1: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:01:46 ID:???Sr
ご無沙汰しております。
こちらの掲示板になってからの初投稿になります
104期みらぱがイチャイチャする話です。

※地の文が多くなっております。ご了承ください

2: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:03:31 ID:???Sr
慈「姫芽ちゃん、週末、空いてる?」

練習前の部室で準備をしていると、アタシの推しであり偉大なる先輩であるめぐちゃんせんぱいに畏れ多くもそう声をかけられた。

姫芽「あ、えっと…。はい、空いています」

慈「週末、るりちゃんと遊びに行くんだけど、姫芽ちゃんも来ない?」

おお…
偉大なるめぐちゃんせんぱいからの提案にああ、アタシはもう思い残すことはない…

姫芽「//」

慈「姫芽ちゃん?お~い?」フリフリ

3: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:04:56 ID:???Sr
しまった。
あまりにも嬉しすぎてついつい放心状態になってしまった…

姫芽「あ、すみません。偉大なるめぐちゃんせんぱいに畏れ多くも遊びのお誘いを頂けるなんて、幸せ過ぎてついつい他の世界に行ってしまっていました//」

慈「あはは…好いてくれているのは嬉しいんだけどそこまでかしこまらなくてもいいんだよ?」ニコッ

姫芽「いや~。何て言ったってめぐちゃんせんぱいとるりちゃんせんぱいはアタシにとっては神様のような存在ですから…」ハハァ

慈「神様って//別に私もるりちゃんもただの高校生だよ~」

4: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:06:34 ID:???Sr
分かってはいる。
分かってはいるんだけどやっぱりアタシにとってみらぱのせんぱい2人は特別なのであって…

慈「まっ、そういうことなら週末遊びに行こうよ。私たちも姫芽ちゃんのことももっと知りたいしさ。姫芽ちゃんに私たちの人間らしいところも、見せたいし」ニコッ

姫芽「では、ぜひアタシも参加させていただきます//」

ありがたやありがたや…
ん?でも、るりちゃんせんぱいはいいのかな?
そんなアタシの思いを読み取ったかのようにめぐちゃんせんぱいは言う。

「あ、るりちゃんも姫芽ちゃんと遊びに行きたいって言ってたよ。だから二人で姫芽ちゃんも誘おうっかってなって」

なら一安心。
というかみらぱのお二人からのお誘い、何回も言うようだけどアタシの人生思い残すことない…

5: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:07:17 ID:???Sr
ガラガラ

瑠璃乃「こんちゃ~っす。ってあれ、めぐちゃんと姫芽ちゃんだけ?」

アタシのもう一人の推しのるりちゃんせんぱいの登場である。

慈「うん。スリーズブーケとDOLLCHESTRAは先に練習するってさっき出て行ったよ?」

瑠璃乃「おおぅ。遅れてソーリー…」

姫芽「るりちゃんせんぱい!」キラキラ

瑠璃乃「姫芽ちゃん?どったの?」キョトン

6: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:08:18 ID:???Sr
姫芽「今めぐちゃんせんぱいと話していたんですけど。今週末のみらぱデートに、アタシも参加させていただいてもいいんですか~?」キラキラ

瑠璃乃「あ、もうめぐちゃんからその話聞いてたんだね~。OKOK!ルリも姫芽ちゃんのこともっと知りたいしさ!あと、あんまりかしこまらなくていいからね~」

るりちゃんせんぱいもめぐちゃんせんぱいと同じことを言ってくれる。

姫芽「分かりました。実はアタシもお二人のこともっと知りたいと思っていたので//」

慈「あ~照れてる姫芽ちゃんもう可愛い~//」ギュゥ

姫芽「あ、あ、////」

瑠璃乃「あ、めぐちゃんずるい~!ルリだって~」ギュゥ

あ、これはやばい。
やばいって~
推しに挟まれてアタシはどうなっちゃうのか…

7: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:09:13 ID:???Sr
姫芽「///////」

めぐるり「ひめちゃ~ん??」

姫芽「はぁ幸せ…//」ボソッ

慈「まだまだこれからだよ~。今週末は私たちが姫芽ちゃんのことをもっともっと、幸せにしてあげるんだから!ね、るりちゃん?」

瑠璃乃「そうだよ姫芽ちゃん。まだまだこんなもんじゃないぜ~」

慈「じゃ、とりあえず練習はじめよっか!」

ひめるり「「はい!」」

今週末のアタシは死ぬかもしれない…

8: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:10:32 ID:???Sr
夜、自室にてアタシは今日の出来事を頭の中で振り返っていた。

はぁ~
週末はプライベートなめぐちゃんせんぱいとるりちゃんせんぱいが見ることが出来る~
目の保養ってやつ?
色々と妄想が捗る…
週末のことを考えると眠れなくなっちゃうよ…


週末。
約束の寮の玄関前に行くとすでに2人の推しが待っていた。
むっ…
推しを待たせるとはアタシとしたことが…

慈「あ、姫芽ちゃんやっほ~」フリフリ

瑠璃乃「姫芽ちゃん今日は楽しもうね~」

姫芽「あ、すみません。お2人を待たせるなんてアタシとしたことがぁ…」

慈「私たちが早く来ていただけだから。ね、るりちゃん?」

9: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:11:18 ID:???Sr
瑠璃乃「そうそう。ルリたちが早く来ただけだから気にしないでいいよ」

めぐちゃんせんぱいもるりちゃんせんぱいも優しい…

姫芽「今日は、よろしくお願いします」

めぐるり「「こちらこそ、よろしくね~」」

慈「じゃあ、いこっか!」

10: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:12:22 ID:???Sr
みらぱのデートに参加しているなんてアタシ史上でこれほどの出来事はどれだけあったことか…
幸せというほかない…

バスに乗ること数十分…
市街地に到着した。

慈「ついた~~。まずは、こっちだよっ」

まず最初に来たのはゲームセンター。

瑠璃乃「姫芽ちゃんゲーセン好きっしょ?」

アタシの好きな場所を優先してくれるなんて、なんということだ…

11: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:13:40 ID:???Sr
慈「あ、あそこ。見て見て。私たちの寝そべりがあるよ」

めぐちゃんせんぱいがクレーンゲームのコーナーを指さして言う。
なんとっ!
確かにそこにはめぐちゃんせんぱいやるりちゃんせんぱいの寝そべりがあるではないか…
これは行くしかないよね?

姫芽「めぐちゃんせんぱい、るりちゃんせんぱい、行きましょう~」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

瑠璃乃「姫芽ちゃんすっげ~」

慈「いや~本当にね。クレーンゲームも出来るんだね」

姫芽「はい。昔からやっていましたので…」エヘヘ

両手にめぐちゃんせんぱいとるりちゃんせんぱいの寝そべりを抱えながらアタシはそう答える。
何とか推しの寝そべりゲットだぜぃ…

12: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:15:22 ID:???Sr
せっかくなので記念に2体の寝そべりをそれぞれお2人に渡そうとしたんだけど、めぐちゃんせんぱいもるりちゃんせんぱいもアタシが持って帰るべきだと言ってくれたのでお言葉に甘えて寮に持って帰ります…
帰ったらたっぷりと愛でる予定でそれはそれで非常に楽しみである。

その後、みんなでアーケードゲームや音ゲー、メダルゲームなどあらゆるゲームを楽しんでそのたびに推しのお二方よりお褒めの言葉をいただいてアタシは大変恐縮です…

ひとしきり遊んだ後。

慈「あ、3人でプリクラでも撮ろうよ」

瑠璃乃「OKOK。姫芽ちゃんも撮ろうぜ~」

とお二方より大変うれしい提案がありまして…

13: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:16:45 ID:???Sr
慈「どうせなら姫芽ちゃん真ん中で撮ろうよ」

瑠璃乃「さんせー!」

え、それはつまりアタシがお二方に挟まれるってことですか?

慈「ほら、行くよ~」

姫芽「///////」

めちゃくちゃ幸せな空間だった、うん。
機会があればまた挟まれたい…

さて、その後はカラオケやバッティングセンター、金沢駅前のカフェでお茶等、るりちゃんせんぱいやめぐちゃんせんぱいの希望の場所にも行き、一日を過ごした。

14: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:24:28 ID:???Sr
慈「そろそろ、帰ろっか」

るりひめ「「うん(はい)」」

慈「今日は本当に楽しかったよ!姫芽ちゃんの可愛いとこ、カッコいいとこ色々知れたしっ」

瑠璃乃「ルリも楽しかったな~。姫芽ちゃんと仲良くなれたし」

あわわわ。
嬉しいお言葉を…

姫芽「アタシこそ、せんぱいとこうして一日を過ごせて楽しかったです~。ありがとうございました」

15: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:28:38 ID:???Sr
慈「そう言ってもらえてよかったよ」

瑠璃乃「う゛ん゛う゛ん゛」

慈「みらくらぱーく!のモットーはさ、今を全力で楽しむことだから。それはスクールアイドル活動中でもプライベートでも変わらないよ」

姫芽「めぐちゃんせんぱい…」

慈「だからね、姫芽ちゃんにもこうして私たちと一緒に楽しい時間を共有してほしいんだ」

瑠璃乃「う゛ん゛う゛ん゛」

慈「これからももっともっと楽しい思い出を作っていこうね?」

瑠璃乃「そうそう。姫芽ちゃんはルリたちが絶対に楽しませてあげっから。それは保証するよ」

16: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:29:36 ID:???Sr
姫芽「めぐちゃんせんぱい、るりちゃんせんぱい、ありがとうございますっ」

みらくらぱーく!を推し続けて良かったと、心の底から思えた瞬間だった。
これからはみらくらぱーく!の一員としてお二方に追いつけるように、みらくらぱーく!に相応しいスクールアイドルになれるように…

アタシは全身全霊でスクールアイドルに励むことをここに誓った。



おしまい

19: 名無しで叶える物語 (ワッチョイ 7788-6416) 2024/06/14(金) 01:50:55 ID:vGGpnfsE00
これがねそべり遊びに繋がるのか
う゛ん゛う゛ん゛二連打に笑った

引用元: SS 姫芽「推しの2人とデートしてみる」