えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

ゲーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/15(木) 01:29:09.55 ID:ZlI3ON1O0
小鳥「いいんですか!?やっほおおおういええええい」


P「結婚するなら共働きですか?」


小鳥「えっ、えっそうですねーやっぱり寿退職とか....えへへ」


P「俺の理想は共働きなんですよねーだからちょっと諦めて...」


小鳥「あっならなら共働きでも全然いいですよ」


P「小鳥さんって子供は何人欲しいですか?」


小鳥「えーっとえーっと二人...欲しいです」


P「俺自分の子供はあんまりほしくないんですよねー、だからちょっと諦めてもらって...」


小鳥「大丈夫です!子供はもう産めるか怪しいですし!!」


【小鳥「結婚を前提にお付き合いしましょう!」P「別にいいですよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/12(土) 15:54:31.03 ID:ijpcEEXo0
P「給料日まで2週間」

P「残金500円・・・いや、380円・・・」

P「どうしよう」

P「アイドルたちはガンガン売れてって金持ちになってるのに」

P「どうして俺の給料は手取りで20万のままなんだろう・・・」

P「あと260円か・・・これ美味しい・・・」

P「ハッ、待てよ?アイドルたちは金持ちなんだよな・・・・・!?」

P「アイドルたちにお金を借りようかな・・・?」

P「いや、でもいい大人が子供たちにお金借りるのもなぁ」

小鳥「体を・・・・・・体を売ればいいのじゃPよ・・・・・・」ボソボソ

P「な、なんだ!?誰かいるのか!?いや誰もいない・・・!」キョロキョロ

小鳥「アイドルたちに体を売るのじゃ・・・」ボソボソ

P「神様!?この声は神様ですか!?俺はアイドルに体を売れば助かるのですか!?」

小鳥「事務員に・・・まずは事務員に安く売るがよい・・・」ボソボソ

P「小鳥さんに安く・・・よし、神様のお告げの通りにしてみよう・・・!」


【P「月30万でなんでもします」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 20:34:48.02 ID:T81XEuZI0
杏「ラジオネーム『スパーク』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
8月7日、暇なのでブログニュースを色々見てまわる。

すると、マンボウの死因がヤバいとかで話題になっていた。

ほぼ直進でしか泳げないから、岩に当たって死。

体内の寄生虫を殺すためにジャンプして、そのまま水面に激突して死。

日向ぼっこしてたら陸に打ち上げられて死。

皮膚が弱すぎて、他の魚とぶつかって出来た傷が原因で死。

マンボウちゃん…なんて繊細なの。まるで僕達ダメ人間みたいだ。

マンボウちゃんは僕達の仲間だったんだね。

杏ちゃん、僕達はこれからマンボウちゃんと寄り添って生きて行こうと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「マンボウも君達と一緒にされたくはないと思うけど…」

【杏「ギャラクシーニュースラジオ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:43:33.82 ID:TcHTF3ezO
高木「君、クビね」

P「な、何故に?いっちゃ何ですが私は優秀だと思いますが」

高木「アイドルを消耗品としか考えてない君には当社のプロデューサーには相応しくない」

P「ちっ、下手にでてりゃ、こんな弱小プロダクションこっちから辞めてやる!?」



律子「すみませんでした社長、強引に彼をスカウトしたのにこんな結果で」

高木「まあ、実績だけ見れば成績はあるからね彼」
高木「でもねえ、彼は何十人、何百人のアイドルを使い潰して数字を出したような人だ」

律子「私も早く結果を出すことに拘りすぎました」

高木「まあ、ティンとくる人材が中々見つけられなかった私も悪い」

【P「アイドルはただの商品、消耗品」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/12(月) 00:04:37.44 ID:Wl18hkEx0
セイバー「私は現界した際に予備知識を多々受けてますが、二次元と言われましてもあまりピンとこないのですが……」

イリヤ「要するに漫画とかアニメの世界に行けるってことだよ!」

セイバー「あぁ、創作物ということですね……というか、魔術ってレベルじゃないような気が」

イリヤ「気にしない気にしない。それよりセイバーって強いんでしょ?」

セイバー「ええ勿論。今回の聖杯戦争で負けることはあり得ませんよ。イリヤスフィール」

イリヤ「じゃあ二次元の誰かと戦って、セイバーが強いってところを見せてほしいなぁ!」

セイバー「なるほど。イリヤスフィールは決闘の観戦がしたいのですね。貴族ならではの娯楽というわけですか」


【セイバー「二次元に行ける魔術……ですか?」 イリヤ「うんっ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 00:10:13.14 ID:UCWbgIsm0

「………」

「………」

「………」

「………」

「遅いなぁ。」


【雪歩「早すぎた埋葬」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 02:01:49.70 ID:ubB64DlvO
やよい「……プ、プロデューサー、あの……」

P「どうした?」

やよい「……また、お…お金がなくなっちゃったので……うぅ……」

P「おう」スッ

やよい「あっ、ありがとうございます!あの…返しますから!絶対返――」

P「いや、いいよ」

やよい「……」

やよい『うっうー!助かります!これで皆ご飯食べられます!』

P『はは、別に返さなくてもいいぞ』

やよい『いえ!お給料入ったら、お礼します、そのついでに返しますよ!』

やよい「……」

やよい「……ごめんなさい、あの……返します…から」グスッ


【やよい「どうしよう・・・ナプキン買うお金がない・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/04(日) 15:02:48.50 ID:11droKCF0
響「え? そう?」

春香『そうだよ。今もどうせ家でゴロゴロしてるんでしょ?』

響「それはそうだけど……。でも『家に居ても暇だから』っていう理由で突然電話掛けてくる春香に言われたくないぞ」

春香『ふふふ……私が今も家に居ると思う? 響ちゃん』

響「えっ」

ピンポーン

【春香「響ちゃんって結構インドア派だよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 12:09:03.05 ID:wWRAHICLP
美希「ハニー♪ハニー♪」

ガチャッ

美希「おはようなの!!」

P「あぁ、美希か」

美希「あっ、ハニー!!」

P「珍しく早いな」

美希「む、珍しくないの!! 最近は頑張って早く来るようにしてるんだよ? えへへ、なんでだと思う?」

P「知らん。ま、それくらい自覚があるとこっちとしても助かるが」

美希「もー! ハニーのイジワル!」

P「いつ俺が意地悪をしたんだ」

美希「そういうところ、なの! ミキはハニーに会いたいから早く来たんだよ?」

P「そうかそうか」

【美希「ハニーの子供ができちゃったの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 松田亜利沙「ニュース765TV」四条貴音「第80回」

1: 名無しさん@おーぷん 22/11/14(月) 23:38:14 ID:Zy3o
・設定の元ネタはUNION@IRTV第9回第10回です。

・ここから読んでも大丈夫です。

【松田亜利沙「ニュース765TV」佐竹美奈子「第81回」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆xMUmPABXRw 2022/11/15(火) 23:01:36.26 ID:gHzkRE5/0

―工藤忍ハウス―

工藤忍(もくもく…)

綾瀬穂乃香(サラサラ…)

忍「…うーん穂乃香ちゃんちょっと良い?」

穂乃香「はい。これはですね…」

忍「あっなるほど…ありがと穂乃香ちゃん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1668520894

【【モバマス】調理実習大作戦!【フリルドスクエア】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :>>1:2013/08/08(木) 00:15:08.23 ID:jG1Bnvh00
ディアボロ「」

高木「~~~~~、というわけだ。そこは、まぁ同僚にサポートしてもらいながら学べば良い。」

ディアボロ「……ハッ!?ここは!?」

高木「?」

高木「突然どうしたのかね?ここは765プロの事務所だが……?」

ディアボロ「……」

ディアボロ「……」

ディアボロ「……そうか、なるほど。」

高木「?」

高木「特に問題がないようなら話をすすめるよ?」

ディアボロ「あぁ、理解した。」


((『次の死に場所』はここという事をな……。あぁ、これは何回目だ))


【ディアボロ「このわたしがアイドルのプロデューサー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/24(土) 16:47:11.30 ID:ygleH67s0
響「貴音ー!」

P「ん?」クルッ

響「あ、あれ? プロデューサー?」

P「おう響、いったいどうしたんだ?」

響「ごめん、貴音に用事があったんだけど……間違えちゃった」

P「おいおい、うっかりしてるなぁ」

響「でも、本当に……貴音とプロデューサーって後ろから見るとよく似てるよ?」

P「そうかな? まぁ、髪の色はそうかもしれないが……」

響「そうそう、その銀髪とか!」

貴音「どうしたのですか、響?」

響「あ、貴音」


【響「どうして貴音とプロデューサーは後姿が瓜二つなんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 08:52:42.61 ID:8npD11vO0
絢辻「あなた私の手帳を見たわね?」

俺「は、はい、すみません」

絢辻「まさか猫被ってるのがばれちゃうなんて」

俺「は、はい、すみません」

絢辻「絢辻さんは裏表のない素敵な人です、はい復唱」

俺「デュフフwww」

絢辻「な、なに笑ってるのよ!」

俺「だって他の女子に比べたら絢辻さんの裏表なんてかわいいものだしwww」

【絢辻「俺くん、ちょっといいかしら?」俺「は、はい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 01:59:07.59 ID:fz1rR3oE0
春香「おはようございまーす!」ガチャ

P「おはよう春香。今日も元気だな」

春香「はい!元気です!」

P「今日は仕事までまだ結構時間あるけど、どうしたんだ?」

春香「えへへ、クッキー焼いてきたんですよ。それでプロデューサーさんに一番に食べてもらいたくて」テレッ

P(健気な子やで)

P「じゃあいただこうかな」

春香「はい!どうぞ」スッ


【春香「俺が春香で春香が俺で?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 22:14:56.63 ID:FH8H8xXGo
P「え? 俺がですか?」

P「いえ、いやじゃないですけど…」

P「……えっ、ちょ、なんでそれをっ!?」

P「はい、はい、わかりました、わかりましたよ!」

P「御意のままに、ちひろさん」プチッ

P「……こえぇ。なんでバレてんだよ。はぁ、ともかく言うとおりにしないとな」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375103696

【モバP「ニューウェーブを海水浴に連れていけ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/05(金) 02:06:34.61 ID:0RwKI+SQO
喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで、『笑ゥせぇるすまん』」コツ...コツ...

喪黒「ですが、ただのセールスマンじゃございません。わたしの取り扱う品物はココロ…」コツ...コツ...

喪黒「人間の、ココロでございます。ホーッホッホッホ…」コツ...コツ...

―――
――


【春香「ココロの…スキマ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 13:01:43.65 ID:GM7h03BFO
一年程前 事務所

真「ねえ律子」

律子「なあに」カタカタ

真「仕事全然ないね」

律子「仕方ないわよ、765プロはまだ小さいし人手的にも財源的にもつらいものがあるしね」カタカタ

真「まともに活動してるの律子ぐらいだしね」

律子「まあね」ッターン


【真「最近、律子と話せてないなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 16:38:17.33 ID:zb7nQ+4fo
 

文香「……ええ、本当に」




 
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375947497

【木場真奈美「月が綺麗だな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hhWakiPNok 2013/08/08(木) 21:19:00.07 ID:4Zd3ArMl0
P「なんのことだ?」

智香「この間、謎のウイルスで事務所が大変な事になったじゃないですか」

P「ああ、みんな猫になっちゃったんだったな」

智香「晶葉ちゃん(池袋晶葉)によると、ウイルスは変質するのが早くてそれが心配なんだそうですっ☆」

P「ふうむ……つまりこの間のワクチンが効かない新たなウイルスが登場するかも知れないんだな」

柳清良「私もそれを危惧してるんです」

智香「そうなんですかっ?」

清良「ええ。現代の医学は、抗生物質の効かない耐性菌とそれに効く更に強力な抗生物質の開発とがイタチごっこをしてる状況なの」

南条光「それは……血を吐きながら続ける、哀しいマラソンですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375964339

【モバP「ニャンデミック?」若林智香「拡大感染ですっ☆」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hhWakiPNok 2013/08/07(水) 17:39:25.41 ID:Cy0WKSlr0
アナスタシア「ミーニャ ザヴート アーニャ。アーニャは、ええと……ニックネームよ。私はアーニャ……アナスタシアですニャ」

みく「……」

アナスタシア「アーニャ トテーモ マタタビスキー。アーニヤは、ええと……かわいいは、ニャれていません……プロデューサー」

みく「……」

高峯のあ「気まぐれ……猫のようニャ、ね」

みく「……」

のあ「…………………………………………………………………にゃん」

みく「……Pチャン。いいにゃ、プロデューサー。ちょっといいかにゃ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375864765

【前川みく「事務所が猫キャラだらけでみくの存在感がヤバいニャ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆62IWBozqOg 2013/08/09(金) 02:27:02.43 ID:s0az7MnY0

モバP「もしかして俺のことか?」

諸星きらり「そうだにぃ!」

P「あっはっは! …冗談だろう?」

きらり「冗談じゃないにぃ☆」

P「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375982822

【きらり「パピーちゃん!」モバP「パピー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 20:53:26.63 ID:+S1vklqAO
一同「……」てくてく…

早苗(武闘家)「…ついに魔王のいるダンジョンまでたどり着いわねっ!!」

拓海(魔法使い)「よしっ!ちゃっちゃとケリ着けに行こうぜっ!!」

杏(遊び人)「魔王のいるダンジョンなんて危ないよ。帰っておやすみしようよ」

あい「しかし、モンスターの気配を感じないな…」

あい「罠かもしれない…みんな気を引き締めて…」

一同「……」

あい「…?何故、みんなして黙るんだ?」

杏「すらいむがあらわれた」

あい(すらいむ)「な、なにぃっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375962806

【モバP「どらごんくえすと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/06(火) 22:10:12.69 ID:w13V7QhZO
P「……うぁ…?まぶしい…んん…朝か…」

P「………朝かよぉ~…もー」

P「…………」

P「…なんか楽しい夢見てた気がする…」

P「………あぁ~…、仕事、行きたくない…」

P「毎晩、もう朝が来なきゃいいのにって思って眠るのになあ…」

P「なんで朝は来るんだろう…」


【P「仕事行きたくねえ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/06(火) 22:41:19.54 ID:nczqXK2d0
P「まさか765プロがお盆休みをくれるなんて……」

P「せっかくだし>>5へ行こう!」

P「>>9がついて行きたそうな目でこちらを見ている」


【P「お盆だ!どこに行こうかな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 00:20:02.57 ID:kdye4/pf0
杏「そう思うならそうなんでしょ、兄貴の中ではさ」

P「常識は7月7日なんだが」

千秋「そうね、でも有名な仙台の七夕も8月じゃない」

P「あ、それもそうか」

千夏「同じ国で同じ行事なのに日にちがちがうのは七夕くらいかしら」

千秋「どうかしら、調べてみないことにはわからないけど」

美由紀「さーさーのーはー、さーらさらー」

音葉「のきーばーにー、ゆーれーる」

美由紀「おーほしさーまー」

音葉「きーらきらー」

「「きーんぎーんーすなごー♪」」

P「そんな歌も有ったな」

アナスタシア「……プロデューサー」

P「どうした?」

アナスタシア「……タナバタ? は何ですか?」


【モバP「七夕って7月7日じゃないのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:08:22.10 ID:yu4cLSWCo

 モバマスSSです
 短いです

 前に書いた
 モバP「空飛ぶウサミンロボ」
 の時間軸っぽいですが、
 「ウサミンロボはウサミン科学の産物である強化パーツ、ウサミンジェットスクランダーによって飛行可能になる」
 ことさえわかっていればそれでオッケーです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375628901

【愛海「ウサミンロボと海を行く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/03(土) 22:05:11.29 ID:xG/UyvfuP
学園2階 男子更衣室

大和田「な、なんで!てめぇがいるんだよ!」

不二咲「え、えっと…ごめんなさい!」ウルウル

大和田「ごめんなさいじゃなくて!!」

大和田「どうやってここに入った!」

不二咲「……」(どうしよ…男の子だってことが大和田くんに…)


  【大和田「あぁ!?」不二咲「ひぃっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 13:45:17.84 ID:wFK3WtBAO
藍子「ふふ、今日はお休みですよ」

P「じゃあなんでここにいるんだ?」

藍子「Pさんの顔が見たかったからに決まってるじゃないですか」

P「おいおい。そういう勘違いを招くような発言は控えろよ? どこでレンズが光ってるか分からないんだからな」

藍子「ごめんなさい。でも、たまにはいいでしょ?」

P「よくはないんだがな……。まあいいや、せっかく来たならゆっくりしていけ」

藍子「ええ。そうさせてもらいますね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375505117

【モバP「仕事じゃないのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:52:16.52 ID:ZNmuCv4k0
P「あ゛あ゛あああああ!!」

ちひろ「いやああああああ!!」

バタバタバタッ ガチャッ

未央「どうしたのプロデューサー!?」

卯月「すごく大きな声でしたよ!?」

凛「そんな大声出して…何かあったの?」

ちひろ「で、出たんですよ…!」

卯月「出たって、何がですか?」

P「そんなの、茶色くてテカテカしたアイツに決まってんだろ!」

卯月未央「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375631536

【モバP「茶色くてテカテカしたアイツ」】の続きを読む

このページのトップヘ