えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラブライブ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 00:03:52.84 ID:P460BgdA0
穂乃果「なんだか今の関係に飽きちゃったよ……」

穂乃果「付き合う前とか付き合い始めはもっと初々しかったのに……」

穂乃果「今では穂乃果の言うことも……多少の無茶でも聞いてくれるし」

穂乃果「毎日お弁当も作ってくれる」

穂乃果 (すごく嬉しいんだけどやっぱりなんか飽きちゃうよ……)

海未「穂乃果ー!お弁当一緒に食べませんか?」

穂乃果 (・・・そうだ!海未ちゃんにわざと冷たくして反応を見よう!)

引用元: 穂乃果「海未ちゃんと付き合い始めて一ヶ月」 



ラブライブ!  Solo Live! collection Memorial BOX III (特典なし)
μ's
ランティス (2018-03-28)
売り上げランキング: 84
【穂乃果「海未ちゃんと付き合い始めて一ヶ月」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆u9IChv7h0A 2015/01/19(月) 21:50:20.12 ID:qH5EOVyU0


プルルルルルルルッ


穂乃果「……? 電話?」


【絵里ちゃん】


穂乃果「絵里ちゃんからだ」ピッ


穂乃果「はい、もしもし」


『……』


穂乃果「あのー……」


『……』


穂乃果「……えっと、絵里ちゃーん」


『……』


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421671819

引用元: 穂乃果「エリーさんエリーさん」 

 

【穂乃果「エリーさんエリーさん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 23:27:19.23 ID:3lgqmWylo
ことの始まりは、ラブライブ決勝を二ヵ月後に控えた、三学期も始まって間もない日の放課後。
いつものように部室に集まり、練習が始まるまで雑談に興じていた最中の出来事でした。

 にこ「あんたたち! 全員そろってるわね!」

 花陽「あれ? にこちゃん?」

 真姫「いきなりどうしたのよ。センター試験が近いから、今日からしばらくは三年生は練習せずにみんなで勉強会って言ってなかった?」

  凛「にこちゃん……望み薄だからって今から諦めちゃうのはさすがに早いんじゃないかな……」

 にこ「つ~ね~る~わ~よ~!」ギュムム

  凛「もうつねってるにゃ~!!」

 海未「それでいったいどうしたのですか? 勉強が嫌でここに来たのなら、希にまたわしわしされる前におとなしく勉強会に向かったほうが良いと思うのですが……」

 にこ「だから違うっての!! これを見なさい、これを!」

穂乃果「なになに……区民会館多目的ホール使用許可証?」

ことり「にこちゃん、これってもしかして……」

 にこ「そ! ライブ、やるわよ! あくまでミニライブだけどね!」

  凛「やっぱりにこちゃん、勉強が嫌で……」

 にこ「し~つ~こ~い~わ~ね~!!」ギュムムム

  凛「にゃあああああ!!」

 花陽「にこちゃん、そんなに引っ張ったら凛ちゃんのほっぺた伸びちゃうよ~!」

 真姫「でもこれ、日付がセンター試験の日になってるわよ? これってどういうこと?」

 海未「にこ……さすがにセンター試験の日にライブをやるのはいくらなんでも無理があるのではないですか?」

 にこ「もちろん、私達三年生は出ないわ」

穂乃果「じゃあどうするの? さっきはミニライブって言ってたけど」

 にこ「ユニットでのミニライブよ!」

 花陽「ユニットでライブしちゃうのぉ!?」

 真姫「でも、どうしてこのタイミングでユニットでミニライブなんて考えたわけ?」

 にこ「決勝までに少しでも多くアピールしておきたいってことを考えると、全員で出れないとしても決して無駄にはならないわ」

 海未「確かに一理あるとは思いますが……具体的にはどうするつもりなのですか?」

引用元: 花陽「ありがとう」 

 

たてぽす ラブライブ! Ver.3 小泉花陽
ブシロード
売り上げランキング: 35,298
【花陽「ありがとう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 12:08:53.21 ID:Jfscnlol0
りきゃこが好きな斬魄刀を答えていたので
短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521601732

引用元: ルビィ「死神代行」 


【ルビィ「死神代行」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 10:35:00.87 ID:mFLzRPmb0


水曜日



花陽「ねえ… り、凛ちゃん?」

凛「ん? なあに、かよちん」

花陽「…ううん、やっぱりなんでもないよ。ごめんね」

凛「そっか。ならいいにゃ」

花陽「……」


引用元: 花陽「ねえ… り、凛ちゃん?」 

 

【花陽「ねえ… り、凛ちゃん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 11:26:20.29 ID:/zaZojyjO


◆うみぱな
◇シリアス展開ありかもしれません
◆違和感はことりのおやつに
◇のんびり書いていくのでよければ最後までお付き合いください

※前作:穂乃果「忘れちゃうなんてひどいよ」 の続編ですのでそちらを先に読んでいただけると嬉しいです



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419733580

引用元: 【らぶらいぶ】花陽「自分にできること」 

 

ハコビジョン ラブライブ!  9個入 BOX(食玩・ガム)
バンダイ (2015-04-29)
売り上げランキング: 53
【【ラブライブ】花陽「自分にできること」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

穂乃果「いらっしゃいませー!」俺「か、かわいい……」 前編

27: 大変申し訳ございませんでした 2014/01/27(月) 11:20:16.55 ID:WXqQjpmL0
穂乃果「いくよーっ!それっ!」ビュン

パシッ

俺「(やっぱりちょっと痛いな)……行くぞー!」ヒュッ

パシッ

穂乃果「お、最初から飛ばすねえ!前やった時はゆっくりじゃなかったっけ?」

俺「早い方がいいんだろ?だったら早くするよ……手元狂ったらごめん」

穂乃果「それはお互い様だよ、せいっ!」ブンッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
俺「まさか日が暮れるまでやるとは……」

穂乃果「あはは……ごめんごめん、ついヒートアップしちゃって」

俺「まあ人のこと言えないからいいんだけどさ……じゃあ今日はお別れだな」

穂乃果「??どこか行くの?」

俺「ホテルだよ。こっちに家ないからな」

穂乃果「もう予約してあるの?」

俺「いや、これからだけど」

穂乃果「あ、じゃあさじゃあさ!穂乃果の家に泊まらない?」」

引用元: 穂乃果「いらっしゃいませー!」俺「か、かわいい……」 



【穂乃果「いらっしゃいませー!」俺「か、かわいい……」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/25(土) 23:20:20.61 ID:sJxEr1aP0
穂乃果「いらっしゃいませ!何になさいますか?」

俺はたまたまふらりと立ち寄った和菓子屋で、思いもよらない出会いを経験した。

ここ、音ノ木坂のスクールアイドル、μ'sの高坂穂乃果である。

俺「え、えーっと(こんな和菓子屋でバイトしてるとは……!ラッキーだ!)」

穂乃果「おすすめはこのお饅頭です!うちの名物なんですよ!」

俺「じゃ、じゃあそれを一つ」

穂乃果「はい!168円です!」

俺「200円で」

穂乃果「はい!32円のおかえしです!ありがとうございました!」

俺 (絶対明日も来よう)

引用元: 穂乃果「いらっしゃいませー!」俺「か、かわいい……」 




【穂乃果「いらっしゃいませー!」俺「か、かわいい……」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 16:35:14.16 ID:vEqZCMM90
――放課後


穂乃果「……あれ?」

海未「……? どうしたのですか、穂乃果」

穂乃果「あれ、見て。海未ちゃん」

海未「……?」チラッ

(・8・)「……」

引用元: 穂乃果「あ……、ことりちゃんが捨てられてる」 (・8・)「……」 



ラブライブ!  Solo Live! collection Memorial BOX III (特典なし)
μ's
ランティス (2018-03-28)
売り上げランキング: 87
【穂乃果「あ……、ことりちゃんが捨てられてる」 (・8・)「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18(土) 14:11:38.10 ID:sQ+JJtT60
春香「スクールアイドル!」

P「えっ?」

春香「何だか最近、学校の活動でアイドルをやっている高校生が大勢いるみたいです!」

P「春香達も学校行きながらアイドルやってるじゃないか」

春香「そーじゃないんですよ!なんかこう…私たちとは違う…部活!そう部活みたいな!」

P「部活?アイドルじゃないのか?」

春香「みたいなですよ!彼女たちは学生でありアイドルであり…あれ?私も学生だよね?あれ?」

P「落ち着け、しっかりしてくれ」

引用元: 春香「プロデューサーさん!スクールアイドルですよ!」 



【春香「プロデューサーさん!スクールアイドルですよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 02:10:13.42 ID:jnRvwZVm0
 今日は、私の誕生日。お母さんが、朝ごはんに、新潟県魚沼産のコシヒカリを使ったつやっつやなおにぎりを作ってくれました。学校が楽しみです…。

ドア「ガチャッ」
凛「かよちーーーんっ、お誕生日、おめでとうっ!!!!」

学校へ行こうとドアを開けると、お日様に負けないくらい、元気な凛ちゃんが花陽にいきなり抱きついてきました。言ってもらえるとは分かってたけど…誕生日おめでとう…やっぱり照れちゃうなっ。

花陽「り、凛ちゃん、ありがとう! で、でもっ苦しいよぉ~…」
真姫「ちょっと凛!花陽困ってるじゃない!放しなさいよー!」
凛「やーだーよー!真姫ちゃんに凛ちゃんは渡さないもんねー!」
真姫「べ、別にそういうつもりで言ったわけじゃないでしょー!ほら、早く放しなさーいっ!」
凛「やーだーねー!」
花陽「わぁぁぁーー!ダレカタスケテー!!!!」

(OP)

引用元: 花陽「みんなと過ごす誕生日」 

 

ラブライブ! B5クリア下敷き 小泉花陽
ブロッコリー
売り上げランキング: 13,104
【花陽「みんなと過ごす誕生日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/19(月) 14:51:36.89 ID:tim7lN5v0
果南「よし,じゃあ今日の練習はここまで」

ルビィ「はあ~疲れたよ~」

善子「フフフ……この程度で音をあげるなんてルビィもまだまだね」ガクガク

花丸「そういう善子ちゃんだって膝が笑ってるずら」

善子「うるさいわね!今日の練習がキツすぎるのよ!」

花丸「マルもお腹が限界ずら~」

ルビィ「じゃあ3人でご飯食べに行かない?」

花丸「いいね!何食べに行こうか?」

善子「そうねえ……普通にファミレスとかでいいんじゃない?」

ルビィ「そうだね!みんな好きなもの注文できるし!」

引用元: ルビィ「私は大丈夫だから」 



【ルビィ「私は大丈夫だから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 23:13:51.93 ID:X3N2kEZX0
海未「穂乃果達とμ'sとしてスクールアイドルをはじめてから」

海未「ファンらしき人々から写真を撮られますし」

海未「なにより穂乃果も『海未ちゃん大好き!』と抱きつく回数が増えた気がします」

海未「フヒッ」

海未「ことりだって私の歌詞を書かせるために懇願しました。これはもうヤれるのでは…?」

海未「デュフッ」

引用元: 海未「もしかして私はモテ期なのでは…?」 



【海未「もしかして私はモテ期なのでは…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 08:12:50.81 ID:KFpIbHIS0
にこ「明日は野球を見に行くニコ!」

こころ「わーい! 野球大好きー!」

ここあ「ここあもー!」

引用元: にこ「え……、これって招待券じゃなくて優待券なんですか……?」 


【にこ「え……、これって招待券じゃなくて優待券なんですか……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/18(日) 18:39:35.28 ID:4LsVsDnK0
ダイヤ(ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・・・💢)

8人「(……)」

千歌「(今、部室は大変な状況になっております…)」

ダイヤ「さぁ~^^白状しなさい♪私のチョコを食べたのは誰ですか!?」

千歌「(そう、誰かがダイヤさんの部室の机に置いてあったチョコを食べたのです…)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521365974

引用元: ダイヤ「誰ですか!!私のチョコを食べたのは!!」 


【ダイヤ「誰ですか!!私のチョコを食べたのは!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 00:02:20.92 ID:2oBFxxxr0
どうやら私、西木野真姫は人の心が読めるようになった、らしい。

穂乃果「今日もパンが美味いっ!」 (今日もパンが美味いっ!)

海未「また穂乃果は…太りますよ」 (美味しそうに食べる穂乃果かわいい)


真姫 (読める…というより、考えていることが漠然とわかるって感じ、直感に近いわ)

引用元: 真姫「おりこうエリー」 

 

【真姫「おりこうエリー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 22:10:55.02 ID:ZwqxKFLwP
穂乃果「ことりちゃんの分からず屋!」

ことり「分からないのは穂乃果ちゃんの方だよ!」

海未「穂乃果、ことり、一体何を騒いでいるのですか?」

穂乃果「あ、海未ちゃん。ことりちゃんがね、きのこの山よりたけのこの里の方がいいっていうの」

穂乃果「きのこの山の方が昔からあるんだからきのこの山の方がお姉ちゃんなのにおかしいよね――」

パァンッ

穂乃果「……え?」

海未「最低です……。あなたは最低です!」

引用元: 穂乃果「きのこ!」ことり「たけのこ!」 



【穂乃果「きのこ!」ことり「たけのこ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 12:07:48.25 ID:z2G6gIm00
凛「あのね!こ、今週の土曜日暇かな!?」

海未「はい、暇ですが……何か用事でも?」

凛「ふぇっ!?///あ、いやっ、その」

海未「凛、落ち着いて深呼吸」

凛「すぅ……はーっ……すぅ……はーっ」

海未「落ち着きましたか?」

凛「うん!それで、土曜日その……一緒に遊びに行かない?」

海未「私と二人でですか?」

凛「うん……ダメかな?」

海未「いえ、もちろんいいですよ」

凛「ホントに!?やったぁ!じゃあまた明日ね!ばいばーい!」タッタッタッ

海未「あっ、凛!待ち合わせ場所は!?……まぁ、あとでメールすれば済む話ですか」

海未 (しかし、凛から誘ってくるなんて珍しいですね。明日が楽しみです)



はい

引用元: 凛「海未ちゃん!」海未「どうしました?」 


【凛「海未ちゃん!」海未「どうしました?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 00:47:25.22 ID:g27aj4O00
花陽「~♪」シャカシャカ

凛「かよちーん!何聞いてるの?」

花陽「あ、凛ちゃん!これだよ」

凛「ん~?」

♪タトエバーキミガイルダーケデ

凛「あ、凛この曲聞いたことあるよ!」

花陽「歌ってる人たち、米米CLUBって言うんだよ!」

凛「かよちんにぴったりなバンドだにゃー」

花陽「たとえばー君がいるだーけで心がー強くなれるーこと♪」

凛「何よりー大切なもーのを気づかせーてくれたねー♪」

引用元: 花陽「こめ」 

 

【花陽「こめ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆IFc3Af9XO5nx 2015/01/15(木) 19:41:55.55 ID:NiIZE4wO0
――プロローグ

「冗談、ですよね?」

戸惑いながら絞り出した声はとても弱々しいもので、自分が出したとは思えなかった。

「こんなこと本気でしか言えないよ」

信じて欲しいと告げる本気の表情。

昔から穂乃果が緊張する時に出てしまう、スカートの先を握る仕草が真実なのだと告げている。

両親からどんな時も直ぐに対応出来るようにと鍛えられていたけれど、この瞬間は頭が真っ白になってしまった。

「もう一度言うね。穂乃果は海未ちゃんが好き。付き合って下さい!」

何事も変わることがない一日なのだと疑いもしなかった今朝の自分が憎らしい。

尤も、どんな鋭い感性を持っていてもこんなことになるなんて想像出来る筈もない。

穂乃果の口癖である「お腹の中から一緒のスーパー幼馴染」である大切な存在。

年離れていて既に嫁に出ている実の姉よりも姉妹らしい穂乃果。

時として姉と妹が入れ代わり、これからもずっとこの町で一緒に成長していくんだと思っていた。

勿論、穂乃果のことは好きだと言い切れる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421318505

引用元: 海未「太陽は海を想う」 

 

ハコビジョン ラブライブ!  9個入 BOX(食玩・ガム)
バンダイ (2015-04-29)
売り上げランキング: 43
【海未「太陽は海を想う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆khUorI/jDo 2015/01/17(土) 09:14:19.45 ID:j8xnQE9ho
真姫「花陽、何してるの?」

花陽「あ、真姫ちゃん。これ、ポスターの貼り替えなの」パサ

花陽「文化委員の子が急用で早く帰らなくちゃいけなくなったみたいで…まだμ'sの練習まで時間もあるから……」

真姫「…一応聞くけど、無理矢理に押し付けられたんじゃないのよね?」

花陽「うん、困ってたみたいだから、花陽が自分から…」

真姫「そう、ならいいけど。あなたそういうの断れないから……」

花陽「ありがとう、真姫ちゃん。大丈夫だよ」

真姫「手伝うわ。ポスター、貸して」

花陽「うん、ごめんね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421453659

引用元: 花陽「誰かの隣で咲くように」 

 

キャラグミン小泉花陽
株式会社ボークス
売り上げランキング: 25,555
【花陽「誰かの隣で咲くように」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:59:33.80 ID:Fvmuf2riO
ことり「穂乃果ちゃんが風邪引いて学校休むなんて珍しいね」

海未「今日は練習もないですし、お見舞いにでも行きましょうか」

ことり「さんせーい!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394017173

引用元: ことり「海未ちゃん……ごめんね」 



【ことり「海未ちゃん……ごめんね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 04:49:17.90 ID:765RZh1t0
海未「新学期になり、もうすぐ次の生徒会長選挙ですね」

ことり「絵里ちゃんの次は誰がなるのかなあ」

穂乃果「いいこと思いついた!穂乃果が生徒会長になればいいんじゃないかな!」

海未「穂乃果が生徒会長!?勉学やスクールアイドルと両立できるんですか?」

ことり「絵里ちゃんすごい大変そうだったよ」

穂乃果「細かいことは生徒会長になってから考えればいいよ。
それより、穂乃果が生徒会長になってアイドル研究部に予算とか融通すればμ'sも活動しやすくなるんじゃないかな!!」

海未「予算を融通!?それは権力の濫用じゃないですか!そんなことをしてはすぐにリコールされるだけですよ!」

穂乃果「それについては考えがあるから大丈夫。とにかく生徒会長になりたいから二人とも協力してよー!!」

ことり「穂乃果ちゃんがそこまで言うなら仕方ないなあ・・ことりは協力するよ♪」

穂乃果「ことりちゃんありがとう!海未ちゃんはどうするの?」

海未「穂乃果に振り回されるのはいつものことですが仕方ないですねえ・・私も協力しましょう」

穂乃果「二人ともありがとう!!目指せ生徒会長だよ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521143357

引用元: 穂乃果「生徒会長選挙だよ!!」 



【穂乃果「生徒会長選挙だよ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 00:10:27.47 ID:wIiJBu1DO
――――――


希「えりちはポンコツさんやから」


ウチは目の前の彼女にそう言った。

たぶんウチの口元には笑みが浮かんでたと思う。
それを見て、彼女、にこっちは


にこ「……まぁ、否定はしないわ」


そんな言葉を返した。

やっぱり、そこら辺はウチらの共通認識やんな。
たぶん、真姫ちゃん辺りもそう思ってるはず。


にこ「そのポンコツとつるんでるあんたも大変ね」

希「ウチは好きでやってることやし?」

にこ「好きは好きでも、物好きってやつね」


呆れながらそう言うにこっちに、ウチは乾いた笑いを返すしかない。
だって、にこっちの言う通りだから。


えりちこと、絢瀬絵里。

ウチの大親友で、生徒会長の君。
さらには、ウチやにこっちも所属するスクールアイドル『μ's』のお姉さん的なポジションにいる彼女。

それだけなら、完璧超人以外の何者でもないように聞こえる。
しかし、それは決して彼女の本質を捉えてない。

彼女の本質。
それはつまり――


引用元: 【ラブライブ】希「えりちはポンコツさんやから」 

 

ラブライブ!Solo Live! II from μ’s 東條希
東條希(楠田亜衣奈)
ランティス (2014-04-02)
売り上げランキング: 15,470
【【ラブライブ】希「えりちはポンコツさんやから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01(水) 23:46:01.11 ID:o20L9fY30
城島「知らん?」

山口「初めて見た、なんなの?」

城島「スクールアイドルっつうんやけどな」

山口「うん」

城島「女子高生が学校単位で活動してるアイドルグループの甲子園みたいなもんや」

山口「この雑誌自分で買ったの?」

城島「なんや、ええやろ別に」

引用元: 城島「ぐっさんこれ見て」山口「何この本……ラブライブ?」 



【城島「ぐっさんこれ見て」山口「何この本……ラブライブ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 13:49:05.46 ID:wC6XNkNDO
ザシュッ

海未「ふぅ……これで最後ですかね」

海未「とりあえず東京地区は奪還できましたね」

海未「まったく……どうしてこんなモンスターが……」

海未「いえ、これ以上言うのは野暮ですね」

海未「なんたってこんな世界にしてしまったのは私なんですからね……」

海未「穂乃果……ことり……それに皆……」

海未「一体どこへ行ってしまったんですか……?」

海未「おっと……こんなとこで憂鬱に浸ってる場合ではないですね」

海未「すぐにシェルターに戻り報告しなくては」

海未(現在世界は崩壊しつつあります)

海未(約半年前、突如現れた謎のモンスターによって世界は荒らされていきました)

海未(謎のモンスターはすごい勢いで繁殖し今やこの様です)

海未(こんなことになってしまったのはすべて私のせい)

海未(そう……すべては――)


引用元: 海未「消えたμ′sの皆を取り戻すために……」 

 

ねんどろいどぷち ラブライブ! 【2.園田海未(制服)】(単品)
グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング: 45,293
【海未「消えたμ′sの皆を取り戻すために……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/12(月) 22:41:36.12 ID:7jRRwD0So
凛「えっ…?」

武内P「……」

凛「えっと、凛…あなたの前で笑ったことなんて」

武内P「……」

凛「…もしかして、適当に言ったの?」

武内P「いえ、そんな事は」

凛「……」






花陽「凛…ちゃん?」

真姫「ちょっと…誰?その人」

凛「あ、えっと…ううん!何でもないよ!二人共早く帰ろう!」

花陽「え、ええっ?り、凛ちゃん!」

真姫「ちょっと!説明くらいしなさいよ!」

凛「あっ、えーっと…そういう事なので…ごめんなさい!さようなら!」


タッタッタッタ…



武内P「……」

引用元: 凛「ど、どうして…凛なんかスカウトするの…?」武内P「…笑顔です」【ラブライブ】 

 

【凛「ど、どうして…凛なんかスカウトするの…?」武内P「…笑顔です」【ラブライブ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 21:29:48.27 ID:DABVJEh00
海未「穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果」

ことり「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」

絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカ」

穂乃果「くっ、追い詰められた…!」

穂乃果「こうなったら自分の家に隠れるしか…」

ガラッ

雪穂「オネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャン」

穂乃果「」

引用元: 穂乃果「ほのキチ達が襲ってくる…」 



【穂乃果「ほのキチ達が襲ってくる…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 03:26:30.55 ID:cE39a+Oj0

神田にあるとある神社



穂乃果「今年ももう終わりかぁ」

海未「早いものですね」

穂乃果「あ、海未ちゃん! 私知ってるよ! 」

海未「はい?」

穂乃果「こういうの、えっと、何て言うんだっけ? コインが……コイン……あれ?」

海未「知っているんじゃないのですか…」

ことり「光陰矢の如し、だよ。穂乃果ちゃん」

穂乃果「そうそれ! 惜しかったなぁー」

海未「いえ、全然違いましたよ」

穂乃果「いやいや、喉のこの辺まで出てきてたんだよ! ほんとに!」ベー

ことり「穂乃果ちゃん、そこはもう喉じゃないよ…」

引用元: 【ラブライブ】年越ししりとり 

 

【【ラブライブ】年越ししりとり】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 19:11:47.96 ID:NO4jjsheo
放課後、私達2人以外誰も居ない教室。

女生徒「海未先輩、好きです」

その一言は、静かな放課後の教室に響いた。

雰囲気で何となく察していましたけれど

女生徒「あの……」

女生徒「返事待ってますから」タタッ

海未「あっ、ちょっと……」

海未「またですか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420798297

引用元: 海未「デート」 

 

ラブライブ! 園田 海未 (1/10スケール PVC製塗装済み完成品)
ウェーブ (2013-12-26)
売り上げランキング: 22,668
【海未「デート」】の続きを読む

このページのトップヘ