えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ラブライブ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/17(日) 23:07:16.08 ID:V62pzEq4
千砂都「恋ちゃんはさ、"恋"、したことある?」


恋「はぁ?」


千砂都「あはは、すごい表情だ」


恋「あなたが突然おかしなことを言うものですから」


千砂都「それで、あるの?ないの?」


恋「知りません」


千砂都「うわー、ずるいんだー、そうやって逃げる」


恋「今はそんなことをお話する時間ではないでしょう?」


千砂都「いいじゃんいいじゃん」


恋「あなたが言ったのですよ、マンツーマンで勉強を教えて欲しいと」


千砂都「うるさいなぁ」


恋「はい?今なんと?」


千砂都「なんでもないよ」ニコリ

【千砂都「ね、ね」恋「なんですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2021/10/17(日) 20:16:25.80 ID:SV+2pkMn
可可ちゃんの部屋、夜

かのん「ふぅ、やっぱりあったかいカフェオレはほっとするなぁ。ほら、可可ちゃんもどうぞ」

可可「むむむ…」

かのん「そんなに警戒しなくても」

【かのん「可可ちゃんとほっと一息」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/18(土) 07:31:55.86 ID:sv/PkntI0
元ネタをアレンジして作ったのでキャラ的に口調がおかしい部分が多々ありますが
そこは我慢して見ていただけると幸いです短いですがよろしくお願いします

にこ「真姫ちゃ~ん!」

真姫「何よ」

にこ「真姫ちゃんてさ~料理出来ないわよね~?」

真姫「何よそれ急に来てイヤミ?」

にこ「違うわよ女たる者やっぱり料理は出来たほうが良いのよ」

真姫「それはそうだけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429309915

【にこ「料理番組やってみるにこ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆L0jdK6QcMY 2015/04/16(木) 21:50:41.41 ID:uzT9VD0xo
穂乃果「ムニャムニャ……
    ああー、おもち、ふわふわだよー」

にこ 「ちょっと穂乃果、部室で寝てるとカゼひくわよ。
    そろそろ起きなさいよ」

穂乃果「あ、おもち」

にこ 「にこはおもちではないわ」

穂乃果「じゃあにこちゃんは、何ものなの?」

にこ 「にこよ」

穂乃果「じゃあ、私は誰?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429188641

【穂乃果「胡蝶の夢のまた夢」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/10/15(金) 19:51:37.04 ID:h3WEcGkO
カランカラン

ありあ「いらっしゃいませ」

雪穂「……」キョロキョロ

ありあ「お一人様ですか?」

雪穂「えっ!?あっ、はい!そうですっ!」

ありあ「お好きな席へどうぞ」

雪穂「……」ジーッ

ガタッ

雪穂「ふぅ……」

雪穂(うっわぁ~!ついについにオシャレなカフェに一人で入っちゃったぁ~!)ソワソワ

【雪穂「せっかく原宿に来たし喫茶店でも寄って行こーっと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/15(金) 12:54:39.74 ID:lbg6LAlZ
しずく「栞子さん♡ お気に入りのパンケーキをテイクアウトしたから一緒に食べようよ」

栞子「嬉しいお誘いですが、最近食べすぎてしまったので食事制限をしているんです」

しずく「ええ~?…気持ちはわかるけど、ちょっとくらい大丈夫だって!」

栞子「いえ、その油断が明日の体重増加を産むのです なので、かすみさんや璃奈さんと一緒に食べてください」

しずく「そっか」

しずく(うーん、やっぱり栞子さんは真面目すぎ ちょっとくらい羽目を外したって誰も怒らないのに)


歩夢「あっ、栞子ちゃん~」

栞子「歩夢さん」

歩夢「ちょうどよかった!昨日クッキー焼きすぎちゃってね、よかったら食べない?」

栞子「え」

しずく(無駄ですよ歩夢さん 栞子さんは食事制限してるんですから)

歩夢「もしかしてお腹いっぱい…?」

栞子「い、いえ!ぜひいただきます!」

しずく(は?)

歩夢「ふふっ いっぱい食べてね♪」

栞子「はい!」

しずく「…」

【しずく(栞子さんは真面目すぎるよ…そうだ!わたしが色々誘惑して、栞子さんをまるくさせよう!)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(光) 2021/10/15(金) 09:02:38.00 ID:akeyKaJv
可可「実はククも……アリェ?」

かのん「ちぃちゃん行かないならヤダ! 私も行かない!」

すみれ、恋「えぇ……」

【千砂都「うん……その日だけはどうしても行かなきゃダメだって家で言われちゃって……」かのん「ヤダっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/15(金) 00:33:58.94 ID:Swhj91Ok
あなた「ワンツースリーフォー、ワンツースリーフォー」

あなた「エマさん、遅れてるよ!」

エマ「は、はいっ!」



璃奈「璃奈ちゃんボード『限界』およよ~」

彼方「かなたちゃん、頑張ったよ〜」

かすみ「かすみんはまだまだやれますよ!」

あなた「みんな、お疲れ様。今日はちょっとハードだったから、しっかりストレッチして家で身体休めてね」

あなた「それと、エマさん。あとで少しだけいい?」

エマ「私? うん、わかった」

【あなた「エマさんって断らないよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2021/10/14(木) 21:49:41.55 ID:rWhO4YAE
マンマルは思った。

このご主人(かのん)の親友である千砂都は、私が可愛いからここまで可愛がってるのではなく、単にふくよかで丸いから可愛がってるのではないかと。

それは少し癪だったマンマル。
なんと翌日。

【千砂都 「マンマルは今日も可愛いねぇ~」マンマル 「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ngWd7Nh2mI 2017/03/29(水) 23:54:19.74 ID:fF1tDkaeO
穂乃果「…ふたりとも準備は良い?」

ことり「うん、わたしはいつでも♪」

花陽「私も準備万端です!」

穂乃果「よし!それじゃあ…応援開始だよ!」

……………………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490799259

引用元: 穂乃果「プランタン応援隊」 


 

ラブライブ! School idol diary 04 ~真姫・花陽・ことり・海未・にこ~ (電撃コミックスNEXT)
おだ まさる 室田 雄平
KADOKAWA (2017-03-27)
売り上げランキング: 621
【穂乃果「プランタン応援隊」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 10:03:33.73 ID:ejRJamHN0
希母「ん?」

希「あっ………」

希「あれ、穂乃果ちゃんに凛ちゃん…偶然だね」

穂乃果「うん!凛ちゃんと噂のチョコレート食べに行ってたの」

希「そ、そうなんだ~」

希母「あらお友達?」

希「う、うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429059813

【穂乃果「あ、あれ希ちゃんじゃない?」凛「ホントだ、おーい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2021/10/12(火) 22:24:09.64 ID:WznTQxrE
希 「ウチ、巫女さんやってるやん?」

真姫 「そうね」

希 「ある日神社の奥で変なお札を見つけてな、ついつい触っちゃったんよ」

真姫 (もしかしてこれ怖い話……?)

希 「それが呪いの札だったらしくて」

真姫 「えっ!? 大丈夫なの!?」

希 「ウチ、呪いかかっちゃったんよ」

真姫 「ど、どんな呪いのなの!?」

【希 「真剣な相談なんだけども」 真姫 「どうしたの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2021/10/12(火) 22:02:12.80 ID:6lKwkgF0
~登校時・校門前~


 ブオオオオーーーン・・・

 ブオンッ・・・ ブオオオオオオンッ・・・・・・

 ブボボボボ・・・ プスンッ


千砂都「ふうっ・・・」

【かのん「あ、ちぃちゃんおはよう!」千砂都「危ない危ない、HRに遅れるところだったよ」 アハハ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2021/10/12(火) 18:25:21.61 ID:IamiGUQC
かのん「そっか、寂しくなるね」

すみれ「どうしてったら、どうしてよ!?」バンッ

可可「すみれ!? 聞いていたのデスか!?」

すみれ「入ろうとしたら聞こえてきたのよ! どうして帰ることになったの!?」

可可「どうしてもこうしてもありまセン、両親に帰ってくるよう言われマシタ」

すみれ「で、でも本選に残ったし帰るなんて、そんな……!」

千砂都「すみれちゃん――」

可可「千砂都」フルフル

【可可「上海に帰ることになりまシタ」すみれ「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(光) 2021/10/11(月) 20:21:38.32 ID:qKUdLHXZ
かのくぅ(クーカー)

【かのん「可可ちゃんの眠れない夜」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2021/10/11(月) 19:55:07.95 ID:wKHFomZ5
すみれ「ふふ、そんなにはしゃぐことないのに」

恋「実物を見たのは初めてでしたのでつい興奮してしまいました、お恥ずかしい、、、思いの外大きいのですね」

すみれ「グソクムシでもこの子はダイオウグソクムシって言ってね。最大で50cmあるらしいわよ」

恋「えぇっ?そんなに大きいんですかぁ...」

【恋「すみれさん、見てくださいグソクムシですよ!グソクムシ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2021/10/11(月) 19:03:11.23 ID:41g6rIVM
可可「イエ、なんでもありまセン」

すみれ「今なんて言ったのよ?」

可可「ちょっと中国語が出ただけデス」

すみれ「じぇじぇ?」

すみれ「検索すれば出るかしら?」

可可「あー!」

すみれ「な、なにったら、なによ!?」ビクッ

【可可「姐姐……じゃなかった、すみれ」すみれ「なんて?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/10/11(月) 17:59:06.54 ID:vHkBEs1u
~部室~

すみれ「やっほー。遅れたわ」ガラガラ

可可「あ、すみれ!遅いデス!」

すみれ「しょうがないじゃない、掃除当番だったんだから」

可可「甘いデス!甘すぎマス!そんなのを言い訳にして練習を少しでもサボろうだなんて、根性が根っこの方から曲がってマス!可可が根底から鍛え直してやるデス!」ビシッ!!

すみれ「はいはい、わかってるわ。その分練習はいつも以上に一生懸命取り組むわよ。よいしょ、っと」

可可「当たり前デス。少しでも手を抜こうものなら、可可が神様に代わって断罪してあげマスから、きちんと覚悟の準備をしておくデス。だいたいラブライブの大会は、そんな生半可な気持ちで突破できるような、そんな簡単な代物では……」クルッ

ゴキッ!

可可「あうっ!」

ドッシーン!!!

すみれ「可可!?」

【可可「すみれを犯罪者として訴えマス」すみれ「はぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆tdNJrUZxQg 2017/03/30(木) 02:34:52.62 ID:lOVwawcb0
「待ってっ!!待ってよっ!!お姉ちゃん!!」


声が響く

幼さを残した聞きなれた声

同じ屋根の下、15年以上共に生きてきた愛しき妹の声

このやりとりも物心が付いたころから、ずっと繰り返してきた

そんな光景


「全くしょうがないですわね……」


そんな言葉と共に振り返ると息を切らした少女が一人、悲しげな顔をしてわたくしを見つめていた。

その容貌は真っ赤な髪とわたくしと同じ翠眼の少女――


ではなかった。

――髪は黒っぽく、瞳は紅い。


「お姉ちゃん……っ」

「あなたは……誰ですの……?」


何故か視界がぼやけて、その少女の姿を把握できない。


「お姉ちゃん……」


どこかで聞いたような……

そんな声が頭にこだまするのと同時に世界が白く白く染まって――





    *    *    *

引用元: ダイヤ「もう一人の妹?」 ルビィ「もう一人のお姉ちゃん?」 



 

  【ダイヤ「もう一人の妹?」 ルビィ「もう一人のお姉ちゃん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/10(日) 22:51:05.67 ID:Fhzh0z8y
部室


可可「...」ガチャ


キョロキョロ


可可「ヨシ...誰も来る気配無しデス」イシシシ


すみれ「?」


可可「...」バタンッ


すみれ「なにしてんのよさっきから扉の前で」


可可「グソクムシには関係アリマセン」


すみれ「はぁ、さいですか」


テクテク

【可可「なまえ、呼んでほしいデス」すみれ「はぁ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2021/10/10(日) 22:15:55.31 ID:dsH/ZnxR
~放課後~


 キーンコーンカーンコーン・・・・・・


千砂都「じゃあ! 今日も私、仕事だから~」

かのん「そっか! 頑張ってね~!」

【千砂都「じゃあ! 今日も私、仕事だから~」かのん「そっか! 頑張ってね~!」千砂都「ういっす~」一同「ういっす~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2021/10/10(日) 21:34:03.77 ID:oXdZxz/w
かのん「いえ、渋谷区の渋谷ではなくて澁がさんずいに止まるが3つの澁です」

かのん「かのんはひらがなです」

かのん「さんずいに止まるが3つの澁です」

かのん「はい、はい、よろしくお願いします」

かのん「ふぅ……」

可可「なんの電話デスか?」

かのん「今度フェスに出るでしょ? それの確認の電話だったんだけど、代表者の名前が必要っていうことで説明してたの」

可可「ナルホド……」

【かのん「さんずいに止まるが3つの澁と山谷の谷で澁谷です」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/10(日) 21:32:37.26 ID:Fhzh0z8y
かのん「...」


かのん「...」


かのん「...なにこれ?なんだったのあれ」


恋「か、かのんさん!違うんです!千砂都さんはかのんさんの事を思って、一人で歌わせようと...」


かのん「おいシビルドン」


恋「へ?...それって私のことでしょうか...」


かのん「返事!!!!」


恋「は、はい!!!」

【かのん「おい」千砂都「ひっ!?」ビクッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:51:01.81 ID:7N6eCd/BO
地の文と8巻ネタバレ注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392292261

  【八幡「その後」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(さくらんぼ) 2021/10/06(水) 21:36:41.00 ID:m+SJqye5
~同好会・部室~


 ガラッ


かすみ「あ! しず子にりな子いたいた!」


しずく「あ、かすみさん! どうしたの?」


かすみ「今度、一年生の行事で企業実習あるでしょ?」

璃奈「うん、あるね」

かすみ「侑せんぱいが言ってた通りに、人気が無いところを希望で出したら私達3人が同じ会社に実習に行くことになりましたよぉ~!」 ニコニコ


しずく「そうなんだ! やったね!」

璃奈「同好会1年組で行けるなんて嬉しい」

【かすみ「今度、一年生の行事で企業実習あるでしょ? みんな同じ所行けるよ!」璃奈「やったね」しずく「楽しみだね!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/09(土) 00:07:40.12 ID:0Eie4n/D
ー数日前 結ヶ丘

すみれ「…で、そのスクールアイドルフラワー部ってのは一体何なの?」

可可「ククは思いマシタ…すみれにはやはり、スクールアイドルとして足りない物がアルと…」

すみれ「はぁ?歌もダンスもアンタよりは出来てるし、ギャラクシーなラップでセンターも務めたし、私に足りないものなんて全然…」

可可「無垢さデス」

すみれ「…無垢さぁ?」

可可「そう無垢さデス…スクールアイドルには可憐さや華やかさも当然必要デスが、純粋で無垢な少女らしい一面もまた必要なのデス…」

すみれ「まぁわかんなくはないけど…Liella!の無垢担当にはもう恋がいるじゃな…」

可可「甘ぁい!!チョコ渡る染みってくらい甘すぎデス!!」

すみれ「染み渡るチョコでしょ…」

可可「スクールアイドルとしての資質はメンバーの一人だけが持っていればいいというモノではないのデス!!もちろん各自のキャラクターに合わせてどの面を押し出していくのかというバランス取りは必要デスが…本質的にはメンバー全員がその資質を持っているべきなのデスヨ!わかりマスか!!!!」ズイッ

すみれ「わかったから離れなさいって!近いったら近いのよ!!」

可可「というわけで、すみれにはスクールアイドルフラワー部に参加してもらいマス」フンス

すみれ「だ~か~ら~…そのスクールアイドルフラワー部ってのは一体、何なのよったら何なのよーーー!!」

【すみれ「スクールアイドルフラワー部…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(栄光への開拓地) 2021/10/09(土) 22:11:07.37 ID:nTjOVKCV
───銭湯────


侑「はぁ~、温まるなぁ~」

侑「まさか給湯器が壊れるなんてねえ」

侑「さすがに高校生にもなって、歩夢の家に貸してもらうのも厚かましいし」

侑「こういうお外のお風呂に入りにくるのも良いなあ~」

侑「───けど」キョロキョロ


アラ、ウメサンモハイリニキタンデスカ

オヤマア、タケサン、フロソウジスルトコシガツラクテネェ


侑(若い人、私しかいないじゃん!)

侑(周りみーんなおばあちゃん!)

【侑「銭湯と愛ちゃんのあれこれ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/10/09(土) 22:47:23.04 ID:wZab9N+V
すみれ「...」


可可「...すみれではないデスか」


すみれ「ええ、ごきげんよう」


可可「なんデスかそのオシャレな挨拶」


すみれ「ほっときなさいよ」


可可「そうデスか」


すみれ「...」


可可「...」

【可可「あ」すみれ「あ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ナポリタン ◆REnfaVoma. (もんじゃ) 2021/10/08(金) 20:12:10.23 ID:8nt1XCLo


かのん「…………」ズズッ


ある日、ある公園の

よくあるベンチに腰掛ける──私、渋谷かのん高校1年生





可可「……うーん、むにゃむにゃ……」


そんな私の膝元で眠る、同じく高校1年生 唐 可可……ちゃん。


かのん「うぅっ……流石にちょっと寒くなってきたかも」

かのん「上着の一枚くらい、持ってくればよかったなあ」


さて……この場に置かれた状況につきまして、既にお気付きの方もいらっしゃるとは思います。

いいや、そうでなくともきっと分かってくれるはず。

何故なら外は人気も少なくなってきて、現在進行形で私に密着している彼女の視界は真っ暗。

つまり、私を見ている人は誰もいないというわけで

となれば、その先は言うまでもなく


かのん「はあ、それにしても」


言うまでもなく……わかりますよね?

そう、私はここで────


かのん「暇だなあ……」


ただひたすらに、暇を持て余していた。



【かのん「夕暮れからすは今日も鳴く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 02:26:57.31 ID:iqCrefgqo
凛「かーーーーーーーーーーーよちーーーーーーーーーん!」ダキッ

花陽「うわっ!?ちょっ、凛ちゃん、びっくりしたよぉ・・・。」

凛「ごめんごめん、かよちんの姿を見つけたらいてもたってもいられなくなって!」

真姫「はいはい、そこまで。かよちんも迷惑してるでしょ?」

凛「えー?そんなことないよ、ねー?かよちん!」

花陽「え、えっと・・・あはは・・・。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388856417 



  【花陽「鳥になったもぐら」】の続きを読む

このページのトップヘ