃない」


まどか「黙れ」グリグリ


ほむら「痛っ。やめてよまどか…」


マミ「うふふ。楽しいわね…」


ほむら「…巴…マミ…!」


マミ「そんなに睨まないでよ暁美さん」


まどか「おとなしくしててよ。上手く踏めないじゃない」グリグリ


ほむら「やめ…て」

30: 1 2016/04/12(火) 15:53:19.44 ID:tK2Ar9r80
マミ「まだよ。私はもっと傷ついたの」


マミ「こんなんじゃ足りない!」


杏子「マミ…」


マミ「あら。かなりきつく縛ったはずなんだけど」


マミ「もっときつくした方が良いのかしら?」


杏子「ぐっ…もうやめてくれよ…」


マミ「まだ喋れるの?…なら、喋れないようにしてあげるわ!」


マミ「…佐倉さんも言ってたわよね?私の悪口」


マミ「悪い子には、お仕置き…しなきゃね?」

31: 1 2016/04/12(火) 16:02:14.09 ID:tK2Ar9r80
マミ「せっかくだから聞かせてあげるわ」


まどか[あっ!杏子ちゃん。魔女退治の帰り?]


杏子[あぁ…。マミのやつに会ったんだけどさ、変身するとき奇妙なダンスを踊るんだよね]


まどか[あっ、あれね。マミさんが踊ると豚のタップダンスにしか見えないよね〜!]


杏子[確かにまたマミ太ってたよな。あのままじゃ、相撲になっちまうんじゃねーの?]


マミ「…これでもまだ、やめてなんて言えるの?」


杏子「…」


マミ「ふふふっ。黙っちゃったわね?」


マミ「大丈夫よ。貴女にもたっぷりとお仕置きしてあげるから」

36: 1 2016/04/13(水) 04:43:20.59 ID:LwWoHrwY0
マミ「そうね…佐倉さんには三日間、ここで絶食してもらいましょう!」


杏子「!?」


マミ「私達既に死んでいるようなものだし、食べなくても大丈夫じゃないかしら?」


まどか「…マミさん。私はもう帰っても良いですか?」


マミ「…まぁ、良いわ。今日は帰りなさい。美樹さんも親が心配するわよ?」



マミ「暁美さんと佐倉さんは一人暮らしだから、まだ続けられるわよね」


まどか「…失礼しました」


さやか「失礼…しました」


37: 1 2016/04/13(水) 04:55:17.15 ID:LwWoHrwY0
マミ「…とは言ったものの別にそこまで暁美さんに恨みがあるわけではないのよ」


マミ「もし私の必殺技の名前を叫べるって約束するなら、帰してあげてもいいわよ?」


マミ「…貴女は固有魔法特化型じゃない。戦っても勝ち目はないわよ?」


ほむら「…私は…言わ、ない…!」


マミ「まだそんな口聞けるのね。少し驚いたわ」


マミ「で、断って貴女はどうするつもりなの?」


マミ「まさか、鹿目さんが助けてくれる…なんて思ってるわけないわよねぇ」


ほむら「…まどかは…」


マミ「そうね。断ったんだから貴女も佐倉さんと同じ罰でいいかしら?」


マミ「…じゃあ、私は夕飯を食べてくるから」

38: 1 2016/04/13(水) 05:00:20.95 ID:LwWoHrwY0
ほむら「…杏子大丈夫?」


杏子「なんとか…」


ほむら「巴マミはどうしてしまったの?…あんなに強くはなかったはずよ」


杏子「知らねーよ」


ほむら「ベテランの魔法少女二人を無効化して、さらに放置すらできるなんて…並大抵のことではないわ」


杏子「…前のマミはこんなんじゃなかったんだけどな」


ほむら「杏子…」



39: 1 2016/04/13(水) 05:09:32.35 ID:LwWoHrwY0
マミ「…あら、まだ元気そうね」


ほむら「巴…マミ…!」


マミ「そんなに睨まないでよ。そろそろ眠る時間でしょ?暗くしてあげに来たのよ」


マミ「…それじゃ」パチンッ


杏子「暗くしに来ただけか…」


ほむら「怖いよ…まどかぁ…」


杏子「ど、どうしたんだよほむら。お前のそんなに弱気な声聞いたことないぞ」


ほむら「…私、暗いの苦手なのよ」


ほむら「暗くて静かなところにいられない…」


杏子「…なら、アタシが話しかけてやるよ」


ほむら「杏子…ありがとう」

40: 1 2016/04/13(水) 05:19:09.36 ID:LwWoHrwY0
マミ「…一晩中起きてたのね。でも、初日からそれで大丈夫かしら?」


マミ「返事する元気もない、か…。私は学校に行ってくるから」


マミ「さすがに死なないでね?」


パタンッ


杏子「…マミのやつは行ったみたいだぞ」


ほむら「脱出のチャンスなのに睡眠不足で考えが至らないわ…」


杏子「そうか…」


ほむら「ごめんなさい…」


ガチャッ


ほむら「!?」


マミ「忘れてたわぁ…」


マミ「…ねぇ、二人とも。逃げたらどうなるかくらい…分かるわよね?」

41: 1 2016/04/13(水) 05:54:19.12 ID:LwWoHrwY0
女子A「鹿目さん。先輩の人が呼んでるみたいだよ?」


まどか「…その人って金髪の女の人?」


女子A「そうだけど…」


まどか「居ないって言って。会いたくないから」


女子A「…分かった」


女子B「…鹿目さんがあんなに嫌がるなんて何したんだろうね?」


女子C「喧嘩でもしたんじゃないの?」


女子B「鹿目さんって喧嘩なんてしなさそうに見えるのにね…」


42: 1 2016/04/13(水) 06:04:01.60 ID:LwWoHrwY0
まどか(…やっと帰れるんだ…)


まどか「さやかちゃん、仁美ちゃん。一緒に帰ろ?」


仁美「…ごめんなさい。今日は習い事がありまして…」


さやか「あたしも一緒には帰れない。…ごめん」


まどか「そっか。」



43: 1 2016/04/13(水) 06:11:16.41 ID:LwWoHrwY0
まどか「結局、一人で帰ることになっちゃった。…一人で帰るってなんだか寂しいなぁ…」


マミ「なら、私と一緒に帰りましょう?」


まどか「!マミさん。何の用で…」


マミ「私の家に来てほしいの。…貴女一人で」


まどか「…行かない場合はどうするつもりなんですか?」


マミ「昨日貴女達に聞かせてあげたものをたくさんの人に聞かせるだけよ」


まどか「…分かりました。私はマミさんの家に行って何をすればいいんですか」


マミ「それは行ってからのお楽しみよ」

44: 1 2016/04/13(水) 06:17:43.26 ID:LwWoHrwY0
マミ「ただいま。貴女達…逃げなかったのね」


杏子「…逃げられないようにしておいてよく言うよ」


マミ「ふふっ。今日はお客様が来ているの。二人とも…無様な姿は晒さないでね?」


ほむら「…許さないわよ。私達をこんな目に合わせて…」


まどか「…えっと、失礼します…」


マミ「いらっしゃい。鹿目さん」


ほむら「…ま、まどか…?」


45: 1 2016/04/13(水) 06:25:19.92 ID:LwWoHrwY0
マミ「お菓子を用意するわね」


ほむら「…どうしてまどかが…」


まどか「…」


マミ「持ってきたわよ。遠慮なくどうぞ」


まどか「ありがとうございます」


マミ「…ただし、この二人にはあげないでね?」


まどか「分かりました」


マミ「ふふっ。頑張って作ったのよ」


美味しそうな匂いに思わず腹の虫が鳴る。


マミ「…どうかしら。美味しい?」


まどか「とっても美味しいです。マミさん」


ほむら「…ねぇ、少しでいいの…まどか。お願い…」


マミ「どうするの?鹿目さん」


まどか「…ごめんね。あげられない」


46: 1 2016/04/13(水) 06:36:48.26 ID:LwWoHrwY0
マミ「…貴女は鹿目さんのことを大事に思ってたかもしれないけど、鹿目さんは貴女のことがどうでもいいみたいよ?」


まどか「…そうだよ。私はほむらちゃんなんてどうでもいい」


ほむら「本気なの…?まどか…」


まどか「本気だよ」


ほむら「まどかぁ…」ポロポロ


マミ「…泣かないでよ。見苦しい」


杏子「テメェ!いくらなんでも…」


マミ「煩いわね。私、言ったわよね?お客様が来るから無様な姿を晒さないでねって」


まどか「ほむらちゃん…泣くのなんてやめてくれるかな。せっかくのお菓子が不味くなるでしょう?」


杏子「…おい。それは少し言いすぎじゃねぇか?」


杏子「ほむらはお前を…」


ほむら「…杏子、もうやめて。ごめんなさいね…泣いてしまって」


まどか「謝られても困るんだけど」


マミ「謝るくらいなら初めからしなければ良かったんじゃないかしら?」

47: 1 2016/04/13(水) 06:43:30.92 ID:LwWoHrwY0
マミ「…鹿目さん、帰ってもらってもいいかしら?」


まどか「そうですね。これ以上こんなの見たくないですし」


まどか「…失礼しました」


マミ「どう?分かったかしら。鹿目さんは貴女を助ける気なんて更々ないのよ」


ほむら「…まどか」


マミ「…私はそろそろ夕飯のお買い物をしなきゃならないから」


マミ「じゃあね」


パタンッ

49: 1 2016/04/13(水) 14:39:04.02 ID:LwWoHrwY0
ほむら「…まどかぁ」


…さっきからずっとこの調子だ。


杏子「ほむら…元気出せよ」


ほむら「まどか…」


ぼーっとしてまどか、と呟くばかり。


杏子「…っくそ。どうすりゃいいんだよ」


…マミはいつまでこんなことを続けるつもりなんだ?


杏子「このままじゃ…ほむらは…」


ほむら「まどかぁ…」


…もうやめてくれよ。マミ。

引用元: マミ「ティロフィナーレってダサいわよね」