1: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:14:16 ID:NMk0UZqA00
花帆「ご飯ご飯~」

花帆「あれ、さやかちゃんだ。あんなところにいるのに、綴理センパイはいないし……探してるのかな?」

花帆「いや、でも誰かを待ってる……のかな。分からないや。もしかして告白とか? いやいや、ないないない」

2: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:15:01 ID:NMk0UZqA00
花帆「あ、誰か来た。えっと、あの子って……」

モブ「さやかちゃん、遅れてごめんね」

さやか「いえ、大丈夫ですよ。それで、要件とは?」

花帆「やっぱり何かあるんだ……!」

モブ「単刀直入に言います。さやかちゃん。好きです。付き合ってください」

花帆「えっ」

7: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:20:25 ID:NMk0UZqA00
さやか「……ありがとうございます。気持ちは嬉しいですが、私には心に決めた人がいます。ですから……」

モブ「皆まで言わないで。さやかちゃんから答えを聞けてよかった。ありがとう」

花帆「さやかちゃん、好きな人がいるんだ……綴理センパイかな?」

花帆(告白したのもあたしじゃない。さやかちゃんが好きなのもあたしじゃない。そしてあたしはさやかちゃんに恋をしているわけじゃない。そのはずなのに)

花帆(心がズキズキと痛んだのはどうしてだろうか)

8: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:30:31 ID:NMk0UZqA00
花帆「さやかちゃんの好きな人、かぁ……」

瑠璃乃「花帆ちゃんみーっけ!これから購買行くけどどう?」

花帆「ああ瑠璃乃ちゃん。そうだね、行こっか」

瑠璃乃「……花帆ちゃん。なんかあった?」

花帆「え?ううん。なんでもないよ」

花帆(ウソ。あたしにも分からない澱みがあたしの中を渦巻いてる)

瑠璃乃「じゃあはやくいこーぜー!」

花帆「あ、瑠璃乃ちゃん!待ってよー!」

10: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:42:21 ID:NMk0UZqA00
梢「花帆さん、今日は調子が悪そうね。何かあったのかしら」

花帆「なんでもありません。大丈夫です!」

梢「ならいいのだけれど。何度も言うけれど、無理だけはしないでちょうだいね」

花帆「分かってます!もう梢センパイに心配はかけさせません!」

梢「ふふっ。安心したわ。じゃあ今日はもう少しだけハードにしてみましょうか」

花帆「やっぱり鬼だー!!」

12: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:51:25 ID:NMk0UZqA00
瑠璃乃「それで、花帆ちゃんはどうしちゃったわけさ」

花帆「もー。何もないって!」

瑠璃乃「皆の目は誤魔化せても、ルリの目は誤魔化せないぜ?だって今日の花帆ちゃん、ご飯食べてるときからずっと充電切れたルリみたいになってたもん!」

花帆「……別に大したことじゃないけどね」

瑠璃乃「うんうん」

花帆「あ、そうだ。さやかちゃんには秘密ね。絶対に」

13: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 00:58:43 ID:NMk0UZqA00
瑠璃乃「? さやかちゃんに?」

花帆「うん。さやかちゃんに」

瑠璃乃「分かんないけど分かった。それで、何があったわけ?」

花帆「さやかちゃんが同じクラスの子に告白されてるのを見ちゃってさ」

瑠璃乃「おー! アツいじゃん! それが花帆ちゃんと何か関係あるの? 花帆ちゃんがさやかちゃんに恋してるってやつ?」

花帆「うーん。そうじゃないんだけどさ。いや、さやかちゃんのことは好きだよ?」

花帆「でもさ、さやかちゃんが『私には心に決めた人がいる』って言っててさ。それを聞いたときにチクッてなってさ」

瑠璃乃「ほうほう」

花帆「それからずっとこのままってわけ……」

14: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 01:04:15 ID:NMk0UZqA00
瑠璃乃「ねえ花帆ちゃん、率直にいい?」

花帆「瑠璃乃ちゃん分かるの!?」

瑠璃乃「それを恋って言うんだよ」

花帆「!?」

瑠璃乃「文学少女の花帆ちゃんのことだから、気づいてると思ってたぜ……」

花帆「そっか。そっか。あたしが恋、かぁ……」

17: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 01:25:17 ID:NMk0UZqA00
瑠璃乃「でも気づいたなら告白するっきゃないっしょ! 恋愛物のストーリーにはよくあるじゃない?」

花帆「えー! でも、いきなりなんて心の準備が……」

瑠璃乃「あ、でもさっきさやかちゃん呼んじゃった。花帆ちゃんが大事な話があるーって」

花帆「行動が早い!? って無理だって!」

瑠璃乃「あ、もうつくって! じゃあ花帆ちゃん、ファイト!」

18: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 01:32:44 ID:NMk0UZqA00
花帆「瑠璃乃ちゃん! あ、行っちゃった」

さやか「花帆さん。凄い勢いで瑠璃乃さんが出ていくのが見えたのですが……」

花帆「あ、大丈夫だと思うよ。むしろ大丈夫じゃないのはあたしだし……」

さやか「それで、花帆さんが大事なお話とはなんでしょうか。私ではなく梢先輩の方が……」

花帆(普通はそう思うよね。あたしもそうだよ)

花帆「いや、なんというか。どう言えばいいか……」

花帆(今日恋だと知って、そのまま告白だなんて。恋愛小説でもあり得ないくらいのスピード。だけどこれは現実。ならなんだって起こせるはず)

22: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 10:05:28 ID:NMk0UZqA00
花帆「やってやれ、日野下花帆!」

さやか「花帆さん!?」

花帆「さやかちゃん!」

さやか「は、はい!」

花帆「あたしはさやかちゃんのことが好き! だから、付き合ってほしいの!」

花帆(これくらい言ったら、玉砕したってスッキリするはず。もう未練なんて残さないくらいに言い切ってやったと思う!)

23: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 846e-d657) 2023/11/29(水) 10:06:42 ID:NMk0UZqA00

さやか「……」

花帆「さやかちゃん?」

さやか「……」

花帆「あのー。さやかさーん」

さやか「まさか、花帆さんに告白されるとは思っていませんでした」

花帆「さやかちゃんの中のあたしってどういうイメージなの?」

さやか「まあまあ。それは追々」

花帆「……納得いかない」

24: 名無しで叶える物語 (アウアウ 21b4-d657) 2023/11/29(水) 17:37:03 ID:3Kn1unaMSa
さやか「ですが、その……不束者の私でよければ、よろしくお願いします」

花帆「そうだよね。そうだよ……へ?」

さやか「そんな、あり得ないという顔をするのはどういうことですか!? そんな覚えはありませんよ!?」

花帆「いや、さやかちゃんの心に決めた人って綴理センパイだと思ってたし、玉砕覚悟だったから……」

さやか「まさか、今日のあれを見ていたわけですか?」

花帆「うん。たまたま見ちゃった」

25: 名無しで叶える物語 (アウアウ bdd7-d657) 2023/11/29(水) 17:53:28 ID:FvEKphK2Sa
さやか「そうでしたか……ですが、私の心に決めた人は最初から花帆さんでしたよ」

花帆「なんでなの? あたし、気になるな」

さやか「ずっと見ていたら、いつの間にか恋に落ちていた。それだけで十分じゃないですか?」

花帆「……そっか。お揃いだね」

さやか「はいっ。一緒です」

26: 名無しで叶える物語 (アウアウ bdd7-d657) 2023/11/29(水) 17:54:15 ID:FvEKphK2Sa
花帆「ねーねー瑠璃乃ちゃん。さやかちゃんとデートするならどこがいいかな?」

瑠璃乃「それは花帆ちゃんが決めることじゃないの?」

さやか「恋愛マスターの瑠璃乃ちゃんを頼ってのことだよ!」

瑠璃乃「ルリは恋愛マスターなんかじゃないんだけど。ルリの好きな人は鈍すぎだし」

花帆「……瑠璃乃ちゃん?」

28: 名無しで叶える物語 (アウアウ bdd7-d657) 2023/11/29(水) 17:55:50 ID:FvEKphK2Sa
瑠璃乃「あーあーあー! そういうわけだから、さやかちゃんといったいった! ルリは忙しい故にルリあり!」

さやか「花帆さん。私は花帆さんと一緒ならどこでも楽しいですよ」

花帆「さやかちゃん……!」

瑠璃乃「この恋愛浮かれポンチどもめ……ルリも……ルリも……!」

29: 名無しで叶える物語 (アウアウ bdd7-d657) 2023/11/29(水) 17:56:25 ID:FvEKphK2Sa
これにておしまいです。
ありがとうございました。

引用元: 花帆「あれって、さやかちゃん?」