1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:53:01 RXb0zcrE
モバP(以降P表記)「はぁ……。基本的に終電帰り、休みだって前回いつ取ったのか……」

P「疲れを誤魔化すために、ちひろさんからドリンクを買ってるせいで、お金も全然ない……」

P「極め付けに、上司は裏切って自分のミスを俺に押し付けてくるし……」

P「何だか泣けてきた……なんで俺こんな苦しい思いして働いてるんだろ……グスッ……田舎に帰りてぇよぉ……グスッ」コンコン


"
"

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:53:48 RXb0zcrE
P「ん?誰だよ…今、誰かに見せれる顔じゃないのに。どちら様ですか?」

?「うふふ、名乗るほどではないですが、ラフメイカーです。」

P 「いや、まゆだろ。」

?「……ラフメ「いや、まゆだろ」」

?「…………ラフメイカーですよ」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:54:26 RXb0zcrE
P「わかった。ラフメイカーだな?ラフメイカーなんで呼んでない。夜も遅いし、帰ってくれ。そこに居られたら泣けないだろう。」

?「嫌です。ラフメイカーの役目を果たせていないですから。」

P「帰ってくれって言ってるだろ!!そこに居られたら邪魔なんだよ!!消えてくれ!」

?「そんなこと言われたの、まゆ、生まれて初めてです。どうしましょう……泣きそうになってきました……グスッ」

P「泣きたいのは、こっちだよ……家に帰っても安息はないのか……グスッ…ウエェ…」

?「グスン……グスン……」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:54:57 RXb0zcrE
---

P「グスッ…なぁ、まゆ。まだ、いるのか。」

?「Pさんがドアを開けてくれるまで。それまで帰れません。」

P「今では、もう、部屋に入れてもいいかと思えてきたよ。でも、困ったことに、ドアが開かないんだ。」

P「鍵なら開けたからそっちからドアを押してくれ。鍵なら開けたから。」

P「おい、まゆ?ウンとかスンとか言ってくれ。」

P「…………おい、まさか……」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:56:18 RXb0zcrE
P「今更、俺を置いて帰ったのか!?笑わせるって言ったのに!」

P「まゆも裏切るのか!?」

P「冗談じゃない!皆、俺を裏切るんだ!」

P「信じた俺がバカだった!やっぱり、他人を信じたらいけないんだ!」ガシャーン!!

P「!?」


"
"
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:57:19 RXb0zcrE
まゆ「うふ、ラフメイカーですよ。」

P「まゆ、窓から来てくれたのか……窓ガラス割られたのは困るけど」

まゆ「まゆがPさんを裏切る訳ないですよ。」

P「まゆ……ありがとう。さぁ、まゆは一体どんなことをしてくれるんだ。」

まゆ「まず、リボンを取り出します。」

P「うん。」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:58:06 RXb0zcrE
まゆ「次に、Pさんを縛ります。」

P「ん?」

まゆ「そして、Pさんの服を脱がします。」

P「待て。まゆ、一体、何をするつもりなんだ?」

まゆ「何って……逆レですけど。」

P「え?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 20:59:43 RXb0zcrE
P「待って!笑わせに来たんじゃないの?」

まゆ「まゆ、一言も笑わせに来たなんて言ってません。」

P「laughメイカーじゃないの!」

まゆ「裸父メイカーですよ?」

P「」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/14(日) 21:00:19 RXb0zcrE
P「ちょ、まゆ、それ以上近づかないで。」

まゆ「今のまゆは裸父メーカーですから。Pさんがパパになるんです♪ウフ」

チョッ…ヤメ、ヌガサナイデ、アッソコダメ、アッーーーーーー