えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:11:12.10 ID:h4SsB8Pq0
さやか「ふあ~」

さやか「はよ~てか親は仕事かあはは」ポリポリ

さやか「朝飯朝飯っと」

【さやか「だるい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 19:02:19.26 ID:w+WnjI680
恒一「そうだねぇ」

鳴「日向ぼっこは?」

恒一「『やろう!』と思ってしなくても屋上にいるんだから常に太陽光浴びてるよ」

鳴「それもそうね」

恒一「体動かす遊びにする?」

【鳴「今日は何しよっか。榊原君?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(茸) 2022/11/24(木) 22:51:19.36 ID:sPZyNmHA
しずく「可愛いリボンがトレードマーク!はい、桜坂しずくです」

しずく「突然ですが先日家が燃え、何もかも失い、寮生活がスタートしました」

────────

しずく「ふぁあ…5時…」

しずく「あぁ、日課の散歩…もうしないんだった」

しずく「二度寝は……ダメダメ!」パンパンツ

しずく「んっ~」ノビーッ!

しずく「折角だしランニングでもしようかな」

【しずく「生活水準を落とすのは辛いです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2022/11/24(木) 22:44:22.72 ID:nhghWTPm
恋「………」

恋「12時を回りました。今日は…11月24日ですよね…?」

恋「何度見てもわたくしのお誕生日です…もう12時5分です…」

恋「まぁ12時ちょうどにお誕生日おめでとうの連絡を待ってるというわけではありませんが…正直期待してなかったといえば嘘になります…」

恋「せめてサヤさん…は昨日お誕生日を既に祝ってもらいましたし…いつも11時には寝床に着くのでわたくしがまだ起きているというのも知らないという可能性もあります…」

恋「それにしても……誰からも連絡が来ません……もう寝ましょう…((ポイッ」

【恋「……今日はわたくしのお誕生日なのですが」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: お誕生日おめでとうございます(あら) 2022/11/24(木) 19:45:45.12 ID:L2nRZpxL
 
11月24日――

恋(絶っ対生徒会室のPCから『禁断のセカイ』にアクセスした件です…)トボトボ

恋(放課後に理事長室へ呼び出されるなんて、これはもう間違いありません)ブルッ

恋(あぁ~! どうして我慢できなかったのですか~~!)グワングワン

恋「…」モワモワモワーン


理事長『生徒の模範となるべき会長がこれでは結女の恥ですね。解任します』

すみれ『新しい生徒会長には私がなるわ!』ドヤーン

千砂都『マルじゃないYo!』バツバツ

かのん『恋ちゃん…きらい』プイッ


恋「もうお終いです…」シクシク
 

【【お誕生日SS】理事長「花に…お母さんに似て良い女になったわね…」アゴクイッ 恋「へぇっ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TR2vneJwo2 2022/11/26(土) 17:42:15.29 ID:g3743wyOO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


https://youtu.be/G68Q4lCM5pQ




すみれ「…と考えられるのだけど、いかがでしょうか」


絵里「一理あるわね」


聖良「ソース半分しか入れない派閥っていますか?」


果南「ここにいるよ」


すみれ「は?何で半分しか入れないのよ、ソースが染み込んでないカップ焼きそばって、それもうカップ焼きそばって言えるの?」


絵里「ペヤングが例の事件から味が変わった気がするんだけど、そこからソース半分しか入れない派閥になったのがあたし」


四季「私はしっかり全部入れる、染み渡らせる」


すみれ「私もよ。え、少数派なの?全部入れ」


英玲奈「安心しろ、私も全部入れる」


四季「私とすみれ先輩、英玲奈さんが全部入れ派で、絵里さん、聖良さん、果南さんが半分しか入れない派」


英玲奈「そもそも会社はソースを全部入れる事で、最良のカップ焼きそばが食べられると思って付けてるんじゃないのか」


すみれ「絶対そうでしょ、じゃなかったら半分の量のソース付けるわよ」


果南「いや私はそうは思わないかなん」


聖良「会社側の策略に乗ってたまりますか」


すみれ「そこは素直に乗りなさいよ!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1669452135

【すみれ「ペヤングのヤサイ程美味しいものは無い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 かのん「雨の日のコーヒー」

1: ◆TR2vneJwo2 2022/11/26(土) 17:06:43.56 ID:VtEhxcc+O

ー渋谷ー



~♪

すみれ「……~♪」フンフン


すみれ「Just know that i would die for you~♪」


トテテ


すみれ「Baby, I would die for you…♪」


「……なんて意味?」


すみれ「……かのんのあんぽんたんって意味」


かのん「そんな訳無くない!?」


すみれ「もちろん嘘ったら嘘よ」デコピン


かのん「あてっ、じゃあホントの意味教えてよー」


すみれ「はいはい……その内ね」


かのん「むー……」


すみれ「ほら、行きましょ」


かのん「…うん!」


https://youtu.be/xuNMsMpVaho




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1669450003

【かのん「雨の日のコーヒー」すみれ「二杯目」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 00:23:01.47 ID:frxKnHyG0
──部室

穂乃果「今日も練習お疲れ様!」

絵里「ええ、みんな、気を付けてけるのよ」

全員「はーい」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん、帰ろう」

ことり「あ、できれば今日は次の曲の衣装のことで二人に相談に乗ってもらおうと思ってたんだけど」

海未「衣装についてですか。私の意見なんかが参考になるとは思いませんが付き合いますよ」

穂乃果「うん、穂乃果も手伝っちゃう!」

ことり「ありがとう、二人とも」


【ことり「海未ちゃんが居眠りしてる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 13:23:09.12 ID:yS2SCDI60
欧州 第501統合戦闘航空団基地

芳佳「宮藤芳佳です。よろしくお願いします」

ミーナ「はい。それじゃあ、これは軍からの支給品よ」

芳佳「……あの。銃はいりません」

ミーナ「でも、もしもの時の為に持っておいたほうが」

芳佳「銃は持ちたくないです。私、プリキュアですか」

ミーナ「え?」

美緒「……?」

シャーリー「プリキュア?なんだ、それ?」

芳佳「知らないんですか?武器は持たず、正義の心と魔法だけで邪悪な魂を浄化させる扶桑に実在した伝説の戦士です」

ミーナ「そうなの?」

美緒「知らんな」

【芳佳「銃は持ちたくないです。私、プリキュアですから」美緒「…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:15:37.39 ID:8JAGugzD0
飛行機内

美緒「全く。呼び出されたと思えば、予算の削減とはな」

ミーナ「上層部にも困ったものね」

美緒「私たちばかりに活躍されて面白くないと言ったところか。人類の危機に随分と余裕があるな」

ミーナ「そうね……」

芳佳「あ。雨だ」

美緒「雨?何を言ってる。雲の上を航行中だぞ。雨など降るわけがない」

芳佳「でも、窓に雨粒が当たってますよ」

ミーナ「あら、ホントね」

『ら~らら~ら~♪』

芳佳「あれ。何か聞こえませんか?」

美緒「これはサーニャの歌だ。基地に近づいている証拠だな」

【芳佳「サーニャちゃんって夜間哨戒中、オシッコとかどうしてるの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 20:13:26.60 ID:rLV/PuYM0
切歌「あたしの中にフィーネが……」

切歌「きっともうあまり時間がないデス」

切歌「調……」

切歌「あたしは調と何も残せてない……きっとあたしの事を忘れてしまうデス」

切歌「そんなの嫌デス!」

切歌「だから、調と……」

切歌「調との思い出を作りたいデス……」

【切歌「調との思い出を作りたいデス……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 00:42:26.15 ID:tXmnuurxO
仁美「なぜですの!? 確かにわたくしは他の皆様方に比べたら出番が少ないかもしれませんが……」

さやか「いやぁ……言いにくいんだけどいくつか理由があってだね……」

仁美「ひどいですわ! さやかさんたちメインキャラは今でも日に一つは出番があるスレが立つくらいなのに……」

さやか「それは……まぁ」


【仁美「なぜ私はSSに登場する機会が少ないのか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/31(土) 15:13:10.90 ID:9SkOG+dx0
美緒「話は以上だ。すまなかったな、こんなことで呼び出して」

芳佳「いえ。では、失礼します」

美緒「ああ。しっかり休め」

芳佳「はー。午後はお休みかぁー。なにしようかな」

ルッキーニ「よっしかー!!」

芳佳「ルッキーニちゃん。どうしたの?」

ルッキーニ「お昼から暇?」

芳佳「うん。訓練もないし」

ルッキーニ「それならおままごとしよっ。おままごと」

芳佳「おままごと?」

ルッキーニ「うんっ!ほら、早く早く!こっちだよ!」

芳佳「う、うん」

芳佳(ルッキーニちゃんってホントに子どもっぽいんだ。ふふっ)


【ルッキーニ「おままごとしよっ」芳佳「おままごと?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/07(土) 00:30:39.92 ID:gTTn7f5C0
穂乃果「えっ」

海未「私はいつも思っていました。穂乃果は元気で明るく、とても眩しい存在だと」

穂乃果「照れるなあ」

海未「無意識ながらにみんなを引っ張ってゆくその行動力とカリスマ性、
   しかし決して無責任ではなく、ともすればいらないものまで背負ってしまう。
   それほどに責任感が強く、そしてみんなを大事に思っている。
   μ'sもあなたがいなければ今のような、いや、それどころか、
   μ'sさえ存在しなかったかもしれないのです」

穂乃果「海未ちゃん、ちょっと早口だよ」

海未「あなたがスクールアイドルを始めたのも、学校の存続をかけてのこと。
   確かにあなた自身、やりたいという気持ちがあったのは分かります。
   しかしそれでも、学校の存続のために尽力してきたことは間違いありません。
   文化祭の時も、結果的には全く逆の方向へ行ってしまい、
   ラブライブへの出場は取り消されてしまいました。
   けれど私たちにも非があるにも関わらず、あなたは全てを背負おうとしたのです。
   ことりの海外留学の件でもあなたは、自分をとても責めていました。
   それでも結果的にあなたは、再びμ'sを集め、講堂をいっぱいにしてみせました。
   これはあなたがいなければ成されることではありませんでした。
   私たちは色んなことを言っていましたが、結局あなたが最後に引っ張ったのです。
   だからここまで来れました。だからここまで、楽しめました」



【海未「穂乃果! 結婚しましょう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/24(木) 17:30:44.48 ID:TVaOzEjU
かのん「恋ちゃん、お誕生日おめでとう!はいこれ、プレゼント!」

恋「わぁ~!ありがとうございます!さっそく開けてみてもいいですか?」

かのん「うん。食べて食べて~!」

恋(食べる……?食べ物、ということなのでしょうか?)

ペリペリペリ

恋「これは……」

かのん「そうだよ、チョコレート。恋ちゃん、こういうの好きでしょ?」

恋「はい!大好きですっ!」

かのん「それじゃあ早速!はい、あ~ん!」

恋「あ~んっ!」

パクッ!

恋「もぐもぐもぐ……」

【かのん「ウイスキーボンボンで恋ちゃんを酔わせる大作戦!」恋「?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/02(月) 21:00:57.47 ID:5NVaUpm70
脱衣所

芳佳「はぁー、さっぱりした」

美緒「やはり、訓練のあとは風呂に限るな」

芳佳「ですね」

ペリーヌ(どうしていつもいつも、豆狸が一緒ですの……)

芳佳「……あれ? えーと……あれ?」

美緒「どうした、宮藤?」

芳佳「さ、坂本さん!! 私の服がありません!!」

美緒「なに?」

ペリーヌ「またハルトマン中尉がもっていったのではなくて?」

芳佳「えぇー!? ちょっと行ってきます!! と、思いましたけど、このままじゃ恥ずかしいです!!」

美緒「仕方ない。私の服を貸してやろう。確認してくるんだ」

芳佳「ありがとうございます! では、行ってきます!!」




【芳佳「誰かー!私の服、知りませんかー!」リーネ「……」モグモグ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/11/01(火) 21:52:48.35 ID:ODgw9Fkro
役人「転生したら役人でした…って役人に転生して何をするんだよおおおおおおおっ!!」

役人「大洗の廃校?そんなものはナンセンスだ。私もこんな男に転生するとはつくづく運が無い。今回ばかりは見守らせてもらおう」


~第63回戦車道全国高校生大会~

サンダース大学付属高校VS大洗女子学園

役人「席はここか。さてと試合が始まるまでパンフレットで確認するか。大洗は…んん?大洗の登録車両が38(t)のみ?」

役人「訳が分からん。どうなっている?」

アナウンス「間もなく試合が始まります」

役人「本当に大洗は一両のみなのか。これで本当に勝てるのか?」

ー試合終了後ー

役人「結果から言えば大洗は惨敗だった。当然だ。たった一両でどうにかなるものではない」

役人「どうしてこんな事になった…」

役人「…駄目だな。ここで悩んだ所で答えなんて出やしない。ただ、俺としての人格が覚醒する前にこの男が何かを企てた事は確かだ。すぐに確認をしなければ」

部下「局長、大臣がお呼びです」

役人「大臣が?こんな時に…いや、むしろこの状況は好都合だ。分かった。すぐに戻るとお伝えしろ」

部下「はっ!」

ー文部科学省ー

大臣「よくやった。これで大洗学園は廃校は確実な物となる」

役人「…は、はぁ」

大臣「どうした?君の案が上手く行ったのだ。もっと喜びたまえよ」

役人「え?案とは?」

大臣「忘れたというのか?君が提案したのだろう。大洗の戦車の大半を強制的に引き上げて戦えなくするとな。それと生徒一人を別の学校へ再編入させたのも君だろう」

役人「そ、そうでした。ははっ、多忙で失念していました」

役人(馬鹿な…なぜこの男にそんな事が出来る?)

大臣「これからもこの調子でよろしく頼むぞ。この時代に学園艦など無用な存在なのだ。学園艦廃校計画が全て済んだ暁には、君に事務次官の席を約束しよう」

役人「は、はい。ありがとうございます」

【【ガルパンSS】「転生したら役人だったので大洗女子学園の廃校を阻止する」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/22(火) 17:54:55.15 ID:9wuT1DUI
可可「すみれ、すみれ!」

すみれ「なあに?どうかしたの?」

可可「えへへ。見てクダサイ!とっても素敵な衣装が完成しマシタ!じゃじゃ~ん!」

すみれ「ふ~ん。すごいじゃない」

可可「ですよね!?えへへ~。もっと!もっと褒めて!」ピョンピョン!

すみれ「も~っ、しょうがないわね~」

ナデナデ

すみれ「よしよし、よく頑張ったわね~」

可可「~♪」

すみれ「えらいえらい。大好きよ、可可」

可可「えへへ~。すみれになでなでされるの、とってもとっても気持ちいいデス……♡」

すみれ「はいはい。こんなのでいいならいくらでも撫でてあげるわ」サワサワ

可可「くぅ~ん♡」



きな子「……」

【きな子(すみれ先輩の秘密、きな子覗いちゃったっす!)すみれ「ちょっと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2022/11/21(月) 16:20:49.67 ID:SxUeNNFB
かのん「……」

かのん(朝、学校に来てみたら下駄箱に怪しいボタン……スイッチ?が入っていた)

かのん「何だろう、これ。何のボタン……?」

かのん「ていうか何で私の下駄箱に入ってるの……?」

【かのん「大好きが溢れるボタン……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/20(日) 19:13:29.63 ID:ulc3/ePV
ピンポーン


夏美「...」


夏美「...」ポチッ


ピンポーン


夏美「...」


夏美「あれ?誰もいないんですの...?」


ガラガラ


夏美「あっ」


すみれ妹「あっ」

【すみれ妹「3人のお姉ちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆TR2vneJwo2 2022/11/23(水) 01:20:10.65 ID:yvCU6Q3B0
果南「やらせクレーマー撃退選手権っ!!」


「いよっ!」「うわああっ!!」


パチパチパチ…


果南「こんにちは!ラブライブチャンネルです」


絵里「こんにちはっ!!」


夏美「おになっつー☆」


彼方「おあざいます~」


花陽「こんにちは…」


絵里「…で、どこよここ」


彼方「見たとこレストランみたいだねぇ」


果南「よくぞ聞いてくれました」


果南「私達ラブライブチャンネル、今まで色んな企画や料理とかの動画投稿してきましたが...」


夏美「チャオチャオってボードゲーム、最高でしたの」


花陽「オリジナルふりかけも作りました」


絵里「激辛を無視したりもしたわね」


果南「でですね、今回の企画は"やらせ" でクレーマーを撃退していくという動画になっております」


絵里「やらせで!?クレーマーを撃退するの?」


彼方「あ、やらせ系だぁ~、いつものだねぇ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1669134010

【果南「やらせクレーマー撃退選手権!!」絵里「お陰様で生きております!!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/01(日) 21:10:01.97 ID:OAdOpzpz0
キュウべぇとまどか

ある日見滝原中学校にキュウべぇがやってきて、ほむらに、「まどかはいるかい?」とたずねました。
ほむらが「まどかとは契約させないわ」と答えたら、キュウべぇは帰っていきました。

翌日、その中学校にまたキュウべぇがやってきて、ほむらに「まどかはいるかい?」とたずねました。
ほむらが、「まどかとは契約させないわ、消えなさい!」と強い口調で答えたら、キュウべぇは帰っていきました。


さらに翌日、その中学校にまたまたキュウべぇがやってきて、ほむらに「まどかはいるかい?」とたずねました。
ほむらは発狂し、「だから昨日も一昨日も言ったけど、まどかとは契約させないわ!明日また同じこと聞いたら鉛玉で穴だらけにしてやるわよ!!」といいました。
キュウべぇはびっくりして帰っていきました。

次の日、その中学校にまたキュウべぇがやってきて、ほむらにに「拳銃かショットガンを貸してくれるかい?」とたずねました。
ほむらは予想外の質問に 「盾の中にはあるけれど、こんなところで出せるわけないじゃない」と言いました。

それは聞いたキュウべぇは嬉しそうに言いました。
「じゃあ、まどかはいるかい?」



【ほむら「アメリカンジョークよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/25(金) 04:21:34.56 ID:H8CFoDNWO
杏子「うん……生理来ないし、多分」

さやか「じょ、冗談はやめてよ」

杏子「こんな嘘つくかよ」

さやか「検査は?ちゃんと検査はしたの?」

杏子「それはまだだけど」

さやか「ていうか相手は誰なのよ!ぶん殴ってやるから連れてきなさい!」

杏子「わかんねぇ」

さやか「はぁ!?」

杏子「金に困ったらその辺のオッサンと  たから……」


【さやか「妊娠した!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2022/09/30(金) 21:42:46.67 ID:tMLskuZn
<石碑>がある

この星の住所は「おとめ座銀河団・局部銀河群・銀河系 天の川銀河・オリオン腕・太陽系・第3惑星・地球」です。


<日本語の解読について>

日本語は、基本的に主語-目的語-動詞の文型をとります。
例文) ・私はご飯を食べる
   ・猫は魚が好きだ
   ・文字を石に刻む

主語と述語が倒置になることもあります。この場合には、助詞(て、に、を、は)の形が変化します。
例文)・ご飯を私は食べる
   ・魚が好きなのは猫だ
  ・文字の刻まれた石

主語が生き物か、生きていない物かによって、使われる動詞が異なります。
例文)・私がいる(主語は私、生きている)
   ・猫がいる(主語は猫、生きている)
   ・石がある(主語は石、死んでいる)
 


  以下の文章に含まれる単語とイデオム
・おはようございます
 挨拶の言葉。太陽が昇ってから少しの時間だけ使う。
・こんにちは
 挨拶の言葉。太陽が昇って暖かい時間に使う。
・こんばんは
 挨拶の言葉。太陽が出ていない間に使う
___________
_______
____
 

【璃奈「たとえば、姉妹愛について」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/11/20(日) 14:57:01.64 ID:gnYAZwRX0
ニカ「朝から寮の周りも探してるんだけど、ミオリネさんならなにか知ってるかと思って」

ミオリネ「そういえば私も見てないわ」

ニカ「いいの? 花婿さん誰かに盗られちゃうよ?」

ミオリネ「私は寛大だから」

ニカ「わぁ、正妻の余裕だぁ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1668923820

【ミオリネ「スレッタがいない?」ニカ「そうなの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/21(日) 16:56:46.41 ID:VFFiKyTkO
芳佳「きのこは……『きのこの山』はないんですか!?」

坂本「安心しろ、きのこは搬入させていない」

芳佳「なにが安心なんですか! たけのこのみとか正気の沙汰じゃありませんよ!」

坂本「おいおい宮藤、お前まさかきのこ派だったのか?」

芳佳「……っ、今から輸送車をストライカーで追いかければ…!」

坂本「おい、宮藤!」

【芳佳「配給物資が『たけのこの里』…!?」坂本「そうだ。不満か?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/25(日) 23:31:46.27 ID:YnEOC02g0
ほむら「だいぶ散らかってるわね、私の部屋。そろそろ掃除しないと」

ほむら「その必要はないわ…と言いたいところだけど、そういうわけにはいかないわね」

ほむら「こう散らかっていたら、どこに何があるかわからないわ」

ほむら「特に、弾薬とか火薬とか火器類が散らかっていて危ないし…」

ほむら「あら?これは、昔私がかけていた眼鏡!」


【ほむら「私が弱虫だったのは眼鏡のせいだったのよ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆RZWV3S9lzE 2022/11/18(金) 20:03:46 ID:kJYt3KBo
――侑の部屋

侑「どんな反応するかな?」

侑「考えただけでもときめいちゃうよ!」

侑「とりあえず、笑って許してくれそうな歩夢とせつ菜ちゃんと~」

侑「あとはかすみちゃん辺りかな」

侑「電話で……んー、電話はやめておこう」

侑「声でバレるかもだし、LINEで、っと」スッ

侑「……」スッスッ

侑「よし、まずは歩夢から!」ポチ

侑:歩夢~

侑:今何してるの?

歩夢:漫画読んでるよ

侑「お、もう返事来た。さて、始めますか」スッスッ

【侑「告白ドッキリをしてみよう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 01:05:04.02 ID:Ot73yqlG0
松岡「は?魔法?」

国分「意味がわからない」

長瀬「今ハンコ持ってないからサインでいい?」

城島「ええよー」

山口「駄目だよ」

【城島「長瀬、契約したら魔法使えるようになるで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆FLVUV.9phY 2013/08/20(火) 15:38:38.52 ID:BtyMZ3Vno
『ねぇ、佐倉さん。あなたは私のようにはならないで』

 ざっくりと魔女を片付けたアタシは、ぼんやりとそんな言葉を思い出した。

 ったく、くだらない。ほんっとにくだらないね。

 何が、『私のようにはならないで』だよ。
 アタシがいつだってあんたみたいに気丈で優しくて格好良いあんたみたいになりたかったってのにさ。

 ほんとに笑わせてくれるよね。全くさ。

 まぁ、そんなことはもう昔の話だ。関係ないさ。

 アタシはあんたを否定して、アタシのためだけに生きるのさ。

 そうすれば、全部が自業自得だ。もう誰もあたしの、アタシなんかのために。



 全く、ほんとにあたしってやつはほんとに馬鹿だね。

 あんな風に決別して、それでもまだ、未だにこんなに引きずっちまってるなんてさ。

 憂さ晴らしに少しいい物でも、盗ってくることにすっかねぇ。

「っち」

 あほくさっ。

 アタシは自分に対して随分とイラついてるみたいだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376980718

【杏子「心の温度」】の続きを読む

このページのトップヘ