えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

まどマギ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/04(木) 21:01:17.42 ID:Skvt2zCW0
まどか「魔法…少女…?」

バカ「そう、僕はドグラ星の王子!この星を救う為にやってきた正義の使者なんだ!」

【バカ王子「やあそこの君!魔法少女になってみない!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 20:52:20.13 ID:PCYeYaDx0
まどか「いってきまーっす!」

まどか「あたい円要(まどかかなめ)!どこにでもいる平凡な女子中学生!ちょっぴり変わってるところといえば、男勝りって言われることかな!」

まどか「だけど、あたいの目指す道はかっこよさの果てにあるからね!かっこいいこそ正義!」

まどか「そう思うだろミキ!」

さやか「・・・ぇ、ぁ、はぃ」

まどか「こいつは佐屋加ミキ(さやかみき)。かなり引っ込み思案で根暗なんだけど、幼馴染でいつもつるんでるんだ」

まどか「お、あそこにいるのはー!ひとみーっ!」

ひとみ「・・・・・・」ゴゴゴ

引用元: まどか「魔道戦士かなめ☆マギカ、はっじまるぜー!!」 


 

【まどか「魔道戦士かなめ☆マギカ、はっじまるぜー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 21:36:48.69 ID:1HEFoIzOO
あの決定的な敗戦から十数年。
占領軍統治下の混迷からようやく抜け出し、国際社会への復帰を図るべく高度経済成長の名の下に強行された急速な経済再編成がその実を結びつつある一方で、この国は多くの病根を抱えていた
強引な経済政策が生み出した失業者の群れとその都市流入によるスラム化を温床とした魔女の激増、それに反応するように武装闘争を掲げた反政府勢力の急速な台頭はこれに対処すべき自治体警察の能力を越えて深刻な社会不安を醸成していた。
そして、それは一地方都市の規模を越え爆発的に成長し続ける見滝原の街にとっても憂慮すべき事態であった。

この情勢を鑑み、感情エネルギー回収効率の低下を回避し合わせて魔法少女自体の減少を阻止すべくインキュベーダー本星は第三の道を選択した。
所属している少女達を組織的に統制し複数人で魔女に対処する魔法少女の実動部隊の誕生がそれである

しかし、やがて魔女が人を計画的に操りセクトと呼ばれる都市ゲリラを産み出すに及んで事態は大きく転回する
彼女達が闘う相手は魔女からそれに操られるセクトの人間に移り、内部からの激しい反発が発生した

少女には不釣り合いな重火器で武装しケルベロスの俗称と共に武闘路線をひた走り続けた精鋭達もその歴史的使命を終え、時代は彼女等に新たな、そして最終的な役割を与えようとしていた

(一発ネタです)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426163808

【ほむら「そして狼は、赤ずきんを食べた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆vMrM7btFzA 2013/11/22(金) 18:43:01.06 ID:fx8HGgWAO


「本当に、暁美さんは一緒に行かないの?」


巴マミは心配そうな表情をして言った。
その隣で林檎を齧っている佐倉杏子も、無関心を装っている様で実は私の事を気にかけてくれているのが分かる。

そんな二人の優しさに気付きながら、それでも私は首を横に振った。


「私はこの場所に残るわ」

「でも、見滝原にはもう誰も居なくなっちゃうのよ?」


彼女の言う通り、ここ見滝原の住民は一部の人間を除いて全ての人が避難を完了している。

それはこの街の魔獣の出現量が異常なまでに増大し、相当数の一般人が被害にあった為だった。



引用元: ほむら「私はここで」 


 

【ほむら「私はここで」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:07:50.42 ID:fcFJSjNH0
杏子「そしたら身も心もあの坊やは云々」

さやか「……」

杏子「おい、聞いてるのか?さっきからあんた目を合わそうとしないけどさ、どこ見てんだよ」

さやか「へそ」

杏子「なに!?」

さやか「アンタのへそ」

杏子「どういうことだよオイ……」

【杏子「どこ見てんだ?」さやか「へそ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:32:53.90 ID:Tax9mU3L0
-教会-

ほむら「久しぶりね、佐倉杏子」

杏子「よう、ほむら。久しぶり。
   アンタから連絡があるなんて、めずらしいじゃんか」

ほむら「ふふ、実はちょっとお願いがあってね……」

杏子「お願い?」

ほむら「教会を貸して欲しいのよ。その……挙式を上げるために」

杏子「マジか!」

【ほむら「鹿目ほむらになります」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:36:09.22 ID:zi86ng6V0
キャハハハ……アーッハッハッハ……

ほむら「ワルプルギスの夜の体が、崩れて行く……」

マミ「やっと……終わったのね……」

杏子「うあーーっ、疲れたぁぁぁ!!」ドサァッ

さやか「ちょっと杏子、街のど真ん中で!」

杏子「うっせぇー、どうせ街にゃ誰もいねぇんだしいいだろ!」

ほむら(ついに、まどかの契約を阻止して、ワルプルギスの夜を倒した)

ほむら(長かった。つらかった。でも、やっと、わたしの長い長い旅を終えることが出来た)

さやか「あー、でも、あたしも疲れたぁ……」

マミ「ここでちょっとだけ休んでから、避難所に行きましょうか?」

杏子「ンー……ムニャ……」

さやか「杏子、あんたはくつろぎすぎだよ……」

引用元: ほむら「あなたの隣は、わたしの居場所ではない」 


 

魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-12-27)
売り上げランキング: 6,266
【ほむら「あなたの隣は、わたしの居場所ではない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/21(木) 19:36:40.18 ID:VN2w4bo/o
・タイトルにあるとおり『ガルパン』と『まどマギ』のクロスSSです。
・2作品の成分比は、7:3くらいで『ガルパン』が多めです。
・それぞれの時期的な設定は、『ガルパン』が全国大会終了後、『まどマギ』はTVシリーズ最終回の少し前くらいです。『叛逆』ネタは含まれていません。
・長編とまではいきませんが、中編くらいの長さがあります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385030199

引用元: 【ガルパン×まどマギ】みほ「私、ほむらちゃん、って呼んでいいかな?」 



 

  【【ガルパン×まどマギ】みほ「私、ほむらちゃん、って呼んでいいかな?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 01:02:35.28 ID:PCYeYaDx0
キュゥべえ「」

マミ「ねぇキュゥべえ、魔法少女のs」

キュゥべえ「マミ!そんなことより僕の晩御飯はまだかな?もうおなかが減っちゃって」

マミ「あらいけない、そうだったわね。今用意するわ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385049755

引用元: マミ「魔法少女の『素質』って一体なんなのかしら」 



 

【マミ「魔法少女の『素質』って一体なんなのかしら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 00:32:22.43 ID:AAm1q5U+0
――昼休み、屋上――

まどか「今日のおかずはハンバーグでーす」パカッ

さやか「お、いいなー。ねー、一口ちょうだい」

まどか「しょーがないなー。はい」

さやか「あーん」

マミ「あら、相変わらず仲がいいわね」

まどか「マミさん」

さやか「そりゃまどかはわたしの嫁ですから」キリッ

まどか「あはは……」

引用元: まどか「ごめん、さやかちゃん。今、何て?」 


 

  【まどか「ごめん、さやかちゃん。今、何て?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/19(土) 20:03:04.44 ID:Py3rbwH00
―朝 まどホーム―

QB「協力してくれないかい?」

まどか「……」

QB「君が僕を避けたいと感じる理由はわかっているよ」

QB「でも、この研究を成功させることで君たちの星にとってメリットがあるんだ」

まどか「何……かな?」

QB「君は暁美ほむらを中心としてマミ、さやか、杏子といった仲間によって救われた」

まどか「うん……」

QB「彼女たちはいずれ魔女となる、近い将来にね」

まどか「そんな事言わないで!」

QB「感情的にならないでほしいね」

QB「といってもだからこそ君に協力をしてほしいとおもったんだけどね」

まどか「何を言ってるの……」

【QB「感情の研究をしたいんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 先に言っておくとコメディです 2012/12/09(日) 20:18:21.73 ID:p6GOjE3s0
それはなんてことのない、いつものやり取りでした


----夜 まどホーム・まどかの部屋のベランダ----

ほむら「今日はお義父様もお義母様も義弟も出かけている。つまり、まどかは家に一人きり」

ほむら「この絶好のチャンス、逃す手は無いわ!」

シュバッ

ほむら「まどか、今日こそ●●●を頂きに来たわ!」

まどか「ほむらちゃん!?毎日毎日、もうやめてよ!」

ほむら「諦めない!何日繰り返そうとも、私は諦めないわ!」

ほむら「まどか、必ずあなたの●●●を奪ってみせる」

まどか「ワルプルギスを倒すのに使ってた情熱をそんなところに向けないで!」

ほむら「さぁ、●●●を頂戴!」

まどか「話を聞いて!」

【まどか「ほむらちゃんが死んじゃうなんて・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 21:20:23.08 ID:2JHZF1ng0
マミ「転校生?」

女子1「そうなの。凄い美人らしいよ」

女子2「しかも勉強も運動もできるんだって!羨ましい限りだよ」

マミ「へぇー……」

いつの時代も女の子っていうのは噂とかゴシップネタが好きなのね。
まあ、私も嫌いな方じゃないから、適当に返事をする。
確かにどんな人なのか気になる。

気になるけど、私にとって大事なのは話の中身じゃない。

本当は話の中身なんてどうでもいい。
ただ、こうして一般の人たちと繋がっていられるということに少しだけ安心する。
こんな風にみんなが笑っていられる街を守ることができるという、そのことに安堵する。

引用元: マミ「虚ろな転校生」 


 

【マミ「虚ろな転校生」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/10(日) 00:04:30.03 ID:Mag2fafG0
マミ「よし、と……今日の魔女退治はここまでかしらね」

マミ(少し遅くなっちゃったかしら、家まで近道していったほうがよさそうね)

マミ「確か……この墓地の辺りを通り抜けるとすぐに……」

葉「なあ、何をそんなに急いでるんだ?」

マミ「!」

マミ(何……この人、こんな墓地で何してるの?)

引用元: 麻倉葉「魔法少女・・・・・・?」 


 

  【麻倉葉「魔法少女・・・・・・?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 22:00:11.52 ID:u2gePdO+O
まどか「ねえ、さやかちゃん」

さやか「んー?なにさ?」

まどか「わたし、決めたよ!」

さやか「え?決めたって…何を?」

まどか「意地悪!」

さやか「えぇ?あたし何かまどかに悪いことしたっけ?」

まどか「えっ?」

さやか「よくわかんないけど、とりあえず謝るわ」

さやか「ごめんっ!」

まどか「違うよ!さやかちゃんは何も悪くないって」

さやか「あ、やっぱり?んじゃ何が意地悪なの?」

引用元: まどか「ほむらちゃんに意地悪したい」 


 

  【まどか「ほむらちゃんに意地悪したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 00:40:18.81 ID:GQH66RKN0
12月某日 マミ宅―


マミ「いらっしゃい。あがって」

まどか「おじゃまします~」

マミ「本当に久しぶりね。何年ぶりかしら」トテトテ

まどか「最後に集まったのって私が高2の時だから……」

マミ「約3年ぶりね。まったく時が経つのって早いわ……」

まどか「そうですね~」

マミ「本当に、見ないうちに」

まどか「へっ?」

マミ「変わってしまったわね……」チラチラ

まどか「やめてください! 恥ずかしいです……」カァァ

マミ「最近忙しいの?」

まどか「そうなんですよ~レポートは書いても書いても終わらないし!」

まどか「ゼミの集まりの飲み会とか続いて……こんな情けない姿に……」シクシク

マミ「あるある。わかるわぁ」

まどか「マミさんもそんな経験あるんですか?」

マミ「私も入学したての頃、仲良くなった友達と一緒に遊びすぎて一時期激太りしちゃったなんてことがあって……」

まどか「えっ」

【さやか(20)「まどかがダイエットぉ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 18:15:38.13 ID:+KYtCxJ20
ほむら「爆薬作っていたらもうこんな時間だったのね…お腹も空くわけだわ」

ほむら「そういえば、雨だからって買い物行ってないわね…どうしようかしら…」

>>6

引用元: ほむら「お腹がすいたわね…」 



 

  【ほむら「お腹がすいたわね…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) 2011/08/30(火) 01:20:29.65 ID:/lSdo+6Z0
○「……どこだ、ここは……。俺は、生きている……のか?」

○「ブラックホールに飲みこまれたが、なんとか意識のあるコアは無事だったようだな……」

○「しかし、またこのような姿に逆戻りしてしまうとは……」

○「くそ、Drめ……このままではすまさん!」コロコロ

○「とにかく、セルメダルを集めねば。人間の寄り代が必要だな……」コロコロ

○「む、あれは……?」

【まどか「なんだろこれ、メダル?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:11:41.24 ID:YUPzKWXe0
杏子「ほむらー」

ほむら「佐倉杏子……わざわざ人の家まで来て、何の用?」

杏子「けっ、愛想のなさは相変わらずだね」

ほむら「余計なお世話よ」

杏子「一晩でいいんだ、泊めてくれ。寝るだけでいい。頼む」

ほむら「……常識というものを何も知らないのね」

杏子「あん?どうすりゃいいんだよ。土産の一つでも渡せばいいのかい?」

ほむら「そんな話はしていないわ。もっと事前に連絡するとか、色々あるでしょう?」

杏子「あー、そういうことか。それは無理だね」

ほむら「そう。ではこちらの出す答えも同じよ」

杏子「違うって。ほら、外見てみなよ」

ほむら「外……? って、雪? すごい吹雪ね……」

杏子「ああ、マミの家に向かう途中で急に強くなってきやがった。これじゃ辿り着けそうもない」

ほむら「それで一番近かった私の家へ?」

杏子「まあ、そんなとこだよ」

【ほむら「いいわ、私が髪を結ってあげる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 21:59:22.88 ID:t06+A33s0
ほむら「ほむほむさせて頂戴」

【ほむら「ほむほむの時間よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/07(木) 21:16:02.10 ID:e/JUt8C3O
マミ「今日は日曜日」

マミ「学校はお休みよ」

マミ「そして魔女の反応もないわ」

マミ「つまり、今日は暇なの!」

キュゥべえ「…」

マミ「暇なの!」

キュゥべえ「そうだね」

マミ「ねえ、キュゥべえ?」

キュゥべえ「なんだい?」

マミ「暇なの…」

キュゥべえ「うん、そうみたいだね」

マミ「……」

キュゥべえ「……」

マミ「構ってよ」

キュゥべえ「嫌だよ」

引用元: マミ「可愛い後輩を見守り隊」 


 

【マミ「可愛い後輩を見守り隊」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 21:29:18.83 ID:r3PAcez/0
さやか「オア トリート」

杏子「わけがわからねえよ」

さやか「お菓子くれないと暴れちゃうぞっ☆」

杏子「なまはげの格好でポーズ決めんな」



 

【さやか「悪い子はいねがぁっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/20(水) 02:28:30.16 ID:W9pZxK/O0



さやか「悪魔のあんたと仲良くなんて……」

さやか「っていうかあんた何してんの?」


ほむら「鍋よ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384882110

引用元: ほむら「仲良くしましょう?」さやか「は?」 



 

  【ほむら「仲良くしましょう?」さやか「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 19:52:22.84 ID:MPWqCwJi0
―ファーストフード店―

さやか「宇宙人がさ、人間に紛れて普通に生活してるって話知ってる?」

まどか「なにそれ?」

さやか「地球の調査してんだってさ」

さやか「しかも映画見て人間に化けたらしくて、トミーリー・ジョーンズそっくりなんだって!」

仁美「まぁ!」

まどか「あはは、うっそだぁ」

さやか「だよねぇ!あ、あたしホットドッグで」

ジョーンズ「カシコマリマシタ」

宇宙人 ジョーンズ
  地球調査中

『この惑星の住人はどこか抜けている』

ジョーンズ「……」カポッ ゴクリ

『ただ、この惑星の夜明けは美しい』

このろくでもない、
すばらしき世界。

【ジョーンズ「この惑星の魔法少女と呼ばれる職業は、とにかく大変だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 22:42:12.25 ID:6VCV6nty0

ほむらちゃんがチョコレートを作っているのを、わたしは十四人いる使い魔の子達の中に混ざりながら見ていた。

ほむら「……」

ほむらちゃんはせっせと手を動かしてチョコレートを作っている。その手際はてきぱきしていて、無駄がない。こういう調理にも、性格というものは現れるらしい。

まど神「……」ジー

偽街の子供達「……」ジー

わたしは使い魔の子達と一緒にほむらちゃんをじいっと見ているけれども、ほむらちゃんに私の姿は見えていない。見える見えないの問題じゃなくて、たぶん鹿目まどかだったころのわたしが引き裂かれた後の概念のわたしを見る気がないから見えないんだと思う。

それはちょっと悔しい。

まど神「むぅ」

ほむらちゃんがどうしてこの日にチョコレートを作っているのか。それを考えると、概念らしくもなくちょっとした羨望が湧く。

ヒガミ「?」

ほっぺたを膨らませていると「どうしたの?」とでも言いたげな顔で、使い魔の子のうち一人がわたしを見る。

お団子を二つ作って、おしゃれなシルクハットをかぶった子だ。

まど神「ううん。なんでないよ」

ヒガミ「……」

首を横に振ってごまかすと、その子は興味がなくなったようですぐに視線をほむらちゃんの手元に戻した。

使い魔の子達はわたしのことをきちんと認識できる。ほむらちゃんと違って。

【まど神「悪魔ちゃんバレンタイン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 22:07:39.95 ID:Md1xfS+9O
キーンコーンカーンコーン

さやか「ふぅー!やっと終わった」

さやか「今日も1日頑張ったわぁ」

まどか「えー?さやかちゃん眠ってただけだよ?」

さやか「睡眠学習してたの」

まどか「えっ?じゃあちゃんと勉強してたの?」

さやか「も、もちろん!パーフェクトよ」

まどか「さやかちゃんすごい!」

さやか「あはは…」

仁美「なら次のテストは私と勝負しましょう?」

さやか「えぇ?ちょっ!ひ、仁美ぃー」

引用元: 仁美「秘密のお友だち」 


 

  【仁美「秘密のお友だち」 (まどマギ)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 11:11:11.25 ID:cnYBUWf4o
ショッピングモール

さやか「おーい、まーどかー」

まどか「さやかちゃーん」テテテッ

さやか「おー、たくさん買ったねー」

まどか「ほむらちゃんと見てたら色々と欲しくなっちゃって。ごめんね、待った?」

さやか「そーだなぁ。15分は待ったから、お昼はまどかの奢りってのはどう?」

まどか「えー?」

さやか「あはは、うそうそ」

杏子「あたしらも今着いたところだから、心配すんなよ」

さやか「ちょ、バラさないでよぉ」

まどか「二人も良い買い物できた?」

杏子「おう!」

さやか「杏子ってば、お菓子しか買ってないんだよね。普通、こういうところに来たら服とか買わない?」

杏子「別にいらねーし。あたしはさやかのお下がりでいいぜ?」

さやか「私は古着屋じゃないってばぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488507070

引用元: まどか「私たち、エレベーターに閉じ込められちゃった?」 



 

【まどか「私たち、エレベーターに閉じ込められちゃった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆SjWXMdM6SY 2015/02/14(土) 05:52:28.79 ID:gL9lJc7xo
まどか「うーん……」

まどか「……うーん。どうしようかなぁ」

さやか「おーい、まどかー」

まどか「……あ、さやかちゃん」

さやか「何か考え込んでたみたいだったけど、どうかしたの?」

まどか「あ、あはは……。ごめんね、大したことじゃないから」

さやか「ふーん……」

【ほむら「初めてのバレンタイン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:41:51.27 ID:z4P8njk70

ワルプルギスの夜「アハハハ、アハハハハハ」

────

──




ほむら「今度もまた駄目だった…」

ほむら「とはいえ、まどかを見張る必要もあるし、あまり遠出も出来ない」

ほむら「現状でこれ以上の火力を集めることは不可能だわ…」

引用元: ほむら「お金でワルプルギスの夜を倒す」 


 

【ほむら「お金でワルプルギスの夜を倒す」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:28:56.57 ID:GIPTBJs+0
 

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドォーン

魔獣「ウボァー」シュウウウ

さやか「やった!」

なぎさ「どうやら今のが最後の一体だったようなのです」

杏子「よーし。これにて撤収だな」

マミ「それにしても、最近は魔獣の数もずいぶん少なくなったわね」

さやか「それだけ世界が平和になってきてるってことじゃないですかね」

杏子「でも不思議なんだよな。魔獣の奴ら、数が減ってからはいつも同じ時間帯に現れてる気がしてならない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384781336

引用元: まどか「バンドを作りたいと思う」 


 

魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-12-27)
売り上げランキング: 7,288
【まどか「バンドを作りたいと思う」】の続きを読む

このページのトップヘ