えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

アナスタシア

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆QbMLM0d8YE 2016/02/02(火) 22:56:45.10 ID:WhHZNnln0
~事務所~

文香「……ふぅ」パタン

文香「本を読んでも解決しない……わかってはいますが」

文香「どうすればいいんでしょう……」

テレレテレレテーレレーテテーテー ハァーアァー

文香「……? この曲はMemories?」

ガチャ

美波「…………」カッコイイダンス

アーニャ「…………」カッコイイダンス

文香「な、なに……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454421404

【美波「少女の悩みを」アーニャ「解決します」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
朝 にゃんにゃんにゃんホーム 食卓



アーニャ「ミク、Соевый соусの横にあるКишки рыбы солеы в солиのБутылкаを取ってください。」モグモグ

みく「はいはい、お醤油の横にある塩辛のビンね。」スッ

アーニャ「Спасибо.」ハシ

みく「どういたしましてにゃ。」

アーニャ「ふふっ、やっぱりУтромのОбеденный столには温かいРисとКишки рыбы солеы в солиは欠かせませんよね♪」ポン スッ スッ

みく「……ねえ、あーにゃん。」

アーニャ「シトー、なんですか?」
モグモグ

【アナスタシア「星を見るのに付き合ってくれませんか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/02(土) 23:00:17.34 ID:Jhwnufcy0
~朝、あんずのいえ~

杏「ZZZ・・・」

ピピピ・・・

杏「ん~?」パチ

杏「メール?何だよこんな朝っぱらから・・・・」

杏「おお寒っ・・・・きらりかな・・・・?」

杏「・・・・アーニャ?」

【杏「皆で雪合戦?」 アーニャ「白銀の対決です!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/25(金) 17:55:23.85 ID:Iag2K5vvO

凛「何それは……もしかして、比喩的な意味で言ってるの?アーニャは」

アーニャ「?……いえ、そのままの意味ですよ?上で馬乗りになったミナミに私の首を両手でぎゅーってしてもらってます」

凛「」

アーニャ「最初は苦しいけど、そのうち頭がぼーっとしてきて……だんだんカラダの方もふらふらふわふわしてきます」

凛「………そう、なんだ」


アーニャ「何より、そうしているときのミナミがとってもいい笑顔で……それを見てるとなんだか私までいい気持ちに」

バターンッ

美波「ちょっとアーニャちゃん!?な、ななななな何話ししししてるのぉ!!」

アーニャ「あっ、ミナミ!どうかしましたか?そんなに息を荒げて」



【アーニャ「最近は、よくミナミに首を絞めてもらってます」凛「……えっ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 23:16:37.53 ID:no8NE9Gv0
~とあるラクロスの試合~

チアーニャ「ミナミ、Желаю удачи.・・・・頑張ってください!」

奏・周子・フレ・唯「フレー!フレー!ミ・ナ・ミ!」

文香「ふ・・・・ふれ~」///

美波(うう、恥ずかしい・・・・・・)///








??「なぁちびっ子、あれ」

??「チアかぁ・・・・・懐かしいねぇ」

【アーニャ「もってけセーラー服、ですか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 17:06:35.58 ID:0jSvqX1a0
P「なぁ、美波……」

美波「なんですか? プロデューサーさん」

P「いや、なんつーか、アーニャって……すげえ可愛いよな」

美波「……本当にいきなりなんですか。アーニャちゃんがすごい可愛いのはとっくの昔に知ってます」

P「そうじゃなくて、なんつーか最近、輪にかけてとんでもなく可愛くなっていくような気がしてさ」

美波「はぁ」

P「なんかもう、キラキラしてるっつーか、輝いてるっつーか……」

美波「はぁ……」

ガチャ。

アナスタシア「ドーブラャ ウートラ。プロデューサー、ミナミ。おはようございます」キラキラ

P「……な?」

美波「……なるほど、確かに輝いて見えるような気がします」

アナスタシア「……? シトー? 私の顔に、何かついてますか? プロデューサー、ミナミ」

P「いいや、なんでも」

美波「何でもないよ、アーニャちゃん」

アナスタシア「……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498032395

引用元: アナスタシア「たくさん!」 


 

【アナスタシア「たくさん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 06:48:16.15 ID:mrz724WE0
「お誕生日おめでとう!」

かな子「ありがとう……みんな……」

未央「プレゼントも持って来たよ! はい! コート!」

凛「私と卯月と未央で選んだよ」

卯月「きっと似合いますよ」

智絵里「私も……フォトフレームを持ってきました……」

美波「私はペンダントを買って来たよ」

かな子「嬉しいです!」

アーニャ「私は……かな子が前に欲しいと言っていた物です」

かな子「え~? なんだろう?」

アーニャ「マカロフです」

かな子「あ、マカロンですか! 私の大好物ですよ」

アーニャ「北方ルートから仕入れたロシア製です」

かな子「北方ルート? ロシア製?」

アーニャ「最近は中国製や北朝鮮製も多いですけど、これは上物です」

かな子「え? どういうこと? マカロンだよね?」

ゴトリ

かな子「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピストル!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447624095

【アナスタシア「かな子が欲しがっていたマカロフを持ってきました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:28:33.57 ID:VBOAWhS10
~CPルーム~

ガチャ

杏「うぃーっす。」

アナスタシア「あ、杏、おはようございます。」

杏「あれ?アーニャだけ?」

アナスタシア「ええ、その内誰か来るんじゃないですか?」

【杏「今日も寒いねぇ」 アナスタシア「そうですね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

アナスタシア「Сириус」 前編

148: ◆Tw7kfjMAJk 2017/04/19(水) 21:01:15.27 ID:nhXCd10e0

      *

 会場。

 加蓮のステージの開始時間まではあと少し。
 観客の中には時計をちらちらと気にする者も出てきている。
 ざわめきは大きく、誰が何を話しているのかはまったくわからない。
 そんな中。

 コッ、と音が響いた。

 この喧騒の中では響くはずもないのに、どうしてか、観客は一斉にステージの方を見た。
 その瞬間だけ、音が消える。

 コッ、コッ、コッ、コッ。

 ステージの上を、一人の少女が歩いている。
 その音はたとえ最前列に座っていたとしても聞こえるはずがない、小さな音。
 それなのに、今、会場にいるすべての人間がその音を聞いていた。
 司会もカメラマンも、息を飲んで動けなかった。

 そんな世界をつくった少女は、周囲のそんな反応に対して何も思っていなかった。
 もっと言えば、それに気付いてもいなかった。
 ステージの中央。予定の立ち位置まで行って、止まる。
 そして、彼女はファンの方を向いた。

 瞬間、世界は動き出す。
 司会が何かを言い、ファンは少女の登場に興奮する。
 だが、少女は。
 北条加蓮は、それに対して何の反応も見せない。

 緊張はなかった。

 不思議と、今まであったどんなライブよりもリラックスしているように思えた。
 今日のライブは、とても大切なライブなのに。私、どうしたんだろう?
 そんなことを思うと同時に、今の自分が絶好調だということもわかっていた。
 今までで最高のコンディション。
 心の底から、そう思えた。

 でも、今日が最高のコンディションって言うのも面白いかも。
 正直、アイドルとしてはどうなんだ、って思う。
 私情たっぷり。好きな人と一緒にいたいから……なんて、そんな目的でするのに、最高のコンディションって。
 女の子としてはいいのかもしれないけど、アイドルとしてはどうなのよ。

 ……でも、うん。
 今日の私は『アイドル』じゃないから。

 ファンのためには歌わない。
 ただ一人のためのステージ。

 怒られるかな。失望されるかな。愛想、尽かされちゃうかな。
 そんなことも思う。もしかしたら、そうなるかもしれない。そう思う。

 でも。

 私にとっては、これこそが。

引用元: アナスタシア「Сириус」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 024アナスタシア
アナスタシア(CV:上坂すみれ)
日本コロムビア (2013-11-13)
売り上げランキング: 3,227
【アナスタシア「Сириус」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆Tw7kfjMAJk 2017/04/19(水) 18:12:10.40 ID:nhXCd10e0


第一話「観測」


引用元: アナスタシア「Сириус」 


 

【アナスタシア「Сириус」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 08:05:00.86 ID:FnRStBmMO
ちひろ「…あれから蘭子ちゃんは?」

武内P「少し違うと思いますが、いつもの神崎さんのようになっています」

ちひろ「そうですか…良かったのか良くなかったのか…」

武内P「結果としては、良かったと思います」

ちひろ「いえ、普通の女子中学生としてか、あのキャラか…」

武内P「…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429052700

【デーモン小暮「フハハハハハハ!!」アーニャ「…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 23:25:56.75 ID:oXvVhYVW0
---12月20日---



P「アーニャ、忘れ物とかはないか?」

アーニャ「ダー、大丈夫です、ちゃんと確かめました」

P「ならよかった、それとこれは俺からのお土産だ」

アーニャ「プロデューサーから、ですか?」

P「大したものじゃないけどな、アーニャのご両親に渡してくれ」

アーニャ「スパシーバ♪きっとパパとママも喜びます」

P「そうだといいんだがな、それよりそろそろ出発しないと飛行機に乗り遅れるぞ」

アーニャ「プロデューサー...」


ギュッ


P「アーニャ...」

アーニャ「グルースチ...プロデューサーと離れるの...寂しい、です...」

引用元: モバP「アーニャとナターリアと年末年始」 


 

【モバP「アーニャとナターリアと年末年始」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/17(土) 18:32:59.72 ID:rCxTEFcW0
※時系列的にはアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」の13話の後くらいです。

ただ、起こった出来事などはアニメ準拠ですが、プロデューサーは武内Pではありません。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481967179

引用元: アーニャ「プロデューサーに、避けられてる、ですか?」美波「そう、なのかも」 


 

  【アーニャ「プロデューサーに、避けられてる、ですか?」美波「そう、なのかも」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆m03zzdT6fs 2013/10/15(火) 00:56:13.60 ID:3D16iz0No
 僕は天才と言う言葉が嫌いだ。えてしてそう他人を評価する人は、まずその評価相手のことをこれっぽっちも理解していない。

 なぜそう言い切れるか。それは、僕がそう言われて育ってきたからだ。彼らは無責任に僕のことを天才と呼ぶ。両親も、僕のことをそう呼んだ。

 もっとも、実際に僕は他の人よりも優れているとは思う。高校に入学するときには、もうすでに高校で学ぶ大半のことを習得していたし、大学に入っても特に苦労したことはない。

 そのせいか、天才という評価にいけ好かない奴、なんて評価までおまけでやってきた。そんなつもりはなかったんだけれども、人にはそう見えたらしい。

 当然、そうなると友人はおろか、思い出なんて物さえほとんどない。数少ない思い出は、大学三回生の時の、ロシア留学ぐらいだろう。

引用元: モバP「五光年先の星空」 


 

  【モバP「五光年先の星空」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 10:35:28.96 ID:368scaxYO

美波「アーニャちゃん? ため息なんてついてどうかしたの?」

みく「Pちゃんがどうかしたのかにゃ?」

アーニャ「ダー……実は、最近プロデューサーの様子がおかしくて……」

美波「プロデューサーさんの様子が? みくちゃん何か知ってる?」

みく「ううん。みくが見る限り、いつもとそんなに変わった感じはしないけど」

みく「アーニャちゃん、具体的に何がおかしいのにゃ?」

アーニャ「んー……ディプレ――アー、日本語だとこういう時……そうです!」




アーニャ「最近のプロデューサー、ずっと●●●●でているんです」




美波・みく「ブフーーーーーッッッ!!」


※卑猥は一切ない。いいね。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479951328

引用元: アーニャ「プロデューサー……心配です……」 


 

  【アーニャ「プロデューサー……心配です……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 17:22:11.35 ID:nan1QKH10
モバマスss

注:ラブライカだけどアニメ準拠じゃない
  アニメ版はアイドル主演で作られたドラマ、という設定

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469521331

引用元: 新田美波「アーニャちゃんに弟を紹介したら大変なことになった……」 


 

  【新田美波「アーニャちゃんに弟を紹介したら大変なことになった……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 21:59:15.28 ID:02fGg3cB0
凛「は?何言ってるのさ」

卯月「どういうことですか?」

未央「どういうこともなにも、そのまんまの意味だよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468241954

引用元: 未央「アーニャの日本語力が低下してる!!」 


 

【未央「アーニャの日本語力が低下してる!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/02(日) 21:11:57.44 ID:HnCLjJSc0

教室の窓から見える曇り空のせいでしょうか。
あるいは教室内で今まさに行われている現代文の授業のせいでしょうか。
それともその両方でしょうか。


教科書を抱えてむむむと小さく唸るアーニャの眉は今日も今日とて下がり気味。
いくらにこにこ笑顔がトレードマークの彼女とは言っても、
未だ苦手な科目の一つである現代文の授業ばかりは、
やっぱり如何ともし難いところはあります。

いつもなら彼女の座る窓際の席からいっぱいに広がる青空を眺めて、
遠い宇宙の果てにまで想像の翼を広げ、
束の間の気分転換を図ったりするのです。


けれど、七月に入って一週間が経とうかという東京に梅雨明けの一報は届かず、
健気な視線は分厚い雲に通せんぼされるばかり。

アーニャの口からも思わず物憂げな溜息が一つ、
ふぃよと机の上へと零れ落ちてしまいます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1596370317

引用元: アナスタシア「しとしと、わくわく」 


【アナスタシア「しとしと、わくわく」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/12(木) 16:41:33.07 ID:3Uv1j+JG0
・「」は日本語、『』はロシア語で話しています
・アーニャ父は単身赴任の設定です
・誤字脱字がありましたら申し訳ございません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463038892

引用元: アーニャ父 ―――【スピカ】。そこから始まっていくんだ」 


 

【アーニャ父 ―――【スピカ】。そこから始まっていくんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 00:25:22.63 ID:Y5BLa5F00
*最初に*

・これはデレマスSSです。765プロではなく、346プロのアイドルが登場します。
・設定上、オリキャラが登場しています。苦手な方はご了承ください。
・呼称やその他設定は、アニデレを中心にしています。時系列は25話以降としています。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458055522

引用元: 【デレマスSS】アーニャ「パパ!」新任AP「えっ?」【346プロ】 


 

【【デレマスSS】アーニャ「パパ!」新任AP「えっ?」【346プロ】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 モバP「アーニャとナターリアと俺の部屋」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 16:42:38.64 ID:S8+Lwlnq0
テクテク...



P「ふぅ、暑くなったり寒くなったり今年の冬は変な天気だなぁ」

P「体調崩さないように注意しないと...」





ガチャッ


P「ただいまー」

ナターリア「あっ、プロデューサー...」グデー...

アーニャ「おかえりなさい、外、寒くなかったですか?」

P「うーん、今日はそうでもないかな、というかナターリア...どうしたんだ?」

アーニャ「さっきからこんな感じです、ナターリア、具合悪い、ですか?」

ナターリア「ううん、そういうわけじゃないんだヨ、ダイジョーブ...」

P「こたつの魔力にやられたのかもな」

アーニャ「魔力?こたつには魔力、ありますか?」

P「ああ、長くこたつに入ってるとだんだん力が抜けてこたつから抜けられなくなるんだ」

ナターリア「そうなんダー、こたつすごいヨー、ナターリアどんどんネムクナル...」

アーニャ「すごいです!こたつの魔力...ランコにも教えてあげます♪」

P「...まあ、蘭子ならもう知ってるかもしれないけどな」

アーニャ「ふふっ、ランコは物知りですね♪」

引用元: モバP「アーニャとナターリアとこたつ」 


 

【モバP「アーニャとナターリアとこたつ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 01:38:52.28 ID:IqRZdRNS0
==========

――善人も悪人もねぇ。ただ、真実は銃だけが知ってるのさ――

プロローグ
 「血染めのアーニャ」

 
 開拓時代の西部と聞いて思い浮かべる物は人それぞれだ

――ある者は夢を追って、ある者はただ生きるため、ある者は、辛い過去から逃げて――ここにやって来る。

 
 「血染めのアーニャ」と呼ばれる女がいた。

彼女の父は、ロシア人だった。折りしもロシアは内紛の真っ最中。

父親はまだ幼かった彼女を連れてこの国へとやって来た。だが、よそ者に冷たいのはどこへ行っても変わらない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455208732

引用元: 【劇中劇】やよい「西部の町に」アーニャ「銃声が鳴く」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 10 高槻やよい
高槻やよい(CV:仁後真耶子)
日本コロムビア (2015-10-21)
売り上げランキング: 4,155
【【劇中劇】やよい「西部の町に」アーニャ「銃声が鳴く」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:19:45.28 ID:XTcxfprT0
新田弟(以下弟表記)「今日から俺も高校生だ」

弟「楽しい学校生活を送りたいなあ。そのためには、まずは面白そうな友達を作らないとな」

担任「みんな、入学式お疲れ様」

担任「では早速、クラスのみんなの自己紹介から始めよう」

弟「自己紹介か……何言うか考えておかないと」



アーニャ「ええと……はじめまして。ミーニャ ザヴート アナスタシア……私は、アナスタシアといいます。アーニャと、呼んでください」


外国の人?
わー、きれいな子だねー
モデルさんみたーい


弟「………!」

弟(銀色の髪、白い素肌。そしてなによりその美しく整った顔立ち)

アーニャ「よろしく、お願いしますね?」ニコッ

弟「」ズキューン

ばたんっ

クラスメイトA「ああ、隣の席の人が鼻血出して倒れた! 名前知らないけど!」

クラスメイトB「現実でこんな反応するヤツ初めて見た!」


弟(拝啓、お父様、お母様)

弟(本日、僕はめでたく恋をしました。一目惚れです)

引用元: 【モバマスSS】新田少年「アーニャさん……アーニャさん……」 


 

【【モバマスSS】新田少年「アーニャさん……アーニャさん……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆C2VTzcV58A 2016/01/13(水) 00:11:31.07 ID:G5sqQBYc0
※だいたい3年後くらいを想定

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452611490

引用元: アナスタシア「プロデューサーと、ふたりで」【モバマスSS】 


 

【アナスタシア「プロデューサーと、ふたりで」【モバマスSS】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 14:23:23.73 ID:z3KWir55o

【AM 05:45】


――おはようございます。


 「ドープラエ ウートラ。おはよう、ですね」


CGプロの朝は早い、という訳でもないらしい。
この時間を指定してきたのは何を隠そう彼女自身である。


――いつもこの時間に起きているんですか?


 「いつもはもうちょっと遅い、ですね。今日は、見せたいものがあるから」


部屋の前に佇む彼女はスリッパにパジャマ姿だ。
ナイトキャップはお気に入りの一品らしい。


――見せたいもの、ですか。


 「ダー。静かにお願いしますね?」



シンデレラガールズプロダクション所属アイドル、アナスタシアさん。
彼女の長い一日が、いま始まる。


引用元: 456プロのアーニャちゃん 

 

【456プロのアーニャちゃん】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :※モバマス×gowのssになります 協力・エキサイト先生:2013/01/19(土) 13:11:41 ID:ljZfHl/.

アナスタシア(えーと、ここが私が所属するデルタプロダクションね・・・・・・)

アナスタシア(前は連れられてだけど、改めて自分から行くと本当にアイドルになったって実感しちゃうわ)

アナスタシア(スカウトしてくれたカーマインさんも私ならトップアイドルになれるって言ってくれたし、頑張ろう)

アナスタシア(ドアの前まで来るとさすがにちょっと緊張する・・・・・・けど最初は挨拶が肝心)

ガチャ

アナスタシア「Доброе утро! おはようございま――」

<イェェェェェイベイビィィィィ!!

<にょわぁーーーー!!!


【アナスタシア「あなたが私のプロデューサー?」P「マーカスだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:28:22.92 ID:vPNJbZvW0
アーニャとありすが小樽にいってあれこれするやつです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448641702

引用元: 橘ありすの冬の旅行について 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 036橘ありす
歌、トーク:橘ありす(CV:佐藤亜美菜)
日本コロムビア (2015-11-18)
売り上げランキング: 108
【橘ありすの冬の旅行について】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 19:05:57.26 ID:qdcUoWsl0

アーニャ「アー・・・はい、私ですね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443002757

引用元: 【モバマス安価】アナスタシア「プロデューサーと一番仲がいい人ですか?」 

 

【【モバマス安価】アナスタシア「プロデューサーと一番仲がいい人ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 02:28:09.48 ID:ViIBlVQ60
カリカリ カリ カタカタカタ



P「……んーっ、そろそろひと段落、かな」


(時計、まだ次の仕事までは余裕があるな、うん)


P「アーニャは…」



アナスタシア「………」ジーーッ

P(テレビ、ニュース番組か…)


キャスター『…次のニュースは……』


アナスタシア「………」


P「…ん?」

(なんだろう…いまなんとなく、アーニャがガッカリしたような)



アナスタシア「…あっ」

P「ん」


アナスタシア「仕事、終わりましたか?…プロデューサー…」


P「とりあえずな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397410089

引用元: アナスタシア「八月の思い出」 



【アナスタシア「八月の思い出」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 01:19:54.28 ID:SgImjYbbo
――事務所内・会議室



のあ「………」


コンコンッ


のあ「開いているわ……入って」


ガチャッ


アーニャ「イズヴィニーチェ……失礼します」

みく「のあチャン、一体何の用だにゃあ? みく達を呼び出し――帰るにゃ」

のあ「待ちなさい、みく」

みく「待たないにゃ。のあチャン、何故かメイドの格好してるにゃ。こいつはくせえにゃ、嫌な予感がプンプンするにゃ」

のあ「みく……あなた――センターになりたくないの?」

みく「ん……にゃあ? センター……?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371917994

引用元: モバP「みくとアーニャと大体のあさん」 

 

【モバP「みくとアーニャと大体のあさん」】の続きを読む

このページのトップヘ