えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アイマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hhWakiPNok 2021/06/19(土) 10:18:19.68 ID:70wswz3V0

 マツコの知らない世界。
 今夜は豪華6本立て。THE IDOLM@STERスペシャル。
 さて今夜のマツコの知らない世界は……

『マツコの知らないブラジル系アイドルの世界』
・島原エレナ ナターリア 日下部若葉

『マツコの知らないお風呂アイドルの世界』
・田中琴葉 日野茜

『マツコの知らない白衣の天使アイドルの世界』
・豊川風花 柳清良 夢見りあむ

『マツコの知らないりんごアイドルの世界』
・木下ひなた 辻野あかり 工藤忍

『マツコの知らない応援アイドルの世界』
・若林智香 周防桃子 真壁瑞希

『マツコの知らないピンク麺アイドルの世界』
・橘ありす 高坂海美 他



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1624065499

【マツコ・デラックス「マツコの知らない世界THE IDOLM@STERスペシャル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2014/12/13(土) 19:03:42.72 ID:T8tPUF320
冬馬宅前

玲音「また君に会えて嬉しいよ!」

冬馬「何で貴女がここにいるんだよ!?今は海外にいるはずだぞ!」

玲音「戻ってきたんだ、いろいろ事情があってね」

冬馬「事情って?」

玲音「それは………」

翔太「冬馬君遊びに来たよ~♪」

北斗「外は冷えるな…、早く温まりたいよ」

冬馬「あ、二人とも…」

玲音「やあ、初めまして! 伊集院、御手洗」

翔太・北斗「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418465012 




【玲音「久しぶりだね、冬馬!」冬馬「げっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 エムマスP「Beitのプロデュースをする事になった」

2: ◆EyqsYGWDiw 2014/12/12(金) 23:54:30.78 ID:1IfPe8wX0

P「おはようございます」ガチャ

山村「Pさん、おはようございます」

P「山村さんは相変わらず早いですね」

山村「そりゃあ事務員ですからね。何度かPさんに先を越されてこっちは形無しなんですから」

P「いやあ、なんかすいません」

山村「…あれ、眼鏡どこにやったかな」

P「だから頭の上についてますって」

山村「Pさんいい加減にして下さいよ。僕だってそろそろ本気で……本当だ」

P「いつもそれやってますよね」

山村「ブルーライト用眼鏡なんでつい忘れちゃうんですよね。この眼鏡軽いし。ほら」ヒョイ

P「本当だ、めっちゃ軽い」

P「……いやいやいやいや」




【鷹城恭二「Beitになってしばらく経った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/18(水) 20:49:40.64 ID:0sbcFJGro

真「うわ~……」

美希「真くん、袋を見ただけで その反応はないの」

真「いやだって、このポテチの袋ピンクだし……」

美希「いちごババロアっぽくて素敵なの」

真「それも、なんか紫がかったピンクというか毒々しい色だし……」

美希「そう?ミキは気にならないよ?」

真「黒い粒々が描かれてるし……」

美希「イチゴっぽくていいと思うな~」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484740180

引用元: 星井美希監修 ポテトチップス いちごババロア味 

 

アイドルマスター 星井美希 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2015-05-19)
売り上げランキング: 43,552
【星井美希監修 ポテトチップス いちごババロア味】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 22:27:16.09 ID:GjrAQXCx0
ブロロロロロー

P「春香、今日のロケはうまくいったな」

P「初めの頃は、緊張してガチガチだったのに、だいぶ外ロケも慣れてきたな」

春香「・・・・・・」

P「春香?」

P(寝ちゃったか…今日はずいぶん歩いたからな、しょうがないな)

春香「んん・・・」

P(おっと、起こすと悪いな)

P「・・・・・・・」

P(そろそろ、到着するな)




【あずさ・小鳥・P「プロージット!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 15:23:03.13 ID:A5+1dJz40
P「どういうことなんだ」

小鳥「知りませんよ、すっかりラブラブじゃないですか」

P「知ってますか小鳥さん、ラブラブって死語なんですよ」

小鳥「はい」

P「ああ、どうしよう……プロデューサーとして俺はどうしたらいいんだ」

小鳥「うーん……これは完全にプロデューサーさんの自業自得ですから」

P「そうですよね、分かっては居るんですけども、本当のこと言うにしても春香を傷つけてしまうかもしれないし、だからと言ってこのままですと……いずれ大変なことになるような気がするんです」

小鳥「女心踏みにじる野郎は下衆ですからね~」

P「なるほど、今まさに踏まれたような感覚です」

小鳥「ここはプロデューサーさんが男として!きちんとわきまえないと!」

P「ああ~どうしよう……」

小鳥「誰かに聞いてみるとか、どうですか?」

P「誰かに?」

小鳥「対処方法を」

P「なるほど!それじゃあ>>10に聞いてみよう!」
※アイマスキャラでお願いします、DS組は口調とかが酷くなるかもです。




【P「知らぬ間に俺が春香と付き合ってることになってた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tQlkWc7J6s 2013/11/02(土) 23:36:57.09 ID:0ijYlNk50
律子「いや、いきなりなんですか…」

P「正直に言おう……今まで我が765プロは色々なアーティストの曲をカバーしてきた」
P「そろそろカバーアルバム出してもいいと思うんだ!!」

小鳥「それは私も常々思っていたんですよ!」グワッ

律子「ッ!ビックリした…音無さん、急に会話に大声で参加してこないでください」

P「どうしてうちのアイドルはこれだけ優れていながらカバーアルバムを出していないのか、その疑問を共有してくれている人がこんなにも近くにいるなんて」

小鳥「就業中隙を見ては脳内で、カバーアルバム出すとしたら誰がどの曲歌ったら良いかなーなんて考えていた甲斐がありましたよ!」

律子「そんな時間があるなら仕事ちゃっちゃと終わらせとけば定時に帰れると思うんですけど…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383403016

引用元: P「カバーアルバム出したい」 


 

THE IDOLM@STER (6) 特装版 (REXコミックス)
まな 高橋龍也 BNEI/PROJECT iM@S
一迅社 (2016-12-27)
売り上げランキング: 581
【P「カバーアルバム出したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆sIPDGEqLDE 2017/01/18(水) 01:44:24.63 ID:e0PYrOl70

律子「ん~、何かちょっと……。う~ん、そろそろかしらね……」

あずさ「只今戻りました~」

律子「あぁ、あずささん。おかえりなさい」

あずさ「あら律子さん、お疲れ様です~」

律子「今日も現場お疲れ様です」

あずさ「律子さんは今日は事務所でお仕事ですか?」

律子「えぇ、事務仕事は放っておくとすぐ溜まっちゃうんで」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484671464

引用元: 律子「眼鏡」 


 

アイドルマスター 秋月律子 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2017-05-31)
売り上げランキング: 29,454
【律子「眼鏡」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 00:30:57.80 ID:jXQDeBAO0
P「ふぅ、やっとできた」

春香「何ですか?この、電話ボックスみたいなの」

P「これはもしやボックスだ」

やよい「もやし?」

P「もしや」

千早(ここ数日事務所に籠もって何をしているのかと思えば……はぁー)




【P「ついに完成、もしやボックス!」やよい「もやし?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 12:53:49.33 ID:4Wm4kI0D0



・アイドルマスターの世界観に【魔法】を持ち込むという内容です。

・最初に安価を一度だけ募集して、それに従いお話を書いていこうと思っております。

・ご協力よろしくおねがいします。



>>5  ある日突然、やよいが使えるようになった魔法は……?




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418097219




【やよい「ビジョナリー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 14:41:09.04 ID:BDLDcqnF0
響自宅

響「みんな!ただいまだぞ!」

ハム蔵「……」

響「どうしたんだハム蔵?さっきから元気ないけど……」

ハム蔵「いや、なんでもないんだ……」

響「ならいいんだけど……さ、みんなちょっと待っててよ。今ご飯つくってやるからな!」

ハム蔵「……」

ハム蔵(P)「どうしてこうなった……」

引用元: P「ハム蔵になった……だと……?」 

 

  【P「ハム蔵になった……だと……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 00:38:22.11 ID:iu5KOFw70

律子「別に普通でしたよ?」

小鳥「はあ……って、え?え?」

P「どうされたんですか小鳥さん」

小鳥「私、プロデューサーさんに質問しましたよね?」

P・律子「「はい」」

小鳥「何で律子さんが答えてるんですか?」

 




【小鳥「プロデューサーさん、休日どうでした?」律子「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25(水) 00:34:45.94 ID:MRreQgnt0
春香「きゃああああああっ! 千早ちゃんやめてぇえええええええ!!」

千早「――――、――、――」シャキィィン

社長「なんと! まさか物置にあったあれを抜いてしまったのかね!?」

春香「助けてぇええ!」

社長「駄目だ! あれを抜いてしまったら、もはやこちらの声は届かない! 天海君逃げるんだっ!」

春香「に、逃げっ……わっほい!」ドンガラガッシャーン

春香「てへへ、こけちゃいました。なんかホラー映画のヒロインみたいですねっ」コツンッ☆

社長「言ってる場合かね!」

千早「――、――――!!」ズバアッ!!!

春香「いひんっ!」

社長「遅かったか……あれに切られたものは傷こそ付かないが、>>5の呪いにかかってしまう……っ!」



【春香「千早ちゃんが妖刀に憑かれた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 翔太「冬馬君、遊戯王って知ってる?」冬馬「遊戯王?」

4: ◆5m18GD4M5g 2014/12/07(日) 20:38:46.13 ID:6tJtoXoa0
冬馬「えーと、このカードを使って相手のモンスターを除去できるついでに場に召喚できるから…」

北斗「やってるな冬馬」

冬馬「北斗か、ちょうどよかった」

北斗「どうしたんだ?」

冬馬「もうすぐ大会だからデッキをもう一度調整してるんだがどうも事故が起きてな…」

冬馬「事故を防ぐために攻撃封じやドロー系のカードを入れてるんだけど…」

北斗「どれどれ…?」



【冬馬「目指せ!トップアイドルデュエリスト!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 21:26:39.08 ID:GoaZUvMK0



律子「って……えっ?」

P「んっ?」

律子「い、今なんて?」

P「だから俺が付き合ってくれって言ったらどうする?」

律子「い、いきなり何聞いてんですか!?」



みたいなのを読んでみたいと思っております

引用元: P「俺が付き合ってくれって言ったらどうする?」律子「もちろん…」 

 

アイドルマスター 秋月律子 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2017-05-31)
売り上げランキング: 14,560
【P「俺が付き合ってくれって言ったらどうする?」律子「もちろん…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 18:38:50.44 ID:bthl9PcFO
SSを書こう

そう思ったのはいつだっただろうか

2年…いや、3年前?

ある日、
沢山投稿してあるSSを読みながら、
「自分も書こう!」と思ったことだけは覚えている

『新規スレ』というボタンを押して、
ドキドキしながらスレを立てたから

その頃の私はスラスラと文字を打ち、
ただ思いつく限り指を走らせた



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417858730



【春香「SSなんか…書きたくない!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 11:53:39.56 ID:8Gfc2XtUO
響「うぎゃー! お前は961プロの黒井社長!! 765プロに、いったいなんの用だ!!!」

P「ライバルプロダクションに、アポ無しで拡声器を持って乗り込んでくるとは……穏やかではありませんね」

美希「ある晴れた昼下がりの、絶好の昼寝日和になんの用なの?」

雪歩「ま、真ちゃん……」ブルブル

真「雪歩、ボクの後ろに隠れて」

伊織「ふうん。単身で乗り込んでくるとは、いい度胸じゃない」

貴音「英語で言えば『ぐっどどきょう』ですね」

亜美「! お姫ちんが、え→ごを!」

あずさ「最近、勉強を始めたらしいのよ~」

【黒井「えー、お騒がせいたしております」キーン】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:14:52.67 ID:9yoNsOqc0
―事務所―

真美「亜美じゃん。どったの?今日直帰っしょ?」

亜美「なんかねー、パパ達がなんとかパーチーに行くとかで今日帰ってこないって」

真美「えー、そんなの聞いてないよー」

亜美「まあそんなわけでご飯代としてこいつを頂いたんですが…」

真美「い、一葉さん!?それってこれってもしかして!?」

亜美「余りは小遣い」

亜美真美「「ラッキーデー!!」」




【やよい「お泊り?」亜美「うんうん」真美「///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 02:39:36.44 ID:YXKVeJ5y0

P「んじゃ、俺上がるからあとよろしく」

律子「はい。お疲れ様でした」

貴音「私もそろそろ……」

P「貴音もか。なら一緒に帰る?」

貴音「そうさせていただこうかと」

律子「また明日ね」

貴音「失礼します、律子嬢」

P「また明日な」

バタン


P「…………」

貴音「………あんちゃん」

P「ん?」

貴音「らぁめん屋連れてってえな」

P「いいよ」




【貴音「あんちゃん、なぁあんちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/24(火) 22:19:29.38 ID:DaOz60ciP
響(プロジェクトフェアリーが結成してから、どれくらいだろう)

響(フェアリーは、飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けている)

響(今が頑張り時)

響(だから、大きな見落としをしていることに)

響(気がつかなかったのかな)




【響「妖精の呼子笛」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:29:21.77 ID:aZ+GOtHL0
春香☆Diary

9月30日(日)

今日は午前中営業、午後からレッスンを行った。
台風が近づいているってことで、早く終わらせるつもりだったんだけど……。
思いの外レッスンが上手くいってて、ここで終わらせるのは勿体無い!って私もトレーナーさんも思っていて。
すっかり長引いてしまいました。
家までの電車は運転見合わせ中で、計算したら地元の最終電車には間に合わない感じで。
今日は東京都内でお泊りすることになりました。

そのお泊りする先とは……。続きは、また後で!





【春香「電車止まっちゃった……もう帰れない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 16:26:27.77 ID:VyT/zgk50
P「じゃあなんで俺の裾を掴んでいる」

伊織「そ、それは、その・・・」

P「(伊織かわいい)」




【伊織「た、台風が怖いわけないじゃない!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:50:50.03 ID:aZ+GOtHL0
小鳥「え、何の話しですか?」

P「何の話しって、Adobe製品の話しですよ」

小鳥「だ、だからなんで私がその達人、になってるんですか?」

P「え、だってこの小鳥さんの加工したのって……」

小鳥「」

P「うわ!小鳥さんがまるで、目に白塗り入れられたかのように白目むいてる!!」

真「ベルばらですね!」

P「真、どこから出てきた!?」

小鳥「……ハッ」

P「気が付きましたか、小鳥さん」

小鳥「私は一体……」

P「都合のいいように、記憶の削除まで……」

小鳥「プロデューサーさん、何もありませんでしたよね?」

P「は、はい」

小鳥「なら良いんですよ」




【P「さすが小鳥さん!Photoshopの達人ですね!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:05:48.45 ID:GGViWPkm0
P「まずはどうする?」

>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417701938 




【赤羽根P「安価で黒井社長と仲良くなる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 20:39:32.99 ID:r+V81x290
亜美「いおりんは地元で噂の名探偵!」

真美「正義感の強いいおりんの一番嫌いなものは悪人、犯罪者だ!」

亜美「たとえ友人だろーと家族だろーと容赦しない!」

真美「通報までのスピードはこの真美たちをしてトップレベル!」

亜美「通報をするために生きていると言っても過言ではないのだ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484393972

引用元: 名探偵っすか!? 伊織ちゃん 


 

  【名探偵っすか!? 伊織ちゃん】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2021/06/12(土) 18:41:20.22 ID:99Ww0wpQ0
高木「はい、私のことを好きと言ってくれたご褒美だ、黒井の好きなウイスキーボンボンをあげよう」


黒井「わぁい!ありがと!それじゃあもっとだいすきっていってあげるね!」


高木「おやおや、そんなに好きって言ってもこれ以上は上げられないよ、虫歯になるからね」


黒井「え、だめなの?ういすきーぼんぼんもうもらえないの?」


黒井「たかお、ぼんぼんたべたかったのにもうもらえないの?うぅ…」グスン


高木「ああいや、冗談だよ冗談!ほら、まだあるよ。ごめんね、おじさん黒井がかわいくてつい意地悪しちゃったよ、はいこれ」


黒井「んもー!おじちゃんひどいよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1623490879

【黒井「たかぎのおじちゃん、だいちゅき!」高木「私も大好きだよ黒井」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆zoqhVdZX9I 2014/12/03(水) 03:30:11.15 ID:VpvPVu610
P「あの壁殴る奴ですか?」

小鳥「そっちじゃなくて・・・ちょっとプロデューサーさんこっち来てください。」

P「いやあの・・・書類整理が・・・」

小鳥「いいからいいから・・・」グイグイ

P「小鳥さん!?そんなに押さないで・・・うわっ!!」

俺は車輪のついた椅子に座ったまま壁際まで強引に押された。

小鳥「こういう事です♪」

ドン

P「っ!!」ビクッ

俺の席は窓側であったため、右手の方には机があった。
逃げようと決心した時には、唯一の逃げ道であった窓側を小鳥さんの左手で塞がれていた。

P「小鳥・・・さん?」

彼女はその紅潮した頬を俺の頬につけて耳元でこう囁いた。



こういう女は嫌いですか?と


 













SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417545001

【P「壁ドン?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ID:GWRh8iA90さんありがとう 2012/05/16(水) 19:53:44.53 ID:VXQ8KMDkO
今宵も、765プロがお送りする特別番組。

芸能人の悪行を暴き、断罪する。

その名も芸能人特別裁判所765号法廷。

本日、裁かれる被告人。

その名は……

響「自分、完璧だぞ。わっさんことなんかしねーんぞ!」

引用元: 響「プロデューサー! 冤罪だぞ、冤罪。ゆくしじゃねーんぞ……」 


 

  【響「プロデューサー! 冤罪だぞ、冤罪。ゆくしじゃねーんぞ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 19:48:08.31 ID:8BpNT3YqP
春香「ついにここまで来たんだなぁ」

春香「でも、もしあそこであぁならなかったらこうはならなかっただろうし……」

春香「もしかしたらもっと早く……まあ今更だよね」

春香「みんなもそれぞれ今があるけど」

春香「もし、もしそうなってたらって想像したくなっちゃう」

春香「例えば……」


 

【春香「サイドストーリー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:49:57.23 ID:YibSbZXD0
P「目まぐるしい日々もそりゃ、刺激的だろうけど」

P「ま、やっぱり何もないのが一番だよな」

千早「アイドルをやっていると、なかなかそうもいかないでしょうけど……」

P「まあ、アイドルにはアイドルの幸せがあるだろう?」

千早「そうですね……」

P「少なくとも、俺はこうやって千早と一緒にいるような日々は幸せだと思うよ」

千早「プロデューサー……」

P「千早、もうちょいこっちおいで」

千早「……?」

P「ふんっ!」

ドコッ

千早「ぐふぅっ!?い、いきなり……何を……!」

P「腹パン」

千早「なるほど」



【千早「平穏な日々が、一番幸せですよね」P「ああ、まったくだな」】の続きを読む

このページのトップヘ