1: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:30:57.33 ID:pa2tZNfH.net
にこ「部室に来たら変なメガネと説明書があったわ...。」

好感度メガネ︰相手の好感度が見れちゃいます。
相手の好感度は1~100で表示されます。
高ければ高いほど相手はあなたにトゥンクトゥンク。

にこ「胡散臭いわねぇ...そもそもこれ置いたの誰よ...。」

にこ「...でも普段の扱いはああだと 流石のにこも不安になってくるのよね...。
まぁ、慕われてるに決まってるけど。
ちょっと使ってみようかしら。」


使うメンバーと好感度(コンマ)一つ下↓

2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:32:39.43 ID:Xsgg1wl2.net
ほのか

8: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:44:25.96 ID:pa2tZNfH.net
穂乃果「やっほー」ガチャッ

にこ「あら、穂乃果ちょうどいいわね、ちょっと顔貸しなさい」

穂乃果「えー、なになに にこちゃんメガネなんかかけちゃって~。」

にこ「(43...低くはないけど平均よりちょっと下ってとこね...。
ちょっと微妙だし先行きが不安かも...。
そういえば穂乃果と2人で話す事って意外だけと少ないかも...。)」

穂乃果「どったの?」

にこ「ううん、何でもないわ、
そうだ穂乃果今度一緒に買い物にでも行きましょ。」

穂乃果「本当?にこちゃんが誘ってくれる事あんまり無いからうれしいよー。
約束だよ?」

にこ「えぇ約束よ(自分から行く事も大切ね)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

9: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:45:16.04 ID:J5tICZFb.net
凛ちゃん!

14: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:57:01.03 ID:pa2tZNfH.net
ちなみに70から大親友 80からloveだと思っておるよ。

凛「来たにゃあ!」ガチャァァァァアン

にこ「ちょっ、ドア壊さないでよね」

穂乃果「凛ちゃんは元気だねぇ」

凛「ゴメンだにゃぁ」

にこ「もう...って えぇ!?(4!?40じゃなくて4!?1桁じゃないの...!?。
二人目でこれって...にこヤバくない...?
あたし凛に何かしたかしら...。
ここまで嫌いだと買い物に誘うとかそういう次元じゃないわ...。)」

凛「にこちゃん変な顔してどうしたニャ」

にこ「な、何でもないです...(とりあえず次行くわ次)」

凛「気をつけろにゃぁ」


次のメンバーと好感度一つ下↓

15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:57:06.40 ID:yxMdHSfH.net
(・8・)

25: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:13:58.46 ID:pa2tZNfH.net
にこ「にこぉ...」

ことり「ちゅんちゅーん(・8・)」ガチャ

にこ「あらことり...いらっしゃい」

ことり「にこちゃんどうしたの?」

穂乃果「何でだろう?」

りん「さっきから落ち込んでるにゃぁ
めんどくせぇにゃあ。」

にこ「...(40...か、期待はして無かったけどまたまた微妙ね...。
穂乃果同様 一応嫌われてはいないみたいね。)」

ことり「にこちゃん?」

にこ「...ことり、あんたの衣装いつも素敵よね、よかったら今度私も一緒に考えてもいいかしら?」

ことり「チューンもちろんだよ!にこちゃんの意見1回聞いてみたかったんだ~。
約束だよ~?」

にこ「えぇ、私もことりと衣装の事について語ってみたかったしね。(にこはこれくらいじゃめげないわ)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

26: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:14:58.85 ID:USSaYOv8.net
エリー

43: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:37:26.21 ID:pa2tZNfH.net
皆様アドバイスありがとう。
暖かい声に涙がハラショーしてます。
初スレで至らない所もありますがこれからは淡々と投稿してきますね。

にこ「にごぉ(次はどうなるのかしら...)」

ことり「にこちゃん...ちょっと老けた?」

凛「ババァだにゃー」

穂乃果「ファイトだよ!」

絵里「あら、珍しいメンバーね」ガチャッ

穂乃果「あ、絵里ちゃん」

絵里「あら、メガネなんかしてオシャレ
流石にこね。」 (85)

にこ「別になんでもないわよ...って!!」

絵里「な、なによ」ビクッ

にこ「絵里ぃい!!」抱きっ

絵里「ちょっ...いきなりどうしたのにこ...///」

にこ「絵里の事信じてたわよぉおお大好き」スリスリスリ

絵里「な、何の話?、まぁ私もにこの事好きだけど...///」

凛「イチャイチャすんなにゃー」

絵里「してないわよ!!///」

にこ「次行くわ次♪(ん...?でも80以上って...まぁいいや)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

44: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:38:13.12 ID:XCkbM3vt.net
真姫ちゃん

51: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:52:30.15 ID:pa2tZNfH.net
にこ「今のにこは無敵よ」

絵里「...?よく分からないけど流石にこね」

真姫「あら、結構集まってるのね」ガチャッ

にこ「真姫ちゃん(12...。
にこの時代が来たとか思ってたけど別にそんな事はなかったわ。
凛もそうだけど私下級生に嫌われてるんじゃぁ...)」

真姫「なによ」

にこ「真姫ちゃんって...あの」

真姫「は?なに?」

にこ「な、なんでもないです」

真姫「イミワカンナイ」

にこ「(好感度見えちゃうと今までと同じ行動も怖く見えるわ…1桁もそうだけど12も今なんとか出来る数字じゃないわ、次行きましょ次)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

52: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 21:53:00.66 ID:LH+OoLfA.net
かよちん

58: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 22:06:47.17 ID:pa2tZNfH.net
にこ「(やばいやばい後輩からの人望が先輩としての威厳が...)」ダラダラ

花陽「お腹空いたなぁ...」ガチャッ

穂乃果「パンならあるよー」

花陽「んー、パンはいいかな...」

にこ「あら花陽(66...!!よかった...
花陽からは結構慕われてるみたいね。
元々アイドルとかの趣味も会うし)」

花陽「あっ、にこちゃんおはよ~」パァァ

にこ「あんたは可愛いわねもう、可愛いから今度でんでんでん見せたげるわ!」ヨーシヨシヨシ

花陽「エエ゛ホントォ!!にこちゃんありがとう!!」

にこ「一緒に鑑賞しましょ(元気でたとこで次ね)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

59: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 22:07:24.21 ID:oOSOSzHm.net
海未ちゃん

65: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 22:19:19.98 ID:pa2tZNfH.net
花陽「でんでんでん楽しみだなぁ♪」

凛「なんかかよちんとられた気分にゃ...」

海未「おはようございます」ガチャッ

にこ「海未おはよ...(お、驚きの落差...
21...1桁では無いものの結構嫌われてるわね...キツイわぁ)」

海未「にこですかおはようございます。
元気がありませんね。体調管理ができていないのではないのですか?。
昨日も練習で結構ミスがありましたし
気を付けてくださいね。」

絵里「ムッ...体調が悪い事なんて誰にでもあるじゃない、それににこは充分頑張っているわ。」

にこ「え、絵里...いいのよ。(確かに最近練習手を抜いていたかも...そりゃ後輩から慕われてないはずだわ)」

にこ「...海未...ごめんね、最近確かに練習に身が入っていなかったわ私もっとがんばるわ!」

海未「...分かりました。期待していますよ」

にこ「(矢澤にこ手を抜かず頑張るわ)」


次のメンバーと好感度一つ下↓

66: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 22:20:08.00 ID:J5tICZFb.net
うちやんね

80: コジィ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 22:43:05.73 ID:pa2tZNfH.net
にこ「最後は...」

希「のんたん登場!」ガチャッ

にこ「希ね(最後ね...


...100!?100ってMAX!?
これって嬉しいけど逆にどうすればいいのか分からなくなるわ)」

希「にこっち!!おはよう!!」

にこ「お、おはよう」

希「...ちょっとえりち にこっちと距離近くない?」

絵里「え?そんな事無いと思うわァ」

希「絶対近いよ!!そこどいて!!」キィイイイ

絵里「にこの隣は私の物よ!!認められないわぁ!!」キィイイイ

にこ「えええええ(何この状況ていうか両サイドに2人で入ればいいじゃない)」

凛「修羅場だにゃぁ」

穂乃果「ファイトだよ!」

こうして にこは絵里と希にアタックされ続ける毎日と花陽とは仲良く学園生活を送っていったとさ。

にこ「ダレカタスケテー」

終われ



投げやり感ある終わりでやっぱ二番煎じみたいなスレだったけど最後まで見てくれた方ありがとう。
最後に一言
にこのぞえりはいいぞ。

引用元: にこ「好感度が気になるにこ」