2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:11:23.39 ID:acCvle1H.net
善子「だったらここは堕天使ヨハネにお任せ!」

果南「お、お手柔らかにね?」

善子「じゃあまずは・・・ヨハネと同じリトルデーモンヘアに・・・!」

果南「お、髪を束ねないでワンポイントにお団子つけてくれたんだ。へー」

善子「ちょっと!!最後まで話を聞きなさい!!」

果南「あはは・・・でもこれでよっちゃんとお揃いだね」

善子「へ?」

果南「こう見ると姉妹みたいじゃない?」

善子「あ、ほんとだ」

3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:12:10.22 ID:acCvle1H.net
かなよし「・・・・・・」

善子「・・・でも姉妹って言うのはちょっと嫌だなぁ・・・」

果南「ん?」

善子「ふえ!?///な、なんでもないわ!なんでも・・・///」
 
 
 
善子(な・・・なんでだろ・・・なんでこんなことを・・・)
 
・・・ドッドッドッ・・・
 
善子(すごく・・・心臓がバクバクする・・・)
 
 
 
 
 
 
果南(・・・・・・)
 
・・・トクンッ・・・

4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:13:30.25 ID:acCvle1H.net
果南「それじゃ次いこっか。次は・・・私とお揃いのポニーテール!」

善子「・・・ますます果南と同じね・・・」

果南「あはは、確かにそうだね。私たち髪の長さも近いしさ」
 
 
 
ガラッ
 
 
 
曜「おはよーそろー!あれ?果南ちゃん、善子ちゃん、なにやってるの?」

善子「ヨハネ!」

果南「いやー、ちょっと暇だったから髪型入れ替えて遊んでたんだよ」

曜「なるほどーそれで善子ちゃんがポニーテールになってたんだ!」

5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:16:03.47 ID:acCvle1H.net
曜「そういえばさ、最近果南ちゃんと善子ちゃん、すっごく仲がいいよね?」

善子「そう?」

曜「最近毎日のように一緒にいるよね?」

果南「まぁ・・・ね。仲良くなりたいなーって思ってたからねぇ」

善子「べ、別にヨハネは・・・ま、まんざらでも・・・ないんだけど・・・」ゴニョゴニョ

曜「・・・ふーん・・・?」ニヤニヤ

善子「な、なによぉ!!」

果南「・・・曜?」

曜「ところで善子ちゃん」

善子「だからヨハネだってば!!」
 
 
 
 
 
 
曜「私もよっちゃんって呼んでいいかな?」

善子「え?」

果南「へ?」

7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:17:15.74 ID:acCvle1H.net
曜「やっぱり私ももっと仲良くなりたいしさ」

善子「う・・・うーん・・・別に構わないけど」

果南「・・・!」
 
 
 
ズキッ

8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:17:53.19 ID:acCvle1H.net
曜「やった!それじゃ今日からよっちゃんって呼ばせてもらうね!・・・ん?果南ちゃん、どうしたの?」

果南「へっ?い、いや・・・なんでも・・・ない・・・」

善子「?」

曜「???」
 
 
 
 
 
 
果南(なんだろ・・・別によっちゃんと曜が仲良くなってもいいはずなのにさ・・・)

果南(なんかモヤモヤするし、複雑な気持ちになる・・・なんでだろ・・・)

果南(・・・うーん・・・確かによっちゃんのことは好きだけど、友達としてだし・・・それ以上の感情なんて・・・)

9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:18:59.37 ID:acCvle1H.net
果南(・・・・・・)
 
 
 
果南「・・・・・・ん?」ポクポクポク・・・
 
 
チーン
 
 
果南「!?!?!?///」ボンッ

ようよし「!?」

果南「あ、あー!!そうだ!!今日ダイビングショップのお手伝いがあったんだった!!そうだそうだ!!」

果南「と言うわけで早上がりするね!!」ピューン

善子「あ!果南!!・・・行っちゃった・・・」

曜「・・・?」

10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:19:40.57 ID:acCvle1H.net
ハァッ・・・
  ハァッ・・・

ハァッ・・・
 
 
 
 
 
 
果南「・・・だ、だから・・・違うんだってば・・・」

果南「あー・・・もう・・・なんでよっちゃんのことが頭から離れないんだよぉ〜・・・」

果南「・・・うん、疲れてるんだ・・・そうだ・・・」

果南「・・・帰って寝よう・・・」

11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:21:22.29 ID:acCvle1H.net
 
 
 
ピピピ・・・ピピピ・・・
 
 
 
果南「う・・・ん・・・あ、朝・・・かぁ・・・」

果南「・・・」ドヨォ〜ン

果南「・・・全っ然眠れなかった・・・寝ても覚めてもよっちゃんのことがちらついてくるし・・・」

果南「・・・」

果南「・・・・・・学校・・・行かなくちゃ・・・・・・」

13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:21:57.02 ID:acCvle1H.net
---------
------
---

ダイヤ「おはようございます、鞠莉さん、果南・・・さん・・・?」

鞠莉「チャオー☆ダイヤ、かなー・・・ん・・・?」

果南「・・・・・・」ボー・・・

ダイヤ「あ、あの、果南さん?おーい?」

果南「へ?あ、あぁ、おはよう、二人とも」

鞠莉「んー・・・果南・・・さては・・・」

果南「んー・・・?うわっ!?」

鞠莉「やっぱり・・・昨晩夜更かししたでしょ?それに朝ごはんも食べてないみたいだし・・・顔色悪いよー?」カナンノカオグニグニ

ダイヤ「確かに・・・目の下にすごいクマができてますわよ?」

果南「あ、あはは・・・」
 
 
 
「かなーん!」

16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:22:56.81 ID:acCvle1H.net
果南「!」

善子「果南!おはよう!」

果南「おはよう、よっちゃん」ニコッ

善子「・・・あ、果南、もしかして夜更かしした?」

果南「え?な、なん・・・」

善子「目の下にすごいクマが出来てるじゃない!ちゃんと寝なきゃダメよ?」

果南「そ・・・そんなこと言ってもさ・・・」

善子「何?」

果南「・・・よっちゃんだって目の下すごいクマが・・・」

善子「へ!?」
 
 
 
かなよし「・・・・・・」

17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:23:39.90 ID:acCvle1H.net
善子「こ、これは!そう!!堕天使に夜はないのよ!それに闇を纏うことによって顔にその印が・・・!」

果南「素直に寝てないっていいなよ・・・」

善子「う、うるさい!!」
 
 
 
ダイヤ「・・・行きましょう・・・朝からバカップルになってますわ・・・」

鞠莉「・・・そうねー、お邪魔者は退散しまショー☆」

かなよし「「誰がバカップルだって!?」」

花丸「バカップルずら」

ルビィ「バカップルだね」

果南「花丸ちゃん!?ルビィちゃん!?」

花丸「最初からいたずら」

18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:24:42.25 ID:acCvle1H.net
---------
------
---

-時は遡って前日の帰りのバスの中-

善子「・・・うーん・・・果南のあの態度は一体何だったのかしら・・・」

曜「よっちゃん?どうしたの?」

善子「え?あ、いや、なんでもないわよーなんでもー」

曜「ふーん・・・」

善子「それにしてもさ、果南ってデリカシーがないというか、配慮がないというかさ・・・」

曜「え?」

善子「髪型交換した時もまるで姉妹みたいだとかさ・・・勝手に人のこと妹扱いしてくるのよ?」

曜「え・・・えぇっと・・・」

善子「この間風邪引いた時も・・・おまけに自分が風邪引いてまるでヨハネが移したみたいじゃない!すごく心配したんだから!」

曜「よっちゃん」

善子「何?」
 
 
 
曜「よっちゃんって果南ちゃんのこと、大好きなんだね」

19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:25:28.95 ID:acCvle1H.net
善子「・・・・・・」
 
 
 
善子「・・・え?」
 
 
 
善子「うっへええあえあえあえああああああああああああ!?!?!?!???!!!!?」

曜「ちょ、車内じゃ静かに・・・」

善子「そ、そんなことない!か、果南は大事なメンバーでお友達で、リトルデーモンで・・・!!」

曜「・・・それで・・・?」

善子「・・・そ・・・それ・・・で・・・え・・・えぇっと・・・」

善子「え・・・えぇ・・・っと・・・///」プシュー
 
 
 
ツギハーヌマヅーヌマヅー
 
 
 
善子「あ!ごめんちょうど降りる場所だ!!じゃあまた明日!!」ピューン

曜「あ、よっちゃーん!!」

20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:26:16.31 ID:acCvle1H.net
---------
------
---
 
 
 
「よっちゃんって果南ちゃんのことが大好きなんだね」
 
 
 
善子「違う違う違う違ーう!!」

善子「そんなんじゃない!!果南はリトルデーモンでアクアのメンバーで・・・お友達で・・・それで・・・」

善子「それで・・・何・・・?」

善子「・・・・・・」

善子「・・・・・・なんだろう・・・・・・モヤモヤする・・・・・・」

善子「・・・・・・寝よう・・・・・・」
 
 
 
チクタク
  チクタク
 
 
 
善子「午前・・・4時・・・ど・・・どうしよう・・・眠れない・・・」

21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:27:07.54 ID:acCvle1H.net
---------
------
---

-時は戻って今-

かなよし「Zzz…」

ダイヤ「部室に着いた瞬間、二人ともいきなり寝てしまいましたわ・・・」

曜「・・・そっとしてあげよっか。肩寄せ合って、気持ちよさそうに寝てるし」

梨子「そうだね」パシャッパシャッ

千歌「・・・梨子ちゃん・・・」

22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:27:53.19 ID:acCvle1H.net
---------
------
---

果南「・・・ん・・・んんん・・・あ、寝てた・・・」

善子「・・・すー・・・すー・・・」

果南「・・・・・・よっちゃん・・・・・・」



「バカップルになってますわ・・・」

「バカップルだね」「バカップルずら」
 
 
 
果南「!!///」ボンッ

果南「ち、違う!だからそんなんじゃなくって・・・!!///」

鞠莉「ほほぉ〜ぅ・・・」ニヤニヤ

果南「な・・・!ま、鞠莉!!いつの間に・・・」

鞠莉「・・・シー・・・よっちゃんが起きちゃうよ?」

23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:29:01.42 ID:acCvle1H.net
果南「え?あ・・・ってか、よっちゃんって・・・」

鞠莉「んー?マリーだって、よっちゃんと仲良くなりたいもーん。それにー、よっちゃん呼びは元々梨子から始めたんでしょー?だったら果南一人のものじゃないわよー?」

果南「え?あ、まぁ・・・それは・・・そうだし・・・その・・・」ズキッ

鞠莉「それとも・・・かわいいかわいい後輩を独り占めできると思った?」

果南「な・・・ひ、独り占めって・・・」

鞠莉「最近の果南はさ、マリーとダイヤと一緒にいても同じ話・・・よっちゃんのことがほとんどになってきてること、気付いてないの?」

果南「・・・・・・」
 
 
 
 
 
 
鞠莉「本当は独り占めしたいぐらい、大好きなんでしょ?」

果南「べ、別にそんな・・・///」

24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:29:39.58 ID:acCvle1H.net
鞠莉「んもー!強情なんだからぁー!まぁ、その頑固なところも果南らしくていいけどね」

鞠莉「でもこれだけは忘れないでね?たとえどんなことになっても、マリーは果南の味方だからね?」

果南「・・・意味わかんないよ・・・」

鞠莉「・・・今はわかんなくていいわ。でもいつか気づく時が来る。その時が来たら・・・マリーは果南のことを全力で応援するからね?」

25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:30:10.83 ID:acCvle1H.net
善子「んんぅ・・・うるさい・・・」

果南「あっ」

鞠莉「オウ、よっちゃんを起こしちゃったみたいね。それじゃそろそろ戻るわね」

果南「あ、鞠莉!・・・行っちゃった・・・」

善子「・・・果南・・・」

ギュッ

果南「え?よっちゃん?」

善子「・・・すー・・・すぅ・・・」

果南「・・・抱きつきながらまた寝ちゃった・・・」

26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:31:14.54 ID:acCvle1H.net
果南「いつか気づく時がくる・・・か・・・」

果南「でもね・・・鞠莉・・・本当はね・・・もうとっくに気付いてるんだよね」
 
 
 
 
 
 
果南「よっちゃんのこと、本当は独り占めしたいぐらい・・・大好きなんだってこと」ボソッ
 
 
 
 
 
 
善子「・・・・・・///」カァッ

善子「・・・・・・果南・・・・・・///」ボソッ

27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 20:32:16.17 ID:acCvle1H.net
おわり

引用元: 果南「髪型変えてみよっか」善子「なるほど?」