えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

まどか☆マギカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:10:13.55 ID:OSfBUoao0
―ほむらの家―

ほむら「こうやって好きなだけコタツに入ってられるし」

ほむら「テレビも本も見放題」

ほむら「暖房完備で室温快適」

ほむら「ゆうべのカレーにコンビニのチキン」

ほむら「デザートは2切れニーキュッパのコンビニケーキ……」

ほむら「…………」モグモグ

ほむら「……悪くないわ……全然悪くないんだから……」

ほむら「……はあぁ……」

【ほむら「1人で過ごすイブも悪くないわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 22:18:42.05 ID:RPg0tzpDO
※思いつきの、まどマギと武装神姫のクロスSSです。設定ガバガバで不定期更新です。
=================


目覚ましの音が鳴り私は起床する。今までだったら起きてすぐ武器の調達に行っていただろう。

でも今は違う。
あの子に貰ったリボンを髪に結んでいると聞き慣れた声が聞こえた。


QB「おはよう、ほむら。小包が届いているよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430399922

【ほむら「武装神姫?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:16:21.95 ID:7SXrUwq+0
ほむら「しにたい」

まどか「だ、だめだよ!」

ほむら「どうして」

まどか「どうしてって……」

ほむら「あなたに私の苦しみがわかるの?」

まどか「え、えっと……うぅ……」

ほむら「安っぽい同情はやめて」

【ほむら「しにたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 22:51:46.85 ID:JvB838gS0
ほむら「だーれにもいやせないー」

ほむら「こーっころはーこーっころのっ」

ほむら「だっいめいし」

ほむら「あーあーせいきまつー」




さやか「あいつ何してんのよ」

杏子「しらねーよラジオ体操かなんかじゃねーの?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385646706

引用元: ほむら「こーころーのーきずだけはー」 


 

【ほむら「こーころーのーきずだけはー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

まどか「希望は残っているんだよ。どんな時にもね」 前編

482: ◆WxX/Ywk/v6 2013/11/15(金) 02:04:38.93 ID:hXlPwghg0



第14話:さやかさんのことを馬鹿にしすぎではありませんか?



【まどか「希望は残っているんだよ。どんな時にもね」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆WxX/Ywk/v6 2013/10/25(金) 20:08:35.36 ID:l9MRacwa0
プロローグ:君なら彼女の結末を変えることができる

【まどか「希望は残っているんだよ。どんな時にもね」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 22:03:05.52 ID:Ylwl6OhV0
元ネタ作品
・「機動戦士ガンダム」
・「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
・「魔法少女まどか☆マギカ」
・朗読劇「赤の肖像」

ガンダムとまどかのクロスオーバー。
なお、アルパ・アジールに脱出ポッドが装備されていたという設定です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429448585

【クェス「始まりの物語」 シャア「永遠の物語」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 03:40:37.00 ID:PIIv0sUSo



キャハドカーン

………



M市 ワルプルギスの夜戦跡地



ガシャ ガラ パララ

ヒョオオオオ


ほむら 「…………」

ほむら (倒せた……ワルプルギスの夜を!)


杏子 「大丈夫か、さやか……!」


さやか 「大丈夫! このさやかちゃんを甘く見なさんなって」

さやか 「あんたこそいい加減、背中を預けた仲間に気を遣いすぎるクセ……いたたたた」


杏子 「あーあー。まったく、まいど無茶しやがって」

杏子 「ほらよ、肩貸してやるからつかまんな……」


マミ 「よかった。みんな、生き残れたようね……」

マミ 「さあ帰りましょう。町はこんな風になってしまったけれど」

マミ 「鹿目さんが待っているわ」

マミ 「お茶と、みんなでつくったお菓子を用意してね」


さやか・杏子 「ひゃっほー!」


ほむら 「……ついに」

ほむら 「やったわよ、まどか……!」


キュゥべえ 『一週目クリアおめでとう、暁美ほむら!』


ほむら 「……!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429209636

【ほむら「ループ・ザ・ループ」キュゥべえ「アンドループ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

杏子「ちょっとした冒険だな」 前編

294: ◆QMA.Fdvs1M 2013/09/10(火) 00:12:46.96 ID:gdFZ/YQy0
結界内、vsキルスティン



ブルー「……誰か一人捕らわれている……!」

アクセルラーのレーダーが結界内に囚われた生命反応を一つ発見した。

ブルー「……あそこだ!僕じゃ近づけ無い……!」


さやか「仁……美……?」

ブルー「仁美ちゃん!?」


ブルー「……使い魔は僕が打ち落とす!さやかちゃんは仁美ちゃんを救助して!」


さやか(……)


さやかは仁美の元へ走って行く。



仁美「……きっと私は、ここにいる天使さんに、素晴らしい世界に連れて行ってもらえるんですわ……」

仁美「生きている体なんて邪魔なだけ……」

仁美「……さやかさん?さやかさんもこの神聖な儀式に……」


さやか(……。もしここで仁美を助けなかったら……恭介はあたしを選んでくれるのかな……)

さやか(恭介が振り向いてくれないのって仁美のせい……?仁美と恭介が結ばれなかったらあたしに気づいてくれる……)

さやか(こんな、死んだような体でも……)







ダニエル「ゲヒッ……」


【杏子「ちょっとした冒険だな」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆QMA.Fdvs1M 2013/07/31(水) 01:57:05.49 ID:zy+HOy9x0
魔法少女まどか☆マギカ×轟轟戦隊ボウケンジャークロス
特撮クロス、ご都合主義、唐突な展開、キャラの独自解釈等が苦手な方は注意して下さい
稚拙な部分ばかりですがご勘弁を……




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375203425

【杏子「ちょっとした冒険だな」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 07:43:10.82 ID:jvU8kjvs0
QB「やぁ、僕は当企画の主催兼司会をやらせてもらうキュゥべえ!」キュップイ

QB「さて君達を呼んだのは他でもない。それは僕達が感情というものを研究する一環として君達には臨場感のある心理逃走劇をやってもらいたいんだ」

QB「地球の巷では“逃走中”というテレビ番組が流行っていたそうじゃないか」

QB「だからそれを模してこうした企画を催したわけだ」

QB「もちろん、タダでとは言わないよ」

QB「時間内に生き残った者には願いを一つ叶えさせてあげようじゃないか」

QB「えっ?どうせお前のことだから何か裏があるんじゃないかって?」

QB「……」

ほむら「……」

QB「さっ、ここからは本来の逃走中のルールと異なる点を説明するよ!」

・ハンターは八頭身QB。
・エリアは見滝原市内
・タッチされたらではなくどういう形であれ行動不能にされたら失格。
・自首システムは健在(生存時間に応じた量のGSか賞金)

QB「以上のことを踏まえ、そろそろオープニングゲームが開始される」

QB「さて僕は君達の紡いでいく物語(逃走劇)が一体どんな顛末を向かえるのかを見届けるとしよう」

―――――――

――――

――

【QB「逃走中in見滝原」【たまに安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 23:01:54.34 ID:vt86iCDn0
キーンコーンカーンコーン

さやか「まどか、イオン行こうよイオン」

まどか「うん!」

杏子「カルビクッパ食いてえ」

さやか「イオンにあるから多分」

ほむら「ほむほむ」

まどか「あ、ほむらちゃんも来る?」

ほむら「もち」

【マミ「あら、こんなところで会うなんて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆OkhT76nerU 2013/11/28(木) 00:38:59.37 ID:xUWufwdP0
まどか☆マギカのまどかとほむらが中心の話です。

・叛逆の物語のネタバレもありますので、新編未視聴の方はご遠慮ください。
・あまり捻りの無い話ですので期待しないでください。
・超遅筆で不定期更新になりますがご容赦ください。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385566739

引用元: 神と黒猫と私 


 

魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION
TVサントラ
アニプレックス (2013-12-25)
売り上げランキング: 2,249
【神と黒猫と私 (まどマギ)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 21:54:27.69 ID:jqkRh1LCo
俺「ほむほむがお茶? 珍しいね」

ほむほむ「別に……あなたの前では飲まなかっただけ。気分転換したい時は、よく飲むわ」

俺「へぇ、ほむほむは紅茶を飲むイメージが強かったなぁ、なんとなくだけど」

ほむほむ「それはきっと巴マミのところでよく紅茶を飲んでたから、私の服に匂いがついたんじゃないかしら」

俺「その匂いで、俺の中にほむほむは紅茶が好きってイメージがついたってこと?」

ほむほむ「そう、人間の記憶なんて曖昧なものだもの」

俺「そっか。。。言われてみるとそんな気もするなぁ。でもほむほむ、先輩を呼び捨てにしたらダメだぜ」チュッ

ほむほむ「どうしていきなりキスするの……///」

俺「ほむほむがマミさんのこと呼び捨てにしないようにするためのおまじない」

ほむほむ「もう、、、あなたはどこまで愚かなの。。。///」

俺「へへっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385556867

引用元: ほむほむ「お茶が飲みたいのだけれど」 


 

【ほむほむ「お茶が飲みたいのだけれど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:36:01.80 ID:lVse8iQAi
~ほむら~



転校してきたばかりという事になっている学校で、ふとそんな言葉を耳にした。

ほむら「…こっちでは、そんな物が流行っているのね」


幾度となく巡ってきた時間…何も代わり映えしない筈の教室で、それを聞いたのはこれが初めてだった。

【ほむら「地獄通信?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【魔法少女まどか☆マギカ】 神の子の物語 前編

277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/10(火) 00:30:26.77 ID:IkraMzjX0
「……っ!?」

なぎさは、目を疑った。光景が信じられなかった。

私たち魔法少女に訪れる宿命とは何か。


円環の理に導かれて消滅すること。

その建前より、遥かに禍々しくて気味の悪いものが、そこで起こっていた。


なぎさは逃げた。

魔法少女の結晶から出てきた結界の形成から逃げ、林を抜け、見滝原の車道にでた。

車道では、ガードレールに守られた道路を、自動車が行き来していた。街灯に照らされて。


「見なかったことに……なぎさは……見なかったことに…」

ぜえぜえ、息を吐きながら、自分に言い聞かせた。

「なぎさは、何も見なかったことにするです……!!」

引用元: 【魔法少女まどか☆マギカ】 神の子の物語 



 

  【【魔法少女まどか☆マギカ】 神の子の物語 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 22:30:40.32 ID:WcyyUWvb0





  He was wounded for our transgressions,
 
  crushed for our iniquities;by his wounds

  we are healed.




  Isaiah 53                  700 B.C.






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385559040

引用元: 【魔法少女まどか☆マギカ】 神の子の物語 



 

  【【魔法少女まどか☆マギカ】 神の子の物語 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2013/11/17(日) 07:06:54.58 ID:FbB2iBSX0

キリカ「さて、かずみ。このSSは、どんなSSだい?」

かずみ「このSSはね……。黒いガチレ にxxxxを狙われた女神様が『あたしゃノンケだよ!!』って言いながら、逃げ惑うSSなんだ」

ほむら「貴女達、さらっと嘘を言うんじゃないわよ!!」



注)このSSはあらゆる設定が破綻してます。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384639614

【キリカ「今日も元気だ!!」かずみ「ご飯が美味しい!!」ほむら「ブラック団参上よ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「魔女使い」(まどマギ×ペルソナ) 前編

389: ◆SjWXMdM6SY 2013/12/05(木) 23:16:15.10 ID:9GuEYwi/o
杏子「んなことさせるかよ!何があっても……」

QB「無駄だよ。既にワルプルギスの夜は召喚されたのだから」

さやか「え……」

QB「ただ、普通の魔女とはわけが違うからね。この世に現れるまでもう少しかかるだろう」

QB「でも、君たちにできることはもう何もない。……いや、ひとつだけ手段はあるね」

そう言ってインキュベーターは頭だけを動かして、まどかを見る

その真紅の双眸にまどかを捕らえ、お決まりの台詞を放った

QB「まどか、僕と契約して、魔法少女になってよ」

引用元: ほむら「魔女使い」 


 

  【ほむら「魔女使い」(まどマギ×ペルソナ) 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆SjWXMdM6SY 2013/11/26(火) 18:48:13.79 ID:PAVyh3iJo
まどマギに「ペルソナ3」「ペルソナ4」の要素と設定の一部を混ぜ込んだものです
新編ネタバレはありません
百合要素あり

次から本文

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385459293

引用元: ほむら「魔女使い」 


 

【ほむら「魔女使い」(まどマギ×ペルソナ) 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆v/WXUvZNRw 2015/04/07(火) 23:53:13.88 ID:1pmlA/UL0
魔法少女バトル☆ロイヤル


さやか「んで、私達はどこにいるんですかねぇ」

ほむら「キュウべぇに集められてきたわけなのだけれど……」

まどか「キュウべぇ~」

マミ 「どこにいるのかしら?」

QB 「やあみんな、そろっているようだね」

杏子 「おい、説明しろ」ジャキ

QB「と、とりあえず槍をおろしてくれよ……」

杏子「ちっ……」サッ

QB「ふう、じゃあ説明するよ。この世界は広い円形の世界だ、魔女結界と同じようなものだと思ってもらっていい」

QB「君たちには今からここでチーム戦のバトルロイヤルをやってもらうよ!」

マミ「バトルロイヤル?私達にここで殺し合えっていうの!?」

まど「そんなのやだよっ!」

QB「心配しないで、死なないから。頭の上を見てごらん」

ほむ「あら、こんな風船いつの間に」

QB「この風船が割れたら負けってことでギャラリー席へ転送されるシステムなんだ。転送されるときには今の状態に戻るようになってるから安心して」

さや「つまり ゲーム ってことでいいの?」

QB「そうだよ。優勝チームには景品もあるからがんばってね」

杏子「おっけー、なかなか楽しそうじゃん♪ で、チームは?」

QB「まどか・ほむらチーム、マミ・さやかチーム、杏子チームだね」

杏子「ちょっ、なんでアタシが一人なのさ」

QB「だって杏子はロッソ・ファンタズマが使えるじゃないか?」

まどさや「「ロッソ・ファンタズマ?」」

マミ「ロッソ・ファンタズマは佐倉さんの魔法で、分身を作り出せるのよ」

まど「なにそれ杏子ちゃんすごーい!」

さや「ちょっと杏子見せて~」

杏子「わかったわかった、ちょいと離れてな……いくぞ、ロッソ・ファンタズマ!」シュパン

さや「おおっ!杏子が二人になった!」

まど「どっちが本物かわからないよぉ」

杏子「……そこまでびっくりされるとなんか照れるな/// まあ、こういうことだ」

ほむ「さ、これでそろったようだし始めましょ」

QB「そうだね、じゃあみんなは端まで行ってよ。用意が出来たら僕がスタートの号令をかけるから」

【まどマギ「魔法少女バトル☆ロワイヤル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆6QvSi0MxCc 2013/10/31(木) 19:17:04.84 ID:il5PQZRGo
ほむら「あけみと」

織莉子「織莉子の」

「「ラスボスっぽく語って委員会!」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383214624

【暁美ほむらと美国織莉子のラスボスみたいに言って委員会】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 22:44:53.39 ID:0APIeafgo
まどか「ほむらちゃん。お願いがあるんだ」

ほむら「どうしたの、まどか」

まどか「さやかちゃんを全力で可愛がって」

ほむら「……? まどか、一体何を言っているの?」

まどか「安価でそう決まったから。頑張って、ほむらちゃん」

ほむら「待って。まどか! まどかぁああああ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428327893

【ほむら「美樹さやかを全力で可愛がるわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 15:54:31.04 ID:4SnwGQEf0
まどか「ほむらちゃんはわたしの為に何度もループしてくれてたはずなのに・・・」



マミ「暁美さん、この後お茶でもどうかしら?」

さやか「ほむらー!一緒に買い物行こうよ!」

杏子「おい、ほむら。魔女と戦うときの連携の練習しようぜ」

仁美「暁美さん、私今日はお稽古が休みですの。二人でどこかにいきませんか?」

ほむら「えぇっと・・・?」



まどか「どうしてこうなったの・・・」

【まどか「どうしてこうなったの・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:44:19.49 ID:EREa/xZnO
マミ「ティロ・フィナーレ!」

さやか「出たー!ティロ・フィナーレ出たー!」

マミ「ふう…今回もなんとか勝てたわね」

さやか「お疲れ様です!マミさんとってもかっこよかったですよ!!」

マミ「ありがと…」

【さやか「マミさんカッケー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 10:36:52.63 ID:7RroA1kdO
ヒュウゥゥゥゥ……

ほむら(幸せな結末、か……)

ほむら(………………)

ほむら(数えるのを諦めるほどの時間を繰り返し……)

ほむら(最後に彼女が選んだのは、その身を犠牲にした魔法少女の救済)

ほむら(私には、彼女を止めることができなかった……)

ほむら(………………)



ほむら(……本当に、この終わり方でよかったのかしら……?)

【ほむら「幸せな結末を求めて―――。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:44:25.12 ID:lIchEcQ90
仁美「あ、あははっ。や、やっぱりそうですよね」

恭介「志筑さん?」

仁美「思ったとおり、当たって砕けてしまいましたわ……」グス

恭介「あ、そうか。君とあの子は仲良かったね……」

仁美「ええ……。だから、後悔はありません。さやかさんを、幸せにしてあげてください!」

恭介「え? さやかは関係ないだろ?」

仁美「なん……だと……?」

【恭介「ごめん、ほかに好きな人がいるんだ」仁美「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 17:17:51.01 ID:HHsuSaJ10
【序幕】
―魔女の結界―

マミ「その前に、っと」パン

ゲルトール「」グシャ

さやか「現実に!?」

まどか「もどった?」

ほむら(振り向きもせず魔女だけを撃ちぬくなんて、相変わらずチートがかってるわね)

ほむら(味方になれば心強いけど、今回はどうかしら)

引用元: マミ「暁美さん。私は貴女を幸せにするためにやってきたの」 


 

巴マミの平凡な日常 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:あらたまい
芳文社 (2017-04-12)
売り上げランキング: 1,027
【マミ「暁美さん。私は貴女を幸せにするためにやってきたの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 19:25:17.64 ID:1dlIf1yco
杏子「しっかしこんな時期に転校生とはねー。
   しかもアメリカ帰りだってさ! 帰国子女ってやつだろこれ」

さやか「ん、あぁ……うん、そうだね」

杏子「あん? なんだよ、妙にすっきりしない返事じゃん」

さやか「えっ、あ……そんなことないよ、あははっ! 別にフツーだよフツー」

杏子「……? もしかしてアレか? あんた、あの子と知り合いだったとか?
   3年前までは見滝原に居たんだったよね」

さやか「あ、あぁー、そうそう、うん。
    でもどうかなぁー、あっちはあたしのこと覚えてないんじゃないかなぁー?」

引用元: ほむら「私は今まで、間違えてばかりだった」 



 

  【ほむら「私は今まで、間違えてばかりだった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 19:28:16.63 ID:E50Lb9Ws0
ハマーン「これで終わりにするか、続けるか、シャア!」

シャア「そんな決定権がお前にあるのか!」

シャア「あっ」

シャアは艦内の天井部分に亀裂が入っていてるのを見つけ、その中のショートしている機器を狙ってバルカンを発射しようと考えた

ハマーン「口の利き方に気を付けてもらおう!」

バルカンのスイッチを押す

シャア(弾が出ないだと!整備不良か!)

シャア(まだシぬ訳には…)

シャア「分かった、口の利き方に気を付けさせてもらう…いえ、もらいます」

ハマーン「何っ」

シャア「これで終わりにしたいです」

ハマーン「最初から、そう言え!!」

ハマーン(もう少しでお前をコロしてしまう所だったではないか…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388312896

  【ハマーン「ミネバ様の勉学の為に見滝原町を買い取った」】の続きを読む

このページのトップヘ