えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アイマス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:27:45.31 ID:BU7SH/GJ0
P「ついでに音無さんのこともたくさんしりたいなーって」

小鳥「も、もう」////

美希「ちょっと待つの!」

春香「し、職場でいちゃいちゃいないでください!!」

律子「同じ職場で恋愛されると困るんですけど」

小鳥「ピヨォ・・(こ、こいつら・・・)」

P「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432038455

【P「じゃあ今度食事でも行きましょうよ」小鳥「は、はい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/18(月) 22:25:40.31 ID:e8iZ0NLM0
春香「私のことふったのに・・・」

P「・・・すまん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431955530

【春香「どうしてですか・・?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/17(日) 19:56:47.365 ID:tvJ5Ivwl0
P「ああ…。」

千早「先月の話ですよね?」

P「いや、昨日の夜、ここの近くで女性がまた被害に遭った。刃物で滅多刺しにされたらしい。」

春香「ひぇぇぇぇ… って…ここの近くって、事務所のですか!?」

小鳥「ええ。ニュースにもなってるんじゃないかしら」ピッ

テレビ「―先月の同様の事件と同一犯と思われ、警察は今後も犯人の捜索に尽力で―」

春香「!! こ、このコンビニ、通りを出てすぐそこじゃないですか!」

【春香「殺人鬼…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/14(木) 22:42:29.704 ID:7O11+v8U0
真美「おやおや~、ゆきぴょんも真美からあふれる大人のヘロモンに夢中ですかな~?」

雪歩「えへへ・・・真美ちゃんかわいい」

真美「うぇ、えーっと・・・真美的にはせくちーって言ってくれたほうが嬉しいっぽいよ! ほ、ほら、せくちーって!」

雪歩「・・・  い」

真美「え、  !?」

雪歩「  かわいいなぁ、真美ちゃんは」

真美「あ、あの・・・ゆきぴょーん・・・」

雪歩「はぁ・・・真美ちゃんかわいいよぉ・・・」ナデナデ

真美「うあ・・・ちょ、ちょっと・・・」

【雪歩「真美ちゃんはかわいいなぁ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:16:16.466 ID:FzdFdNnN00505
伊織「バカ言わないで!」ゲシ

P「あう」

伊織「冗談にしても笑えないわよ!10歳も間違われたら」

P「…」

伊織「レディーに年齢のことでからかうなんて無神経にほどがあるわ」

P「…」

伊織「なんとか言いなさいよ」

P「嘘じゃ…ないよ…」

【P「伊織、26歳の誕生日おめでとう!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/30(木) 02:01:14.504 ID:7lM6FNKS0
真美「ゆきぴょん!」ガッ

雪歩「きゃっ!」ドサッ

真美「・・・」

雪歩「えっ・・・ま、真美ちゃん・・・?ど、どうしてこんなこと・・・」

真美「ごめんね・・・真美、もうガマンできなくって」

雪歩「が、ガマンできない・・・?」

真美「うん・・・」

雪歩「ごめん・・・いきなりすぎて、ちょっと状況がよくわからないんだけど・・・」

真美「そうだよね・・・真美の気持ちなんて、ゆきぴょんにはわかんないよね」

雪歩「真美ちゃん・・・?」

【真美「ゆきぴょんを押し倒してみよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 21:25:01.982 ID:biwcK4zg0
P「アリハアン~ダーマまで進めやすいし、武闘家は裏まで使える。万能PTだよやっぱり」

律子「誰を賢者にするんです?」

P「魔法使い」

律子「でも勇武僧賢で最後までいくんですか?」

P「いけるだろ」

律子「無駄が多いと思いますよ、私は」

P「じゃあ律子はどうするんだよ」

律子「>>5

【P「なんだかんだ、最初は勇者・武闘家・僧侶・魔法使いだろ」 律子「は?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/10/10(水) 23:38:48.89 ID:l16LqTqh0
P「ですよね。分かります。分かってます」

響「二人で食べ切れる量じゃないぞ……」

P「響のために滅茶苦茶奮発してみたのですけれども」

響「……気合、入りすぎだぞ……。二段構成の誕生日ケーキなんて、初めてだぞ」

P「……伊織の誕生日の時は七段ケーキだったよな。そういえば」

響「アレは……。もう別次元さー。ウェディングケーキも真っ青だなー」

P「じゃあ響。俺たちのウェディングケーキは八段……いや、十段構成にしようぜ」

響「ふふ。期待してる」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1349879928

【響「プロデューサー……。このケーキ、大きすぎだぞ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 18:11:09.73 ID:34oAD/Fh0

P「もうこの気持ちは抑えられないんだ!」

美希「ハニー…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429607469

【P「美希…結婚しよう…!」美希「ハニー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/10(金) 03:40:21.257 ID:6hKhClqe0
やよい「うっうー」

P「…」

やよい「うっうー」

P「…」

やよい「…」

P「…」


やよい「…うっうー」 

【やよい「うっうー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/19(日) 20:28:28.158 ID:6ZSwEm/E0
P「黒い方の響に決まってますよ!」

小鳥「貴方は正直な人ですね」

P(あ、やばい、これって白い響を押し付けられるパターンだ)

小鳥「では貴方には両方の響を授けましょう」

P「へっ?」

黒響「うう、びっくりしたゾ・・・」

白響「・・・」モジモジ

小鳥「それでは、さよ~~~~なら~~~~」パァァ

P「あっ、ちょまっ!・・・消えてしまった」

P「どうすんだよ・・・響2人も養えないぞ」

黒響「えっ!?じ、自分捨てられるのか・・・?」

白響「あぅ・・・」

P(ど、どうしよう)

【小鳥「貴方が池に落としたのは白い響ですか?黒い響ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 春香「プロデューサーさん、私彼氏が出来ました」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/13(月) 00:01:04.743 ID:CKehvPUu0
P「俺が狙ってたのにぃいいいいい!」ブンッ

シュンッ

P「消えた!?」

こいつ「まだまだ修行が足りませんね」

P「畜生!」

あずさ「うふふ、お二人とも仲良しで嬉しいわ~」

【あずさ「プロデューサーさん、私、お付き合いしている人がいるんです~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/12(日) 01:08:42.973 ID:35Ez0W1z0
P「……は?」

春香「えへへ…」

P「は?…は?」

P「う、ウソだろ?」

春香「嘘じゃないですよ!」

【春香「プロデューサーさん、私彼氏が出来ました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 四条貴音のお料理教室

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:31:13.93 ID:9hkADHBW0
[※すでに放送は始まってます]

(ありがとうございました。5分後本番です)

貴音「りはではあいえいちなるものは使いませんでしたが……」

(IH前回大好評でしたよ)

貴音「痴れ者っ!恥を知りなさい!」キッ!

貴音「私の慌てる姿を見世物にするとは……っ」ワナワナ

(でも、四条さんが可愛いと話題だったじゃないですか)

貴音「ええ、存じております。私宛に届いたお便りが常よりも増えておりましたから」

貴音「可愛いと褒めてくださる声が多かったのも嬉しくは思います。が……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428755473

【四条貴音のお料理教室 その2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/09(木) 02:51:48.51 ID:44UZxyD0o
P「へぇ……こりゃまたさすがは水瀬財閥だな。それでどんなゲームなんだ?」

伊織「これよ」ゴロン

P「……フルフェイスのヘルメットからコードが延びてて怪しげな機械に繋がってるな」

伊織「えぇ。まだ開発段階だからかなり大きいのよ」

P「ほーん。で、何でまたそれを事務所に持ってきたんだ?」

伊織「開発スタッフにテストプレイしてほしいって言われたのよ。できる限りたくさんの人に」

P「あぁ、そういうことか」

伊織「まぁ急な話で良く分からないかもしれないけど、取り合えずプレイしてほしいのよ」

P「あぁ、わかった」


※SS初心者です
※>>1はピクミンをプレイしたことがないのでおかしいところがあるかもしれませんが目を瞑ってください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428515508

【伊織「体感型ゲームを開発したらしいわ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/09(木) 04:00:20.704 ID:3quaJ59J0
真「あ、もういいの?」

真美「うん!もう撮影終わったから」ガコッ

真美「ほい」

真「うん」ガコッ

真「はい、じゃあ、真美の足」

真美「サンキュー」バチッ

真「よっと」バチッ

【真美「まこちーん、この前借りた足かえすねー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 春香「お名前は?」 よつば「こいわいよつばです!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:14:45.84 ID:Pvfl4Ava0


千早「ついにこの時が来たわ!!」

春香「ねーほんとに行くの?プロデューサーさんに怒られるよ?」

千早「プロデューサーやあずささんに聞かずともよつばちゃんから届いたお手紙の住所を見ればよかったなんて!」

春香「どうして気付かなかったんだろうね」

千早「よつばちゃんの写真に目を奪われていたせいね・・・そして今日!よつばちゃんに会える!!」

春香「もう止めても無駄なんだねー」

千早「行くわよ春香!いざ小岩井家へ!!!」

春香「お、おー」

【春香「私マーメイ♪」 よつば「はるかうたへたなー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)22:42:20 ID:67M
律子「……それじゃあみんな準備はいい?行くわよ!」

765プロ一同『誕生日おめでとう!春香!』

春香「えへへっ、ありがとうございます!」

美希「春香!これプレゼントなの!」

春香「ありがとう美希!」

律子「ちょっと、プレゼントは後でって言ったでしょ?」

美希「あ!そ、そうだったの……春香、一回返して?」

春香「ええっ!なにそれ~!」

伊織「まったく、なんで美希もおっちょこちょいなんだから」

美希「むー!おっちょこちょいは春香だけでジューブンなの!」

千早「ふふっ、それもそうね」

春香「ちょっと千早ちゃんまでひどいよー!」

<キャッキャウフフ

P(……今日は春香の誕生日だ!そして俺はこのパーティーで春香にイタズラを仕掛ける!それは……)

小鳥(春香『うわーん、せっかくの誕生日パーティーなのにプロデューサーさんが全然私と話してくれないよー(泣)』作戦!)

P(その通り、しかし別に無視するとかではなくちょっと春香に嫉妬してもらいたいだけなのです!)

小鳥(なので他のアイドルにばかり構うと)

P(さっそく行動開始です!)

小鳥(ピヨ!)

【P「春香に嫉妬してもらおう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 15:20:21.94 ID:bz5oLzZHO
 プロデューサーさんへ、どうしてもプロデューサーさんに伝えたいことがあったのでこうやって手紙を書いています。

 初めてのことなので誤字脱字があると思いますが、どうか許してくださいね。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428042021

【春香「あなたがくれたもの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:15:56.79 ID:iWrsYi/p0
日曜夜に貴音が料理を作る生放送の番組という体で書いています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428239756

【四条貴音のお料理教室】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 17:10:25.89 ID:0eRnrrIRi
伊織「」

亜美「」


律子「大きなイベントも終わったから一週間ほどオフにしたけど…」

伊織「どう考えても一週間で戻って来ないわよ」

亜美「もう日本にはいないかも!」

律子「はぁ……プロデューサーも出来れば協力して下さい」

P「……」


律子「プロデューサー?」

P「あ、ああ分かった!」

【律子「あずささんが自分探しの旅に出た」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/27(水) 20:57:35.17 ID:rF2FogWC0.net
冬馬「そっ、そそそそんなわけにぇえだろ!だだだ誰があんな・・・」

P「あwわwてwすwぎww隠さなくても良いだろwwwっつーか皆知ってるしな」

冬馬「何デマ流してんだよ!営業妨害(?)だろ!」

P「ん?なんでだ?」

冬馬「そんなスキャンダルが活動にどんな影響を及ぼすか位アイドルのプロデューサーじゃなくても分かれよ!」

P「はぁ?今更そんなこと言ってんのか?」

冬馬「今更ってなんだよ!何時の世も芸能界ではそんなのタブーだろうがよ!」

P「いやー、だってお前春香に一目惚れしたんだよな?てかやっぱそんなちっちぇえ事気にしてたんだなw」

冬馬「ち、ちっちゃくねえだろ・・・、ってうるせえよ!ふざけるんじゃねえって!///」

P「その時から皆にまるわかりだぞw」

冬馬「えっ?」

P「お前のファンもそれ込みでお前のファンだしなw」

冬馬「何それ怖い」

【P「お前って春香の事好きだよな?」 冬馬「は、はぁああ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15(土) 03:23:17.89 ID:YGJFe9WF0
P「……伊織……」

P「…………」

P「……最低だ、俺って……」

【伊織「私のそっくりさんのDVD?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/25(木) 02:27:59 /3vx4BfE
小鳥「……」ペチペチペチペチ

伊織「小鳥早くクリアしなさいよ!」

小鳥「ちょっと黙ってて! 気が散る」ペチペチペチペチペチ

<(* 'ヮ')ζ<YO!

P「いや、なったと言うよりは融合しているな。しかし、どうしてやよいが……」

伊織「アンタもなんとかしなさいよ!! やよいが大変な目に合ってると言うのに!!」

P「バカ!! 俺はjubeat勢だ! 伊織もなんとかしたらどうだ!」

伊織「私だってBeatStreamしか出来ないわよ!!」

小鳥「だから黙ってろってつってんだろ!! 気が散るから!」ペチペチペチ

<(* 'ヮ')ζ<ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!

小鳥「あっしまっ!」ペチペチペ

ガシャーン




"
"

【P「やよいが灼熱Beach Side Bunnyになった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 18:45:21.67 ID:f910qof/0
春香「冷たい?」

千早「声をかけても返事してくれないの」

春香「そっか……」

春香「確かに最近顔色も悪かったし」

千早「疲れているだけかしら……」

【千早「プロデューサーが最近冷たい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 10:06:55.07 ID:Z0frQlYh0

私の事務所にプロデューサーさんはいない。いや、居るにはいるのだけれど、それはまだプロデューサーさんじゃないというか…

「自宅から事務所までどれくらいかかりますか?」

何も知らないような顔で私にカメラを向けるプロデューサーさんは、何も知らないように、私に聞いてくる。

「えっと…2時間くらいですかね」

そう、これはあの時の、まだプロデューサーさんが事務所に来たばっかりの頃の話。
皆の自然な姿を見たいという希望で、カメラマンとして765プロに来たあのプロデューサーさんだ。

「…遠くないですか?」

プロデューサーさんは驚いたように私に聞いてくる。
これも何回目だろうなぁ…
私は考える振りをしながら、そう内心呟いた。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423357614

【春香「ループ…ですか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/25(水)23:36:58 ID:QG0
千早「はるるん、はーるるん、ふふっ」

春香(今朝早くに事務所に来てみたら千早ちゃんが私を可愛く呼んでいた……)

千早「はぁ、いつもこんな風に呼べたら……」

春香(うひゃあ!可愛いな千早ちゃん!)

P「ん?おい春香、ドアの前で何やってんだ?」

春香「ふっひゃあ!」

千早「だ、誰かいるの?」

春香「プロデュサーさんこっち!」ガシッ

P「え?おいちょっと春香?」ズルズル

ガチャ

千早「……誰も、いない?」

【千早「はるるん///」春香(あわわわ)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 09:53:08.07 ID:NVNygypM0
P「ある程度まとまった束で欲しいんだが」

【P「響、お前の髪を売ってくれないか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 17:24:56.18 ID:fnTYjjCTO
美希「ずっと見てて絶対よ♪」

P「ドア越しだから見えないよ美希」

美希「じゃあ開けて欲しいって思うな?」

P「Pやだって思うな」

美希「えー、どうして?」

P「美希だって何故か自分ん家の前でふるふるフューチャー☆歌ってる変な人居たら入れないだろ?」

美希「うんっ」

【美希「大好きはにぃ♪」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/18(月) 23:11:15.53 ID:mUCPDV6R0.net
春香「事務所が見えてきたよ!!」

春香「亜美、真美!急いで!!」

真美「痛っ!」ズテーン

亜美「はぁ...はぁ、真美!」

真美「いやああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

亜美「真美ぃぃぃいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!」ダッ

亜美(駄目、間に合わない....!!)

「「おい化け物、こっちに獲物が居るぞ!!!!!!!!」」

真美「ふぇ?」

春香「プ、プロデューサーさん!!!!!???!!」

P「春香ぁ!俺がこいつらをひき付けるから二人を頼む!!!!!!」

亜美・真美「「にーちゃん!!!!!!」」ダッ

【春香「亜美!!!!!!!!真美!!!!!!!」】の続きを読む

このページのトップヘ