1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:00:30.225 ID:otMrcpUZ0.net
人形遣い「ククッ、アハハッ!さあ、どうしました?私にまで攻撃が届いていませんよぉっ?人形に阻まれて……思うように立ち振る舞えまいっ!」

人形遣い「分かります…分かりますよぉ……キミのその苛立ちが、手に取るように分かるっ…!」

人形遣い「剣から伝わる感触は、すべて虚構……泥の手触り……。キミが葬っているそれらには、“真実”がない…!」

人形遣い「倒しても倒しても湧いて出てくる、本当はワタシに剣を突き立て、心の臓を抉り潰したいのにっ、空虚な兵隊がそれを阻む…!」

人形遣い「何度も何度も、もう数え切れないほど殺したのに、まだまだ出てくる……無限に出てくる……。しかしそれらを対処しきれるほど、キミの心は強くない…。」

人形遣い「いいですよぉ……そのまま、その苛立ちを抱えたままっ、私の作り出した空虚と戦い続けなさい…!私はここで、糸を引くだけ…♪」

人形遣い「……ああ……最高だ……最高の演目だ…!信念を心に宿して戦う青年が……無数の悪意に晒され、痛めつけられて……」

人形遣い「そうしているうち、心の熱も奪われて……精神が磨り減り、戦う気力すら失われる……。……ぁああっ……なんという悲劇っ…!ああっ、なんという……っ♪」

人形遣い「……そのまま、ボロ雑巾に成り果ててしまいなさい…。私がそれを使って、また新しい人形を作って差し上げましょう…。」

人形遣い「…………いえ……ただの人形にするのは惜しい…。キミはワタシのお気に入りですからねぇ…。……ま、“あのお方”のお気に入りでもあるが……。」

人形遣い「……フフッ♪……まあいい……いざとなればどうにでもしてやる……今はとにかくっ、こいつを……キミをぉっ…!!」

人形遣い「っ、さあ踊れっ!踊り狂えぇっ!!グランギニョールは、まだまだ終わらなぁいっ!!アッハ!アッハハハハ!!」

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:17:06.591 ID:/DrGiHNg0.net
永井産業

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:21:59.310 ID:otMrcpUZ0.net
>>10
人形遣い「私の作り出した人形使って三國無双ごっこ楽しいですか?」

人形遣い「そのまま精神壊れてしまえばいいですよアハハ」

人形遣い「壊れたらワタシがお持ち帰りしますんで」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:39:06.398 ID:otMrcpUZ0.net
殻のなかに閉じこもってしまうような人形遣いさんの部屋はきっとかなりの幼児趣味
小さい木馬とか絵本とかめっちゃあると思う
無断で入ると「勝手にワタシの心を……覗くなぁああッ!!!」とかめっちゃキレられそう

ちょっと精神的ダメージ与えたらすぐ幼児退行しそう

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:45:04.229 ID:yCZqzgTR0.net
でもあれなんでしょある一定のライン超えるほど心に踏み込んだら依存しまくって甘々になるんでしょ?

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:57:12.278 ID:otMrcpUZ0.net
>>23
人形遣い「フフフ……おはようございます、お人形さんっ。今日もとてもいい天気で……心底腹が立ちます…。」

人形遣い「でも……フフフッ…♪このお部屋には、ワタシとお人形さんのふたりっきり……カーテンも締め切っているから……天気なんて関係ありませんよね……?」

人形遣い「お人形さんが寝ているあいだ……外で小鳥が煩かったので……目に付く限りを、殺して回ってきたんです……。」

人形遣い「ここはワタシとお人形さんの部屋……ふたりだけの空間……たとえ音でも、それを邪魔するなんて……許せませんからね……。」

人形遣い「……えへ……ほ、褒めて、くださいっ。ワタシ、お人形さんともっともっとふたりでいられるように……頑張ったんですっ…。」

人形遣い「……な……撫でてっ…!な、撫でてくださいっ…!わ、ワタシ……頑張った、から……あの…ぉ、お人形さんと……ふたりで…あの……い、いたかった……から…。」

人形遣い「ぁ……♡……えへ…えへ……ぉ、お人形さぁん…っ♡……す……すきっ……すきぃぃぃっっ……♡」

人形遣い「ずっと、ずっといっしょっ…ずっと仲良しっ……裏切らないっ……仲間っ…家族っ……ぉ、お婿さんっ…♡」

人形遣い「ずっと、ここにいるんですよ……?出られないんです……誰もいらない……ふたりだけ……えへ……ふたりきりっ……。」



もうそろそろ精神が限界に達するころの人形遣いさん
二人称が“キミ”から“お人形さん”に

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:39:01.365 ID:otMrcpUZ0.net
人形遣い「クククッ……どうやら、目が覚めたようですね。とりあえず、死んだわけではなくて安心しました。」

人形遣い「……おや、どうやらまだご自分の立場が分かっていないようだ。……あまり動かないほうがよろしいですよ…?」

人形遣い「……こういうふうに、ワタシの気分次第でキミはいつだって死んでしまえるのですから。」

人形遣い「ククッ、そうそう、お人形さんはお行儀よくしてなくてはいけませんね。……物言わぬ、魂もない、そんな存在なんですから…。」

人形遣い「……大人しくしておけば、悪いようにはしません。いずれ迎えに来ますから、それまではこのお部屋を使ってください。」

人形遣い「………フフフフッ♪いずれキミの先輩になる子たちですから、今のうちにご挨拶をしておくとよろしいでしょう。」

人形遣い「…フッ、なにを仰っているのやら。……当たり前でしょう。キミは、ワタシのお人形さんにします。絶対にね。」

人形遣い「でなければわざわざ生かしたまま我が家につれてきたりしませんよ。……まさか、ワタシとこのまま仲良く暮らせるとでも?」

人形遣い「……それも、悪くはないが…………やはりキミはお人形さんです。」

人形遣い「…………ワタシには……人形以外……必要ありませんから。」

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:43:02.301 ID:/5loarOva.net
ぽつんと一人置いてあるこの世のものとは思えない美しさの人形に目奪われてもいいんじゃない?

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:53:56.668 ID:otMrcpUZ0.net
>>35
ひらめいた
広い部屋の中心の小さな椅子に行儀よく座った、この世のものとは思えないほど美しくそれゆえに不気味な美少女の人形
それは正体は人形遣いさんの唯一無二大親友で、亡骸を加工して作られたものなんだ
生前二人はいつも一緒で特に人形遣いさんは大親友に依存するほどの間柄だった
しかしある日突然急に態度がそっけなくなり、一緒にいる時間が少なくなった
実は大親友さんには恋人がおり、結婚を間近に控えていて婚約者との時間を過ごすために人形遣いさんとの時間を減らしたんだ
それを知った人形遣いさんは裏切られた気持ちになって衝動的に大親友さんを殺めてしまう
自分のしでかしたことの重大さから半狂乱になるも大親友さんのことが好きな人形遣いさんはせめてもの情けと独善的な心持ちのなか亡骸を修復して綺麗に整形して初めて人を素体とした人形を作り上げたんだ
そんな暗い過去には目を向けたくない、また未だに大親友さんを許せない人形遣いさんは、罰の意味も込めて奥の暗い部屋でひとりぼっちで安置することにしたんだ

そんな大親友さんの人形に心奪われようものならもう人形遣いさん発狂ものよね

引用元: 人形遣い(♀)「アッハハハ!!……さあ、踊れ……もっと踊れ……!私の手の中でっ!!」