えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

禁書目録

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) 2011/07/11(月) 19:08:38.36 ID:GRVzUu5x0
番外個体「……」

一方通行「……」スースー

番外個体(どうしてこうなった…)ゲシゲシ

一方通行「……」スースー

番外個体(蹴っても離れない……)ゲシゲシ

番外個体(とりあえずMNWに繋いでおこうかな)ゲシゲシ

一方通行「……」スースー

引用元: 番外個体「第一位がミサカに抱きついて来た」 

 

【番外個体「第一位がミサカに抱きついて来た」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/06/19(日) 18:20:08.61 ID:Hn+yqDOk0
垣根×御坂妹
時期は夏休み八月中旬
イチャラブ&シリアスバトル

キャラ崩壊 
バトルの表現がへたくそ
誤字脱字は脳内保管

VIPで今落ちてしまったので書く
それでも構わなければ見てやってください

引用元: 御坂妹「エセホスト」 垣根「なっ…」 

 

【御坂妹「エセホスト」 垣根「なっ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/06/24(金) 23:06:00.40 ID:Q36zTJcDO
もしも上条さんと駒場さんが出会ったら…と言う話です。

よければお読みください。

かなりキャラの性格が変わるかもしれないのでご了承ください。

引用元: 上条「署名お願いしまーす!!」駒場「…します」 

 

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (10) (電撃コミックス)
冬川基
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-07-26)
【上条「署名お願いしまーす!!」駒場「…します」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: トマト 2011/06/12(日) 21:01:16.70 ID:hIWKB2zAO
このスレは上条さん家のベランダに様々な人が引っ掛かる話です。

別なマンガのキャラも引っ掛かるので注意してください。

では始まります。

引用元: 上条「朝起きたらベランダに…」 

 

とある魔術の禁書目録(14) (ガンガンコミックス)
鎌池和馬
スクウェア・エニックス
【上条「朝起きたらベランダに…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5qbT/UYHxu6q 2014/10/18(土) 23:57:27.79 ID:oqSoZ8SD0
新約11巻ネタバレ注意

上条「名前は……なんだっけ……?」

食蜂「え、えっ?今、なんて!?」

上条「お前とは病院で会ったことあるだろって話だ。でも、詳しくは思い出せない……何でだ?」ウーン


街中でたまたま見つけた上条さん
彼は私のことを覚えていられないのだから、きっと見向きもせずに通り過ぎていくだろう、とそう思っていた
けれど私の予想を裏切り、上条さんは立ち止まって声を掛けてきたのだ



『また会ったな』と



ためらうことなく、確信を持ってその言葉を口にしたのである

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413644237

引用元: 上条「よう、また会ったな」食蜂「!?」 

 

新約 とある魔術の禁書目録 (11) (電撃文庫)
鎌池和馬
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-10-10)
売り上げランキング: 13
【上条「よう、また会ったな」食蜂「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆SoZEW6Fbg2 2014/02/03(月) 00:14:43.93 ID:B0uQ6yGb0

オティヌス「むかーしむかしの話だ」


オティヌス「そう、お前が生まれるずっと、ずーっと前の話」


オティヌス「私にとっての"元の世界"と言える場所に、まだ私が居た頃」


オティヌス「私は、魔神としてその頃から力を持っていた」


上条「………」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391354083

引用元: オティヌス「少し私の話を聞いてくれないか?」上条「………」 



新約 とある魔術の禁書目録(19) (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 1,894
【オティヌス「少し私の話を聞いてくれないか?」上条「………」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) 2011/06/02(木) 12:20:27.74 ID:y0KyuPmAO
黄泉川「貧弱なお前には丁度良さそうだから知り合いにお願いしたじゃん」

一方通行「けっ…くだらねェ」

黄泉川「杖に頼らず自分の力で歩けるようになるかもしれないじゃん」

一方通行「はっ!俺には能力もあるし言うことはァ…「そういえばお前のお気に入りの生徒も始めるみたいじゃん」

一方通行「(なにィ?三下がボディビルゥ?)」

一方通行「(ただでさえ筋肉質なのにどうなるってんだァ…?)」

一方通行「みっ…みてェ…」ボソッ


引用元: 一方通行「ボディビル?」 

 

【一方通行「ボディビル?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

上条「説教がしたい……」前編

280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:01:55.97 ID:Qo/Ab5420


上条「いやーうっかりしてたよ。別に御坂に電話する必要なかったな」

イン(短髪……きっといい事あるから落ち込まないでね)

上条「では、早速電話をしてみるかね」プルル

??『もしもし?』

上条「おっ、繋がった。って、男の声?」

??『ああ、良かった……この電話の持ち主のお知り合いですか?』

上条「そうですけど……そちら様はいったいどちら様で?」

運転手『私はタクシーの運転手です。実は……』

美鈴『おーい運転手ー! なーに人の電話勝手に使ってるのよー』

上条「まさか……その女の人、酔ってます?」

運転手『ええ……まだ昼間なのに、かなり飲んでいるみたいですね』

美鈴『美鈴さんはぜーんぜん飲んでいないわよー? うっ……気持ち悪い』

上条「……不幸の予感がする」


引用元: 上条「説教がしたい……」  


公式コミックアンソロジー とある科学の超電磁砲 featuring とある魔術の禁書目録 (電撃コミックスEX)
阿部かなり 石川瑶 華師 カネコマサル 甘露アメ 鷺島アツシ 茶々 千葉サドル 乃花タツ 日辻ハコ むうりあん ゆずひ
アスキー・メディアワークス
【上条「説教がしたい……」後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:12:30.58 ID:MY2fKozc0


上条「……はあ……はあ……うがあああああああああああ!!!」

イン「ど、どうしたのとうま!?」

上条「ふしゅー……うぐっ……いきっ、いききききいいいきっききいききききき!!」

イン「とうまがおかしくなっちゃったんだよ……」


引用元: 上条「説教がしたい……」 

 

【上条「説教がしたい……」前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 14:57:01.36 ID:z15yae0h0
麦野「◯の方はレベル0だよな」

食蜂「御坂さんてば成長力が足りないのよねぇ」

御坂「ぐぬぬ」

超能力者三人娘のほのぼのSS誰かおながいします

引用元: 麦野「御坂は私らより」食蜂「順位は上なんだけどぉ」 



とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ1 (電撃コミックスNEXT)
乃木 康仁
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 254
【麦野「御坂は私らより」食蜂「順位は上なんだけどぉ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県) 2011/05/28(土) 01:57:08.59 ID:XETc16+a0
一方通行「絶対能力進化計画の再開だと!?」

芳川「えぇ。理事会はどうしても諦め切れていなかったようね」

一方通行「・・・・・・ンで、どうしてお前がそれを知ってンだ?」

芳川「だって、実験の総責任者は私だもの」

一方通行「はァ!?」

芳川「あなたたちが働け働けってうるさいから・・・」

一方通行「他にいくらでもあったろォが!糞!糞!!糞!!!理事会どもめ舐めやがってェェ!!」カチッ

芳川「勘違いしないで頂戴。今回の実験は前のような内容ではないわ」

一方通行「・・・あァ?」

芳川「私が責任者だって言ったでしょう?妹達や、あまつさえ打ち止めに被害が及ぶようなこと、するわけないじゃない」

一方通行「そォか・・・芳川お前、前回のみてェにならねぇよう手を回すために、責任者になったンだな?」

芳川「・・・・・・」

一方通行「おい」

芳川「実験日以外は休みでいいって言うから・・・・・・」

一方通行「どこまでもニート思考かてめェはァァァ!!!」




一方通行「もォいい。説明を続けろ」

芳川「そう。それで、実験内容なんだけど……」

引用元: 一方通行「新訳・絶対能力進化計画……ふざけてンのか」芳川「いたってまじめよ」 

 

【一方通行「新訳・絶対能力進化計画……ふざけてンのか」芳川「いたってまじめよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:29:45.51 ID:6pBv66T30
佐天「御坂さん、あの人の事そんなに嫌いなんですか?」

佐天「いえ、見つけた途端、物凄い形相で追いかけて電撃飛ばしてたので…」

美琴「え…あ、私そんな事してた?」

佐天「自覚なかったんですか!?」

美琴「その…ただ、会えたのがう、嬉しくて…」

佐天「…は?」

美琴「だ、だから!嬉しかったの!でも、その…何かアイツの前だと素直になれなくて…つい」

佐天「え、えぇぇぇぇ!?好きだったんですか!?あの態度で~!?」

引用元: 美琴「素直になろうと思う」 


とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ1 (電撃コミックスNEXT)
乃木 康仁
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 347
【美琴「素直になろうと思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) 2011/05/18(水) 11:17:40.64 ID:2S4zlxjQ0
・上禁の結婚後。少し不幸な話。 
・シスター結婚不可なところは見逃してください。禁書の世界だし何とかなるやん。
・短い。

引用元: 禁書「赤ちゃんはどこ…?」 

 

とある魔術の禁書目録 インデックス (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2010-03-30)
売り上げランキング: 36,220
【禁書「赤ちゃんはどこ…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:56:15.87 ID:trQi1CEU0
学園都市と魔術師達との争い、アレイスターの件も全て終わり、自分で言うのもあれだけど、そこで中心的な活躍を致しました。
しかし、それはそれ。お馬鹿な上条さんは大学へ進学を試みるも全落ち。ていうか、受験票無くして受けられませんでした。
そこで、いろんな人(主に土御門)に相談した所、何故か、店を開いて、大学を目指せばいいじゃないかという意味不明な解答を提出され、
それまた何故か、その案に乗ってしまった上条さんなのですが……明らかに失敗……

上条「……何でこんな案に乗ってしまったのだろうか」

上条「……若気の至りかな……世界を救ったんだしさ……そりゃあ、テンション上がるって」

上条「何でもできるっていう自信があったんだよ……あの時は……」

上条「……土御門の奴もネタだったんだろうな……俺が「その案乗った!!」って言った時軽く引いてたもんな……思い返せば……」

上条「…………」

上条「別にさ、お客なんて来なくてもいいんですよ。一応は浪人生なんだし」

上条「けれど、親と土御門に大言を吐いた手前、カッコ悪いじゃないですか」

上条「…………」

上条「…………勉強しよ」

引用元: 上条「店開いたけど、客足少なすぎて潰れそうです……不幸だ」 



とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 118
【上条「店開いたけど、客足少なすぎて潰れそうです……不幸だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/05/11(水) 22:09:29.86 ID:Ea4HxPiB0
・時系列は原作16巻のあと
・お話の都合上イギリスには召集されていません
・特定のカップリングは一応無し

SS初挑戦なのでキャラの口調などおかしな所があったらぜひ指摘して下さい。
(もちろん自分でも努力はします。)



引用元: 上条「三者面談?」 

 

【上条「三者面談?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/04(水) 17:08:03.71 ID:QqCafhcDO
ー一方その頃ー

ステイル「そろそろインデックスの記憶を消しに、日本に行かなければならないな。」

神裂「そうですね。」

ステイル「僕は現地に発つ前にもう少し日本文化を学んでおく必要があると思うんだが…」

神裂(その流暢な日本語でそんなこと言われても…)
ステイル「それでだ、日本のマンガというやつを僕に貸してくれないか」

神裂「私もあまりマンガには詳しくありませんが…」
ステイル「まあ適当に見繕っておいてくれ」

神裂「わかりました」(ステイルさんじゅうよんさいだから「キン肉マン」でいも貸しておきますか…)

引用元: 御坂「佐天さん、あなたはキン肉マンでいったらジェロニモね。」佐天「」 

 

「とある科学の超電磁砲S」 佐天涙子 Yシャツでお泊まり佐天さん
キャラアニ (2014-03-26)
売り上げランキング: 32,924
【御坂「佐天さん、あなたはキン肉マンでいったらジェロニモね。」佐天「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ていとう子 ♯ruffryde 2011/04/25(月) 20:26:06.81 ID:JKHRjRmz0
禁「なんで?」

禁書目録と呼ばれる少女は目の前の二人に問いかける

神裂「・・・」
ステ「・・・君を、助けるためなんだ」

二人はうつむきながら答えた
その顔には悲しみが浮かんでいる

禁「私の記憶を消さないといけないってどういうこと?」

少女はまた二人に問いかける

神裂「あなたの脳は85%を魔道書の記憶に使ってしまっているのです、
1年ごとに記憶を消さないとあなたは・・・」

神裂が辛そうに答える

禁「嘘だよね?」

三人で笑いあったこと
ステイルをどうにか禁煙させようと神裂と二人、奮闘したこと
神裂の格好がおかしくて、それを伝えたら言い合いになったこと
ステイルが自分を守って怪我をしたこと
神裂と一緒に服を買いに行ったこと

三人でずっと一緒にいようと誓い合ったこと

それらが全部
消されてしまう

禁「なんで!?いやだよそんなの!!」

二人に対して初めて少女が怒りを見せる



引用元: 今日も学園都市には雨が降る 

 

【今日も学園都市には雨が降る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:24:24.77 ID:zMY2jjaU0
これまで様々な世界を生み出し上条当麻を追い詰め続けたオティヌスも、流石に飽きてきたらしい。

オティヌス「これまで色々な世界を作ってきたが単純に上条当麻を追い詰めるのにも飽きたな。」

オティヌス「たまにはイレギュラーな追い詰め方もしてみるか。」

引用元: オティヌス「たまにはイレギュラーな世界で上条当麻を追い詰めるか。」 



とある魔術の禁書目録(19) (ガンガンコミックス)
鎌池和馬 近木野中哉
スクウェア・エニックス (2017-09-22)
売り上げランキング: 3,387
【オティヌス「たまにはイレギュラーな世界で上条当麻を追い詰めるか。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:17:35.84 ID:E63oLKIf0
私は少し前まで世界に恐怖と暴虐をもたらす魔神として君臨していた

―――――が、それも今となっては過去の話

現在の私は身長約15センチ。可愛らしい妖精さんといったところだ

そして今日も相変わらず、私を救った人間の肩の上で一息ついていた



オティヌス「…………ほぅ…」

上条「どうかしたのか?オティヌス」

オティヌス「いや、少し眠くなってきただけだ」

上条「はは、そっか。今日は天気がいいからなぁ」

オティヌス「だから寝るっ」コテッ

上条「は?ちょ、おい、肩で?」

オティヌス「…………」スゥスゥ

上条「……おーい?寝たのか?」

オティヌス「…………」スゥスゥ

上条「…ったく、仕方ない奴だなぁ」ハハハ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406117845

引用元: オティヌス「お前の命が尽き果てるその時まで、私は」 

 

新約 とある魔術の禁書目録 (10) (電撃文庫)
鎌池和馬
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-05-10)
売り上げランキング: 15,177
【オティヌス「お前の命が尽き果てるその時まで、私は」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) 2011/04/28(木) 23:01:33.47 ID:3YtaR/XAO
ーーーー

8月21日

「これより第1032次実験を開始します、被験者一方通行は所定の位置に着いて待機してください、とミサー

避けられぬ『実験』が始まろうとしたとき、空が夜よりも黒くなった。
「あァ?…砂鉄!?」
一方通行が呟くと同時に『砂鉄』が彼を貫くために降り注ぐ…
それを彼はつまらなそうに『反射』する。

そして視界が開けたとき
「あんた…人の妹になにするつもり?」

彼の前に



御坂美琴が立っていた。









引用元: 美琴「ありがとう…お姉さま…」  

 

【美琴「ありがとう…お姉さま…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) 2011/04/19(火) 18:19:02.35 ID:GVwG3MRv0
とあるファミレス

浜面「お願いだ助けてくれ!」

一方「いきなり呼び出しといて何言ってンだァ」

上条「何があったんだ?」

浜面「ちょっと困ってるんだ。助けてくれないか…」

一方「三下。ドリンクバーでコーヒーとってきてくれねェか?」

上条「わかった」スタスタ

浜面「おい。初っ端から聞かねえってどういうことだ」

一方「ンで。どうしたンだァ?」

浜面「実はだな…」

上条「持ってきたぞ」カチャン

一方「すまねェ」

浜面「話し始めていいか」

一方「さっさと話せ」

上条「どうしたんだ?」

浜面「実はだな…」



~~~~~~~~~~~~~


浜面「アイテムの仕事も終わったし久しぶりに誰かと遊びに行くか」スタスタ

麦野「浜面…話があるんだけど…」

浜面「?」

麦野「浜面って滝壺と付き合ってるの?」

浜面「別に…特にそういう関係じゃないけど…」

麦野「ふーん。じゃあ私と付き合ってくれない」

浜面「…えっ…」

引用元: 浜面「助けてくれ」一方・上条「…」 

 

とある科学の超電磁砲(限定版「figma 白井黒子」同梱)
アスキー・メディアワークス (2011-12-08)
売り上げランキング: 1,069
【浜面「助けてくれ」一方・上条「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: カピバラ ◆Z149ikYD1cLY 2014/01/27(月) 21:00:57.82 ID:c+yu1D5q0

~~???~~

トール「んぅ……」

トール「ここ……どこだ……?」

トール「辺りは真っ暗だし……気分最悪だ」

トール「あ?なんだあの部屋?教室か……」

トール「……」

トール「そういえば、俺って希望ヶ峰学園の生徒だったな」

トール「つーか俺は学生だったのか……?」

トール「まぁ、いいや。行ってみるか」


バタン!



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390824057

引用元: トール「それは違うぞ!」 



新約 とある魔術の禁書目録(19) (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 1,198
【トール「それは違うぞ!」 (禁書目録×ダンガンロンパ)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 18:10:25.13 ID:6yEIOnPw0
黒子「行く所がありませんの」

上条「……ああそう、つまり?」

黒子「非常に不本意ですが今晩泊めて下さいまし」

上条「断る」

黒子「泊めて下さいまし」

上条「…断る!!」

黒子「泊めて下さいって言ってるんですの!!」ウルウル

上条「断るっつってんだろなんで俺に言うんだよ!?」

引用元: 黒子「…お姉様に追い出されましたの」 



とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 156
【黒子「…お姉様に追い出されましたの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆t8EBwAYVrY 2014/09/14(日) 15:26:18.07 ID:JhNF4Bxb0

 「宇宙は無限に広がっている・・・・・・」

 「宇宙には無数の銀河があり、銀河には無数の惑星が存在する・・・・・・」

 「そう、星々の中にはイイヤツもいれば悪いヤツもいるってもんさ・・・」

 「俺達ァ、そんな悪いヤツらから銀河を守るために宇宙空間を突っ走る」

 「さあ、今日も10万光年、星のきらめきを飛び交う俺の船、『ミラノ号』で、宇宙のお片づけだ」

 「俺達を呼ぶならこう呼べ。銀河の守護者・・・ガーディアンズ・オブ――」



    KRAKKKKKKKKKKOOOOOOOOOOOOOOOMMMMM!!!



 「・・・・・・あれ?」

 「・・・今の何よ」

              KA-BBBOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOMMMMMM!!!



 「・・・・・・どうやら、撃墜されたらしいわね」

 「フザけんなよおい!どこのどいつだ撃ってきたのは!」

 「I AM GROOT」

 「こいつが呆れるたあ、よっぽどだぜおい」

    VVVAAOOOOOOOOOOOOOOOOOMMMMM!


 「墜落完了」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410675968

引用元: 禁書目録「銀河の守護者達」 

 

【禁書目録「銀河の守護者達」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/04/13(水) 01:56:47.76 ID:uURR3EFvo

「って、これ私宛てじゃないわね」

玄関のドアを開けて、中へと入りつつ手紙を確認する。
かわいらしい文字と絵で飾られてはいるが、それは本文ではなく飾りの部分。
肝心の本文は雑な字が踊っていた。
廊下を通りリビングへと入ったところで、朝食を準備していた同居人が声を掛けてきた。

「さっき呼ンだか?」

「呼んでないけど、あなた宛てに当麻たちから結婚式の招待状が来てるわよ」

当麻たち?と呟きながらその男は目を閉じた。
何かを考えているようだ。

ちらり、とその姿を見る。
男ながら美しいと思う。
何色にも染まる事のない綺麗な白髪。
彼が瞼を開ければ、綺麗なきれいな赤い瞳を見ることができるだろう。

「俺だけにか?」

目を開いた彼は素直な疑問を口に出す。

引用元: 美琴「当麻とインデックスから結婚式の招待状が来た」 

 

【美琴「当麻とインデックスから結婚式の招待状が来た」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/04/12(火) 14:21:44.34 ID:PEpz+3MQ0
ある晴れた日のベンチ






佐天「初春とせっかく2人で遊んでたのになぁー・・・・」ハァ

引用元: 佐天「いんでっ・・・くす?」 

 

【佐天「いんでっ・・・くす?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 18:48:44.90 ID:XKXmJUly0
上条「…」

御坂「…」

御坂「…ってなんじゃそりゃあああああ!!」

上条「御坂、何も見なかったことにして早く帰るんだ」

御坂「はぁ!?そんなことできるわけ…」

上条「帰れ、頼むから」ギリッ

御坂「ちょ、なんでこんなことしてるかだけでも教えなさいよ!」

御坂「仮にも命の恩人が公園でダンボールに座ってたら放っておけるわけないでしょう!?」

上条「御坂…」

上条「…が…んだよ…」

御坂「え?」

引用元: 御坂「なんだ、捨て当麻か」 上条「くぅーん(´・ω・`)」 



とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(13) (電撃コミックス)
冬川 基
KADOKAWA (2017-11-27)
売り上げランキング: 164
【御坂「なんだ、捨て当麻か」 上条「くぅーん(´・ω・`)」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
御坂「ね、あーくん」一方通行「あァ?」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/11(金) 21:20:04.68 ID:Z7sbedzY0
一方「お友達だァ?」

御坂「うん、皆のことを話したら会ってみたいって」

麦野「私達の事ってどんな事話したの?」

御坂「とっても素敵なお兄ちゃんとお姉ちゃんがいるって!」

一方「……あっそォ…………」ポタポタ

麦野「もうこの娘可愛すぎるんだが」ポタポタ

垣根「お前等鼻血拭け」






学園都市の上位4人が仲良しだったらという妄想
キャラ崩壊半端ないです

引用元: 垣根「心配するな。自覚はある」一方「そォかい」 

 

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の一方通行 (1) (電撃コミックスNEXT)
山路新
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-07-26)
【垣根「心配するな。自覚はある」一方「そォかい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/06(日) 23:52:37.13 ID:2wlSA8Qm0
御坂「私、今日は帰りたくないな……」

引用元: 御坂「ね、あーくん」一方通行「あァ?」 

 

【御坂「ね、あーくん」一方通行「あァ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
垣根「初春飾利…かぁ…」前編 

359: ◆le/tHonREI 2010/11/22(月) 04:55:11.50 ID:4GhzsKko

                                  ※


「……、ちょっと飲み物買ってきます。垣根さんは頭を冷やして反省していてくださいっ!」

【あ? いいけどよ。大丈夫なのか、こんな時間に】

「ここで垣根さんと一緒にいるより安全ですよーだ!! ふん!」


プンスカ言いながら初春は部屋を出て行ってしまった。
垣根はその様子を見て薄笑いを浮かべる。これ以上は今はだめだ、と自分に言い聞かせるように。

―――初春、初春飾利。

あの天使が言っていたキーパーソンらしいが、それはこういうことだったのか。
なぜか一緒にいると心地よい。甘えたくなるし、普段より素直になってしまう。あのリハビリをはじめてからは特にそうだ。

同時に、垣根の中では一種のジレンマのようなものが生れていた。


(……、もうこのままでもいいかって、なっちまうだろが)


渡り鳥は穏やかな気候の場所に安住はしない。いつかは枯れてしまう土地にとどまることは、愚か者がすることだ。
さっきだってあれ以上甘えていたら、今以上に依存してしまうだろう。
それこそ回復しなくてもいいとか、そういうネガティブな方向で。離れるのが嫌になるくらいに。麻薬のように。

垣根だって健全な男子だし、初春に言ったような欲求がないことはないが、
今のタイミングで切り上げなければもっともっと深みにはまってしまう気がした。


(つっても俺がこんな体だし、どーせ何もできねえんだけどな)


自嘲気味に笑う。笑って、思った。
初春が自分に尽くしてくれるのは純粋な気持ちからだ。だから、諦めるわけにはいけない。
どんなに望みが薄かろうと、あの馬鹿が信じてる限りは、自分も。

だいたい借りっぱなしは性に合わないし、あの中学生はこんな体の自分の回復をおそらく本気で願っている。


(―――あんなバカに相手されたら適わねえよ。テメェのためっつか、こっちがボランティアみてえだな)


それでも少しは前向きになれた。その分の借りは返そう。垣根は心に誓ったのだった。

引用元: 垣根「初春飾利…かぁ…」 

 

【垣根「初春飾利…かぁ…」後編】の続きを読む

このページのトップヘ