えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アイマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆8HmEy52dzA 2015/12/18(金) 19:01:23.17 ID:cSL4roIE0


01.


霧雨が好きでした。

あいどるの仕事を終え、てれび局の前での雨宿りの夜のことです。
『がやがや』と騒がしい喧騒の中、傘を持った人々が『ぞろぞろ』横を通り過ぎていきます。
それらを横目にひとり『ぽつん』と立つ中、『さらさら』降る霧雨が私の身体を撫でながら通り過ぎ、『しっとり』と濡らしていく。

垂直に近い角度で降る雨とは違い、『びゅうびゅう』と吹く風の影響を受けやすい霧雨は、縦横無尽にその軌道を変えて傘での遮断を許さない。
全方向から身を包むように降りしきり『じわじわ』と全身をしとどに濡らす霧雨は、どこか温かみがあり、濡れてもどこか嬉しい気持ちで満たされるようで好きなのです。

「ああ」

しかしそれは次第に『ぽつぽつ』へ、更には『ざあざあ』と、勢いを増していきます。
感傷に浸る間もなく、霧雨は土砂降りへと姿を変えてしまいました。

「……世の中に、人の来るこそうれしけれ」

雨は好きですが、さすがに雨の中に立ち『びしょびしょ』になるのは気が引けます。

「とはいうものの、貴方ではありませんよ」

雨を相手に皮肉を込めて語りかけたところで、当然止むことはなく。
傘もありませんし、どうしたものでしょうか。
と、

「お待たせ、貴音」

『すっ』と視界が遮られたかと思うと、傘が差し出される。

「あなた様」

待ち人がやってきました。
よほど急いで来たのでしょう、足元は跳ねた水で『ひたひた』濡れ、隠そうとはしていますが息遣いも『ぜえぜえ』と荒く、額には汗が『じわり』とにじんでいました。

「ごめんごめん、道が混んでてさ」

「いえ。お気になさらず」

「そっか、じゃあ行こうか。車、回してくるよ」

仕事とはいえ、わたくしの為に東奔西走してくれるその姿を見ると、不謹慎ながらもうれしくて。
うつむいて『にやにや』と頬が緩むだらしのない顔を隠します。
走り出す彼の後姿を見送りながら、照れ隠しの意味も込め、『ぱしゃん』とぶうつで水たまりを蹴りとばすのでした。


【四条貴音「おのまとぺをご一緒に」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 21:27:10.939 ID:yFl/m5EX0
ζ*'ヮ')ζ<ストイック

ζ*'ヮ')ζ<禁欲的、欲望を抑えている様


千早「~~~♪」

千早「~~~~~~~♪」

春香「あれ?千早ちゃんだ、まだレッスンするの?」

千早「ええ、春香は今から上がり?」

春香「うん、この後収録のお仕事があるから」

千早「そう、頑張ってね」

春香「ありがとう千早ちゃん!千早ちゃんも、無理しないでね?」

千早「ふふ、こちらこそありがとう春香。でも、まだ新曲の仕上がりがイマイチだから、もう少しだけここに残るわ」

春香「そっかー・・・千早ちゃんはストイックだね!凄いよ!」

千早「ス、ストイックだなんて・・・私には、歌しかないから・・・///」


小鳥「禁欲的で・・・欲望を抑えている千早ちゃん・・・?」

小鳥「ブッ」

小鳥「い・・・いけない、鼻血が・・・」タラタラ

真美「ピヨちゃんはもっとストイックになりなよ・・・」

【やよい「うっうー!外来語のお勉強ですーっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/16(水) 06:32:16.641 ID:jEuiczNo0
千早「ケンカでもしたの?」

雪歩「いや、べつにそういうわけじゃないんだけどね……」

千早「そう……」

雪歩「うぅぅ、聞いてよ千早ちゃぁん!」

千早「なによ……」

雪歩「あのね……真美ちゃんが私とチューしてくれなくなったの」

千早「そう、萩原さんとチュー……って、あの、萩原さん?」

雪歩「真美ちゃんが小学生のころはよくチューしてたのに……」

千早「ちょっと」

雪歩「え?」

【雪歩「真美ちゃんに嫌われたかもしれない……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/15(火) 22:14:20.752 ID:IE7wjksj0
春香(私が目を覚ました時――そこは真っ白なベッドの上だった)

春香(何が何かも分からない、そんな状況で私の両親は私を力強く抱きしめていた)

春香(溢れんばかりの涙を流す二人の肩越しに――プロデューサーさんは心配そうな目でこちらを見ていた)

春香(……それが、私が意識を取り戻して初めての記憶だった)

春香(それが……私と、私たちの物語の終わりだった)

――――
――

【P「残念だが……春香以外みんな亡くなったんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 21:45:13.06 ID:dhOjbKIt0
やよい「うっうー、ただいま戻りましたー!」ガチャ

P「それで……はい、そうなんですよ」

小鳥「それは大変でしたね……」

やよい「プロデューサー、小鳥さん、お疲れさ」

P「ハイタッチが規制されてるですって!?」バンッ

やよい「!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370436312

【P「ハイタッチが規制されてるですって!?」やよい「!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/11(金) 06:37:59.307 ID:UDlkQiiTd
真美「いきなりお菓子とか床にばらまいてさ」

伊織「うん」

真美「それを這いつくばって食べろって言うんだよ……」

伊織「ええ……」

真美「しかも、食べてたら頭ふんづけて『意地汚い犬ですぅ』って嬉しそうな声で……」

伊織「アンタはなんでおとなしく従ってんのよ……」

真美「だって断ったら怒るし……」

伊織「雪歩なんか別に怒ったって怖かないでしょ」

真美「ちょ、ちょっといおりん!聞かれてたらどーすんの……」

伊織「上等じゃない、いい機会だから私がガツンと言ってやるわよ。真美のこと何だと思ってるのってね」

真美「あわわ……」

【真美「ゆきぴょんがドSすぎてこわい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/31(土) 22:30:16.36 ID:xCob8BRyo
春香「うん!」

千早「はぁ、いきなりどうしたの?デュエマがやりたいだなんて」

千早「大体デュエマって一体なんのこと?」

春香「いわゆるカードゲームの一つだよ」

千早「カードゲーム?それならトランプでもやった方が…」

春香「違うんだよ、千早ちゃん!」

春香「トランプも楽しいかもだけど、私は今デュエマがしたいの!」

千早「そ、そう でもカードゲームならカードが必要じゃない?」

千早「それに私はそのデュエマ?っていうものを何一つ知らないし…」

春香「大丈夫!そういうと思ってカードもデッキも持ってきました」

春香「もちろん千早ちゃんの分もあるからね」

春香「それでね、ルールの方はね、かくかくしかじか…」

千早「…うまうままるまる、って私ったら何を言って」

【千早「デュエマをやりたい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/05(土) 12:08:30.736 ID:HZ77ynH50
亜美「あなたは段々眠くなってくるー…」

真美「あなたは段々眠くなってくるー…」

真「…」

【亜美「あなたは段々…」真美「眠くなってくるー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:18:28.715 ID:CX8OdK1C0
春香「ホント?充電器使う?」

響「うん、ちょっと貸してー」

春香「ちょっと待ってね、確か鞄の中に……」ゴソゴソ

響「助かったぞ、あともうちょっとで空っぽになるところだったさー……」

【響「うう、携帯の充電が切れそうだぞ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆fKRLdK7X5t3a 2015/02/14(土) 18:08:07.81 ID:hNOM2gJp0

?「キャラ崩壊・世界観崩壊が苦手な方は、回れ右かなーって」

?「アイマスとFateのクロスなの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423904887

【あずさ「あらあら、可愛らしい女の子発見」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆stww/BS79E 2015/11/25(水) 23:48:16.60 ID:dJg7OcgQ0
注意:この話は未来設定+オリジナルキャラが登場します。苦手な方は先に離脱してください。

1、始まる前のちょっとした話

モバP「もしもし俺だけど、今、時間大丈夫か?」

モバP「そう、その話」

モバP「新人の箱船(はこふね)が司会だ」

モバP「そうそう、お前に憧れて入った、あの箱船だよ」

モバP「う~ん…脚本は教えてもらえなかったんだよなぁ……」

モバP「ん?……そうか、それで……見てみるか?」

モバP「分かった。先方には撮影用のスタッフを研修で1人派遣するって伝えておくよ。じゃあ、頼んだ」


モバP「……これで、箱船が一皮剥けてくれたらいいんだが……」

【モバP「とあるアイドルの伝説」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/01(火) 01:18:36.111 ID:MdAdjtuW0
雪歩「えっ!?四条さんとですか!?」

貴音「ええ、私とです ただ、突然の申し出ですので、予定と迷惑がなければですが」

雪歩「とんでもないですぅ!四条さんとかー楽しみですぅ 」

貴音「ふふ、では決まりですね」

雪歩「ところで四条さん、何かプランとかあるんですか?」

貴音「はて、ぷらんですか…私、実は勢いで雪歩に声をかけてしまった次第で特に考えてはいませんでした…」

雪歩「じ、じゃあ私がプランを立ててもいいですか!?せっかくの四条さんとのデートですし…」

貴音「ふふ、でぇとですか それでは私から誘ったのですが楽しみにさせて頂きますね」

雪歩「では当日まで楽しみにしててくださいね!」

【貴音「雪歩、たまには休日を一緒に過ごしませんか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/25(水) 13:20:40.368 ID:OGgC4+0T0
俺「どうしたんだよあんな格好でステージに上がって…」

【雪歩「い、いぇーい!!」俺「雪歩!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/23(月) 20:19:10.885 ID:5pNJNwrG0
伊織「なんですって!?」

【やよい「>>4、>>4をつかう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/26(木) 22:43:18.807 ID:9YPp4mig0
765プロ 事務所前

冬馬「・・・来ちまった」

冬馬「・・・まだいんのかな、あいつ」

冬馬「他の奴らは・・・いない方がいいな」

冬馬「いや、頼む!居ないでくれよ・・・」

冬馬「・・・」ウロウロ

冬馬「あー・・・くそっ!」

ガチャ

冬馬「!」

【冬馬「765プロのライブか・・・どうすんだよ、これ・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/24(火) 19:57:25.575 ID:LSxpCtRJ0
小鳥「そう・・・それはッ!」

小鳥「本来真面目にこなさなければいけない仕事を堂々とサボりッ!そしてその勤務中に!」

小鳥「アイドルたちの百合百合しい姿を眺めること!!!」

『(小鳥にとって)背徳的なはるちは』にあこがれるようになったのだ!

【小鳥「この音無小鳥には夢があるっ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/06(木) 00:03:45.24 ID:DuMr1UDC0
美希(サボってばかりのミキをプロデュースする人がいるはずない)

美希(変な人だとは思ってたけどマジでおかしいの)

美希(ま…まずい、動揺するななの。もし本当にPだったら…)

美希(とにかくここは星井美希として自然な行動を取らないと)

美希「えっとプロデューサーって何?」

P「簡単に言えば俺が君をアイドルとして売り出す」

P「名乗ったのは君をプロデュースしたいからです」

P(星井美希、トップアイドルになる可能性は5%未満…)

P(しかしあの10人の中では一番何かを感じさせた…おまえは天才すぎる)

【P「俺はPです」 美希(ま…まさか…何を言ってるのこの人)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 12:28:48.01 ID:pudsTEM70
P「あずささん以外あまり効果無さそうだな」

【P「アイドル達の誕生日に『とうとうおばさんか…』って言ってみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆1qWFc3G9Mc 2015/11/18(水) 20:03:11.70 ID:Qj6YnEHd0
前作はこちらなんです!クゥー↑wwwwww

亜美「ポイント戦隊ラクラクカードマンズ!」 


あっ、もう一作増えたwwwwwww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447844591

  【亜美「ポイント戦隊ラクラクカードマンズ!第二話『ミキ脱退!?』」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/20(金) 03:04:10.438 ID:0IvRD/fy0HAPPY
伊織「できるわけないでしょうが!」

亜美「えー…」

真美「できないのー?」

伊織「なんでそんなにあからさまにがっかりされないといけないのよ…」

【亜美「いおりーん!」真美「太陽拳やってー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/17(火) 01:51:21.162 ID:0mI8Yap20
伊織「物語シリーズ?」

響「そう、物語シリーズ。まぁ正確に言うなら猫物語(白)なんだけどな…」

伊織「西尾維新の?」

響「西尾維新の」

【伊織「何読んでるの?」響「ん?物語シリーズだぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:54:06.87 ID:8eMYi1b4O
P「なんだこれ?」カタカタ

美希『あはっ。一人のアイドルのことを思い浮かべながら質問に答えてね』

P「そうだな…この前誕生日だった響にしようかな。はい、っと」カタカタ

美希『それは当然ミキである』

P「いいえ」カタカタ

美希『むー』

P「残念でした」

美希『じゃあねぇ…高校生である』

P「はい」カタカタ

美希『転ぶ。ワザと』

P「悔しいからって『ワザと』とか言うなよ…いいえ」カタカタ


【P「ミキネーター?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/16(月) 21:41:23.936 ID:+YFFFItV0
亜美「終わったー!」

律子「はい、お疲れ様」

伊織「ふう、流石の伊織ちゃんも疲れたわ…早く帰りましょ」

あずさ「ふふふ、そうね」

【伊織「亜美って実はシスコンなんじゃないの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 02:01:00.980 ID:/0gT9tsap
響「う、うん…」

真「でもボウリング場でバイトとかしてなかったっけ?」

響「してたけどボウリング自体はしたことないんだ…」

【真「え?響ってボウリングしたことないの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/15(日) 13:33:24.496 ID:BKA+VYny0
伊織「『…今日の9時からブーブーエスで放送よ!見てね❤』っと…」

水瀬伊織 ☑

@deco&Iorin ちょっと前
みんなー!今週の生っすかサンデーは今日の9時からブーブーエスで放送よ!見てね❤

伊織「ふう、ツイートするのも仕事とは言え、気をつかうから疲れるわね…」

【伊織「みんなのtwitter」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 04:32:47.781 ID:NYOfUk540
P「おいおい、明日やよいは大事な仕事なんだからな?体調管理の面からも…」

亜美「もう、兄ちゃんうるさいなー」

P「うるさいとはなんだ!うるさいとは!」

【真美「やーよいっちー!」亜美「あーそーぼー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 774 2015/11/07(土) 22:22:41.01 ID:W3GHaRDy0
ウチの会社には、なんでも否定したがる女たちが居る。

人呼んで、『ナイナイガールズ』

【冬馬「ナイナイガールズ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 23:11:38.874 ID:dcbHB5jK0
貴音「困りました」

P「見た目はそのままの貴音だが・・・」

P「どうだ?どこか身体でおかしなところはないか?」

貴音「猛烈にお腹が空いています」

P「困ったな・・・」

貴音「はい・・・」

【P「貴音がカービィになってしまった・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:44:52.120 ID:D/fY/au40
P「あれほど気をつけろって言っただろ?」

亜美「は?亜美は気をつけてるよ?真美じゃないの?」

真美「は?真美のせいにしないでくれる?気分悪いんだけど?」

【P「おいおい、お前ら2人に不仲説が出てるぞ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:08:47.504 ID:8IcpUh050
P「うーん、やっぱり765プロの曲は良い曲ばっかりだな・・・」
高木「うむ、我がプロダクションのアイドル達は、日々切磋琢磨しあい、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれているね」
小鳥「この前のアリーナライブも凄かったですね~ 私、感動しちゃってつい涙が・・・」

ガチャ

律子「し、失礼します!遅れてしまってすちません!」
高木「おぉ、律子くん。いやいやいいんだよ、竜宮小町は今や大人気のアイドルユニットだからね 私の方こそ、無理に予備戻してしまってすまない。」

高木「さて、全員揃ったようだね」
P「それで社長、重要な話というのは・・・?」

高木「なんと、我々765プロダクションのアイドル達のお話が、映画化することになったんだ」

【P「やっぱりアイマスは最高だぜ!え?シンデレラ?ミリオン?」】の続きを読む

このページのトップヘ