えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ワートリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加



【とある高校・⑤】



米屋「あっちー……」グデーン

出水「夏だな」

米屋「だな」

出水「やる気出ねぇな」

米屋「だな」

三輪「……」

出水「三輪は暑くねーの?」

三輪「ぼやいたところで涼しくなる訳でもないだろう」

出水「まぁそうだけどよ」




【【ワールド】 ボーダーの恋愛事情 6 【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加



【4月1日】



遊真&修&千佳「おはようございます」

宇佐美「おはよー」



小南「――あ、あんたたち大変よ!」



修「小南先輩……おはようございます」

遊真「朝から騒がしいなぁ」≡3≡




【【ワールド】 ボーダーの恋愛事情 5 【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加



【旅館・24】



出水「……あっぶねー……やっと撒いたか……」

米屋「あぁ……なんとかな……」

出水「にしても緑川の奴は残念だったな」

米屋「あの両攻撃追尾弾は避けらんねーよ。二宮さんマジ恐ぇわ」

出水「もう会いたくねーぜ……」







柚宇「おやおや~~? 奇遇ですなぁ」ニュッ



出水「あ、柚宇さん!」




【【ワールド】 ボーダーの恋愛事情④ 【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【ワールド】ボーダーの恋愛事情【トリガー】 

【ワールド】 ボーダーの恋愛事情 ・ ② 【トリガー】

7: >>1 2015/12/12(土) 23:00:42.63 ID:xPCB7yf90


ザワザワ…


修「えーっと……ぼくたちは1号車らしい」キョロキョロ

遊真「あのバスだな」

千佳「じゃあ乗ろっか」

修「……あ」

遊真「どーしたオサム」

修「いや、大した事じゃない。二人とも先に乗っててくれ」

千佳「うん。分かった」

遊真(≡3≡)?




【【ワールド】ボーダーの恋愛事情 3【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 【ワールド】ボーダーの恋愛事情【トリガー】

10: >>1 2015/09/26(土) 23:22:09.60 ID:Op4DqOwR0



小南「修!」

修「なっ……!」



木虎「三雲くん!」

修「なっ……!」



那須「修くん」

修「なっ……!」




千佳(……)ジーッ




【【ワールド】 ボーダーの恋愛事情 ・ ② 【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:54:44.91 ID:BiD7ReYm0



【玉狛支部】



迅「――という訳で、変な役割を押し付けられた」



修「よ、要はボーダー内の、その、色恋沙汰を探ってこいと……?」

迅「そういう事だな」

修「誰がそんな事を……」

迅「支部長」

修「」

迅「正確には城戸司令からだけどな」




【【ワールド】ボーダーの恋愛事情【トリガー】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆WLqChR3KymnV 2016/02/19(金) 22:24:25.60 ID:hgEI4Ott0

ボーダー本部内、実況ルームにて……。


桜子「さあ始まりました! 第1回、ボーダー内交流お茶会・1on1編! 
   このお茶会では、普段交流の機会がない隊員の2名を、とある1室に閉じこめ……ではなくお招きして、
   そのお二人にお茶や軽食、会話を楽しんでいただきながら、仲を深めてもらうことが目的です! 
   記念すべき第1回では、二宮隊の辻先輩と那須隊の志岐先輩に参加して頂いています!」




ボーダー本部内、お茶会ルームにて……。


辻・小夜子「(どうしてこうなった……)」

【【ワールドトリガー】桜子「お茶会をしましょう!」 辻・小夜子「(……えっ?)」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/09(金) 12:00:06.75 ID:ZIsJjA760
暇があれば戦闘訓練とか思考訓練してそうだけど何か遊んでほしいスレ


遊真「……」

遊真「夜が明けるまで何時間もある」

遊真「暇だな」

遊真「外に出たい気分だけど店とかも閉まってるだろうし」

遊真「待てよ」

遊真(そういえば玉狛支部のテレビで……)


テレビ「あなたとコンビニファミリーマート♪」

テレビ「すぐそこサンクス♪」

テレビ「セブンイレブンいい気分♪」


遊真(ふむ……)

遊真「行ってみるか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444359606

【遊真「暇だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆YySYGxxFkU 2015/10/03(土) 18:46:26.26 ID:rnup+J520
修「さて、今日はネット対戦をするか!」

修「まずは続きから……っと」

修「マルチプレイ……インターネット通信……」

修「今日は……部屋の検索でしてみるか」

画面
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中
プレイ中

修「……部屋立てるか」

【修「ワールドトリガーボーダレスミッション?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 18:01:01.40 ID:K1/pOT0cO
スレ2(前スレ)
【コンマ】修「好感度を計るトリガー?」那須「2スレ目ね」 

スレ1
烏丸「実は俺もサイドエフェクトを持っているんだ」修「えっ、そうだったんですか」  


あらすじ

烏丸から好感度を計るトリガーを託され、テストするよう言われた修だったが
女子隊員相手の好感度で善戦し、木虎や那須さんなど、
高嶺の花を落としたことで、ついに「玉狛のモテメガネ」とまで言われるようになる
しかし高めた好感度が災いし、複数の女子からほぼ同時に告白されてしまう
答えに窮した修は、ここで時間稼ぎを選択、
だがしかし、その結果五人ものヤンデレを産み出すという不足の事態に陥る
果たして修は、この混線した愛憎の中で己の真の愛情を掴み取ることができるのであろうかーー!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458464461

【【コンマ】修「好感度を計るトリガー?」木虎「3スレ目だそうよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 19:26:05.88 ID:leoy88q6O
前スレ
烏丸「実は俺もサイドエフェクトを持っているんだ」修「えっ、そうだったんですか」 


あらすじ

烏丸から好感度を計るトリガーを託され、テストするよう言われた修だったが
女子隊員相手に常に50以上という好感度を記録
木虎や那須さんなど、高嶺の花を落としたことでついに「玉狛のモテメガネ」とまで言われるようになる修
果たして、モテメガネ三雲修は、このまま女子隊員全員50以上を
マークできるのであろうか

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443435965

【【コンマ】修「好感度を計るトリガー?」那須「2スレ目ね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 17:25:57.73 ID:AvukUnfBO
烏丸「ああ。あまり戦闘には役に立たないけどな」

小南「ちょっとなにそれ。聞いてないわよ私」

烏丸「ええ。言ってませんからね」

小南「言いなさいよ!大事なことでしょうが!」

烏丸「まあ、本当に大したものじゃないんで」

修「どんなSEなんですか?」

烏丸「簡単に言うと、相手の好感度が分かる」

修「好感度、ですか」

烏丸「そうだ。例えば修が俺の目の前にいたとすると……

( 烏3丸)←数値―(□ε□;)

烏丸「こんな感じで好感度が数値化されたものを視覚することができる」

修「へー……でもそれって、相手がカメレオンなんかを使ってても分かるなら、結構便利なんじゃ」

烏丸「目の前だからな。最低でも2mぐらい前方まで来てくれないと分からないんだ」

烏丸「アタッカーの不意打ちに多少早く反応できるくらいだ。それも俺の視界内にいないと分からない」

修「なるほど……」

烏丸「ちなみに、効果範囲内に複数人いれば、相手から俺への好感度だけじゃなく、その相手同士の好感度も分かるぞ」

修「へぇ。あ、じゃあ、例えば今いる僕と小南先輩の好感度も分かるんですか?」

小南「え!?」

烏丸「ああ。ほぼ毎日見てる」

小南「ちょっと!やめなさいよ!そんな勝手に!!」

烏丸「いえ、折角ですからこのSEの力を見せますよ。小南先輩の修への好感度は」

コンマ↓1

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441182357

【烏丸「実は俺もサイドエフェクトを持っているんだ」修「えっ、そうだったんですか」】の続きを読む

このページのトップヘ