前回 優花里「西住こわい」

2: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 17:14:07.90 ID:CmyNe8HS0
優花里「みなさんはなにか怖いものってありますか?」

沙織「いや、もう騙されないから」

優花里「自分は子供のころから怖いもの知らずで有名な…」

沙織「だから話聞いてよ」

優花里「あ、一つだけありました、怖いもの」

沙織「聞けって」

3: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 17:29:22.08 ID:CmyNe8HS0
優花里「実は、武部殿が怖いんです」

沙織「私が怖いって、なんで?」

優花里「さあ、怖いから怖いとしか言いようがなくて、特に全裸にタートルネックの
セーター一枚の武部殿とか、全裸に毛皮のコートとガーターベルトストッキングのみ
の武部殿とか、頭に懐中電灯2本立てて猟銃と日本刀で武装した武部殿が迫ってきたら
どうしようと夜も眠れないことがあって…」

華「最後のは本当に怖いですね」

4: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 17:34:53.25 ID:CmyNe8HS0
優花里「というわけで、間違ってもいやらしい格好で迫ってきたりしないでくださいね!」

沙織「そう言って去っていったけど、もう騙されないんだから!」

麻子「いや、試してみる価値はあるんじゃないかな」

沙織「え?」

6: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 21:12:30.19 ID:CBOKZF600
華「よく眠っていますね」

沙織「なんでこんなことしなきゃならないの…、ペリーヌのコスプレをして枕元に座ってっと。
おーい、起きろー」

7: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 21:53:35.21 ID:CBOKZF600
麻子「うわあ怖い」

沙織「ちょっと麻子!いつの間にゆかりんと入れ替わったの!」

麻子「寝室にそんないやらしい格好で忍び込んでくるなんて、いい度胸だな。なあ、
男をつくるなんてもう諦めて、私と結婚しよう。おばあも沙織だったら冷泉家の嫁に
相応しいって言ってくれたし、子どもだって今はiPS細胞とか精子バンクとか便利
なものがいっぱいあるし」

沙織「ちょっと!なに言ってんの!やめて!いやぁぁぁ!」

8: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 22:01:08.69 ID:CBOKZF600
3時間後…


麻子「初めてだったんだ…責任は取るから」

沙織「う…うう…ケダモノ…」

9: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 22:03:55.59 ID:CBOKZF600
麻子「あ、秋山さんありがとね」

優花里「いえいえ、こちらも商売ですから」

華「商売にしてるんですか…」

10: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 22:16:17.07 ID:CBOKZF600
ヴーッ、ヴーッ

優花里「失礼します、電話が…、はい、秋山です。あ、ノンナさん、お久しぶりです。え、
カチューシャが怖くてたまらない?はい、わかりました。急ぎの仕事は割り増し料金を頂いて
るんですが…、えっ、金に糸目はつけない?はい、わかりました、直ちに向かいます。
さーって、お仕事お仕事♪」

華「商売繁盛で結構なことですね」

沙織「怖い!ゆかりんと麻子が心底怖い!」

11: ◆jiNYtuUbgE 2016/04/24(日) 22:26:58.57 ID:CBOKZF600
翌日、目覚めたノンナは枕元にイカ娘のコスプレをしたカチューシャが座っているのを見て、
失禁する程の恐怖に襲われた。その後、滅茶苦茶セッ(ry


エリカ「隊長、どうしたんですか?元気ありませんね」

まほ「『有限会社・ゆかりんの西住こわいサービス』に電話したら、みほは人気商品で来年の2月ごろまで
予約がいっぱいだって言われて…」

エリカ「…」


                   終

引用元: 続・優花里「西住こわい」