えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

まどか☆マギカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:18:56.64 ID:SG/wgfqr0
さやか「うひゃー、寒いっ!」ブルルッ

2月上旬の、日の暮れかけた夕方。マンションのドアの前で、
愛用のコートを抱きしめてさやかが大きく身震いをした。

さやか「まーったく何が寒波よっ、温暖化ならもうちょっと人に優しい天気にしなさいよね……」ブツブツ

先日見たテレビの天気予報を思い出し、主に気象庁に向けて文句を呟く。
ここ数日は特に冷え込むらしい。『寒くなるぞ、寒くなるぞ』と、脅しをかけるかのような口ぶりだった。

さやか「えっと、鍵はと……」ゴソッ…

鞄を探る。と、

さやか (………)

さやか「あれ? おかしーな……」ゴソゴソ

鍵が見あたらないらしく、独り言を続けながら奥を漁る。

さやか「落としたりは……」クルッ

後ろを振り向いて、歩いてきた廊下を見回す。

さやか「………してない、よねぇ?」キョロキョロ

慎重に目を走らせ、周囲を確かめる。鍵はない。
大通りからも離れたこのマンションは静かなもので、人っ子一人の気配すらも感じない。

さやか (うーん……?)




【さやか「好きにしていいよ、あたしのソウルジェム」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:50:05.87 ID:6f650Ejb0
マミ「あら、いつのまにできたの?」

ほむら「言ってくれればお祝いしたのに」

杏子「いや、いねーよそんなの!」

まどか「でも彼氏がどうとか言ってたじゃない」

杏子「いつ?」

まどか「劇場版の予告で」

マミ「来年が楽しみね」

杏子「それあたしの彼氏じゃないから」




【まどか「杏子ちゃんが彼氏って言ってた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 23:08:32.59 ID:5ew0j5yQO
ほむホーム

さやか「よしっ、マジカルバナナやろう!」

ほむら「何言ってるの?ワルプルギスの夜は明日なのよ?」

マミ「そうねぇ…かなり手強いらしいし今日は作戦会議をしたいところね」

杏子「そうだぞ。空気読めさやか!」

まどか「ま、まぁみんな落ち着こうよ!」

さやか「そうだそうだー!特にほむら!!」




【さやか「マジカルバナナ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆SHCpof63TI 2013/10/21(月) 21:18:30.64 ID:lqUwU+6Z0
辺りがすさまじい爆音で包まれる。
大量のミラーモンスターが現実世界に流れ込みそれらを倒すために真司と蓮は今なお戦い続けていた。
彼らの周りには空を覆い尽くす数のモンスターがいた。
すでに戦いを初めてかなりの時間が経過していた。

真司「くそっ、こいつら倒しても倒しても次々に来やがる!」

蓮「まさか、もう限界とは言わないだろうな?」

真司「そんなわけないだろ、お前こそくたばるんじゃないz」

真司が蓮を激励しようとしていたその瞬間だった。

キィィィンキィィィン

真司「!?、なんでこんな時にこの音がするんだよ…」

真司が近くのビルの割れてない窓ガラスを見るとそこに仮面ライダーオーディンが映っていた。
しかし、士郎が消滅した影響かオーディンもチリのようのものが浮かび今にも消えそうだった。

真司「お前は!」

オーディン「神埼優衣が死亡もしくは消滅した例はいくつかあったがまさか神埼士郎まで消滅するとはな」

オーディン「修正が必要だ、もっとも神埼士郎が消滅したのは今までになかったからお前たちがどうなるかは分からんがな」

そう言うと鏡に映っているオーディンはデッキから一枚のカードを抜き取る。
そのカードを見た真司は顔色を変え辺りのモンスターのことを忘れただ叫んだ。

真司「やめろぉぉぉぉぉぉ!!」

『TIME VENT』

そして世界は再び振り出しに戻った。
しかし、今回のループは神埼士郎の意志によるものではなかったためかイレギュラーが起こった。
これによりこの世界の城戸真司達はこの世界から完全に消滅した。



【仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 16:57:47.08 ID:wHBvugAu0
ほむら「・・・え?」

まどか「あっ!ほむらちゃんおはよ!」QBをギュゥゥゥ

ほむら「…えっ」

QB「ギュップィ…」ギュゥゥゥ

まどか「んーー!やっぱりキュゥべえはかわいい!」

ほむら「…あ、あの、まどか」

まどか「んー?」ニッコニコ ギュゥゥ

QB(ほむら…!暁美ほむら!)

ほむら「!」

QB(助けてくれ、暁美ほむら)ギュゥゥ



QB(く、くるしい…)


【まどか「キュゥべえだーーい好き!」 QB「」キュップィィ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 00:03:55.28 ID:/9LSXJ+F0
まどか「…あれ…?なんでわたし…ぐすっ、泣いて、るんだろ…っ」

まどか「嬉しいはずなのに…どうして…ひっく」

ほむら「…もういいのよ、まどか…」

ほむら「わたしも、とっても嬉しい…」

ほむら「それだけで…」

まどか「うぅっ…うわぁぁぁぁぁぁぁ、ほむらちゃんっ…」ダキッ

ほむら「よしよし」ナデナデ


ほむら「…ありがとう、まどか…」ボソッ




【まどか「ほむらちゃんが好き」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:46:59.32 ID:7zk4ME2Q0
さやか「この長い長い下り坂をー♪君を自転車の後ろに乗せてー♪」

杏子「何やってんだよ、さやか」

さやか「何って自転車に乗ってるんだよ、わかんない?」

杏子「で?」

さやか「これから、まどかと仁美とで自転車でちょっと遠出するんだ!」

杏子「ふーん」

さやか「どう?楽しそうでしょう?」

杏子「別にー。自転車で喜ぶとかガキかよ」

さやか「そうだよ!ガキだよ!自転車で喜んで悪いか!」

さやか「まあ、大人の杏子さんはほっといて、あたしはサイクリングを楽しんで来るよ!それじゃあね!」

杏子「…」

杏子「くやうらやましい!」グスッ

※くやうらやましい…悔しくて羨ましいの略




【杏子「自転車に乗りたい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/10(日) 14:14:28.30 ID:yMI8WyaU0
まどか「~♪」テクテク

さやか「でさー♪」

「そこのお嬢ちゃん」

まどか「えっ? 今なにか聞こえた、ような…。 だ、誰!?」キョロキョロ

さやか「ど、どこにいるんですか?」

「そこの木に美味しそうな木の実が成っとるじゃろう」

まどか「この木?うわあ、おっきい木だなぁ…。」 

さやか「実って?…あ、あった…わぁ、すっげー美味しそうっ!」

「とっても美味しいよ。ひとつ食べてごらん」

まどか「いいんですかっ? わぁい!」テクテク

「ふふふふ…」

さやか「待って、まどか」

まどか「ふぇ?」

さやか「姿を見せてください。おじさん、どこにいるんですか?」

?「ふっふっふ…ここじゃよ」ズイッ

さやか「あ、そんな所にいたんだ」

まどか「…何か、ヘンだな…。 まるで木造の人形みたいな…」

?「ふっふっふ、失礼なことを言うわい。まぁ、ワシの美肌がツヤツヤすぎたせいかのう」

さやか「あっははははは! こら、まどかっ!」

まどか「あっ、ご、ごめんなさい…」

引用元: ジュレイモン「わしの木の実を喰わんかーッ!」まどか「ひぃっ!?」 


 

第44話 迷いの森のジュレイモン
(2015-02-27)
売り上げランキング: 14,346
【ジュレイモン「わしの木の実を喰わんかーッ!」まどか「ひぃっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/18(金) 09:05:09.18 ID:u7ycNlVy0
「出た~~!! 駆け魂、勾留♪♪」


「……貴方は、何者なの……」


「――――――――僕は神。落とし神だ」


「落とし、神……」


「連れて行くよ、エンディングへ」


「さぁ、一緒に行こう」




      「神のみぞ知るセカイ」×「魔法少女まどか☆マギカ」




           『神のみぞ知る魔法少女』

【ほむら「落とし神に魔法少女を攻略してもらう」桂馬「魔法少女だと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:33:18.05 ID:UgxbtT1e0
ほむら「ええと……ま、まどか…?」

まどか「ほむほむ」

ほむら「えっ」

まどか「……」ジー

ほむら「…に、にゃー」

まどか「ティヒヒッ」




【まどか「『ほむほむしたらにゃーするスレ』…っと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:52:19.35 ID:OAd3LaQ10
さやか「そうなんだ」

仁美「つまり、上条君、ホ だったんですねーーーーーー!!」ダッシュ

恭介「え、ちょっ、志筑さん。違っ」




翌日

中沢「上条、お前ホ なんだってな。学校中で噂になってるぞ」

恭介「僕はノーマルです。普通なんです」ブツブツ



【さやか「貴方が好きです」 恭介「ごめん、今は女に興味ないから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 02:28:22.47 ID:PVAfK+A+0
ほむら「これでワルプルギスもイチコロリね」

杏子「・・・」

杏子「・・・」

杏子「は・・・?」




【ほむら「アリの巣コロリを買ってきたわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7: ◆pEIBQzkZVU 2015/01/04(日) 22:00:29.82 ID:t1OmDRsV0
 

QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」

穂乃果「ふぇ?」

穂乃果「うわぁっ!」

穂乃果「何でこんな所に動物がいるの?!」

QB「僕は動物じゃないよ。それよりも魔法少女…………」

穂乃果「わぁぁ…………しゃべる動物なんて……すごいよ!」




【QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」in音ノ木坂】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 20:15:10.72 ID:MqnVqEp10
ほむら「お風呂に行く? トイレに行く? それともベ・ッ・ド?」

まどか「欲望に忠実すぎるよほむらちゃん」

引用元: まどか「どこか行こうよほむらちゃん」 


 

【まどか「どこか行こうよほむらちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 00:12:52.82 ID:cc3wDWKU0
まどマギ×ハルヒ





俺は今、家に遊びに来ている年下の愛らしい容姿の少女から

不意にそんな事を言われて、少々面食らってしまった。



俺の数少ない友達・・・親友と言っても差し支えない少女、鹿目まどか。

彼女こそが、今しがた俺を驚かせた張本人だ。

まどかは出会った最初こそ俺に怯えていたような素振りを見せていたが

様々な出来事を通じて、今ではお互い心の通じ合った仲にまで発展している。

彼女の事ならかなり熟知しているつもりだが、今の質問は流石に予想外だった。



キョン「ええっと・・・すまん、まどか。どういう意味だ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420297972 





【まどか「ねえ、キョンくんって好きな人、いる?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/08(金) 20:26:46.93 ID:fKd1mojdo
デビルサマナー葛葉ライドウシリーズと魔法少女まどか☆マギカのクロスSSです
稚拙な文ですが最後までお付き合いいただければ幸いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383910006

引用元: デビルサマナー葛葉ライドウ対インキュベーター 


 

【デビルサマナー葛葉ライドウ対インキュベーター】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 19:14:13.63 ID:QJNfvZeR0
杏子「ふふふ・・・」

さやか「・・・」

杏子「これでアンタは私の物だ!」

さやか「・・・」

杏子「今日からたっぷりと可愛がってやるぜ!」

さやか「・・・」



【杏子「さや監禁」さやか「・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

――アルティメギル秘密基地――


ティラノギルディ「……逝ったか、トリケラトップギルディ」

ティラノギルディ(戦いのさなか、幼馴染属性に目覚めたホーリーブラック。そして、その援護を受けた新たなる戦士、ホーリーブルーに倒される、か)

ティラノギルディ「ホーリーブラックめ。数多の属性のすべてを開花させようとでも言うのか……?」

ティラノギルディ(あらゆる属性……それはまるで、あの方と同じではないか)

ティラノギルディ「ホーリーカルテットとはまるで我らのようだな。戦いのなかで強くなり続け、やがて最終闘体へと到達する……」




【まどか「ほむらちゃん……わたし、ツインテールになる!」ほむら「そんな……!」 完結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

さやか「マミさーん」ほむら「ちょっと!どこ行くのよ!」

まどか「トイレトイレ、あれ?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 20:46:34.69 ID:bh7Y1evh0
マミホーム

杏子(……)

杏子(いない……か。買い物にでも行ってんのかな)

QB「誰だ!」ガラッ

杏子「おわっ!?」ズテーン

【杏子「マミの奴元気かな……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/05(木) 11:36:43.32 ID:/7cOSoDF0
マミ「きゃあっ!」

まどか「ご、ごめんなさい!」バタン

まどか「……ん?」

まどか「いや、ちゃんとトイレに鍵かけてくださいよ!」

マミ「私、鍵をして用をたすことができないの」

まどか「そ、そうですか~……」

マミ(あなたは小さなお子様ですか)

まどか「……でもここ、一年生の階ですよ」

マミ「に、二年生のトイレが全部使用中だったのよ!」

【まどか「トイレトイレ、あれ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:30:55.04 ID:CZitl35I0
幼仁美「きゃあ!」ズテッ

???「大丈夫?」テテテ

幼仁美「ヒグッ…大丈夫ですわ」

???「うわ、けがしちゃってるよぉ」

幼仁美「ウゥ…よいsy、イタッ」ズキッ

???「たてる?ほら、てかしてあげる」スッ

幼仁美「ありがとうございます」

幼さやか「大丈夫だいじょーぶ、さやかちゃんに任せなさい!」

――――――
―――

仁美「さやかさん…」

【仁美「…私お慕いしている方が居ますの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

QB「僕と契約して、ツインテールの戦士になってよ!」まどか「ツインテール……?」 前編

415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/25(日) 00:51:36.05 ID:FHGnfWYt0





パリイイイイイイン

ほむら「……ちっ」

ほむら(結界、破られたわね。予想以上に早いわ。杏子は――まだ、ね)

ケルベロスギルディ「残念だったわね、ブラックちゃん。あんな贋作もどきの空間が地獄だなんて、ちょっと甘すぎるんじゃないかしら」

ほむら「そうね。あれは、しょせん模写の模写だもの。通じなくても別にいいわ。――それより、ケルベロスギルディ」

ケルベロスギルディ「なにかしら?」

ほむら「あなたには……本当に巴マミと一緒に生きる道はなかったのかしら。巴マミがあなたの演出を見破って、あなたに本気でついて行くとは考えなかったの?」

ケルベロスギルディ「……そうね。マミと一緒にいくつもの世界に渡って、彼女をアイドルとして押し上げてツインテールを拡散させる。そういう未来もあったかもしれないわ」

ほむら「……」

ケルベロスギルディ「でもね、やっぱりそれはないわ。そういう悪だくみをするには――彼女は純粋すぎるの」

ほむら「……そう」

ケルベロスギルディ「ええ。そういう悪いことをするなら、もっと執念深くて根暗で二面性のある子じゃないとねん。マミはね、心の底から純粋に――正義の味方なのよ!」

ほむら「……そうね。あなたの言う通りだわ」

ほむら(そうよね。言われてみれば、私も知っていたことよ)

ほむら「巴マミは確かに――」

「――テイル・オン!」ピカアアアア!

ほむら「――あなたの言う通り、誰よりも純粋な正義の味方よ」

【QB「僕と契約して、ツインテールの戦士になってよ!」まどか「ツインテール……?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 15:19:35.21 ID:irezCfEp0

俺ツイとまどまぎのクロスです。
ループほむらがイレギュラーな並行世界に流れ着いて、まどか達がツインテイルズになる話。
ソウルジェムの代わりにテイルギア、魔女の代わりにエレメリアンなお話です。

ダメな要素があったら、そっ閉じ推奨。
それではよろしくお願いします。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420006774

【QB「僕と契約して、ツインテールの戦士になってよ!」まどか「ツインテール……?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 19:10:11.53 ID:CMWQuyPx0
まどか・エヴァ・ギアス・その他いろいろのクロスSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420020611




【まどか「WHOSE SIDE ARE YOU ON?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 さやか「杏子が家出した」

2: ◆JxFTtO5TBE 2015/01/02(金) 12:59:28.24 ID:WY/x9BWM0

※百合注意

かなめけ!

まどか「あ~、いいお湯だった~」ホカホカ

まどか「ふわぁ~、もうこんな時間か~」

まどか「明日も学校だし、もう寝ないとっ」

まどか「さてと♪、ベッドに――」ガバッ

ほむら「いらっしゃい、まどか」

まどか「ほ、ほ、ほ、ほむらちゃん!?」




【まどか「ほむらちゃんに襲われた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:27:10.55 ID:BpKnotrTO
マミ「………」パクパク

まどか「黙々と食べてるね…」

さやか「ね、ねぇまどか!お店変えない!?もしマミさんに見つかったら…」

まどか「でも、ここのバイキング先払い制だよ?それに後でほむらちゃんや杏子ちゃんもくるし……」

引用元: まどか「あそこで一人で焼肉食べてるのって…」さやか「見ちゃ駄目」 



 

【まどか「あそこで一人で焼肉食べてるのって…」さやか「見ちゃ駄目」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/04(土) 21:43:40.46 ID:yXyXERvl0
 マック

仁美「いやだからね?聞いてって!おかしいでしょ!何この完璧悪女的扱い!」バン

さやか「落ち着けって…」

まどか「い、いいじゃないですか。少しでもファンが居るんなら…」

仁美「まどっちは主人公役だからそんなこと言えるのー!」





【仁美「あたしも人気欲しーい!」まどさや(またかよ…)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 11:03:43.36 ID:5ZdDjUO80

私は美樹さやか。

私は今暗闇の中にいる。

私はただその中を漂っていた。

ここはどこだろうとか、今はいつなんだろうとか、そんな疑問すら湧かない。

痛いとも痒いとも感じない。

私はただここにこうして存在するだけのもの。

一陣の風が吹き込んだ。

寒い。

私はその時初めて感覚を覚えた。

暗闇に開いた裂け目から吹き込んだ風が私を包み込み、外に連れ出そうとしている。

いやだ。とっさに私は恐怖を覚えた。

私は抵抗することもできないまま外の世界へ引きずり出された。

【さやか「真っ暗くらやみの中」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 01:20:44.12 ID:VyH3sgw90
ほむら「なんで今までこんな簡単なことに気がつかなかったのかしら。巴マミがすべての鍵を握っていると」

ほむら「そもそも彼女がまどかやさやかを魔法少女へと勧誘しはじめた」

ほむら「彼女が死ななければさやかも焦って魔法少女になることはなかっただろうし、仮になったとしても先輩として指導できる」

ほむら「彼女なら杏子とさやかの緩衝材にもなって、さやかの魔女化や杏子の自爆も避けられる」

ほむら「魔法少女が4人もいればワルプルギスの夜だってきっと倒せる。まどかを魔法少女にさせないで済む!」

ほむら「そうよ、巴マミよ! 彼女さえ味方にすればすべてうまくいくのよ!」

ほむら「先輩風を吹かせてはいるけれど、実は寂しがり屋という彼女の心の弱さにつけこめば味方にするのも容易い」

ほむら「そうと決まれば行動あるのみね。待っていなさい、巴マミ!」




【ほむら「巴マミを篭絡する」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 23:24:03.11 ID:xl6HjvTl0
ほむら「あー……冬はやっぱりコタツに限るわね……」ヌクヌク

prrrr

ほむら「ん?」パカ

ほむら「……さやか」

ピッ

ほむら「何」

さやか『雪だよ!!雪積もってるよ!!』

ほむら「……そうね」



【さやか「雪だ!」】の続きを読む

このページのトップヘ