1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:44:27.816 ID:KiXdtVZP0.net
部長「うん、生産部門の方から、このままじゃ納期に間に合わないと相談されてね。
うちの部署から一人助っ人を出すことになったんだ」

俺「はあ・・・そっすか」

部長「誰か行ってくれないかなあ・・・」チラチラ

俺(こっち見んなハゲ!)

部長「俺君、どうかな」

俺「いや、土曜日はちょっと・・・忙しいというか・・・(ラブライブサンシャインの放送日なんだよ!)」

部長「なにか特別な用事でもあるのかい?きみ独身だろ?」

俺「(大きなお世話じゃボケ!)いや、別に用はないっすけど・・・」

部長「じゃあ決まりだ。よろしく頼むよ」

俺(くそがあああああああああああああああ)

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:47:46.416 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 AM7:00

俺「くそ・・・よりによってこの日に休日出勤かよ・・・」

俺「今日は昼間のうちにG’sのバックナンバーとCDで予習して、
万全の精神を整えてサンシャインの放送に挑もうと思っていたのに・・・」

俺「ちっ・・しゃーない、行くか」

俺「・・・一応、いまから録画予約しといた方がいいかな?」

俺「まあ、いいか。アニメ開始は22:30だし、いくらなんでも帰りがそれより遅くなることはないだろ。」

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:53:28.860 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 AM9:00


部長B「いやあ俺君、わざわざ休日に駆り出してしまってすまないね」

俺「(謝るなら最初から呼ぶなボケ)いえ、とんでもありません」

部長B「じゃ、このリストの通りに製品を梱包して行ってくれ」

俺「へいへい・・・」

社員「部長、添付する銘板のことなんですが、貼り付けはこの位置でいいんでしょうか?」

部長B「ん、別に問題ないだろ」

社員「しかし、この角度から見た時、若干見づらくなってしまいまして・・・」

部長B「だったら、この位置にすれば・・・」

社員「しかしそれだと、逆に、この時に見づらくなってしまい・・・」

部長B「ふーむ・・・ああ、俺君、作業にかかるのはちょっと待っててくれ」

俺「はい(シールの位置なんてどこでもいいだろ・・・)」

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:57:08.965 ID:KiXdtVZP0.net
社員「あーだこーだ」

部長B「どーだそーだ」

~1時間経過~

社員「こーだあーだ」

部長B「どーそーだ」

俺(どうでもいいことをいつまで話とんじゃ!!!はよせいや!!!)

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:58:54.135 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 PM5:00

社員「ふう・・・あとちょっとですね・・・」

俺(結局夕方までかかったか・・・けどようやく帰れるな)

社員「あれ・・・おかしいな・・・」

社員B「どうした?」

社員「いや・・・これってさあ・・・」

社員B「ああ、そうしなきゃダメなのかも・・・」

俺(なんか嫌な予感がするな)

社員「部長、~が~~で」

部長B「なに?それじゃあ~~~は~~か」

俺(おい、よせ、やめろ・・・)

部長B「俺君、悪い。全部やり直しだわ」

俺(くぁwせdfrgthyじゅk)

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:02:42.323 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 PM8:30

社員「ふう、こんどこそ間違いないな」

俺(やべえ、今から帰っても、もう時間ぎりぎりだわ・・・)

部長B「うん、よしこれで完了だ」

俺「終わりですか!終わりですね!?」

部長「うむ、俺君。お疲れさま」

俺「はい、お疲れさまです!」

部長「俺君、せっかくだからこの後みんなで飲みに・・・・・・」

俺「それじゃお先に失礼しまっす!!!さよなら!!!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:05:41.134 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 PM9:00

ガタンゴトン

俺(この電車が駅に着くのが9:40で、駅から家まで20分・・・と。大丈夫、間に合うな)

俺(とりあえず、家に着いたらシャワーで身を清めて、冷凍焼き鳥をチンして、ビールと一緒に準備して・・・)

ガタンゴトン・・・プシュー・・・

俺(ん?)

シーーン・・・

俺(なんだ、この駅に止まったきり、全然発車せんぞ・・・)


アナウンス「ご乗車中のお客様にご連絡いたします。ただいま、この先の○○駅のホームで人身事故が発生し、ただ今全線の運転を見合わせております」


俺(ああああああああああああああああああああああ!!!!)

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:09:02.891 ID:KiXdtVZP0.net
7月2日 PM9:30

俺「放送開始まであと一時間・・・けど電車が動き出す気配なし・・・」

俺「こうなったら駅前に出て、ネットカフェで見ることにするか」


テクテク

俺「だめだ・・・この町は完全にただのベットタウンでコンビニしかない・・・」

俺「・・・仕方がない。そこらの民家にお邪魔してテレビを見せてもらうか」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:14:03.168 ID:KiXdtVZP0.net
ピンポーン

住人「はい・・・どなたですか?」

俺「あ~すみません、お宅、テレビ持ってますか?」

住人「テレビはありますけど・・・受信料はちゃんと払ってるはずですよ」

俺「いえ、NHKじゃないです。じつはお宅のテレビで、ラブライブサンシャインっていうアニメを見せてほしいんです」

住人「はあ!?なに言ってるんです!?」

俺「ただ30分ほど、アニメを見せてくれるだけでいいんです。決して怪しい者じゃありません」

住人「何なんですか貴方。何言ってるんです・・・」

俺「今日はラブライブサンシャインの初放映の日なんです!見逃すわけにはいかないんです!」

住人「お父さん!変な人が来てるの!警察に連絡して!!」

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:20:38.236 ID:KiXdtVZP0.net
俺「クソ・・・どこの家に行っても断られた」

俺「たった30分テレビを見せてもらうだけじゃねーか。
昔はテレビのある家に近所の人が集まるなんて当たり前のことだったのに・・・
日本人の民度が下がってるってホントのことだったんだな・・・」



俺「駅まで戻って来たけど、まだ電車は動いてねえ・・・」

俺「おい駅員!いつになったら電車動くねん!」

駅員「それはまだ何とも言えません・・・復旧の見通しが全く立たないので・・・」

俺「ラブライブに間に合わねえだろうがあと10分しかねえんだよ糞がああああああああああああああああああああ!!!!!」

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:23:17.110 ID:KiXdtVZP0.net
巨 美人JK「あの・・・お兄さん」

俺「あん?」

JK「お兄さんもラブライブ見る予定なんですか?」

俺「ああ・・・」

JK「私もなんです。私のスマホ、テレビが見れますから一緒に見ませんか?」

俺「マジで!?」

JK「小さい画面で申し訳ないんですけど・・・」

俺「いやあ、とんでもない!見れるだけでもありがたいよ!」

JK「ほらお兄さん、もっとこっちに寄ってください。二人でくっつかないとちゃんと見れませんよ///」

俺「そうだね。お、いよいよ始まるな」

JK「楽しみですね、『ラブライブサンシャイン』」

俺「ああ!」


俺は、やはりラブライブを愛する者に悪人はいないのだなと再確認した。

~Fin~

引用元: ラブライバー俺「え・・・7月2日に休日出勤・・・?」