1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:02:46.191 ID:5bc7yx9Y0.net
ザー

サターニャ「ねえラフィエル」

ラフィエル「どうしたんですか」

サターニャ「傘てもう少し大きい方がいいと思わない?」

ラフィエル「そうは思いませんが…」

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:05:39.107 ID:5bc7yx9Y0.net
サターニャ「いやだって…前よりも傘が小さくなってるような…」

ラフィエル「サターニャさん?あんまりケチをつけるといれてあげないですよー?」

サターニャ「う…悪かったわよ」  

ラフィエル「だからもっとくっつきましょう 濡れちゃいますよ」

サターニャ「ん…」
 

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:08:40.388 ID:5bc7yx9Y0.net
サターニャ「しかしほんと雨が続くわね」

ラフィエル「ですねー」

サターニャ「こうしてアンタと帰るのも増えた気がするわ」

ラフィエル「ですねー」

ラフィエル「つかぬことをききますがサターニャさん」

サターニャ「なによ」

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:14:51.746 ID:5bc7yx9Y0.net
ラフィエル「なんでいつも傘を忘れてるんですか?」

サターニャ「え」

ラフィエル「天気予報を見れば雨はすぐわかると思うのですが…」

サターニャ「あ…そ…それはアレよ!アンタが傘を持ってきてそれでいれてくれて…頼りにしてるみたいな…」

ラフィエル「あらあら サターニャさんは私の事を信じてくれてるんですね?」

サターニャ「そんなんじゃないわよ!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:21:29.764 ID:5bc7yx9Y0.net
サターニャ「言えるわけないじゃない…アンタとこうして帰るのが最近の楽しみになってるなんて言ったら調子乗るし…」

ラフィエル「聞こえてますよ~」

サターニャ「な!また天使の新能力ね!?」

ラフィエル「サターニャさんの方から喋ってきたのですが…」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:26:46.588 ID:5bc7yx9Y0.net
サターニャ「うう…カエル!カエルがあれば!」

ラフィエル「傘いれてあげませんよ~」

サターニャ「あう…」シュン

ラフィエル「ふふ サターニャさんがそんな風に思ってくれてるなんて」

サターニャ「まあ…何にも仕掛けてないのは分かったしね…」

ラフィエル「ふふっ」

ラフィエル(サターニャさんとくっつく用に傘を小さくしておいて正解でした!)

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:38:15.943 ID:5bc7yx9Y0.net
ザー

サターニャ「雨…まだ強いわね」

ラフィエル「梅雨ですからね~」

サターニャ「ん…」ギュッ

ラフィエル「あらあら」

ラフィエル(ついにぴったりくっついちゃいました)

サターニャ「ラフィエル…」

ラフィエル「はい」

サターニャ「また明日も降るらしいし傘忘れないでよ」

ラフィエル「サターニャさんはきちんと傘忘れてくださいね」

サターニャ「う…」

ラフィエル「だってサターニャさんは私とこうして帰るのが好きなんですよね~」

サターニャ「分かったわよ!たっく…恥ずかしいわ…もう」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:45:17.924 ID:5bc7yx9Y0.net
ラフィエル(恥ずかしい…ですか)

ラフィエル(最初に帰ったあの日から今もずっとドキドキしてるのは私の方で)  

ラフィエル(それがばれたら…私の方が恥ずかしいです)

サターニャ「なんか…」

サターニャ「雨なのに暖かいわ アンタといると」

ラフィエル「私もですよサターニャさん」

サターニャ「いつも…家までありがとね」

ラフィエル「いえいえ」ニコニコ

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:57:54.161 ID:5bc7yx9Y0.net
サターニャ(送ってもらったあとこいつが一人ぼっちで帰るのはなんか癪だわ…)

ラフィエル(サターニャさんを送ったあと一人で帰るのは寂しいですね…)

サターニャ(というか)

ラフィエル(考えたら)

ラフィサタ(片方の家に住めば…?)

二人がルームシェアするのはまた別の話

終わり

引用元: ラフィエル「もっと近くに」