1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 22:39:56 IBiGmlmo
女騎士「早く水を飲まねば危険だ!」


"
"


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 22:41:57 IBiGmlmo
キョロキョロ

女騎士「くっ、水が見あたらないぞ」

オーク「だろうな」

女騎士「オーク!」

オーク「このへんの水は俺が買い占めた。もはやお前に飲ませる水はねぇ!」

女騎士「くっ、外道とは貴様の事を言うのだな!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 22:44:15 IBiGmlmo
オーク「さて、俺はお前が窒素するのを眺めさせてもらうとするか」

女騎士「くっ…なんて野郎だ」

オーク「そう言っている間に、お前の顔色は段々と紫になってきているぜ?」

女騎士「ち、チアノーゼか…このままでは!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 22:48:17 IBiGmlmo
女騎士(考えろ女騎士…今、何をするのが最善策か…)

ハッ

女騎士(そういえば昨日、新しい掃除機を買ったんだった…ここから自宅までは徒歩三分程度…なら走れば…!)

キッ

オーク「ん?」

女騎士「残念だがオーク、私はまだ死んでやれんようだ…」

ニッ

オーク「お前…何を思いついた…何を思いついたと訊いているゥゥゥ!」


"
"

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 10:58:57 HvFZzZkI
女騎士「私は、自宅へ帰宅するッッ!」

クルリ

オーク「なっ、しまっ…」

女騎士「トゥエェイ」

ダダダッ

オーク「あの方向は…女騎士め、宣言通りに自宅へ帰宅する気だな…させてなるものか、させてなるものかよォォォ!」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 11:01:03 HvFZzZkI
ダダダッ

オーク「俺の足なら追いつけぬ理由が無い!」

ダダダッ
チラッ

女騎士「くっ、オークめ」

ダダダッ

オーク「こちらを気にしている…ふふ、どうやら追いかける側の方がプレッシャーを与えられるようだな!」

女騎士「ちっ、好き勝手いいなさる…」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 13:40:24 tgK7BiYI
オーク「そうら、もう追いつくぞ」

女騎士「このままでは…」

ヌギッ

女騎士「鎧をパージして加速するッッ!」

ビャー

オーク「加速だぁ!?」

女騎士「こちとら、全裸の年期が違うのだ…このまま逃げ切らせてもらう!」

ビャー

オーク「くそっ、なんて速さだ!」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 13:42:44 tgK7BiYI
ビャー

女騎士「見えた…自宅だ!」

ビャー

オーク「しまった…みすみす奴を帰宅させてしまうとは!」

女騎士「このまま入り口を突き破り、掃除機のある部屋まで駆け抜けるッッ!」

ビャー
バゴォォォン

女騎士「掃除機のある部屋…ここだ!」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 13:45:07 tgK7BiYI
カチャカチャ

女騎士「充電はされている…あとは吸引口を咥えて起動するだけよォ!」

カポッ

女騎士(やるさ!)

ポチッ

ウ゛イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛ン!

女騎士(んほぉぉぉぉぉ!)


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 13:46:55 tgK7BiYI
ズポポン
ズポポン

女騎士(しゅごいにょるぉぉぉぉぉ!)

ズポポン
ズポポン

女騎士(餅どころか…喉   、食道、臓物まで吸い込まれるにょるぉぉぉぉぉ!)

ズポポン
ズポポン

女騎士(ぐふっ…)


 


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 00:15:20 VZMsMD1c
バタリ

ガチャリ

オーク「ようやく追いついたぞ女騎士…ってわぁぁぁぁぁ!」

オーク「女騎士が倒れている…女騎士が掃除機を咥えながら倒れている!興奮!興奮する!おれのそうぞうりょくがうなりをあげている!」

ム ム 
フックラ

オーク「興奮した!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 00:16:50 VZMsMD1c
ヌギッ

オーク「やはり脱ぐよな」

フックラ

オーク「痛てててて…ふっくらおいなりさん…」

おいなりさん


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/26(日) 22:43:43 XZfTOlEM
それからなんやかんやあって
ふっくらおいなりさんのオークは
臓物が無くなった肉人形
かつて女騎士であった『それ』を
ボロ雑巾のように弄びましたとさ

――――――――――

母「めでたし、めでたし」

子「えー、もうおしまい?」

母「そうよ、この絵本は、ここでおしまい」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/26(日) 22:49:31 XZfTOlEM
子「つまんないの。ていうか死体を犯して何が楽しいんだろう」

母「世の中には特殊な 癖を持つ魔物がいるのよ」

子「ふーん」

母「さぁ、もう寝なさい。夜更かししてたらオークがやってくるわよ」

子「こえぇ」



皆さんも
変態オークにはご用心…
【完】