えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ゲーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆1XmsYbpRzk 2014/10/26(日) 16:39:02.53 ID:FEPq9qm3O
オーキド「モンスタースパリヌスの中に、ジョビリンパが入っているんじゃ!お前に一つパガってやる!」

グリーン「あー!レッドだけザモスだぞ!俺にもパガってくれよお!」

オーキド「まーまー、キォッチョするな!お前にもパガってやる!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414309142

【オーキド「そこに3つのスパリヌスがあるじゃろ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5/VbB6KnKE 2014/10/25(土) 17:04:08.47 ID:QY2YCRjN0


心「きいてんのー?ねぇー」ヒック


P「聞いてます」


心「ねぇーってばー!」ユサユサ


P「やめてください…」ブラブラ


心「や!」


P「(完全に酔っぱらってる)」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414224238

【【モバマス】心「ぷろでゅーさぁ…ねー、ぷろでゅーさぁ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/24(金) 22:17:19.85 ID:t0P1Ttm10
ちひろ「ただいま備品買ってきました。もうこの時間になるとさすがに寒いですね」

P「おつかれさまです、もうすっかり秋ですね」

ちひろ「最近はお布団から出るのも嫌になっちゃいますもん。夏が恋しいです」

P「ははっ、そうですか?俺は結構秋好きですよ」

ちひろ「芸術の秋、スポーツの秋そして食欲の秋と、結構魅力的ですよね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414156629

【モバP「秋だなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 千早「安価で家具を買う」【安価】

1: ◆RY6L0rQza2 2014/10/24(金) 22:02:36.58 ID:LGqaRawGo
千早「家財道具は結局我那覇さんと春香に任せっきりにしてしまったわね……」

千早「ここは二人に私もやれば出来るって事を証明してみせないと!」

千早「と言う訳で、服を選ぶわ……!」

千早「まずは、>>4の店に行きましょう

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414155746

【千早「安価で服を買うわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/24(金) 18:01:49.60 ID:/PMlOZI50



P「くっ……やっぱり扉が開かない! 社長室に閉じ込められたようだ」

伊織「まったく、どうせ双子のイタズラでしょ? だれかが来るまで待ちましょう」

P「うぅむ……。しかし今日はもうみんな仕事がないから、帰ってしまったんじゃないか?」

伊織「あら? こんなところにノートパソコンなんて置いてあったかしら?」

P「本当だ。隣にはカメラも設置してあるな……」


 ザザッ…


P「なんだ? スピーカーから音が……」



『んっふっふ……おはよう、諸君。突然だが、閉じ込めさせてもらった』

『やよいっちは預かった。いわゆる誘拐というやつだ!』



P「なっ……やよいを誘拐!? だ、誰だ貴様は!?」

伊織(え、いや、ボイスチェンジャー使ってるけど、このしゃべり方って……)



『返してほしくば、>>3するのだ!』




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414141299

【P「やよいが誘拐された!?」 伊織「……」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 13:44:05.64 ID:wqQQ1QWI0
美希「あふぅ」

美希「最近アイドルより研究がしたい気分なの」

P「はやく仕事に行けよ!」ゴフッ

美希「うっっ……」

美希「うん…いってくるの」ポロポロ

P「くそっ無駄な労力働かせやがって」

高木「きみぃ…静かにしたまえ、みな、疲れているのだよ」

P「はい、すみません」

高木「ふぅん…気をつけたまえ、最近アイドル達からちょくちょく話を聞くことがあってねぇ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413607435

【美希「シャボン玉の中にある小さな液体の粒について調べるのー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 18:26:14.06 ID:6uwnBD1Y0
上田「え~…今週のゲストは…現在放送中のテレビアニメfate zeroの主人公。セイバーさんで~す」

キャー ワー

上田「はい、ということでね。なんとセイバーさんバラエティは初登場ということで」

セイバー「少し緊張してます…」

有田「しゃべくりはご覧になったことは?」

セイバー「申し訳ありません…テレビはあまり見なくて…」



【上田「は~い今週のしゃべくりゲストはfateのセイバーさんで~す」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/23(木) 20:32:35.17 ID:JFk4mXDF0
テレッテッテレッテン♪

士郎「なんかいきなり緑色の土管が現れたけど」

士郎「あれはまさか!?」

マリオ「イヤッフー!」

士郎「あの帽子とヒゲとオーバーオールは!?」

ランサー「こいつが貴様のサーヴァントか、面白え」

マリオ「レッツゴー!」

【マリオ「問おう、貴方が私のマスターか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 23:49:46.94 ID:r3MC+Son0
事務所

P「ああ。最近売り出して、結構話題らしいぞ。」

かな子「あ、わたしもそれ知ってます。食べてみたいんですけど、関西限定なんで買えないんですよねぇ……」

みちる「なんという……なんという……」

P「どうした?」

みちる「これはメロンパンに対する冒涜ですよ!」

P・かな子「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413989376

【大原みちる「メロンパンの皮だけ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆qgvFsqmWqG.F 2014/09/11(木) 19:10:40.32 ID:G55mdjiy0
【前作】
P「汝は人狼なりや」美希「なの!!」 

【前々作】
P「汝は人狼なりや」春香「ですよ!」 


これらの続編です。
人狼を知らない人でも前々作から順番に読めば理解出来る仕様になっていますので、出来れば読んで欲しいです。

こんなスレタイですが876プロをよく知らない方もいるかもしれませんので、一応軽くキャラ紹介を書いておきます。

日高 愛……うるさい
秋月 涼……律子のいとこで男の娘
水谷 絵理……元引きこもり


これだけ知ってれば多分十分です。

始めます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410430230

【P「汝は人狼なりや」愛「だよーーーーーー!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 20:56:26.95 ID:hnkmQnho0
P「……なあ、なんで俺は仕事しながらお前に抱きつかれてるんだ?」カタカタ

「そんなの外が寒いからに決まってますよう」

「パソコンしながら震えてるプロデューサーさんを見ていられなくて」

P「なるほど」

P「確かにあったかい」カタカタ

「ありがとうごさいます!」

P「でも体を擦り付けてくるのはなんでだ?」

「摩擦熱でよりあっためようかと」

P「あー、なるほど。賢いな」

「えへへ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413978976

【P「なるほど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/15(木) 23:00:44.48 ID:Esmxv1S60
「俺を……すくいとるな」

身体がナイフで削られる

すると、薄く切り離される小部分、それを削ぎ取られている大部分ができあがる

どっちも彼の体だから、彼の意識は二つの間を疾走して行った

身体の一部を削がれる感触と、ナイフに乗せられて行く肌触りは同時に感じられ、

取られる部位とナイフを、自分をすくい上げる巨大な金属性の板を見ることが出来た

「俺を……パンに塗るな……」

何時の間にか、パンにぺったりと塗りつけられた小部分だけに彼がいた

パンを持つ者は誰なのか

彼にはわからない

せいぜい自分を食物としか見ていない非情な、名状し難き熊のようなものの概念が頭をよぎるだけだ



【バター「やめてええ!!」モノクマ「騒ぐならパンに直付けするよ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 02:33:11.02 ID:kfL8nILfO
春香「い、痛いです…!プロデューサーさん!」

P「ちっ…あぁ!」ゴフッ

春香「っ…、!!うっ…おぉ」

春香「や……やめ……」

P「あぁ!!くそ!!ああぉぁ!」ドフッ

春香「………!!!」

春香「いぃっ!…」

P「くっ…」ボフッボフッ

春香「イィッ……ぉぉ!」

春香「おぉぉれる」

春香「折れるぅ!折れます!」

春香「プロデューサーさん!!」

P「……」ピタッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413739991

【春香「や、やめてください…!」P「オラァ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:51:33.51 ID:rcB50S030
P「最近、芸能界やその他の企業の間で奇妙な事件が起こっているらしい」

P「もしうちのアイドルが巻き込まれたら危ないどころじゃ済まされないかもしれん」

P「ということでその噂を幾つかメモってきたから、見直しておこう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413816683

【モバP「悪い噂」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆7ekwL0V8mo 2014/10/20(月) 19:37:04.15 ID:XSJaG+mFo
本屋

乃々(確かいつもこの辺に…あ、あった…)スッ

「あっ…」

乃々「…あっ」

乃々(だ、誰かとかぶってしまった…!)

乃々「す、すみません…ふ、不注意でした…」

「…あれ?乃々さん?」

乃々「…その声はもしかして」

悠貴「はい!私ですっ!」

乃々「乙倉さんでしたか…安心しました…」

悠貴「奇遇ですねこんな所でっ」

乃々「今日は…新刊の日でしたので…」

悠貴「もしかして…これ、ですか?」

乃々「はい…乙倉さんもですか…?」

悠貴「はい!面白いですよねこの漫画、遂に完結って聞いて急いで買いに来ましたっ」

乃々「あっ…でも…」

悠貴「あっ残り一冊ですか…」

乃々「…」

悠貴「乃々さん、どうぞっ!」

乃々「えっ…?で、でも乙倉さんも買いに来たんじゃ…」

悠貴「私は他の所で買うので大丈夫です」

乃々「も、もし買えなかったらどうするんですか…?」

悠貴「んーそうですね…。その時は乃々さんに見せてもらっても良いですか?」

乃々「えっ…?」

悠貴「あれ、駄目でしたか…?」

乃々「い、いえ…!いいですよ…」

悠貴「ありがとうございます!それじゃ私は他の所へ見に行ってきますねっ」

乃々「あっ…乙倉さん…」

乃々「…」

乃々(…これは大切に読まないと)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413801413

【森久保乃々「あっ今日は新刊の発売日でしたね…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆.FkqD6/oh. 2014/10/19(日) 22:31:20.35 ID:7oD00eip0

――――


堀裕子「ふんっ、むむむむっ……!!」ググッ


依田芳乃「……」


裕子「はぁっ、はぁっ、もう一回!」


芳乃「ほー……」ズズズ……


裕子「ムンっ、むむむっ……!!」グググッ


芳乃「今日も天気がよいのでして」パリパリ


芳乃「……ほー」ズズズ……



裕子「お、おかしいですね……この知恵の輪、いくらやっても……」ゼェハァ


裕子「……今日のトレーニングは、これくらいにしましょう!」


芳乃「……そなたー、そなたー」


裕子「な、なんですか芳乃ちゃん?」ビクッ


芳乃「先程から見ていましたがー、その方法では外せないのでしてー」ヒョイッ


芳乃「この知恵の輪はーこのようにしてから引っ張るとー」カチャカチャ


裕子「おお!ま、まさか!」


【堀裕子「サイキックトレーニング!」依田芳乃「でしてー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆4z2E.PK0ZYHD 2014/10/22(水) 01:21:32.24 ID:qFOOscWd0

桃井あずき「比奈さん比奈さん」

荒木比奈「なんでしょうなんでしょう」

あずき「ワンダーモモって何ですか」

比奈「またふっるいものを……モモ繋がりっスか?」

あずき「あ、分かっちゃいました?」

比奈「そりゃあもう」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413908482

【桃井あずき「ワンダー大作戦」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆J6sXPQ/xjk 2014/10/18(土) 23:31:37.78 ID:RVCS1fR3o

P→

 口元に運びかけたカップをソーサーに戻す。突然の恋愛相談、紅茶など飲んでいる場合ではない。スプーンがかちゃりと音を立て、時計の針がチクタク進む。静かな店内は思考を巡らせるには最適だった。恋の話、恋の話とな。一応、念のため、まさかとは思うが聞いてみる。

「魚の話」

「ふふっ、言うと思いました」

 生クリームの乗ったケーキにフォークを差し込みながら、ゆかりは上品に微笑んだ。まあ、違うよな、鯉の話ではあるまい、恋の話に決まっている。男女が喫茶店で向かい合い、ほっと一息ついてから神妙な顔つきで「思ったほど泥臭くなくあっさりしていて美味しい」なんて会話はしないだろう。あまりにも不自然だ。しかし出来れば俺としては、たとえ不自然だとしてもお魚トークであってほしかった。アイドルが担当プロデューサーに対して「実は好きな人が居るんです」なんて、それは、端的に言って、悲劇じゃないか。死人が出るぞ。
 動揺する俺とは対照的に、ゆかりはいつもの通りに落ち着いていた。小さく控えめな所作でケーキを口に運び、甘さとふわふわ感を味わうようにゆっくりと咀嚼する。良家のお嬢様であることが丸分かりなその居住まいは、見惚れるほどに可愛らしかった。ゆかりはいつだって可愛い。ああ、恋の話、聞きたくない。

「好きな人が、いるんです」

 音を立てないように気をつけながらフォークを置き、ゆかりがそう切り出した。駄目な感じだ。聞きたくないと駄々をこねるなんてもちろん出来ないまま、恋の話が始まる感じだ。窓の外に見える晴れた秋空に、せめて死人が出ないよう祈ってみる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413642687

【水本ゆかり「恋の話、聞いてもらえませんか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/21(火) 23:18:38.02 ID:xqa41inF0
モバP「ただいま戻りましたー」(ガチャ

ちひろ「プロデューサーさん、お疲れ様です」

モバP「ちひろさんもお疲れ様です」

???「あるんですー!」

???「あるわけないじゃないですか」

モバP「にしても何か騒がしいですね」

ちひろ「あぁ、あの二人ですね…」

ありす「超能力なんてありえません」

裕子「絶対に超能力はありますぅー!私は何度も成功しましたぁ!」

モバP「……どっちが年上か分からんなこれ」

【堀裕子「超能力はありまぁす!」 橘ありす「超能力なんてあるわけありません」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 響提督 ◆Ew3/imucfM 2014/08/19(火) 21:05:11.90 ID:gFtYJIW30

白雪「私が地味キャラ… うっ、否定したいけど出来ないっ!」

白雪「いや、でも前の回で響さんに絡んでもらったし… 割りと可愛い扱いなのかな…?」

白雪「ですが…出番が圧倒的に少ないのは事実です… 何かしてこの鎮守府でアピールしなきゃ」

白雪「私だって古参なんですし…きっと振り向いてくれるはず!」

白雪「ですよねっ!!」

響「えっ…」
ーーーーーーーーー

響「ということがあったんだ」

提督「なんでお前がいたんだよ」

響「いや、食事をとっていた白雪に通りすがりにいわれたんだ」

提督「変なことしないといいんだけどな…」

ーーーーーーーーー

白雪「今回は吹雪ちゃんやその他姉妹には頼らず、一人で行動したいと思います」

白雪「…でも不安だなあ…」

白雪「い、いや! 駄目だだめだ」

白雪「よし!まずは簡単な事から初めてみようかな」

白雪「みなさんに目立つような簡単なこと…それは」

白雪「>>4ですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408449901

【【艦これ】白雪「私が地味キャラという風潮…」安価【響】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 17:02:12.73 ID:mRbnOUe1o
晶葉「いるだろう? 会話の途中で、しょっちゅう三点リーダーが入るアイドル」

…←コレ

晶葉「この三点リーダー、つまり会話の間を短縮できるんだ」

モバP(以下P)「それは個性というやつで、治す必要もないだろう」

晶葉「本人が気にしているんだよ。しかも、すぐに治したいと」

P「そんな無茶なリクエストに応えられるアキえもんマジパネェ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413619322

【晶葉「できたぞ! アイドルがハキハキしゃべれるようになる機械だ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 01:46:35.72 ID:O+hlJlqM0
『……別に可愛くもないし。あ、アンタも…プロデューサーもそう思うでしょ?』

『プロデューサー、私、アイドル辞め……ううん、もうちょっと頑張ってみる』

『アイドルになって、世界が輝いて見えたの。でも、きっと最初から輝いてたんだよね。Pさんが気づかせてくれたんだ!』

『Pさんには見ててほしいの。アイドルとして成長してる姿、もっと見せたいから!』

【関裕美「笑顔のお嫁さん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 16:45:07.96 ID:oUW08RlpO

吹雪「新しい名前、ですか?」

提督「ああ、そうだ。皆の働きもあって深海棲艦の殲滅に成功したことで、お前たち艦娘の力を借りる必要もなくなった。だから、艤装の解体行い、これからは皆普通の少女として生きてもらうことになっただろう?」

赤城「はい、まだ実感があまりわいてませんが……」

提督「それで、皆が普通の少女と暮らして行く上で一つ重要な問題がある。それが、名前だ」

長門「名前が問題なのか?」

提督「ああ、今まで通り艦の名前を使うとうち以外にも艦娘はたくさんいるから、外見と名前が一緒の存在が世の中に溢れることになってしまうだろう? それだと、いろいろとややこしいから、皆にはそれぞれ新しく自分の名前を考えて欲しいんだ」

鈴谷「なるほどねー」

提督「ちなみに艦名に関しては苗字としてこれからも使ってもらうことになっているから、今まで通りの呼び名も使えるぞ」

夕張「それは助かりますね!」

伊168「ちょっと待って、私たちの名前も苗字にしないといけないってこと?」

提督「そうなるが、イムヤたちの場合は『一六八』とか『伊武矢』とか、適当に当て字をしてくれてもいいとのことだ」

飛鷹「でも、いきなり自分の名前を考えろって言われても、ぜんぜん思いつかないわよ」

提督「まあ、そこはまだ時間はあるからゆっくり考えて決めてくれ」

北上「あ、そうだ。なんだったら提督が名前を考えてくれない? やっぱ自分で考えるのはめんど……難しいしさ」

提督「今、面倒といいかけただろう、お前……」

北上「まーまー、気にしない、気にしない。それにみんなだって提督が考えた名前を貰ったほうが嬉しいと思うよー」

提督「そうなのか?」

鳥海「そうですね、司令官さんが考えた名前をいただけるのであれば、私は嬉しいです」

漣「キラキラした名前でなければオッケーですよ」

提督「そうか……うーむ」

北上「とりあえず、言い出しっぺってことで、まずは私の名前を考えてみてよ。そしたら、提督のネーミングセンスもわかるしさ」

大井「き、北上さん!?」

提督「……わかった、少し待ってくれ」

大井「……もしも北上さんに変な名前をつけたら、海に沈めるから」


姓 名
きたかみ ??
北上 ??

>>2 北上の名前(ふりがな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413618307

【提督「皆の解体が決まったことだし、新しく名前を考えないとな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 22:05:49.72 ID:0/pEIRhDO
こまる「いきなり何を言ってるの腐川さん!」


腐川「だってそうとしか思えないじゃない…」


こまる「何で!?何を根拠にそんな…」


腐川「色々あるけど…まずその頭のアンテナ!」


こまる「え?」


腐川「どう考えても無理矢理お揃いにした様にしか見えないわよ!」


こまる「ち、違うよぉー!これは遺伝だよ!」


腐川「…」ジトー


こまる「本当だよ!ほら、最後に家族で撮った写真!」


腐川「ああ…本当に遺伝なのね」


こまる「分かってくれた?」

【腐川「アンタやっぱりブラコンでしょ?」こまる「へ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 765で落語 2014/09/20(土)18:46:22 ID:N5qF4Wdlr

  演目『千早振る』

配役一覧

親父 :天海 春香
 娘 :高槻 やよい、双海 真美、双海 亜美
隠居 :我那覇 響
竜田川:プロデューサー
花魁 :如月 千早
花魁 :四条 貴音

【【SS】やよい「千早振るぅ~」 真美「とぁっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆9YekyNr6gdfr 2014/10/17(金) 19:42:53.71 ID:LULwyfR7O
あるところにウサミンと亀がいました。

ウサミン「亀さんって足遅いですよね」

 ウサミンは亀と話をしているときに悪気は無く言いました。
 しかし、それは亀にとってコンプレックスだったようで亀は怒ってしまいました。

【モバP「ウサミンと亀」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/29(土) 22:45:35.45 ID:mdEqA2n50
紅莉栖「寝てる岡部かわいい」

紅莉栖「記録」カシャ

紅莉栖「鳳凰院フォルダに保存」

紅莉栖「……」

紅莉栖「岡部の飲みかけドクペ…」

紅莉栖「んっんっ」ゴクゴク

紅莉栖「プハー」

紅莉栖「うますぎだろjk」




【紅莉栖「岡部かわいい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/10(金) 20:48:39.24 ID:Bj31CzgZ0
苗木「どうしたの、突然?」

セレス「突然ではありませんわ。私は常々気になっているんです。

『超高校級のギャンブラー』である私。『超高校級の幸運』である苗木君。本当に強いのは、果たしてどちらなのでしょう?」

セレス「試してみる価値はありますわ」

苗木「そ れ は 違 う よ !!」論破!!

苗木「ちょっと待ってよ! それってつまり、ギャンブルで勝負ってことでしょ!? 僕なんかがギャンブルでセレスさんに敵うわけないじゃないか!」

セレス「く ォ ン の ビ チ グ ソ が ぁ あ あ あ !!」反論!!

苗木「!?」



【セレス「苗木君、私と勝負をしてくれませんか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/29(月) 12:38:05 rQ9IahF2
あやめ「P殿は忍の末裔だったというのは真ですか?」

珠美「えっ!?武士の末裔だったと聞いたのですが、違うのですか?」

P「えっ!?両方違うよ?」

珠美「しかし父にP殿の写真をみせたら『隻腕の武士』や『諸手の鬼』と呼ばれていたと……」

珠美「なんでもいくつもの道場を『すみませーん、あのー、道場破りでーす』といって道場破りしていたと」

珠美「その時の戦い方は右手だけで持ち左手はフリー、高速の連撃で時折見せる両手での大上段は回避不可と」ワクワク

P「そんな大したもんじゃないよアハハ」

あやめ「私はP殿の身辺警護のために為に陰ながらP殿を尾けていたら……」

P「あぁ、あの気配ってあやめだったんだ、まゆが大人しくなったかと思ってた」

あやめ「なんと!気づいておいででしたか!流石は我が(未来のボソッ)主///」

珠美「それでストーカーしてたら何を見たのですか!?」


"
"

【あやめ「P殿は忍の末裔だったというのは真ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆7ekwL0V8mo 2014/10/17(金) 01:09:46.00 ID:peidL3D4o
事務所


悠貴「あのっ…岡崎泰葉さんですよね?」

泰葉「…そうですが」

悠貴「良かった!間違えてたらとどうしようかと…」

泰葉「あの、あなたは?」

悠貴「あっすみません、私は今度ここのプロダクションに入る事になりました乙倉悠貴です!よろしくおねがいしますっ!」

泰葉「こちらこそよろしくおねがいします、乙倉さんですね覚えておきます」

悠貴「ぜひ!あぁ嬉しいな…岡崎泰葉さんと一緒のプロダクションに入れるなんて…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413475775

【悠貴「あのっ…岡崎泰葉さんですよね?」】の続きを読む

このページのトップヘ