えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラノベ

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 千冬「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 18:14:22.33 ID:rLk4qdGc0



     その日は、そよ風が、とても気持ちのいい日でした。

     わたくしは気分転換に、IS学園裏の雑木林を抜けた先にある

     丘を目指して歩いていました。

     一夏さんと一緒に来たら、きっと楽しいでしょう……そんな事を考えながら。

     そして……わたくしは、アレを見つけましたの。

 
     

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368954862

引用元: セシリア「もしも一夏さんが、わたくしにぞっこんだったら!」 


  【セシリア「もしも一夏さんが、わたくしにぞっこんだったら!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
原作 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。③

①こうして平塚静は新たな戦端の口火を切る。


目を開くと、そこは見知らぬ天井だった。

八幡「……ここは?」

目覚めたばかりで意識は朦朧としていたが、今俺がいるこの部屋に見覚えがないことはすぐに分かった。

ここはどこなんだ……?

今の自分の置かれている状況を把握しようと、身体を起こして周りを見渡す。

俺が寝ていたのは清潔感のありそうな白いベッドだ。

そして部屋も全体的に白い感じで、そして周りにはよく分からない機械やなんやらが置かれている。その道具の一つから俺の身体に何かチューブのようなものが繋がっていた。点滴か何かだろうか。

点滴……?

そこまで考えて、ようやくこの部屋が病院の一室であるということに気が付いた。

【結衣「一日一万回、感謝のやっはろー!」平塚「なんだと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 18:09:47.04 ID:TVI9dMTJ0
爺「そうじゃ。あそこならお前のような超能力者は腐る程おる」

琴浦「……わかりました」

爺「…こんなことしかできなくてすまんのう…」

琴浦「……」

【琴浦さん「学園都市?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆IrisIN2EOg 2015/08/18(火) 23:29:35.32 ID:/fQLQlt20
――――――――――

少し前

深月「……戦いの日々からやっと解放されて、落ち着くことが出来ました」

深月「そこで、今までを振り返ってみたのはいいですが……あることに気づきました」

深月「――それは、兄さんとあの日以降キスをしたことが無いということです」

【深月「私が兄さんとキスできないのはおかしいです」フィリル「へえー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:27:57.89 ID:RkygEJEAO
※小さい上条さん
どこかでネタかぶっていたらごめんなさい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394814477

引用元: とうま「あ、『びりびり』だ」

 

【とうま「あ、『びりびり』だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 16:09:25.02 ID:cRtzkja50
あやとり

【戦場ヶ原「阿良々木君、>>5をしましょう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/21(火) 16:20:52.96 ID:bQb35Lfk0



『突然だが君には風紀委員として一七七支部で働いてもらう。君だけの能力をうまく活かして頑張って欲しい。
報酬も寮もあります。                     ―――統括理事長 アレイ☆』


??「ようし、やってやる!!」







『突然だが君たち仲良し四人組には学園都市の秩序を守るため、風紀委員として一七七支部で働いてもらう。
突然のことで戸惑うだろうが、それぞれ得意の能力を使って大いに活躍してもらいたい。
研究費とは別に報酬も出ます。それと、寮も用意しておきました。―――気が利く統括理事長 アレイ☆』


??「最近暇してたしちょうどいいかもね」

??「たしかに超おもしろそうですね」

??「わたしも楽しければいいわけよ」

??「風紀委員って悪い人を捕まえるの?」

??「詳しく知ってるわけじゃないけど学生の自治組織でしょ?まぁ最近は物騒な事件多いしね」

??「華々しく活躍してやるわっ」

??「とにかく寮に超お引っ越ししましょう」

引用元: 上条「風紀委員ですの!」

 

  【上条「風紀委員ですの!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:49:16.51 ID:ATcR6dtX0
御坂「ちょっとあんた待ちなさいよ!」

上条「く、またビリビリかよ、いい加減にしてくれセールタイムにおくれちまう!」

御坂「誰がビリビリよ!」バキューン

上条「わぁああああ」

御坂「げ、やば木に当たっちゃった!」

上条「へ?木がこっちにたおれてくるぅぅぅ?」

上条「不幸だぁぁぁああ!」

【御坂「記憶喪失!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 17:39:44.10 ID:QRnl9nn20
FFF団員「吉井キサマッ!さっき玉野さんと何話してたぁ!!!」

美波「待ちなさいアキッ!しっかり話を聞かせてもらうんだから!」

明久「誤解だよ皆!皆が羨ましがるような会話は一切してないから!」

FFF団員「黙れッ!女生徒と会話した時点で死刑じゃぁぁぁぁ!」

明久「えええええ!理不尽すぎる!あんな事を言われた上に死刑なんて理不尽すぎる!」

FFF団員「待てぇぇぇ!」

FFF団員「挟み込めぇぇぇ!」

明久「しまった!挟まれた!?こうなったら…」

FFF団員「おい!窓から逃げる気だ!」

FFF団員「なんだと!?させるな!」

明久「うわぁぁぁぁ!」ガシャァァァン

【雄二「明久が記憶喪失だと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 10:06:28.53 ID:2jGWSliL0
俺はそう言ってすぐさま古泉を羽交い絞めにした。

だが――

キョン「ぐぉっ!?」

古泉「ホイールマルゼンッホイルマルゼン♪」

凄い力で払いのけられた。

クソッ! ただ前屈みで動いてるだけなのに、どこでそんな力入れてるんだこいつ?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494464788

引用元: 古泉「タイーヤマルゼンッタイヤマルゼン♪」 キョン「やめろ!古泉!」 


 

涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~
TVサントラ アニメ・サントラ 涼宮ハルヒ(平野綾) 長門有希(茅原実里) 朝比奈みくる(後藤邑子)
ランティス (2016-07-07)
売り上げランキング: 40,651
【古泉「タイーヤマルゼンッタイヤマルゼン♪」 キョン「やめろ!古泉!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 18:18:40.85 ID:g8VGG8spo
一夏「あんまりにも暇だから>>3の行動をするか」

ちなみに原作は5巻までしか読んでません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439198320

【一夏「暇だから安価」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 14:44:02.29 ID:kjgOV3th0
結衣「ゆ、由比ヶ浜結衣です!」

八幡「大変元気がよろしいですね」

結衣「あ、ありがとうございます!」

八幡「では、私比企谷八幡との関係を説明してください」

結衣「ちょ、関係って//」

八幡「なにか言えないことでもあるんですか?」

結衣「な、無いけど…うぅ~」

八幡「ここでアピールをしないと後が大変ですよ?」

小町「…」メモメモ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439185442

【八幡「それでは面接を始めます」小町「…お名前をどうぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 18:47:36.65 ID:aJliAKSC0
家、自分の部屋。

八幡「あれ……俺ってもしかして…」

八幡(これだけトラブルにトラブルが続き、女の子とフラグが立ち、クラスのトップカーストと関われるって言うのは……)

八幡「……俺は…この世界の……主人公だったのか?」

小町「なぁに言ってんのごみぃちゃん……」

八幡「ひぃ!? 小町さん!?」

小町「まーた中学の時のおにぃちゃんに戻ったの?」ジトーッ

八幡「ば、バカな事を言ってはいけない。あれはもう二度と取り戻す事のできない過去であり、決して色あせない思い出……」

小町「夜な夜な枕に向かって叫んでるのに?」

八幡「………」グスッ

小町「……ふふっ」

八幡「?」

【八幡「自分がラノベの主人公であると気づいた」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 ラウラ「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 19:44:41.43 ID:2GO5iura0

     キーン コーン カーン コーン

千冬「それでは、授業はここまでとする」

千冬「各自、復習しておくように」

     ハーイ

千冬「…………」 チラッ


セシリア「一夏さん、今日のお昼、わたくしと一緒に……」

ラウラ「当然、夫婦が優先されるよな?」

シャル「そんなの理由にならないよ、ラウラ」

箒「はっきりしろ、一夏」

箒「私と行くつもりだ、と」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371725081

引用元: 千冬「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

 

【千冬「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 16:12:45.37 ID:T/QDPCMv0
~文芸部室~

古泉「本当に……」

キョン子「……いや、おい」

古泉「困ったものです……」

キョン子「なぁ」

古泉「やれやれ、と言うべきでしょうか……?」

キョン子「なぁ、おいコラ古泉、おい」

古泉「え、あ……すみません。少し取り乱してしまって。何ですか?」

キョン子「そんなに私が女なのはおかしいことなのか?」

古泉「おかしいんですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494400365

引用元: 古泉「何番煎じだと思ってるんですか!?」 


 

涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~
TVサントラ アニメ・サントラ 涼宮ハルヒ(平野綾) 長門有希(茅原実里) 朝比奈みくる(後藤邑子)
ランティス (2016-07-07)
売り上げランキング: 32,757
【古泉「何番煎じだと思ってるんですか!?」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 シャル「もしも一夏が、ボクにぞっこんだったら!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 13:26:02.07 ID:rLk4qdGc0

 ――夜――

 ――IS学園寮・ラウラとシャルの部屋――



     ンモウ……ショウガナイナァ……

ラウラ「…………」

シャル「……ラウラ? 何見てるの?」

ラウラ「む? シャルロット」

ラウラ「いや、何……クラリッサから動画が送られてきたのでな」

ラウラ「日本文化を知る上で役に立つ、と言うのだ」

シャル「……アニメだね?」

ラウラ「うむ。 日本人の想像力というものは面白い」

シャル(ラウラの知識が偏っているのは、このせいか……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368937561

引用元: 【改訂版】ラウラ「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

 

【ラウラ「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆WJ3zJ.oqYc 2013/12/07(土) 15:52:20.37 ID:0swnQuro0
化物語のss

以下の点に注意してお読みください。

※登場キャラは阿良々木暦、八九寺真宵、斧乃木余接、忍野忍。メインヒロインは八九寺真宵。

※忍と余接がわりと空気

※作者はssは書いていましたが、化物語のss自体は初めて。なので所々矛盾があるかもしれない。

※鬼物語の派生。上記に書いたキャラ以外は一度も出ませんのでご注意ください。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386399140

引用元: 【化物語】 迷物語 


 

  【【化物語】 迷物語】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/11(火) 23:23:54.18 ID:Uo8ReOtWO
「うぃ~いま帰ったぞぉ~」

どうも。皆さん、ご無沙汰しております。
我が名はめぐみん。紅魔の里随一の良い女。
ダストたちと飲んでくると言って出かけた近い将来の夫の帰りを寝ずに待っていました。

「なんだ、こんなとこで寝やがって」

帰宅したカズマを真っ先に出迎えようとしたら、リビングには既に先客がいたらしく。

「起きろ、アクア。飲み直すぞ」
「むにゃむにゃ……カズマしゃん」
「たく。幸せそうな寝顔しやがって」

音を立てずにリビングのドアを開けて隙間から覗き込むと、ソファでだらしなく眠りこけたアクアの肩をカズマが揺らしていました。

「起きろって。起きないと を  ぞ」
「くぅ……くぅ……」
「よーし。そっちがその気ならやってやる」

とても小さな子供には見せられないような指の動きでアクアの胸に接近するカズマ。
止めるべきでしょうか。否。カズマのことはよくわかっています。全年齢対象です。

「アクアの  んでもしゃーないか」
「ゴッドブロォオオオオオオオッ!」
「うごげっ!? オロロロロロロッ!」

起きていたアクアの鉄拳がカズマの鳩尾に炸裂して、盛大に吐瀉物を撒き散らしました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1641911034

【めぐみん「我が爆裂魔法で神を討つ!!」アクア「討てるもんなら討ってみなさいな」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 箒「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 10:37:15.24 ID:rLk4qdGc0



     ボクは、私用でIS学園から外出していた。

     夕方ごろ帰ってきたけど……ボクは気まぐれで、いつもと違う夕日を眺めようと

     IS学園の裏にある、雑木林の先を目指した。

     ……そして、ボクはアレを見つけた。


     

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368927435

引用元: 【改訂版】シャル「もしも一夏が、ボクにぞっこんだったら!」

 

  【シャル「もしも一夏が、ボクにぞっこんだったら!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 18:54:53.26 ID:rfNVwCwd0

黒子「あの、お姉様。なんで無視するんですの?」

美琴「……」

黒子「いいですわっ。お姉様がそのつもりなら」ヌギヌギ

黒子「わたくしの愛をどこまで無視し続けられるかっ、試して差し上げますのっ」ガバッ

美琴「――ッ!」バチバチバチ

黒子「あうんっ!?」バタッ

美琴「……」

【美琴「黒子を無視し続けたらどうなるか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/06(木) 22:00:12.76 ID:HojscNpY0


八幡「は?浮気?してねぇよ…」
 

上の作品の続きみたいなもんです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438866012

【八幡「とりあえず飲むことになった」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 鈴「もしも一夏が、あたしにぞっこんだったら!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 22:10:06.31 ID:HuCDVKv10



     その日は、夜風が気持ち良かった。

     やっとムシムシした空気が無くなり、心地よい気候に移りつつある。

     私は、部活動の後、虫の音を聞きながら月を愛でようと、IS学園の裏にある

     雑木林奥の丘を目指した。


     

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368882606

引用元: 【改訂版】箒「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」

 

  【箒「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:13:12.23 ID:exrwMUZOO
打ち止め「そうだよ!!あなたはやった事ある?ってミサカはミサカは質問してみたり!!」

一方通行「まァ、聞いたことはあるなァ。アレだろ?モンスター捕まえてチャンピオン倒して終わりっつゥゲームだろォ?」

打ち止め「はぁ…。あなたは本当の楽しみ方がわかってないよーってミサカはミサカは教えてみたり!!」

一方通行「あァ…?どういう事だァ?」

打ち止め「教えてあげようかなーどうしようかなーって、ミサカはミサカは焦らしてみたり!!」

一方通行「いいからはやく教えろクソガキ」

打ち止め「まぁ、詳しくはこれを見て調べてよ。ってミサカはミサカは丸投げしてみたり!!」

一方通行「3値…?」

【一方通行「ポケモンだァ…?」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:46:11.43 ID:HuCDVKv10



     あたしはある日、気分転換にIS学園の裏にある雑木林に出かけた。 

     天気も良かったし、気分も上々♪ 

     ……そして、あたしはアレを見つけた。 


   


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368877499

引用元: 【改訂版】鈴「もしも一夏が、あたしにぞっこんだったら!」

 

  【鈴「もしも一夏が、あたしにぞっこんだったら!」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆wIGwbeMIJg 2015/08/06(木) 01:48:47.58 ID:lQbsQsoK0
一夏「具体的に言うとIS装着状態のラウラに腹パイルバンカーしたい」

一夏「例のタッグ大会でシャルがラウラに腹パイルバンカーしたの見て以来、ずっと     がムズムズして堪らないんだ」ムズムズ

一夏「あれからずっと我慢していたけどもう限界だ……。頭がおかしくなりそう」

一夏「でもそもそも俺のISにパイルバンカー付いてないんだよなぁ……」

一夏「はぁ……どうにか合法的にラウラに腹パイルバンカーする方法はないだろうか」

酢豚「あ、一夏! 探したわよ! 今日放課後、一緒に特訓する約束でしょ!」

一夏「特訓……そうだ! この方法があったか! サンキュー鈴! お礼に腹パンしてやるよ!」

二組「え、ちょ……ぶげらばっ!」ドゴォ

一夏「よし、そうと決まれば早速行動開始だ!」

酢豚二組「」ピクピク

【一夏「ラウラに腹パイルバンカーしたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆1BrjSSUSHI 2013/01/23(水) 21:24:23.66 ID:y8g6zRJ+0
ガラッ

森夏「こんにちはーっと」

くみん「あー、モリサマちゃん」

森夏「あら、あんた一人?」

くみん「六花ちゃんも富樫くんも寄るとこあるってぇ」

森夏「なるほど、デートね」

森夏「もう最近は人目もはばからずよね」

くみん「ラブラブだよねぇ」

森夏「恥ずかしいからラブラブとかゆーな!」

【くみん「モリサマちゃん叩いたぁ、先輩なのにぃ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

える「古典部の日常」 前編 

える「古典部の日常」 中編

25: ◆Oe72InN3/k 2012/11/18(日) 19:36:50.21 ID:xjsus1gx0
奉太郎「物は出来たのか?」

摩耶花「勿論! 去年はちょっと少なかったからね」

摩耶花「今年は、結構作ってきたわよ」

そう言い、伊原は例のアレを取り出す。

里志「お、本にして改めて見ると……良いデザインだね」

える「ええ、去年は迷惑を掛けてしまったので……今年は頑張ります!」

奉太郎「それにしても、後一週間か」

里志「そうだよ、ホータロー」

そう言い、里志は俺の肩に腕を回して来る。

里志「どうだい、時が経つのは早い物だろう?」

奉太郎「……そうだな、それは里志の言う通りだった」

【える「古典部の日常」 後編 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 23:55:12.95 ID:NEg2BmFz0
とある高校


小萌「今日からみなさんのお友達になる、DAIGOちゃんです」

DAIGO「よろしくウィッシュ☆」

小萌「何か一言よろしくです~」

DAIGO「初めてこの学校来たんで色々教えてくれたらガチでうれしいみたいな?」

小萌「それじゃあDAIGOちゃんの席はあそこです」

引用元: DAIGO「ここが学園都市か~…マジパねぇっスね……」 


 

  【DAIGO「ここが学園都市か~…マジパねぇっスね……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/02(日) 16:22:11.65 ID:vD5RgUQg0
銃皇無尽のファフニールⅨのネタバレがあります

現在の話の戦いが終わった後を想定しています

前作からの続きですが、つながりは無いのでこのスレが初めてでも問題ないです

今回からはモチベの関係もあり一、二キャラほど書いたら次スレを建てることにします(詳しくは前回の最後参照)

――――――――――
前スレ

【ファフニール】シャルロット「人型ドラゴンとつがいの"D"の精神的変化」 



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438500131

【シャルロット「人型ドラゴンとつがいの"D"の精神的変化」2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

える「古典部の日常」 前編

557: ◆Oe72InN3/k 2012/10/19(金) 22:31:57.47 ID:rHC3Zm5J0
午後9時。

俺は今、神山市から少し離れた所に来ていた。

話せば長くなるが……

面倒だな、話すのは今度にでもしよう。

入須「どうだ、中々に良い場所だろう」

奉太郎「そうですね」

俺と入須が居たのは、高台であった。

町並みを一望でき、キラキラと光る町の奥には海が見える。

奉太郎「入須先輩がこんな場所を知っているなんて、少し驚きです」

俺がそう言うと、入須はムッとした顔を俺に向けながら言った。

【える「古典部の日常」 中編】の続きを読む

このページのトップヘ