1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:09:31.739 ID:A2d2Rcn80.net
~地獄~

地獄で鍛錬に励む、一人の若者――

カンダタ「セイッ! セイッ! セイッ! セイイィィッ!」ビュバババッ



鬼「ほう……」


その強靭な肉体と闘気に、地獄の番人たる鬼が興味を示すのは当然の成り行きといえた。

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:12:08.420 ID:A2d2Rcn80.net
鬼「罪人よ、名はなんという?」

カンダタ「……カンダタと申す」

鬼「いい名だ……」ニヤ…

鬼「たしか貴様は現世で殺法を極めたゆえ、地獄に落とされたと聞いておる」

カンダタ「極めたとはとてもいえんが、一応罪状はそうなっているはずだ」

鬼「どうだ……このワシと一勝負せんか?」

カンダタ「望むところ!」



人間と鬼の真剣勝負――地獄一騎打ち(ヘル・デスマッチ)の幕開けである!

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:15:42.100 ID:A2d2Rcn80.net
鬼「ゆくぞぉっ!!!」ブオンッ


重さ10トンはある金棒を軽々と振り回し、鬼が殴りかかる。

カンダタは反応しない。もう金棒は間近まで迫っているというのに。

危うし、頭蓋骨!


スパァッ!


カンダタの手刀によって、金棒は切断されていた。


鬼「なんだと……ッ!?」

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:18:44.410 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「驚いたふりはよせ」

鬼「!」

カンダタ「分かっているぞ……お前は“素手の方が強い”と」

鬼「フ……バレておったか」

鬼「ゆくぞ……!」メリメリ…

鬼の赤い肉体が黒く染まり、焼き加減ミディアムのステーキにも似た色と化す。


ガゴォッ!!!


鬼のアッパーカット。

これが並の相手なら、首から上がスペースシャトルの如く吹っ飛んでいただろう。

が、カンダタの顎は打ち抜けなかった。


カンダタ「いい……アッパーだ」

鬼(効いていない……!? バカな……ッ!)ググッ…

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:21:13.708 ID:A2d2Rcn80.net
鬼「ぬあああああッ!」ブオッ

カンダタ「セイッ!」ボッ


ドズゥッ……!


カンダタのボディブローが、鬼の腹部をえぐる。

鬼「ぐええっ……!」ゲボッ…

カンダタ「さあ、続けるか?」

鬼「痛い……痛いよォ……」グスッ

カンダタ(泣いている……どうやらここまでのようだな)

鬼「…………」ニヤ…

カンダタ(――いや、これは違うッ!)

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:24:53.438 ID:A2d2Rcn80.net
鬼「“鬼の目にも涙”!!!」ドバァァァァァ

カンダタ「ぬがァッ!?」


鬼の眼球から放出される大量の涙は渦潮を作り、カンダタを呑み込んだ。

涙は女の武器というが、鬼にとっても武器なのだ!


鬼「ワシの涙に含まれる塩分量は、人間の五千倍!」

鬼「さあ……ワシの涙で溺れて、塩分過剰摂取してしまうがよいッ!」

カンダタ「いや……それはどうかな?」ザバッ

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:28:24.932 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「ハァァッ!」ザバァッ ザバァッ

鬼「バタフライ!?」


カンダタは涙の中をバタフライしていた。


鬼「なんという迫力! なんという躍動感! これが……バタフライか……ッ!」

カンダタ「ハァッ!」ザバッ


水面から飛び上がる。


カンダタ「地獄殺法“針山突き”ィ!」


ズドォッ!!!


針のように鋭い突きが、鬼の顔面に炸裂した。

鬼「が、はぁっ……!」ドサァッ…

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:32:19.294 ID:A2d2Rcn80.net
鬼「殺法を地獄で更に進化させたのか……見事だ……」

カンダタ「こっちこそ……久しぶりに血の池以外で泳げたよ」

戦いを通じて、両者の間に熱い友情が生まれる。


亡者A「すげえ……! あの鬼に勝っちまうなんて!」

亡者B「さっすがカンダタさんっす!」





鬼との地獄一騎打ち(ヘル・デスマッチ)を制した戦士・カンダタ――

しかし、これは新たなる戦いへの序曲に過ぎなかった!

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:36:59.420 ID:A2d2Rcn80.net
~極楽~

蜘蛛「…………」カサカサ

釈迦「蜘蛛よ、どうしたのだ? ずいぶんと顔が曇っておるが……」

蜘蛛「今の地獄でのデスマッチ……ご覧になられましたか」

釈迦「もちろんだ。いい試合だった」

蜘蛛「実はワタシは、あのカンダタという男に借りがあるのです」

釈迦「ほう?」

蜘蛛「私はここへ来る前は、森で暮らしておりました……」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:40:35.984 ID:A2d2Rcn80.net
~回想~

カンダタ「お前がこの森の支配者か」

蜘蛛「そうさ、オレこそがこの森の王! キング・オブ・スパイダーだ!」

カンダタ「お前はこれまでに、森に入った人間を99人殺害しているらしいな?」

蜘蛛「その通りィ! つまりオマエが100人目ってわけだ!」

蜘蛛「ヒャオッ!」カサカサッ


ザシュッ!


カンダタ「…………!」

蜘蛛の牙が、カンダタの肩を切り裂いた。

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:43:58.977 ID:A2d2Rcn80.net
蜘蛛「オレの毒はなんと青酸カリの数百倍! つまりオマエは死ぬ! 光の速さで即死だァ!」

カンダタ「いや……俺は死なない」

蜘蛛「何故!?」

カンダタ「毒で死ぬような、やわな生き方はしていない……」

カンダタ「俺は生後まもなく、母親にジャーマンスープレックスをされたからな……」

蜘蛛「なんて過酷な……!」

カンダタ「さて、井の中の毒蜘蛛よ……俺の殺法を味わうがいい!」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:48:27.958 ID:A2d2Rcn80.net
バキィッ! ドカッ! ドゴォッ!

蜘蛛「ぐがっ……! このオレが……人間如きに……!」

カンダタ「トドメだ……」

カンダタ「この拳が命中した時、お前の人生は……終わる!」グッ

蜘蛛「オレは……蜘蛛だ!」

カンダタ「お前の蜘蛛生は……終わる!」





――ズガァッ!!!

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:51:51.522 ID:A2d2Rcn80.net
しかし、拳は外れていた。否、外されていた。


蜘蛛「なぜ……殺さなかった!?」

カンダタ「もう決着はついている」

カンダタ「すでに心が折れている者にトドメを刺す趣味はないのでな……」ザッザッ…


運動後のストレッチをしながら、森を去っていくカンダタ。

屈辱にまみれた蜘蛛は、ただ絶叫するしかなかった。





蜘蛛「ちくしょう……ちくしょおおおおお……!!!」

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:54:49.482 ID:A2d2Rcn80.net
~極楽~

蜘蛛「――というわけなのです」

蜘蛛「ワタシはあのカンダタにリベンジをしたいッ!」

蜘蛛「どうか……どうかワタシに機会(チャンス)をッ!」

釈迦「よかろう」

蜘蛛「ありがたき幸せッ!」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 17:59:51.705 ID:A2d2Rcn80.net
~地獄~

亡者A「いやぁ~、さっきの試合はすごかったな」

亡者B「オイラ、マジで感動したっす!」

カンダタ「いや……だいぶ涙を飲んでしまったし、まだまだ未熟だ」

カンダタ「――ん?」


タラー…


地獄で談笑するカンダタたちのもとに、一本の蜘蛛の糸が垂れてきた。

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:02:58.053 ID:A2d2Rcn80.net
亡者A「なんだこりゃ!?」

亡者B「いきなり蜘蛛の糸が垂れてきやがったっす!」

カンダタ「…………」ガシッ

亡者A「よせよ! 絶対罠だって! 怪しすぎる!」

カンダタ「たしかに罠かもしれん……だが――」

カンダタ「蜘蛛の糸ッ! 登らずにはいられないッ!」



バカと煙は高いところが好き――

カンダタほどの超戦士とて例外ではなかった!

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:07:14.782 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「行くぞッ!」

亡者A「おうよっ!」

亡者B「へいっ!」



数万人の亡者を従え、糸を登っていくカンダタ。

蜘蛛の糸の上でいったいどんな困難が待ち受けているのか、

それを想像するだけでカンダタの口の中は唾液に満ちあふれた。

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:10:13.316 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「ふん、ふん、ふん!」グイッグイッグイッ


亡者A「俺らは手足使ってるのに、腕力だけでよじ登ってやがる……さすがだぜ……」

亡者B「かっけえ……」





カンダタ「一人の脱落者も出さんッ! いいな!?」


亡者たち「押忍!!!」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:16:15.275 ID:A2d2Rcn80.net
~極楽~

数万人の地獄の亡者を率い、カンダタはついに極楽へとたどり着いた。


蜘蛛「待っていたぜ……」カサカサ

カンダタ「この蜘蛛の糸はお前のものだったのか……」

蜘蛛「あの時、命を見逃された屈辱……今日こそ晴らす!」

カンダタ「嬉しいねえ……」

蜘蛛「あん?」

カンダタ「かつて勝利した相手が、力を蓄えて再び挑んでくる……」

カンダタ「これぞ戦士の醍醐味というやつよ」


カンダタと蜘蛛――二人の間に濃厚な殺気が漂う。



カンダタ「釈迦よ、さっそく試合をセッティングしてくれ」

釈迦「了解した!」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:20:47.011 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「レディィィィスエェーンドジェントゥルメェェェン!」

釈迦「只今より、極楽一騎打ち(ヘヴン・デスマッチ)を開催する!」


ワアァァァァァッ!



地獄陣営――

亡者A「カンダタ、頑張れよっ!」

亡者B「蜘蛛なんかに負けるなっす!」


極楽陣営――

極楽住民A「ヒャッハーッ! これだから極楽暮らしはやめらんねぇ!」

極楽住民B「血の雨を! 肉の嵐を! 臓物の台風を見せてくれェッ!」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:24:36.074 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「地獄コーナーより、カンダタの入場です!」


ワアァァァァァ……!


カンダタ「…………」ザッザッ



釈迦「対しまして極楽コーナーより、蜘蛛の入場です!」


ワアァァァァァ……!


蜘蛛「…………」カサカサ

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:27:54.425 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「両者、構えて!」


カンダタ「…………」サッ

蜘蛛「…………」カサッ


好戦的な表情を隠そうともせず、構える両雄。

思考回路はショート寸前、今すぐ闘(や)りたいよ!



釈迦「ファイッ!!!」

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:31:00.900 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「…………」ジリ…

蜘蛛「…………」カサ…


意外にも速攻を仕掛けず、慎重に間合いを操作する二人。

当然である。猪突猛進なだけでは優秀な戦士にはなりえない。


蜘蛛「…………」フリ…フリ…


突如、尻を振り、踊り出す蜘蛛。

なんという露骨な挑発行為!

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:34:20.852 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「俺は“乗る”のが好きだ」

カンダタ「馬に乗って野山を駆け回るのも好きだし、女性の上に乗るのも好きだ」

カンダタ「まして、挑発に乗るのは大好きだッ!」

ダッ!



猛然と駆け出すカンダタ。

ところが――


カンダタ「ぐっ!?」ギシッ…

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:37:47.380 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「これは……! 目に見えないほど細長い糸が俺の体に……ッ!」

蜘蛛「かかったな、オレの蜘蛛の巣に!」


カンダタの全身は蜘蛛の糸に捕われていた。


カンダタ「さっきのダンスは……この糸を出していたのか……!」ギシギシ…

蜘蛛「その通り……オレはオマエに敗れてから、徹底的に糸の強度を高めた」

蜘蛛「今やオレの糸は数万人の亡者をも支えられるほど頑丈だ!」

蜘蛛「しかも、もがけばもがくほど糸は絡みつく! もはや脱出不能よッ!」

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:40:39.474 ID:A2d2Rcn80.net
蜘蛛「さて……トドメだ」

蜘蛛「同じく切れ味を増したこの牙で、オマエの頸動脈をかっ切ってやるッ!」ギラッ

カンダタ「なんのぉっ!」ゴォォッ

蜘蛛「な、なんだッ!? ヤツの体温が上がっていく!?」

カンダタ「地獄殺法“灼熱地獄”!」ゴォアァァァァァッ

蜘蛛「うおおっ!? ヤツの体が燃えて……糸が焼き尽くされていく……!」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:44:18.192 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「地獄殺法“血の池チョップ”!」ヒュオッ


ザシュゥッ!


カンダタの手刀が蜘蛛の体を切り裂き、傷口から大量に血が噴き出した。

まさに“血の池”である。



蜘蛛「へへ……完敗だぁ……」ブシュゥゥゥゥゥ…

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:47:57.875 ID:A2d2Rcn80.net
蜘蛛「オレも極楽で修行しまくったが、まだまだ差はでかかったか……」

カンダタ「いや……蜘蛛の巣に捕われた瞬間は、俺も敗北を覚悟したよ」

蜘蛛「ふん……次は負けねえぞ!」

カンダタ「こっちこそ!」

戦いを通じて、両者の間に熱い友情が生まれる。



釈迦「よくやった、カンダタよ」

カンダタ「お釈迦様……お会いできて光栄です」

釈迦「蜘蛛に勝利した褒美として、どんな願いでも叶えてやろう。さあ、なにを望む」

カンダタ「それはもちろん、あなたとの対決だ」

釈迦「……いいねェ」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:54:04.829 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「私に挑戦者が現れるなど、本当に久しぶりのことだ」コキッコキッ

釈迦「手厚く歓迎してやろうぞ」ザッ

カンダタ(釈迦が構えたッ! ――なんて殺気だッ!)


ワアァァァァァッ!



地獄陣営――

亡者A「お釈迦様に挑むなんて、マジかよ……!」

亡者B「いや……カンダタさんならあるいは……!」


極楽陣営――

極楽住民A「ヒャッハーッ! こりゃあ面白い展開になってきやがった!」

極楽住民B「罪人と釈迦の一騎打ちッ! 女房を質に入れても見なきゃなァ!」

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:57:09.467 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「いざッ!」


カンダタが仕掛ける。


カンダタ「“針山突き”!」ヒュオッ

カンダタ「“血の池チョップ”!」シュバッ

カンダタ「“灼熱地獄ファイヤー”!」ゴォアァァァッ


しかし、どの殺法も釈迦によって受け流されてしまう。


釈迦「無駄だ……」

カンダタ「俺の殺法が……通じない!?」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:00:11.490 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「なぜ、お前の殺法が私に効かぬか、教えてやろうか?」

カンダタ「教えてくれ……」

釈迦「釈迦に殺法!!!」





   ド   ン   !   !   !

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:06:00.053 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦がカンダタの頭を掴む。

釈迦「脳をシェイクしてやる!」シャカシャカシャカ

カンダタ「ぐわああああっ……!」

カンダタ「頭が……」ドサッ…

釈迦「トドメだッ!」


ドゴォッ!!!


脳をシェイクされダウンしたカンダタの頭部に、強烈なキックを浴びせる。



亡者A「総合格闘技でいう、サッカーボールキックだ!」

亡者B「ひええっ……!」

蜘蛛「いや……釈迦がやっているのだ。つまり、あれはシャッカーボールキック!」

亡者AB「!」

蜘蛛「つまり威力は……数千倍……ッ!」

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:09:17.524 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ(強い……これが釈迦……ッ! 立てない……ッ!)グググッ…


すると――


亡者A「立ってくれっ!」

亡者B「アンタの強さはこんなもんじゃないっす!」

蜘蛛「釈迦なんかに負けるんじゃねえ!」


カンダタ! カンダタ! カンダタ! カンダタ! カンダタ! カンダタ! カンダタ!


割れんばかりのカンダタコールに、カンダタは立ち上がる。



カンダタ「――いくぞ、釈迦ッ!」

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:14:48.670 ID:A2d2Rcn80.net
しかし、釈迦の構えは完璧で隙がなく、手の出しようがない。


カンダタ「くっ……!」

釈迦「ハッハッハ、立ち上がったはいいが策はない、といった表情だな」

カンダタ(このまま突っ込んでも、さっきと同じ目にあうだけ……隙を作らないと!)

釈迦「私は隙など見せんよ。シャカリキなだけでは私には勝てん!」


亡者A「シャカリキって久々に聞いたな」

亡者B「死語っすよね」


釈迦「え、ウソ!?」



カンダタ「――今だッ!!!」

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:18:32.511 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「“針山突き”!!!」


ズドォッ!!!


釈迦「ぐほぉぉぉぉ……っ!」



文字通り一瞬の隙を突いた、渾身の“針山突き”が釈迦のミゾオチに命中した。

これにはさすがの釈迦もノックダウンするしかなかった。

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:21:45.517 ID:A2d2Rcn80.net
釈迦「ふっ、釈迦ともあろう者が……人間に倒されてしまうとはな」

カンダタ「いや……今のは俺の勝利じゃない……。仲間の手助けがあったから勝てただけだ」

カンダタ「もっと修行して、次はあなたに……仲間の手助け無しで勝ってみせる!」

釈迦「フッ、期待しておるぞ」

戦いを通じて、両者の間に熱い友情が生まれる。



カンダタ「よぉーし、みんな地獄へ帰るぞ!!!」

亡者たち「はいっ!!!」

蜘蛛「はいっ!!!」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 19:27:24.665 ID:A2d2Rcn80.net
カンダタ「俺に続けーッ!!!」バッ


極楽から飛び降り、地獄に堕ちていく亡者たち――

地獄へ堕ちていくというのに、彼らはみな笑顔であった。

カンダタたちの戦いはまだ始まったばかりである……!





                                   ~おわり~

引用元: カンダタ「蜘蛛の糸ッ! 登らずにはいられないッ!」