えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アサルトリリィ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/04/10(日) 13:04:11.65 ID:BzbZGJDm0

藍「~~♪ ~~♪」 テトテト

藍(今日はお休みの日だから、らんひとりで街に遊びにきたよ。でも無駄づかいしちゃダメなんだって、かずはに言われたの)

藍「だいじに使わないとね。たい焼き屋さんどこかな~……あれ?」


優珂「このアイス、二段にしてくれるかしら? ありがとう、待たせて貰うわ」

藍「あーっ! ようをいじめた悪いやつ!」

優珂「チッ、ヘルヴォルの序列47位か。休日まであんた達に付き合う義理はないんだけど?」

藍「むー、やっぱりいじわる。らん、ふーかのこと嫌い!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1649563451

【【アサルトリリィ】藍「キラキラアイスクリーム!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/04/05(火) 14:15:18.59 ID:GYu9WijD0

姫歌「ちょっと待ちなさい灯莉、あんた袖のとこ破れてるわよ」

灯莉「あれ? ほんとだ。いつ破けちゃったんだろ?」

姫歌「まったくもう、あちこち走り回ってるからそんなになっちゃうのよ。アイドルリリィ部として身だしなみはちゃんとしなさいよね」

灯莉「あ、でもこれ恰好良くない? ダメージフーディだ☆」

姫歌「いやみっともないわよ!? 繕ってあげるから早く脱ぎなさい!」

灯莉「うわ~っ! 定盛に脱がされる~!」

姫歌「誤解を招くような言い方すんなっ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1649135718

【【アサルトリリィ】姫歌「真夜中のクリエイター」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/04/05(火) 14:15:18.59 ID:GYu9WijD0

姫歌「ちょっと待ちなさい灯莉、あんた袖のとこ破れてるわよ」

灯莉「あれ? ほんとだ。いつ破けちゃったんだろ?」

姫歌「まったくもう、あちこち走り回ってるからそんなになっちゃうのよ。アイドルリリィ部として身だしなみはちゃんとしなさいよね」

灯莉「あ、でもこれ恰好良くない? ダメージフーディだ☆」

姫歌「いやみっともないわよ!? 繕ってあげるから早く脱ぎなさい!」

灯莉「うわ~っ! 定盛に脱がされる~!」

姫歌「誤解を招くような言い方すんなっ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1649135718

【【アサルトリリィ】姫歌「真夜中のクリエイター」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/02/13(日) 12:22:42.00 ID:qdwC4OdRo

夢結「鶴紗さん。こんな場所でなにをしているの?」

鶴紗「夢結様。なんでもありません、夢結様のお手を煩わせるほどの事ではありませんから」

夢結「そんな顔をしてなんでもないワケがないでしょう。わたしに話せないような内容なのかしら」

鶴紗「そういうわけでは……ただゲヘナの奴らが、性懲りもなくこんな連絡を差し出してきまして」 スッ

夢結「またゲヘナ絡みね。わかっているとは思うのだけれど、もちろん断りなさい。あの娘が心配するわ」

鶴紗「そのつもりです、もうあんな危険な真似はしません。ただ少しだけ、気になることがありまして」

鶴紗「──迷い猫の保護。そんな誰にでもできることを、わざわざ強化リリィのわたしに頼むはずがない。きっとなにかを企んでるんだ」


夢結「なるほど。その猫を保護することが真意なのか、あなたをおびき寄せるための罠か──どっちにしろロクでもないことは確かね」

鶴紗「だけど、ゲヘナがその子を使ってなにかしようとしているのも事実です。夢結様、ここはわたしに任せてくれませんか?」

夢結「わかったわ。だけど約束しなさい、危なくなったらすぐにわたし達を頼るのよ。心配なのは梨璃だけではないのだから」

鶴紗「夢結様、本当に丸くなりましたね。まあすぐに終わらせて帰ってきますよ」 ザッ

夢結「……はぁ、梨璃のようにうまくはいかないわね……」 ボソ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1644722561

【【アサルトリリィ】鶴紗「暁に笑う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/02/06(日) 12:21:21.47 ID:SnNMNVr4o

神琳「それでは用事がありますので、わたくしはこれで失礼しますね。ごきげんよう皆さま」

雨嘉「え? う、うん。また後でね、神琳」


梨璃「あれ? 雨嘉さんは神琳さんと一緒に行かないんですか?」

ミリアム「お主を残してあやつ一人ほっつき歩くとは、珍しいこともあるもんじゃのう?」

雨嘉「えっと、わたしもさっき初めて用事があるって聞いたんだ。神琳、どこに行っちゃうんだろ……」

梨璃「きっとなにか悩み事があるに違いありません! どうしましょう、すぐに追いかけないと──」 ガシ

梅「ま、あいつもたまには一人になりたい時間だってあるんじゃないか? そーゆーときはそっとしておくのがいいと思うゾ!」

ミリアム「まったく、梅様は楽観的すぎるのじゃ。鶴紗の件もあるじゃろう?」

雨嘉「もしかして梅様、なにか知ってるんですか……?」

梅「あっはっは! 梅はなーんにも知らないゾーっ!」 ビシュン

ミリアム「ぬわっ!? 《縮地》で逃げたぞい! 皆の衆よ、手分けして捕まえるのじゃー!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1644117681

【神琳「一筆の心」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2022/01/02(日) 04:06:18.01 ID:06dR9EFOo

夢結「楓さんへの誕生日プレゼント?」

梨璃「はい! いつもお世話になってる楓さんに、なにかお礼をしてあげたいんです!」

ミリアム「そういえば、そろそろあやつの誕生日じゃったな。まあ梨璃からの贈り物ならチリ紙でも喜びそうなものじゃが……」

神琳「仮にもグランギニョル社の御令嬢ですから、やはりちゃんとしたものをお選びになられたほうがよろしいのでは?」

雨嘉「梨璃はそのことをわたし達に相談しにきたの?」

梨璃「えへへ。楓さんってわたしの好きなものはよく聞いてくるけど、楓さんの好きなものってあんまりよく知らなくって……」


神琳「オーガニック食品がお好きと耳にしたことはありますが、そういう話ではありませんよね?」

梨璃「うん。できれば思い出になるような、形が残るものがいいなあって!」

夢結「ぐっ……そ、そうよね。せっかくの誕生日プレゼントだもの」 プルプル

雨嘉(夢結様、まだあの日のこと気にしてるんだ……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1641063977

【【アサルトリリィ】梨璃「大切な貴女への贈り物」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2021/10/15(金) 15:19:37.19 ID:azKxufgao

灯莉「定盛~お腹空いたよ~」 グゥゥ

姫歌「あんたねぇ……まだ三時だってのに、お昼ご飯をしっかり食べないからそうなるのよ!」

灯莉「えぇ~、ちゃんとマカロン食べたのに~……」

姫歌「マカロンでお腹が膨れるワケないでしょーが! いい加減その偏食やめなさい!」

灯莉「でも、今日は寮の冷蔵庫に何にもなかったんだよ~、定盛がなにか作って☆」


姫歌「うわ、冷凍のご飯と野菜の切れ端しかないわね……まったく、これでなに作れっていうのよ?」

灯莉「やーだー! 定盛がご飯作ってくれないとぼく動かないからねー!」 ギュゥゥ

姫歌「ちょ、抱きつくなぁ! ああもう、わかったから離れなさいってば!」

灯莉「やった~☆ ぼくお昼はコロッケがいい!」

姫歌「いやひき肉なんかないって言ってんでしょーが! まあ、似たようなのなら作れなくもないけど……?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1634278776

【【アサルトリリィ】姫歌「ひめひめのアイドルクッキング!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2021/09/14(火) 13:00:07.25 ID:nIDpKkIUo

雨嘉「そっちに逃げたよ、鶴紗!」

鶴紗「すばしっこいヤツだ。梅様が一緒なら、すぐにでもカタを付けてやるのに!」 ダァン

神琳「ないものねだりはできません、ならば全力を尽くすまでです!」

ヒュージ「───!」 シュバッ

雨嘉(あのヒュージ、機動力が高い……! あんまり得意じゃないけど、ここは接近戦で勝負をつけないと!)

** **
鶴紗「よし、作戦どおり上手く崖に誘い込んだ。これで逃げ場はない!」 ジャキ

神琳「お待ちください鶴紗さん、ヒュージの様子が……!」

ヒュージ「───グォォォ!」 タタタァン

雨嘉「な、なにをしてるの……? 空に向かって撃ち続けてる……?」

鶴紗「勝ち目がなくなって念仏でも唱えたくなったか? 生憎とヒュージにかける情けは持ち合わせてない。これで終わりだ!」 バッ

ヒュージ「───」 ズバァン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1631592006

【【アサルトリリィ】鶴紗「未来を撃ち抜け、雨嘉!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2021/08/16(月) 15:04:25.49 ID:Uwx4nLcro

紅巴(あっ……見つけました! 『白薔薇の誓い』スピンオフ本!)

紅巴(復讐に燃える不器用なお姉様と、それに付き添う義妹ちゃんの馴れ初めが濃厚に描かれた期待作。最後の一冊だなんて、土岐はついてます!) パァァ

スッ

「あっ……」

紅巴「はぅぅっ! 妄想に耽って先を越されるだなんて土岐、一生の不覚っ……! いえ、いいんです。早いもの勝ちは暗黙の了解───え?」

比呂美「あなた……紅巴、さん?」

紅巴「ひ……比呂美、様……」

比呂美「こんなところで出会うなんて偶然ね。まだあの時のお礼をちゃんと言っていなかったから、一度会って話をしたかったの」

紅巴「あ、あのっ……!」

比呂美「姉さんの仇を取ってくれてありがとう。もっとも、あなたにとっては会いたくなかっただろうし、迷惑だったかもしれないわね」

比呂美「この本はあなたに譲るわ。たまたま手に取っただけで、買おうとは思ってなかったから」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1629093865

【【アサルトリリィ】比呂美「復讐の先にあるもの」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2021/08/08(日) 10:37:47.25 ID:vPI8XjRyo

千香瑠「暗示装置……?」

一葉「はい、エレンスゲの上層部が千香瑠様のために作ったそうです。なんでも過去のトラウマを乗り越えることができるとか……」

恋花「怪しいな~、そんなもんに手なんか出さないほうがいいんじゃない?」

瑤「わたしも、ちょっと反対。千香瑠はどうしたい?」

千香瑠「みんな心配してくれてありがとう。けれど、いつまでもこのままだといけない気がするの。もっとみんなの力になりたい……!」

藍「ちかる、だいじょーぶ? 無理してない?」

恋花「ま、千香瑠がそれでいいならあたしは止めないけどさー……」

一葉「とはいえ、仮に千香瑠様が本来の実力を発揮できればヘルヴォルはさらに強くなれます。もっと多くの人を助けることができるに違いありません!」

瑤「一応、何かあったときのために準備はしておく。わたしたちがついてること、忘れないで」

千香瑠「分かったわ。少し怖いけど、みんなとの思い出があればきっと頑張れそうよ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1628386666

【【アサルトリリィ】千香瑠「暗示装置……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆0OFFzs.gSU9k 2021/08/04(水) 07:44:27.99 ID:NHSBk182O

神琳「お目覚めですか。雨嘉さん」

雨嘉「ん……ごめん神琳。わたし、いつのまにか寝ちゃってた」

神琳「いえ。こうして膝の上で寝息を立ててる雨嘉さんが子猫みたいで、わたくしもつい起こしそびれてしまいました」

雨嘉「わたしの頭、重かったよね……大丈夫?」

神琳「そうね、もう痺れて一歩も動けないわ。雨嘉さんのせいですよ?」

雨嘉「本当にごめんね、神琳。わたし、どうしたら……」

神琳「ふふ……それでは雨嘉さん、そのままお顔を横に向けてくれません?」

雨嘉「え、こう?」 ゴロン

神琳「はい。そのままじっとしていてくださいね」

神琳「……やっぱり。このままだといけないわ」 サワ

雨嘉「神琳……? なにする、つもり……?」


神琳「耳かきですよ、雨嘉さん♪」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1628030667

【【アサルトリリィ】神琳「耳かきですよ、雨嘉さん♪」】の続きを読む

このページのトップヘ