えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アイマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:29:51.04 ID:4RF5Altk0
律子「駄目です。今日の仕事がまだ、たくさん残ってるんですよ」

P「明日なら予定、空いてるか」

律子「それも無理です。明日は日曜日だから、竜宮小町の収録があります」

【律子「焼き鳥食べたいですね」P「じゃあ行こう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/22(月)01:56:06 ID:LXV


P「真、おまえそれ……」


真「へへっ、どうですか? 春香のマネしてリボンつけてきたんですけど……」

P「……悪くない。悪くないが、撮影中は外しとけ」

真「えー? なんでですか?」

P「おまえたちはまだ、売り出し中のアイドルだ。要はテレビや雑誌の向こう側の人に覚えてもらわないといけない」

真「それとリボンとどんな関係が?」

P「最初のうちはリボン=春香、ボーイッシュ=真、ハイサイ=響、くらいの分かりやすさがいいんだ。いきなりおまえがリボンつけると見てる人間は混乱する」

真「……なるほど」

P「そんな訳だから、撮影中は外してくれ」

真「ちぇー、カワイイと思ったんだけどなあ」

P「それと……」

真「はい?」

P「予想以上に似合ってるぞ」

真「……へへっ、やーりぃ!」


【P「真、おまえそれ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/03/07(金) 03:54:58.30 ID:gD6l3qdW0
響「こら、何してるんだ貴音!」

貴音「この面妖奴が・・・」

やよい「貴音さんが私をポカポカ叩くんです~」

響「一体何が理由なんだ?」

やよい「私が普段ほぼ水分のみしか栄養のないもやしで健康に生きているのが面妖だって・・・。人間ではないって・・・」

響「・・・この面妖奴め!」ポカポカ

やよい「うっう~、やめてくださ~い・・・」

【貴音「この面妖奴め、この面妖奴め」やよい「うっう~…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 21:03:03.87 ID:KVOvB3Nj0
P「しかしアイツは強すぎる・・・」

P「となると・・・人質をとるか」




P「真となると・・雪歩」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434542573

【P「真を手篭めにしたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 15:59:41.38 ID:0RziuKjtO
小鳥「はい…おかげで伊織ちゃんはこんな見るも無残な姿に…」

伊織「ねえねえ。今日もお仕事うまく出来たのよ」

伊織「だからなでなでして…///」

P「うおおおおおおお!!こんなのは伊織じゃねえええええええ!!!」ナデナデナデナデ

伊織「んっ///」

【P「伊織のツン成分が盗まれた?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 23:09:45.46 ID:n67fJJTW0
雪歩「すぅ・・すぅ・・・」

P「雪歩・・・こんな薄着で・・・」

雪歩「すぅ・・すぅ・・・」

P「それほど信頼してくれてるってとこかな?」

P「クーラー直下じゃ冷えるだろうしタオルケットでもかけておいてやろう」パサッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434463775

【P「無防備に寝やがって・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/01/20(日) 19:20:01.29 ID:KmW34Hwl0
響「そしてその女が…「がおおおお!!」って動いたの!」

千早「お、お~、お~!怖~!」

響「すっごく怖~だろ!?」

千早「と、とても怖~だったわ!」

【P「怖い話」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 21:53:34.17 ID:Y99xKb5V0
P「くそー・・・もう6日ろくに寝れてない・・・」

P「ブラックすぎだろここ・・・」

<おはよー兄ちゃん!

P「おはよう、亜美」クルッ

シ~ン

P「幻聴だったか・・・」

P(いかんいかん・・・ちょっとソファで仮眠仮眠しよ・・)

P「ん・・?」

あずさ「あら、おはようございますプロデューサーさん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434372804

【P「あー・・眠すぎて幻覚が見える」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/13(土) 21:01:07.962 ID:gmMQK/no0
春香「そうだね」

【春香「千早ちゃん、胸大きくなったんじゃない?」  千早「やだ、春香、そんなわけないじゃない///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆rcwRQLew66 2015/06/12(金) 17:50:10.90 ID:uUqOAN5O0
P「…」

あずさ「私がアイドルになると決めた以上こうなることは分かってはいました~。」

あずさ「仕事的に運命の人が見つかりにくくなりそうと思ったこともありました~。」

あずさ「それでも私は信じていました。」

あずさ「いつかは見つかると。」

あずさ「それで私は見つけました。運命の人を。」

【あずさ「ぷ、プロデューサーさん?」P「ゲェ、あずささん!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:59:40.79 ID:WIy0ZR3M0
■夕方、PM4:06
765プロダクション――

ガチャリ

美希「……あれ?だれもいないの?」

P「すぅ……すぅ……」

美希「あっ、ハニー!」

【美希「ただいま戻りましたなのー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 23:21:08.06 ID:/VeNzXKI0
響「この手配書のプロデューサーが・・」

P<ウォォォォォォ・・・・

美希「そうなの。しかも響を狙ってるらしいの」

貴音「くれぐれも気を付けてくださいね、響。とても変態なプロデューサー、らしいですから」

ハム蔵「ジュッ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434032458

【響「アズカバンから囚人が脱走しただって!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:03:31.81 ID:9FsVBpK3O
――765プロ事務所

やよい「プロデューサー!」タッタッタッタ

P「んー?どうしたー?」カタカタ、カチカチ

やよい「今日のオーディション、ありがとうございました!」ピョンピョン

P「ははっ。合格出来たのは、やよいが頑張ったからさ」ナデナデ

やよい「えへへ…!プロデューサーとなら、着床ですね!!」

小鳥「」ガタガタガタッ

P「や、やよい…?」

小鳥「えへへ!プロデューサーとなら、どんなのでも着床なんです!」

P「」

小鳥「プロデューサー…さん?」

やよい「えへへ…」スリスリ

P「…少し、いいかい?やよいちゃん」

【P「違うんじゃないかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 21:34:14.12 ID:RpTN7OMr0
※パーセルマウス・・蛇語を理解できる人のこと


春香「蛇の言葉を話せるんでしょ?」

響「話せるっていうか、わかるっていうか・・・」

亜美「えぇ~っ!?やばいってそれ・・・」

響「なんで?」

真美「そりゃ961プロの継承者は皆パーセルマウスだったらしいし・・・」

真「響、もしかして本当は961プロの・・・」

響「そ、そんなことないぞ!・・・」

千早「ちゃんと思い出してみて?あの時のことを・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433939644

【春香「響ちゃん、パーセルマウスだったの!?」響「なにそれ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/24(日) 00:57:17.889 ID:Fc1gKKLw0
雪歩「……? 普通に今までどおり、だよね?」

真美「あ、うん、そうだけど……そういう意味じゃ……」

雪歩「?」

真美「や、やっぱなんでもないや」

雪歩「ふふ、変な真美ちゃん」

真美「……」

雪歩「……」ズズー

【真美「ゆきぴょん……毎朝真美のためにお茶を入れてほしいんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/26(火) 01:36:01.076 ID:Q10W4Ynp0
真美「このままだとレッスン遅れちゃうジャン! 起きてよ~!」

美希「ん~……あと5時間だけ……なの……zzz」

真美「うわぁレッスンすっぽかす気だー! ダメだよ、律っちゃんに怒られるよ!」

美希「……zzz」

真美「うぅ、律っちゃんを使えば起きると思ったのに……」

真美「>>4したら起きてくれるかなぁ」

【真美「ミキミキーいつまで寝てるのー?」 美希「zzz……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 21:16:49.58 ID:zNXKb2vn0
律子「・・というわけで、今日の定時中ははタバコ禁止です」

P「はぁ・・!?ふざけんなよ!!この会社に定時なんてないだろ!!???」

ヤイノヤイノ

春香「なんかすごい戦いが始まってるね」

響「プロデューサーはヘビースモーカーだからな」

真「でも私生活の部分を抑制されるのってかわいそうかも」

雪歩「プロデューサー、仕事はしっかりやってるもんね」

亜美「タバコくさいのは勘弁だけどねー」


律子「禁止ったら禁止!!」

P「はぁぁぁぁぁ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433247399

【P「世界禁煙デーだと・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:43:51.02 ID:kglPL18b0
千早「……眠れない」


私は小さくそう呟く
既に深夜だった

いいえ、もうすぐ夜明けね


千早「……」


眠れないまま、ヘッドフォンを耳につけていた
お気に入りの楽曲が流れている

何度も聴いているけれど、すでに飽きたのだけど
それでもなお、音楽だけは聴いていた

【千早「私のもの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 20:52:42.68 ID:QkYycLOp0
亜美「雨止まないね→……」

真美「折角のお昼上がりなのに、これじゃ帰れないよ→……」

亜美「うあうあ→! テンキヨホー見たら夜まで止まないかもだって!」

真美「ショッピングもランチもなし!?」

亜美「結構土砂降りだよ? どうやっても風邪っぴきっしょ→」

真美「……つまんないね」

亜美「うん、つまんない」

【亜美「たまには」真美「ちっとり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/13(火) 23:21:03.77 ID:+PIVEFvS0
P「いやー、最初はジャンクフードだしそんなにこだわって食べるものでもないかなーと思ってたけど」ズルズル

P「これはハマる」モグモグ

貴音「あなた様にこの幸せを理解していただける日が来ようとは」チュルチュル

貴音「嬉しい限りです」モグモグ

亜美「またカップラーメン食べてるよ」

真美「最近いつも食べてるね」

【P「カップラーメン美味いな」 貴音「ええ、真に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/06(土) 21:58:24.29 ID:IQytWbRP0
P「それじゃあ、各自今日の予定に取り組むように。解散」

真「よ~し、響。ダンスレッスンで勝負だ!!」

響「よーし、今日は本気でいくぞ! ハム蔵お留守番しててくれ!」

ハム蔵「ヂュイ!」

雪歩「ま、真ちゃん。頑張って!」

貴音「響も全身全霊を尽くすのですよ!」

春香「プロデューサー...ちょっとお話があるんですけどいいですか...?」

【P「ハム蔵を殺してしまった...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/31(日) 12:39:24.20 ID:E7eXAh9R0
ある日――
公園で女が歌っていた
その女はアイドルだった
彼女は口元に色っぽいほくろがあり――TV露出は少なかったが透き通った声をしていた―――
奇妙な話だが――
その日を境に春香はOLやお嫁さんよりも―――

春香「アイドルマスターに憧れるようになったッ」バーン

やよい「それってプロデューサーの称号なんじゃ・・・」




春香「コホン・・トップアイドルに憧れるように――」

真「やり直さなくていいから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433043554

【春香「トップアイドル入門」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 21:44:40.81 ID:8u9v1+UY0
P「あ、でもやよいみたいな奥さんもほしいな」






P「閃いた」

伊織「待ちなさい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432644270

【P「やよいみたいな娘がほしい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/29(金) 18:31:01.22 ID:izjCHt/z0
伊織「ん?」

雪歩「…四条さん…かぁ…。」

伊織「どうしたの?空を見ちゃって」

雪歩「伊織ちゃん…。うん…。四条さん…かぁ…って。」

伊織「成る程ねー…ってわかるか」

雪歩「四条さん、私に何も教えてくれないんだよね」

伊織「私も貴音の事よくは知らないけど」

雪歩「それはまぁ仕方ないとして」

伊織「どう言う意味よっ」

【伊織「~♪」 雪歩「はぁ…。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/17(火) 00:19:17.05 ID:4fCJP2SH0
春香(38)「プロデューサーさん!撮影ですよ!撮影!!」

真美(34)「んっふっふ→!」

真(34)「水着なんて久しぶりだなー」

【春香(38)「プロデューサーさん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/01(土) 07:55:40.74 ID:T1MGZ/560
────
──

P「伊織顔赤いぞ、風邪か?」

伊織「大丈夫よ……ケホッケホッ」

P「ちょっと調べるぞ」ピトッ

伊織「なっ……///」

P「凄い熱じゃないか!今日はもう家に帰ったほうがいい」

伊織「……やだ」

P「やだってお前……大体今日は俺とのプライベートレッスンしかないんだから休んでも良かったんだぞ」

伊織「し、仕事なんだから来るのは当然でしょ!ゴホッゴホッ!」

P「お、おい……大丈夫か?やっぱり安静にしてなきゃ駄目だ」

【P「伊織、おかゆできたぞ」伊織「あ、ありがと……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/17(日) 00:31:44.85 ID:6kC2DO+U0
真美「雨ばっかでどこにも行けなかったじゃん!」

P「俺に言われても…」

【真美「せっかくの連休が…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/25(月) 22:06:40.58 ID:EZ2GBZ9H0
・ブラック・ジャック×アイマスSS
・ブラック・ジャック中の「コルシカの兄弟」という話をアイマスに置き換えただけ
・アイドルが重症を負う展開を含むので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432559190

【ブラック・ジャック「コルシカの双海」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/20(水) 18:32:51.954 ID:F1cLgaI10
P「えっ?」


小鳥「えっ?じゃないですよ…」


P「すいませんよく聞こえなかったんで…」


小鳥「だからプロデューサーさんで妥協しようと!」


P「何を妥協するんですか?」


小鳥「言わせないでくださいよ!恥ずかしい!」

【小鳥「もう仕方ないからプロデューサーさんで妥協しようかしら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/14(土) 21:05:59.95 ID:fbpbkDfd0St.V
亜美「え?」

真美「だから、1=2だよ」

亜美「え?何が?」

真美「もー、わかってないなぁ...」

【真美「1=2」】の続きを読む

このページのトップヘ