1: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:03:57.38 ID:V/hrbwgDO
※某聖帝様とは何の関係もありません
※いつものメンバーとはちょっと違います


前回【巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「49回目です」】 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470402235

2: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:07:19.00 ID:V/hrbwgDO
ありす「ラジオネーム【鬼殺し】さんから」


――――――――――――――――――――


遂に楓さんがゲストになると聞いたので


お酒を片手に聞こうと思います


――――――――――――――――――――


ありす「何でリスナーまでお酒を飲もうとしてるんですか?」

3: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:08:44.04 ID:V/hrbwgDO
巴「50回目の放送、パーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


愛梨「同じく十時愛梨ですよー」


巴「気のせいか知らんが楓姐さんや志乃姐さんのファンは酒飲みばっかりじゃないかの?」


愛梨「あー…否定出来ない」


ありす「ある意味トレードマークみたいな所がありますから…もう覆せないでしょうね」


愛梨「友紀ちゃんならまだ野球があるんだけどね…」


ありす「そういえば今回の冒頭は長男か親父さんだとばかり思ってましたけど…」


――――――――――――――――――――


普通に来てませんでしたよ?


――――――――――――――――――――


愛梨「前回は次男さんのレシピだったのに?」


巴「珍しい事もあるもんじゃの…」

4: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:11:17.90 ID:V/hrbwgDO
巴「…で、すっかり流す所じゃったが何で大師匠がここに居るんじゃ?」


ありす「あ、何か違和感があると思ったら…」


巴「気付いとらんかったんか?」


ありす「恥ずかしながら…」


愛梨「今回はかな子ちゃんの代理だよ?」


ありす「そういえば先生は今南国に行ってましたね…」


巴「狂った様にダイエットしとったっけな…無駄じゃとは思うが」


愛梨「うわぁ酷い」


ありす「というか大先生が相手じゃ勝てる気がまったくしないんですけど…」


――――――――――――――――――――


今回は愛梨ちゃんが臨時パーソナリティーなのでいつものコーナーはお休みで
代わりにまた愛梨ちゃんにお菓子を作って頂きました


――――――――――――――――――――


ありす「安心しました」


愛梨「私は別に勝負しても良かったんだけど」


巴「師匠にも勝てんのに大師匠に勝てる訳がないじゃろが…」

5: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:13:03.78 ID:V/hrbwgDO
巴「それじゃゲストを呼ぶかの」


ありす「今回のゲストはこの方です」


http://youtube.com/watch?v=CyckJW-zskw&itct=CCIQpDAYASITCJ6ajO75nc4CFQl-WAodHNkJRFIM44GT44GE44GL44Gc&gl=JP&client=mv-google&hl=ja



ありす「この曲が流れるとは思ってました…」


巴「問題はもう1人じゃが…」


瑞樹(ハイライトOFF)「私よ」


ありす「ナレーションの川島さん!?」


楓「そして私ですよ」


愛梨「うん知ってた」


瑞樹「(今回はイチゴ料理がないのがせめてもの救いね…)」


楓「今回はイチゴ料理がないと聞いたから喜んで来ました」キリッ


瑞樹「せめてオブラートに包みなさい!」


愛梨「えっと…CMですよー」


楓「この番組は清澄高校麻雀部の提供でお送りします」


瑞樹「仕事取られた!」

6: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:15:55.88 ID:V/hrbwgDO
巴「改めてパーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


愛梨「同じく十時愛梨です」


楓「ゲストの高垣楓です」


瑞樹「普段はナレーションの川島瑞樹よ」


楓「最初は質問から…だったかしら?」プシュッ


愛梨「そのビール一体何処から出したんですか?」


楓「秘密です」


瑞樹「はいビールは没収」


楓「ああん…酷い」ヨヨヨ…


瑞樹「油断も隙もないわね…」


巴「脱線する前にチャッチャと進めた方が良さそうじゃな…」

7: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:17:33.38 ID:V/hrbwgDO
ありす「えっと…まずはラジオネーム【マッコリ】さんから」


楓「マッコリ…キムチ鍋食べたい」


瑞樹「はいはい、仕事終わったらね」


――――――――――――――――――――


楓さんに質問です


禁酒と禁温泉するならどっち?


――――――――――――――――――――


楓「両方無理(0,01秒)」


ありす「即答ですか…」


楓「どっちも禁止なんて…出来る筈がありません」


瑞樹「何でこれで毎回上位に着けるのかしらね…」


巴「謎じゃ…」


愛梨「私が1度でも抜けられたのはどうしてでしょう?」


ありす「考えても答えは出ないと思いますよ?」

8: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:21:11.89 ID:V/hrbwgDO
巴「次はラジオネーム【ウメッシュ】さんからじゃ」


楓「梅酒…うめーチーカマ食べたい」


瑞樹「終わってからよ」


――――――――――――――――――――


川島さんに質問です


ほぼ毎回ナレーションとしてゲストの悲惨な姿を見てるとどんな気分になりますか?


――――――――――――――――――――


瑞樹「最悪な気分ね…というかアレ見て喜ぶのは時子ちゃんぐらいよ」


愛梨「分かります…」


ありす「イチゴ料理食べてるだけでどうして時子さんが喜ぶんですか?」


巴「謎じゃな」


愛梨「…(かな子ちゃんも口に出してない事を下手に言ったら駄目だよね…)」


瑞樹「…(私が言っても頑なに否定するだけよね…)」


楓「かな子ちゃん…頑張って」プシュッ


瑞樹「だから何処から出したのよ!没収!」


楓「ああ…おさけが」シクシク

9: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:22:42.34 ID:V/hrbwgDO
愛梨「次はラジオネーム【黒龍】さんから」


楓「日本酒…もう無理…呑みたい」


瑞樹「まだ駄目だってば!」


――――――――――――――――――――


2人に質問です


酔いながらデュエルは出来ますか?


――――――――――――――――――――


楓「私はカードゲームやってませんよ…」


ありす「確かにやっているイメージはありませんでしたけど…」


瑞樹「楓ちゃんはデュエルに誘ってもカード代全額お酒に代わっちゃうもの…」


楓「だって…カード1枚分のお金で日本酒が一升半も買えるんですよ?」


愛梨「お酒算!?」


巴「そういや瑞樹姐さんはやっとるんか?」


瑞樹「付き合い程度だけどね…使ってるデッキはヴェルズよ」


ありす「あのレベル5以上を封殺するカテゴリーですか…」


愛梨「ガチ族にもまだまだ愛されてるカテゴリーだね」


瑞樹「やるからには負けたくないし…愛梨ちゃんには昨日ワンキルされたけど」


ありす「何それ怖い」

10: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:24:27.36 ID:V/hrbwgDO
ありす「最後にラジオネーム【ピニャコラーダ】さんから」


楓「ぴにゃこら太…美味しいんでしょうか?」


瑞樹「みちるちゃんに聞きなさい」


――――――――――――――――――――


2人に質問です


いつもどんなお店に呑みに行きますか?


――――――――――――――――――――


楓「お酒が呑めるなら何処にでも行きますよ」


瑞樹「食○ログに出てたからって他県まで行こうとしたりもしてたわね…全力で止めたけど」


楓「だってそのお店はウサミン星から近かったから遅刻の心配もないし」


愛梨「うわぁ…菜々さんが寝てたらどうするつもりだったんですかね」


瑞樹「その日は菜々ちゃん事務所に泊まってたわよ」


ありす「(ああ…お兄ちゃんの家に集まる日だったんですね)」


巴「そりゃ止めなきゃいかんわ…」

11: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:25:55.60 ID:V/hrbwgDO
巴「質問はこれで終わりじゃな」


楓「変わった質問ばっかりでしたね…」


瑞樹「いつもの事よ…自分で答える日が来るとは思わなかったわ」


愛梨「まさかナレーション引き受けたのはこれを回避する為だったんですか?」


瑞樹「むしろイチゴ(料理)を回避したかったのよ…ダイエット中だったから」


巴「成程…確かに糖分は少なくないからの」


愛梨「(流石川島さん…ちゃんと言葉を選んでますね)」


ありす「では次のコーナー…帰ってきた【ストロベリープリンセス】」


愛梨「今回は【イチゴのカクテル】を作って来ましたよ」


楓「カクテル…お酒!」ガタッ


瑞樹「ちょっ!ちゃんと座りない!」


巴「何故か嫌な予感がするんじゃが…」

12: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:27:18.65 ID:V/hrbwgDO
愛梨「材料はこちらですよー」


――――――――――――――――――――


イチゴのカクテルの材料
飾り用のイチゴ(1人1個)
イチゴ果汁(1パック分)
ブラッドオレンジの果汁(1個分)
ヨーグルト(大さじ2)
練乳(小さじ1)


※ラム酒(大さじ4)
※ヨーグルトリキュール(大さじ2)


――――――――――――――――――――
※はなくてもいい


愛梨「まずシェイカーを氷で冷やしながら練乳以外の材料を全部入れて、水滴が浮かぶまで放置」


愛梨「シェイカーが冷えたらバーテンダーみたいに素早く振ります、最低でも300回は振りますよ」


愛梨「しっかりと振ったらワイングラスに注いで、練乳を垂らしてイチゴを乗せれば出来上がり」


楓「カクテルなのにお酒が入ってない!」ガーン


愛梨「大丈夫ですよ、ここでちょっと手順を戻して…」


愛梨「300回振った後でラム酒とリキュールを加えて更に100回振りまして…同じ様に仕上げれば大人向けのイチゴカクテルです」


楓「わぁい」


瑞樹「まあこれぐらいなら大丈夫ね…」


愛梨「おかわりはありませんからね、念のため」


楓「えー」

13: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:29:04.95 ID:V/hrbwgDO
巴「それじゃ試食じゃ」


全員「頂きます」


楓・瑞樹「」ゴクゴク


楓「あぁ…美味しい」


瑞樹「ラム酒とイチゴって相性いいのね…知らなかったわ」


愛梨「単品じゃあまり良くはないですけど、ヨーグルトを一緒にすると不思議と美味しくなるみたいですよ」


愛梨「今回は味見する訳にはいかなかったからレシピ通りにしか出来ませんでしたけど…」


瑞樹「成程…」


楓「そういえば愛梨ちゃんはまだ未成年でしたね…」


ありす「でもお酒がなくても美味しいです」


巴「確かに」


愛梨「因みにシェイカーがなくてもペットボトルで代用可能ですよ」


巴「帰ったら試してみるかの」


ありす「やっぱり大先生のイチゴ料理も美味しいです…【ストロベリープリンセス】のコーナーでした」

14: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:30:14.39 ID:V/hrbwgDO
巴「あっという間にエンディングじゃ」


瑞樹「(平和に終わって良かった…)」


楓「イチゴ料理がなかったから平和に終わって良かったです」


瑞樹「だからオブラートに包みなさいって言ってるでしょ!」


ありす「え…えっと」


愛梨「(川島さんのツッコミが激しいせいかありすちゃんが言いたい事言えなくて悶々としてる…カワイイなぁ)」


巴「とりあえず最後にまたメールを紹介するぞ…ラジオネーム【菊正宗】さんからじゃ」


楓「おさけー」


瑞樹「あと少しで終わるから我慢しなさい!」


――――――――――――――――――――


愛梨ちゃんのイチゴスイーツが美味しそうで見てるだけなのが辛い…


てっきり楓さんとありすちゃんのを間違えて配るかと思ったらそんな事はなかった


――――――――――――――――――――


愛梨「流石にそれを間違えたりはしませんよ?」


巴「酒呑んでいい歳じゃないからの…間違ったら問題じゃ」


瑞樹「ワカルワ…」


楓「美味しいから大丈夫です」キリッ


瑞樹「大問題よ!」


ありす「というかそれは先生のセリフです!」

15: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:31:43.98 ID:V/hrbwgDO
愛梨「最後にラジオネーム【モルツ】さんから」


瑞樹「何でさっきからラジオネームがお酒の名前ばかりなのよ!?」


楓「おさけー…」グスン


――――――――――――――――――――


酔っ払ったお嬢とありすちゃんが見たいです(直球


それはそうと愛梨ちゃんイチゴのコーナーから顔が真っ赤ですけど熱でもあるんでしょうか?


――――――――――――――――――――


瑞樹「そういえばさっきから違和感があると思ったら」


愛梨(酔)「えー?いつも通りですよ?」


楓「あら、愛梨ちゃんのカクテル…ペロッ、やっぱりお酒入ってる」


――――――――――――――――――――


しまった!
スタッフ用のカクテルと愛梨ちゃんの分を間違えたぁ!


――――――――――――――――――――


巴「何やっとるんじゃスタッフーっ!」


瑞樹「まあ…他の2人じゃなくて良かったと思いましょう」

16: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:32:59.80 ID:V/hrbwgDO
巴「といった所で終了じゃ」


巴「お相手は村上巴と」


ありす「橘ありすと」


愛梨「十時愛梨とー」


楓「高垣楓と」


瑞樹「川島瑞樹でした」


ありす「所で酔っ払ってしまった大先生はどうしたらいいんでしょうか?」


楓「酔いを覚ますならより多くのお酒を呑めば解決しま」


瑞樹「悪化させてどうするのよ!スタッフ早く氷水持って来なさい!」


――――――――――――――――――――


イエス、ユアハイネス!


――――――――――――――――――――


巴「やっぱりこうなったか…」


ありす「巴さんの嫌な予感ってこれだったんですね…」

17: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:35:41.99 ID:V/hrbwgDO
~終了後~


巴「お疲れじゃ」


ありす「お疲れ様でした」


愛梨「お疲れ様でーす」


楓「お疲れサマー…フフッ」


瑞樹「お疲れ様…本当に疲れたわ」


巴「普段から楓姐さんの世話にどれだけ苦労しとるのかが良く分かったわ…」


楓「それ程でもないです」


瑞樹「褒めてないわよ!愛梨ちゃんは下手に歩かせない方が良さそうだしタクシー呼んでおくわね」


ありす「(もし巴さんが酔っ払ったらどうなったのか…気になりますね)」


巴「(何故かいつもの悪寒と嫌な予感が…)」ゾクッ


愛梨「あー…何だかいい気持ちですー」モゾモゾ


巴「ちょ待っ!ここで脱いだらいかん!」


―衣服はお嬢とありすが全力で死守しました

18: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/08/05(金) 22:36:46.70 ID:V/hrbwgDO
~翌日・事務所~


愛梨「あたまいたぁい…」ズキズキ


瑞樹「二日酔いね…ワカルワ」


楓「二日酔いには迎え酒…志乃さんも言ってます」


瑞樹「それは今1番アテにしちゃいけない人でしょ!」


ありす「それならお味噌汁を」


菜々「ナナが作りますから!ありすちゃんはレッスンがありますから!」



引用元: 巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「50回目です」