えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アイマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 23:02:31.11 ID:kFtNTmKo0
春香「雪歩もそう思わない?」

雪歩「そ、そうだね…」

雪歩「うん…」

雪歩「……ねぇ、春香ちゃん」

春香「ん?」

雪歩「……どうして、私は春香ちゃんの部屋にいるの?」

春香「………」

雪歩「………」

【春香「お鍋の美味しい季節になってきたよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 23:51:42.03 ID:1Bs+5WmL0
千早「……」ハァ

春香(ちーちゃんが悩ましげな溜息を……!)

春香「千早ちゃん、どうしたの?」

千早「あ、春香……」

春香「何か悩み事?」

千早「え、べ、別に……」アセアセ

春香「もう、私達の間で隠し事は無しだよ?」

千早「……」

春香「話してみて?」

千早「えっと、その……」

春香「うん」

千早「最近、プロデューサーを見てると、胸が苦しくなるの……」

春香「それは恋だよ千早ちゃん」

千早「えっ」

【春香「清純派ちーちゃんの初めての悩み」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 00:57:17.31 ID:W/68nRY40
―――ある冬の日の朝・765プロ事務所―――

ガチャッ
貴音「お早う御座います」

美希「おはようなの…あふぅ」

小鳥「おはよう、貴音ちゃん、美希ちゃん。今日も朝早くから、大変ね~」

貴音「今度のらいぶは、わたくし、美希、響の三人ゆにっとで臨む初めての舞台…全力で取り組まねばなりません」

美希「ミキ的には、もうレッスンは十分だって思うな~」

小鳥「ふふっ、ライブは三日後!ラストスパートがんばってね!っと、電話が…」トゥルルルル

小鳥「はい、765プロでございます…あっ響ちゃん?うん…うん…えっ!?」

小鳥「わかったわ…こっちは大丈夫だから、安静にするのよ?また、連絡するから…」ガチャ

貴音「小鳥嬢、会話から大体の事情はつかめてしまいましたが、もしや…」

小鳥「ええ…響ちゃん、カゼをひいてしまったらしいの」

美希・貴音「!!」

【貴音「わたくし達が響を」美希「看病するのー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 19:11:02.96 ID:DYAWpI150
ザワ……

やよい「あれー?みんなどうかしたの?」

P「や、やよい……たしかにウチの給料はそんなに多くないけど、そんなに苦しいのか?生活」

やよい「いえー、ただ近所の新聞屋さんが募集していたので行ってみたんです」

やよい「それで、家のことを話したら明日から来てくれって言われちゃいましたー!」

伊織「や、やよい……それ大丈夫なの……?」

やよい「ん?なにが大丈夫なの?伊織ちゃん」

伊織「やよいの体がよ!」

やよい「だ、大丈夫だよっ!わたし健康には自信あるから!」

伊織「絶対に無理しちゃだめよ、わかった?」

やよい「うんっ!ありがとう、伊織ちゃん!」

引用元: やよい「うっうー!新聞配達を始めることにしましたー!!」 

 

【やよい「うっうー!新聞配達を始めることにしましたー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:01:43.50 ID:z0wSOfAE0
ワイワイ

P「ん?何やら盛り上がってるな」

春香「あ、プロデューサーさん、今私達の間で懐メロブームなんですよ」

P「懐メロか」

雪歩「千早ちゃんが昔のCDを持って来たのがきっかけなんですけど」

P「ほう、…懐メロっていうとお前たちが小学生の頃とかか?」

春香「いえ、70年代が中心ですね。生まれる前ですけど、聴き惚れた曲もあって」テヘヘ

雪歩「それで今日は、各自一番気にいった曲を持ち寄ろうってことになったんです」

P「なるほどな」

【P「ジュークボックス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:20:16.09 ID:Lj6renei0
765プロ

春香「あれ……? おかしいな、どこにいっちゃったんだろう……」

P「春香、何やってるんだ?」

春香「プロデューサーさん、実は……お家の鍵を落としたみたいで……」

P「鍵を? それは大変だな……」

春香「今日は家族全員帰ってくるの遅いので、見つからないとお家に入れないんですよ……」

P「なるほど……よし、俺に任せろ」

春香「一緒に探してくれるんですか? あ、ありがとうございます!」

P「ああ。でも簡単に見つける方法があるからそれで探すぞ。こうやって……」

春香「……? ペンを机の上に立ててどうしたんですか?」

P「見ていればわかるさ。ペンから手を離すと――」

パタッ

【P「探し物ならこうやってペンを立てて……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:05:20.51 ID:fmEq2VDC0
P「最近なんとなく暇だからな。ここで一つコミュニケーションと洒落込もうか」

P「さて、問題は誰にするかだよな」

P「うーん…」

P「よし!!>>5にしよう!!」

P「あ、ちなみに765プロのアイドルにだけにしてくれ。出かけるのはちょっと面倒だから」

引用元: P「事務所のアイドルに悪戯してみる」 


 

【P「事務所のアイドルに悪戯してみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/06/18(月) 00:48:29.22 ID:f3OfeHp60
P「俺はブラックジャック並みの手術が出来るようになった!
今こそ、その技術をアイドル達に試してみよう!」

誰を改造する?
>>4

引用元: P「安価でアイドルを大改造する!」 


 

  【P「安価でアイドルを大改造する!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 00:24:33.49 ID:wgIdp6I9I
P「そうだ!」

春香「やったあ!すごい、こんな有名なお菓子のCMに出られるなんて!私、嬉しいです!」

P「あぁ!これで春香の人気も、うなぎ登り間違いなしだ!」

春香「はい!……あの、それでどんな内容なんですか?」

P「あぁ、そのことなんだが…」

春香「?」




  【春香「え?私がたけのこの里ときのこの山のCMに?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 代行感謝! 2012/06/17(日) 20:38:46.78 ID:ngpX3WUjO
「ひょっとして……ナ、ナンパ屋さんですか!?」

今でも良く覚えています
これがプロデューサーと交わした、最初の言葉
そう言われたプロデューサーは、戸惑ったような表情でアタフタしてましたっけ

だけど仕方ないですよね?
街を歩いていたら、いきなり後ろから声をかけらたんですから

私、思わずお父さんに電話しちゃうとこだったんですよ?

そっか…
あれから5年も経つんですね
私、今でも覚えてますよ?

「俺、今日から765プロでプロデューサーをやらせて貰うことになりました」

プロデューサーからそう言われたときの、胸のドキドキを

引用元: 雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」 

 

アイドルマスター 萩原雪歩 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2016-01-08)
売り上げランキング: 7,082
【雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 20:29:22.18 ID:zGbhfnBn0
響「961プロの765への妨害にはもう耐えきれないぞ!」

響「これ以上 プロデューサーや仲間の悲しむ顔を見たくないゾ…」

響「でもそれ以前に、一度でいいから人を殺してみたいぞ」ヒヒヒ

響「アイツら どんな顔するのかなぁ…、どんな悲鳴あげるのかなぁ…」ニヤニヤ

響「考えただけでも楽しみだぞ!」

響「使う武器は…>>5か!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426246161

【響「961プロの連中を皆殺しにするぞ!」(安価)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 P「これがお前達のジャイアント・キリングだ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:10:14.97 ID:GY7cfRJC0
P「………というわけで、今年度の目標が決定しました」

P「765プロのアイドル12人で、新形式のIU3部門制覇」

P「何か意見はありますかー」


春香「………IU制覇、ですか……」

あずさ「なんといいますか……」

真「なんだか、とんでもない目標になっちゃったね……」

伊織「………」


亜美「正直、どのくらいすごい目標なのか亜美にはよくわかんないけど………」

真美「つまり、皆そろってIUに優勝すれば765プロはもーっとビッグな事務所になれるってこと?」

やよい「うぅー………大変そうです」

雪歩「そ、そんなこと……私達に本当に出来るんですか?」

引用元: 雪歩「私の中のジャイアント・キリング」 


 

アイドルマスター 萩原雪歩 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2016-01-08)
売り上げランキング: 4,924
【雪歩「私の中のジャイアント・キリング」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: lumberjack 2015/03/12(木) 22:28:14.13 ID:NeazBH8U0
アイドルマスター×東宝怪獣です。でも、大映怪獣も出ます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426166893

【P「アイドル達が東宝怪獣になっただって!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/23(土) 01:17:04.88 ID:XMG6FtHa0


P「ここでブッキングしている予定をこっちに……っと」

美希「ハニー!!」バーン

P「お? 美希か、お疲れ」

美希「ハニー!? ねぇねぇハニー!? ねぇねぇねぇねぇハニーってば~!!」ダキツキー

P「うぉおおお……どうした美希、今日は偉いぐいぐい来るな」

美希「明日って何の日か知ってる!? ねぇ!? ねぇねぇ知ってる!? 知ってるの!?」

P「明日……?」

美希「うん!!」

P「えっと、土曜日で」

美希「うんうん!!」

P「勤労感謝の日で」

美希「うんうんうん!!」

P「……他に何かあったっけ?」


美希「……………………」ウルッ


P「あー!! ごめんごめん!! 美希の誕生日だよな!! ちょっとからかっただけだよ、ごめんな!?」

美希「あ…………」パァ

P「内緒って言われているけど、明日は美希のために皆色々準備しているから、楽しみにしとけよ?」ナデナデ

美希「んふぅ~~///」(このタイミングでのナデナデは反則なの~♪)

P「んで? 用事はそれだけか?」

美希「あの、えっとね、ハニー」

P「うん」

美希「明日、ミキ、誕生日でしょ?」

P「うん」

美希「だからぁ……一つだけ、わがままを聞いてほしいって、思うなーって!!」

P「わがまま?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385137024

引用元: 美希「ミキが一番欲しいプレゼント」 


 

【 美希「ミキが一番欲しいプレゼント」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 18:17:58.67 ID:g/MzAb5C0
貴音「……」ジーッ

ギャオース

P「最近、事務所にいる時もずっとテレビで特撮ばかりみてるな」

P「まあ、別に変な趣味でもないし、他のアイドルたちと差別化を図る意味でもいいことかもしれないが…」

P「それにしても誰が教えたんだろう」

【P「貴音が怪獣映画にハマッてしまった…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/24(月) 22:22:12 ID:aJmt142Q
千早「え……っと。それは、私がオフという意味ではなく」

P「ああ。765プロ自体がお休みという意味だ」

千早「プロデューサーも、音無さんもですか?」

P「もちろん、社長もだな。765プロの全員がお休みだ。来ても誰もいないし、事務所の鍵も閉まってるから」

千早「え」

P「明日は千早は、誰かと遊びにでも行くか、家でゆっくりすること」

千早「しかし、急に言われましても私は……」

P「ゆっくりすること。分かったな?」

千早「……はい」

 

  【千早「明日はお休み?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/23(土) 17:37:08.68 ID:iw9CbjUR0
今から2週間前の事、この765プロの輝きを求めるアイドル達に、転機が訪れた。

「フェスですか!?」
「ああ」

驚く春香に対して、彼は頷いた。

彼というのは、春香達765プロのアイドルをプロデュースしている、プロデューサーのことである。

「いつやるんですか?」
「2週間後だ。そして、そのフェスに行くメンバーも、俺は決めてるぞ。あずささんとやよい、雪歩、それと、春香。お前だ」
「え、えぇ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385195828

引用元: 春香「トランプタワー」 


 

【春香「トランプタワー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:42:33.21 ID:hkOTZmV30
雪歩「ひぇぇ、爆弾発言だよぉ」

貴音「く、詳しく教えて頂きたい!」フンフン

伊織「ふ、ふん! うちのやよいの方が凄いんだからね!」

【千早「夜の春香は凄いんだから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:11:11.30 ID:lfJkE27eO
バタン★

小鳥「あっ! 伊織ちゃん、早くこっちに」

律子「プロデューサー、伊織ですよ。伊織が来ましたよ」

伊織「……うそ、よね。嘘でしょこんな……」

P「伊織……か?」

伊織「そうよ。げ、元気出しなさいよ。早く良くなって、また……」

P「……悪いな。俺はもう……ダメみたいだ」

伊織「! 馬鹿! なにを……なにを言うのよ」

P「俺が……死んでも、レッスンは休むな」

伊織「……馬鹿言わないで」

P「番組に穴も空けるな……」

伊織「そんな話、しないで」

P「次のライブもちゃんとやれ」

伊織「……わかったから……」

【伊織「プロデューサーが死んじゃう夢をみちゃった……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

無尽合体キサラギ 前編

309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/04(土) 01:37:56.60 ID:4ghH70Iao
もはや数えることもできなくなったほどに
地面を転がされたキサラギではあるが、機体への損傷はほぼない。
これはアズサイズのパワー不足によるものだが、
今のアミとマミにはそんなことに気付く余裕があるはずもなく、
圧倒的優位に立った敵が少しずつ自分たちをいたぶっているものだと思い込んでいた。

当然、イオリもまたそのことは織り込み済みである。
だからこそ、殊更に高笑いして見せ、
弱者を見下す強者という自分を演出し続けるのだ。
そしてそんなことを繰り返されれば、
さすがのスター・ツインズとて、抵抗の心は弱まっていく。
まだ完全に折れては居ないが、肉体の疲労に伴って、
諦観が少しずつ無自覚のうちに二人の心を侵食し始めていた。

イオリ『フン……他愛のない。だから出来れば瞬間移動は使いたくなかったのよ。
    これを使えば勝利が容易くなってしまうから……』

仰向けに倒れたキサラギと、
額に玉のような汗を浮かべ肩で息をしているアミとマミを、
対照的に涼しい顔と冷徹な瞳で見下して言い放った。

 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484913718

引用元: 無尽合体キサラギ 

 

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V
歌:天海春香、星井美希、如月千早、高槻やよい、萩原雪歩、菊地真、双海亜美/真美、水瀬伊織、三浦あずさ、四条貴音、我那覇響、秋月律子
日本コロムビア (2017-03-29)
売り上げランキング: 333
【無尽合体キサラギ 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 21:01:58.43 ID:jvzcG60Ao
無尽合体キサラギのSSです
ボイノベ版未読Pも居るかも知れないので、
序盤は地の文変えたりストーリー補足したりはしてますがほぼボイノベ版の展開そのままです
劇場版キサラギの内容に入るのは後半からです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484913718

引用元: 無尽合体キサラギ 

 

【無尽合体キサラギ 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 01:58:40.18 ID:q12NjYWH0
貴音「二人とも、何をしているのですか?」

真美「あ、お姫ちーん。これを見ようと思ってたんだ」

貴音「その長方形の黒い物はいったい?」

亜美「ビデオだよビデオ! 映像を記録するもの!」

貴音「つまり、でぃーぶいでぃーや、ぶるーれいでぃすくのようなものですか?」

真美「そうそう。兄ちゃんの机の上に置いてあったから、たぶん兄ちゃんのだよ」

亜美「ムフフな内容かもしれませんなー」

貴音「ムフフ……ですか?」

真美「ちょうどビデオデッキもあるし、早速見てみよーよ」ガチャ

【貴音「呪いのびでお」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:25:53.76 ID:RGD4SNkG0
P(…)

P(突然雪歩が後ろから抱きついてきた)

雪歩「…」ムギュッ

P「…おーい」

雪歩「…」ギュー

P「雪歩ー?」

雪歩「ご、ごめんなさい…」シュル

タッタッタッタ

P「行ってしまった…」

【雪歩「むぎゅっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 02:13:56.43 ID:UGrtcynO0
亜美「最近忙しかったから時間が空くと何していいかわかんなくなるね~」

真美「まさか真美たちが時間を持て余す事になるとは。こうなったら…」

亜美真美「「イタズラだ!!」」

亜美「よーし、それじゃまずはターゲットを決めよう!」

真美「>>5とかいいんじゃないかな!」

 

アイドルマスター 双海亜美&双海真美 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2017-01-19)
売り上げランキング: 1,790
【亜美「暇だよ~真美~」 真美「暇だね~亜美~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 15:55:07.81 ID:Khldiu0N0
ピリリリリリ…ピ

千早「ん…はい」

P『千早か?今どこにいる』

千早「…まだ自宅ですが…」

P『何やってんだ!今日は朝から収録だって言ってただろう?』

千早「え…ですがまだ時間は…5時…」チラ

P『もう7時だぞ』

千早「え!?」

P『はぁ…何にせよ急いでくれ、先方にはすこし遅れることを伝えておくから』

P『千早の家からなら事務所に来るより直接行ったほうが早いだろうからそのまま行ってくれ』

P『必要なものは持っていくから』

千早「は、はい…わかりました…すみませんでした」

P『ああ、出来るだけ早くな!だが怪我をしないように気をつけろよ』

千早「はい」




  【千早「ついてない一日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 00:03:10.78 ID:hzjJoOcI0
―事務所―


貴音「あなた様」

P「は?」

貴音「この世には、さんたくろぉすなどという

 恐ろしい存在がいると聞きました」

P「サンタクロース?」

貴音「はい」

  【P「貴音にサンタのことを吹き込んだのは誰だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 17:48:50.95 ID:Fe9Sk9Q10
千早「春香?」

春香「前から不思議だったんだ。なんであんなに弱いのかな?」

千早「……急にどうしたの?」

春香「いや、だから、弱いなーって」

千早「確かに、プロデューサーは少し頼りないかもしれないわ」

千早「だけど、私たちを力強く支えてくれてること、春香も知ってるでしょ?」

春香「え!? ち、違うよ、千早ちゃん!」

千早「何が違うの? プロデューサーは雑草よ」

春香「雑草!?」

千早「あっ、今のはその、力強さの例えで……」

【春香「プロデューサーさんって弱いよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:20:56.25 ID:3CKvNJLS0
伊織「ただいまー」ガチャ

P「あぁ伊織おかえり」

伊織「ふっふ~ん今日も私の大活躍ちゃんと見たかしら♩」

P「あぁそのことなんだがちょっと話があってな」

伊織「話?」

P「とりあえず応接室で待っててくれるか?」

伊織「何よ?まぁ別にいいけど…」テクテク

引用元: P「アイドル達を突然真っ暗な部屋の中に閉じ込めたらどうなるか」 

 

  【P「アイドル達を突然真っ暗な部屋の中に閉じ込めたらどうなるか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 09:18:51.84 ID:e8SSG04U0
春香「な、なんですか、それ……番組の企画か何かですか?」

P「時に春香、お前は神様の存在を信じているか?」

春香「え?いや、まぁ苦しい時には神頼みはしますけど、実在するかどうかは……」

P「実は俺、ちょっとワンコ……いや、現・神様とちょっとした知り合いでな」

春香「はい……?」

P「そいつがどうやら、765プロのアイドルの大ファンになってしまい、完全にのめり込んでしまっているんだ」

P「ファンになっていくうちに、そいつはお前らに何かしらの可能性的なものを感じたらしい」

P「そこで未来あるお前ら765プロのアイドルに『空白の才』を賭けて、ちょっとしたバトルをしてほしいと」

春香「空白の才?」

P「ああ、人間は必ず何かしらの得意分野……才能を持っている。そいつがいわゆる『才』だ」

P「春香、お前の場合は……『菓子作りの才』『転倒の才』『ドジっ子の才』などがあるな」

P「そして『空白の才』は、文字通りまだ何も書き込まれていない才……つまり、思い通りの才を手に入れることができるんだ」

春香「つ、つまり……このバトルで勝てば、好きな才能を一つ身につけられるってことですよね……?」ゴクリ

P「そう……そんなわけで春香、お前に与えられた能力は」

P「>>3>>7に変える能力だ」

 

  【春香「アイドル能力バトル!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 22:40:28.24 ID:YuDsCRWB0
千早「いきなりどうしたんですかプロデューサー……」

P「いや、なんていうかやっぱ民衆は
  分かりやすいのを求めてるわけよ」

春香「バラエティー番組とかでバカはバカキャラに
    徹したりすることですね……」

P「う、うん……あれはやりすぎだと思うけどさ」

響(自分は『完璧』……だな!)ニコニコ

真(『漢』……なんて出たらどうしよう……)


引用元: P「アイドル達を一言で表すなら」 


 

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V
歌:天海春香、星井美希、如月千早、高槻やよい、萩原雪歩、菊地真、双海亜美/真美、水瀬伊織、三浦あずさ、四条貴音、我那覇響、秋月律子
日本コロムビア (2017-03-29)
売り上げランキング: 240
【P「アイドル達を一言で表すなら」】の続きを読む

このページのトップヘ