えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

禁書目録

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:51:54.567 ID:fM8D8GtL0.net
食蜂「風邪くらい簡単に治せるしぃ☆いざとなったら派閥の子呼べばいいんだからぁ……」ゴホッ

御坂「風邪で能力使えない癖に強がるんじゃないの。」

食蜂「……御坂さんって忙しいんでしょぉ?こんなとこにいていいのぉ?」

御坂「別に忙しくないし。それにあんたがこんなひどい風邪ひいてるってわかったらほっとけないでしょ」

食蜂「もしかして私の事好きなのかしらぁ☆」

御坂「ばっ……///バカな事言ってんじゃないわよ!いいから寝てろっての!」

食蜂「はーい☆」

【食蜂「御坂さんも暇よねぇ……友達いないのぉ?」ゴホゴホ御坂「いいからおとなしく寝てなさい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/08(土) 11:12:48.443 ID:lBKko2+lK.net
初春「佐天さんついに能力が発現したんですね! おめでとうございます」

佐天「ありがとー初春」

初春「それでどんな能力なんですか?」

佐天「異世界から天使や悪魔を召喚する能力だよ」

【佐天「異世界から天使や悪魔を召喚する能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:57:06.92 ID:+cwMoTISO
~とある日~


「すみません、こちらに印鑑かサインを」


木原「ん」サラサラ


一方「眠ィ~」


木原「クソガキぃ! テメェも手伝いしやがれ!」


一方「引っ越しの荷物運びなンざ業者がやンだろォ? つ~か髪切り行きてェから金くれ木原くン」



木原「ちッ、そこに財布あるからさっさと行ってこい」



一方「…」ニヤリ


木原「3000円だぞ、それ以上抜くんじゃねーぞ」


一方(3000円ぽっちじゃ足りねェンだよ)



一方「ンじゃ行ってくらァ」



木原「……ん?ってかテメェ自分の金で行け…って財布の中身全部抜いて行きやがったぁぁあああああっ!!!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477745826

【上条一方通行「今日から俺は」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/17(土) 18:11:31.491 ID:enttNBQ50.net
ラストオーダー「ひぅっ!?お、大きな声を出さないで!と、ミサカはミサカは涙目で懇願する!」

一方通行「てめェがわけわかンねェこと抜かすからだろうがァ!?」

ラストオーダー「そ、そんなに難解な頼みをした覚えはないとミサカはミサカは…」

一方通行「うるせェ!!だいたいそれくらい自分で出来るだろうがァ!!」

ラストオーダー「じ、自分でやると爪があっちこっちに飛散するからミサカはミサカは貴方に協力をお願いしたい!」

【ラストオーダー「足の爪を切って欲しいとミサカはミサカはお願いしてみる!」一方通行「あァン!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆BEcuACNawuaE 2016/09/11(日) 23:57:16.23 ID:/9+gFfb50
一方通行「ヒャヒャ、おいおいなんですかァ!? その思わせ振りな登場はァ!?」

おでん「……」グツグツ

一方通行「……一人でおでん食うの、ツマラネェな」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473605835

【一方通行「おォでェェェんくゥゥゥン!!!」 おでん「……」グツグツ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Wm01vvGoQ2 2011/07/03(日) 13:48:32.48 ID:ujDnm7NAO


とあるビル



土御門くん「なんの用だアレイスター」

アレイスター「連れないな土御門、何度会っても君は私に友好的にはならない」

土御門くん「意味が分からん、用がないなら帰るぞ」

アレイスター「そう急くな、私だってお前の義妹は苦しめたくはないのだ」

土御門くん「っ!!」

土御門くん(な、なにをするつもりだ…!)



【☆「その幻想を殺すなんてとんでもない!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/05/03(月) 23:15:36.85 ID:xiNN/FU0

――

とある図書館。

インデックス「読書♪ 読書♪」

インデックス「……ん? あれは」

一方通行「……あァでも無ェ、こうでも無ェ」

インデックス「あくせられーた! 何してるの?」

一方通行「おォ、暴食シスターじゃねェか」

インデックス「暴食シスターじゃないんだよ! 私の名前はインデックスって言うんだよ?」

一方通行「そうかい、暴食シスター、ンでなンか用か?」

インデックス「インデックス! 用は無いけど何やってるのか気になったんだよ!」

一方通行「SS書いてンだよ」

インデックス「SS?」


【インデックス「何してるの?」一方通行「SS書いてンだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/06(月) 23:00:56.739 ID:uNDh5qvB0.net
佐天「ハハハ、充電……充電……」


初春「さ、佐天さん……?」


佐天「ん? なぁに? 初春」


初春「あ、あの……能力発現! おめでとうございます!」


佐天「ああ、ありがとね~」


佐天「あっ、そうそう……私さ、今日は寄る所あるからこれで」


佐天「じゃあね、初春」


初春「…………………」


初春「佐天さん…………」

【佐天「へー、スマホを充電できる能力ねー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 8 ◆H3qqj7wCjc 2016/05/13(金) 21:11:11.03 ID:nHUabR2d0
上条「あぁ、わかった。この際だから言ってやるよ。こっちにもお前には文句がまだまだあんだよ!」

イン「言ってみるといいかも!全部スペルインターセプトしてやるんだよ!」

上条「上手いこと言ったつもりかテメェ!まずひとつ目、お前風呂上がったらちゃんと髪の毛乾かせっていつも言ってんだろ!床がベチャベチャなんだよ!」

イン「だっ、だってあの『どらいあー』とかいうの壊れてるんだよ!」

上条「壊したのはお前だ!それにドライヤーなくても髪は乾かせるだろ!」

イン「だって面倒くさいもん!」

上条「風引いたらどうすんだよ!馬鹿野郎!」

イン「ふん、それだって風邪薬代がかさむからとかそんな理由で…」

上条「本気で心配してるに決まってんだろ!!!!!!」

イン「あ…うん…ありがとう///これから気を付けるんだよ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463141470

【イン「大体とうまはいつもいつも…」上条「文句ばっか言いやがって…!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1 2011/12/04(日) 10:32:33.85 ID:9kMGiZg5o
「補習がこんなに長引くとは……不幸だ……。おっと、早くしないと特売が終わっちまう!」

ツンツン頭の少年、上条当麻は例によってスーパーへの道を急いでいた。

「公園を通ったほうが近道だが……」こう考える上条の脳裏に、常盤台中学校の制服に身を包んだ少女の姿がよぎった。

「迷っている場合じゃないか」

そして上条は公園の中に足を踏み入れたが、その瞬間に彼は何かにぶつかった。

反動で数歩後ろに下がった上条の目の前には、先ほどまではなかったはずの球体の機械があった。

上条は身を固くして叫ぶようにいった。「……これは? ……まさか魔術師の!?」


【岡部「学園都市だと!?」上条「……はい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/30(土) 22:00:01.545 ID:D66yUkAo0.net
初春「スーハースーハー……」

佐天「うーいーはーるー!!」バサッ

佐天「おー、今日はシンプルに白か! いいねえ!」

初春「よーし……引くぞぉ……引くぞぉ……」ドキドキ

佐天「あ、あれ……反応なし?」

佐天「初春ーどーしたのー! おーい!」

初春「でも……もし出なかったら……」ブツブツ

佐天「ういはるううううううう!!」

初春「ぬっふぇ!?」ビクッ

佐天「おー、やっと反応してくれた」

初春「さ、佐天さん! いきなり大声出さないでください! ビックリしたじゃないですか!」

佐天「さっきから話しかけてるのに反応しない初春が悪いんじゃん」

初春「え、さっきから話しかけてたんですか? す、すいません……ちょっと集中してて……」

佐天「何に? そんなスマートフォン握りしめて…… もしかして、株?」

初春「ち、違いますよぉ」

【佐天「レアガチャで大爆死させる能力かー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/06(日) 21:22:56.782 ID:YI8UlvHf0.net
佐天「な、なんかスゴい能力目覚めちゃった!」

初春「え!? ホントですか!?」

佐天「月曜日が来ない能力だって!」

初春「月曜日が……来ない?」

佐天「うん! 月曜日が来ないらしいよ!」

初春「よ、良かったですね。 佐天さん」

佐天「あれ、何か反応薄いね」

初春「何か凄さがあんまり理解できなくて……」

佐天「ふむふむ…それじゃあ実際にその凄さを体感して見よー! ってことで遊園地にレッツゴー!」

初春「わぁっ!? ま、待ってくださいよ! 佐天さん! そんな急に!」

【佐天「月曜日が来ない能力!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/02(水) 22:38:27.100 ID:Yo9iZwEe0.net
上条「空はいい天気だし、こうやって土手に寝っ転がるのもいいなぁ」


禁書「爽やかな風が気持ちいいんだよ~」


上条「あの澄み渡るような青い空との相乗効果で、風がすっげえ気持ちいいんだよなあ」


禁書「分かるんだよ~その気持ち~」


禁書「何か青春って感じがするんだよ~」


上条「だろ~?」


禁書「うん………ふぁぁ……ね、眠くなってきたんだよ……」ウトウト


上条「心地よい眠りを誘うよなあ」


禁書「ホントなんだよ……これが自然パワーって物なのかな」


上条「そうかもしれないなあ~」


禁書「それでさ~当麻ぁ~」


上条「ん~?」

【上条「平和だな~」 禁書「平和だねぇ~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:14:46.24 ID:N9q0dmz00
雪乃「比企谷くん…おままごとをしましょう。」

八幡「はっ?…お前いきなり、何言ってるの?」

雪乃「貴方はごく普通のサラリーマンの設定で私は大手企業に通うエリートOLよ。」

八幡「何という現実的な設定なんですかね…?」

雪乃「ちなみに私たちに子供はいない設定よ。夫婦のラブラブを中心におままごとをするわよ。」

八幡「本当にやるのか…?」

雪乃「えぇ…当然よ。私は虚言は吐かないわよ?」

八幡「虚言と冗談は違うから、冗談だと言ってくれれば許容するぞ?」

雪乃「早速、始めるわよ!まず部室に入り直して頂戴…その時点でおままごとは開始よ。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456046085

【八幡「雪ノ下とおままごとしてたら勘違いした由比ヶ浜が泣き出した。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 21:25:37.94 ID:eEKfJgpl0

2月14日


一方通行「助けろ三下ァ……」

上条 「こんな時間にどうしたんだ?」

一方 「いいから入れろ」

上条「どうしたんだ?」

一方通行「バレンタインにチョコ貰ったンだが…」

上条「誰から!?」

一方通行「あわきン♪」

一方通行「ホント、愉しいねェ……この街は」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455884737

【上条「俺がモテる?」五和「好きです」白井「デートしましょう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:07:16.164 ID:l8gGYjP10.net
佐天「………ハア」

佐天「能力に目覚めたはいいけど……何なの? この能力……」

佐天「ひとりぼっちになるって……それ使用者の私が何の得にもならないじゃん……」

初春「………」テクテク

佐天「あ、初春だ! おーい、初春ー! 聞いてよー! 能力に目覚めたんだけどさー!」タッタッタッ

初春「!」

佐天「何かひとりぼっちになるとか言う謎の能力でー」

初春「来ないでください!!」

佐天「え?」

初春「すいません……何でかは分からないけど……今佐天さんとは一緒にいたくないんです……近寄って欲しくないんです……ご、ごめんなさい……」

初春「それじゃっ」タッタッタッ

佐天「……………」ポカーン

佐天「何なの……これ……」

【佐天「ひとりぼっちになる能力……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/08(月) 22:37:28.516 ID:O3Yi4kxJ0.net
佐天「いーけないんだ! いーけないんだ! あーらら! こらら!!」

佐天「せーんせーに言っちゃおっ!」

佐天「……………どお?」

初春「………つ、使えません、保温能力が……」

佐天「じゃ……じゃあ本当に……?」

初春「はい……! 目覚めたんですよ、佐天さん!! 能力が!! 佐天さんにも!!」

佐天「あ、あはは……や、やった……ついに……私も能力者……!」

佐天「やったああああああああ!!」

【佐天「あー! あー! 能力使ったー!」ビシィッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:13:41.065 ID:M3f64uJ20.net
松本「え、なに?」

宮川「ベクトルを操る?」

ほっしゃん「ベクトルって、向きとかの?」

千原「そうですね。力の向きって言うんですかね」

千原「とにかく、その後輩……『学園一位』っていう芸名なんですけども」

川島「聞いたことないですね」

松本「えー、吉本の?」

千原「はい。その学園一位が言うには、『僕はベクトルを操ることができる』と」

高橋「あのー、具体的には何が」

松本「そうやねん」

高橋「何ができるんですか? ベクトルを操ると」

松本「ぜんっぜん、イメージがわかへん。ベクトルを操るてどういうこと?」

千原「最初聞いた時はね、僕も分からなかったんですよ。『え、なに?』て。だから具体的にやってみせろと」

千原「したら、その一位が、『一位』って呼んでるんですけども、その一位が『じゃあやってみせましょう』と」

松本「おお」

【千原ジュニア「あのー、ベクトルを操る後輩の話なんですけど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/27(水) 22:09:04.631 ID:I3lhowsU0.net[1/19]
初春「すごいじゃないですか!」

【佐天「>>2する能力か~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/05/02(金) 14:24:36.09 ID:HAnBviqh0.net
佐天「一応魔法が使えるらしいよ」

初春「FF?なんですかそれ。フォルテッシモですか?」

佐天「うーん、私にもよくわからないんだけど…一応レベル5なんだよね」

初春「御坂さんと同じですね」

佐天「まだ使い慣れてないんだけどねーあはは」

初春「何はともあれおめでとうございます」

【佐天「FFの魔法が使える能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/16(木) 21:41:00.44 ID:m1Xz7OHU0
佐天「敵と認識した相手を即座にラップ調で煽り、戦いを有利に進める能力……か」トコトコ

佐天「有利になるのかな……? だいたい敵ってなによ……」トコトコ

佐天(あれ……変な道入って来ちゃった……)


 「あれあれ? こんな所に女の子一人で……」


佐天「!?」


【佐天「敵をラップ調で煽る能力かぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 佐天「光操作?」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 17:15:06.40 ID:bL9HV6TX0
固法「佐天さん、風紀委員に入らない?」

佐天「はい?」

固法「あなたの能力は風紀委員で必ず生かせると思うの」

佐天「はあ、まあ前向きに検討します」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452413706

【佐天「光操作!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/18(水) 03:40:28.60 ID:Z2JDBXjQ0
チュンチュン

ベジータ「む・・・もう朝か」

ベジータ「・・・?ここはどこだ。汚い部屋だな・・・」

ベジータ「・・・汚い毛布だ・・・天気も良いし干してみるか。」

ベジータ「ブルマがやってたのを真似すれば王子の俺には造作もない事だな」

ガラッ

ベジータ「・・・つか、いきなり夕立とか降ったりしねーだろーな」

ベジータ「?」

ベジータ「既に布団が・・・? ッ! いや、これは人か!?」

謎の少女「ォ、――――――」

謎の少女「おなかへった」

【ベジータ「インデックス・・・だと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/05(土) 15:24:52.060 ID:6yWshY1W0
打ち止め「眠れないから子守唄を歌って欲しいとミサカはミサカは…」

一方通行「うるせェンだよ!?早く寝ろクソガキが」

打ち止め「でも、寝ようと思えば思うほどに眠れなくなるこのジレンマをミサカはミサカはわかって欲しい!」

一方通行「アホかてめェは…だいたい何でこの俺がンなことしねェとなンねェンだよ!?」

【打ち止め「眠れないから子守唄を歌って欲しいとミサカはミサカはお願いしてみる」一方通行「あァン!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/23(土) 19:02:44.17 ID:r/yNbU7C0
とある高校昼休み

上条「いただきまーす」ゴソゴソ

土御門「おっ、カミやんは今日も弁当かにゃー」

上条「おう、昼飯も毎日買うと馬鹿にならないからな」

青ピ「カミやんは年中無休で金欠やね、ちょっと金遣い荒いんと違う?」

上条「はははは、まぁ色々あるんだよ(暴食シスターの食費とか入院費とかな)」

【土御門「カミやんはチビだにゃー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/16(火) 14:06:06.45 ID:sz0RXMuJO
御坂「アンタのテレポートなら簡単でしょ。一生のお願いだから!」

黒子「そうは言われましても、黒子は今宿題中なんですのよ…」カリカリ

御坂「いいじゃない、そんなの後で私が手伝ってあげるからさ」

黒子「こういうものは自分でやらなければ意味がありませんの」

御坂「お願いったらお願い!くーろーこー」ジタバタ

黒子「そ、そんなにくっつかないで下さいましよ。一体どうしましたの?」

御坂「じ…実はね」

【御坂「私はハワイに行きたいのよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 21:42:29.451 ID:i/dekpV00
佐天「重力って言われても難しいなあ…どうしよう」

TV「...ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ!にゃーんてにゃ」ソーナンス!

佐天「ホワイトホール...あっ!ブラックホールって確か重力が凄いんだよね...ってことは強い重力を生み出せばブラックホールが作れるんじゃ...?」

佐天「ってそんなわけないか! 第一私この間までレベル0だったわけだし!あはは...でもできたらカッコいいなあ...ん?初春から電話だ」

佐天「もしもし初春ー?どうかした?」

初春『佐天さん今家ですか?外見てください!星がすっごく綺麗ですよ!』

佐天「星?ちょっと待ってね」ガララッ

【佐天「重力を操る能力かぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/28(火) 09:55:05.02 ID:z3AopWbo0
心理掌握『当院では友人関係。夫婦関係。仕事のこと。家族のこと。性のこと。将来のこと。イライラ。漠然とした不安などの様々なお悩み・・・』

心理掌握『それらを私の能力1つで迅速且つ完全に治療してみせますっ!』

心理掌握『しかもなんと今なら初診の方は治療費完全無料!』

心理掌握『是非お気軽にお越しください!』


イン「なんか胡散臭いCMなんだよ・・・」

イン「ねぇ、とうま・・・」

上条「・・・・・・」

上条「初診無料か・・・」

イン「・・・とうま?」

【心理掌握「こころんメンタルクリニックへようこそ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/06(月) 00:57:36.72 ID:ga134YGWO
私こと上条当麻の細やかな人生は幼少期より不幸の連続だった。生まれて間もなく、父は唐揚げを喉に詰まらせて死んだ。

レモンを丸ごと唐揚げと一緒にたべたことが原因らしい。

【上条「右手から唐揚げが出る能力か……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/03(水) 02:24:25.55 ID:AxULv/RU0
「綺麗な夕日ね……」

オレンジに染まっていく学園都市
その光景を一望できる高台で、そう呟いた

「あぁ……ホント、綺麗だ」

そう答えるのは黒髪の少年

「あの、さ、ありがとう」

「ん? どうしたんだ急に」

その言葉に背中を向けたまま、少女は話を続けていく

「私の我侭に一日付き合ってくれて」

振り返れない
顔を見せられない

だって、きっと今にも泣きそうな顔だから

【美琴「アンタの守りたい世界」】の続きを読む

このページのトップヘ