1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:09:05.843 ID:7iL3H72i0.net
にこ「半額のお惣菜のどこがいけないのよ!」

凛「だってスーパーのお惣菜って、そんなに美味しくなくないかにゃ?」

凛「凛はそんなの食べるくらいなら、にこちゃん手作りの唐揚げが食べたいにゃ~」

にこ「……なによ、誉めたって何にもでないわよ///」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:10:15.525 ID:7iL3H72i0.net
凛「にこちゃんはお金ないの?」

にこ「ストレートに失礼なこと聞くわね……」

にこ「グッズ買いたいから、節約してるのよ」

凛「じゃあ、凛が550円でお腹一杯食べられるラーメン屋に招待してあげるにゃ」

にこ「どぉせ日高屋でしょ?」

~~~~~

にこ「えっ!?替え玉無料なの!?すごいすごい!今度ちび達も連れてこないと!」キャッキャッ

凛「はしゃぎすぎにゃ~」ズルズル

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:11:55.419 ID:7iL3H72i0.net
凛「にこちゃん、ラーメン屋行くにゃ~!」

にこ「またあんたのオススメのお店?楽しみにしてるわ!」

凛「じゃあ、今度の週末ね。あ、ボリュームあるから朝ごはんは食べないで来てね!」

にこ「朝食抜きなんて感心しないけど……ま、たまにはいいわよね」

~~~~~

「豚野郎のお客さまー」ドン

凛「♪」

にこ「」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:12:58.478 ID:7iL3H72i0.net
凛「にこちゃん、またラーメン屋に招待するにゃ~」

にこ「はぁ?イヤよ!」

にこ「あんたのせいで、こないだの週末は散々だったんだからね!」

凛「……そっかー」シュン

にこ「まったく、あんなのばっかり食べてたら糖尿病になっちゃうわよ?」

にこ「このにこがあんたのためにラーメン作ってあげるから、それで我慢なさい」

凛「!」

~~~~~

凛「素朴な味にゃ~」ズルズル

にこ「黙って食べなさい」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:14:57.711 ID:7iL3H72i0.net
凛「にこちゃん、今日はみんなと寄り道しないの?」

にこ「スーパーで卵が大安売りなのよ。あとモヤシも買わないと」

凛「にこちゃんは女子というより主婦だにゃ~」

にこ「何よ、からかって」

にこ「せっかくあんたのために、またモヤ玉ラーメン作ってあげようと思ったのにな」

凛「!」

にこ「ハムはのせる?」

凛「のせる!」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:16:14.462 ID:7iL3H72i0.net
凛「♪~」ズルズル

凛「ごちそうさまです!」ドン

にこ「凛、いい加減にラーメンの汁を飲むのやめなさいよ」

凛「どうして?」

にこ「そんなもの、身体に悪いわよ。不健康な食生活は美容の大敵なのよ」

凛「……そんなの?」カチン

凛「にこちゃんはわかってないにゃ」

凛「ラーメンはスープが命なんだよ!残すなんてとんでもないよ!」

凛「にこちゃんの発言は、ラーメンに対する侮辱だよ!」

にこ「なっ……私はあんたの身体を思って言ってんのよ!素直に聞きなさいよ!」カチン

凛「しゃーっ!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:18:20.873 ID:7iL3H72i0.net
凛「にこちゃんは全然わかってないよ!」

花陽「でもね、凛ちゃん」

花陽「にこちゃんは、凛ちゃんのことが心配で言ってくれたんだよ」

花陽「にこちゃんは、凛ちゃんのことが大切なの」

凛「!!」

花陽「凛ちゃんも、歩み寄ってくれると嬉しい」

凛「うぅ……でも///」



凛「そうだ!」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:20:07.485 ID:7iL3H72i0.net
凛「麺とスープを一緒に食べるからいけないんだよ!」

凛「スープをとっておいて、別な機会にご飯にかけて食べれば」

花陽「凛ちゃん」



花陽「やめて?」

凛「!?」ゾクッ

花陽「それだけは、やめて」

凛「……は、はい」

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:21:16.698 ID:7iL3H72i0.net
にこ「ふん、凛の意地っ張り!」

にこ「もうあんなヤツ、知らないんだから!」

真姫「意地っ張りはお互い様でしょ?」

にこ「私は真面目に凛の身体を心配してんの!」

真姫「あっそ」

真姫「……大丈夫よ、あの子はそのうちわかってくれるわ」

にこ「……ありがとう」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:21:53.869 ID:7iL3H72i0.net
にこ「うーん、むむむ……」

真姫「真剣ね。学校の勉強もそれくらい熱心だったらいいのに」

にこ「茶化さないで!」

真姫「ほら、あれ」

真姫「あれを作ってあげたら、喜ぶんじゃない?」

にこ「!!」

にこ「すごいすごい!真姫ちゃん天才!ありがとう!」

真姫「そ、そんなでもないわ」カミノケクルクル

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:24:18.254 ID:7iL3H72i0.net
後日……

にこ「凛」

凛「にこちゃん……この間は、ごめんね」

にこ「いいのよ、わかってくれれば」

にこ「また私のご飯、食べてくれる?」

凛「食べたいにゃ~!」

にこ「よかった、そう言ってくれて……」


にこ「今日は汁無し担々麺よ!」



おしまい

引用元: 凛「あー、にこちゃん。スーパーで半額の惣菜買ってるにゃー!」