1: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:05:47 ID:gz2Z

周防桃子「こんにちは。周防桃子です」

桃子「この番組は、趣味や特技・好きなことが共通する人で集まって、トークする番組です」

桃子「桃子も誰が来るか、何の話をするのかは、まだわかっていません」

桃子「はたして、誰が来るでしょうか」

2: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:09:35 ID:gz2Z

桃子「……何?」

桃子「ちょっと嫌なんだけど。その、丁寧語も出来るんだ、みたいな反応」

桃子「出来るのは当たり前。台本も貰ったし、桃子を何だと思ってるの?」

桃子「これまでありとあらゆる役を演じてきたんだから。このくらい余裕だよ」

コンコンコン

桃子「……はい、どうぞ」

ガチャ

3: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:10:20 ID:gz2Z

北沢志保「なるほど、桃子ね」

桃子「志保さん……荷物はないの?」

志保「……そうね。ホットケーキではないわ。残念だけど」

桃子「べ、べつに、残念じゃないから」

志保「そう。テーマはこちら」

4: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:10:59 ID:gz2Z

《演技や台詞の暗記×記憶力》

桃子「うん、特技だね」

志保「そうね」

5: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:12:57 ID:gz2Z

桃子「たしかに同じようなものだけど……志保さんの記憶力って、台詞じゃなくても良いの?」

志保「どうかしら。あまり意識したことはないわ」

桃子「例えば電話番号とか、他人の名前と顔とか」

志保「その辺に差はあるの?」

桃子「あるよ。文字、数字、写真……全然違うよ」

志保「そうなのね。そんなに変わらないと思うけど」

桃子「それはすごいことだと思うよ」

6: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:16:05 ID:gz2Z

志保「桃子はいろいろは覚えられないの?」

桃子「そういうことじゃないけど……演技や台詞って、流れとかバックグラウンドがあるよね」

志保「そうね」

桃子「だから、その人物になりきれば、勝手に入ってくるよね」

志保「わかるけど、大変じゃない? 特に求められるイメージと違った場合とか」

桃子「大丈夫。それこそ、今までいろんな役をやってきたから。引き出しは多いよ」

志保「たしかに。流石桃子ね。まだ私はそこまでいろんな役はできないから」

7: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:17:07 ID:gz2Z

桃子「そう? 志保さんも猟奇的な役とか、ハーレムのヒロインとか、育の妹とか、小学生メイドとか」

志保「ちょ、ちょっと待って。なんで小学生メイドを知ってるの?」

桃子「お兄c……プロデューサーの額にヘンタイって書かれた跡があったから、理由を聞いたんだよ」

志保「ああ……その点に関しては少し悪いと思ってるわ」

桃子「1ミリも思わなくていいよ」

志保「……そう、ね」

8: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:18:02 ID:gz2Z

桃子「話を戻すけど……そういう、流れとかがないものを覚えるのって、どうしたらいいかな?」

志保「そうね……基本はやっぱり回数。繰り返しやること」

桃子「それは、そうだけど」

志保「あとはゴロや、音楽に乗せて覚えやすい工夫をするとか……あと、テストの暗記だとただ読んだり書いたりするんじゃなくて、一回隠す」

桃子「隠すの?」

志保「ただ読むだけ、書き写すだけだと、覚えてるかわからないから、隠してそのワードがちゃんと出てくるか確認するのよ。それで間違えたら印象にも残りやすいし」

桃子「なるほど……」

9: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:19:13 ID:gz2Z

志保「まぁ、勉強の話は星梨花に聞いた方が良いかもね。学年1位らしいし」

桃子「え!? 本当!?」

志保「本人から聞いた話だけど。嘘はつかないと思うから」

桃子「いつも、知らない、教えてって言ってるイメージだったから……びっくりした」

志保「世間一般のことには疎いからね。好奇心旺盛でもあるし」

10: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:20:41 ID:gz2Z

志保「桃子は台本をどうやって覚えるの?」

桃子「どうって……入れるだけだよ」

志保「ひたすら読むとか?」

桃子「それはそんなに、かな。全体を読んで、キャラやシーンをイメージして、頭の中で動かして……そうしたら、台詞って勝手に出てくるよね?」

志保「そう? それは普通にすごいことだと思うけど」

桃子「桃子は芸歴長いから、慣れたら出来るよ」

志保「……そうなら良いわね」

11: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:21:27 ID:gz2Z

桃子「でも、何回読んでも入らない時もあって、その時は大変だったよ」

志保「いろいろな役をやってるけど、どんな時?」

桃子「……言えない、かな。お仕事の幅、せまくしたくないし」

志保「なるほど。プロね」

桃子「どんな役でもやるから。年齢を重ねたら、大人の役だって出来るようになると思うし」

12: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:21:55 ID:gz2Z

志保「……そういう意味だと、私は小学生メイドは遠慮したいかな」

桃子「それはやらせる方が悪いよ。あ、でも、育の妹役はやってたよね?」

志保「そうね。でも、育お姉ちゃんはすんなり受け入れられたわ」

桃子「……わかるかも」

志保「ね、不思議だけど」

13: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:22:25 ID:gz2Z

桃子「もう終わり? あ、もう、こんな時間」

志保「新しい台本……というか、紙ね」

桃子「……うん、OK」

志保「読んでもいいみたいだけど、覚えるのね」

桃子「このくらいなら一瞬だよ。じゃあ締めるね」

14: 名無しさん@おーぷん 24/03/05(火) 22:22:48 ID:gz2Z

桃子「まだまだ話したいことはありますが、今日はこの辺でおしまいです」

桃子「次回はまた他の人にMCを引き継いで、好きの気持ちを語ってもらおうと思います」

桃子「それでは、次回をお楽しみに」

桃子志保「バイバイ♪」

おわり

引用元: 周防桃子「好きの気持ち」