えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラノベ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/18(金) 23:26:29.52 ID:lva8aRbw0
やっはろー!

今日はあたしの誕生日!!

おめでたい日…のはずなんだけれど…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1624026389




【【俺ガイル】由比ヶ浜「今年の誕生日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/04/29(木) 02:02:59.63 ID:STqP3fk0
御坂妹「い、いきなり過ぎて心の準備が、とミサカは胸の鼓動の高鳴りを感じながら視線を逸らします」

上条「ん、どうしたんだ?買い物に行くだけだぞ」

御坂妹「……」

上条「確かお前って猫好きだっただろう?
   今朝のチラシに対象商品をお買い上げの方に猫耳ゲコ太ヘアピンをプレゼントって書いてあったんだ。
   あいにく、上条さんは男の子でしてヘアピンは使わないわけですよ。」

御坂妹「……猫好きなのは否定しませんがどうして私になのですか?、
    とミサカは過度の期待してしまったことを後悔しつつを問いかけます」




【上条「俺と付き合わないか?」御坂妹「!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/06/17(木) 18:51:17.84 ID:4Wv3nXRnH
表情豊かで可愛E
no title

no title

no title




【漫画版化物語の羽川翼さん、ガチで可愛い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 22:38:35.78 ID:2E+qJKuy0
佐天「御坂さんって絶対ドMですもんね」

食蜂「名前からしてMMだし、泣き顔があれほどそそれられる子はそうそういないわぁ」

佐天「さすがイニシャルSさん」

食蜂「それほどでもないわぁ、イニシャルSさん」

佐天「さて、じゃあどうしましょうか」

食蜂「>>3とかいいんじゃないかしら」




【食蜂「御坂さんをいじめたい」佐天「わかる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 00:34:50 ID:/MSsa8pM

オティヌス「なぁ上条」

上条「なんだよオティヌス」

オティヌス「お前は言ったな、『船の墓場』で。世界を敵に回してでも私を守ってくれると」

上条「ああ、言った」

オティヌス「絶対だな?」

上条「ああ、もちろん」

オティヌス「なら今助けろ」

上条「何をだよ」

オティヌス「おしっこ漏らした」

上条「!?」


 

  【オティヌス「私と上条のいちゃいちゃ逃亡生活」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆zvA12.hrTE 2014/12/12(金) 16:56:10.34 ID:fKztoPYf0









目が覚めたらそこは、真っ白な世界だった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418370960 




【上条「22番勝負?」アレイスター「勝ち抜け、幻想殺し」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 20:26:33.79 ID:VhRyWjoI0

……

絹旗「うわー。海って夜になるとこんなにも真っ暗なんですね!」

一方通行「あんまり海に近づくンじゃねェぞ。足元だって暗ェんだからな」

絹旗「でも、万一何かあっても一方通行が助けてくれますよね?」

一方通行「人任せかよ。タチ悪ィなオイ」

だが自分を慕ってくれる絹旗に、同時に嬉しくも思う。

絹旗「あ、波がきてますね」

一方通行「そォだな」

絹旗「引いていきますね」

一方通行「そォだな」

絹旗「えへへ。一方通行♪///」ピトッ

体を密着させる絹旗。

一方通行(女ってのは意味分かンねェ!?)

【浜面「一方通行×絹旗とかどうだろう?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 21:28:13.03 ID:13lC6fEs0
浜面「…何を言ってるんだ俺は」

絹旗「本当に何を言ってるんですかこの超浜面は」




【浜面「一方通行×絹旗とかどうだろう?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 八股先輩 ◆3svf9ywuI. 2014/02/09(日) 21:18:51.20 ID:jivnfb520

「高校生活を振り返って 改」

 三年F組 比企谷八幡


 青春とは嘘であり悪である。

 その気持ちは一年前となんら変わらない。

 青春を謳歌せしものは常に自己と周囲を欺くし、自ら取り巻く環境の全てを肯定的にとらえる。


 だが、この一年で必要悪の存在に気付いた。


 筋肉を傷付けることは本来悪であるが、結果としてより強い筋肉を形成する。

 他人と勝ち負けを競うことは自己満足の帰結にすぎないが、終わった後には結果はどうあれ清々しい気持ちになる。


 つまり、嘘も欺瞞も秘密も詐術も、



平塚「時として高校生活には必要なものである」

八幡「………」




 これは、比企谷八幡の後悔の物語。

 全てが遅く、タイミングが悪く、それでいて甘く優しい青春の一年間。

 部活に、恋に、友情に。

 道を踏み外した人間に訪れる最後のチャンス。


 それは、一年前の春、奉仕部に入って間もない頃にさかのぼる。




  【八幡「普通の青春」戸塚「テニス部!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ワタクシ小坂健助と家臣(自称)の四人は歌手志望の女の子に出会う。
歌の大好きな彼女と行動をともにしているとなぜかステイル=マヌグス率いる
イギリス清教の集団に襲撃されてしまった。どうやら彼女を狙っている集団は彼らだけではな
いらしく科学サイドすら信用ならない状況に陥った僕たちはある場所を目指し出発した。
鳴護アリサを巡る陰謀とは!?そして道士郎の牙とは!?

「エンデュミオンの武士」

科学と魔術と殿が交差するとき、新たな武士(もののふ)が生まれる━━━━




【上条「科学と魔術、どっちに任せても━━」道士郎「武士の出番じゃの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/15(月) 22:33:36.08 ID:eKepKIzdO
答え・人面且が出来たから。




【麦野「この胸の痛みはなに?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 00:09:02.43 ID:AWGv/vEk0

上条「実験の協力依頼?」

土御門「そうぜよ。どっかの研究機関がバーチャル空間を利用した仮想ゲームを作成したんだにゃー」

土御門「んで能力なんかもそのまま使えるようにしたんだけど、どこまで動作するか実証データが欲しいとかいってたにゃー」

上条「へー。ついにそんなゲームも開発されたんだなー。でも俺レベル0なんだけど意味あんのかよ?」

土御門「カミやんのレベル0はちょっと特殊だからにゃー。結構偉いところから頼まれてるんですたい。それにエキストラなんかも募集してる」

上条「エキストラ? ゲームなんだろ?」

土御門「ネットゲームみたいに大人数が同時にプレイするタイプなんだよ。ある程度人数いないとゲーム内容が簡単になっちゃうらしいにゃー」

上条「でもなー……」

土御門「もちろん。バイト代もでる」

上条「ぜひやらせてもらおう! いや、やらせてください!」

土御門「金額も聞かないなんてよっぽど切羽詰ってるんだにゃー。あとで日程と場所を伝えるぜい」






【神裂「と、問おう。あなたが私のマスターか?」上条「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/06(木) 13:21:05.56 ID:QaR9NuBQ0






第1話「相模南はふと立ち止まり、過去を振り返る」





















  【相模南「あっ」比企谷八幡「おっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/06/11(金) 21:30:43.26 ID:E9kuaCCKa
それは違うやろ




【ワイ「氷菓って小説名作だよなあ」敵「でもそれただのだじゃれだよね?」→これ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:25:12.56 ID:0o93S6Zd0
摩耶花「わたし、ふくちゃんに嫌われたかもしれない……」

折木「どうしたんだ。お前らの夫婦喧嘩はいつものことだろ」

摩耶花「ううん、違うの……今回は本当にまずいかも…」

折木「何があったんだ?」




【摩耶花「ふくちゃんに嫌われた……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:09:25.06 ID:P8xc4Rl60

ロシア。



「プレゼント、何貰えるかな」

「私、ぬいぐるみがいい!」


「Ах, милый барин, скоро святки,♪」

「И ей не быть уже моей;♪Богатый выбрал да постылый,」

「Ей не видать веселых дней".~♪」




サローニャ「…」

サーシャ「…」



サローニャ「…お子ちゃまはいいねぇ。メルヘンな夢を無邪気に信じてられるから」

サローニャ「ああ、トロイカ歌ってた子以外は」


引用元: サーシャ「第一の解答ですが、」サローニャ「サンタクロースちゃんです!」ミ☆ 



 

  【サーシャ「第一の解答ですが、」サローニャ「サンタクロースちゃんです!」ミ☆】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆qLqjlu3bJ6 2014/12/01(月) 09:35:59.71 ID:qsPtWviMO
寿来「夏休み、俺たちは高梨家が所有する孤島の別荘に修行をしにきたのであった」

灯代「あんた誰に向かって話してんのよ」

鳩子「ジューくん、私修行はちょっと……」

寿来「馬鹿やろう!修行ってのはな……」

寿来「海で思いっきり遊ぶことだー!!!走れ鳩子ー!!!」

鳩子「わーい♪」

千冬「千冬も安藤と遊ぶー」

寿来「ついてこいお前たち!ここの海は俺たちの物だ!!」

灯代「はぁ……あのバカ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417394159




【異能バトルは閉鎖系のなかで】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/03(火) 23:57:53.70 ID:smHaNpS70
扇「阿良々木先輩は私が生まれた日をご存知でしょうか?」

暦「いや、悪いけど知らないな」

暦「いつなんだ?扇ちゃん」

扇「私も知りません」

扇「私が知らなくて、あなたも知らない」

扇「こういった場合どうすれば良いのでしょうね」

暦「うーん・・・だったらもう決めてしまうしかないんじゃないか?」

扇「分かりました。阿良々木先輩が決めちゃってください」

暦「ちょっと待って扇ちゃん。それは責任重大だぜ」

扇「ええ、責任をとってください。認知してください」

暦「認知ってあれみたいだな」

引用元: おうぎワンダー 


 

【おうぎワンダー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 入須「もしもし、入須です」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 23:54:03.71 ID:6dgjJ0oT0

・古典部部室

奉太郎(千反田は図書館、里志は総務委員の会議、伊原は図書委員の仕事…)

奉太郎(三度目の奇跡だ。今日の奇跡を信じて、この問題を終わらせる)

奉太郎「こんにちは、先輩」

入須「あぁ」

奉太郎「お久しぶりですね」

入須「…そうだな、一週間ぶりだ」




【入須「来たぞ、折木君」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 ―ニューヨーク・・・・・・

強盗「ヘヘ、大人しくそのカバンをよこしな。逆らうと痛いめを見るぜ」

女性「だ、誰か!誰か助けてー!」


 THWIP!

強盗「ゲッ!」

 BOK!

スパイダーマン「女性へのアプローチは押せ押せってのが一番かもしれないけど、そういうのはよくないよ。プレゼントをあげるならまだしも奪うなんてね」

女性「す、スパイダーマン!」

スパイディ「ケガはない?君が魅力的な女性ってのは誰もが思うだろうけど今のはやりすぎだよな。止めて正解だったよね?デート中のケンカとかじゃなかった?」

女性「あ、ありがとう・・・」

強盗「テメェ・・・この蜘蛛野郎!」チャキ!

女性「!スパイダーマン危ない!」



 ZAAAAAAKKK!

強盗「AAAIIIEEEEEEEEE!」ビリビリ



御坂「こんなチンピラ一人くらい蹴り一発でやっつけられないなんて、腕が落ちたかしら?スパイディ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416402619 




【スパイダーマン「学園都市からの留学生」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:04:20.12 ID:vGkNtVgu0

京介「命令がマニアック過ぎんだろ! 初っぱなだぞ!」

加奈子「あんだよ」

京介「あと、オマエ、王様ゲームのルール知らねえだろ!」

加奈子「?」

京介「やる人とやられる人は番号で言うだよ!」

加奈子「なんで?」

京介「そうじゃないと、俺が割り箸を引く意味なくなるだろう?」

加奈子「知らねーよ」

京介「じゃあ、知れ、今すぐ」

加奈子「加奈子が王様なんだろ? だったら、ルール決めんのも加奈子の勝手じゃね?」

京介「王様でも最低限守らなきゃいけないルールが……――あ?」

桐乃「ん」ズイ

京介「桐乃? なんだよ、足を突きだして」

桐乃「あたし、2番」ズイ

京介「いやいや、なに言ってんだ」

加奈子「京介、王様の命令は絶対なんだろ?」

京介「いやいやいやいや」ブンブン

加奈子「やれやれ!」

あやせ「…………」

京介「つーか、桐乃? その体勢だと   見え――うぐっ!」

桐乃「うっさい! 早くしろ!」ゲシゲシ

京介(どうなってんだよ、オイ!)




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417277050 




【加奈子「京介が2番の靴下を口だけを使って脱がす」 京介「おい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 入須「折木君、忘れてないだろうな?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 04:53:30.00 ID:wVS031cn0

・10/3 折木家

供恵「あら、どしたの?」

入須『…先輩ですか?』

供恵「うん」

入須『あの、明日の事を話したくてお電話したのですが…』

供恵「明日? 私は暇だけど」

入須『…私は忙しいんです。文化祭なので』

供恵「あー、そういや文化祭だったねー」

入須『…あの、先輩』

供恵「んー?」




【入須「もしもし、入須です」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 22:37:42.01 ID:lsJaY/Wa0
千冬「代表者を決めるぞ。誰がいい?自薦他薦は問わないぞ」

俺「ククククク……俺に任せな…地獄を見せてやるぜ…」

生徒A「セシリアがいいと思います!」

その他「さんせーい」

セシリア「ふふん!当然ですわ!」

千冬「他に誰もいないか?」

俺「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417268251





【俺(デュエリスト)「クククク…IS学園か……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加



一通「ッチ!ブリキロボ軍団が邪魔だァ!」ドォン!

麦野「ドゥーム本人までたどり着けない!」ドオ!

ドゥームボット【能力者ハ確保ダ!】SHAAAM!

打止「ウヒー!ってミサカはミサカはなんとかかいひー!」ダーッ

フレメア「大体にげるっきゃないー!」ダーッ

禁書「うわーん!」ダーッ

浜面「俺の後に隠れてろ!こんなカラクリ野郎からは俺が守ってやる!」

ドゥームボット【無能力者ハイラン!】BOK!

浜面「ブッシュ!」バコォ

滝壺「はまづらがー」

絹旗「滝壺さん達を超守るのは私が!超窒素アッパー!」ドゴォ!

ドゥームボット【GAHHH!】BOOOM!

フレンダ「私のツールさばきを見せる訳よ!レーザーカッター!」ビー スパスパ

禁書「す、すごいんだよ!ろぼっとがスパスパ切れてる!」

打止「でもドゥーム本体を倒さないとキリがないってミサカはミサカは打開策がないのかな・・・」



ドゥーム「くらえい!」

 ZAAAAKKK!

スパイディ「まったく、電撃ばっかりして!ゴム製のスーツ発注しとくべきだったな」THWIP

ドゥーム「ちょこまかと!」

スパイディ「足を止めるといてもたってもいられなくなるタチでね。(っと!スパイダーセンスが!?)」~!~!

 バリリッ!

ドゥーム「!?ック・・・御坂美琴か・・・」

スパイディ「!御坂・・・黒子、初春、佐天」



御坂「スパイディ一人じゃ荷が重いでしょうから私達が手をかしてあげることにしたのよ」

黒子「スパイダーマンさん、私達は全て思い出させていただきましたの」

スパイディ「!・・・ほ、ホントに!?」

初春「上条さんの右腕のおかげです。すみません・・・スパイダーマンさんのことを忘れてしまっていて・・・」

佐天「でもここからは逆転の出番!今まで何度もチームアップしてきた経験を取り戻した私達をなめるなよ悪魔博士!」

ドゥーム「余はドゥームだ!!!」

佐天「Uh-oh、カンにさわっちゃったかな?」

悪魔博士「悪魔博士は俺だよ。間違えるんじゃないぞ。あんなトンマと一緒くたにするんじゃねぇでよ」

佐天「すんませんね」

ドゥーム「NNNNNMMMMM!!!貴様らあー!余を!このドゥームを弄ぶなあ!」

初春「どうやら傲慢すぎるからか、からかわれるのがイヤみたいですね。ストレスがすごそう」

黒子「なるほど、荒れたお肌を隠すために仮面をしておられるのですね。難儀な性格ですの」

ドゥーム「AAAAAAAAAAAAAAA!」クシャクシャー




【御坂「私達の、親愛なる隣人」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 23:30:58.52 ID:8Ef0nB0i0
摩耶花「どうしたの?改まって」

える「ええ、ちょっと相談がありまして…」

摩耶花「なになに?」

える「生理がとまってるんです」

摩耶花「 え っ ! ? 」




【える「こんなこと言えるの摩耶花さんだけなんです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 入須「折木君、居るか?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 21:06:45.41 ID:AMILNrn/0

・平日 AM7:45

入須「………」

奉太郎「おはようございます、先輩」

入須「…遅い」

奉太郎「……時間通りですが」

入須「先輩を待たせるな」

奉太郎「先輩が早すぎるんですよ」

引用元: 入須「折木君、忘れてないだろうな?」 



「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.07.23
KADOKAWA / 角川書店 (2015-02-27)
売り上げランキング: 1,276
【入須「折木君、忘れてないだろうな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:01:49.93 ID:xGTm6Rbw0

高校生活最初の一年が終わるかという三月の頭。
放課後、俺が部室に入るといきなりそんな話でもちきりだった。

摩耶花「そう、そうなのよ!! ちーちゃんの鞄の中に入ってたの!!」

える「…………///」

奉太郎「ふーん」

里志「はは、あんまり興味なさそうだね。まぁホータローらしいけど」

える「えっ……そ、そうですか……興味無いですか…………」

なぜかしょんぼりする千反田。
俺にどうしろっていうんだ。

摩耶花「あ、こら、なにちーちゃん悲しませてんのよ!! 本当はすっごく焦ってるくせに!!」

奉太郎「焦りは無駄なエネルギー消費だと思う。なぜなら焦った所で何も変わらないからな」

里志「まぁまぁ、二人とも。でもまだ開封してないんだね、それ。早く開けてみようよ」




【奉太郎「千反田がラブレターを貰った?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

御坂「私達の、親愛なる隣人」 前編

265: ◆t8EBwAYVrY 2014/03/19(水) 23:49:45.48 ID:i3U3Pw0F0
スパイディ「えーと・・・やっぱ敬語とか使うべきなのかな?コズミック・エンティティとサシでトークするからには土下座しながらじゃないと割りにあわないかな?でもソーとかにはタメ口なんだけど」

エターニティ「そのような無意味な問答をするために来たのではないだろう」

スパイディ「・・・あ、やっぱ知ってるの?」

エターニティ「我は宇宙、我は時空、我は次元・・・お前がこの宇宙とは異なる世界に赴いていることは知っている。そして・・・お前がここへ何を求めにきたのかも」



スパイディ「そう・・・じゃあ言うよ。こんなこと簡単に聞きいれてもらえるとは思わないけど・・・・・・学園都市を・・・学園都市の傷を癒してほしい」

エターニティ「・・・」

スパイディ「僕達・・・学園都市の世界とは違う異世界の者が関わったことで犠牲となった人々を救い、皆を元気にしてほしい・・・・・・あの活気があって・・・元気がありあまってた学園都市に戻してほしい・・・」

エターニティ「・・・」

スパイディ「自分でも無茶苦茶言ってるのは理解してる。こんなの・・・勝手だもんね。アンタに言えば全て聞いてもらえるなんて思っちゃいない。こんなのは・・・ズルみたいなもんだもんね・・・」

スパイディ「でも・・・あの街をこのままにしておけない。僕のせいで・・・あんなに元気で明るい街が傷ついてしまった・・・皆・・・いい奴だったのに・・・・・・」

スパイディ「毎日犯罪は起こるし、暗部とかで悪いことしてるし、ろくでもない街だけど・・・最高の世界なんだ。ろくでもなくて素晴らしい最高の街なんだ」

スパイディ「あんたはコズミックエンティティーズなんだろ?全能の存在なんだろ?・・・できるんだろ・・・時空を変えることだって・・・・・・」

スパイディ「どうか・・・どうかッ・・・皆を救ってほしいッ・・・・・・学園都市に・・・笑顔を取り戻してくれ!」

スパイディ「あの最高の街を・・・元に戻してくれ」




【御坂「私達の、親愛なる隣人」 中編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/25(土) 16:54:33.25 ID:IqIz2suq0
~朝のHR~

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ



吹寄「きりーっ……づぶふぅ!!?」



ゴリラ顔「……」

ゴリラ顔「……今日からしばらく月詠先生に変わって担任をする災誤だ。みんなよろしく」



上条「な……」

土御門「」

姫神「」

青髪「     ぴぃぃ     」バタリ



上条(なんだってー!?)

【上条「小萌先生が旅行!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/05(金) 18:35:50.17 ID:hiL45C0iO
~会議室~

副校長「さて、次のクラス品評会についてなんだが……教頭、グラフを」

教頭「スクリーンをご覧ください。クラス別に今までの成績や罰則数を棒グラフで表示したものです」

副校長「これを見れば分かるが……月詠先生」

小萌「ひゃい!?」

副校長「貴女のクラスはどうなっているんだこの数値は!」

小萌「そんな!!あの子たちは少しやんちゃなだけで……その……」

副校長「由々しき事態だ!ノルマを課そう。罰則はかまわない、次の定期試験で結果が出せなければ――」

~廊下~

「――君をあのクラスから解任する!このことは生徒に言ってはならんぞ……」

「そんなっ……!!」

吹寄(なんですって!?)

姫神(これはマズい)




【上条「小萌先生がクビ!?」】の続きを読む

このページのトップヘ