えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラノベ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/25(水) 23:49:19.34 ID:YsFpY3Sz0
八幡(とある休日の朝。起きて最初に目に入ったのは知らない天井だった)

いろは「あ、起きた」ギュー

八幡(そして次に目に入ったのは俺に抱きついて添い寝している一色いろはだった)

八幡「・・・ん?一色?」

いろは「違いますけど」ギュー

八幡「・・・・・・ん?」

いろは「・・・」ギュー

八幡「!?」ガバッ

いろは「あっ」パッ

八幡「な、なんだ、これは、どういう、ことだ、どういうことだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485355759

【いろは「ここが先輩のお家ですよ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」 前編

389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:26:19.17 ID:TDnB/gfSO


上条「う、うわぁああ!?ノックぐらいしろよ!!」

吹寄「したわよ!!この腐れ強姦魔!!!」

上条「濡れ衣だ!!!上条さんまだ何もシてませんのことよ!?!!」

吹寄「まだ!!?まだって言ったか貴様!!?」

上条「あ、やっ、違っ!言葉の綾だよ!!」

吹寄「だー!いいから!貴様は姫神さんの上から!!どきなさいよ!!!」



ギャーギャー


姫神「…」


引用元: 姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」 



とある魔術の禁書目録(19) (ガンガンコミックス)
鎌池和馬 近木野中哉
スクウェア・エニックス (2017-09-22)
売り上げランキング: 2,159
【姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 20:58:08.02 ID:fQqlppkjO

~とある高校~


小萌「それではこの『能力を物質に閉じ込め続ける事は可能か?』という命題について考えていくのです!」

土御門「ハイ、先生!メイド服には魂が宿る…故に可能かと思うぜよ!」キリッ

青髪「同感や!」キリッ

小萌「土御門ちゃーん?青髪ちゃーん?授業妨害するなら後で補習しますから退場させますよー?」

土御門青髪「「すんまっせん!」」

上条「お前らほんとバカだな」

土御門「カミやんには言われたくないぜい」

青髪「やねー」

上条「じゃあ上条さんが知性溢れる質問というのを見せてやるよ」

土御門青髪「「ほほー?」」

吹寄「全く…あんたらいい加減にしなさいよね」










姫神「…」

引用元: 姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」 



新約 とある魔術の禁書目録(19) (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 747
【姫神「はい。はっぴー。ばれんたいん。」上条「カカオ100%超苦ェエ!!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 23:32:13.16 ID:EiXGOtup0
一方(・・・・・・)

一方(・・・・・・なにが、おこった?)

打ち止め「はいあーん、と言いながらミサかはミサカはあなたの口にシチューを押

し込んでみる!!」

一方「・・・・・・」

一方(声が出ねェ・・・)

打ち止め「ほらほら零しちゃだめーってミサカはミサカはお世話好きなお姉さんを

気取ってみたり!!」

一方「・・・・・・」

一方(ちくしょう・・・体も動かねェ・・・くそ・・・)

打ち止め「あんまり行儀が悪いとミサカは口移しで食べさせちゃうぞ!ってミサカ

はミサカは恥じらいながら上目遣いにあなたを見つめてみたり」

一方「・・・・・・」

一方(やめろ・・・やめてくれ・・・いやだ・・・)

クチュクチュ

打ち止め「うふ、食べさせちゃった・・・ってミサカはミサカは妖艶に微笑んでみた

り」

ダラー

打ち止め「あらあら涎なんか垂らしちゃって、ミサカは・・・」ペ ロ

打ち止め「うん美味しい!ってミサカは笑顔になって見たり!」

一方「・・・・・・」

一方(だれか・・・)

打ち止め「うふふ・・・今のアナタは指一本動かせない・・・でもこれでアナタとアタシ

はずーっと一緒」

打ち止め「安心してね・・・私が・・・」

一方(・・・だれかたすけて)

打ち止め「死ぬまであなたの面倒をみてあげる、ってミサカはプロポーズしちゃっ

たり!」

一方(たすけてくれ・・・)



番外個体「・・・・・・何?あれ?」ゾゾゾ

引用元: 一方通行「なんてったって俺らはカロリーメイトだからなァ!」 

 

【一方通行「なんてったって俺らはカロリーメイトだからなァ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Nrn4taaiaw 2017/01/14(土) 20:50:07.31 ID:2MixohYDO
陽乃「とうとうバレちゃったかー」


八幡「まさか雪ノ下さんがあんなことをしてたとは思わなかったですけどね」


陽乃「しょうがないなぁ」シュルシュル


八幡「待て待て待て待てなぜ脱ぐ」


陽乃「え?脅してあたしをいい感じに調教するんでしょ?」


八幡「いやいや俺そんなこと言いましたか?」


陽乃「言わなくても分かるよー、あたしとご主人様の仲じゃない」



八幡「ご主人様ってなんだよ!?」


陽乃「あたしを飼うんだから、ご主人様になるじゃない」


八幡「いや別に飼わないよ!?」


陽乃「ありゃ、そうなの?」


八幡「雪ノ下さんの弱味は忘れてやるから、代わりに俺達をからかって遊ぶなって言いたかったんですよ」



陽乃「条件がずいぶん優しいね」


八幡「欲張ったら高くつきそうなんで」


陽乃「あたしはお釣りを用意しなくちゃね」


八幡「いりません」


陽乃「ご主人様は優しいなぁ」


八幡「だからご主人様じゃないですよ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484394607

【八幡「雪ノ下さんの弱味を握った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 00:41:39.97 ID:ewNvHFOA0
いろは「私待ちくたびれましたよ」

八幡「あの…何で居るの?」

いろは「先輩の部屋って何か面白みないですよねぇ」

八幡「」(どうして人の話聞かないのこの子)

八幡「それで…何でお前が俺の部屋に居るんだ?」

いろは「…言わなきゃダメですか?」

八幡「流石に言わなきゃダメだろ」

いろは「わたし親とケンカしたんですけど」

いろは「結構派手に怒鳴りあったりしちゃったんで家に居るの気まずいじゃないですかぁ」

八幡「それで家出したのか?」

いろは「家出って言うほど大したことじゃないんですけどね」

八幡「じゃあそこの旅行鞄は何なの…修学旅行?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484062899

【【俺ガイル】いろは「せんぱ~い!遅いです~!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 18:12:50.92 ID:dvvJflsW0


男 「ついに見つけたぞ一方通行!お前はここで僕が殺す!」

一方通行 「…………」



これはこれからあるかもしれないしあったかもしれない一人の少女に恋をした名前も無い男のお話



【男 「御坂 8321号…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/01(日) 09:32:01.39 ID:IH4TdIU+O
山なし落ちなしシリアスもなし

------

結衣01

結衣「あけおめぇー!」

八幡「おめっとさん……ほれ、蕎麦」

結衣「おいしそぉ!ヒッキーまじグッジョブ!」

八幡「はいはい。さっさと食べるぞ」

結衣「んもぉー。どうしてそんなに変わらないかなぁうちの旦那様は」

八幡「熱……急に変なこと言うな。お前だって変わってないだろ」

結衣「そんな事ないし!少しは変わったから!」

八幡「ほぅ。どんなところが」

結衣「それはー。えっと。そう!お菓子とか上手に!」

八幡「俺や雪ノ下がいるときは除外だぞ」

結衣「あぅ!」

結衣「うー。じゃあ……えーっと……えーっと」

八幡「……」

結衣「どうしようヒッキー!思い付かない!」

八幡「……ああ、確かに変わってるな」

結衣「え!?何!?どこら辺!?教えて教えて!」

八幡「……ちょっと腹回りに肉がつい」

結衣「ヒッキーどこ見てんの!?最低!変態!」

八幡「あー……いや」

結衣「うぅ……ダイエットしなきゃ……でも蕎麦おいしい」

八幡「……ありのままのお前でいいだろ」

結衣「へ?」

八幡「……」

結衣「えへへ。今年もよろしくね。ヒッキー」

八幡「……こちらこそ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483230721

【八幡「明けましておめでとう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆RQPbAVaHeLZK 2016/12/24(土) 17:56:40.12 ID:APfwYDveo

ヴィリアン「ねえ、ウィリアム、今年はサンタ様はいらっしゃるのでしょうか」

アックア「きっと来ますよ。姫君は今年もいい子でしたから」

ヴィリアン「ふふっ、楽しみです」

アックア「……して、プレゼントは何を頼んだのですか?」

ヴィリアン「ひ、秘密です!」バッ

アックア「なるほど、その手紙に記してあるんですね」

ヴィリアン「……サンタ様への手紙ですから、ウィリアムは読んではなりませんよ?」ギュ

アックア「ええ、分かってます。無事にサンタさんに届くことを祈ってます」ナデナデ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482569799

【ヴィリアン「サンタ様は誰?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆cD8n7Hlkw6 2016/12/21(水) 23:43:54.25 ID:m7smTQLRo
オティヌス「おい人間。起きろ」

上条「……ん……」

オティヌス「さっさと起きろ」

上条「……オティヌス……?」

オティヌス「やっと起きたか」

上条「おまっ、体が元に戻ってっ!?」

オティヌス「どうやらお前も記憶はあるようだな」

上条「記憶? てか暑いな。冬なのに」

オティヌス「冬じゃない。今日の日付は七月二十日だ」

上条「…………は?」

オティヌス「どうやら私とお前の時間が巻き戻ったようだ」

上条「……え? 嘘だろ……?」

オティヌス「本当だ。ちなみに私が原因じゃないぞ」

上条「あ、ああ。他の魔神がやったのか?」

オティヌス「さあな。試しに元の時間に戻れるか試したが駄目だった」

【上条「オティヌスと一緒に禁書を再構成」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/18(日) 15:28:49.22 ID:p6W32nB80

12月


いろは「終わった、終わった~、…てこれから生徒会だけど」

いろは「はあ~なんで2年連続で生徒会長になったんだろ…これも先輩のせいだ」


友達「いろは」

いろは「ん?なに~?どしたの」


友達「あ、これから生徒会だっけ?」

いろは「そうだけど、少しなら時間あるけど?」

友達「あ、うん。もうすぐクリスマスパーティあるじゃん?」

いろは「そういえばあるね」

友達「あれって私も行っていいのかな~?」

いろは「わたしが許可することでもないけど…大丈夫だと思うよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482042528

【八幡「一色いろはとの関係」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/07(火) 02:59:39.48 ID:V3f7pgPSo

遠くで巨大な爆発音がするので目が覚めた。

また、彼女が爆裂魔法を放ったのだろう。

この世界にはない目覚まし代わりになるのでちょうど良い。

たまにクエストに行って不在の時は困るけど。

モルガナ「やっと起きたか。もう昼過ぎだぜ」

「この世界に来てから、なんか昼間で寝るのが普通になった」

モルガナ「学校みたいに早起きする必要はないけど、もう少し早く起きようぜ」

気が向けば。

とりあえずいつも通りにギルドへ向かおう


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486403979

【【このすば!】このペルソナ使いに平穏と祝福を!【ペルソナ5】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 22:17:41.97 ID:FbaRNMTY0
八幡「うおっ、どうしたんだお前・・・その怪我」

沙希(比企谷があたしの眼帯を見て驚く)

沙希「別に・・・階段で転んだだけ」

八幡「・・・そうか、その、大丈夫なのか?」

沙希「・・・2、3日で治るってさ」

沙希(こいつが心配してくれる。それだけで嬉しくなる単純な自分が少し嫌いだし)

沙希(それでつい素っ気なくしてしまう自分は、大嫌いだ)

沙希「片目だけで遠近感狂っちゃうから・・・それはちょっと不便かな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486300661

【沙希「あいつとの距離」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:35:50.22 ID:1/ZqyAuE0
御坂「しかも3位なんだが? 上に2人しかいないんだが?」

上条「……」

上条「どうしちまったんだよビリビリの奴……」コソコソ

黒子「昨日お風呂掃除の時に、お姉さまは転んで頭を打ってしまって……」コソコソ

上条「あぁ」コソコソ

黒子「目が覚めたら、いわゆる異端厨になってたんですの」コソコソ

御坂「スカートの下に短パンはいてる私って異端?w」

上条「……」

引用元: 御坂「まだ中二なのだがレベル5な私って異端?w」 上条「」 



  【御坂「まだ中二なのだがレベル5な私って異端?w」 上条「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 18:59:15.20 ID:KgI3H5di0

「今日で二学期も終わりか。早いもんだぜ」

「本当にね。あっと言う間の一年だったよ」



吐く息の白さが寒々しさを訴え掛ける師走
あと一年の中学生活も残すところ三分の一となり、一抹の寂しさを覚える時期
この一年で築かれた日常とも言える佐々木との塾からの帰り道での一幕である



「年が明ければ学校でも塾でも受験への最後の追い込みがかかるね。気が滅入りそうだ」

「俺はそれに加えて家でお袋からの無言の圧がかかるんだよ。まったく、休まるところもありゃしねえ」

「くつくつ、お母様からの期待には是非応えて欲しいものだね」



いつも通り他愛のない会話をしながら帰路につく。この時間でさえ残すところあと僅かである
いつしかこの時間にノスタルジーを覚えるのであろうか、などとしんみり考えていた時だった





「あぁ、ところでキョン。聞きそびれていたんだけど……」

「何をだ?」













「キョンはサンタさんに何をお願いするんだい?」












…………?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481623154

【佐々木「キョンはサンタさんへ何をお願いするんだい?」 キョン「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 00:01:29.29 ID:dI+mrwXz0
朝倉「命乞いのつもり?」

キョン「違う! 冗談でもそんなことを言えば奴らが……っ!」

朝倉「冗談だと思う?」

朝倉「死ぬのっていや? 殺されたくない? わたしには有機生命体の死の概念がよく理解出来ないけど」

キョン「朝倉、今ならまだ間に合う! 撤回してくれ!」

朝倉「無駄なの」

朝倉「ねえ、あきらめてよ。結果はどうせ同じことになるんだしさあ」

キョン「もうだめだ……奴らが……くる……っ!」

ガラガラッ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506351688

引用元: 朝倉「あなたを殺してry」 キョン「やめろっ!」 


【朝倉「あなたを殺してry」 キョン「やめろっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆cD8n7Hlkw6 2016/12/13(火) 00:20:29.70 ID:2JbKhBEOo
土御門「いきなりどうしたんだにゃー?」

上条「いや、急にあいつらが今何しているのか気になってな」

土御門「あいつらとは?」

上条「戦場で俺と関わった奴らだよ」

土御門「なるほど」

上条「グレムリンのマリアンには携帯番号教えたんだけど掛かってこないし。元気に暮らしてるかなって上条さんは心配になってるわけですよ」

土御門「…………は?」

上条「どうした?」

土御門「グレムリンの魔術師に番号を教えただと!?」

上条「ああ。なんか困ったことがあったら連絡してこいって言って教えた」

土御門「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481556029

【上条「あいつら、今何してんのかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 22:48:05.03 ID:83WxcpDBo
三浦「どうなの?」

八幡「俺に聞かれてもな」

三浦「だって雪ノ下さんと仲良いじゃん、アンタ」

八幡「仲良くねえよ。てか何でそんな話になってんだ?」

戸部「それがー、二人でデートしてるところをいろはが目撃したみたいなんだわー」

八幡「一色が?」

戸部「そうそう。結構仲いい感じに見えたらしいんだわー」

八幡「ほーん」

三浦「それでヒキオは何か知ってるん?」

戸部「俺たち全員気になっちゃってるわけよー」

大和「だな」

八幡「葉山には聞いたのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481204884

【三浦「隼人と雪ノ下さんが付き合ってるのか教えな」八幡「はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 2013/03/23(土) 09:34:42.02 ID:ssrsHAEUO

このスレは「とある魔術の禁書目録」&「とある科学の超電磁砲」のSSです


上条×食蜂

キャラ崩壊は当たり前

このスレのみさきちは原作より良い子で取り巻きの子と仲良しである

初SS 駄文

それではスタートします


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363998881

引用元: 食蜂「掌握幻想っていい響きじゃなぁい?」上条「そうか?」

 

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
鎌池 和馬
アスキー・メディアワークス (2012-10-27)
【食蜂「掌握幻想っていい響きじゃなぁい?」上条「そうか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 23:50:06.48 ID:pihJyFzho
美琴「6年がかりでやっと『このライトノベルがすごい!』の男キャラ部門で1位を奪還したわね」

上条「もうそんな前になるのか」

美琴「まったく私はずっと1位を死守してたっていうのに」

上条「いや、雪ノ下って子に負けてただろ?」

美琴「一回きりよ! それに5連覇してたんだから本当なら殿堂入りもんよ?」

上条「そういうもんですかね」

美琴「そういうもんなのよ」

禁書「ふん。短髪は出番が多いからラッキーなだけなんだよ」

美琴「あん?」

禁書「わたしなんてあの出番の少なさで9位にランクインしてるんだよ。実質わたしが1位なんだよ!」

オティヌス「その理屈はおかしいと思うがな」

美琴「出たわねニート勢」

禁書「わたしはイギリス清教に所属してるからニートじゃないんだよ!」

美琴「給料も出ないで家でゴロゴロしてるだけじゃない」

禁書「うっ」

オティヌス「私は妖精化してるからニートには当てはまらないな」

禁書「オティヌスの裏切者! こうなったらやけ食いしてくるんだよ!」

上条「はぁ」


以前にも同じようなSS投下したものです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480776606

【美琴「私もアンタも1位よ!」上条「みたいだな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9XuF3XEACk 2016/11/26(土) 17:10:01.98 ID:UlgWdh3g0

雪乃「葉山君、遅いわよ」

葉山「ごめん、雪乃ちゃん。遅れてごめん」

雪乃「まあ、いいわ。それで?今日はどこへ連れて行ってくれるの?」


葉山「雪乃ちゃんはどこへ行きたい?」

雪乃「私は…そうね、あまりこれといって行きたい場所は提示できないわ」

葉山「そうか…」

雪乃「ごめんなさい、デートは正直したことがなくて…」

葉山「いや、構わないよ。俺だって似たようなものさ」

雪乃「あなたの口でそういうことを言うの?あてつけかしら?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480147801

【八幡「葉山と雪ノ下」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 16:09:09.52 ID:vvV1bbjk0
冬にアニメ化するChaos;Child とのクロスですが、俺ガイルさえ知っていれば問題なく読めると思います。名ありキャラは俺ガイルオンリーです。
アニメ放映前であるChaos;Child のネタバレは避けますので、知らない人もぜひ読んでみてください。

それと、SS書くの初めてなので何かおかしな点があれば教えていただけると嬉しいです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480144149

【八幡「ディソード」いろは「中二病ってやつですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: よき先生 2016/11/19(土) 23:29:30.32 ID:wS1AfmKg0
八幡「・・・はー」


留美「何?」


八幡「お前俺と同じ道たどってんのな」


留美「は?何言ってんの?」


八幡「いや、俺も高校の時にお前と似たことこの作文に書いたのを思い出したんだ、つか先生って言え」


留美「・・・はち、比企谷先生はボッチで満足だった?」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479565770

【留美「青春とは嘘であり悪である」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/14(月) 20:33:38.23 ID:rQbG7VQi0

唐突だが俺は志望する大学に受かることができた。


いろは「なんですか急に?」


八幡「いや、ちょっと言ってみたかっただけだ」

いろは「はあ?」

葉山「まあ、お互い志望大学に合格できたみたいで何よりだね」

八幡「おう」

いろは「あ~、そうなんですよね。葉山先輩、おめでとうございます!」

葉山「ありがとういろは」


いろは「先輩もおめでとうございますっ!」

八幡「お、おう」

いろは「先輩って照れると「おう」しか言いませんよね」

八幡「なんでそんなことわかるんだよ」

いろは「色々観察してるとそう思いまして」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479123217

【八幡「大学に向けて考えること」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:38:41.96 ID:1xxuCEviO
竜児「しかもなかなか可愛い」

大河「あっそ」

竜児「両親は家を留守にすることが多く、姉さんも大学に行って一人暮らしだそうだ」

大河「何でそんなこと知ってんのよ…キモッ」

引用元: 竜児「最近、スーパーで平沢さんという子によく会うんだ」

 

【竜児「最近、スーパーで平沢さんという子によく会うんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 22:23:55.06 ID:i2mt7q100
ハルヒ「!?」

古泉「そうなんですか」

キョン「ああ、ようやく世間一般の常識ってもんを理解したらしい」

ハルヒ「ちょっと!何勝手な事言ってんのよ!」

キョン「誉めてるんじゃないか」

ハルヒ「あたしはね!歳とって丸くなったりしないの!いつもとがってるの!」

キョン「そうか?」

ハルヒ「結婚だって、あんたが一生独り身で可哀想だから仕方なくしてあげただけだし」

ハルヒ「結婚したって、団長の方が偉いんだからね!あんたは一生あたしの雑用係なの!」

キョン「まあ、口ではアレだが、毎朝早起きして弁当作ってくれるんだ」

ハルヒ「ちょっ」

キョン「仕事でどんなに遅くなっても、帰ってくるまでは寝ずに待ってるしな」

古泉「いいお嫁さんですね」

ハルヒ「わあああああああ!!」

引用元: キョン「ハルヒ?ああ、結婚してから大人しくなったな」 



涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
KADOKAWA / 角川書店 (2016-12-18)
売り上げランキング: 8,399
【キョン「ハルヒ?ああ、結婚してから大人しくなったな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 19:32:30.67 ID:e4gOcItn0
絹旗「お互いに三週間超口利いてない?」

浜面「あぁ、確かに前からベタベタするほど仲がよかったわけじゃないんだけどな」

絹旗「……んー、これは事件の匂いが超します……」

引用元: 絹旗「麦野と滝壺の仲が超悪い?」浜面「うん」

 

とある魔術の禁書目録 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-26)
売り上げランキング: 14,133
【絹旗「麦野と滝壺の仲が超悪い?」浜面「うん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0lcgcQtP4I 2014/05/12(月) 20:36:24.75 ID:BXJzhaQw0
春香「えっ…でも…」

千早「なにかしら?何か変なところでもある?」

春香「変というか…千早ちゃん、今週の髪型、月曜日は普通だったのに、日に日に変えていって今日(金曜)すごいことになってるよ。」

千早「…春香…私、曜日によってイメージする数字とかが違うと思うのよね。具体的には、月曜が0で日曜が6、のように。春香はどう思うかしら?」

春香「千早ちゃんはハルヒ知ってるんだなって思うな。」

千早「知らないわ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399894567

引用元: 千早「涼宮ハルヒの憂鬱?知らないわ。」

 

【千早「涼宮ハルヒの憂鬱?知らないわ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:50:15.81 ID:n0bJ3ZV50
上条「くそ!補習が長引いちまった・・・」

上条「あーあ、この時間だともうタイムセールは終わってるな…」

上条「・・・ん?」

上条「新規開店?半額セールだと!?」

上条「珍しくついてるな」

タッタッタッタッ

引用元: 上条「あれ・・・?不幸じゃなくなった?」

とある魔術の禁書目録 18巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2016-11-22)
売り上げランキング: 38,150
【上条「あれ・・・?不幸じゃなくなった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/05(日) 23:13:17.94 ID:XAHciXD90
浜面「はぁ、腹減ったなぁ」

浜面「やっぱ、一日一食じゃ身が持たないよなぁ」

浜面「でも、もらえる日給550円…」

浜面「とてもやっていけないよなぁ…」

浜面「おまけに、毎日仕事があるわけでもないし…」

浜面「はぁ、いったいどうすりゃいいんだ…」


引用元: 浜面「貰える報酬、すずめの涙……」

 

【浜面「貰える報酬、すずめの涙……」】の続きを読む

このページのトップヘ