えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

まどマギ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/29(金) 01:34:02.80 ID:W8aSFPEm0
 横浜に謎の怪獣が現れてから早一月。世間はいまだプリキュアの話題で持ち切りであった。

 凶悪な闇に力から街を守った正義のヒロイン達の正体は誰も知らない。

 だがそれでも世の少女達は勇ましくも煌びやかなヒロイン達に憧憬を抱いて止まなかった。

 そう、プリキュアの正体は誰も知らない。

 その一人が、大口を開けてあくびをかましながらヨタヨタ歩く様な少女であったとしても世間は知る由もないのだ。





ほのか「なぎさ、おはよう! ……って!! どうしたの、その顔!? 目元、凄いクマよ」

なぎさ「あぁ……ほのか。おはよぉ……」

ほのか「だ、大丈夫? 体調でも悪いの?」

なぎさ「いや~、昨日の夜アニメ見てたら寝不足でさぁ」

ほのか「……え?」



ほのか「なぎさってアニメとか見るんだっけ? ちょっと意外かも」

なぎさ「いや、元々ドラゴン○ールくらいしか見たこと無かったけど。

    このあいだ黄瀬さんが流行ってるってヤツ貸してくれたんだよね。

    秋元さんも面白かったって言うから観てみよっかなって思って」

ほのか「その様子じゃ面白かったかは聞くまでもないみたいね。でもよく寝不足になるほどテレビ見てて怒られなかったわね」

なぎさ「あぁ、月影さんがポータブルDVDプレーヤー貸してくれたんだ。『アレは家族の前では観ない方がいいわ』って。

    それに実は観たのは4話だけで12時くらいまでなんだけど、続きが気になって寝れなくなっちゃってさ~」



ほのか「家族の前では、って。ど、どんな作品なの?」

メップル「あの内容は深いメポ。とても一言二言では説明できないメポ。お陰で寝不足メ……ポ……zzZ……」

ほのか「少し気になっちゃうかも……何ていう作品なの?」

なぎさ「あ、気になる? ひかりにも勧めようと思ってたんだけど、ほのかも観た方がいいよ。

    『魔法少女まどか☆マギカ』っていうんだけど。次に貸してもらえる様に黄瀬さんに頼んであげよっか?」

ほのか「う~ん。アニメって観たことないんだけど、なぎさや月影さん達がそこまで夢中になるなら……」





引用元: まどか「私、プリキュアになる!」

【まどか「私、プリキュアになる!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) 2012/06/05(火) 22:38:09.63 ID:el4AeFqAO

ゴレイヌ「見滝原市、か…ここに“魔女”がいるんだな。魔法少女と魔女の存在、にわかに信じられないが…まぁ、俺らみたいな念能力者もいる位だし、疑いはしないが」
黒の賢人「ウホッ」

ゴレイヌ「そうだな、流石はハンター協会、中々えげつない依頼だ。……けど、ゴンやキルア達もNGLで頑張ってる。俺だって負けてられないさ」

白の賢人「ウホッ!」

ゴレイヌ「あぁ、頑張ろう。――さぁ、行こう。『ワルプルギスの夜』、こいつはG.Iより大変かもな」



・ハンター×ハンターのゴレイヌとまどマギのクロスです。

 



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1338903489(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

引用元: ゴレイヌ「インキュベーター、えげつねぇな…」 



【ゴレイヌ「インキュベーター、えげつねぇな…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 08:10:19.29 ID:ZqBwu3mA0
まどか(いつも睨まれるし……)

まどか(あなたはどこまで愚かなのって言われちゃうし……)

まどか(もっと自分を大切にしなさいみたいに説教されちゃうし)

まどか(もっと仲良くなりたいって思ってるんだけどなぁ……)

引用元: まどか(ほむらちゃんってもしかして私のこと嫌いなんじゃ……) 




【まどか(ほむらちゃんってもしかして私のこと嫌いなんじゃ……)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/06(水) 21:03:26.67 ID:yMMGalvb0
さやか「ねぇ転校生。最近まどかとどうよ」

ほむら「突然何を言い出すの?」

さやか「良いから。どうなの?今まで通り仲良しなの?」

ほむら「……仲が悪くなったわけじゃないけど、確かに以前ほどラブラブではないわね」

さやか「ラブラブかどうかは置いといてさ。やっぱそうなんだ……」

ほむら「何が言いたいの?」

さやか「あたし多分……まどかがあんたから離れつつある原因知ってるよ」

ほむら「なんですって!?」ガタッ

さやか「たぶん、杏子だよ」

引用元: さやか「えーっと、まどかが杏子で……」 




【さやか「えーっと、まどかが杏子で……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆do4ng07cO. 2016/10/31(月) 02:37:43.88 ID:hGb895QP0
まどかを裂いて一年余り...

なんやかんやで、特に波乱も争いもなく、私以外は平凡に過ごせていた。

こんな日々が、もう少し続くのだろうと思っていた。

そう、思っていた...のに。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477849063

引用元: ほむら「ハロウィンの夜の過ち」 


 

  【ほむら「ハロウィンの夜の過ち」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/02(土) 23:41:51.15 ID:/5cMhkVO0
ほむら(私はまどかが好き)

ほむら(だけど、まどかには好きな人がいるらしい)

ほむら(おそらく、それは私ではない)

ほむら(そして、まどかに好きな人を聞く勇気がない)

ほむら(だけど、まどかの好きな人のメドはついている)

ほむら(彼女がまどかを好きじゃなければ、私にも勝算はある!)

ほむら(早速、聞きに行きましょう)

引用元: まどか「円環の片思い」 



【まどか「円環の片思い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 17:50:34.25 ID:cDYDEd6kO
─────教室



 ザワ… …

早乙女「最初に説明した通り…もし、この件について何か知っている人がいたら、すぐに先生に教えてくださいね」

早乙女「最近の学校での様子や、あるいは、…交友関係の変化など。そういった小さな事でも結構です」

早乙女「…では、授業を始めます」

引用元: 早乙女「…皆さん、静かに」 



【(まどマギ) 早乙女「…皆さん、静かに」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/21(日) 18:13:40.45 ID:g9EBmBYK0
マミ「それじゃあ魔法少女体験コース、第一弾 行ってみましょうか」

  「準備はいい?」


~~~


マミ「魔女の決壊の中に入ったわ。鹿目さん、美樹さん、気をつけてね」


さやか「うわー・・・グロい使い魔がいっぱいいるよー・・・」


まどか「ま、マミさん・・・大丈夫ですよね・・・」


マミ「なにがあっても私が守ってあげるから安心して。鹿目さん」



まどか「ティヒヒ。ありがとうございます」

引用元: サンレッド「魔法少女?」 



【サンレッド「魔法少女?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 22:12:55.75 ID:3JhHD5cK0
ほむら「じゃあ本棚にあったこれでも」

『決定版 まんが日本昔ばなし101』

まどか「さ、流石にそれはちょっと」

ほむら「あら、読んでみると意外に面白いものよ」

まどか「そうなの?」

ほむら「私もよくママに…」

まどか「ママ?」

ほむら「お母さんに読んでもらったわ」

まどか「えっ、最近?」

ほむら「小さい頃ね、小さい頃よ」

まどか「ウェヒヒ」ニヤァ

ほむら「な、なに?どうしたの?」

引用元: まどか「眠れないよ」ほむら「仕方ないわね」 



【まどか「眠れないよ」ほむら「仕方ないわね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 19:31:56.46 ID:V6c5kasI0
電光魔法少女グリッドマミOP「夢のヒロイン」

グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
夢見て
グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
輝け

CRY!マスケット銃が熱く叫んでるよ
SHOT!思うままにぶっ放すのさ

もしもソウルジェムが傷ついても
怯えないわ 私はもう独りじゃない

グリッドマミ
誰もが皆ヒロインになれるよ
グリッドマミ
舞い踊れよアイドルのステージ
いつの日も電光魔法少女

グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale
夢見て
グリッドマミ 
Tiro finale Tiro finale

引用元: さやか「電光魔法少女……?」マミ『グリッドマミ!』 




【さやか「電光魔法少女……?」マミ『グリッドマミ!』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県) 2011/06/22(水) 20:05:18.41 ID:syzN5A080


※このまどかは別に男の子ではないです※



先生「転校生を紹介しまーす!」

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」

ほむら「チラッ」

さやか「わ、こっち見たよまどか」

まどか「フッ」

ほむら(……! あのまどかは……何!?)

ほむら(銀ブチメガネでオールバックだわ)

ほむら(あれではまるで…… 頭のいい人だわ!)


引用元: ほむら「まどかが天才になった」 



【ほむら「まどかが天才になった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 20:40:19.55 ID:4FOtmr4V0
ほむら「対象の時間を戻す力を手に入れたわ」

ほむら「これでまどかを幼女にして…うへへへへ」ジュルリ

ほむら「一応何かで実験してみようかしら」

ほむら「何にしようかしら…」

ほむら「…美樹さやかがいいわね」

ほむら「いつもうるさくて邪魔だし」

引用元: 杏子「さやかがちっこくなっちまった…」 



【杏子「さやかがちっこくなっちまった…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 前編

375: ◆SjWXMdM6SY 2013/04/08(月) 21:35:04.32 ID:qbd/xNteo
――――――

さやか「……」

さやか「……はは、何してんだろ、あたし……」

さやか「家の前であれだけ派手に言い争ってりゃ、怒られて当たり前なのにね……」

さやか「人ん家の前で言い争って、怒られたからって逃げ出して…ほんと、何してんだろうね、あたしは……」

さやか「ソウルジェム…もう、真っ黒になっちゃったな……」

さやか「……これがあたしの本体ってなら、濁り切ったらきっとよくないんだろうけど…何かもう、どうでもよくなってきた……」

さやか「マミさん…杏子…ほむら…まどか…ごめん、あたしもう、ダメだよ……」

さやか「恭介…伝えられなくてごめん…勇気がなくて本当にごめん…今までありがとう……」

さやか「あたしって、ほんと……」





【ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆SjWXMdM6SY 2013/03/31(日) 15:53:08.39 ID:Q/YJsxR0o
まどマギとゲーム「魔界戦記ディスガイア」シリーズとのクロスです
次から本文

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364712788

引用元: ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 



【ほむら「魔法少女戦記ホムガイア」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 19:28:51.79 ID:OQNhZPh90
ほむら「ホムライス」

まどか「え?」

ほむら「…………」カアァ

ほむら「あの、だから…」

ほむら「ほむら、とオムライス、をかけた…」

ほむら「私なりの…ネタと、言うか…その…」

まどか「あ…」

まどか「あぁー、あー!」

まどか「な、なるほど!えへへ!面白いよ!」アセアセ

ほむら「な、慰めは…不要…よ…」ジワ

ほむら(やってしまった…)

引用元: ほむら「ホムライス」 


【ほむら「ホムライス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆do4ng07cO. 2013/10/04(金) 00:00:04.68 ID:6VbZjwHY0
幼まどか「じゅうがつみっかってなんのひなの?」

詢子「あたしやパパにとって一番大切な日だよ」

幼まどか「いちばんだいじなひなの?」

詢子「そうさ。この日は一番嬉しくて、幸せな日なのさ」

幼まどか「ほんとう!?なにがあるの?」

詢子「それは秘密」

幼まどか「えー、なんで?」

詢子「ははっ...とっておきのお楽しみってやつさ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380812404

引用元: まどか「じゅうがつみっか?」 


 

  【まどか「じゅうがつみっか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:48:50.23 ID:xM7x8nFq0
QB「なんなのあの暁美ほむらとかいう貧乳。すごい邪魔なんだけど」

QB「邪魔だよね。彼女が邪魔するせいでまどかと契約出来やしない」

QB「僕達にちょっかい出す暇があるのなら豊胸体操でもしてればいいのに」

QB「マミがよくつまづいてたのってやっぱりおっぱいが邪魔で足下が見えなかったのかな」

QB「エロイよね。なんかそれエロイよね。男の夢じゃね?」

QB「お前感情発生してね?」

引用元: QB「どうしたらまどかと契約することが出来るか会議~」 


 

  【QB「どうしたらまどかと契約することが出来るか会議~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:00:15.42 ID:uq93PB7L0
学校


まどか「ねね、さやかちゃん」

さやか「んー?」

まどか「これから何か予定ある? よかったら帰りにどこか寄り道したいなぁ」

さやか「あ…ごめんまどか、今日も用事があって…」

まどか「…上条君の、お見舞い?」

さやか「そんなとこかな、あっはは…」

まどか「むー」

さやか「本当にごめんね、この埋め合わせは今度必ずするからお許しをまどか様」

引用元: さやか「甘えんぼの親友」

【さやか「甘えんぼの親友」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:40:41.99 ID:AELM7Cs30
杏子「そのうえ二人とも血まみれ……いったい何が……」

さやか「あけろーあけろーあけろー」

杏子「へ?」

さやか「あけろー、あけてーーーーーお願いあけてーーーーー」

杏子「外から声が? さやか?」

さやか「お願いだからあーけーてー!!!!!」

引用元: 杏子「どうしてこうなった」 



【杏子「どうしてこうなった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 17:31:46.54 ID:hwtjUcb/T
まどか「変だよここ……どんどん道が変わっていく」

まどか「やだ! 何かいる!」

さやか「冗談だよね、あたし悪い夢でも見てるんだよね!」

ギンコ「よう、そいつを何処で拾ったんだ? そいつは幻級の蟲だ」

まどか「え、あの? あなたは?」

ギンコ「おっと、こりゃ失敬。通りすがりの蟲師のギンコという」

さやか「えーと、あたしは美樹って違う! 今はそんな事を言っている場合じゃ!」

引用元: ギンコ「ありゃあインキュベーターか……? 幻の蟲じゃねーか」 




【ギンコ「ありゃあインキュベーターか……? 幻の蟲じゃねーか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:26:43.58 ID:lz65L/6Q0
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます・・・」

―――
――

引用元: 杏子「ココロのスキマ、お埋めします?」 



【杏子「ココロのスキマ、お埋めします?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県) 2012/04/29(日) 22:58:04.02 ID:UPP2/eon0
○魔法少女まどかマギカのSSです
○オリジナル展開等色々あります
○シメサバ等魚類、特に鯖が多く関わってきます

これらが苦手な方は、ご注意ください

それでもいい方は、駄文ですがお付き合いください



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1335707883(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

引用元: シャルロッテ「シメサバしか出せなくなった…」 




【シャルロッテ「シメサバしか出せなくなった…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 15:31:19.59 ID:h2tfwWIs0
ゴロゴロゴロ……

ほむら「なんだか雲行きが怪しいわね…」

まどか「せっかく一緒にお買い物に行こうと思ってたのにね」

ほむら「仕方ないわね、今日のところは延期しましょう」

まどか「えぇー…残念だね」

ほむら「本当…雨なんてろくなことがないわ」

まどか「あっじゃあさ、ほむらちゃんの家に行ってもいい?」

ほむら「私の家?別に構わないけれど…?」

まどか「やった!一回家に帰ったらすぐに行くからね!」

ほむら「ええ、待ってるわ」

引用元: ほむら「本日は曇りのち雨、所により晴れ間が覗くでしょう」 


 

  【ほむら「本日は曇りのち雨、所により晴れ間が覗くでしょう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 14:13:19.97 ID:9PYeS1tQ0
** 織莉キリ、まどポのネタバレ有 NGな方はタブ閉じ推奨 **


◆◇◆◇

―――― 病室 ――――

ほむら「……」

ほむら「ぐっ……うぅ………うう゛ううううう゛う」

 ダメだった―― 何も出来なかった
 鹿目さんのこと、守ることができなかった

ほむら「まどか……」

 鹿目さんのソウルジェムをこの手で撃ち砕いた感触が、
 脳裏に、掌に焼き付いて忘れられない

ほむら「ごめんね……ごめんね……」グスッ

ほむら「私が……守るから」

 かけ慣れた眼鏡を着け、見慣れた天上に向かって呟く

ほむら「守って見せるから」

引用元: ほむら「佐倉さんと一緒なら」 




【ほむら「佐倉さんと一緒なら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 09:13:49.74 ID:mV98zTcr0
まどか「ずっと私のためにがんばってきてくれたんだよね・・・?」

ほむら「まどか・・・」

まどか「全部わかったの、今までほむらちゃんが見てきた世界が」

ほむら「・・・・・・」

ほむら(全部・・・だと・・・?)

引用元: まどか「他の女の匂いがするよ…」ほむら「え…?」 




【まどか「他の女の匂いがするよ…」ほむら「え…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hLNbQg6EspwH 2014/09/21(日) 22:11:21.68 ID:1oqazRxS0

QB「……というわけさ。どうだい?」

マミ「どうだい?って言われても……」

まどか「よく分からないかなあ」

ほむら「もう少しちゃんと説明してくれないかしら?」

杏子「さやか、ポテチ取って」

さやか「あんたはもう少しちゃんと話を聞けっ!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411305071

引用元: QB「魔法少女の戦闘訓練」 



【QB「魔法少女の戦闘訓練」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆S2v70Cg8NY:2014/07/05(土) 16:58:53 ID:c8vcNkOc
QB「君に友達なんていたっけ?」

マミ「私の目の前にいるわ」

QB「いつから僕と君は友達になったんだい?そもそも僕は人間ですらないじゃないか」

マミ「どうしてあなたは種族の違いなんて些細なことにこだわるのかしら、全く訳が分からないわ」

QB「僕の口調を真似しないでくれないかい?」

マミ「こっちの方が分伝わりやすいでしょ?」 




  【マミ「私の最高の友達」QB「訳が分からないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/29(金) 14:43:38.47 ID:Np/hgcC7o
1

「ちゃらちゃら踊ってんじゃねーよウスノロ!」

杏子が笑いながら槍を振り回す。

「舞い上がっちゃってますね、あたし! これなら負ける気がしないわ」

それを回避しながら立ち回り、杏子に切り掛かっていくのはさやか。
なんとか槍の隙間を縫って近付こうとするが、近付けば今度は体術で阻まれる。

「は! そんなもんかよさやか!」

「にゃろー。見てろよー」

一歩下がったさやかは音を立てて跳び上がった。
空中に出現させたいくつもの剣を掴んでは杏子に投げつける。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364535818

引用元: まどか「ありがとう」 



【まどか「ありがとう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/07(土) 10:54:16.02 ID:8CyHwF+t0
まどか「せーので、見せ合いっこしよ?」

ほむら「いいわよ」

まどか・ほむら「「せーのっ!」」

『漫画研究部』

ほむら「…ぷっ」

まどか「イヒッwwwやっぱり同じだったね!」

ほむら「だって長い付き合いだもの…♪」

引用元: まどか「サークル決めた?」ほむら「ええ」 



【まどか「サークル決めた?」ほむら「ええ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 10:02:06.69 ID:FudMZ35D0
来るべき近未来!

人類は第三のエネルギー革命、シズマドライブの発明によって

かつて無い繁栄のときを迎えている!

だが、その輝かしい平和の陰で激しくぶつかり合う二つの力があった!

世界征服を策謀する秘密結社、BF団!

BF団「我らの、ビッグ・ファイアのために!」

片や、彼らに対抗すべく世界各国より集められた、正義のエキスパートたち、国際警察機構!

そして群馬県見滝原市にて彼らの戦い、そして魔女と魔法少女の戦いに翻弄される

一人の少女の姿があった!

名を、鹿目まどか!

引用元: 衝撃のアルベルト「魔法少女を舐めるなぁぁぁ!!!!」 



【衝撃のアルベルト「魔法少女を舐めるなぁぁぁ!!!!」】の続きを読む

このページのトップヘ