えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

俺ガイル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 14:11:24.67 ID:sJYuRDlP0
【俺ガイル】平塚「私が比企谷にこだわる理由?」の続き(?)です。

高校の時の私は奉仕部のような部活動を2人で行っていた。

比企山(仮名)「うっす」

静(18)「おっす」

比企山「う~…寒いな…」

静「雪降ってるしね」

比企山「こんな寒い日なんかに依頼しに来るヤツなんか居ないだろうし今日は帰ろうぜ。運動部も休みだし」

静「依頼来るかもしれないじゃん、それにアンタは寒かろうが温かろうがいつも帰りたがるし」

比企山「無駄なことはしない質でな」

静「ただ単に面倒くさいだけでしょ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487049084

【【俺ガイル】静「ちょうど10年か…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 13:29:49.53 ID:QlVi5Wri0

結衣「そうそう、なんか先生って私達と比べてもヒッキーだけ厳しいっていうか優しいっていうか」

雪乃「そうね、私達の勝負も比企谷君に軍配が上がっているようだし」

八幡「………」(俺はどちらかというと聞きたくない。なぜなら先生がまた無理難題を吹っかける可能性があるからだ)

平塚「それはだな…」

結衣「それは?」

平塚「高校の時好きだった男と比企谷が似ているからだ」

八幡「ぶふっー!!」

結衣「うわっ!どしたのヒッキー!」

八幡「……」(思わずお茶を吹き出してしまった)

雪乃「汚いわ。早く拭いてくれるかしら?」

八幡「すまん…」

結衣「へぇ~そんな理由だったんだ。何か普通」

八幡(え?普通なの?)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469852989

【【俺ガイル】平塚「私が比企谷にこだわる理由?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/25(水) 23:49:19.34 ID:YsFpY3Sz0
八幡(とある休日の朝。起きて最初に目に入ったのは知らない天井だった)

いろは「あ、起きた」ギュー

八幡(そして次に目に入ったのは俺に抱きついて添い寝している一色いろはだった)

八幡「・・・ん?一色?」

いろは「違いますけど」ギュー

八幡「・・・・・・ん?」

いろは「・・・」ギュー

八幡「!?」ガバッ

いろは「あっ」パッ

八幡「な、なんだ、これは、どういう、ことだ、どういうことだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485355759

【いろは「ここが先輩のお家ですよ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Nrn4taaiaw 2017/01/14(土) 20:50:07.31 ID:2MixohYDO
陽乃「とうとうバレちゃったかー」


八幡「まさか雪ノ下さんがあんなことをしてたとは思わなかったですけどね」


陽乃「しょうがないなぁ」シュルシュル


八幡「待て待て待て待てなぜ脱ぐ」


陽乃「え?脅してあたしをいい感じに調教するんでしょ?」


八幡「いやいや俺そんなこと言いましたか?」


陽乃「言わなくても分かるよー、あたしとご主人様の仲じゃない」



八幡「ご主人様ってなんだよ!?」


陽乃「あたしを飼うんだから、ご主人様になるじゃない」


八幡「いや別に飼わないよ!?」


陽乃「ありゃ、そうなの?」


八幡「雪ノ下さんの弱味は忘れてやるから、代わりに俺達をからかって遊ぶなって言いたかったんですよ」



陽乃「条件がずいぶん優しいね」


八幡「欲張ったら高くつきそうなんで」


陽乃「あたしはお釣りを用意しなくちゃね」


八幡「いりません」


陽乃「ご主人様は優しいなぁ」


八幡「だからご主人様じゃないですよ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484394607

【八幡「雪ノ下さんの弱味を握った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 00:41:39.97 ID:ewNvHFOA0
いろは「私待ちくたびれましたよ」

八幡「あの…何で居るの?」

いろは「先輩の部屋って何か面白みないですよねぇ」

八幡「」(どうして人の話聞かないのこの子)

八幡「それで…何でお前が俺の部屋に居るんだ?」

いろは「…言わなきゃダメですか?」

八幡「流石に言わなきゃダメだろ」

いろは「わたし親とケンカしたんですけど」

いろは「結構派手に怒鳴りあったりしちゃったんで家に居るの気まずいじゃないですかぁ」

八幡「それで家出したのか?」

いろは「家出って言うほど大したことじゃないんですけどね」

八幡「じゃあそこの旅行鞄は何なの…修学旅行?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484062899

【【俺ガイル】いろは「せんぱ~い!遅いです~!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/01(日) 09:32:01.39 ID:IH4TdIU+O
山なし落ちなしシリアスもなし

------

結衣01

結衣「あけおめぇー!」

八幡「おめっとさん……ほれ、蕎麦」

結衣「おいしそぉ!ヒッキーまじグッジョブ!」

八幡「はいはい。さっさと食べるぞ」

結衣「んもぉー。どうしてそんなに変わらないかなぁうちの旦那様は」

八幡「熱……急に変なこと言うな。お前だって変わってないだろ」

結衣「そんな事ないし!少しは変わったから!」

八幡「ほぅ。どんなところが」

結衣「それはー。えっと。そう!お菓子とか上手に!」

八幡「俺や雪ノ下がいるときは除外だぞ」

結衣「あぅ!」

結衣「うー。じゃあ……えーっと……えーっと」

八幡「……」

結衣「どうしようヒッキー!思い付かない!」

八幡「……ああ、確かに変わってるな」

結衣「え!?何!?どこら辺!?教えて教えて!」

八幡「……ちょっと腹回りに肉がつい」

結衣「ヒッキーどこ見てんの!?最低!変態!」

八幡「あー……いや」

結衣「うぅ……ダイエットしなきゃ……でも蕎麦おいしい」

八幡「……ありのままのお前でいいだろ」

結衣「へ?」

八幡「……」

結衣「えへへ。今年もよろしくね。ヒッキー」

八幡「……こちらこそ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483230721

【八幡「明けましておめでとう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/18(日) 15:28:49.22 ID:p6W32nB80

12月


いろは「終わった、終わった~、…てこれから生徒会だけど」

いろは「はあ~なんで2年連続で生徒会長になったんだろ…これも先輩のせいだ」


友達「いろは」

いろは「ん?なに~?どしたの」


友達「あ、これから生徒会だっけ?」

いろは「そうだけど、少しなら時間あるけど?」

友達「あ、うん。もうすぐクリスマスパーティあるじゃん?」

いろは「そういえばあるね」

友達「あれって私も行っていいのかな~?」

いろは「わたしが許可することでもないけど…大丈夫だと思うよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482042528

【八幡「一色いろはとの関係」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 22:17:41.97 ID:FbaRNMTY0
八幡「うおっ、どうしたんだお前・・・その怪我」

沙希(比企谷があたしの眼帯を見て驚く)

沙希「別に・・・階段で転んだだけ」

八幡「・・・そうか、その、大丈夫なのか?」

沙希「・・・2、3日で治るってさ」

沙希(こいつが心配してくれる。それだけで嬉しくなる単純な自分が少し嫌いだし)

沙希(それでつい素っ気なくしてしまう自分は、大嫌いだ)

沙希「片目だけで遠近感狂っちゃうから・・・それはちょっと不便かな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486300661

【沙希「あいつとの距離」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 22:48:05.03 ID:83WxcpDBo
三浦「どうなの?」

八幡「俺に聞かれてもな」

三浦「だって雪ノ下さんと仲良いじゃん、アンタ」

八幡「仲良くねえよ。てか何でそんな話になってんだ?」

戸部「それがー、二人でデートしてるところをいろはが目撃したみたいなんだわー」

八幡「一色が?」

戸部「そうそう。結構仲いい感じに見えたらしいんだわー」

八幡「ほーん」

三浦「それでヒキオは何か知ってるん?」

戸部「俺たち全員気になっちゃってるわけよー」

大和「だな」

八幡「葉山には聞いたのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481204884

【三浦「隼人と雪ノ下さんが付き合ってるのか教えな」八幡「はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9XuF3XEACk 2016/11/26(土) 17:10:01.98 ID:UlgWdh3g0

雪乃「葉山君、遅いわよ」

葉山「ごめん、雪乃ちゃん。遅れてごめん」

雪乃「まあ、いいわ。それで?今日はどこへ連れて行ってくれるの?」


葉山「雪乃ちゃんはどこへ行きたい?」

雪乃「私は…そうね、あまりこれといって行きたい場所は提示できないわ」

葉山「そうか…」

雪乃「ごめんなさい、デートは正直したことがなくて…」

葉山「いや、構わないよ。俺だって似たようなものさ」

雪乃「あなたの口でそういうことを言うの?あてつけかしら?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480147801

【八幡「葉山と雪ノ下」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:09:09.52 ID:vvV1bbjk0
冬にアニメ化するChaos;Child とのクロスですが、俺ガイルさえ知っていれば問題なく読めると思います。名ありキャラは俺ガイルオンリーです。
アニメ放映前であるChaos;Child のネタバレは避けますので、知らない人もぜひ読んでみてください。

それと、SS書くの初めてなので何かおかしな点があれば教えていただけると嬉しいです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480144149

【八幡「ディソード」いろは「中二病ってやつですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: よき先生 2016/11/19(土) 23:29:30.32 ID:wS1AfmKg0
八幡「・・・はー」


留美「何?」


八幡「お前俺と同じ道たどってんのな」


留美「は?何言ってんの?」


八幡「いや、俺も高校の時にお前と似たことこの作文に書いたのを思い出したんだ、つか先生って言え」


留美「・・・はち、比企谷先生はボッチで満足だった?」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479565770

【留美「青春とは嘘であり悪である」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/14(月) 20:33:38.23 ID:rQbG7VQi0

唐突だが俺は志望する大学に受かることができた。


いろは「なんですか急に?」


八幡「いや、ちょっと言ってみたかっただけだ」

いろは「はあ?」

葉山「まあ、お互い志望大学に合格できたみたいで何よりだね」

八幡「おう」

いろは「あ~、そうなんですよね。葉山先輩、おめでとうございます!」

葉山「ありがとういろは」


いろは「先輩もおめでとうございますっ!」

八幡「お、おう」

いろは「先輩って照れると「おう」しか言いませんよね」

八幡「なんでそんなことわかるんだよ」

いろは「色々観察してるとそう思いまして」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479123217

【八幡「大学に向けて考えること」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:27:26.52 ID:10e6BFpr0
雪乃「かぁ~ぱかっぱぁ~♪かっぱのまぁ~くのかぁ~」

ガララ!!

八幡「うっす」

雪乃「っぱ・・・」

八幡「ん?」

雪乃「・・・」

八幡「・・・なんか歌ってなかったか?」

【雪ノ下「かぁ~ぱかっぱぁ~かっぱのまぁ~くの」ガララララ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 18:56:12.10 ID:G0XhKHAs0
八幡「え、いいんすか!?」

平塚「ただし、主夫としての実力を測らせてもらうために私が同行する。あと職場は私の部屋だ」

八幡「え?は?」

平塚「なんだ?異論でもあるのか?」ギロッ

八幡「はひ!ありません!サー!」

【平塚「希望職種専業主夫、希望職場自宅・・・ふむ、よかろう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 20:59:03.22 ID:fXxP9U3I0
八幡「……」

平塚「…………」

八幡「ひ、平塚先生?由比ヶ浜なら今日は」

平塚「いや、いい。それ以上言わないでくれたまえ……」

【平塚「……や、やっはろー!」ガラガラ  八幡「!?!?」ビクッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:04:24.63 ID:Sl+Jk7710
由比ヶ浜「頑張って作ったんだよ……?」

由比ヶ浜「後で感想聞かせてね」

八幡「お、おう……」

八幡「もぐもぐ……痛っ」グシャ

八幡(うわ、カッターの刃じゃねーか。てか血が止まらん)ボタボタ

八幡「これは……そういう意味なんだろうな」


由比ヶ浜「ゆきのんに手伝ってもらっちゃったー」

由比ヶ浜「おいしくできたかなー」

【由比ヶ浜「ヒッキー、お弁当作ってきたよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 13:12:16.23 ID:YDdynFnfO
八幡「(ヤベッ・・・マジで可愛くて思わず口に・・・人生最大の失態・・・)」

あーし「ア、アンタに言われても嬉しかないんですけどー!」

八幡「そうだろうな聞かなかったことにしてくれや(よし・・・向こうが平常対応してくれて助かったぜこれでこっちも流せる)」

あーし「・・・なあ・・・ホントに・・・似合ってるか・・・?」

八幡「(なぜ蒸し返した・・・)」

【八幡「似合ってんな黒髪」黒髪あーし「はぁぁ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 18:14:13.48 ID:uKUiKv9kP
 

学校


いろは「アレガデネブアルタイルベガ~君は指差す夏の大三角~♪」

八幡「季節外れ過ぎだろもう冬だぞ。つかお決まりネタだからって大四角にしてんじゃねえ。アレガって何だアレガって」

いろは「アレガシリウスプロキオンベテルギウス~君は指差す冬の大三角~♪」

八幡「リズム外れ過ぎだろメチャクチャ早口になってんじゃねえか。つか年中見られるのかよアレガ」

いろは「もー、細かいですね比企谷先輩。A型ですか?」

八幡「うるせーなその通りだよ。それと血液型性格診断は嫌いだ」

いろは「あはは、誰も本気で言ったりはしていませんって。こういうのはネタですよネタ。お話の」

八幡「あいにく、そういう対人コミュニケーション法とかには疎いんでな」

いろは「知ってますけど……あ、それと一つ言っておきますけど、年中見られる星は存在しますよ普通に」

八幡「え、そうなの?」
 

【雪乃「私とデートをしなさい、比企谷くん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆.6GznXWe75C2 2016/09/09(金) 23:07:20.81 ID:+Jo7slJ2o
本屋にて

八幡「今月の新刊はと……」

八幡「……ん?」

八幡「『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』?」

八幡「また変なタイトルのラノベだな」ピラッ

八幡「…………」

八幡「……!?」

八幡「なんだよ……これ……」

八幡「主人公……俺じゃね……?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473430040

【八幡「やはり俺の世にも奇妙な物語はまちがっている」 雪乃「またなの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/11(木) 00:31:36.32 ID:2KRR6sX+0
戸塚「はちまーん」

八幡「ありがとうございます!」

戸塚「えっ、何?」

八幡「あぁ、いや、俺みたいな奴に話しかけて貰えるのがありがたくてな」

戸塚「………?」

八幡「まぁいいか。それで、何かようか?」

戸塚「うん、ちょっと聞きたいことがあってさ」

八幡「おう」

戸塚「八幡の好みの仕草が知りたいなって」

八幡「………うん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470843096

【八幡「好みの仕草?」戸塚「うん」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆xGYbWl71YI 2022/08/08(月) 23:46:48.89 ID:lUuXgEjf0
八幡「今日は俺の誕生日……」

八幡「とは言っても臨時で小遣いもらうくらいだが」

八幡「……少しくらい贅沢するかね」

ピンポーン

小町「お兄ちゃん出てー」

八幡「あいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1659970006

【【俺ガイル】八幡「誕生日に花火」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(木) 02:20:03.48 ID:c0waCm5+O
材木座の文章黙読中

八幡「……」ペラ

結衣「うぅ……」ペラ

八幡(なんだこれ……どこかで見た何かのオンパレードだなこりゃ……)ペラ

結衣「……」ウトウト

八幡(由比ヶ浜の奴寝かけてやがる……)ペラ

結衣「...zzz...zzz」スヤスヤ

八幡「……」ペラ

八幡「……結衣」

結衣「ハッ……!ヒッキー今名前で呼んだ!?」ガバッ

八幡「ああ、そうだな。ゆいゆいって呼んだな」

結衣「その呼び方やめてって言ったじゃん!マジキモいしありえないし!」プイッ

八幡(あれで起きちゃうのかよ……)

【八幡「しかし会話が言葉のドッジボールになるのはどこかおかしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆xGYbWl71YI 2022/08/08(月) 23:46:48.89 ID:lUuXgEjf0
八幡「今日は俺の誕生日……」

八幡「とは言っても臨時で小遣いもらうくらいだが」

八幡「……少しくらい贅沢するかね」

ピンポーン

小町「お兄ちゃん出てー」

八幡「あいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1659970006

【【俺ガイル】八幡「誕生日に花火」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 01:04:14.31 ID:PeEW7D/zO
八幡(何故俺はこんな朝早くに学校に来ているのだろう……。答えは言わずもがな、よりにもよってPSVITAを部室に忘れてしまったからである)

八幡(おかげで眠くて眠くてたまらん……教室行ったらまず寝るか)

ガチャガララッ

八幡(えーと……確かこの辺だったよな……)ガサゴソ

雪乃「何をしているのかしら比企谷君」

八幡「!?」ビクッ

【八幡「やはり訓練されたぼっちとは永久にぼっちなのである」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28(火) 01:46:22.13 ID:/6p60I8qO
八幡「……」ペラ

雪乃「……」ペラ

結衣「……」ポチポチ

八幡「……ふぅ」パタン

八幡(しっかしホント何もしねぇなこの部活……。というか果たしてコレを部活と呼んでいいものか)

八幡(そういや他の奴は普段、何をしているんだろうか。どうもこう暇だといらん事に頭を働かせてしまう。……少し確かめてみるか)

八幡「あのs」

雪乃「帰りましょ」

結衣「そだね。またねヒッキー」

【八幡「知り合い達とデート()してみた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:33:43.39 ID:CZ3E5ga70


材木座「ふえっ!?」

いろは「ですから、手つないでもいいですか?」

材木座「えっ? なっ、て、てて手って、手? この手…?」

いろは「その手以外にどの手があるんですか」

材木座「ハムッ、す、すまない…」

いろは「それでー、いいんですか? ダメなんですか?」

材木座「だ、駄目というか…………どうして我と…?」

いろは「理由は聞かないでください」

材木座「えっ、そ、そう……」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502865223

引用元: いろは「手つないでもいいですか?」 


【いろは「手つないでもいいですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:49:02.54 ID:+nKQIr2YO
結衣「えーなんでよーたのしーよ行こうよー」

八幡「暑い、だるい、しんどい、日焼けして痛い」

結衣「だるいとしんどい一緒じゃん」

八幡「それは違うな、このだるいは行き帰りに対してだ。そしてしんどいは泳ぐことに対してだ」

【結衣「ヒッキー海水浴行こうよー」八幡「いかん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 23:27:44.16 ID:cazc27xC0
結衣「……してない」

八幡「嘘つけ。遠慮なんかすんなっていつも言ってんだろ」

結衣「うん…ごめんねヒッキー」

八幡「謝るようなことされてねーよ」

高校卒業後の春休み由比ヶ浜は交通事故に遭った。
いや、本当は俺が遭うはずだった。
由比ヶ浜の犬が交差点に飛び出した所を俺が追いかけた時に由比ヶ浜は俺を庇って車に撥ねられた。
その後遺症で由比ヶ浜は下半身不随になり車椅子生活を強いられ今に至る。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469370463

【【俺ガイル】八幡「由比ヶ浜、お前トイレ我慢してるだろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆.XibMUKIvI 2016/07/18(月) 23:47:25.63 ID:s2t3tZ320

岐路というものは大なり小なりの違いはあれど確かに存在する。
人生は一本道には当然ならない。つまるところ日々選択と行動を繰り返しているのだ。

「わかったかね比企谷?」

「ええ骨身に染みました」

「骨身に染みているやつは多分そんなことは言えないだろうな」

ふーっと平塚先生は長めの息を吐いた。じゃあ何て言えば良いんだよ?反省してまーすとか言えば良かったの?とはいえこの叱責は俺自身の選択の結果なのだ。
6限。現国。暇を持て余していたとはいえ、授業中の内職をばっちりと見咎められてにっこり笑顔で放課後の職員室に連行された。

「受験生が授業中に内職するなんて普通ですよ」

「言い訳か?」

「一般論てやつです」

「およそ一般の範疇には属さない君が言っても説得力が足りないな」

「まったくもって俺もそう思います」

【【俺ガイルSS】かくして、彼と彼女の放課後は過ぎ去っていく】の続きを読む

このページのトップヘ