えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSSをまとめています。

進撃の巨人

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し :2013/06/14(金) 23:07:16 ID:???
サシャ「おいしそうなパン見つけましたー。これ、コニーのですかぁ。食べないんなら私が頂いちゃいますよ。」

コニー「あってめえ、サシャ。もう食ってるじゃねーかー。ったくよ、少しは俺のお腹のことも考えてくれよ」



【サシャ「私はずっと独りぼっちです」 コニー「そんなことねぇよ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/10/02(水) 03:24:32 ID:95QNiF7k0
訓練兵だった頃、こういうやりとりがあったらいいなという妄想SSです。
 
とある雨の日の夜のことだった。

ミカサはエレンに用事があって男子寮に来ていたが、

ふと目に止まったソレに眉間の皺を増やして話題を変えた。


ミカサ「エレン…これは?」

エレン「は? 何が」

ミカサ「……これ」



【ミカサ「エレン…これは?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/12/23(月) 13:31:13 ID:FYOOfyEA0
*幼少期のエレンとミカサとアルミンの三人のお話。
*小さいエレンとミカサとアルミンが書きたくて書いてみる。
*一人称に挑戦します。多少変なところは大目に見てね!



【エレン「ミカサがうちにやってきた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/06/05(水) 20:28:38 ID:8kRLxrh.
ミカサ「ほらエレン、食べカスが付いてる、、、」

エレン「うるせーな!お前は保護者かよ!言われなくてもわかってるっつーの、」ゴシゴシ

ミカサ「違うエレン、逆の頬、、」

エレン「!?しっ、しってるっつーの!ったく、、、」

保護者、、、第三者から見たらその通りだろう。
何かにつけて私はエレンに対して声をかける。
立体軌道訓練の時、体術訓練の時、今みたいな食事中ですら、私はエレンを気に掛け心配し、その度に疎ましがられる。




【ミカサ「越えてはならない一線」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆mdQIcGFlKo 2013/10/27(日) 14:39:59.82 ID:j29k5jUDO
チャラッタッタッタッタ チャラッタッタッタッタ

サシャ「さあさあ始まりました、サシャ・ブラウスのお料理教室です」

サシャ「さて、助っ人をお呼びましょうかね」

サシャ「>>2」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382852399

引用元: 【安価】サシャ・ブラウスのお料理教室 


 

  【【安価】サシャ・ブラウスのお料理教室】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: とことんとことん :2013/09/01(日) 17:50:01 ID:i4omW5KA0
エレン「………って何だアルミン」

アルミン「知らないで盛り上がっていたのかいエレン……」

エレン「なんなんだー?」

アルミン「お芝居を皆でするんだよ」

エレン「何の芝居だ?」

アルミン「何々………『眠れる森のミカサ』……………」

エレン「ミカサ?」

アルミン「姫:ミカサ 王子:エレン
いい魔女:クリスタ・ユミル・ミーナ
悪い魔女:アニ その他…」

エレン「アニ魔女………///」





【エレン「演劇祭り!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/06/30(日) 16:20:16 ID:wmoKSsS.
~壁内~

エレン「アルミン!」スタッ

アルミン「え、エレン!?君はライナーとベルトルトに・・・」

ライナーベルトルト「・・・」

アルミン「ライナー・・・ベルトルト!」ギリッ

エレン「アルミン!詳しい話はあとで話す!今言えることは・・・」

アルミン「・・・?」

エレン「あいつ・・・アニの力が必要なんだ!」

アルミン「なっ・・・!」






【エレン「アニ救出作戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/07/14(日) 01:00:28 ID:GFfai2jI
アルレルト(爺)「(いつものどかだ…この街は賑やかでいい)」

アルレルト(爺)「そう言えばアルミンが友達を連れて来ると言っていたな(最近はエレンくんと遊んでいて良かった良かった。前まではエレンくんがきても出なかったが…)」

アルレルト(爺)「(私の孫、アルミンは外の世界に興味をもっているのが周りの人たちは禁句としている。なぜ外の世界に興味を持っては駄目なのだろうか)」

アルレルト(爺)「(そのせいでアルミンは部屋に籠もっていたが…幼なじみのエレンくんはアルミンと友達のままでいてくれて良かった良かった…)」

アルミン「お爺ちゃん!ただいま!」ギュゥ

アルレルト(爺)「おっとっと…お帰り、アルミン。」

エレン「あ、あの…お邪魔します」

アルレルト(爺)「お帰り、エレンくん。ゆっくりしてくれて構わないからね」

エレン「は、はい!」

アルミン「あれ?また隠れて…こっちにきなよ」

アルレルト(爺)「お友達かい?アルミン」

アルミン「うん!エレンの家族になった友達の>>5だよ!」






【アルレルト(爺)「ご近所さんに家族が増えた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/08/22(木) 09:50:25 ID:MV639.pc0
~対人格闘(一時間前)~

しちがつむいか、はれのちくもり!

アニ「フッ!」バシッ

エレン「どぉわ!」アタマガンッ

アニ「ほら、立ちな…って、え?」

エレン「」

アニ「医務室に…ったく、脆いんだから」クスッ

アルミン「エレン大丈夫かな?」

ミカサ「ちょっとあの女狐削いでくる」

アルミン「ストップ!ストップミカサ!」






【エレン「僕は誰なんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/06/11(火) 21:54:12 ID:.fA1MDwc
アルミン「最近、近くにカラオケ店なるものが開いたらしいよ」

エレミカ「からおけ?」

アルミン「うん。なんでも、定額で部屋を借りて、
     自分の好きな歌を歌える施設らしいんだ。
     時間制だから、制限時間内なら何曲でも歌えるみたい」

エレン「おぉ!そりゃすげぇな」

アルミン「あ。あと、ジュースの飲み放題もあるんだって」

エレン「へぇー!」

ミカサ「行きましょう(迫真)」ダンッ

エレン「ミ、ミカサ?」

ミカサ「行きましょう(迫真)」ダァンッ

アルミン「ま、まあ僕も丁度気になっていたところだしね。
     今度の特別休暇の時に行こう」

エレン「・・・なぁ、みんなを誘っちゃダメか?」

ミカサ「・・・!?」

エレン「いやまあ・・・三人でもいいんだけど、なんかこういうのって
    大勢の方が楽しそうだからさー・・・」

アルミン「うーん、僕はいいと思うけどミカサはどう?」

ミカサ「・・・・エレンが言うのなら(・・・チッ)」

エレン「よっしゃ!じゃあ誘いにいくか」

アルミン「うん(ミカサの目の色が変わったな・・・
     やっぱりなにか企んでたのか・・・あぁ、嫌な予感しかしない)」

エレン「お、丁度いいとこにクリスタが」

???「クリスタがどうしたって?」




【ミカサ「行きましょう、カラオケ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


前作 ミカサ「共同生活」 


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 16:10:23.02 ID:jHGrM2FX0
ハンジ「あっあそこだよ!」

リヴァイ「なんだ。うるせーな」

ハンジ「ちょっと前から訓練兵団が授業料をとるようになって」

ハンジ「寮も無くなったからみんなで家を借りて住んでるんだって」

リヴァイ「悲惨だな」

ハンジ「そーでもないんじゃない?だって楽しそうじゃん」

ハンジ「今度彼らの家訪問してみようか?」

リヴァイ「何の意味があるんだ」

ハンジ「いやー今時の若者がどんな生活をしているか気になるでしょ?」

リヴァイ「まったくならねーな」

ハンジ「OK。私は気になるからいこう」

リヴァイ「あっ?興味ねーっていってるだろ」

ハンジ「じゃあ今度エルヴィンには言っとくからね出張だ」

ハンジ「理由はどうしよーかな。そうだ有望な新人の勧誘としよう」

リヴァイ「いかないって言ってるだろ?」
                                            
                                          

SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)

                    
【アルミン「共同生活」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: AttackOnTitan104 :2013/10/20(日) 22:16:22 ID:SLn5oi8g0
エレン「ごめんくださ」キョロキョロ

人攫いA「どうしてここがわかった!!」バンッ

エレン「森で…迷って…」ウルウル

人攫いA「(おい、どうすんだよ)」チラッ

人攫いB「(追い払え!!)」ノシ

人攫いA「(わ、わかった)」コクリ

人攫いA「ダメだろ~子供が一人で森を歩いちゃ…」ナデナデ

エレン「もう…わかったからさ」スッ

エレン「死んじゃえよクソ野郎!!」ズバッドサッ

人攫いB「う、嘘だろ…?」バタン

人攫いB「ま、待ちやがれ…このガキ!!」バタン

エレン「うぁああああああ」グサッ

エレン「お前らなんか…こうだ!!こうなって当然だ!!」グサッグサッ

エレン「もう大丈夫だ…安心しろ…」ハァハァ

エレン「お前…ミカサだろ?」チラッ

ミカサ「3人いたハズ」

エレン「え?」ギシッ

人攫いC「てめぇが殺ったのか…?」

人攫いC「てめぇ…よくも…!!殺してやる!!」

エレン「た、戦え!!」

ミカサ「あっ!!」

エレン「勝てなきゃあ死ぬ!!勝てば生きる!!」

人攫いC「この…ガキ!?」

エレン「戦わなければ勝てない…」バサッ

ミカサ「そんな…できない!!」ブルブル



【(進撃の巨人) 「(๑≧౪≦)てへぺろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: とことんとことん :2013/09/11(水) 15:19:41 ID:Zb/dxA720
ライナー「そうか?」

アニ「なんだろう……言葉で表せない怖さっていうか……」

ベルトルト「エレンはいい人だと思うよ?」

アニ「ん、まぁ、そうなんだけど」

ライナー「見方を変えてみたらどうだ?そうすれば怖さも減るんじゃないか」

アニ「やってみる」



コニー「黒板ゲームしようぜ!」

サシャ「たまには良いですね」

クリスタ「やろう!」

ユミル「そういうのだりぃからお題だすわ」

ミーナ「やる気満々じゃない」

マルコ「僕もやるよ!」

ジャン「ま、まぁ?どうしてもっつーなら?やってやっても良いけど?」

ミカサ「エレン、やる?」

エレン「あー、俺は………」

アルミン「じゃ、エレンはやらないのか」

ライベル「おい、いたぞアニ」

アニ「うん…………」

エレン「アニ」ヒョコ

アニ「う、うわぁっ」




【アニ「エレンが怖い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆VPATQMTCbo:2013/05/05(日) 14:31:52 ID:gEiy0vPc
ジャン「毎年10人だったじゃんよぉ…」

マルコ「なんでも優秀な人材が憲兵団に行き過ぎるからって」

ジャン「なんでよりによって今年だけ…」

マルコ「仕方ないよ…それだけ王の側で仕えるのは難しいんだ」

ジャン「王なんて知ったこっちゃねぇ!俺は内地で快適に暮らしたいんだ~!」




【ジャン「えっ上位5人しか憲兵団入れないのか!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/09/02(月) 06:04:48 i1Xnn5CU0

注意!
1オリジナルキャラが出ます
2リヴァイ班とオリジナル隊が中心です
3本誌ネタバレありです
4一部扱いの不憫なキャラが出ます(エルドグンタなど)
5長編になるとおもうのでお暇なかた限定!
6進行役はハンジにお任せします

Okな方はどうぞ!





【調査兵団に新たな隊を作ってみた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/09/17(火) 00:26:19 qynrJdJY0
ハンネス「俺にあの時、勇気と力があれば・・」
    「カルラを救えたかもしれない」
    「だが、あの時の俺とは違う」
    「神様が俺にもう一度チャンスをくれた」
    「命に代えても、今度こそ俺がこの子達を守る」
    -シュン-立体起動装置のアンカーをカルラを食べた巨人に打ち込む
    -キュイーン-巨人のうなじに切りかかる

カルラを食べた巨人のうなじがモゾモゾ動き割れる
そこから金髪の上半身が出てくる





【ハンネス「俺にあの時、勇気と力があれば・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/09/22(日) 14:20:37 PnED.A820
ジャン(調査兵団に入って良かったぜ)-にやつき独白
 
子供「調査兵団のお兄ちゃん、巨人ってどんなの?」

ジャン「巨人か?デカいんだ」

子供「そんなの知ってるよ」

ジャン「じゃあ、いいだろ」

子供「そうだ、これに巨人を描いて」
  -スケッチブックと鉛筆を渡す





【ジャン「まさかミカサとデート出来るとは」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : とことんとことん :2013/09/16(月) 08:15:49 vDesuO3I0
リヴァイ「……おい、女型の巨人、早くそこから出ろよ」


もちろん、返答はこなくて。
地下牢の中にただ低い声だけが響いていた…………でも、私には聞こえる

"ごめんなさい、貴方の仲間を私の勝手な事情で殺してしまって"

……そう、伝えたいのに言葉は出ない

リヴァイ「……おい、お前が水晶に閉じこんでる理由はもう、無いだろ?」


そうだね、ライナーもベルトルトも捕まって、情報を開示した今、私が閉じ籠る理由はない

ライナーもベルトルトも仲間と一緒に今じゃ外の世界だって、エレンが言ってたから。

でも、出られない。出たいと願うことは数多くあるのに、出られない

いつしかそれが、私への償いだと思い始めるようになった…





【(進撃の巨人) お前はいつも微笑んで】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/08(土) 20:48:18 ID:91.V0hU.

リヴァイとエレンたちは同年代設定


エレン「さっきは驚いたぜ。まさかキース教官を逆にビビらせるなん」

リヴァイ スタスタ

エレン「っておい、無視すんなよ」

リヴァイ「ちっ、うるせぇな。気安く声かけんじゃねえ(ギロッ」スタスタスタスタ

エレン「変わったやつだな、あいつ」

アルミン(きょ、巨人より怖いかも)ブルブル

ミカサ(エレンの挨拶を無視した...いつか私が然るべき報いを)ゴゴゴゴゴゴ





【エレン「エレンイェーガー、よろしくな」 リヴァイ「・・・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : アニ・イエーガー :2013/09/10(火) 20:01:42 v5uwUFB60
対人格闘技訓練~


エレン「アニやり方はわかるよな..いくぞ!」


アニ「ふっ」ゲシ



エレン「うわっ!なんだ蹴られたのか!うっ..」



アニ「もう行っていいかい?」



ライナー「まだだ短刀を取り上げるまでだ!」



エレン「お、おい」




アニ「はぁ」ドガッゲシッ



~~~~~~~~~

~~~~~~

~~~






【エレン「覚悟を決めないといけないのか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : アニ・イエーガー :2013/09/02(月) 01:43:53 v5uwUFB60
エレン「アルミン相談があるんだけど....」


アルミン「なんだいエレン?エレンからの相談は珍しいね?」


エレン「まぁな...」


アルミン「ところで相談って何?」


エレン「まぁ直にいうと俺...アニが好きだ///」




【エレン「アニが好きだ」アニ「エレンに恋をした...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4 : アニ・イエーガー :2013/09/22(日) 10:32:25 v5uwUFB60
今日も一日疲れたな...

今の訓練兵は今日の訓練でぐったりしている

今日は立体起動・対人格闘訓練・馬術・長距離走だった

夕食は硬いパンに薄いスープどれもあまりおいしくない..

その中で一人だけ元気なやつがいた...

エレン「今日の訓練は楽しかったな!疲れたけど」


一同「(元気だな...今日はみんなぐったりなのによぉ)」


エレン「特に対人格闘訓練が楽しかったぜ...」


アニ「(っ!!!???)」


エレン「アニが強くてなぁ」






【アニ「私が変われたのはあなたのおかげだよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ!:2013/06/15(土) 23:50:49 ID:aBPU4VrY
ハンジ「あああああっ!!ホンットイライラするううう!!」

「……」( `д´) ケッ!

ハンジ「お前なんか知らねえよクソチビ!!どこへでも行ってしまえ!!!」













――しばらく前のこと。





ハンジ「(リヴァイの部屋のドアを思い切り開けて)おっはよーう!!!」


リヴァイ「ぬぉ!?いきなり開けるんじゃねえよ!!」


ハンジ「だってさぁ、なかなか君来ないんだもん。寝てるのかと思って起こしに来たんだよ!」


リヴァイ「馬鹿、俺はガキじゃねえ。流石にもう起きてる」



――ガサガサ(リヴァイが物を片付けている)




ハンジ「朝っぱらからシケた顔しちゃってさぁ全くー。もう少し爽やかになれないの?……ん?」


リヴァイ「ちっ、特に用事がねえのならさっさと出てけ。クソメガネ」コトッ




【ハンジ「ムカついたから、リヴァイを毎日虐め倒すことにした」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 : 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします :2013/09/28(土) 11:28:32 Xm2Hd1tc0
ミーナ「実況は私、魅惑のツインテールことミーナ・カロライナです!
解説は格闘技マニアのアニ・レオンハートさんです!」

アニ「どうも」

【ミーナ「本日のメインイベントが始まります!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/10(月) 00:20:55 ID:???
リヴァイ「たまには…な。明日は休暇をとっているし・・・俺は今は戦力外だ」
 
ハンジ「…そうか」

ハンジ「…私も明日はお休みだから飲んじゃおーっと!
    
    なんだか今は飲んでいろいろ忘れたい気分なのよっ!」
    
    コポコポコポ....

リヴァイ「おいっ勝手に注いでんじゃねぇ…っ」

ハンジ「いーじゃなーい」

ハンジ「で、さっきから気になってたんだけどそちらさんは?」

【ハンジ「あれ?リヴァイ珍しいじゃない、お酒飲んでるなんて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/23(日) 01:05:21 ID:RcAp.O8E
キース「実施は2週間後である。競技内容と組分けは掲示物をよく読むように。」

キース「余興であるが、戦場においていかなる状況にも適応し、それに応じた戦略を練り、また何よりも仲間との信頼が重きをなす。」

キース「転じて様々な競技に対応した戦略、仲間との信頼を築く機会ではないであろうか。」

2 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/23(日) 01:08:43 ID:RcAp.O8E
キース「なお、練習時間を特別に設けたりはしないため練習は各々でするように。」

キース「また組分けに関する異論は受け付けない。以上!」

一同「ナンダナンダ」

一同「ヨクワカラネエゼ」

ガヤガヤ






【エレン「体育祭?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/02(日) 10:48:12 ID:jAX1qmFk
-----夜・男子寮

ジャン「てめぇ・・・またミカサといちゃつきやがって!羨ましいんだよ!」

エレン「別にいちゃついてなんかねえd・・・っておい服が破けちゃうだろ!離せよ!」

ワーワーギャーギャー

アルミン「まったくあの二人は・・・」

ライナー「気にするな。いつものことだ。」

アルミン「それもそうだね。」

ジャン「もう我慢できねえ!お前、俺とミカサを賭けて勝負しろ!」

エレン「さっきから何訳分かんねえこと言ってんだよ・・・ まあでも勝負なら受けて立つぜ。」

ジャン「明日の立体起動の訓練でより獲物を多く狩ったほうが勝ちだ。いいな?」

エレン「望むところだ!」


【エレン ジャン「「パラレルワールド?」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/06/10(月) 21:17:05 ID:???
ハンナ「……28、29、30!」

ハンナ(胸骨圧迫30回、人工呼吸2回、胸骨圧迫は毎分100回以上。

大丈夫。座学で習ったことたまから。きちんと覚えてる。

息を吹き込む。フランツの胸があがる。大丈夫、まだフランツは生き返る)

ハンナ「ねえ!フランツ!目を覚まして!」

ハンナ(視界がぼやける。涙がフランツの身体に落ちる。フランツ、ねえ、返事をしてよ……)





【(進撃の巨人) ハンナ「私がおばあさんになったら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします:2013/05/30(木) 09:20:54 ID:59x10XFM

サシャ「そうです! 午後の立体起動訓練で、どちらが先にジャンの獲物を横取りできるか勝負です!」

ジャン「おい、勝手に俺を巻き込むな」

コニー「いいぜ、賭けるのは夕飯のパンでどうだ?」

サシャ「望むところです!」

ジャン「聞けよ人の話を!」




【サシャ「コニー!勝負しましょう!」コニー「勝負?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/03(金) 21:37:43.52 ID:O3lcwuWC0
夜・食堂

エレン「ん?あぁ、どこだ」

ミカサ「とってあげる…」ブチッ

エレン「いってぇっ!?」

ミカサ「ごめん。一緒に髪も一本抜けた」

アルミン「(10本位毟り取ってるよね…)」

ミカサ「取った埃、捨ててくるから」

エレン「? お、おう」

アルミン「エレン、僕なんだかいやな予感がするよ…(小声」

エレン「あぁ?あんなもんいつも通りだろ」





【ミカサ「エレン…髪にほこり付いてる」】の続きを読む

このページのトップヘ