えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 16:35:24.08 ID:pLII3tuAO

杉浦「という訳で協力してくれるわよね。ありがとう」

金木松井「強制!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373700924

【杉浦「そろそろ本気で泉美を落とそうと思うの」金木松井「ふーん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 13:59:26.81 ID:n0HErclq0
さやか「えっ……」

恭介「だってそうだろう、そんなことを言うなんて」

さやか「ち、違うよ恭介……あたしは、ただ……」

恭介「ただ?ただなんだっていうのさ」

さやか「あたしはただ、お腹がすいたなぁって思ったから」

恭介「それで僕に、」

さやか「パン買ってきて、って……言ったんだけど」

恭介「……それがいじめじゃなくてなんだっていうんだ!」

さやか「えっ、えぇっ?!」



【恭介「さやかは僕をいじめているのかい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「誰か助けて…」竜馬「着化!」 前編

498: 1 2013/07/15(月) 13:36:43.23 ID:Bzx9XL360
見滝原市ワルプルギスの夜出現予測地点―――

ここにウインスペクター、魔法少女、機動刑事ジバンの三大勢力が集結していた。
住民の避難は既に正木本部長の指示の下行われており、街に残っているのは
彼らのみであった。

竜馬「あなたが機動刑事ジバン…田村直人先輩ですね、初めまして香川竜馬です。」

直人「こちらこそよろしく、俺は田村直人…またの名を機動刑事ジバンという。」

【ほむら「誰か助けて…」竜馬「着化!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 2013/07/05(金) 23:14:43.62 ID:lWnoj7V50
まどか☆マギカとウインスペクターのクロスSSです

ウインスペクターが中心のSSになるのでウインスペクターを知らない方は
予めご注意ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373033683

【ほむら「誰か助けて…」竜馬「着化!」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/25(木) 23:39:19.57 ID:ZwvMoeiNO
シャア「…わかった、今起きる」

ハマーン「朝食…いや、もう昼食だな。用意が出来ているぞ」

シャア「ああ」
シャア「おはよう」

ハニャーン「おはよーパパ。もうお昼だよ?」

シャア「たまの休日だ、ゆっくりしても問題あるまい」

ハニャーン「…でもないんだよねー」

シャア「む?」

ハマーン「シャア、食事が終わったら私は掃除を再開する。
お前は散らかした格納庫を片付けるように」

シャア「チイィ…!?そんな決定権がお前にあるのか!?」



みたいなほのぼのはどうか


【ハマーン「シャア、休日だからといって眠りすぎだ」シャア「むぅ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/23(火) 20:02:34.22 ID:IILRvVSR0
ネウロイ「はやく起きないと、朝練に遅れちゃうよ!」

芳佳「ん~・・・・・・あ、おはようリーネちゃん・・・・・・ふぁ~」

ネウロイ「もう、芳佳ちゃんってば。フフフ、お寝坊さんなんだから」

芳佳「エヘヘヘ」

ペリーヌ「まったく、宮藤さんは未だに軍人としての自覚がついていないですわね」

芳佳「いやぁ、昨日はなかなか寝付けなくて・・・・・・」

ペリーヌ「どうかなさったの?」

芳佳「う~ん、なんというか、何かスッキリしなくて・・・・・・」

ネウロイ「そんなことより、急ごう芳佳ちゃん。少佐に怒られちゃうよ」

芳佳「あわわっ! そうだった!」



【ネウロイ「おはよう! 芳佳ちゃん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

まどか「オーバーソウル!!」 前編

270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 08:05:43.56 ID:ecyXlm1f0

あすみ(夢でも見ているのだろうか? とうとう頭がおかしくなったのだろうか?)

ジュゥべえ「というわけで! 魔女と契約すれば願いを叶える為の力が手に入るんだ! 悪い話じゃないと思うぜ?」

あすみ(でも)

ジュゥべえ「な、なにかないか? どんな願いでも叶うとは言わねぇけど、大抵の願いなら何とかなると思うぜ?」

あすみ(悪魔でも幻覚でもなんでもいい)

ジュゥべえ「お、おーい? あすみ?」

あすみ(その魔女の力は魅力的だ)

あすみ「他人を不幸にする力が欲しい」

ジュゥべえ「え!?」

あすみ「私の心を踏みにじって幸せを満喫している奴等全員を! 私と同じところまで引き摺り下ろす力が欲しい!!」

ジュゥべえ「……そ、それが願いなのか?」

あすみ「うん」

ジュゥべえ「え、えーっと……それじゃあこの魔女が適任かな?」


 ジュゥべえが何かを取り出した途端。
 展開された魔女の結界が、あすみを吸い込んだ。

【まどか「オーバーソウル!!」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆bncJ1ovdPY 2022/11/07(月) 21:18:43.39 ID:UIPaDblx0
前作かもしれないもの

しずく「歩夢さんに全然勝てないんだよね」かすみ「は?」
 



なんか続きました

例によってハートマークが?(半角はてな)になります(予言



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1667823520



【しずく「歩夢さんに勝ちたい!」歩夢「ていくつー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/06(日) 22:28:40.57 ID:KxVb8YVB
千砂都 「うん。よくよく考えたらティアラってそんなに軽いのかなって」

すみれ 「言われてみると……確かに少し不思議かも、可可に聞いてみましょう。可可」

可可 「なんデスカ?」

すみれ 「ティアラって、もっと重いイメージだったけど、このティアラって軽いじゃない? その理由を聞きたいのだけど」

【すみれ 「ティアラが風に飛んだことについて?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(茸) 2022/11/05(土) 23:28:41.96 ID:FbSDOR2u
果林「重くない?」

侑「……」





侑「え?今更ですか?」


果林「いやそうだけども」

【果林「重くない?その歩夢」侑「はい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/05(土) 15:46:41.31 ID:NXL+VGTE
可可「すみれ!すみれ!見てクダサイ!」

すみれ「どうしたの?」

可可「SNSにとっても可愛いワンちゃんが載ってマス!とっても可愛いデス!」

すみれ「ふーん」

可可「すみれ!すみれ!見て見て!ほらっ!」ピョコピョコ

すみれ「別に。私はあんまり興味ないんだけど」

可可「むっ。すみれってばほんとに空気読めマセンね。可可がこんなにオススメしてるのに」

すみれ「はいはい。空気なんて読めなくたって結構よ」

可可「むぅぅ~……ではきなきな!きなきなと一緒に見マス!きなきなは動物好きデスよね、グソクムシなんかとは違って」

きな子「はいっす!」

可可「見てみてクダサイきなきな!このワンちゃんも!こっちの猫ちゃんも!」

可可「とってもとっても可愛い

すみれ「ストップ」ペチッ

可可「いたっ」

すみれ「可可って、なんでもかんでもすぐ可愛いとか言い過ぎじゃない?」

可可「ほえ……?」ポカーン

【すみれ「可可の言葉って”浅い”わよね」可可「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/15(月) 23:25:00.19 ID:gpnTr/OZO
にこ「今日来てもらったのは他でもないわ……」

真姫「いや…ここ私の家だけど」

にこ「……にこたちは日頃の言動を振り返るべきにこ」

真姫「聞いてた、にこちゃん?」

にこ「まずは今日の部室から振り返るにこ」

真姫「今日?……今日はいつも通りにこちゃんと手を繋ぎながらミーティングしてたわね」

にこ「そこっ!!」

真姫「っ!?」



【にこ「さて真姫ちゃん……」真姫「何よ、にこちゃん……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2022/11/03(木) 21:39:51.14 ID:GhVDzMw9
浅希「璃奈、もしよかったら、これから一緒にゲームセンターに行かない?」

璃奈「ごめん浅希ちゃん。今から愛さんとミアちゃんと一緒に、はんぺんと遊ぶ約束してるから……」

浅希「そ、そっか……残念」

璃奈「じゃあ私、そろそろ行くね。ばいばい」

浅希「うん……また明日……」

【【SS】浅希「私が猫になれたら、璃奈と遊べるのになぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(あら) 2022/11/04(金) 20:16:09.16 ID:zZaBUpAs
前回のラブライブ!スーパースター!


――台風がやってくる


可可『嵐が来ます!』

千砂都『嵐は私だけど?』


――東京に住む先輩たちにとっては毎年のこと。っすけど…

――北海道から来た私にとって本土の台風は初めて

――一人暮らしで避難するか迷っていた可可先輩も意気投合

――キッチンカーの置き場所に困っていた千砂都先輩も一緒になって


恋『では、当日は私の家でお泊り会をしませんか?』


――今夜は恋先輩の家でお泊り会となったっす

【きな子「嵐の夜に」千砂都「嵐は私だけど?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/11/04(金) 17:25:47.52 ID:0JzoukOx
侑 「歩夢、大事な話って何さ」

歩夢 「とりあえず侑ちゃん、座って。今お茶持ってくるから」

侑 「ここ私の家だけどね」

ズゥーー

侑 「うん、やっぱりお茶は美味しいね~」

【歩夢 「侑ちゃん、別れよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 19:43:15.91 ID:xZSQnGmE0
ほむら「じゃあ対戦しましょう」

さやか「転校生が? いいよ、かかってきなさい!」

ほむら「折角だからタイマンにしないかしら? お互い一匹だけ出すの」

さやか「タイマン? 上等だよ、あたしの力見せてあげる!!」

ほむら「ふふっ、私はコラッタを使うわ」

さやか「こ、こらった!? あたしを馬鹿にしてんの!?」

ほむら「いいえ、そんなことはないわ」ファサッ


【さやか「あたしのミュウツー最強だしwww」ほむら「へぇ…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/08(月) 19:19:48.89 ID:T1Myn1AtO
―自由ガリア―

アメリー「あれ? ペリーヌさん、何してるんですか?」

ペリーヌ「手紙を書いていますのよ」

アメリー「手紙?」

ペリーヌ「ええ。私が最もお慕いする、扶桑のウィッチに」

アメリー「む……それって、あの坂本……少佐ですか?」

ペリーヌ「そうですわ。近況報告と、もしよろしければガリアを訪ねてきて下さい、と」

アメリー「……」

ペリーヌ「どうしたの?」

アメリー「なんでもありません」

ペリーヌ「ふふ……2週間あれば向こうに着くはず。もう2週間でお返事が届きますわ! ああ、坂本少佐!」

アメリー「むう」


【ペリーヌ「心の届かぬラブ・レター」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/13(土) 00:22:08.95 ID:9gcWuA8H0
ゼハート「お前もか」

フラム「ええ、緊張してなかなか眠れませんね」

ゼハート「明日は火星と地球の歴史に残る大事な日だからな」

フラム「こんな日が来るなんて思ってもいませんでしたね」

ゼハート「セカンドムーンにフリット・アスノを迎えるか…… 確かにな」

フラム「歓迎のパーティにはあの海賊とキオくんも一緒に来るんでしょう?」

ゼハート「だろうな。あいつと会うのも久しぶりだ」

フラム「あの変な恰好じゃないといいですけどね」

ゼハート「ハハッ… あるかもしれないな」

【アセム「水のないプール」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 毎度毎度コンプラ無視ですみません(あら) 2022/11/02(水) 20:29:59.19 ID:lYU+Ayr2
 
きな子「ひどい」

メイ「誰がこんなこと…!」

四季「最低」

夏美「あわわわわわわわわ…ネタ企画のはずがとんでもないことになりましたの」

恋「ここまでの驚きと感動が全て無に帰してしまいました…」


夏美「葉月家の池の水、全部抜く。衝撃の展開―――――」

夏美「赤ちゃんの遺体、発見される―――」


「一体誰の子――――!?」
 

【可可「葉月家の池の水全部抜く」すみれ「のは最早どうでもよくて」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/24(水) 22:20:50.30 ID:o/xE7E+vI
杏子「ちくしょう、雨が降ってきた!近くの電話ボックスで雨宿りすっか」

杏子「よかった、あんまし濡れてねぇ」

杏子「今日は電話ボックスで泊まりかな、止まねぇみたいだし」

杏子「ん......?こんなところにコーラが......」

【杏子「お、こんなところにコーラが......」プシュッ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 20:34:46.88 ID:TcZjXgQ80
マミ「はい、キュゥべえの分」カチャ

QB「僕は飲食物を摂取する必要はないんだけど」

マミ「お茶を飲む事が楽しいのよ。栄養にならなくとも、紅茶の香りと味を嗜むのはそれだけで価値があるの」

QB「そんなものなのかなぁ」

マミ「そうなの。それに、こうして誰かと一緒に飲む紅茶はおいしいのよ」

QB「ふーん」ズズズ

マミ「どう?美味しい?」

QB「人間の味覚は理解できないから、美味しいというのはよくわからないけど、悪くはないね」

マミ「もうっ」



【QB「紅茶が飲みたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 21:51:43.76 ID:33Ob21nEO
―501基地―

芳佳「えっと、次は……」

ハルトマン「あれ、宮藤。なにやってるの?」

芳佳「ハルトマンさん。お世話になった方に挨拶をして回ってるんですよ」

ハルトマン「……ああ、そっか」

芳佳「はい。ここに居られるのも、あと数日ですから……」

ハルトマン「扶桑に帰るの?」

芳佳「え? まあそうですけど……なんでですか?」

ハルトマン「ううん、なんでもない」


【ハルトマン「世界はとても無価値なものに見えるけれど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 22:28:12.83 ID:+RfXibmV0
さやか「もう私にはまどかしか…」

まどか「大丈夫だよ、ずっと傍にいるよさやかちゃん」

まどか(自分がゾンビだとわかって上条君を仁美ちゃんに取られて私に依存するさやかちゃんかわいい)


【さやか「まどか…まどかぁ…」まどか「よしよし、さやかちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 01:30:16.66 ID:zUKLyd3o0
詢子「どこ行こうってんだ、おい?」

まどか「ママ・・・!」

まどか「あたし、友達を助けに行かないと――」

詢子「消防署に任せろ・・・素人が、動くな・・・!」

まどか「あたしでなきゃ駄目なの!」

――パンッ――




【知久「鹿目一家☆マギカーッ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/10/31(月) 19:50:12.52 ID:CHxBRaPY
夏美「...」


夏美「...」


夏美「...」ゴホッゴホッ


夏美(やってしまった)


夏美「季節の変わり目なんとやら...油断したつもりはなかったけど」ゴホッ


ピンポーン


夏美「え?...」


夏美「...」


ピンポーン ピンポーン


夏美「...はいはい」ヨッコイセ

【きな子「早く治りますように...」ナデナデ夏美「...」スースー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆rkJB0.oxl2 2022/10/31(月) 20:49:11.23 ID:I7PgtYjj0
フキ「なんか色々と賑わってんなぁ」

サクラ「今日はハロウィンッスからね」

フキ「あぁ?」

サクラ「先輩。ハロウィン、知らないんッスか!?」

フキ「知ってるよ、バカ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1667216946

【フキ「今日はハロウィンか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/17(木) 18:58:21.78 ID:Zr8BXg9G0
カミーユ「大尉、聞いてます?」

クワトロ「あぁ、話してみろ」

カミーユ「  コンでマザコンのくせに1人でザビ家に復讐しようとしたらしいです」




【カミ-ユ「昔赤い彗星っていうバカがですね・・」クワトロ「・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆Tn3qm05sjE 2017/05/25(木) 01:18:02.10 ID:TZYFXlGu0
前作:梨子「曜ちゃんに手料理を振舞うわ」
…と同じ話の曜視点です。

その他の設定も前作通りです。
読んでなくてもまぁ大丈夫ですが、まだ読んで無い人は読んでもらえたら嬉しいです。

話の都合上、前作と全く同じ会話が後半に多くでてきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495642681

【曜「梨子ちゃん家にお呼ばれされた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LvkSa83W7. 2017/05/24(水) 13:40:43.79 ID:g71ABYqJ0
~黒森峰ヘリ~

みほ「ありがとうエリカさん、送ってもらっちゃって」

エリカ「ふん、別にいいわよこのくらい。里帰りは楽しめた?」

みほ「うん! それにしても1週間も空けちゃって、みんな大丈夫かな?」

エリカ「……別に今更あなたが抜けたところで、訓練サボるような連中じゃないでしょ」

みほ「えへへ、そうだね」

エリカ「さて、そろそろ大洗の学園艦が見えるはず……あ、あれね」

みほ「わ~1週間ぶりの大洗……あれ?」

エリカ「……なんか、荒れ果ててない?」

みほ「うん……一面荒野で……何があったんだろう……」

エリカ「とりあえず降りるわよ」

――――――――――――――――――――――――――――――

※世紀末救世主伝説ガルパンSS

※キャラ崩壊やネタ被りなど気にせぬ! このSSにあるのはただ制圧前進のみ!! フハハハハ!!

※フフ……きさまの拳では血を流すことはできても、特殊なカーボンによってこの帝王の血を絶やすことはできぬ!!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495600843

【華「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!」みほ「哀しい女よ、愛深きゆえに」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/10/30(日) 17:26:45.00 ID:ITzI+bsF
⎛(cV„Ō ᴗ ŌV⎞「ハァ…」タメイキ

从[˶˃ᴗ˂˵]从「侑さん?どうしたの?」

⎛(cV„Ō ᴗ ŌV⎞「イヤさ、スクールアイドルのSS書いてるんだけどさ…」

⎛(cV„Ō ᴗ ŌV⎞「作風的にセリフが多いのもあって、名前とか括弧を沢山打つのが面倒くさくって…」

⎛(cV„Ō ᴗ ŌV⎞「一回一回は大したこと無いんだケドね…」

⎛(cV„Ō ᴗ ŌV⎞「回数が増えるとさ…あと何気に改行とかも…」

⎛(cV„Ó ᴗ ÒV⎞「何とかならないもんかなぁ…」

从[˶˃ᴗ˂˵]从「ふむ…」

【璃奈「出来た。SS作成を支援するアプリ」】の続きを読む

このページのトップヘ