えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

進撃の巨人

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 14:22:51.30 ID:9RaWwrZ30
 
調査兵団でのある日のこと

アルミン「えっ?エレンを振り向かせるためには、どうしたら良いかって?」

ミカサ「うん。エレンに唯一好意を向けてたあの女(アニ)は憲兵団へ行った。
    また変な虫がつかないうちに、エレンを私に振り向かせたい」

アルミン「ははは…まあ確かにアニがいない今がチャンスかもね。
     うん、いいよ。そういうことなら相談に乗るよ」

ミカサ「ありがとう、アルミン。こんなことを相談できるのはあなたしかいなくて…」

アルミン「いいのいいの。ぼくも傍からみててやきもきしてたから。」

ミカサ「///」

アルミン「それでエレンを振り向かせる方法だけど、それは手料理がいいと思う」

ミカサ「手料理?」

引用元: ミカサ「エレンのために料理を作ることになった」 



【ミカサ「エレンのために料理を作ることになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/08/03(日) 16:44:30 ID:D0Y5Trt6

ホラー? 

訓練兵舎のすぐ脇には、旧訓練兵舎がある。
旧訓練所は、数十年前は王政府の人間が別荘に使っていたとかで、つくりは丈夫だ。
だから、今でも訓練兵舎が使えないときは、訓練兵はそちらを一時的に利用したりする。
しかし、ここは死者が多い訓練所の兵舎だ。
今でも未練のある訓練兵たちの幽霊がでてきて、侵入者を追い出そうとするのだという。



ギイイイ……

キース「では、翌朝までこの扉は外部より施錠される。開錠は朝6時の予定だ。
    ……わかっていると思うが、兵士の自覚を持って一晩過ごすように」

全員「「ハッ」」

バタン 
ガチャン

ジャン「……なんだよ、兵士の自覚を持って、って……。1年目だからって、俺達がお泊まり会ではしゃぐようなガキだと思ってんのか? あの教官」

マルコ「まあまあ……。教官の目のないところで夜を明かすのって、考えたら初めてなんだしさ。
    教官も心配しているんだよ」

アルミン「そうだね。昨日のような地震が、今日も来るとも限らないし」

エレン「え。地震ってそんなしょっちゅう来るものなのかよ、アルミン」 




  【ベルトルト「こんな化物屋敷にいられるか!僕は帰るぞ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 10:33:40.80 ID:jIgZLa900
ライナー「ああ。気付いたら小さくなってた…」

エレン「どういう事なんだよ…」

アルミン「うわぁ…五歳児ぐらいに見えるね…」

ベルトルト「ちゃんと記憶は残ってるみたいだけど…」

ジャン「何だ?お前エレンかよwwwwwチビだなwwwww」

エレン「うぅ…」ジワッ

ジャン「!?」

エレン「なりたくてなった訳じゃない…」グスッ

アルミン「あー泣かせたー」

ライナー「わーるいんだわーるいんだ」

ベルトルト「みーかさにいっちゃーおー」

引用元: アルミン「エレンが小さくなった?」 




【アルミン「エレンが小さくなった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/01(水) 01:52:15 HDpjR2TA

ヒストリア「えー…皆さんお集まりいただいたでしょうか」

リヴァイ「ああ…」

エルヴィン「はい」

ザックレー「ん?ナイルは来ておらんのか?」

エルヴィン「彼は妻と子供を連れて遊んでいます。羨ましい、ああ羨ましい」

リヴァイ「落ち着け」

ピクシス「…で、本日は何を…」

ヒストリア「はい。今日はウォール・マリア奪還作戦会議を行いたいと思います」


【ヒストリア「ウォール・マリア奪還作戦会議を始めます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/07/12(土) 22:49:02 ID:MzM2a.6c

プラネタリウムなしでは生きていけない。

僕はそういう人間になった。あれは16歳の夏。
中学生の時ずっと憧れていた同級生にラブレターを書いて、思いっきり振られた。


私には彼氏がいるので、早く彼女をつくってください。


そういう返事をもらい、僕はいわゆる「現実」の中で生きるのを諦めたのだ。


ひと言で言って僕は、この世界を愛している。
同級生への気持ちは、その一部だった。それ以外ではあり得なかった。 


 

  【僕「プラネタリウムなしでは生きられない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/07/02(水) 22:44:40 ID:xPlJwGgU

※注意 クリユミ・ユミクリ要素と最高に薄い感じのマル→ユミ要素がある


ユミル「アルミンっ!おっせぇんだよっ!!ちゃんと付いて来いよ!!」パシュッ…


アルミン「ユミル…待って!ちょっとペースが速い」タッ   バシュ… 


ユミル「全然、速くねぇよ!お前みたいなグズに合せてやってコレなんだ」グンッ

ユミル「いくら頭が良くてもな、その頭脳を役立てる前に死んだら意味ねぇんだぞ!?」


ユミル「あーーっ…もう最悪だ…よりによってお前なんかとペア組まされて…」キリキリキリ…


アルミン「僕に言っても仕方ないよ…。ペアは教官が決めたんだから」シュパッ…

アルミン「立体機動の成績順に上下順番に組み合わせたらこうなったんだもの…」クンッ


ユミル「あぁ、そうだった…。私は今13位で、お前は下から13番目…で、一緒になった」


アルミン「ちょうど2で割切れて良かったよね。真ん中辺りが一番バランスがいい…」

ユミル「まぁそうだな。これって成績が伸び悩んでる中間層を伸ばすための訓練なのか」 




  【ユミル「アニがいない世界」アルミン「アニだけじゃない…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 : ◆uSEt4QqJNo :2015/06/21(日) 20:36:56 JIfgmdjw

ケニー「おい、おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい、お前死んだんじゃねぇのか」

クシェル「兄さん、おいが多いわ。ミカサちゃんがこのくらいなら多分生きてたんじゃないかしら?」

リヴァイ「いや、死んでる」

クシェル「まぁ、いいじゃない」

じいさん「そうじゃ、いいじゃないか」

リヴァイ「誰だ!?」

ケニー「お前の曾じいさんだ。あんたも死んだんじゃねぇのかよ」

じいさん「奇跡の復活を果たした。曾孫よ、初めまして」

リヴァイ「あ、ああ」

クシェル「リヴァイ、ちゃんとご挨拶しないとダメよ」

リヴァイ「は、初めまして」



【アッカーマン「そいつはアッカーマン四天王の中でも最弱」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/17(水) 02:02:55 6Y8Ng5ww

ヒストリア女王とダラダラ話すだけ


【ヒストリア「それでは会議を始めます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 エレン「オーダー!」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/21(金) 21:37:28 ID:TomOMwDY
アルミン「アルミン・アルレルトです」

アルミン「ここで軽い前回のスレのあらすじを」

アルミン「ボク達は人の願いを管理し、実現するシステム」

アルミン「通称『DAISY』によって能力者となっていた」

アルミン「だけど、そのDAISYを造ったのはエレンのお父さん…グリシャ・イェーガーだった」

アルミン「エレンはそれに苦悩しながらも戦う決意をしたんだ」

アルミン「だけどグリシャさんは…ユミルに殺された」

アルミン「そのユミルは…」

アルミン「第一のDAISY…即ち、初めて造られたDAISYだった」 




  【アルミン「オーダー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/25(火) 07:23:46 ID:l0qBViVU
SS速報vipでやっていましたが、移転させていただきます

これはエレン達がある漫画の能力を使う話です

東京レイヴンズやビストロSMAPではないのでご了承ください 




【エレン「オーダー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャン「この死狂い野郎が!」 前編

381: ◆nlCx7YJs2Q 2013/10/12(土) 19:30:42.53 ID:8fFtZ554o





エレン「お前が・・・・・・私に・・・・・・言葉を・・・・・・世界を・・・・・・」





・・・・・・・・・・・・ ・  ・





アルミン「ねえ・・・・・・エレン、僕はね、いつか壁の外に出たいんだ・・・・・・見てみたいものがあるんだ」

エレン「・・・・・・『かべのそと』?」

アルミン「うん・・・・・・世界のほとんどを覆う水『海』、『炎の水』、『氷の大地』『砂の雪原』それを全部見てみたい」

エレン「・・・・・・『うみ』『ほのおのみず』『こおりのだいち』『すなのせつげん』・・・・・・」

アルミン「うん・・・・・・(エレンの眉が1.5mm傾いた、興味を持ってくれてるんだ・・・・・・)」





・・・・・・・・・・・・ ・  ・





エレン「お前が・・・・・・私と、ミカサを・・・・・・私は、お前を、助けてやれなかった・・・・・・」





・・・・・・・・・・・・ ・  ・





アルミン「どうして爺ちゃんが死ななきゃいけないんだ!?絶対に間違ってるっ!!」

エレン「・・・・・・アルミン」

アルミン「憎い、憎い!憎い!絶対に許さない!!」

エレン「アルミン」ヒシッ

アルミン「・・・・・・う、ぐう、くそっ・・・・・・くそう・・・・・・何が領土奪還だ・・・・・・ただの、間引きじゃないか・・・・・・っ!」ボロボロ






・・・・・・・・・・・・ ・  ・





引用元: ジャン「この死狂い野郎が!」 


 

  【ジャン「この死狂い野郎が!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆nlCx7YJs2Q 2013/09/29(日) 12:02:51.80 ID:EFkkVYHE0
失うことから全ては始まる



 ミカサ「私は血も心も捧げる」



 正気にては大業はならず



 アルミン「憎い、憎い!憎い!」






 兵士道はシグルイなり






 ※ このSSは!

 『進撃の巨人』をベースに『シグルイ』なエレンのSSです、原作のネタバレ自己解釈があります。

 以上のことが苦手な方はブラウザバックでお願いいたします。


 尚、>>1は投稿自体始めてですので、至らぬ点などございましたら遠慮なくご指摘ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380423771

引用元: ジャン「この死狂い野郎が!」 


 

  【ジャン「この死狂い野郎が!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 21:01:37.18 ID:cVEnXCJZ0
ホミリー 「人間に見つかったらどうするの?」

アリエッティ 「見つからないもん!」

ホミリー 「外には危険な生き物がいっぱい居るのよ。お爺さんの一族には――」

クリスタ 「人間に食べられた人もいたんですよね」



人間に喰われてはいけない

それが床下の小人たちの掟だった



【ジャンル】

『借りぐらしのアリエッティ』と『進撃の巨人』のクロスオーバーSS
『借りぐらしのアリエッティ』は映画全編、『進撃の巨人』は原作11巻までのネタばれ有り

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380456097

引用元: サシャ「蒸かした小人です!」アリエッティ「駆逐してやる!」 


 

【サシャ「蒸かした小人です!」アリエッティ「駆逐してやる!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 1以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 13:16:51 ID:fSCPRbGE
アルミン「心臓は約300グラム、脳は約1300グラム、魂は21グラム…僕は今だいたい55キロ」

ユミル「お前軽いな」

アルミン「小さいからね。筋肉がもう少しあればよかったんだけどな」

ユミル「あんだけ訓練してそれなら頭打ちだろ」

アルミン「…巨人は」

ユミル「は?」

アルミン「わからないことが多いよね」

ユミル「…まあな」

アルミン「臓器はもとより、魂の重さはわからない。魂があるのかすら」


 
  【アルミン「僕と皆とこれから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 15:42:58.45 ID:AI2oJ+6P0
進撃の現パロ  

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380350578

引用元: アルミン「・・・それでも」 


 

  【アルミン「・・・それでも」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/09(月) 22:50:16.88 ID:kJAzAmcF0
 死に急ぎ野郎。

 訓練兵になってすぐ、不名誉なあだ名が、ある人に付けられた。

 誰が言い始めたのか、正確な事は誰も知らない。

 ジャン辺りだろう、と何人かは言っていたけど、証拠はない。

 誰も、私も調べようとはしないし、知りたいとも思わないけれど。

 犯人を見つけ、どうしてそんなあだ名を付けたの? と問い詰めたところで、広まってしまったものは、もうどうしようもないのだから。

  【クリスタ「いつか私も追いつくからね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 15:06:53.75 ID:Z/kgt/0i0
進撃の巨人 現代パロ
メンバー全員学生です。
初SSなので、おかしいところあればご指摘ください。 


 
  【エレン「え?スマホ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/10(土) 22:23:02 ID:yzdtGI7Y
シャキ、シャキン

ジャン「・・・・・・・」

シャキン、・・・・・・チャキ

ジャン(こんくらいでいいか)カチャ

ガチャ

コニー「お、ジャンじゃん」

ジャン「・・・・・んだよ、おまえまだ風呂入ってなかったのか」バサ

コニー「ああ、走らされちゃってさ。・・・・ジャンおまえ、また前髪切ってたのか? タオル巻いたまんまで」

ジャン「ああ。すぐ目に刺さる・・・・濡れてねーとうまく切れん」

コニー「おまえも坊主にしろよ、楽だぜ」

ジャン「絶っっっ対嫌だね。ダサイ。マルコの一・一分けのがちょっとはマシ」ハッ 


 

  【ジャン「くだらない日々」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2013/09/26(木) 17:32:15.87 ID:bSMb+68E0
リヴァイ「エレン、爪をかじるな」

エレン「あ、はい」

リヴァイ「きたねえ」

エレン「すみません」


(アニメ24話ネタ、11巻ネタバレあり)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380184335

引用元: エレン「はやく人間になりたい」 


 

  【エレン「はやく人間になりたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/11(火) 22:53:37 ID:sd9OQh62
ユミル「ん・・・」ガバ

ユミル「・・もう、朝か」キョロ キョロ

ユミル(皆食堂に行ったのか)ムクッ

ユミル(今日は休暇だ)バサッ

ユミル「クリスタは確か、ミーナやハンナと演劇を見に行っていたな」

ユミル(私も朝食、食べにいくか)

ユミル「髪留め___え?」カチャ 




  【ユミル「なんだコレ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/24(火) 23:09:02 K/fwoAp.
アルミン「やぁミカサ、図書室にいるなんて珍しいね。調べものかい?」

ミカサ「アルミン、すごい本を見つけたわ」

アルミン「え?ホント!?どんな本?」

ミカサ「これ」

アルミン「え~と、何々…ラブコメベタ大全?なんだいこれ?」

ミカサ「本当にすごい本。異国の本だから、よくわからない文化圏の話もあるのだけれど、どうやら恋愛について書かれた本みたい」

アルミン「なるほど、恋愛についてねぇ…(良い予感がしないぞ)」


【ミカサ「ラブコメしてみたい」アルミン「えぇ~…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 19:22:56.75 ID:bw/qfj+o0
※ネタバレはないと思います。

キャラが少し崩壊するかもしれません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380018176

引用元: アルミン「飲みすぎ注意」 


 

  【アルミン「飲みすぎ注意」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/04/26(土) 14:36:09 ID:sTsYBIhU


ベルトルト「そんな事ないと思うけどね…」

ユミル「…ん?」


ベルトルト「ありがとう。君から借りた本、返すね。興味深い内容だったよ」

ユミル「恋を始めるには私は歳を取りすぎている…か。貸したのを忘れてた…」

ベルトルト「僕には少し難しかったけど」

ユミル「ははっ…若いからな、お前」

ベルトルト「君もね」


  【ユミル「恋を始めるには私は歳を取りすぎている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


前作 アニ「共同生活」




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 23:37:19.44 ID:WstSEEfV0
ミカサ「エレンどこいくの?」

ミカサ「いつだってそうだ。私も知らないところにいこうとする」

アルミン「いや多分トイレにいっただけだから」

ユミル「エレントイレかー!」

ウルセー!

ユミル「だそうだ」

ユミル「アルミン今日は訓練兵団の入団式の日だけど今日って入団式だけで終わりか?」

アルミン「だいたいそうだね。入団式でそのあとカリキュラムの説明があって11時くらいで終わりだって」

ユミル「ゆるっゆるだな。大丈夫か?」

アルミン「まぁたまには午後みんなでゆっくりしようよ」

ユミル「そうだなみんな仕事で忙しくて中々一緒に休めてないものな」

エレン「お前まだ働いてないだろ」

アルミン「あっもう出てきたの」

エレン「洗面所で顔洗っただけだって」

ユミル「これからもっとお前らよりいい仕事探してやっからいいんだよ」

ユミル(一度面接で落ちたとはいわないぞ)

アルミン「それにしてもアニまだ起きてこないの?」

ミカサ「最近アニはねぼすけさん」

【ミカサ「共同生活」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/11(火) 03:14:48 ID:X6rShwng
教官の日記

…月21日
 104期生はなかなか優秀だ。教官の贔屓目を抜きにしてもどの兵団へ入っても恥ずかしくはないだろう。

…月22日
 ジャン・キルシュタインが行方不明になった。
 果たして憲兵団に入いることを目的としてる彼が脱走するだろうか?

…月23日
 コニー・スプリンガーならびにクリスタ・レンズが行方不明になった。
 朝、レンズは馬の世話をしに行ったまま帰ってこず。スプリンガー、ブラウス、ユミルの三名が捜索に当たり。
 ブラウス、ユミルのみ帰還。

…月24日
 今日は遠征だ。此度の行方不明者に警戒した私は遠征の延期を申し出たが承認されず。
 何もなければいいが…

…月25日
 ミーナ・カロライナ、アニ・レオンハート死亡。
 カロライナは暴行の痕跡あり。レオンハートには暴行の痕跡はなかったものの、両者に溢血斑があった事から窒息死だろう。 


転載元:104期生絶滅

 

  【104期生絶滅】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版 前編

237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 08:40:07.78 ID:mimqUZYA0

ガシッ

辰野「!!」

真田「オッサン!タッツンを離しやがれ!!」

ジーク「ふう…っ」


ガシッ!

ライナー「…ちょうどいい。サナダも来い」

真田「!!」


紺「待てコラア!!」

静「くっ…!!ダメだ、これ以上深追いするな!」ギリッ

歩鳥「…!!」


ジーク「じゃあね、また」ザッ

真田「お前らまで来るな!捕まっちまう!!」

辰野「…ごめん…!」



歩鳥「辰野!!真田ぁっ!!!」



ゴゴゴゴゴ………



引用元: 【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版 


 

  【【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:11:55.06 ID:EUyQqWkA0
それでも町は廻っている×進撃の巨人クロスSS

※前に書いたSSの追加・修正バージョン。自分の気になった部分の修正、説明不足な点の補足、一部追加シーン等ありますが、ストーリー、キャラ、設定は同じです。
あと原作のネタバレがあります。



―アンティーク亀井堂―



歩鳥「ねーちゃん、昔から気になってる事があるんだけどさ」

静「なに?」

歩鳥「この…昔から置いてある、丸い金属に四本足の変な顔ついた奴なに?」

静「あー、リドルの事?それね~私も困ってんだよ~~~使い道がわかんなくてさ~。今なら安くてお買い得のオススメ商品だよ」

歩鳥「使い道のわからんもんオススメ商品にすんのか、この店は」

静「これ昔からずっと売れ残ってんのよね~」

歩鳥「うん、使い道わからんもんね」

静「爺ちゃんの話じゃ、遠い昔に外国から来たもので……ずっと長い間亀井堂にあったとか何とか…」

歩鳥「へえ…外国から来たんだ…そんでずっと亀井堂に…」

静「てかさ~、何か手放したくないんだよね、これ。なんでかはわからないけどさ」

歩鳥「へー?これが?そんなにいいものなのかなぁ…」


静「…で、買うの?」

歩鳥「買わんわ!!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472825514

引用元: 【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版 


 

  【【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 06:31:35.73 ID:Rq+UJGAA0
アニ「っえ?いまなんて・・・?」

ベルトルト「だから今年から訓練所は授業料を取るらしいよ」

ライナー「しかも土日しかやらなくなるそうだ・・・だから寮もないらしい」

ライナー「予算削減だと。ふざけてやがる」

ベルトルト「なんか習い事みたいだね・・・」

アニ「はぁ?そんなことより、これからどこに住むっていうの?帰るところなんてないのに?」

アニ「だいたいお金なんてないのに授業料なんて払えるわけないじゃない?」

ライナー「そう・・・俺達には帰るところも金もない。だから働かなくてはならない」

ベルトルト「アニには悪いけど僕とライナーは住み込みで働くところを見つけたんだ」

アニ「っえ?ずるい。私は?」

ライナー「大工だからな。女は無理なんだよ」

ベルトルト「まぁ見習いというか手伝いだけど」

ライナー「早いところお前も働くところを探すんだな」

ベルトルト「じゃあ次の土日に会おうね」

アニ「薄情物・・・」

  【アニ「共同生活」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/04/05(土) 00:21:44 ID:VT8h.2cY
あの時...

私は...

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

「ねぇ、隣いい?」

「...」ジロッ


....放っておいて


「別に...いいけど。」

ミーナ「私、ミーナ。ミーナ・カロライナ。
よろしくね。えーっと...名前は?」


名前なんて別に... 



 

  【アニ「優しい人」 _ ver0.1】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/20(木) 01:06:09 ID:41VcWx8o
アルミン「ジャン…もう部屋に帰って休もう…」

ジャン「…あぁ…」

アルミン「…」

ジャン「…なぁ、アルミン」

アルミン「…何?」

ジャン「オレ達も、誰にも知られずに死ぬのかもな…」

アルミン「…」

ジャン「…悪い、変なこと言った」

アルミン「…ううん」

ジャン「行こうぜ」

アルミン「うん」 




  【アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」】の続きを読む

このページのトップヘ