2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:57:31.05 ID:o8cUtUyf.net
千歌「さむっ!?」

ダイヤ「さすがに12月は冷えますね……」

千歌「あ、でも手を繋ぐのにすごくちょうど良くないですか?ほら」

ダイヤ「何かどこかの歌に聴いたようなフレーズですわね?」

千歌「そんなことどうでもいいじゃないですか、あったかいし」

3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:57:57.78 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「そうですわね」

千歌「あ、そうだダイヤさん?」

ダイヤ「はい?」

千歌「はい、メリークリスマス!」

ダイヤ「少し早くありません?」

千歌「だってクリスマスお互い忙しいじゃないですかー。2人で会える時間もそんなないし今のうちにってことで」

4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:58:24.50 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「まあそういうことでしたら……ありがたく頂戴しますわ。中身は何ですの?」

千歌「開けてみれば分かりますよー」

ダイヤ「あら、これは……素敵ですわね」

千歌「万年筆です。ちょっと奮発して買ってみました、どうですか?」

5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:59:08.51 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「ええ……とっても素敵だと思いますわ。ありがとう」

千歌「うへへ、喜んでもらえたなら良かったです」

ダイヤ「でも……私の方は何も用意してませんでしたわ」

千歌「別に良いですよー、この手の温かさを少し分けてくれるだけで私は幸せです」

6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:59:41.80 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「でも……ええ、そうですわね。今はそういうことにしておきましょう」

千歌「素直でよろしい」

ダイヤ「貴女ね……」

千歌「……はー、冬が開けたらダイヤさんも卒業なんですよね」

ダイヤ「そうですわね」

7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:00:20.87 ID:o8cUtUyf.net
千歌「もう1年高校生やる気ないですか?」

ダイヤ「ありません」

千歌「ぶー」

ダイヤ「人の将来をなんだと……」

千歌「もしくは私がもう1年早く生まれてればなー……一緒に卒業できて楽しかったのに」

8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:00:49.87 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「素直でよろしい」

千歌「ぶー……」

ダイヤ「ほら、そんなしんみりした顔は似合いませんわよ?貴方がクリスマスと言ったんですもの、もう少し幸せそうにしていないと」

千歌「……はいっ」

9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:01:29.29 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「Aqoursでクリスマスは……やはり部室で行うのですかね?」

千歌「鞠莉さんあたりが少し奮発しそうですけどね」

ダイヤ「あの子は本当……やることが全部金持ちの道楽そのものというか……付き合う身にもなってもらいたいものですわね」

千歌「あはは、伊勢海老とか普通に出してきた時はびっくりしましたね」

10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:02:07.67 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「クリスマスが終われば次は初詣ですか。千歌さんは毎年どうなさっていたのです?」

千歌「いつもは曜ちゃんと果南ちゃんと3人で行ってましたけど、今年はAqoursの皆で行きたいですね」

ダイヤ「良いですわね。ルビィも喜びそうですわ」

千歌「その後はしばらくイベントごとってないですね」

11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:03:26.99 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「バレンタインが次ですか?」

千歌「とびきりのチョコ用意しておきますね!」

ダイヤ「楽しみにしておきますわ」

千歌「あーっ、ダイヤさんもちゃんと用意してくださいね?女の子なんですから」

ダイヤ「も、もちろん!」

12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:03:53.00 ID:o8cUtUyf.net
千歌「で……その後は……」

ダイヤ「……千歌さん?」

千歌「……」

ダイヤ「……もう、そういうのはダメって言ったでしょ?」

千歌「分かってますけどぉ……!」

13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:04:19.21 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「ああもう、ほら……おいで?」

千歌「分かってるんですけどぉ……!やっぱり寂しいですぅ……」

ダイヤ「卒業しても別に離れ離れになるわけじゃありませんわよ?」

千歌「それも分かってます……」

15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:04:51.78 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「泣いたりしたら怒りますわよ?」

千歌「……泣いてないです」

ダイヤ「……嘘つき」

千歌「……うぅ」

ダイヤ「はあ、もう……千歌さんったら」

16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:05:29.20 ID:o8cUtUyf.net
千歌「……なんて、びっくりしました?」

ダイヤ「……は?」

千歌「騙されましたね?私の泣き真似、上手かったですか?」

ダイヤ「……も、もう!歳上をからかわないで下さい!」

千歌「分かってますって……卒業しても離れ離れになんてならないし、なりたくもない……なるつもりもありません」

17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:06:01.25 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「……はい」

千歌「なので、覚悟して下さいね、ダイヤさん?」

ダイヤ「……はい、心得ていますわ」

ダイヤ(そう言う千歌さんの目が少しだけ腫れてしまっていたのは、その強がりに免じて内緒にしてあげましょう……私も少し、泣いてしまいそうだったので)

18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:07:22.22 ID:o8cUtUyf.net
千歌「……あ、そうだ!いっこ今のうちに欲しいプレゼントありました!」

ダイヤ「何でしょう?」

千歌「それはですね……ダイヤさんのー」

ダイヤ「唇、ですの?」

千歌「あ……はい、当たりです……」

19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:07:48.42 ID:o8cUtUyf.net
ダイヤ「……もう、そこで照れないで下さい」

千歌「ダイヤさんこそ分かってるなら言わないで下さいー!」

ダイヤ「……ふふ」

千歌「……えへへ」

ダイヤ(それでもやっぱり、貴女には笑顔が似合いますわ……これも内緒ですけど)

20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:08:15.51 ID:o8cUtUyf.net
これにておしまい

年の終わり、別れの始まり、出会いの終わり

そんなテーマでした
ありがとうございました

引用元: 千歌「今日は2人で!」ダイヤ「少し早めのクリスマス、ですわ」