えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

クロスオーバー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あいなぎ ◆svacoLr1WE 2015/09/02(水) 03:10:04.79 ID:SFfhFyDO0
~朝~

ゴローニャ「おはよー!」

ソーニャ「うわっ!?なんだこいつ!」ジャキンッ

ゴローニャ「ちょっ!?いきなりナイフ構えるのやめてよ!」

ソーニャ「誰だてめぇ・・・慣れ慣れしい」

ゴローニャ「私だよ!やすな!」

ソーニャ「いいや違う。絶対」

ゴローニャ「私の事忘れちゃったの?あ、でも仕方ないか!ソーニャちゃんアホだもんねwww」

ソーニャ(やすなだ・・・)イライラ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441131004

【ゴローニャ「ソーニャちゃーんっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「ゲッターロボ!」 

ほむら「ゲッターロボ!」 第二話

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 20:19:47.00 ID:5KwpK+um0
マミ 「・・・こ、ここは・・・?」

武蔵 「お。マミちゃん、気がついたか」

マミ 「武蔵お兄ちゃん・・・?え、わ・・・わた、し・・・?」


武蔵の腕の中で目を覚ましたマミは、未だ定まらない頭と目で状況を確認しようとした。

何とか上体を起こし、辺りを見回す。

ここは魔女の結界の中。自分は未だ、魔法少女の姿のまま。


マミ 「え・・・じゃ、じゃあ、どうしてお兄ちゃんが結界の中に?」


だんだんと頭がさえてくると同時に、幾つかの疑問が彼女の内に湧き上がってくる。

なぜ自分は武蔵の腕の中で気を失っていたのか。

そして、普通の人間に過ぎないはずの武蔵が、どうして魔女の結界の中に現れたのか。

【ほむら「ゲッターロボ!」 第三話~第五話】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 02:30:25.87 ID:HRexqbGu0
高木「今日から君たちをプロデュースする杉下右京君だ」

右京「初めまして。高木社長からご説明があった通り、
あなたたちのプロデューサーとなりました杉下です」

律子「みんな、よろしくね」

【杉下右京「あなたたちのプロデューサーになりました杉下です」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ほむら「ゲッターロボ!」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 07:43:53.47 ID:KeUgQve40
バラ園の魔女結界内


竜馬 「いまだ、暁美!」

ほむら 「わかってる・・・!」


私と流竜馬からの波状攻撃を受け、バラ園の魔女は紅蓮の炎に包まれた。

断末魔の雄叫びを上げながら、炎の中に崩れ落ちる魔女。

やがて。

炎の勢いがおさまり、魔女の身体が消し炭と成り果てた、その後に・・・


竜馬 「これか・・・」


私の目当てのものが、出現していた。

【ほむら「ゲッターロボ!」 第二話】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 23:37:59.85 ID:DfKlnIyf0
八幡「相沢先輩…ベルトコンベアの部品一つチェック忘れてるんですが…」

祐一「すまん、ちょっと考え事しててな」

八幡「はあ…てかそれは別に良いんですがまた上司にしかられちゃいますよ…俺まで…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440772679

【相沢祐一(32歳)「魔法少女だとか青春ラブコメはまちがってる。とか時代を感じる…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/22(木) 00:23:30.31 ID:mX38UNwS0
ほむら「ゲッターロボ!」第一話


・・・
・・・


幾度目かのワルプルギスの夜


私はワルプルギスの夜との戦いに傷つき、持てる力を全て使い果たし・・・そして、今。

瓦礫に挟まれるように、ボロキレのような身体を横たえていた。


ほむら 「どうあっても、勝てない・・・」


絶望で心が黒く染まりそうになる。

そんな時だ。


まどか 「ほむらちゃん」


私の横に、まどかが降り立ったのは。

凛とした顔で。

魔法少女の衣装に身を包んで・・・

【ほむら「ゲッターロボ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 2015/08/24(月) 18:02:52.22 ID:34WGeiGJ0
仮面ライダーBLACKRXと絶対無敵ライジンオーのクロスssです
よろしければどうぞお読みください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440406971

【仮面ライダーBLACKRXvs絶対無敵ライジンオー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆CiplHxdHi6 2013/01/30(水) 00:23:41.68 ID:RPybeg5k0
沖縄 アサガオ

桐生「……」

遥「おじさん? こんな早くからどこに行くの?」

桐生「遥か。大吾が、撃たれた」

遥「良く撃たれるね、大吾さん」

桐生「ああ。東城会が、揺れているんだ」

遥「私もついて」

桐生「ダメだ! 遥を危険な目に、合わせたくない」

遥「おじ、さん……」

桐生「あさがおのこと、少し頼む。なに、すぐに戻ってくるさ」

遥(そう言って、おじさんは東京へ向かいました。ただ……)

遥「かばんからうちわ、はみ出てたよ……」

【桐生「L・O・V・E・ラブリー伊織!」遥「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:23:02.66 ID:6LYqs3f20
やよい「~♪」

伊織「やよい~、こっち終わったわよ~!」

響「こっちも終わったぞ~!」

やよい「は~い。~♪」

【杉下右京「高槻やよいさんには何か秘密がありそうですねぇ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆C2VTzcV58A 2015/08/20(木) 20:31:52.38 ID:680E2EPn0


前作 本田未央「バトルスピリッツ……?」 

思ったより時間がとれたので続き書きます

注意書き
・モバマスアイドル達がバトスピするだけ
・一応アニメ次元を基本にしてます
・細かいミス等あると思います(なくすように努力はします)
・バトスピ知らない方にも楽しんでいただけるような作りにしたいです


前回のあらすじ

・本田未央、事務所のみんながやっているバトスピを始める
・みりあちゃんにボコボコにされる
・そして強くなることを誓ったのであった


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440070312

【本田未央「バトルスピリッツ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 18:09:47.04 ID:TVI9dMTJ0
爺「そうじゃ。あそこならお前のような超能力者は腐る程おる」

琴浦「……わかりました」

爺「…こんなことしかできなくてすまんのう…」

琴浦「……」

【琴浦さん「学園都市?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆C2VTzcV58A 2015/08/17(月) 07:04:52.38 ID:+Fm3eA5d0
注意書き
・モバマスアイドル達がバトスピするだけ
・一応アニメ次元を基本にしてます
・細かいミス等あると思います
・時系列的には3話終了直後くらい


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439762692

【本田未央「バトルスピリッツ……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/11(火) 02:54:29.44 ID:hslg3LRD0
映画「アイアンマン」とモバマスのクロスです。

かなり無理やりな設定になっているので、それでも良ければお読みください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439229269

【南条光「アタシがアイアンマンだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 17:34:36.80 ID:jL1Omk2ko
くるみ「遠足? 昨日言ってたやつはそれか」

ゆき「うん!」

リュウさん「修行に行くのか。それはいい事だ」

くるみ「だけど、学園生活部は学校の外に出るのは禁止だしな」

ゆき「ふ・ふ・ふ」

リュウさん「どうした、踏み込みが甘いぞ!」

ゆき「わたしは気づいちゃったんだ。確かに学校の外に出ちゃいけない。でも、学校行事ならそれには当てはまらないって!」

くるみ「いや、でもなあ」

リュウさん「その間合いじゃ、拳半分届かない」

ゆき「えー……!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438763676

【ゆき「遠足に行こう!」 リュウさん「俺より強い奴に会いに行く!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
~☆

テーブルの前に腰掛けるマミ。自分の家に帰って来ていた。

浴室からお湯が床にぶつかり跳ねる音がする。杏子が身体を洗っている。

成り行きで、マミは杏子を連れ帰っていた。

始終マミといる事が心底嫌そうな顔をしながらも、

こうしてマミの家にまでおとなしく付いて来ている。

とりあえず本気で嫌がっていないという事は間違いない。

マミは杏子の強情さに笑い出したくなった。

杏子が強情だったのはその態度だけではない。

道中、やけに杏子が左腕を気にかけていると思いマミが触って確認してみると、

腕はただ形だけ繋がっているばかりで、

すなわち左腕の怪我そのものは全然治っていなかった。

どうやらマミに弱みを見せたくなかったらしい。

しきりに治療を嫌がるそぶりを見せたが、もちろん家に着いてからマミが無理やり治療した。

【巴マミ「寄生獣?」 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

巴マミ「寄生獣?」 その1 

巴マミ「寄生獣?」 その2

6: ◆2DegdJBwqI 2013/05/29(水) 11:06:30.51 ID:wJfOVFUV0
~☆

『ほむらちゃん、仁美ちゃん、私、それにマミさんの

これから四人で一緒に毎日登校しませんか?』

という誘いのメールを就寝前マミはまどかから受け取った。

翌朝、まどかから通知された場所で三人と待ち合わせた後、

遅刻しない程度にゆったりとしたペースでマミは歩き始めた。

道を塞いで他の通行人の邪魔にならぬよう、

先頭にマミと仁美、それに続いて、

ほむらとまどかがそれぞれ隣同士、

二列に並んで学校を目指す。

仲良く会話のキャッチボールを交わしながら

テクテクきびきび歩いていく。

赤信号のせいでその歩みが止まる。

信号待ちで足を止めているマミの肩に

ほむらが突然手をかけて自分の方へと振り向かせた。

【巴マミ「寄生獣?」 その3】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2DegdJBwqI 2013/01/20(日) 22:34:53.15 ID:REujk/CF0
※とりあえず暫定的な諸注意

1これはアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」と漫画「寄生獣」のクロスオーバーです。

そういった物が苦手な方は読まない方がいいです。


2寄生獣側の人間は登場しません。まどかマギカ主体です。

あくまでまどマギ世界にパラサイトが飛来してきたらという設定です。


3タイトル通り魔法少女ともえ☆マギカと言えるくらいマミさん中心です。

主人公はあくまでまどかじゃなきゃ嫌だという方も読まない方がいいです。


4かなり多くの本編で描写されてない所に関しての独自解釈を含みます。

(特にまどマギについて)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358688893

【巴マミ「寄生獣?」 その1】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/30(木) 17:24:51.08 ID:DMck7pd+0
まひる「うぎゃあああああああああ!!!」シュッ


悟空「よっと!」パシッ


まひる「え!?」


悟空「うーん、なかなか良い腕だな!ビーデルといい勝負かもしんねぇ!」


まひる「は、離してええええ!!!」バタバタ


悟空「まあまあ!落ち着けって!オラはおめぇの・・・男嫌い?を治すためにやってきたんだ!」


まひる「・・・え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438244690

【悟空「おめぇが伊波まひるか?」まひる「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 20:58:37.26 ID:jRBu3g6nO
火神「決まってんだろ!」

火神「オレは中学2年までアメリカにいた」

黒子「知ってますけど」
火神「日本(こっち)戻ってきてガクゼンとしたよ。アイドルのレベル低すぎて」

黒子「……」

火神「オレが求めてんのはお遊びのアイドルじゃねー。もっと全力で血が沸騰するようなアイドルが見てーんだ」

黒子「落ち着いてください。それで、誰が好きなんですか?」

火神「……さん」

黒子「え?」

火神「だー! あずささんだよ、あずささん! 三浦あずささんだよタコ!」

黒子「……そうですか」

火神「てか、反応うすいな! コラ」

黒子「すみません。予想通りだったもので」

火神「んだと!?」

黒子「ガサツで、大雑把な火神君は、きっと大柄な三浦あずささんだろうと、ボクは思ってました」

引用元: 黒子「火神君は765プロのアイドルで誰が好きですか?」 


 

【黒子「火神君は765プロのアイドルで誰が好きですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 22:16:21.09 ID:B8lwZRLV0
QB「それで、君たちは魔法少女になる決心がついたのかい?」

ゆっこ「どうする?みおちゃん」

みお「願い事が叶うんでしょ?」

QB「もちろん!ただしひとつだけね」

ゆっこ「魔法少女ってなんかかっこいいじゃん!」

ゆっこ「なろうよ!みおちゃん♪」フフーン

みお「えぇ、でもやっぱり」

みお「まいちゃんは?」

まい「びびでばびでぶー」

みお「う~ん、じゃぁ私もなってみようかな」

【ゆっこ「魔法少女!ゆっこマギカ!参上!なんつって」QB「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 ◆d.DwwZfFCo 2011/01/29(土) 12:31:53.89 ID:iFKyUDNi0

禁書×めだかのクロス作品です。

球磨川『学園都市?』 前編 

球磨川『学園都市?』 後編

あらすじ的なの

球磨川が絶対能力進化計画の中止を『なかったこと』にし、死んだはずの妹達が蘇る。
打ち止めをさらわれた一方通行、黒子を傷つけられた美琴が打倒球磨川のため動き出す。

負能力というマイナスの能力に目覚めた佐天、ミサカ9982号、天井が立ち塞がるが、
何とか球磨川の元へ辿り着く。

そしてその事件当日の朝、学校へ登校した上条を待ち受けていたのは友人である姫神と青髪ピアス。
彼らもまた凶悪な負能力を保持していた。

人吉瞳という助っ人ともに上条は二人と戦う決意をする。

不幸(マイナス)と幸福(プラス)が交差するとき物語は始まる――



【球磨川『学園都市?』 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆oDLutFYnAI 2010/08/16(月) 15:13:47.39 ID:By5Wa32o
白井「『延長戦』で卑 な想像した殿方はさっさと消えてくださいですの」

番外「選択肢しだいじゃその想像も当たっちゃうけどね」

白井「……!?ワ、ワイルドなお姉さまですの!!」


ここは佐天さんが第四波動を使ったらどうなるのってスレだったんですが、前スレで一応完結したので
今は後日談。なので前スレまで読んでなくても全く問題ないです。

簡単にあらすじを。
佐天さんが一方さんと仲良し。打ち止めと恋敵。
打ち止め「アナタなんかにあの人は渡さない!ってミサカはミサカは包丁でお腹を抉ってみる」
佐天「らすと……おー、だー、ちゃん……?」ガフッ
選択肢でルート分岐するので、最悪こういうパターンも。
国外逃亡するまでには終わらせられる予定。


一応前スレまで。
佐天「第四……波動……か」 

佐天「ストリームディストーション!」

佐天「第四……波動……か」 

佐天「今までありがとうございました―――左天お兄ちゃん」 

佐天「未元物質って知ってます?第五波動ー!」←制作。前スレ

五か月ほど前に衝動的に立てたスレがもはや8スレめ。馬鹿なんじゃないのか。

【佐天「延長戦はいりますねー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆yz988L0kIg 2015/07/23(木) 05:09:21.71 ID:xSD0KiOZ0
・デレマスとGUILTY GEAR Xrd -SIGN- のクロス(GGxrdのキャラは直接出てきません)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437595751

【雪美「雅に……ガー不起き攻め…………。ペロ…合わせて……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LOcdYVQIyguM 2015/07/22(水) 23:00:57.30 ID:sjpD5qjZ0

にこさん、誕生日おめでとうございます!

・ラブライブ!×バトルスピリッツのSSです
・今回は誕生日祝いとしての特別編です
・時間帯は本編内の5話目と6話目の間ぐらいです

穂乃果「ゲートオープン、界放!」 

ことり「ゲートオープン!」 海未「界放!」 

真姫「ゲートオープン」 花陽「開放!」【ラブライブ!×バトスピ】 

こちらが本編で、今回のは特別編でございます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437573647

【にこ「誕生日でもゲートオープン、界放!」【ラブライブ!×バトスピ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tbYrCgujzM 2013/12/08(日) 00:09:20.15 ID:mg8XfN9n0
QB「人類の、歴史をね!」

まどか「やめてー」


まどか「…もし、あなた達が人類に干渉していなかったら?」

QB「今でもまだ、狩と採集ばかりを繰り返す、救いようのない文明レベルだったんじゃないかな」

QB「洞窟で火起こしてうほうほしたり」

まどか「…」

まどか(狩と採集かぁ…)

まどか「憧れだったんだよねー、私」

QB「おや?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386428960

引用元: まどか「私鹿目まどか!ハンターランク、1です!」 


 

【まどか「私鹿目まどか!ハンターランク、1です!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラマンベリアル「アイドルをプロデュースする」 前編

319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/29(水) 23:10:59.43 ID:SG5kVy2p0

>> 346プロ

ゼロ「というわけで、ちひろさんと部長にも話しておこうと思うんだが……」

ちひろ「はい?」

部長「何をだい?」

卯月「補佐さんは躊躇いなくいきますね……」

凛「ああいうのって、普通は秘密にしておくんじゃ……」

ゼロ「実は俺は……」

ちひろ「そんなタイトルのアニメやってますね」

ゼロ「デュワ」ブゥゥゥン、シャキン、シャキン

部長「!????!???」

ゼロ「光の国のウルトラ戦士、ウルトラセブンの息子、ウルトラマンゼロだ」

ちひろ「……だから私の名前、知ってたんですね」

アーニャ(せっかくの秘密が……)

蘭子(みんなに知られちゃった……)

【ウルトラマンベリアル「アイドルをプロデュースする」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 23:36:18.98 ID:VsCjt4tn0
※ウルトラマンとデレマスのコラボです

※基本ベースはデレマスのアニメ、1クール目が基準となります

※ギャグ9割、シリアス1割の予定です

※アニメに出てるのに、デビューしてなかったりしますので、その辺は目をつむってください。お願いします。

※一部キャラ崩壊注意です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437402968

【ウルトラマンベリアル「アイドルをプロデュースする」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

球磨川『学園都市?』 前編

525: 1 ◆d.DwwZfFCo 2011/01/13(木) 22:43:34.86 ID:BWKcEvAa0
「さて、お姉様は死についてどういった考えをお持ちでしょうか?」

「死後の世界へと向かうのか、それとも霊体となってしまうのか。輪廻転生という考えもありますね、とミサカは質問を投げかけます」

9982号はそう言いながらも、蹲る御坂に対してサブマシンガンを構え、近づいていく。

ゆっくりと歩くその姿は、まるで十三階段を昇る死刑囚のように慎重な足取りだった。

「……何も無くなるんじゃないの?」

当然、死んだ経験など無い御坂にとってこの質問の答えなど知る由もなく、それは生きている生命全てに言える。

しかし、目の前の彼女は違うのだ。

死後の世界に旅立ったわけでもなく、霊体のように実態がないわけでもなく、まして生まれ変わった姿でもない。

死ぬ直前の姿のままで、御坂の前に立っている9982号は、この質問の答えを知っている。

「全くの無、だったら良かったのかもしれませんが、残念ながらそうではありません」

「ずっと死の痛みが残るんですよ、とミサカは語ります」

死の痛みが続く。

痛みが、廻っていく。

くるくると、狂う狂うと。

それは永遠に続く回廊。

進んでは振り出しに戻る回廊。

狂う程の痛みが続く回廊。

ゆえに、狂痛回廊。

「経験論に基づいてそう呼称するのですが、なかなか良い響きじゃないですか、とミサカは自身のネーミングセンスに酔いしれます。

【球磨川『学園都市?』 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆oDLutFYnAI 2010/07/07(水) 17:59:19.88 ID:QHiQmFUo
佐天「略して『ダマし』!どうですか?」

垣根「どうって言われても、俺の決め台詞取られてるしな」

佐天「えっ、じゃあ『私の第五波動に常識は通用しない……!』のほうがよかったですかね?」

垣根「だからそれも俺の台詞ぱくってるっての!」

佐天「『なるほど、余程愉快に凍結したいと見える』とか」

垣根「テメェわざとやってるよな?そうだよな?」

佐天「初春の恨み、忘れてません。脳ミソくちゅくちゅしますよ?」

垣根「ごめんそれだけはマジやめて」


このスレは禁書外伝キャラの佐天涙子が、NEEDLESSの左天の能力「第四波動」を手に入れたらどうなるの?
ってことを妄想したスレです。
ストーリーは原作基準……なんだけど、最近なんかおかしいぜ。
さて、来月には禁書の新刊が発売するな!俺はたぶん日本にいないけど!
以下過去スレ。vipのはのくす牧場でまとめられてました。ありがたや。

佐天「第四……波動……か」 

佐天「ストリームディストーション!」

佐天「第四……波動……か」 

佐天「今までありがとうございました―――左天お兄ちゃん」


ただ今一方さんルートの最終段階。
しかし前スレで終わらすつもりが……頑張るぞー。

【佐天「未元物質って知ってます?第五波動ー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆oDLutFYnAI 2010/06/14(月) 22:46:39.21 ID:Q6hvLaco
佐天「―――もう、間違えませんから」

左天「ああ――――頑張れよ、涙子」



このスレは禁書外伝のキャラ佐天涙子が、NEEDLESSのキャラ左天の「第四波動」って能力を
使えた場合どうなっちゃんだって妄想した結果のお話です。 

過去スレ
佐天「第四……波動……か」 

佐天「ストリームディストーション!」

佐天「第四……波動……か」 


【佐天「今までありがとうございました―――左天お兄ちゃん」】の続きを読む

このページのトップヘ